++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アルケミラモリスの植え付け場所!

Alchemilla mollis - アルケミラモリス(レディースマントル)
【学名】Alchemilla mollis または Alchemilla vulgaris ?
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ハゴロモグサ属アルケミラ属
【和名】西洋羽衣草セイヨウハゴロモグサ) 【英名】Lady's Mantle (レディースマントル) 【別名】レディースマントル / ヴルガリス / ウルガリスなど
【原産地】ヨーロッパ東部~小アジア 【性状】耐寒性宿根草 【花期】6~7月 【花色】黄色  【草丈】40~50cm
【用途】庭植え 鉢植え ロックガーデン シェードガーデン 切花 押し花 フラワーアレンジメント ドライフラワー
【ハーブとしての使い方】ハーブティー サラダなど
【効用】止血、創傷治癒、下痢、胃腸炎、抗炎症、生理不順、更年期障害など



そうでした^^;

昨年、この子が咲いたときに場所が悪いなぁ~ バラの傍に移植してあげましょう~と思っていたのに、クリスマスローズにばかり気をとられていた私は、すっかり失念。

この早春~ここまでほとんどクリスマスローズにかかりっきりで、他の子たちのお世話が等閑になってしまっているのです。 ごめんねぇ~

でも、宿根草のよいところはちゃんと開花してくれるところですね!


【PR】 *無農薬のハーブ苗*レディースマントル*薬効のあるアルケミラ・ウルガリスです♪
種から苗から・・アルケミラモリスを育てよう! at Rakuten


バラとの相性もバツグン! かわいい葉っぱもかわいぃ~

≫ Read More

スポンサーサイト

| yellow::黄色い花 | 02:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪と福寿草・・・^^;

Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ) border=Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ)


【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草ガンジツソウ)   朔日草ツイタチソウ
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月
【用途】地植え 鉢植え

やっと我家にやってきた春!
福寿草が咲き始めていたら3月も半ばになってからの大雪^^;
かわいそうに雪に埋もれつつ、健気に咲いてくれてました。

福寿草が咲いてから、どっさりと雪が降った経験がなかったのですが、案外大丈夫♪
雪が溶けてからも、花びらなどに痛みはなく、何事も無かったかのように咲き続けてくれています。

【PR】 福寿草を探そう! at Rakuten

昨年よりももっと大株になってくれたかなぁ~と期待していたのですが、あまり花茎は増えていないような感じ。
もっともこの植えてある場所は、あまり日当たりも良くないうえ、昨年はマルチングしてあげてなかった!
この子の場合、冬場の寒さから守るためのマルチングというよりも、夏越しのためのマルチングに気を使ってあげるべきだったのですけど(^^ゞ

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 06:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロウバイが開花しはじめた!

Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’


【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅カラウメ) 【中国名】 蝋梅(ロウバイ)  【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【花径】2-3cm 【花色】黄色  【花期】1~2月 【樹高】400cm
【原産地】中国中部  【性状】落葉低木 
【用途】庭植え 鉢植え 盆栽 切花

今年は12月中に開花。他の植物たちと同様、早い時期から愉しませてもらっている‘ロウバイ’です。

蝋細工のように透き通ったお花、いい感じ♪
まだすっかり葉っぱが落ちていないうちに咲いちゃいました!

本来は裸の木々に黄色のお花だけが咲いている・・・というイメージ。
お写真撮影用に葉っぱをもぎ取ったりしちゃいました(^^ゞ

雨上がり、雫がついている感じもかわいいなぁ~

【PR】 蝋梅を探そう! at Rakuten

この子の足元には地植えのクリローちゃんたちも元気。
夏の間はクリローを陽射しから守ってくれますが、冬の間はすっかり葉っぱを落とすので、いい感じのマダラ日陰を作ってくれます。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 03:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

越冬率 75% ウィンターコスモス




【学名】Bidens laevis 'Kotohime'
【科名】キク科 Compositae または Asteraceae 【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花

育て始めて二年目のウィンターコスモスですが、地植えにした親株二つのうち、冬を乗り越えてくれたのは1株のみ。同じような環境だったのに、なぜだか一方は枯れてしまいました。

