++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅花岩絡はまたも白色!

Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡(ベニバナイワガラミ)Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'  - 紅花岩絡(ベニバナイワガラミ)


【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

咲いた!咲いた! 
昨年に引続き、たったの一輪ですが(笑) それでも嬉しい~~ うれしぃ~~
シャカシャカ ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ  ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ

昨年、初めて咲いてくれたときに紅花岩絡という名前なのに、お花が白いじゃん!と勝手に残念がっていたのですけど、それ以上に葉っぱはうっすら赤銅色のうえにガンメタ系。
やっぱり素敵 (∇〃)。o〇○ポワァーン

我家において、単価的にはもっとも高価な仕入れ苗でありまして、清水の舞台から飛び降りた感じで入手したのです。紅花でなければ、もう少しお安かったのですけどね^^; というわけで、今年もまた梅雨の時期には挿し芽をとり、保険をつけて単価をお安くさせようと画策中~(爆)

イワガラミ

イワガラミ

価格:7,875円(税込、送料別)


千草園芸さんちで白花を扱っていますけど、結構なお値段してますねぇ~~

と思ったら、遊恵盆栽 楽天市場店岩がらみ(ロゼア・淡紅)が、1,575 円で売られているではありませんか? ショック(>o<")
見なきゃよかった・・

お好みですけど、やはりロゼアのほうが葉っぱに品があるわぁ~ \(*^▽^*)/




この子は自然界のなかでは、樹木に絡まりながら這い上がってゆくため、茎の部分に気根があるので、挿しやすいんです。私でも楽チン♪に挿し芽できるです。
そのまま地面に挿す方法でも、ほぼ100%の成功率を誇っております。って誇れないか(笑)

≫ Read More

スポンサーサイト

| 寄せ植え | 04:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれよあれよの翁草

Pulsatilla cernua Sprengel - 翁草(オキナグサ)Pulsatilla cernua Sprengel - 翁草(オキナグサ)


【学名】Pulsatilla cernua Sprengel
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】オキナグサ属
【和名】翁草オキナグサ) 【英名】Nodding anemone 
【性状】耐寒性多年草  【花色】臙脂色 【花期】4月~5月
【用途】鉢植え 地植え 

蕾を発見し、お写真をとってそろそろ記事の下書きでも始めましょうか。と思っていたら、あっという間に咲いてしまったオキナグサさん。

根洗い盆栽に仕立ててある子で、この子は鉢に入っていないのです。
アサギリソウやハギ、フウチソウとの寄せ植えになっていますが、一番に目覚めて真紅~赤紫色の花を咲かせています。
オシベはまっ黄色なので、そのコントラストは目にまぶしいほどです。

【PR】 白い西洋翁草もかわえぇ~! at Rakuten



昨年、種をこぼさせてみたはずなのですが、地面にこぼしてもそう簡単に発芽するものではないのか?
こぼしたあたりにはそれらしい葉っぱは見えていません(^^ゞ
今年はちゃんと採取&播種しましょうと思っています。

≫ Read More

| 寄せ植え | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブロンズ姫ちゃん!

Graptopetalum paraguayense cv. Bronze - ブロンズ姫(ブロンズヒメ)Graptopetalum paraguayense cv. Bronze - ブロンズ姫(ブロンズヒメ)


【学名】Graptopetalum paraguayense cv. Bronze
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】グラプトペタルム属 Graptopetalum
【品種名】ブロンズ姫 (ブロンズヒメ)
【原産地】朧月の交配園芸品種
【性状】多肉植物 【草丈】15cm 【花期】春 【花色】黄色 【葉色】赤銅色(春と秋)
【用途】鉢植え 寄せ植え 

昨日は節分でしたね~ 年の数だけマメを食べるのに往生しました(;´▽`lllA``
でもこれでまた一年元気に過ごせるはずです(^^ゞ

さて、今日は多肉植物系~
養生場所のバスケットとクリスマスに作った多肉植物の寄せ植えの小鉢にはいっているブロンズ姫です。
でも秋に日光量が足りなかったのか、あまり美しい赤銅色にはなってくれておらず、ブロンズ姫らしくないのですけど^^;

最近、エアープランツに興味を持つようになったら、久しく放置していた多肉植物のことも気になりだして、色々と仕立て直してみたりしています。
この二年越しのサンタさんの鉢に植えてある子たちのことも、お世話してあげなくちゃね(^_-)-☆

