++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オレンジ色のバレリーナ

<i>Tulipa</i> 'Ballerina' - 鬱金香(ウコンコウ) - チューリップ‘バレリーナ’

Tulipa 'Ballerina' - 鬱金香(ウコンコウ) - チューリップ‘バレリーナ’
 今日の一句 「花びらと 舞う プリマたち 橙色の チュチュを着て」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tulipa 'Ballerina'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】鬱金香(ウコンコウ)【英名】Ballerina Tulip  【別名】チューリップ
【品種名】バレリーナ  
【性状】耐寒性球根 【系統】遅咲き ユリ咲き種 【高さ】50-65センチ
【作出者】J.F. van den Berg & Sons(オランダ)1980年

この子は二年前から植えっぱなしのものなのですが、かなり条件の悪いところにあり、風通しは悪いし、夏場は高温になってしまうようなところ。なので今年の開花は期待していなかったのですが、3つだけ咲いてくれました!

ツンととがっている花弁が素敵なチューリップです。色あいもオレンジ色をしていて周囲をぱっと照らします。この子の傍にはオダマキやスカビオサ、ルリ玉アザミ、百合などのお花も植えてあるのですが、開花時期が違うので、この子の独壇場であります。

油断しておりましたら、ルリ玉アザミとこのバレリーナにべったりとくっついているアブラムシ君を発見し、あわわとオルトランをまきました^^; まずいなぁ~ やはりこの場所の使い方は考えなおす必要があります。


Tulipa 'Ballerina' - 鬱金香(ウコンコウ) - チューリップ‘バレリーナ’

Tulipa 'Ballerina' - 鬱金香(ウコンコウ) - チューリップ‘バレリーナ’
 4月下旬に撮影。お隣にいるのはルリ玉アザミ。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



実はこの子はすでにお花は終わっていて、花摘も終わってしまっています。
花首だけを切り取り、子房部分に種がつかないようにしてあります。
なんとか球根が充実してくれて、来年もお花が咲いてくれるとうれしいのですが・・・ 今植えてある環境では難しいなぁ~

チューリップの育て方

■植え付け
球根を植えつけるときのポイントは、浅植えにしないこと。 そして植えつけた後は、乾燥させないように冬場も水を与えることです。冬の間も球根からでている根は成長しつづけています。
球根は、ボトリチス(灰色かび)病になる場合があるので、植えつけるときに、オーソサイドやベンレートなどの消毒剤に15分ほど浸してからから植え付けると効果的です。またその際、元肥を忘れてはなりません。芽が出てきてからは、液肥(10日に1回程度)などもあげるとさらにきれいなお花を咲かせることができます。
また植え付けるときには、ただ植えつけるのではなく、球根を良く見て、同じ方向になるように植えつけることで、葉っぱの出方が揃ってお花の咲き方がキレイになります。

植え付けの際につかう土は、市販の「球根の土」が楽ですが、有機質に富んだ水はけのよい土ならばOKで、例えば、赤玉土(小)7 腐葉土2 川砂1 などの配合で土作りをします。
植え付けの時期ですが、チューリップは秋植え球根ですので、寒さが本格的になる前に植えつけます。霜が降りる前に終わらせておきたいものです。

球根に残っている茶色い薄皮は簡単にはがれるならば、はがしたほうが病気になりにくくなります、しかし無理にはがすと芽をいためることもあるので、つるっとむけないならば、そのまま植えます。

球根の高さの3個分くらいに土の高さがあるようにして植えつけます。 密集させて植えつけるとお花が咲いたときに豪華ですよね~

■水やり
冬の間も忘れずに水遣りします。地植えの場合には不要です。
発芽すると水を水をあげたくなりますが、この葉っぱの中に水をためないように気をつけています。
我家ではまだ3月初旬は寒いので、うっかりするとこの葉っぱの中で水が凍ってしまったりするのです。

■施肥
植え付けの際、緩効性の肥料を入れておきます。
基本的に前年に蓄えた養分で花を咲かせますので、たくさんの肥料をあげずとも良いのです。

■増やし方
花が終わったら、花首から切り取っておいて、葉っぱが枯れてから掘り上げておき、涼しい場所でネットなどに入れて吊り下げておくと、球根が腐らないのですが、植えたままにしておくと、夏の間に蒸れて腐ってしまったりします。植えたままでも大丈夫なときもありますが、やはりほりあげるほうがよいですね。
このとき小さな球根ができているので、これを育ててゆくとまた咲いてくれたりします。

もっともチューリップの場合は、何年も楽しむものではなく、毎年球根を購入したほうが、お花の咲きそろい方もよいですよね。

弊ブログ内関連記事: チューリップ

参照記事:園芸サポート.com [http://www.engei-support.com/topic_mame_02.html ]





| チューリップ | 19:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re

我が家は、ミニバラの「バレリーナ」が咲き始めました。
どちらも、チュチュを着ている可愛いバレリーナさんを、イメージできますね。
仕事が忙しく、お邪魔しても、コメントできない日々が続きました。
寂しかったです。。。。

| chiemi | 2008/05/12 09:47 | URL |

Re

バレリーナっていう品種名がまた素敵ですね♪
最近は本当に色々な色のチューリップがありますよね
オレンジ色もあるなんてびっくりです(*_*)
昔は唄でもあるように「赤・白・黄色~♪」だけじゃなかったですっけ??
ってだいぶ昔になりますね(;´▽`A``

| かんばせ | 2008/05/12 08:51 | URL |

Re

すぅさん、おはよ~
遅咲きのバレリーナで、チューリップは最後かな~?
ホントに、ちょっと油断すると、この時期、アブラムシがぎっしりくっ付いているよね。
嫌だよね~~~。
私もユリのてっぺんにアブラムシがくっ付いてるのを見て、きれいにぬぐって、水で洗っておいたよ。
ユリハムシが来ないと思ったらアブラムシが来るし、いやんなっちゃうよ~。
うちはチューリップ、全部掘り上げたよ。
たくさんの小さな球根ができたけど、これ、来年どこに植えようかな~~?
また植える場所を探してうろうろすることになるんだろうな。

| ann | 2008/05/12 06:58 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
この子は人気があるのでしょうね~~
おそろいで育てていらっしゃる方、多いみたいです!
で、はなはなさんはどうされますか? そのまま、それとも移殖?

| すぅ | 2008/05/12 05:57 | URL | ≫ EDIT

Re

おそろいでしたね。来年咲かせたいから、ちょっとどうしようかなと思っていたところです

| はなはな | 2008/05/11 20:03 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>annさん
そうですか!ということはもうそちらではすっかり葉っぱの色も変わっているということなのですよね?
やはり季節を感じるなぁ~
このところ、すごく寒くてまたストーブのお世話になっている私です。
アブラムシは捕殺できるならそれに越したことないですよね~
やっぱりあまり薬剤は使いたくないですもの。
こまめに警邏し、大量に増える前になんとかしたいもの。
でもちょっと油断すると、ものすごく増えちゃうんですよね~
>かんばせさん
チューリップもそれはそれは大変多くの種類があって、びっくりしますよ~
どんどん改良品種がでてくるし!
我家でも赤・白・黄色から脱却し、色々と育てるようになりましたが、難を言えば花期が短いことなんですよねー
>chiemiさん
本当にお忙しそう~ カラダ、大丈夫ですか?
無理しないでくださいよぉ~
私のほうはどうか気になさらずに、たまにはたっぷりと睡眠をとってください!
いつも見守ってくださっているchiemiさんのことは、ちゃんと感じているのです!

| すぅ | 2008/05/13 18:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/1833-f8068fda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。