テキトーにズボッと地面に挿しておいたものは、小さいながらも夏のうちから咲き始めています。
草丈は、30センチほど。

というわけで、越冬率は75%だったわけです(^^ゞ

さて、生き残った親株のほうは2メートルくらいにまでなってしまいました。切り戻しするのを忘れてしまった!
昨年まで覚えていたんですけど、この時期に切り戻ししようかどうしようか、迷い中~です。
でも2メートルにまでなってしまうと、間近でお花が見れないので、切ってしまおうかな。
でももう花芽はすっかり出来上がっているはずだしなぁ~ とぐずぐずしているうちに満開の時期になってしまい、親株のほうは結局背の低い私にはお花を間近でみれない状態になっちゃいました(^^ゞ
まったく、昨年の反省を学習できていない私・・・


【PR】ビデンス開花大鉢「イエローキューピッド」Bidens laevis 'Yellow Cupid'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで1,260 円 也~

『ビデンス自体は200ほども種類があり、ウィンターコスモスと呼ばれるのは
さらに数種あります。現在流通するものは這性タイプと高性タイプがあります。
開花期が合うのでアメジストセージとの組み合わせは、オータムガーデンの定番です!』との説明があり、秋花壇のアイデアとしていただき~

微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten


でも挿し芽のほうから育ったほうは、やっぱり切り戻ししちゃおう!と、一度きり戻しができたので、私の膝くらいの高さで、こじんまりと咲いてくれました!
仕立て方次第で随分印象が違うものですね(^_-)-☆

来年こそは親株さんにも少し低いところで咲いてもらうようにいたしましょう~^^;

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アキノカホリのキンモクセイ!




【学名】Osmanthus fragrans v. aurantiacus
【科名】モクセイ科 Oleaceae  【属名】モクセイ属  
【和名】金木犀(キンモクセイ)
【英名】Sweet Olive, Fragrant Tea Olive / Fragrant orange-colored olive
【別名】桂花ケイカ)雅な花という意味 / 丹桂タンケイ-中国語読み)
【原産地】中国  【性状】常緑低木 【草丈】3~6メートル  【花期】秋  【花色】オレンジ色 
【用途】地植え 鉢植え(大型コンテナ) アロマ

9月に満開でしたので、すっかり記事のアップが遅くなってしまっておりますが、秋の香りといえば、このキンモクセイですよね~~ かわいいオレンジ色の花です。カテゴリー分けに黄色の花しかないので、オレンジ色ですけど黄色の花にいれちゃいましたけど(^^ゞ

この子の香りには本当に癒されます♪ それに樹木としても丈夫で育てやすいところがGOODです。
我家ではクリスマスローズが多くあり、どちらかというと落葉樹が活躍するのですが、この子は冬の間も葉っぱを落とさないので、あまりにも強い日陰を作ってしまうという理由から、二年前に随分大胆な剪定をしてしまったのです。
なので昨年はあまりお花がつきませんでしたが、今年はたっぷり~~


【PR】安らぎの香り桂花茶 金木犀(キンモクセイ)の花 100g  :10P25Sep09【 yh0921 】は、上海ナビさんちで1,680 円也~

今年こそ、お花を摘んでお茶にしてみよう~~~^0^ と、意気込んでおりますが、脚立がないとお花まで手が届きません。
ワイン漬け(桂花陳酒)にしてもよいとか!

秋の香り一杯~~~キンモクセイの木を探そう! at Rakuten


砂糖漬けはどうやって作るのかしら?とググッテみたらなぜか東京ガスさんにレシピがありました(^^ゞ

1. 花びらを洗って70℃くらいのお湯にさっと通し、水にとる。アクの強いものは2~3回水を替えるとよい。

2. ボールに砂糖とブランデーを同量入れ、水気をきった花を浸す。

3. 花を皿に取り出し、壊さないように広げてグラニュー糖をふりかける。


とのこと! 以前、スミレで砂糖漬けを作りましたが、その時は卵白とお砂糖だけでした。
今回はオトナの味ということで、ブランデーを使って作ってみようかな?

