++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒色のヒマワリから生まれた子

Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’
【学名】Hellianthus annuus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヘリアンサ属 または ヘリアンツス属
【和名】向日葵(ヒマワリ) 【英名】Sunflower 【別名】日輪草(ニチリンソウ) 日車(ヒグルマ) サンフラワー
【品種名】ムーランルージュ
【原産地】北アメリカ
【性状】一年草 【草丈】180cm 【花期】7~9月 【生育適温】15~30℃
【用途】地植え 夏花壇 大型コンテナ 切花 
【撮影】2010年7月22日


昨年は漆黒のヒマワリさんでしたが、昨年採取した種を播いたところ、黄色へ先祖がえりです(^^ゞ
がっかりぃ~~ 黒色好きの私としましては、昨年と同様のお姿になってほしかったです。

昨年などは、人様から「あれは何?」と尋ねられ、「ヒマワリです」とこたえると皆様一様に驚きの表情でした(笑)
ヒマワリといえば、フツーは黄色ですからぁ~~ 驚くのも当たり前でしょうか。



ヒマワリを育てるならやっぱり種からですよね!
私はダークサイドなので、シーハーハー (^^ゞ どうしても黒っぽい子に触手が動きますが、テーマを持たせるなら、ゴッホやゴーギャン、マネ・・・ 様々な人が描いているその似た品種を集めるのも愉しいかも!

【PR】切り花にも最適!褐色のヒマワリ種 ヒマワリ ココアという黒色系もかわいい~~Y(=▽=)Y~☆ アグレさんちで、315円也~

ヒマワリをタネから育てよう! at Rakuten


けれど、黄色というよりもすこし茶色を残してくれていて、個性的なお姿で咲いてくれてはいるのです^^;
太陽がダイスキで、乾燥にも強いはずの夏の花、ヒマワリですが、今年の猛暑で花もちがイマヒトツかも。
最初の一輪目はあっという間に花びらを散らしてしまいました。

≫ Read More

スポンサーサイト

| black::黒い花 | 03:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒竜の花

Ophiopogon planiscapus - 大葉蛇の髭(オオバジャノヒゲ)‘黒竜’
【学名】Ophiopogon planiscapus
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ジャノヒゲ属
【和名】大葉蛇の髭オオバジャノヒゲ) 【英名】Mondo grass / Lilly Turf  【別名】竜の髭リュウノヒゲ
【品種名】黒竜コクリュウ) 
【原産地】中国 日本 【性状】耐寒性宿根草(-15℃) 【花期】 6~7月 【花色】淡紫色
【用途】寄せ植え グラウンドカバー シェードガーデン
【弊ブログ内関連記事】 コクリュウ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年7月9日


鉢植えで管理していたコクリュウを地植えにしたのが春でしたが、ふと気がつくとお花が咲いていました。
お隣ではオダマキの子供が顔を見せ初めています。
黒々とした葉っぱが素敵な黒竜ですが、どうも私はこの子と相性が悪く、以前枯らしてしまった経験がありまして、地植えにしてからちゃんと活着してくれるまでは、少々気がもめましたが、どうやら大丈夫そうです。



苔玉にしたり石付けにしたり、そんなときにも良い素材ですね(^_-)-☆
お庭の中に植え込むと、他の植物を引き立ててくれます。
丸葉や黄色の葉っぱ系のものとあわせるとぐんと引き締まります!

【PR】 コクリュウを育てよう! at Rakuten


春に植えたときには、クリスマスローズの緑色の葉っぱの間にあると、素敵かも!と思い、ヒューケラとともに移植したのですけど、ヒューケラのほうはどうやら天国に召されつつあり、構想倒れ・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

まだそう大きくなってくれておらず、地下茎からも殖えている様子はないのですが、このコクリュウは、植えてから数年経過すると、突然ワッと殖え始めるとも聞いているので、もっと殖え始める瞬間が愉しみです。
もう少し殖えてくれたら、周囲にあるクリスマスローズに負けないと思うのですけど。

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かなり細っそり^^; 黒色の撫子

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え 地植え ハンギング
【撮影】2010年7月9日


やはりコンビネーションが悪かった*o_ _)oバタッ彡☆

黄色のクリスマスローズとの寄せ植えでハンギングバスケットに植えつけてしまったために、気温があがりはじめてからは、半日陰で管理するようなことになってしまいましたゆえ、この子の徒長ぶり・・ ふにゃっと茎も細くて、花数も少ないこと少ないこと。
もう今年でその命を繋ぐのを辞めてしまうのではないかと思えるほどの、弱弱しさです。

