++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

砂糖菓子のような金木犀

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Osmanthus fragrans v. aurantiacus
【科名】モクセイ科 Oleaceae  【属名】モクセイ属  
【和名】金木犀(キンモクセイ)
【英名】Sweet Olive, Fragrant Tea Olive / Fragrant orange-colored olive
【別名】桂花(ケイカ)雅な花という意味 / 丹桂(タンケイ-中国語読み)
【開花時期】秋  
【原産地】中国  【性状】常緑低木

今年はお花が咲かなくてもいいっかぁ~と思いながら、初夏にかなり大胆な剪定をしてしまったキンモクセイです。なのに、私が思った以上にお花がたくさん咲いてくれました。

キンモクセイはとても大きな木になるので、この子が日陰を作り草花の成長にやや影響がですぎるようになってしまったため、大胆に剪定したのでした。

我が家では、こんもりと茂らせないように箒(ほうき)状の自然の樹形に整える努力をしております。お隣のオバサマのお宅では、キンモクセイを円筒形などに整えていらして、これもかなりの大きさになっておりなんとクリスマスにはこのキンモクセイの木をライトアップするんです。カタチは円錐形ではないけれど、それはそれでとてもキレイです。

杏色の小花が固まって咲いている様子、かわいいですよね~ヽ(*^^*)ノ
庭木としてあまりにも多様されているので、珍しくない樹木ですが、でも秋の深まりとともに、どこからともなくこのキンモクセイの香りが漂ってくるときって、癒されます。



Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



ところでこのキンモクセイに先日購入した「紅花イワガラミ」を這わせたいと思い、地面に挿し芽をしておきました。今のところ、枯れもせずに根っこを出そうとがんばってくれているみたいです。
でもイワガラミを絡ませるにはちょっと幹が細すぎたかしらん。
(;´▽`lllA``

【キンモクセイの育て方】

キンモクセイの花芽ができるのは夏。同年に延びた新しい葉っぱが茂ったところにお花が咲きます。

■植え付け
日光を好む常緑木なので、植え付け場所は風通し良くお日様がたっぷりと当たる場所を選びます。植え付けるときに腐葉土などをすき込みます。適期は4~5月です。

■水やり
地植えにしてあるものには水遣りはほぼ必要ありません。

■施肥
新しい芽が吹き出す前、まだ寒い2月頃にチッソの少ない肥料を与えます。チッソの含有が少ないものには骨粉や鶏糞、草木灰などがあり、リン酸やカリの多く含まれたものを選び、葉っぱを茂らせます。

■増やし方
種からも殖やすことができますが、開花までに8年ほどかかるらしいです(^^ゞ ここはやはり挿し芽をとって殖やすのが簡単ですね。
適期は梅雨の時期です。

■剪定
わが家の場合は、軽い剪定は毎年行っています。
大胆な剪定は樹形を見ながら、3年後ごとくらいに。でも今年の剪定は今までになく大掛かりな剪定で、枝分かれしていたかなり太くなっていた幹をのこぎりで切り落としました。枯れこむのではないかと心配したほどでした。

ヤサシイエンゲイに詳しい育て方があります。






| アロマ・手作り | 04:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>mamakoさん
そうなのですか!キンモクセイは日本全国、どこにでもあるのかと勘違いしておりました。
そう、あの甘い香り・・ 癒されますよね~
>kuroさん
ホントに食べてしまいたくなった私です。
でもちょうど薬剤を散布したばかりでしたし、食い気に走るのをなんとか自制したのでした(笑)

| すぅ | 2007/10/17 04:27 | URL | ≫ EDIT

Re

すぅさん こんばんは^^)
金木犀香りもよくて すぅさんの撮るお花がお砂糖菓子にみえます。
わたしは持っていないから 写真を撮りに行きました
言い難い気持ちになるお花 秋の深まりを感じます^^*)

| kuro | 2007/10/16 18:59 | URL |

Re

あ~いいですね~・・・!金木犀。
北海道にはないのです。
あの甘い香りが・・・なつかしい^^!

| mamako | 2007/10/16 18:46 | URL | ≫ EDIT

@管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ryuji_s1さん
こちらこそ!再度のご訪問、ありがとうございます!
イタリア料理とお花のコラボ、ステキなブログですね~~ヽ(*^^*)ノ
今後ともよろしくお願いしま~~す♪
>あさがおさん
ホントだ! あさがおさんは、端渓の硯を使っていらっしゃるのですか?
名品として名高いものでしたよね。
桂花は、お茶の名前にもあったような・・・ お茶にもなるみたいですものね。

| すぅ | 2007/10/16 05:30 | URL | ≫ EDIT

Re

わぁ~いいないいな!我が家には無いもので・・・
原産地が中国とだけあって、桂花は半紙の品種名に、端渓は硯の名に・・・と馴染み深いです。
砂糖菓子のようなとは、いい表現ですね~

| あさがお | 2007/10/15 10:34 | URL |

Re

すぅさん
金木犀 今が盛りですね
我が家でもステキな香りが漂っています、
コメントありがとうございます

| ryuji_s1 | 2007/10/15 08:21 | URL | ≫ EDIT

@管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>hanahhana1952さん
まさに輝いていました! 早朝から太陽があがったときに写したモノだったと思います。秋の代名詞ですねっ。

| すぅ | 2007/10/15 05:23 | URL | ≫ EDIT

Re

いいフォト。金木犀輝いているね。秋は金木犀の香りから始まりますね

| hanahhana1952 | 2007/10/15 05:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/1585-5c5d77d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。