++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年は増えました~~フィーバーフュー

Tanacetum parthenium - 夏白菊(ナツシロギク)

【学名】Chrysanthemum parthenium Tanacetum partheniumもしくはPyrethrum parthenium
【科名】キク科 Compositae 【属名】シカギク属Matricaria ヨモギギク属Tanacetum もしくはジョチュウギク属Pyrethrum
【和名】夏白菊ナツシロギク)【英名】Matricariaマトリカリア)【別名】ワイルドカモマイル
【原産地】西アジア、バルカン半島、ヨーロッパ東部など 【性状】耐寒性宿根草または一年草 【花期】6~8月 【草丈】40~60cm
【用途】鉢植え 地植え コンパニオンフランツ ハーブ(フィーバーフュー
【主成分】パルテノライド 【効能】リウマチや関節炎 こう鬱 偏頭痛 シミ・ソバカス 育毛 防虫
【撮影】2010年6月9日


昨年、苗を買って鉢植えにしておいたものを、秋に地植えにしておいたところ、元気に復活!満開となった夏白菊です。マトリカリアという名前のほうがカッコイイかな(笑)

コンパニオンプランツとして、バラのそばに植えるとアブラムシを防ぐ役目をすると聞いたので、植えつけた場所は、ファンタンラトゥール、フンショウロウそして真紅の名前不詳のハイブリッド系のバラだったのですけど、ホント!効果がありますぞ~~

そうはいっても、大して効果はないのではないかしらと、あまり期待していなかったのですけど、この子を植えてある傍のバラにはアブラムシがつきにくいようです \(*^▽^*)/


【PR】ハーブの苗 「フィーバーフュー 9cmポット」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで294円也~

種から育てれば、たくさん収穫できますよ~~ 自然にたよる民間療法的にハーブティーで頭痛を治せる!って良いですよね^0^

頭痛などに効き目があるサプリメントのフィーバーフューもあります! at Rakuten


そして今年3月には、鉢植えで管理している挿し芽の鉢にマトリカリアの種を播いておいたところ、簡単♪に発芽してくれて、現在はお花は咲いていないものの、葉っぱが茂り始めてくれています。

ところが、オバカぶり発覚! ( ̄m ̄*)゚プッ 購入した種は「八重咲きマトリカリアのタネ‘ウルトラホワイト’Tanacetum parthenium 'Ultra White'という品種で、草丈が1メートルにもなるものでした~
鉢植えの中から取り出して、地植えにせねばっ。
マトリカリアには、矮性のものと高性のものがありますので、お選びになるときにはご注意くださいね。

≫ Read More

スポンサーサイト

| アロマ・手作り | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンデュラがようやく開花^_^;




【学名】Calendula officinalis
【科名】キク科 Compositae 【属名】カレンデュラ属 または キンセンカ属
【和名】金盞花キンセンカ) 【英名】カレンデュラ 【別名】ポットマリーゴールド
【原産地】南ヨーロッパ 地中海沿岸
【性状】一年草 エディブルフラワー(食用花) 【草丈】30~90cm 【花期】3~6月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー サラダ 

通常ならば初夏までには開花するのでしょうが、我家では7月に入ってからようやく開花。
今回、カレンデュラを種から初めて育ててみました。

いわゆるキンセンカ。小さいときから身近で咲いていた花なのですが、最近になってこの子って色々な効能があることを知り、たくさん育ててみたくなったのです。

でもね、相変わらず場所がないっ。なので思ったほどにはたくさん育てることはできず、チマチマと花びらをとって乾燥させているのです(^^ゞ

さてどんな効能があるのか!


【PR】市場価格の半額以下!量はたっぷり高品質!花たね キンセンカ芸者ガール 1袋 (0.4g)は国華園さんちで50円~ 
何? 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 芸者ガールって・・・(@o@) 笑える~ 

カレンデュラを探そう! at Rakuten


カレンデュラの成分には、お肌を労わり保湿効果があるのだそうです!お花から取り出した精油を切り傷や火傷などの外傷に塗るのが伝統療法として知られています。
それにルテインというカロチノイドを豊富に含むので、眼精疲労を回復させるらしく、この成分が入っているサプリメントなどは眼精疲労や白内障の方へのサポートにも役立っているらしいです。


◆ モンドセレクション最高金賞受賞商品 ◆『ルテインα』高純度ルテインを1粒に凝縮は、手軽に摂取できますね。
こちらはマリーゴールドからルテインを取り出しているようです。