【PR】 ミニミニ多肉植物を飾ろう! at Rakuten

この鉢は、実はケーキだったかプリンだったか、何かお菓子が入っていた器です。
底には穴が空いておりませんので、水遣りはかなり控えめにしているうえ、植えてある表面積は直径5センチ足らず。
全体としてはすごく小さい寄せ植えなんです。

≫ Read More

| 寄せ植え | 02:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャリファとシノグロッサム




【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年

ホントに私って学習能力がないなぁ~~~ ナデシコとの寄せ植えで栄養を取られてしまったから、やっぱりバラは単植えに限ると勉強したはずだったのに、やっぱり寂しい~と思ってしまい、ナデシコとラミュームは抜き去りましたが、その代わりにシノグロッサムを植えてしまいました。

バラの命は儚くて・・・

このシャリファもあっという間に散れてしまったので、シノグロッサムがかわいく咲いてくれるのはありがたい!
お写真は8月下旬のものでして、たったの一輪でしたが咲かせてしまいました。
まだもう一回くらい冬の到来前に咲いてくれるかしらん。

【PR】 イングリッシュローズ・シャリファ・アスマを育てよう~♪ at Rakuten


夏に咲かせてはいけないバラですが、植え替え時期を逸してしまったせいで、この子は春先から開花の周期が変でしたので、今年は他の子たちと開花時期がずれてます。

≫ Read More

| 寄せ植え | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リグラリアが咲きました~Y(=▽=)Y~☆




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

昨年入手し鉢にヒューケラやオダマキなどと寄せ植えにしていたリグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’。冬の間はほぼ地上に葉っぱがなくなり、もはやこれまでか!とも思ったのですが、めでたく春に復活(^o^)

どんどん黒々とした葉っぱを展開し、私が育てているツワブキよりももっと大きくて、ヒラヒラとやわらかい葉っぱをこの夏まで鑑賞していたのですが、7月吉日、めでたく開花しました~~

思っていた以上に黄色というよりもオレンジ色に近い鮮やかなお花です。花の形状はツワブキの花ととても似ています。今回は花茎は2本立ち上がり、1本にはさらに分岐が見られ本格的な満開の時期となれば、また見事だろうとY(=▽=)Y~☆

下のおぎはら植物園さんちからお借りしているくらいに溢れるような花数にさせるには、やはり地植えにしなくてはならなさそうです。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



ヒューケラの‘グリーンフィンチ’もともに旺盛な育ち方をしているので、もう鉢がパンパンです(^^ゞ
思いのほか大きく育ってくれて、嬉しい悲鳴ではあるのですが。
この子は日当たりは好きですが、どちらかというと夏の暑さに弱く、鉢植えにしてあるせいか、ちょっとでも水遣りを忘れると葉っぱがしんなりとしてしまいます。植え込みすぎだからでしょうか。

シェードガーデン向きでもあるので、地植えにするときには夏の間は半日陰くらいのほうが良さそうな雰囲気♪
明るい葉っぱモノとあわせると相乗効果が高まるので、黄緑色や黄色系の細葉などが隣人なら最高~

≫ Read More

| 寄せ植え | 02:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒竜の冬




【学名】Ophiopogon planiscapus
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ジャノヒゲ属
【和名】大葉蛇の髭オオバジャノヒゲ) 【英名】Mondo grass / Lilly Turf  【別名】竜の髭リュウノヒゲ
【品種名】黒竜コクリュウ) 
【原産地】中国 日本 【性状】耐寒性宿根草(-15℃) 【花期】 6~7月 【花色】淡紫色
【用途】寄せ植え グラウンドカバー シェードガーデン

このコクリュウはユリオプスデイジー、ラナンキュラスとともにテラコッタに寄せ植えしてあるのですが、2007年秋から植え替えずに放置状態^^; 一緒に植えていたガーデンシクラメンがダメになってしまったので、抜き取ったため、空間ができてしまってます。
その隙間にパンジーでも植えてあげればよかったのですが、まだ手をつけていないので貧相な寄せ植えの鉢で、全体像のご紹介はできずコクリュウのアップばかりですみません m(__)m

