++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月のお玄関




【学名】Celastrus orbiculatus
【科名】ニシキギ科  Celastraceae 【属名】ツルウメモドキ属
【和名】蔓梅擬ツルウメモドキ) 【英名】Chinese Bittersweet または Oriental Bittersweet 【別名】なし
【原産地】日本 中国 【性状】落葉蔓性植物(雌雄異株) 【樹高】十数メートル 【花期】5~6月
【用途】庭木 盆栽 鉢モノ ドライフラワー

「一種活け」であります。

先日、家人が道の駅でゲットした産直で生産者名があった枝モノです。1500円程度だったようです。
鉢植えではなく、枝のみでしたが、和風の鉢に投げ入れにし、お玄関を秋色にしています。

ツルウメモドキは秋から冬によく生け花の花材やクリスマスリースの素材として利用されたりしますよね。

そもそもその実は緑色をしていますが、実がはじけると割れて赤い「仮種皮」が現れて、赤橙色の実はとてもキレイです。また私はその紅葉を実際に見たことはありませんが、とても美しいそうです。
野山を散策される方ならば、自然の中で冬の間にも真っ赤な実をつけているこの「ツルウメモドキ」の姿をご存知でしょうね。ツルウメモドキはニシキギ科の蔓性落葉低木で、北海道から九州までの各地の山野に自生しています。また雌雄異株なので、自宅で育てるならば、両方の株を持っていないと結実もしないので、このような実を見ることはできません。

お花自体は、春に咲き黄緑色の小さな花なのだそうですが、まったく目立たないのだとか。

【PR】 ツルウメモドキは苗でも入手可能です! at Rakuten

盆栽仕立てになっているものも売られているようなので、ちょっと触手をくすぐられるのですが、花材として使えるほに育てるのは、ちょっと大変そう~~^^;
でも、念のためお勉強してみよっと!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 生け花 | 03:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月のお玄関



【学名】Eustoma grandiflorum
【科名】リンドウ科 Gentianaceae 【属名】ユーストマ属 (旧学名リシアンサス属
【和名】トルコ桔梗トルコキキョウ) 【英名】Eustoma 【別名】ユーストマ  リシアンサス
【原産地】北アメリカ  【性状】秋播き一年草  【草丈】30~90cm 【花期】5月~7月または9月~10月
【用途】切花 花壇 コンテナ

先ごろ、花束をいただいたので、早速お玄関に生けました!
トルコキキョウ、マーガレット、カーネーションを主体にしたパステル調のかわいい花束です。

ちょうど我家の庭では、四季咲きのバラがお花を咲かせているところなので、3本切り取ってきて、一緒に飾ってあげました!

【PR】 トルコキキョウを育てよう! at Rakuten

私は以前、トルコキキョウを種から育てようとして、大失敗しているものですから、トルコキキョウにはあこがれがございまして・・(^^ゞ
今年はリベンジで、育ててみようと近くのHCで種を購入してみました。
うまく行くかしらん (;´▽`lllA``

≫ Read More

| 生け花 | 18:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のお玄関♪



【学名】Heliopsis scabra
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ヘリオプシスヒマワリモドキ)属
【和名】宿根姫向日葵シュッコンヒメヒマワリ) 【英名】Heliopsis
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】初夏 【用途】花壇 

現在、我家にはあまりお花が無い(゚Д゚≡゚д゚) という状態ではあるものの、多少はお花が咲いてくれております。
お家のなかにお花を持ち込み花瓶に生けようと思っても、ダイナミックに飾れるほどのお花はないので、ちょっとずつ切り取ってお玄関に飾られているのです。

実は私ではなく、家人がテキトーに切り取ってきて、一輪挿しにさしておいてくれました。前回は、ご報告しておりませんでしたが、スカビオサがメインだったかな。
家人も愉しんでいるようです。

今回のメインは宿根ヒマワリ。雨で倒れてしまったグラジオラスなども一緒に飾ってあげてます。

【PR】 DULTON リンクチューブベース
雑貨のお店セレクト・ペンギンで、1050円也で購入できますよん^0^
お掃除用の細長いブラシまでついている親切なお品物で、今一番お気に入りの花瓶です。