けれど、なんとか開花・・^^; 弱弱しさが、さらにかわいらしさを増幅させている感じもあります。



ナデシコを購入するなら、秋か春先ですね~ (^_-)-☆
この子は、カーネーションといっても良い感じで、案外草丈は高くなりますし、蕾の時には真っ白なのに、開くと黒色と白色のコンビネーションが素敵なナデシコです。
タネをつけさせたことがないのですが、今年は採取に踏み切ってみようかしら?

【PR】 黒色系のダイアンサスを育てよう! at Rakuten


昨年は50輪は咲いたはずですから、今年はその十分の一の5輪ほどでしょうか。
ただ、この子を植え替えたときに株分けを決行し、地植えにもしたのです。地植えのほうもこの梅雨の時期水分を吸い込みすぎて、ひょろひょろ、雨に打たれて横倒しと、全く元気ナシです。

黒色がダイスキな私としては、なんとしても復活させたいところです。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベンジさせてもらえた!浦島草~

Arisaema thunbergii subsp. urashima - 浦島草(ウラシマソウ)
【学名】Arisaema thunbergii subsp. urashima
【科名】サトイモ科 Araceae 【属名】テンナンショウ属
【和名】浦島草ウラシマソウ) 【英名】 【別名】天南星テンナンショウ) または アエサリマ
【原産地】東アジア インド アフリカ 北アメリカ
【性状】球茎性植物 【草丈】40~50cm 【花期】5月~6月
【用途】鉢植え 地植え



実は昨年もいただいたのに、今年本当に小さな葉っぱが一枚でてきただけで、きっと来年の開花は無理っぽい感じと、がっくりと肩を落としていた私でしたが・・・

そう!またしてもお隣のオジサマがくださいました~ 浦島草です! ちょっとグロテスクでありますけど、オモシロイでしょう?といってもこれらのお写真はすでにお花がしぼんでしまい、葉っぱも黄色に変色してからのものです(^^ゞ

ウラシマ

ウラシマ

価格:1,575円(税込、送料別)



山野草としましては、結構大型です!葉っぱには光沢がありツヤツヤです。
浦島太郎が釣り糸をたらしているかのような姿から、命名されたそうです。

【PR】 ウラシマソウを育てよう! at Rakuten


最盛期のときには、黒々としているのですけど(^^ゞ 黒色好きの私には当然気になる存在です。
それに釣り糸の部分も記念撮影できませんでしたが。

お花は筒状の仏炎苞(ぶつえんほう)の中にあり、その外側の黒い部分から長い釣り糸が伸び、これがまた思いのほか長っ。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒々♪ユーパトリューム・チョコレート

Eupatorium rugosum 'Chocolate' - ユーパトリウム‘チョコレート’ - 丸葉藤袴

【学名】Eupatorium rugosum 'Chocolate'
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユーパトリウム属 またはヒヨドリバナ属
【和名】丸葉藤袴マルバフジバカマ) 【英名】Tall Boneset(トールボネゼット) White snakeroot(ホワイトスネークルート) 
【別名】玉咲き銅葉藤袴タマザキドウバフジバカマ
【品種名】チョコレート
【草丈】100cm 【花期】夏~秋
【原産地】北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】鉢植え 庭植え
【撮影】2010年6月9日


はい!私のダイスキなダーク系です! もっともお花は真っ白に咲き、葉っぱがダークなんですけど(^^ゞ
昨年、鉢から地面に下ろしたのですけど、無事に越冬し、大きく育ちつつあります。

お隣さんはフラックスで青い小花を散らしつつ、ゆらゆら揺れております。
挿し芽を地面に挿したものも、3本ほど挿したうち、1本は順調に成長中~でどうやら保険のほうもOKです。


宿根草ユーパトリウム ’チョコレート’
価格 300円 ~

昨年、おぎはら植物園さんちでお世話になって、入手したものです。

【PR】 ユーパトリウムを育てよう♪ at Rakuten


写真を撮ろうとかまえていたら、あっ(>o<") コヤツはカメムシ? なにかしら?
最近、何度が見かけているのですけど、あの臭い虫かしら? 
きっと葉っぱを食べているのでしょうから、あの世へ行っていただこうかとも思ったのですが、臭いと嫌なのでそのまま放置。でも放置したために大量発生などということになると大変!
まずったかも!?