さらにポイントとして
朝早く、まだ露を含んでいる頃に、開花寸前の花を採集して使います。雨上がりの朝なら、花が自然に洗われていて理想的ですが、雨が望めないときは、採集する前に霧吹きなどで水をかけてから摘みます。


あらら、満開になっちゃった我家ではすでに時機を逸してしまったような・・・ _| ̄|○

剪定したおかげで、クレマチスなども日陰になっていたところにたっぷり日が当たるようになりました!
でも結構太い枝を落としてしまったせいで、縦長でちょっと貧相な樹形になってマス^^;
もう少しなんとかしたいなぁ~

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 00:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒペリカムが開花!




【学名】Hypericum androsaemum  
【科名】オトギリソウ科 Clusiaceae 【属名】ヒペリカム属 (オトギリソウ属
【和名】ヒペリカム・アンドロサエムム / ヒペリカム・アンドロサエマム(an-dro-SEE-mum)  【英名】Tutsan(ツーサン)
【別名】ヒペリクム (hy-PER-ee-kum)  【流通名】小坊主弟切コボウズオトギリ
【原産地】西ヨーロッパ、北米
【花期】6~8月  【花色】 黄色  【結実期】 秋(赤色から黒色へ変化)
【性状】落葉低木 または 半常緑樹 【丈】60~90センチ 【耐寒性】 強い -10℃
【用途】切花 フラワーアレンジメント 地植え 鉢植え

2008年の秋、この子をスーパーで見つけ、育て始めて二年目となったヒペリカムです!

無事に地植えで越冬し、今年もかわいい輝くようにお花を咲かせ始めています。
ただし、このヒペリカム、ひとつひとつの花の咲いている時期はそう長くはなく、すぐにタネをつけようとします(笑) そしてこのタネの部分が赤色に変ると、それがまた愛らしいのです。

昨年、実がなりタネがこぼれたはず・・・ でも発芽はしてくれなかったようで、小さな子供はみうけられません。


ヒペリカム at おぎはら植物園さん
価格は、 600円也でございました~
左のお写真のように実の色が変化するまでにはまだ数ヶ月かかります。
秋が待ち遠しい~ 

【PR】 ヒペリカムを探そう! at Rakuten


ミツバチも遊びに来ており、タイミングよく一緒に記念撮影です。
下の写真は、6月中旬に見え始めた蕾です。
花枝はしっかりと真上に向かっておらず、頭が重いので枝垂れるようにして開花を待っています。
でも開花しはじめるとキレイにシベと花弁を広げ、太陽に向かってまぶしそうにして咲くヒペリカム。
元気をもらえます♪

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 03:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リシリヒナゲシの花




【学名】Papaver fauriei (パパウェル ファウリエイ
【科名】ケシ科 Papaveraceae 【属名】ケシ属
【和名】利尻雛芥子リシリヒナゲシ)  【英名】Fauriei Poppy 【別名】ファウリエイ・ポピー
【原産地】日本 【性状】耐寒性宿根草(短命)  【花期】初夏  【花色】黄色
【用途】鉢植え

昨年から育て始めた「リシリヒナゲシ」が開花しました! 一輪目は大雨に当たりあっという間に花びらを散らしてしまったのですが、二輪目をようやくカメラに収めることに成功!

でもこの二輪目も昨日の大雨ですでに散ってしまっていることでしょう。ホントに儚い命です。
一瞬にして散らしてしまう花びらはごくごく薄いヒラヒラしており、真ん中のシベの部分がこんもりと丸くてかわいいのです。

【PR】 利尻ヒナゲシを育てよう♪ at Rakuten

イワガラミ、キョウギクそしてファウテマとの浅鉢での寄せ植えで、少し植え込みすぎたかな?と思いつつも、現在はファウテマも開花中~で、イワガラミも花を咲かそうとしているところ♪
これらの花が終わって秋になれば、キョウギクも順次お花を咲かせるという嗜好です。

キョウギクは斑入りを使っているので、白い葉っぱの部分が明るくしてくれますし、イワガラミの葉っぱには銀色がかった小豆色の発色があって、面白い一鉢と自画自賛(^^ゞ

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のパティオローズ ‘コーネリア’




【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

我家に唯一ある黄色系のバラ、コーネリアです。
そしてこの子はミニバラ~パティオローズに類される小型のバラです。

挿し芽も成功したので現在3株がありますが、半日陰になるようなところに植えてあるのに、この一輪目がもっとも日照条件が悪いというのに、元気にお花を咲かせたのです。
ちょっと嬉しいびっくり♪ その代わり、他に蕾はないんです(^^ゞ