このベースは試験管のような形をした一輪挿しが連なっており、形が自在に変わるところが良いのです。輪っかにもできるし、波打った形にもできるし、一列直線でも楽しめます。
小さなお花たちを愉しむのには、とても手軽でなんといっても安価であるところが良いでしょう~

≫ Read More

| 生け花 | 03:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活ける! クレマ編

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’


【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C012

ほぼお花が満開になってきたので、アリョヌシカの切り戻しをすることにしました。
大抵、クレマチスは剪定が必要で、しかも満開を迎えるまえに切り戻しをするのが、返り咲きの花を綺麗に咲かせるためのコツであると書いてあります。

よって、私もばっさり!

でもまだまだ綺麗に咲いているのに、捨てるのはもったいないので、お花が咲いている枝は室内に飾り、他の真ん中の部分は挿し木しました。梅雨の時期ですと、挿し芽したものがつきやすいですものねっ。

【PR】 クレマチスを探そう! at Rauten

挿し芽したものは、鹿沼土の挿し芽用の鉢で管理中。いつも地面にずぼずぼ挿しますが、今年はちゃんと正統なやり方にのっとってます(^^ゞ モンタナの挿し芽はそうそうに挿してあり、アノ子たちもどうやら発根している感じです♪

ヘンダーソニーは、地面nズボズボ挿しちゃいましたが、どうやら半数くらいは今のところ生き延びてくれているようです。そしてすでに二番花の蕾も確認できているのです(^o^)

昨年、挿したアリョヌシカは三本のうち、二本が生き残っているのですが、すごく小さくて元気がありません。今年も生き延びてくれていることのほうが大事ですが、どうやらちょっとホリホックにおされ気味のようで、日陰になりすぎちゃってます。休眠に入ったら、今年移動させようかと思ってます。

≫ Read More

| 生け花 | 05:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薔薇で飾る、今日のお玄関!

フローティング・ローズ

フローティング・ローズ
 今日の一句 「雨を避け 家に持ち込む 花たちを いかに生けましょ 」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

梅雨になって雨の日が多くなると、せっかく開いているお花たちが雨に打たれていたんでしまうことですし、切り取ってお玄関に飾ることにいたしました。

ヘラボちゃんたちですっかり気に入ってしまった、大振りの平鉢に浮かべる戦法!題して、フローティング・ローズ。
短めに花首から切り取ったものを、水盤に浮かべるだけというお手軽さ。センスはあまり関係なくアレンジメントとして愉しむことができます。

【PR】Rakutenでお花を探しましょ!

今回は名前不詳の真紅のツルバラと‘ピエールド・ロンサール’の二種生けです。
大振りのお花はこの二種類しか今は咲いてくれておりません。
二番花として蕾があがり始めているのは、シャリファ・アスマとフンショウロウたちですが、まだ開花までには少し時間がかかりそうです。

暑さが厳しくなってきたことですし、咲かせることに少し抵抗があるものの、折角あがった蕾なのでやっぱり咲かせちゃうことになりそうです。

ところで話は全く変わるのですが・・・

花畑牧場の生キャラメル、もういただきました?花畑牧場・生キャラメルセット(生キャラメル4/チョコ1)花畑牧場 生キャラメル セットで、4,250 円かぁ~ 結構、高いなぁ~ でも送料もかかることを思えば、1個だけ買うのもなぁ~
食べてみたいなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆ 


実は小学生の頃ですが、キャラメル作りに懲りまして、ストーブに材料を投入したお鍋で、随分と自分で作ったものです。レシピはどこへいったかな?
でも、自分で作ると改めて肥満の素であることを実感しちゃうんですよ~
砂糖の塊りですからぁ~ でもおいしい♪
アノ頃は生クリームなんぞはぜいたく品でしたので、使いませんでしたけど、今ブームの「生」キャラメルには生クリームが使われてますね。
参考レシピ: クックパッド とろーり生キャラメル

でも夏場にあえてつくるものでは無いかな?