≫ Read More

| black::黒い花 | 02:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックバローも!

Aquilegia vulgaris var.stellata - アキレイギア‘ブラック・バロー’
【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブラック・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 Granny's bonnetまたはColumbine
【性状】耐寒性宿根草
【撮影】2010年5月21日撮影



去年咲いたオダマキの中でも、ブラックバローが一番株数がおおかったはずですのに、今年はなんとか2株だけ、控えめに咲いてます。

黒色系はシックでダイスキな私です!で、今年は黒色の子に一重の花が一株見られました~ 

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


種を買った記憶はありませんし、もしかすると変異?
ブラックバローも二代目あるいは三代目となっている子もあるかもしれないので、お花の形が変わっているのかなぁ~
それとも私が覚えていないだけで、種を購入していたのかしら? ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

巨大に!ブラックパール

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’


【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花には不向き

ユーフォルビアは、ちょっと日陰に植えてしまった子が徒長して横倒しまったので、すでに花穂をすべて切り取ってしまい、来年のお花に託したのですけど、完全に南向きに植えてある子は、支柱で支えてあげてはいるももの、なんとか直立(笑)

お隣のスモークツリーやハコネウツギにも手伝ってもらいつつ、開花中~です。
そろそろお花の色も黒色から赤紫色っぽくなってきています。

【PR】 お花を探そう! at Rakuten


こぼれた種からも発芽が3~4芽ほどあるようです。
ベイビーはまだ小さいのですけど、クレマチスの鉢にこぼれた種から育った子が大きくなってきているのですけど、地面で発芽した子は、あまり大きくなりきれていない様子です。
移植を嫌うので、鉢植えの子はそろそろ地植えにするか、もっと大きな鉢に移動させてあげませんと。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビクトリアナも初めて越冬!

Primula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラックPrimula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラック


【学名】Primula Victoriana Silverlaced Black  または( Primula x polyantha
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】ビクトリアナ シルバーレース ブラック 
【英名】Primrose (プリムローズ) 【別名】桜草サクラソウ
【原産地】コーカサス 【性状】耐寒性宿根草
【花色】黒色 【草丈】 20cm 【用途】寄せ植え 鉢植え ハンギング 地植え 

昨年来、フェチダスとヒューケラ‘キャラメル’とともに寄せ植えにしているプリムラ・シルバーレースも無事に越冬が叶い、二度目の春を迎えはじめました(^_-)-☆ 手元にあるプリムラの中でも大のお気に入り♪です。
縁取りが黄色のゴールドレースのほうは地植えにしているためか、ちょっと今年は目覚めが遅く、しかも一株は天に召されてしまったような感じです。しゅ~~ん。

我家のキョウレツな霜と低温はやはりプリムラちゃんたちにとってはかなり過酷である模様。
冬の間、この鉢はずっと軒下で管理していたというのに、葉っぱには茶色の枯れこみも見られます。

【PR】 シックな寄せ植えにもオススメ ^^ ビクトリアナシリーズ at Rakuten


それでも復活してくれてみたら、案外花数も多くていい感じです♪
私はどうもプリムラ系を育てるのがニガテで、あまり殖やすことができないのです。
この子はとってもかわいいので、秋には株分けをして保険をとりたいと思っているのですが。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今頃?銅葉ヒマ(^^ゞ




【学名】Ricinus communis 'Gibsonii'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】 トウゴマ属
【和名】唐胡麻トウゴマ) 【英名】Castor oil plant (キャスターオイルプラント) Castor beanキャスタービーン
【別名】蓖麻ヒマ) 【品種名】ギブソニー
【原産地】熱帯東部アフリカとインドが原産
【花期】 4~5月蒔きで8~9月咲き 【草丈】
【性状】非耐寒性多年草 (一年草扱い) 【用途】花壇 

今年春に種をまいた銅葉ヒマ‘ギブソニー’は、ちっとも芽を出してくれなかったのに、夏場に芽がでてきたものと、最近になって発芽したものがあり、どちらももう霜が降りる時期に挿しかかっているので、種を作る前までに大人になれそうもありません _| ̄|○

何が原因だったんだろうなぁ~ 

春に播いたときに、日時を書きとめておけばよかったのですが、播種した日ははっきり思い出せません^^;

昨年9月記事と比べましても、その生育具合に大きな差があります。




先日見つけた子などには、まだ本葉がようやく一枚でてきたところなのです。

寒さに弱くて、霜が降りようものなら、一巻の終わりなのです。
あぁ~~なぜに今頃でてきちゃったんでしょうねぇ~ 順当に春から育ってほしかった!