定期購入して母娘で飲みたいと思っているトコロです。ブルーベリーのサプリメントと併用すれば、かなり目の疲れに効き目がありそうです。
私はPC画面の見すぎ?で目がしょぼしょぼ。母は白内障でしょぼしょぼな状態。
加齢が進むとサプリメントはかかせませんねぇ~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 02:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西洋オトギリ草♪




【学名】Hypericum perforatum
【科名】オトギリソウ科 Guttiferae 【属名】オトギリソウ属
【和名】西洋弟切草セイヨウオトギリソウ)【英名】St. Johnswortセント・ジョーンズ・ワート
【性状】耐寒性宿根草 【花期】6月~7月  【草丈】20~60センチ 
【用途】庭植え 鉢植え ハーブティー

  
いつの間にか、ボーダー花壇に根付いたセント・ジョーンズワート。西洋オトギリソウです。
背丈も60センチほどで、一株から3本の花茎が伸びています。よく見るとこぼれた種からの発芽も周囲にある様子ですが、増えすぎると困るので、折角でてくれましたが、これらは雑草扱い(^^ゞ 根こそぎ撤去で、親株のみを残すことにしました。

何気ない咲き姿ですが、よく見ると黄色のお花のひとつひとつのシベたちもかわいらしい~でしょう?


【PR】【ハーブ苗 ハーブティー用】セントジョーンズワートは、大神ファームさんちで300円也~

大神ファームさんちとは、まだお付き合いの無い私ですが、大分県の別府にあるショップで、もし九州旅行ができたら、行ってみたい!とあこがれているところです。

オトギリソウを探そう~ at Rakuten



ハーブティーとして愉しむ場合には、ペパーミントとのコンビが良いようです。
飲むだけでなく、焼酎に漬け込んだものは、傷薬としても使えます。 

≫ Read More

| アロマ・手作り | 03:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨対策にも!ラベンダー




毎年、心地よい香りを放つラベンダーの開花を待っている私です。
今年もキッチリと咲いてくれ、梅雨の晴れ間にはお花を収穫。蒸れ対策もあり、枝を梳いたりする作業も終えました。

今年は親戚の叔母が小さな苗を二鉢プレゼントしてくれたので、鉢植えでも育てております。
おばちゃん、ありがとう~~ m(__)m
そもそもイタダキモノのラベンダーの苗を私が花好きというのを知っているので、まわしてくれたのであります。
けれど、そちらのほうはどうやらすでにお花が終わってしまったものらしく、ほとんどお花はないのです。
来年はたくさん咲いてもらいましょう~(o^-')b

我家にあるラベンダーは薄紫色なので、もう少し濃紫色がかったラベンダーが欲しいなぁ~


【PR】ハーブの苗 「インプレスパープルラベンダー 9cmポット」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで294 円也~

コモンラベンダーを育てよう! at Rakuten


さて、今年も収穫したラベンダーをお酢に漬け込みました!
このお酢は、イロイロなことに使えます。もっとも多用しているのは、シャンプー後のリンスとして使います。そのほか、お掃除やカビ防止に!スプレーボトルに入れて、ガラス窓を磨いたり、冷蔵庫を拭いたりするのに使います。

私がお酢に漬けるのは、他にラズベリーとローズマリーがありますが、ラズベリーはお酢が真っ赤になってとてもキレイです。サラダのドレッシングとして使います。
ラベンダーは漬け込むとやさしいピンク色になるんですよ~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 05:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャンプーの後に・・・

ラズベリー・ビネガー


【学名】Rubus idaeus
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】キイチゴ属
【和名】木苺(キイチゴ)  【英名】Raspberry (ラズベリー) 【仏名】Framboisier (Framboise)
【性状】耐寒性宿根草木  【草丈】1.5m

梅雨の間に、実ができて真っ赤に熟したのでラズベリーを収穫しました。
といっても、ホント収穫量は少なくて、ジャムにするほどでもなく・・^^;

お酢に漬けることにしました~~

あっという間に真っ赤に変身! 綺麗でしょう~~ (^o^) 漬けてから二週間ほどで実を取り出して、あとは冷蔵庫で冷たくしておきます。

【PR】 ラズベリーを探そう! at Rakuten

出来上がったラズベリー・ビネガーはサラダのドレッシングとして使ってもよし、さらにシャンプー後のリンスとして使ってもよし!
二瓶つくったので、一方には精油を入れて、リンスに使おうと思っています。
すでにラベンダーをつけたものは、リンスとして使ってみたのですが、かなりお酢の匂いが残ってはいるものの、シャンプーで酸性になった髪を見事中和してくれ、やわらかな髪にしてくれるのです。

Rubus idaeus
← クリックすると昨年の記事にジャンプします!
収穫に躍起になり、ナマ写真を撮るのをわすれちゃいました^_^;
おいしそうでしょう~ そう!採れたてはおいしいのです!