【PR】 ミニバラならポールセン!^0^ at Rakuten


でも半日陰を明るく彩ってくれるのは、ありがたい!
この一輪があるだけで、随分このエリアがパッと華やぎます。この子の奥手には、黄緑色の葉っぱがきれいなフウチソウやギボウシを植えてあり、ちょっと和風の感じにしてあるんですよ(^_-)-☆

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

内緒のお話‘テータテート’




【学名】Narcissus 'Tete-a-Tete'
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  【属名】スイセン属
【系統】キクラミネウス
【流通名】ミニ水仙 ‘ティタティタ’ 【英名】Cyclamen-flowered daffodil
【原産地】ポルトガル、スペイン 【性状】耐寒性球根
【草丈】10~20センチ 【咲き方】房咲き または早咲きシクラメン咲き
【品種名】テータテート
【用途】地植え 鉢植え 切花

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

下のお写真を見てくださいませ・・・ 実は昨年の写真なんです。
で、上の写真は今年のモノ^^; 一輪しか咲いてくれませなんだー 

恐らく、昨年バラやオダマキを移植したときに球根をざっくりとやってしまったか、あるいはバラに肥料をあげたものを食べすぎたのだと思うのです。

もともと水仙は肥料を多く必要としない花なので、満腹になりすぎて花を咲かせるのが億劫になったのかもしれませんね(爆) でもとりあえず生きていてくれたことだけは確認できましたので、よし!とすることにします。

んんん、あっそうか、バラの葉っぱなどの影になり、日光もあまり当たら無くなってしまったかも。
他にも日陰すぎて花つきの悪いスイセンたちもかなりあるので、秋に忘れなければ(^^ゞ 移植してあげましょう~と思っておりマス。

【PR】 かわいいスイセンを育てよう! at Rakuten


私が秋に買いたいなぁ~と思っているのが、ペチコート咲きのバルボコジュームです。白色と黄色があるのですが、私は白が欲しいのですよ~

またしても秋に買い忘れないようにしないとっ ^^; 今のところ、秋に植えたいものリストには、水仙のバルボコジュームとガリル、そのほかスノードロップがあります。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールドレースも地植えで開花!




【学名】Primula elatior 'Gold Lace'
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【系統】エラチオール 【品種名】ゴールドレース
【性状】耐寒性宿根草
【花期】4~5月  【咲き方】一重咲き
【用途】鉢植え 庭植え

昨年秋、ちょっと遅めの時期に株分けしてしまったので、越冬できるかどうか心配していたのですが、無事に春を迎えたプリムラ・ゴールドレースちゃんです!

以前植えつけていたところは、少し土壌が乾きやすい場所だったので、もう少しだけ湿ったところへ移植しつつ、個体数を増やす作戦でしたが、見事成功です ^0^


私が育てているプリムラ エラチオール「ゴールドレース」Primula elatior 'Gold Lace'は今年いい感じ♪ 隣人にはチオノドグサや水仙などの春の球根植物がいます。今年はなんとしても秋にスノードロップの球根を大量に仕入れて、地植えにして隣人に加えたいなぁ~

【PR】 プリムラにもイロイロな表情がありますよ~~ at Rakuten


今年はそんなに寒くなかったせいかしら? 意外と開花が早かったですし、昨年よりも花数も多いみたいです。
でもそうやって地植えにしたときには、コルチカムの葉っぱが無かった時期。今は葉っぱが伸びてしまっているため、とても窮屈な状態になってしまているんです。オバカ
もう少し株が大きくなったら、またしても植え替えなければならない状況です(;´▽`lllA``

Primula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ シルバーレース・ブラック
先日ご紹介した‘ビクトリアナ’は縁取りが白色です。

お好みですが、ゴールドレースは黄色。 双方、甲乙つけがたいかわいらしさ♪です。

←画像をクリックするとビクトリアナの記事へジャンプします ^m^



地植えで越冬ができ、株わけにも成功したので、今度は種まきに挑戦したいわぁ~

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キイロのクリローも初開花!