地植えにできる葉っぱ系でグラウンドカバーにできるジャノヒゲ系は、とても扱いやすく私はリュウノヒゲやオオバジャノヒゲを随分とお庭に植えているのですが、この子はまだ一株だけなので大事に鉢植えで管理中です。でももしかするとお庭に下ろしてあげたほうが返って伸びやかに育てることができるのかもしれません。

【PR】 コクリュウをゲットしよう~! at Rakuten

もう少し増えてくれると他の鉢モノにも多用できて嬉しいのですが、地下茎で増えてゆくこの子には今現在、新しい芽が一つだけでまだあまり増えてくれていないのです。
もう少し買い足そうかなぁ~ 黒色に弱い私は、このコクリュウが大好きなんですよ~

≫ Read More

| 寄せ植え | 05:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緋色の瑠璃茉莉擬き




【学名】Ceratostigma plumbaginoidesケラトスティグマ・プルンバギノイデス
【科名】イソマツ科 Plumbaginaceae 【属名】ケラトスティグマ属
【和名】瑠璃茉莉擬きルリマツリモドキ
【英名】Plumbago , Dwarf Plumbago または Leadwort 【別名】角柱花カクチュウカ
【品種名】ブルーサファイア
【原産地】中国・ヒマラヤ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】30~60cm 【花期】6月~10月
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー やや半日陰のシェードガーデンでも可

これほどとは!

まことに美しき紅葉ですY(=▽=)Y~☆

秋に入手したルリマツリモドキがただ今真っ赤に葉っぱを染めています。

秋から育てているので、下の写真のようなサファイア色の花を見ることはできませんでしたが、この紅葉っぷりには感動!


ルリマツリモドキ 価格 400円でした。
こちらもおぎはら植物園さんでお世話になりました!
けれど、今サイトへ行ったら20円値上がりしてしまっているみたいです。この時期、この子はほかのお店では売り切れなのですが、おぎはらさんちではお取り扱いがまだあるようですよ~

【PR】 涼しげな青色の花がかわいい瑠璃マツリモドキをゲット♪ at Rakuten



一緒に植えたユーパトリュームはすっかり地上部は枯れてしまいましたが、宿根亜麻はとても綺麗な葉っぱをしていて、元気そうです。
来年の春の開花が愉しみな宿根草の寄せ植えの鉢♪なのです。

≫ Read More

| 寄せ植え | 17:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

踊りだした!?葉牡丹




【学名】Brassica oleracea
【科名】アブラナ科 Brassicaceae 【属名】アブラナ属
【和名】葉牡丹ハボタン) 【英名】Ornamental Kale
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 地植え 切花
【原産】ヨーロッパ南西部

昨年から鉢植えで管理中の二種類の葉牡丹。無事に夏越しができて涼しくなってからはイキイキとし始めている感じです。

ちりめんタイプは数年前に枯らしてしまったので、現在は丸葉の紫色と緑色の二種類です。
一つはミセバヤと寄せ植え、もう一つはアイビーとのハンギングにしています。

うっすらとですが^^;、一枚目の写真の背景にあるのが、ミセバヤの花のピンクです。

【PR】 ハボタンでお正月のお飾りを! at Rakuten

そろそろお正月用として寄せ植えを作りたいなぁ~ ハボタンを植えつけるなら本格的な冬が来る前に終わらせておかないと、我家の気候では枯れこんでしまったりしますし。

≫ Read More

| 寄せ植え | 03:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルメニアカムと雪柳

Muscari  armeniacum - ムスカリ・アルメニアカム

Muscari armeniacum- ムスカリ・アルメニアカム 
今日の一句 「雪柳 我家にひょっこり やってきて 青色の子と 楽しく語らう」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Muscari armeniacum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・アルメニアカム【原産地】地中海沿岸  
【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

我家において、もっとも株数の多いもの、それはこのムスカリになるのではないかと思います。
道路沿いのボーダー花壇に植えっぱなし(^^ゞ 春になると当たり前のようにニョキニョキとでてきて、スイセンの花と狂喜乱舞であります。

が、今年はちょっと違った風景に出会えました。

この雪柳、おそらくお隣から飛んできたと思われる種から発芽し、我家に着地。お気にいってくれたとみえ、大きくなってきています。
とはいえ、まだ背が低いので、ムスカリとの競演を見ることができました!

真白な雪柳とブルーのムスカリとのコンビもなかなかグ~♪であります(← パクリ)

≫ Read More

| 寄せ植え | 05:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。