今年は春にシュートがでていたので、切り離して二株に増えました~
ちびっこ株のほうにもわずかですが、ちゃんと実がなってます!



ブラックベリーもこれからいよいよ実が黒くなりはじめますが、梅雨の間に赤く熟すラズベリーのほうは油断すると、すぐにカビが発生してしまったりするんです。
なので、マメに毎朝ちょっとづつ摘み取るようにしてました。

≫ Read More

| アロマ・手作り | 02:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高に贅沢な石けん!

オリーブオイルとモンモリロナイトのマーブル石けん

オリーブオイルとモンモリロナイトのさっぱり系マーブルもどき石けん^^;
 まだすのこの上で乾燥中!石けんです^^
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

先般、お庭で育てているお花を使って、ドライフラワー、ドライハーブ、ローズウォーター、化粧水などを作っているというお話をさせていただいておりましたが、今回は石けん作りに初挑戦いたしました記録をご紹介です!

この石けん作りは、以前ガーデニングを始めたころに雑誌に掲載されていたマリーゴールド入りの石けんレシピを見て、一度は我が手で育てたお花が入っている石けんを作ってみたーい♪と思っていたのですが、いつものことながら重い腰・・・^^; 構想から8年目にしてやっと石けん作りに参入です。

最近お知り合いになったかんばせさんが石けんなどをお作りになられていて、詳細を教えていただけたことが何よりも背中を押してもらえたのです! かんばせさん、ありがとう~ またまた感謝!感謝!です。

やってみると、楽しい~~ o(^o^)o _ρ(^^ )/  ヽ(´▽`)/

コールドプロセスと呼ばれている製法での挑戦です。

一番最初に作ったものは、どうも分量を量り間違えたとみえ、あまり固まってくれていないというか、トレースがでなくて失敗に終わったのですが(爆) 
↓↓↓

≫ Read More

| アロマ・手作り | 17:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポプリとローズウォーター鋭意作成中!

Rosa - バラでポプリを作りました!


 バラの花びらをテキトーにちぎって、新聞紙の上で乾燥~ 簡単ポプリです!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose 【別名】
【原産地】南半球 
【性状】耐寒性落葉樹 

育てているバラたちがほぼ最盛期を迎えておりますが、今年はファンタンラツゥールが大豊作!たくさんのお花が咲きました!よって贅沢にも今年はERでのお化粧水作りに挑戦してみました!

もちろん上の写真のように、ポプリも作りました。
この子たちは、後にミキサーで粉砕され、お風呂に入れるバスボムに練りこんだりしてます。

真紅のバラのみ、一色で作ったものもあり、これを石けん作りに使ってみたのですが・・・結果はあまり芳しくなかったのですけど、石けんについてはまた後日ご報告しますね~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 01:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒョロヒョロ ラベンダー(ーー;)

Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)

Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)
 今日の一句 「ほっそりと 伸びた茎から 漂って やさしい香り 家人を癒せり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lavandula angustifolia
【科名】シソ科  Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【流通名】イングリッシュラベンダー  【英名】English Lavender
【系統】アングストフォーリア系コモン系) 【性状】耐寒性低木
【原産地】地中海沿岸
【耐寒性】強い -12℃ 【用途】花壇 鉢植え ハーブティー ポプリ 
【種まき】4~6月  【花期】6~8月  【花色】紫色~青色
【用途】切花 ドライフラワー ハーブティー

西岸海洋性気候や亜寒帯湿潤気候の地域で多く栽培されているラベンダーは、高温多湿は苦手。此のところ、雨ばかりであったため、ヒョロヒョロです。雨が多いと香りも弱くなるしぃ~~

~(〃´o`)=3

この子は私が園芸にハマりだした頃、ハーブにも無論トリコとなり、種から育てた株です。種から育てていましたので、10以上はあった株でしたが、冬場にすっかり枯れてしまうので、家人が冬場に勘違いして捨ててしまい、現在は3株ほどしか残っていません。
もう8年ほどになるわけですから生き残ってくれている株はホント頑張ってくれています。

あぁ~、このラベンダーが一面に咲き誇る北海道へ行ってみたいです!