≫ Read More

| 生け花 | 06:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花を生ける!玄関編

玄関に飾った花


 今日の一句 「ただいまと 帰る家人を なごませる 春のかおりは やさしく 漂う」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

ユリの香りは強すぎて・・・とおっしゃる方もいらっしゃりますが、私はあのむせ返るような自己主張の強い香りが大好きです!

というわけで仕事から帰り、ドアを開けた瞬間から癒されるよう、ユリを取り混ぜてお玄関に飾りました!

お台所は黄色系、和室には一輪挿しで、そしてお玄関には桃色系!といった感じです。

女の子の御祭り、おひなさまの日も近いことですし(*^_^*) 先ごろ帰宅したら、お隣にちゃんとお雛様が飾られていました。

≫ Read More

| 生け花 | 08:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花を生ける!和室編

シンビジュームを和室に!

シンビジュームを和室に!
 今日の一句 「蘭の華 命を永く 保てよと 祈って撫でる 淡い日差しに」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Cymbidium '???'
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】シンビジューム属
【和名】シンビジューム‘不明’ 【英名】Cymbidium
【性状】非耐寒性多年草 
 
いただいた花束に入っていたシンビジュームなので、学名などは不明です。

蘭の華は洋風であるのですが、敢えて和風な感じにいけてみました。花台には黒い色をした塗り物を使い、花瓶は素朴な感じの手びねりのような感触の茶色です。

12月末にお正月ように買った松の枝がまだ青々としており、捨てるにはもったいなくて、この緑色系のシンビジュームとあわせました。

他にもピンク色のシンビジュームがあったので、玄関にいけたのですが、この子をいけるときに下のほうについていた花を切り落とさねばならず、もったいないので丸い形のボールに浮かべました。

≫ Read More

| 生け花 | 04:35 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花を生ける! キッチン編

キッチンの花


 今日の一句 「北側の 窓辺に咲いた 花達の 姿にしばし 見とれ 休まる」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

先日、たくさんお花をいただいたので、お家の中華やいでおります。やっぱりお花っていいわぁ~ 帰宅するとお花の香り、とくにユリがあるせいだと思うのですが、につつまれて、仕事の疲れも癒してくれます。

今日はお台所編。

これって、マーガレットですよね?それともスプレー菊?
私が育てたものでもなく、良くわからないので、学名などいつものお勉強項目はパスです。

北側のお台所。朝方はかなり冷え込むはずなのですが、あまり低温障害は気にせず(^^ゞ 黄色系のものを集めて白い花瓶に生けました。

お台所ですし、清潔感があるものをと思い、白い色のお花もあわせました

≫ Read More

| 生け花 | 09:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

切花・・2ヶ月目に突入!

Lilium longiflorum - 鉄砲百合の生け花

Lilium longiflorum - 鉄砲百合の生け花
 今日の一句 「」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium longiflorum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】鉄砲百合(テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 

12月末にいただいた百合を使って、お正月にはお玄関などにお花を生けておいたのですが、しっかりしたお花でしたので、まだ咲いてくれています。

日ごろはお水を替えたり、茎の部分を切り詰めたりして、なるべく長く鑑賞できるようにケアーしてあげています(^v^) で、おかげさまで息絶え絶えではあるものの切花としてはすごいと思うのですが、2ヶ月目に突入!しています。

そもそもこの百合には、かなりの体力が備わっていることが、1ヶ月以上も切花でも咲いてくれていることの要因なのです。いただいたときには、どの子も蕾でしたし。

お正月
お正月に生けたときは、千両と松を一緒に丸い花瓶に!
一緒にいただいたグラジオラスはすでにすべて咲き終わっています。




↑この子をまた違った形で楽しみたい!と思いまして、ちょうど南天も葉っぱを落とす時期でしたので、南天の枝とあわせました。
南天の葉っぱがちょっと黄緑色をしているのは、白南天だからです。
赤南天のほうは、もう少し濃い緑色の葉っぱなのですよん。

≫ Read More

| 生け花 | 07:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お正月の名残り・・

2008年1月 玄関の生け花

2008年1月 玄関の生け花
 今日の一句 「ありがとう 毎年届く 百合の花 香りただよう 新春に」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Lilium longiflorum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】鉄砲百合テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 

暮れにいただいた百合グラジオラスでお正月を迎えたのですが、まだまだ百合には蕾があるし、長い間楽しんでいるのです。

お正月用にと、千両、それからカスミソウを加えてみました。
もう1月も半ば過ぎですけど、そのまま・・・です。

あっ、もちろんお水を替えたり、茎の切り口部分を切り詰めたりして、花の寿命を延ばしてあげようという努力はしております。我が家は寒いけれど、生け花においては低温であるがゆえに、かなりの時期楽しめるのは良いところです。

≫ Read More

| 生け花 | 04:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

挿し木はお約束!