【PR】 銅葉の子、探してみよう~♪ at Rakuten

昨年などは、草丈も高くなり、かなりの存在感がありましたが、今年は別人のように小さいままです。掘りあげて、鉢植えにしたものを室内で越冬すれば、来年の春早々から愉しめるということになるのかもしれませんが、我が家では室内での越冬も難しいような気がします。

悩むなぁ~ 室内で越冬するにしても場所がなぁ~ 鉢の置き場を捻出するのに、今から頭を痛めているというのに。今年はエアプラを随分仕入れてしまったので、ホントに場所がないんです。

≫ Read More

| black::黒い花 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワレモコウがたくさん咲くはずがっ!




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅 (ワレモコウ)
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ)
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】庭植え 鉢植え 

そっ、そんなぁ~~~ (/へ\*)))ウゥ、ヒック

今年は大株になって、背丈も1メートル以上、蕾もたくさん上がっていたので、満開となるのがすんごく愉しみだった私。

8月の下旬のある日、朝の警邏でこの子の様子を見に行ったら、ほとんどが切り取られてしまっているではありませんか! ギャッ 

犯人は・・・ 母でした(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★
「だって水道の検針の人に迷惑でしょ」って・・・ ひどすぎる・・・ 

それで、残っていた1本の花茎のみがたよりの秋。それでなくても秋に咲く花って少ないのになぁ~


【PR】 e-フラワーさんちでワレモコウ かぐや姫 ポット入苗 1株は、1,200 円也~ 私にとってはちょっとお高め(^^ゞ でもかわいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

吾亦紅を探そう! at Rakuten


昨年はうどんこ病にやられて咲き姿があまりよくなかったのですが、今年は病気もでなくて、葉っぱもあまり虫に食べられなかったので、いい感じに咲いてくれそう~とワクワクしていたのになぁ~
本当にがっかり。
二番花も咲くかしら? 

≫ Read More

| black::黒い花 | 01:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

貧弱ながらも・・・なんとか開花!




【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり
【用途】鉢植え ハンギング 地植えには向きません

昨年、お花が終わったばかりなのに、もう今年の開花を楽しみにしていたお花のひとつ、ダイアンサス‘ブラック&ホワイト’ちゃんです!

随分、挿し芽などをとって殖やそうと躍起になったのですが、やはり親株が一番たくさんお花が咲きまして、挿し芽した株はイマヒトツ。地植えでも愉しみたいと挿し芽を移植してみましたが、地植えですと生育が鈍ります。

梅雨どきの過湿を嫌うのでしょうねぇ~~ ^_^; 冬の寒さも嫌いますし。

やっぱりこの子は箱入り状態のお嬢様扱いで、丁寧に育てなくてはなりません。



【PR】ダイアンサス ブラック&ホワイト1鉢 は、ハッピー ガーデンさんちで、262 円也~

ダイアンサスを探そう!at Rakuten


この子のかわいらしさはグンを抜いています。
この時期から咲いてくれるエレガントなお花が少ない我家においては、救世主的存在!ですから、年を越して二年目にも開花してくれたのは誠に嬉しいのです。マラカス

いわゆるカーネーションの咲き方をするのですが、私はこれまで随分と鉢植えでも地植えでも枯らしてしまった経験があるので、この子の開花にはもう悦びもヒトシオなんですよ~

がっ、

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オキザリスに桃色の花




【学名】Oxalis triangularis
【科名】カタバミ科 Oxalidaceae 【属名】カタバミ属 またはオクサリス属
【和名】酢漿草カタバミ)【英名】Oxalisオキザリス
【別名】オキザリス 【品種名】紫の舞ムラサキノマイ)?
【性状】耐寒性球根植物 春植え 【草丈】15~30cm
【原産地】ブラジル アフリカ 
【用途】鉢植え 地植え

我家では、以前から緑色の葉っぱのオキザリスが、濃い桃色の花を咲かせておりましたが、黒色好きの私としては、葉っぱが紫褐色で三角の葉っぱが個性的なこのオキザリスが欲しかった!のです。
昨年、農協の直営店でお花の終わった処分品で入手。

今年初めてお花との対面が叶いました~!


