++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テイカカズラ’黄金錦’

Trachelospermum asiaticum 'Ougonnishiki' - 定家葛(テイカカズラ)‘黄金錦’

Trachelospermum asiaticum 'Ougonnishiki' - 定家葛(テイカカズラ)‘黄金錦’
 今日の一句 「恋焦がれ 葛となりし 定家には 炎のごとき 心ありける」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Trachelospermum asiaticum 'Ougonnishiki'
【科名】キョウチクトウ科 Apocynaceae 【属名】テイカカズラ属
【和名】定家葛テイカカズラ)  【英名】Yellow star jasmine または Japanese star jasmine
【別名】真拆蔓(マサキノカズラ) 雪駄蔓(セキダカズラ) 丁子葛(チョウジカズラ)
【品種名】黄金錦(黄金錦)
【原産地】日本【性状】耐寒性蔓性常緑低木 【耐寒性】-12℃ 
【花期】5~6月 【丈】2~10m
【用途】グランドカバー  トレリス

遅くなりましたが、3月に入手した苗のご報告ならびにお勉強タイムです!

なぜこの子を選んだかと申しますと、実は通勤路にこの子(葉っぱは緑一色のタイプ)を雨どいに絡ませているお宅があって、フロリパンダのバラをその隣に配し、とっても素敵な景観を作っていらっしゃるのです。

ジャスミンのようなお花を咲かせ、その方のテイカカズラはアプリコット色のようにも見えるのですが、それがなんともかわいらしく、ここ数年私も見守ってきたのですが、成長はとても緩慢で、でも確かにゆっくりと成長している・・そんな感じなのです。

毎日のようにその子を見ているうちに虜になってしました。これも藤原定家の怨念か?(爆)
そもそもテイカという名前は藤原定家のテイカでありまして、所以は『恋した女性の死後も彼女を忘れられず、ついには定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついた』という伝説(能 『定家』)にまつわるそうです。また古典的には「真拆蔓(まさきのかづら)」と同じものとされているようです。

で、ご近所で地植えが成功できているということを確認できているという点で、冬越しが屋外ででき特に冬対策が不要である点とお花が咲いたときにジャスミンのような香りがする点、これが決めてでありました。

テイカカズラ’黄金錦’
価格は、 400円也でした!
3月に入手した苗を植え替えてからほぼ1ヶ月が経過しましたが、順調に生育中です!
できれば来年くらいには地植えに移行し、どこかに這わせたいと思っているのですが、いつものことながら購入してから、植え付け場所を探しまくる私。
この写真は紅葉しているときのもの。現在は緑色と黄緑色のバイカラーです。秋になるとトリカラーで楽しめます!


そしてなにより、上のように秋には紅葉が楽しめるのです! Y(=▽=)Y~☆
丈夫で、香り、色の変化、つる性なので側面を楽しめるすんばらしい子ではありませんか。
あっ、地面に這わせグランドカバープランツとしての応用もできるのだそうです。


Trachelospermum asiaticum 'Ougonnishiki' - 定家葛(テイカカズラ)‘黄金錦’

Trachelospermum asiaticum 'Ougonnishiki' - 定家葛(テイカカズラ)‘黄金錦’
 今日の一句 「ラベル見て 秋の紅葉 夢見つつ 新しき鉢に そっと 植えたる」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



我家においてはジャスミンは冬の管理が難しく、なんども枯らしてしまっているので、その代用ともなってくれそうなテイカカズラ。私の期待は高まっております^m^

さて、そんなわけで初めて育てるので、以下に育て方をメモしておきます。

テイカカズラの育て方

■植え付け
夏場に葉焼けを起こすことがあるので、どちらかというと半日陰(西日を嫌う)になるところが適しており、植え付けの時期は、桜が咲き終わってから早秋まで。
植え付ける際、腐葉土などをすきこみ水もちの良い土に植えつけます。

■水やり
水が大好きなので、水切れを起こさせないように注意しますが、あくまでも用土の表面から乾いたらたっぷりと水やりし、地植えの場合はよほど乾いていないかぎり不要です。

■施肥
あまり必要としませんが生育具合があまりよくない場合には、春先に緩効性肥料を与えます。

■増やし方
挿し木、またはとり木で殖やすことができます。適期は、6月中旬~8月上旬
私の場合、植え替えるときに早速根っこのついていた部分を切り離し、塀があって西日の当たらないところにも地植えにしましたが、今のところ元気に成長中です!


Wikipedia参照記事: テイカカズラ   /  ヤサイイエンゲイ参照





| 葉っぱの姿 | 04:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>かんばせさん
お~~なんとこの子は地球にやさしい~~~子だったのですね!
なるほど、では私も緑の地球を救う手助けが少しでもできるよう、たくさん殖やさなくちゃ~ ^0^
お得なのは、簡単に殖やせること!それに手間がかからないこと!冬も緑色で居てくれること!などなど、本当にたくさん良いトコロがあるんですよ~

| すぅ | 2008/04/22 21:35 | URL | ≫ EDIT

Re

かずらは強くて家の壁などに這わせて緑地面積も広くとれるので、大気汚染に関して密かに注目されている植物ですね
花も咲くんだ~Σ(゚ロ゚;)
まさに虜になっちゃいましたね(笑)
紅葉もみられるなんてまさにお得!
しかも香りまであるなんて素敵すぎる~(*´∇`*)

| かんばせ | 2008/04/22 08:17 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
はい、メドゥーサも真っ青(爆)
ストーリーはちょっと悲しくも怖いお話ではありますが、でもかわゆいお花なんですよ~~

| すぅ | 2008/04/22 04:45 | URL | ≫ EDIT

Re

おはよう~すぅさん。怨念(笑)お~こわです。こういう色のかずらもあるんですね。知らなかった

| はなはな | 2008/04/22 04:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/1774-8e8daa82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。