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色  【咲き方】一重咲き 剣弁咲き スポットなし 【蜜腺】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花 【生産者】駿河 
【備考】#003

二年目の春を迎えようやく開花した黄色のクリローちゃんです。ガーデン・ハイブリッドで、花弁も蜜腺も黄色。んんん、ちょっと黄緑色のようです。
’07年の秋に購入してすぐに、地植えにしてしまったので、あまり元気がよいとはいえないのですが、初めて育てる黄色のクリローの初開花にニンマリ。

そして、小躍り~~~ 〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノあっそれそれ☆

同時期に植えたダークネクタリーは、もっと日当たりがよいところに植えたせいか、6輪ほどお花がさいているというのに、この子はすこぶる成育が悪いものの、年を重ねれば大きくなってくれるはずですから、まぁ~あまりきにやまないことにします。

背景にぼんやりと写っているのが、ニゲルのダブルファンタジーです。背の低いニゲルよりもさらに低い位置でお花を健気にさかせており、ちょっと原種系のおももちのある咲き方ですが、おそらくヒブリドゥスですので、大人になればニゲルを追い越すのは間違いないかと。



【PR】 ピコティー系のクリスマスローズが欲しいなぁ~ at Rakuten
他にもまだあるかな? at Rakuten


あいかわらず、ハンギングにしたほうからは花芽はあがらず・・・
ダイアンサスたちと寄せ植えにしてあるので、そろそろ植え替えてあげなくては!

しつこくハンギングにトライしようかなぁ~ でもちょっとクリローを育てるには鉢が小さすぎるのかな。
ダイアンサスにとっては願ってもいない環境だったらしく、地植えのものたちがほぼ壊滅してしまったというのに、元気に新しい葉っぱを展開させています。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 06:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年に咲いた黄色い花

黄色い花 2008年

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 17:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマーイエローといふグラジオラス



【学名】Gladiolus L.
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】グラジオラス属
【和名】唐菖蒲トウショウブ)  グラジオラス Corn Flag または Sword Lily 
【英名】Gladiolus 【別名】阿蘭陀菖蒲オランダショウブ
【品種名】プリンセス サマーイエロー
【原産地】小アジア、地中海、熱帯アフリカなど
【性状】半耐寒性球茎植物  【花期】6~9月 【草丈】80~100cm 【植え付け期】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花  【備考】茨城県育成品種 PVP

今日のグラジオラスは、これまた個性的!でございます。
こういった色あいのコンビネーションもあるのですね~ ちょっとハワイアンな雰囲気です(笑)
ハイビスカスのような咲き方といいましょうか。

黄緑色から黄色っぽくなってゆく花弁の端にオレンジ色のトッピングぅ~です^0^
とっても華やかで元気をもらえるグラジオラス! イイ感じです。 ちなみにこちらもサカタのタネ様から販売されております。

【PR】 グラジオラスを育ててみましょ♪ at Rakuten

真っ赤なグラジオラス‘ブロム フェボリット’と‘桃小町’のお隣なのですが、ちょっと奥手に植えてしまい、お部屋から眺めるとちょっと隠れてしまうのですが、黄色系なのでよく目立ちます。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 05:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏のオンシジューム

Oncidium 'Aloha Iwanaga' - オンシジューム


【学名】OncidiumAloha Iwanaga
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】オンシジューム属
【英名】Butterfly Orchid
【性状】非耐寒性宿根草  【用途】鉢植え 切花

春に一度キレイに咲いたのですけど、また花茎が1本あがってきてくれて、再び二番花が咲いてくれたオンシジューム。
8分咲きとなったので、株元から切り取ってお部屋に飾っています。
他にあわせるものがなかったので、一輪挿しにしました。

やはり蘭は豪華ですね~ 1本しかなくても花もたくさんついていますし。

【PR】 オンシジュームを育てよう! at Rakuten

オンシジュームは蘭の中でも育てやすいので、蘭がニガテな私でも冬場に枯らすことなく育てることができています。今年はシンビジュームのほうも一鉢株分けして、初めてハンギングで管理しているものが一鉢あるのですが、この子もハンギング用の鉢に植え替えてあげてみようかな?

