++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスローズ - 10月の管理

実生のニゲル?


すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



今日は現在のヘラボたちの葉っぱの姿を集めてみました。
この子ははじめてこぼれ種から発芽した、実生モノです。
しかも全くヘラボたちを植えていたところではない、辺鄙な(笑)ところからでてきたんですよ。
でももしかすると数年前に私がばら撒いておいたのかもしれませんが、今のところお花も咲いてくれないし、はっきりとした品種は不明です。

葉っぱの形状的には、ニゲル系っぽいのですが、我が家にはバレンタイングリーンもありますし、‘ダブルファンタジー’もありますので、どんなものと交配してくれているのやら。

お花が見れるようになるまでにはまだまだあと数年はかかりそうです。まだ株の直径は6~7センチといったところでしょうか。 

【クリスマスローズの育て方 - 10月の管理】

9月の管理とあまり変わらない(^^ゞです。
ただ、新しい苗の鉢増しや植え付けの最適期となります。

私のところでは、少し霜っぽい感じのものが降りはじめているようです。放射冷却ですごく冷え込んだりした朝には、どの葉っぱにもうっすらとキラキラ光る水滴が見られるようになりました。今後はどんなに暑くなるとしても25度を超えるような日はないはずです。

若芽を出し始めている子たちに虫がついていないか、病気は発生していないかなど、注意深く観察します。

Helleborus lividus - リビダス

Helleborus lividus - リビダス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

夏越しはしてくれたのですが、ヘラボの中で一番元気がないのが、この子。とても心配しているのですが、よくよく見ると地際から少しだけ葉っぱが出ようとしているような雰囲気もあります。
なんとか生き残ってはくれたようですが、とにかく元気がないなぁ~
それにこの子は、耐寒性もあまりないですし、夏越しで一安心はしたものの、今後は越冬にも気を配ってあげなくてはなりません。
と申しましても、腐葉土などでマルチングをしてあげる程度になりそうですが。
もう少し大株になってから地植えにすべきだったと後悔しており、やはり鉢植えにしようかなぁ~と考え中です。

今年の春、軟腐病にやられたか!と心配した株です。
まだマイシン剤をあげていないことに気がつきました。まいてあげなくては。この子は特別扱いです(^^ゞ



Helleborus Sternii

Helleborus Sternii
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus Sternii (lividus x argutifolius)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)
【品種名】ステルニー
【性状】耐寒性多年草   【系統】有茎種
【交配】Helleborus lividusHelleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス

ステルニーは、超マイクロミニな苗から育て、やはり地植えになっております。後述の‘シルバースター’の変異株のようです。
葉っぱのギザギザに特徴があります。

オリエンタリス系のガーデン・ヒブリドゥスを除けば、一番生き生きとしているのは、この子。
まだ小さくて、ちょっとコニファーやオダマキの葉っぱの陰になる、レイズドベッドに植えてあげたのが功を奏したようです。



Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ルーセ・ブラック

Helleborus orientalis'Ruse Black' - ルーセ・ブラック
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色

黒色の花が大のお気に入り♪の私。ルーセが元気なのはうれしいです。
葉っぱも生き生きとしていて、古い葉っぱですら枯れたり痛んだりしているような部分、一切ありません。(←自慢!)

でも新芽の出具合がちょこっと遅いのが、気になる・・・・
ルーセって、ちょっと芽がでるのが遅かったんだったかしらん。
でも、春にもう一株若い苗を買っちゃったのですが、それも鉢で育てずすぐに庭に植えてしまっているもので、こちらはすでに新芽がでているのです。少し肥料を施す必要がありそうです。

ルーセブラックの開花時 -2006年3月30日 | ルーセブラック関連記事


Helleborus argutifolius - アーグティフォリウス

Helleborus argutifolius - アーグティフォリウス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【流通名】アーグティフォリウス
【系統】原種系 有径種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【花期】2月~5月
【草丈】60-90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

問題はこの子です。
黒い点々が表れており、どう見ても病気です。まいったなぁ~
~(〃´o`)=3

これまでヘラボを育てていて一度も病気の発生がなかったのです。お薬散布もほとんどしたことはありません。
確かにこの子は、ちょっと風通しの悪いところに追いやってしまっているし、環境的に良いとはいえない場所にあるのですが・・
まさか病気がでてしまうなんて・・・ がっかりです。

でもどうやらこれはブラックスポット(黒点病)や、黒星病と呼ばれている病気のようで、深刻な黒死病ではないと思われます。ほっ。

近くに植えてあるバラに黒点病が発生していましたので、その病気が移ってしまったのかもしれません。今後の行方が気になるところです。

Helleborus foetidus

Helleborus foetidus
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

これもまたちょっと元気がないのです。_| ̄|○
葉っぱはいかにも栄養不足のような薄い黄緑色で、みずみずしさがありません。今年の春にお花の終わった茎はすっかり枯れて、新しい茎が一本立ち上がってくれたのですが、その若い芽に元気がないのです。

我が家で迎える三度目の冬。これから寒さが増してくれば元気を取り戻してくれるのでしょうか。

弊ブログ内関連記事: フェチダス
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/s/u/e/suesan/20071022040416.jpg

Helleborus Sternii 'Silver Star'

Helleborus Sternii 'Silver Star'
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus Sternii 'Silver Star'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)
【品種名】ステルニーシルバースター
【性状】耐寒性多年草 
【交配】Helleborus lividusxHelleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス

元気がないなぁ~ 小さな若い芽は見えているのですが、まだ葉っぱまで成長していません。
これも鉢植えに戻してあげるべきかしら。

(;´▽`lllA``


他にココにないものに、‘チベタヌス’があるのですが、うんともすんとも・・(笑)
お写真はないのです。だって地上部は枯れたまま、まだまだ芽が出てくる気配を感じることができません。無事に夏越ししているんだろうか?
不安です。






| クリスマスローズ | 05:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
そちらでは、私のところとは比較にならないほどの雪が降るので、ご心配でしょう!!!! お花の開花時期が遅くなるかもしれませんが、でも積雪にはかなり強い植物ですので、きっとダイジョウブだと思いますよ~~♪
>kuroさん
まぁ~ 素敵! お母様もクリローちゃんたちも拝見したいわぁ~
実生で殖やしていらっしゃるならば、たくさん、たくさん、咲かせておられるのでしょうね~ 是非、拝見したいです!

| すぅ | 2007/11/02 06:13 | URL | ≫ EDIT

Re

すぅさん こんばんは。
母の処へ出かけたら花壇が模様替えしてありお日さま街道に
クリスマスローズがいっぱい植えてありました。
実生の子が半日蔭でまたまたあるんですよぉ、母の中では流行りなのですね~
すぅさんと母のお花の開花が楽しみ♪です。

| kuro | 2007/10/31 17:21 | URL |

Re

すぅさんこんばんは~
クリロー良く観察されていますね。頭が下がりますぅ~うちのは新葉が展開していて春に買った時よりもすごく健康体です。ホッ!来春が本当に楽しみです、雪に負けてしまわないかと心配です。

| あさがお | 2007/10/30 21:22 | URL |

@管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>hanahhana1952さん
そちらでもそろそろ芽が動き出す頃でしょうか。
お互いに春が楽しみですね~~

| すぅ | 2007/10/30 05:56 | URL | ≫ EDIT

Re

おはよう~クリスマスローズの季節とってもうれしいね。管理していないな。あとで見たいと思います

| hanahhana1952 | 2007/10/30 05:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/1593-8e7b3cc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。