【PR】オキザリス・パープルドレスもかわいい~ Y(=▽=)Y~☆ 千草園芸さんちで、577 円 です♪

オキザリスを探そう! at Rakuten


ちょっと油断してしまって、青虫かしら?なにかに葉っぱをパクパク食べられてしまい、ちょっと乱れてしまいましたが、それでもやさしいお花を愉しんでいます。
葉っぱの色からは想像できないような、パステル調のかわいいお花を咲かせるオキザリスで、鉢に寄せ植えにしており、季節ごとにお花を見れるようにしています。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

殖えすぎ^_^;の黒花風露草




【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロウソウ科 Geraniaceae 【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

増やしすぎた~~~ (;´▽`lllA``

黒色の花に目がない私・・・ 株分けしたりして、地植えと根洗い盆栽などで愉しんでいるわけですが、この子私が想像していた以上に、株は大きくなって、お隣の子たちにストレスを与えてしまっている様子です。

でも、やっぱりかわえぇえ~~ +゜*。:゜+(人*´∀`+゜:。*゜+.



【PR】黒花フウロは、おぎはら植物園さんちで、630 円也~

先日、ドライブの途中に立ち寄った山野草を扱うお店でも、この子をたくさん見かけて、ウンウン、やっぱり人気が高いのねぇ~

他にはどんなフウロがあるのかな? at Rakuten


私の腰の高さよりも高いところで、花を咲かせているのですが、葉っぱの大きさとのバランスでみると、そのひとつひとつの花はあくまでもこじんまりとしていて、控えめなのです。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全盛期?ブラックパール




【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花には不向き

地植えにしてから三年の‘ブラックパール’。大きくなりましたよ~ 上記には、60cmと書いてますけど、1メートルになりそうな勢いです。あるいは徒長?(爆) モッコウバラに光をさえぎられているからなぁ~

そんな中をかいくぐり朝陽が当たる頃やまぁ~午前中くらいはお日様とご対面できるので、元気モリモリ、遂に満開を迎えております。

今年も足元に1本、実生の子を見つけましたが、果たしてうまく育つのやら。昨年も見つけたのですが、いつのまにか消滅・・ _| ̄|○ 今回は、ローズマリーの足元にくっつくようにして、生えているのですけど。花茎を切り取らないので、かなりの種がこぼれるはずなのですが、その花数からすると、自然発芽の可能性は低いと思います。同じトウダイグサの仲間、ハツユキソウ(一年草)などのほうが発芽率はダンゼン高いように思います。


【PR】ユーフォルビア「ブラックパール」6号開花鉢Euphorbia characias 'Black Pearl'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで、3,150 円也~です

ユーフォルビアを育てよう! at Rakuten


寒い時期でも葉っぱを落とさず、霜や雪に耐えてうなだれていたのですが、春になるとともに頭を上げて、あっという間に開きました。今年、この子もいつもよりも開花が早かったです。

蕾のときにちょこっとだけ、見えているときには朱色なのですが、こうして開ききると黒いお花が現れます。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年に咲いた黒色の花

黒色 2008年 グリッド

≫ Read More

| black::黒い花 | 18:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒューケラ ‘モカ’ の花♪

Heuchera  'Mocha' - ヒューケラ ‘モカ’


【学名】Heuchera 'Mocha'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】モカ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm  【用途】花壇 寄せ植え 鉢植え シェードガーデン

今年春に入手した小さな苗でしたが、ちゃんと育ってくれてお花が咲いてくれていたのですけど、ご報告がすっかり遅くなってしまった、ヒューケラ‘モカ’です。

入手したばかりのときには、少し黄緑がかった部分もあったのですが今はすっかりシックなオトナへと変貌~~ Y(=▽=)Y~☆ 米粒ほどの大きさで、ちょっと綿毛をあしらったかわいいお花を次々に咲かせております。 ヒューケラって思いのほか、花期が長いですね~~♪ 


おぎはら植物園さんから、3月に入手した苗のひとつ、ヒューケラのモカです。光沢の無い、黒っぽく銅色の葉っぱがお気に入りです! ツボサンゴ  ’モカ’
価格は 500円也。

【PR】探してみよう!お気に入りのヒューケラたち!at Rakuten

この子は花壇で、レディースマートルやリュウノヒゲ、クリスマスローズなどが隣人。それぞれがぐんぐん領域を拡大してゆく子たちばかりなので、油断大敵!
マメに株分けなどをしてあげなくてはと思っていますが、今のところはそう混み合いすぎずにそれぞれが個性的な葉っぱで競演中です。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撫子‘ソーティ’が開花!

