++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インテグリフォリアたちの萌え~



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

今日は木立性のクレマチスである、インテグリフォリアをご紹介!

我家には今のところ、三種類あり、すべて地植えで育てています。もっとも成育がよいのが、‘ヘンダーソニー’つぎに‘アリョヌシカ’そして一番元気がないのが、‘アルバ’です。 成育具合に差はある者の、ほぼ同時期に萌えはじめ、葉っぱを展開させはじめています。

クレマチス インテグリフォリア系は、花後に剪定しておくと、二番、三番花が咲きます。もちろん肥料などはしっかりあげておく必要があります。花つきが良いことさることながら、蔓がまきつかないので、誘引の作業がないのもよいところ。管理しやすいのです。

上の写真は‘アリョヌシカ’ですが、とんがった小豆色の芽が顔を見せ始めてから、ほぼ10日ほど経過した様子です。あっという間に緑色の葉っぱに展開しました!今年も花茎の太さには申し分なく、立派な花をさかせそうです。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten

我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


できれば、‘花島’を今植えている、テキセンシス系の‘アルバニー’の隣人に据えて、コラボを愉しみたいのです。

また、似たような花色のモノタチを組み合わせて、そのグラデーションを愉しむような植栽にしてゆきたいなぁ~ (∇〃)。o〇○ポワァーン





【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

一番、葉っぱが茂っている‘ヘンダーソニー’はきれいなブルーの花を咲かせます♪
お隣に植えてある、オールドローズの‘ファンタンラツゥール’と開花時期が同じで、パステル調のピンクとブルーがとてもよく似合うのですよ~




【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 integrifolia 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ
【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色 
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アルバ
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン 切花
【備考】#C016

この子は、なかなか大株になってくれない‘アルバ’。花茎も弱弱しく、二本しか立ち上がってくれていません。毎年、もっとも萌芽も遅かったのですが、今年は他の子たちとも同じ。
なので、株の体力もついてきたのかな~ と目を細めているところです。

この子は一年生苗で、いきなり地植えにしてしまったために、その後の成育具合がすこぶるわるく、なかなか大きくなってくれないのです^^;

アルバという名がつく花もイロイロありますが、大抵白色の花を咲かせますよねっ♪




どうやら昨年、花後の剪定で切り取った花茎を地面にいきなりブスブスと挿しておいたものも、越冬できたものがあるのですが、どの子が生き残っているのかは、お花がさくまでのお楽しみです。

もっと手間をかけて、キチンと鉢植えで管理してあげればよいのですけど(^^ゞ

インテグリフォリアの育て方

■植え付け
春と秋が適期です。弱酸性の用土を好むので、赤玉土:4 ピートモス:4 バーミキュライト:2の配合がよいようです。
西日の当たらない水はけのよいところで管理します。
少なくとも1日4時間以上日が当たる場所が適しています。

■水やり
地植えの場合、基本的には不要ですが、あまりに乾燥しすぎるようなときには水遣りをします。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷり与えます。
注意点として、冬場に水を与えると根鉢が凍ってしまいます。冬場は控えめの水遣りをしますが、完全にかわかさないように注意します。

■施肥
剪定後はかならずクレマチスの専用肥料やリン酸・カリ分の多い有機肥料を施します。
真夏と真冬は、基本的に不要です。春先の芽だし肥料と、生育期には月に1回程度を目安に定期的に施します。

■増やし方
挿し芽をとって殖やすことができます。
適期は梅雨のころ。
私はこの子の芽をとるのを忘れてしまいましたが、昨年は同じインテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’をブツブツと地面に挿しておいたのですが、どうやら根っこがでてきてくれているみたいです。
賢明な皆様は、きちんとした清潔な用土(鹿沼土)などに挿しましょう~

■剪定
剪定には、大きく分けて3種類あり、花がら摘み剪定。また、春の花が八割がた終わったところで、全体の1/3~1/4くらいのところで強く剪定しますと返り咲きます。
冬の強い剪定は、2月の寒い時期に行い、地上部付近の充実した芽だけを残して、ざっくりと思い切った剪定をします。
地際から1~3節残して切るようなイメージです。
こうすることで春から新芽が出てきて、10節以上伸びたところから花がつきます。


弊ブログ内関連記事: アリョヌシカ  |  ヘンダーソニー | アルバ | インテグリフォリア | クレマチス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



| クレマチス | 03:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ブルーマチスさん
花島・・実際には超ミニミニちゃんのクレマチスだったのですね。
どうも雑誌などの写真ですと、実寸がイメージできずに育ててみて初めてわかることも多いです。
アリョヌシカもヒラヒラがかわいい~ですよねっ!

| すぅ | 2009/04/28 05:03 | URL | ≫ EDIT

Re

木立性のクレマチスは絡まりが少ないので、切って花瓶挿しが楽しめていいですよね。
私はこの中でアリョヌシカを持っています。
花島の花姿にも憧れています。
でも調べたら蔓長さが20~30cmと背が低いので、買うのを躊躇しています。

| ブルーマチス | 2009/04/27 20:50 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>KOUさん
屋上ですと、やや管理が難しい品種もあるかと思いますが、KOUさんならそんな試練もなんなんくこなしてしまわれそう~な予感♪
さしあたり、インテグリフォリアなどの木立系ならば、蔓を誘引せずとも大丈夫です。
小型のものや新枝咲きのテキセンシス系などもそちらでキレイに咲きそうですね。
バラとは本当に相性がよいと思いますので、是非、是非、オソロで育てましょう~~~

| すぅ | 2009/04/27 02:00 | URL | ≫ EDIT

Re

こんにちは~(^^♪
クレマチスは屋上にはまだお迎えして無いのですが~やはりつる性で場所を取りそうなので躊躇してます。ブログ同士でもバラとクレマチスを同時に楽しむ方が多いですね~。この青紫の釣鐘みたいな花は素敵ですv-347

| KOU | 2009/04/26 05:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2237-a9ca3303

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。