【PR】ラベンダーを探そう!at Rakuten

先日、お花が咲き始めた花茎を入梅前の枝の整理もかねて、少し収穫しました!
新聞紙の上に広げて、乾燥させてあげている最中です。


この時期になると、ハーブウォーターメーカーが欲しくなります^^ でも諭吉君が必要なのでねぇ~ インテリアとして飾っても素敵だと思いません?
ちなみにもっと本格的にハーブウォーターを抽出できるものに、アランビック (1250cc(銅製の蒸留器)生活の木)がありますけど、こちらは7名様の諭吉君が必要となれば・・・私にはまったく手がでるわけもなく^^;



家庭で簡単に抽出できるような方法はないものでしょうか?実際、お花やハーブを水につけてそれを煮出し、そのときにでる水蒸気を貯めれば良いということになるわけですから、工夫すればお家にある道具を使ってできそうな感じもするのです。

どなたか、理科の実験的なことご存知の方いらっしゃらないかしら~ 伝次郎先生に教えて欲しいくらいです(爆)

と、一人思い悩むより、こういうときはネットで調べてみればよいのです!
ググッてみましたところ・・・
Shirokuro*soap 様のページ http://homepage2.nifty.com/shirokuro-soap/water.html
ハーモニエンスの道ばた 様のページ http://blog.goo.ne.jp/harmony-ence/e/50bbd6be90990fd256f3d43d7f94f4d2

に、ありましたよ~~ 
今度、やってみよっと! なんか、楽しそう~
ローズウォーターなどでしたら、開いたばかりの花1リットルを鍋に入れ、300mlの熱湯を加えて更に2、3分煮て漉すという方法もありますが、ちょっと不純物が混じりますよねぇ~。
香りの強いバラを選ばなければなりませんけど、パパメイアン、ブルームーンなどが向いているようですね。 話が脱線してしまいました (^^ゞ

無論、ラベンダーでも作れるわけですけど、1リットルのお水に対してフレッシュならば30グラムほどの量を収穫できなくてはならないのです。もっともラベンダーは葉っぱからも香りが出ますから、花穂だけでなくても大丈夫かな?

我家でいえば、一番収穫できるのはローズマリー。ローズマリー・ウォーターは老化を防止してくれるそうですし、試してみる価値、ありますよね~ あまり保存期間が長くないということがネックですけど、それでもこれからのジメジメした時期を乗り切る際の手助けになってくれそう~

目指せ!爽やかな香りで包まれる生活! と、いったところです!

≫ Read More

| アロマ・手作り | 09:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

砂糖菓子のような金木犀

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)

Osmanthus fragrans v. aurantiacus - 金木犀(キンモクセイ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Osmanthus fragrans v. aurantiacus
【科名】モクセイ科 Oleaceae  【属名】モクセイ属  
【和名】金木犀(キンモクセイ)
【英名】Sweet Olive, Fragrant Tea Olive / Fragrant orange-colored olive
【別名】桂花(ケイカ)雅な花という意味 / 丹桂(タンケイ-中国語読み)
【開花時期】秋  
【原産地】中国  【性状】常緑低木

今年はお花が咲かなくてもいいっかぁ~と思いながら、初夏にかなり大胆な剪定をしてしまったキンモクセイです。なのに、私が思った以上にお花がたくさん咲いてくれました。

キンモクセイはとても大きな木になるので、この子が日陰を作り草花の成長にやや影響がですぎるようになってしまったため、大胆に剪定したのでした。

我が家では、こんもりと茂らせないように箒(ほうき)状の自然の樹形に整える努力をしております。お隣のオバサマのお宅では、キンモクセイを円筒形などに整えていらして、これもかなりの大きさになっておりなんとクリスマスにはこのキンモクセイの木をライトアップするんです。カタチは円錐形ではないけれど、それはそれでとてもキレイです。

杏色の小花が固まって咲いている様子、かわいいですよね~ヽ(*^^*)ノ
庭木としてあまりにも多様されているので、珍しくない樹木ですが、でも秋の深まりとともに、どこからともなくこのキンモクセイの香りが漂ってくるときって、癒されます。

≫ Read More

| アロマ・手作り | 04:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。