そのほうが風通しのよいところで育ててあげられますものねっ。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福寿草がようやく・・・

Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ) 

Adonis amurensis - 福寿草(フクジュソウ)
 今日の一句 「おめでたい 黄色の花を開いては 春を満喫 福寿草」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草ガンジツソウ)   朔日草ツイタチソウ
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月

3月上旬に、ようやくとんがり帽子を確認してから1ヶ月あまり。
やっと満開になったのがフクジュソウです。芽がでてから開花までの時間が短っ!

この近辺でももうかなり前から開花していて、お隣のオジサマは植え方も育て方も上手なので、確か2月くらいには咲いていたんですよ。なのに我家ときたら・・・

オジサマ宅では、雪があまり積もらないように、軒を作ってあげていて、日当たり万全、寒風にもあまりあたらない環境づくりをしてあげているのですが、我家はほぼ日陰で大量の雪が載ってしまうエリア。

お隣のオジサマ宅よりも1ヶ月以上も遅い開花です。でもなんとか咲いてくれたので、うれしい~
Y(=▽=)Y~☆ 満開です!

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 03:32 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最初の一輪!蝋梅の花

Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ)

Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ)
 今日の一句 「雪止んで ようやく開く 一輪の 蝋梅の花 ひらひらと」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅 【中国名】 蝋梅
【花径】2-3cm 【花色】黄色
【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【原産地】中国中部

お正月を過ぎた頃から一気に気温が下がり、雪も降り積もってしまったために、それまで順調に蕾を膨らませていた蝋梅の開花スピードがダウン。私のほうも凍えながらの撮影です。手振れ防止機能がついているカメラが欲しくなりました^^;

ようやく昨日一輪だけ開花しているのを発見しました!蛇腹のような固い甲羅で覆われているのですが、それがどんどん剥けてきて、黄色い花弁が見え始め、細長い感じから丸くなって咲き始める様子も見ていて、とてもかわいらしいのです。

蝋梅はすっかり葉っぱを落としてから、お花が咲くので葉っぱに邪魔されること無くお花の姿を楽しむことができるのも魅力的なところの一つですね。その枯れ枝に魔法のようにポッと咲くのが楽しいです。

どうしてこんな虫もいないような真冬に咲くのか、不思議です。どうやって子孫を残すのかシラン?お勉強はまだできておりませんので、いずれ謎がわかったらお知らせしますね。どなたかご存知ならば、教えてくださーい(o^o^o)

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 05:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽しんでます!オンシジューム

Oncidium Aloha Iwanaga - オンシジューム

Oncidium 'Aloha Iwanaga' - オンシジューム
 今日の一句 「ゆっくりと 開けば 阪神タイガース」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】OncidiumAloha Iwanaga
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】オンシジューム属
【英名】Butterfly Orchid
【性状】非耐寒性宿根草 

開花まで時間がかかるといえば、やはりこのオンシジュームも筆頭クラスです。
ゆっくり、ゆっくりと開き始めてから1ヶ月あまりでようやく満開となりました!
今年はお正月にあわせて咲いてくれたような感じです。
シンビジュームのほうがお正月に間に合わなかったので、ありがたや~

やはりランは豪華な雰囲気をかもしだしてくれますよねっ。

そろそろ根元から切り取って、花瓶に生けて楽しむ時期になりました。蕾が8割がた開いたところで、切り取り後は株を養生させることにしています。これからは厳寒期になりますので、水遣りのタイミングが難しいのです。けれど、ランのなかでも丈夫なものですから、なんとかすでに5年くらいは枯れずにがんばってくれてます。

ところで、今年はお花が開いたときに、緑色したアブラムシがついていてびっくり!この寒い時期にもくっつくのですね。これも暖冬の影響でしょうか。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満開のツワブキ

Farfugium japonicum - 石蕗(ツワブキ)

Farfugium japonicum - 石蕗(ツワブキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Farfugium japonicum
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】ツワブキ属 または フキ属
【和名】石蕗ツワブキ) 【英名】 Japanese silver leaf
【別名】艶葉蕗(ツヤハブキ) 火傷草(ヤケドグサ)石蕗(イシブキ)
【性状】耐寒性多年草  【花期】10月~11月
【原産地】日本 台湾 中国南部

