++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

斑入りのアジュガ - ‘Burgundy Glow’

Ajuga reptans ‘Burgundy Glow’- アジュガ・レプタンス‘バーガンディー・グロー’

Ajuga reptans ‘Burgundy Glow’- アジュガ・レプタンス‘バーガンディー・グロー’
 今日の一句 「斑入り葉に 韓紅の 文様が 目を引くアジュガ バーガンディー」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Ajuga reptans ‘Burgundy Glow’
【科名】シソ科 Lamiaceae または Labiatae 【属名】アジュガ属 または キンランソウ属金瘡小草
【和名】西洋金瘡小草セイヨウキランソウ) または 金襴草キランソウ) 【品種名】バーガンディー・グロー 【英名】Ajugaアジュガ) Bugleビューグル) 
【別名】西洋十二単セイヨウジュウニヒトエ) 蔓十二単ツルジュウニヒトエ) 洋種十二単ヨウシュジュウニヒトエ) 地獄の釜の蓋ジゴクノカマノフタ) 釜の蓋カマノフタ
【花期】初夏咲き  【花色】青  【草丈】5~20センチ 
【原産地】ヨーロッパ 中央アジア コーカサス 【性状】耐寒性宿根草
【用途】グラウンドカバー シェードガーデン ロックガーデン 鉢植え 

さて、アジュガの最後にご紹介するのは、
そもそもバーガンディー(韓紅)とはどんな色でしょう~
http://www.colordic.org/colorsample/4220.html 
に、ございました! このサイト原色大辞典では、様々な色について掲載されているんです。
見ているだけでも楽しい~ 色って癒しの効果がありますでしょう~ カラー・セラピーなども昨今では人気が高いですしねっ。

今興味があるのが、上記のサイトでも取り上げられている日本の伝統色 配色とかさねの事典という本。
お花の色あいを表現するときに、私の場合語彙力不足で、どうもうまく伝わらないっ。と常々感じているのです。この本、よさそう~~と思っているのですが、どなたかお持ちの方、いらっしゃいませんか? 感想を伺いたいなぁ~ 

本の話で・・・・ 先日、かんばせさんとはお話していたんですけど、さらに私が一番欲しいのはA-Z園芸植物百科事典なのですが、これも近所の本屋さんには置いてなくて・・・内容の確認ができないのです。でも欲しい!
中古で探してもこれが新書と同じくらいの値段ですしねぇ~ ¥39,900 (税込)ってのはちょっと高すぎやぁ~しませんか^_^;  これだけ諭吉どんがいたら、どんだけの苗がゲットできることか!(笑)

話が完全に逸れてます m(__)m

そんなわけで、どんなわけで? アジュガ最終章です。
寄せ植えのなかで、先日のバニラチップが一番ランナーを長く伸ばし始めていて、次にこの子が元気です!
もっと、もっと大きくならないかしらん ^m^
でも、ちょっとこの子達を植えつけたコンテナ、小さかったかなぁ~ 
ミミミです。




斑入りアジュガ
   バーガンディー・グローという品種名で想像すると、斑入りに臙脂がかったような色あいがはいるんだろうなぁ~と思って入手したのです。このお写真ではちょっと紫がかっているようにも見えますが、今手元でみているとどちららかというと赤っぽいような感じです。
価格 400(円)(税別、送料別)


おぎはら植物園様は、
白,紫、ピンクの斑入り 常緑で冬も美しい 良く殖え、グラ
ンドカバーに良い 花は青紫色
と説明されてます。
が、冬の間はブロンズ色に変わってくれるらしいです ^m^

Ajuga reptans ‘Burgundy Glow’- アジュガ・レプタンス‘バーガンディー・グロー’

Ajuga reptans ‘Burgundy Glow’- アジュガ・レプタンス‘バーガンディー・グロー’
 やはく大きくなって、マット状に増えてくれないかなぁ~
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



以下は昨日と同じ内容ですが、調べていて一つ発見したことがございました。
この子の場合、午前中の光に当てることで、さらにキレイな葉色になるそうなので、半日くらいお日様が当たるようにして管理してあげましょう~

アジュガの育て方

■植え付け
日中、一時間ほどしかお日様が当たらないような場所でも生育し、耐寒性、耐暑性に優れているため、ほとんどどんなところにも植えつけることができます。
ただ、夏場の西日が当たるようなところは避け、半日陰くらいの水もちの良い場所を選ぶとちょうど良いようです。
水はけが悪い場合には、腐葉土やピートモスを使います。
ランナーで増えてゆくので、地植えの場合には、間隔を20センチ以上とって植えつけます。

■水やり
鉢植えの場合には、極端に乾燥させないように用土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
乾燥気味に育てるというよりも、やや湿り気味のイメージですが、ジメジメしすぎていてもダメです。

■施肥
多肥を好まないため、植え付けの際に少し緩効性肥料を施す程度でよいようです。

■増やし方
挿し木、株分けで増やすことができます。
4~5年ごとに植え替え、株のリフレッシュが必要らしいのですが、これも宿根草としては手間のかからないものです。
秋にランナーを3節ほどのところで切り取り、挿し芽とします。

ヤサシイエンゲイにアジュガの育て方が詳しく記載されていますよ~~

Wikipedia参照記事: Ajuga reptans | キランソウ属





| 新しい仲間 | 09:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>かんばせさん
なんてやさしい~~ 調べてくださったのですね~~
m(__)m m(__)m m(__)m
私って田舎に住んでいるでしょう。図書館にはほとんど参考になるような本が置かれていないんです。
こうしたときには都会に住みたい!などと思ったりしてしまいます。
がんばってオカネ、ためるしかないか(笑)

| すぅ | 2008/05/19 05:39 | URL | ≫ EDIT

Re

ピンクの斑が入ってるなんて珍しいですね!
おもしろ~いヽ(=´▽`=)ノ
私、本屋や図書館に行ってすぅさんがほしがってる本ないかな~って探してみたけどありませんでした(x_x;)
やっぱりネットで買わないと中身見れないんですかね~i-201
それでいて買っちゃって中身が期待していたのとは違うとがっかりだしi-195
・・・すぅさん頑張って購入してください!(笑)

| かんばせ | 2008/05/18 18:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/1816-09e0225a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。