花瓶に!



【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】ストロベリーミルフィーユ

今の時期、家の中でお庭から切り取ってきて花瓶に生けて楽しめるものは、クリスマスローズとチューリップくらいなもの。

最近、ストレスがたまり気味で少々気分を晴れやかにしたいと、バラのお花たちにココロを癒してもらうことにしました。届いたバラたちを早速ガラスの花瓶に生けました!

そこで選んだバラたちが今日ご紹介しているいい子ちゃん達です。
↑のピンク色しているバラはスプレータイプで、外側が白色なのですが、真ん中はかわいいピンク色。

≫ Read More

| 生け花 | 06:07 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘラボを花瓶に♪

リビダス



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

我が家では今が盛りのクリスマスローズ。
充実し始めた株、今年初めてその花をつけてくれた株、ちょっとトラブルに見舞われた株。それぞれの株の事情はあるものの、お庭にすくっと立ち花を咲かせてくれている姿を眺めつつ、至福のときをすごしている私です。そして今年は種も採取して、育てるのだーと息巻いております。

がっ、やっぱりお部屋でも楽しみた~~い!と少し花柄を切りとり花瓶に生けました。すでに2週間ほどたっているのですが、茎が細いもののなかにはうまく水揚げできないものもありましたけど、まだまだ楽しめそうな雰囲気。

こちらのお写真は、地植えにしていたリビダスの花茎が突然折れてしまったので、切り取った花茎とフェチダスを小さなガワンショット用のグラスに生けたものです。

病気になってしまったのではと、不安でしたが、新しい葉っぱが展開しはじめてくれているので、なんとか持ち直してくれたようです。
原因はなんだったのか! ナメクジとかヨトウムシなどの害虫かしらん。

≫ Read More

| 生け花 | 03:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グロリオサとユリで!

グロリオサ



お玄関にいけているお花たち、グラジオラスが終わってしまったのでお花屋さんへいって、グラジオラスに代わるものを探していたら、目に飛び込んできたのはグロリオサ。

球根植物で、数年間育てていたのですが、ある年掘りあげるのを忘れてしまって全部ダメにしてしまった苦い経験があります。

素人が育てる場合、冬に咲かせるのは難しいと思いますが、本職の方は年中咲かせることができるんですよね~

≫ Read More

| 生け花 | 05:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のグラジオラスたち

グラジオラス



またまたお玄関にいけたお花をご紹介です。
実はグラジオラス以外はリユース!

クリスマスにいただいた花束(正確には母がいただいたものです)と我が家で咲き始めたシンビジュームそしてたっぷりあるグラジオラスを加え、生けなおしましたものです。

真っ赤なバラやチューリップたちは、花びらが落ちそうになってしまったので、これらとはさようならをしました。残念。

≫ Read More

| 生け花 | 20:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のお玄関

花



お正月にも少しご紹介しておりましたが、いただいたユリとグラジオラスが7分咲きほどに開花してきました~

沢山いただいたので、お仏壇とお玄関には二つに分けて飾ってあります。

花



いただいたときには、ほとんど蕾の状態だったのですが、グラジオラスにはパステル調のピンク色が二種類と黄色がミックスされていました。



≫ Read More

| 生け花 | 19:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます!

お正月の花


あけましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。
今年もどうかよろしくお願いします。

皆さんの年明けはいかがでしたか?
私のところはお天気で、初日の出を楽しむことができました。
新年にみる初日の出は、普段の日の出と変わらないはずなのに、なぜか神々しくみえます。

≫ Read More

| 生け花 | 08:26 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。