10月初旬ににょっきりと頭を上げ始めて、ゆっくりとゆっくりと咲いてくれたツワブキの花。そろそろ終焉なのですが、一番お花がきれいだった10月末の写真でのご報告です。

今年は通年よりも花つきがよかったのです。なぜかしら?
と考えたところ・・

おそらくお隣に植え付けた球根‘カサブランカ’ちゃんのためにせっせと肥料などを施してあげたからでしょう。知らぬ間にユリの恩恵を受けていたみたいです。私としてはツワブキちゃんに肥料をあげているという意識はあまりなかったのですが(^^ゞ

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 05:44 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満開のコレオプシス

Coreopsis verticillata - 糸葉春車菊(イトバハルシャギク)

Coreopsis verticillata - 糸葉春車菊(イトバハルシャギク)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Coreopsis verticillata
【科名】キク科 Asteraceae 【属名】コレオプシス属
【和名】糸葉春車菊(イトバハルシャギク) 【英名】Threadleaf Coreopsis
【別名】宿根コスモス  【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草  

先日ご紹介した蕾のようすから数週間がたち、すっかり満開になったコレオプシスです。

秋の明るい日差しのなかでたくさん咲いてくれました~ヽ(*^^*)ノ

やはり株分けして日当たりのよいところに移植したのは大正解でした。でもちょっと気になることが・・・。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 05:23 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

八重咲きフリージアの花

八重咲きフリージア

八重咲きフリージア

 

【学名】Freesia hybrida
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】フリージア属
【和名】浅黄水仙(アサギスイセン)、香雪蘭(コウセツラン)  【英名】Freesia (フリージア)
【流通名】フリージア 【原産地】南アフリカ
【性状】球根植物 (休眠期 夏) 要!堀上げ

アップしそこなっていたフリージアです。
なかなか開花したときのキレイな写真を撮る機会に恵まれないまま、6つほど出てくれた芽に咲いてくれたのは、たったの一輪でした。

_| ̄|○

フリージアは二度目のトライでしたが、あえなく撃沈です。
難しいなぁ~ フリージア。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福寿草が二分咲き

福寿草の蕾



【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草(フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草(ガンジツソウ)   朔日草(ツイタチソウ)
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月

2月末に蕾を発見してから約2週間でフクジュソウが咲き始めました!
我が家では初めての地植えでの開花です。

+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

まさに春の訪れを告げるお花の代表ですね~
元気のでるキイロです。

葉っぱもまだ完全に展開はしておらず、初々しいやわらかな葉っぱで、深いのに銀色がかったような色味もいい感じ。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 07:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のクロッカスが開花!

クロッカスの蕾



【学名】Crocus vernus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 
【属名】クロクス(クロッカス)属  または サフラン属
【和名】花さふらん(ハナサフラン)
【英名】Dutch crocus
【別名】ハルサフラン、ムラサキサフラン
【性状】耐寒性球根多年草  【花期】2~3月

あっ、咲いた!

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蝋梅の終焉

ロウバイの花



【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅(ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅 【中国名】 蝋梅
【花径】2-3cm 【花色】黄色
【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【原産地】中国中部

なかなか青空の下でお写真を撮ることができなくて、寒々しいお写真になってしまったのですが、今日は蝋梅のお花の写真です。

先日投稿した記事では、蕾と青空がいい具合だったのですが...

もうそろそろ満開を過ぎ、花びらがいたんでしまっていて、今年はお別れモードです。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 06:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蝋梅(ロウバイ)が開花!

ロウバイの花



【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅(ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅 【中国名】 蝋梅
【花径】2-3cm 【花色】黄色
【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【原産地】中国中部

双子葉植物綱クスノキ目の蝋梅属である、「蝋梅」。
もう随分前から満開のニュースをTVなどで見ていたので、我が家のロウバイも早く満開とならないかしらんと期待していたのですが、ようやく咲いてくれました! ロウバイの意味はギリシャ語でWinter Flower - 冬の花。

その名のとおり、花の少ないこの時期に可憐な花を咲かせます。

昨年接木された苗を入手したものを地植えにしているので、まだまだ立派な成人というわけにはいかず、枝を切って部屋に飾るほどの大きさではありません。

本当は室内で鑑賞したいのですが・・。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 06:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。