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 ブラック&ホワイト同様に・・想像と違ってます(@o@)
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

前回の記事から二度目のアップです!そして今回はめでたく開花のご報告^m^

と・・・・ えっ、またまた違う! ぜんぜん違います・・・
ラベルのお写真とはかけ離れているのです!

なんだか頭がこんがらがってしまいました。マロン・チョコレート色したお花ってどんな感じなんだろう~と実物を見るまで、ジリジリしておりましたが、開いてみたらカーネンションのようで、↓にあるようなお店の写真とはベツモノの花が咲いてマス。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
このソーティー、ちょっとスカビオサに似てませんか?
ぜんぜん、形状の違うお花で、頭が混乱中です

(;´▽`lllA``




どちらかというと、一昨日のブラック・アンド・ホワイトに似てますけどぉ~?ワタシが植え付けのときに取り違えたのか?とも思いましたが、そんなはずはない!

でも、お花自体は私好みでありますし、開花が喜ばしいことには違いないのですが。心境的にはちょっとフクザツです。

鉢植えにしてあるほうは、挿し芽から育ててますけど、根っこ付の苗で植えたブラック・・ちゃんのほうにおされ気味ではありますが、でもちゃんと根付いてくれたのもうれしいことです!

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:08 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

撫子‘ブラック&ホワイト’の花

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「開いた花は 黒色で 一重咲きなる 撫子は 予想と違う 見目形」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’に一輪目の花が咲きました!

でも・・・

お写真とぜんぜん違う! 


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
ほら、このようにお写真ですと、白い縁取りがあり、ちょっと八重咲きのような感じ(;´▽`lllA``
なのに、我家のは白色一色の一重咲きで、ついていたラベルにある写真とはベツモノのようです
ミミミ (-公-;)ムムッ


それともまだ一輪目なので、本来の姿を発揮していないのでしょうか?

やはり開花株を買うべきだったのか! あぁ~~ 悲しい シクシク ・゚・(ノД`)・゚・。
でもね、ワタシのダイスキな黒色系ではありますし、それはそれはシックないでたちのナデシコでありますので、結果的にはそうがっかりもしていないのですけど。

ただ、おぎはら植物園さんにはお伝えしたほうが良いのかしら?
なんだかクレーマーのようになってしまうのも、嫌だなぁ~~

もう少し、様子を見てみます!

≫ Read More

| black::黒い花 | 21:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックパールの花!

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 今日の一句 「ぐんぐんと 立ち上がりつつ 開きだす 灯台草の 無数の花よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草

立派に咲き始めてくれたのは、ユーフォルビア・ブラックパール!
昨年のびた花茎にたくさんの花が咲き始めてくれてます。名前にあるようなまさに「黒真珠」。

でも挿し芽を取った茎からはお花はまだ咲いてくれず。どうやらこの子は早いうちに花芽を分化させるようですね。んんん、あるいはこれからお花をさかせるのかしらん。
ユーフォルビア初心者の私には、まだよくわからない部分です。

挿し芽にしたものは、冬の間にほとんどが枯れこんでしまってひとつだけ息も絶え絶えで残っているのですが、この子はやっぱり種から殖やすのが一番のようです。
パープレアのほうは、すべてが無事に越冬できそれぞれにお花が咲き始めています。

昨年こぼれた種から発芽した子は、まだ小さいながらも越冬し、茎もナノの世界ほどに細いのですが、ちゃんと生きております。

今年はたくさん種をとってばら撒いてみようと思ってます!

さて、早春からこの子を観察していたので、折々の写真でご紹介してまいりますね~

≫ Read More

| black::黒い花 | 02:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒色のダイアンサス ’ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 撫子には色々ありまして、外来種については、ダイアンサスと呼ばれるようですね。

     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

深いマロン・チョコレート色という言い方をされている方がいましたが、真っ黒というよりは少しチョコレート色をしているようです。そしてこのお花、いわゆるエーダブルフラワーで食べることができるそうです!

3月に入手した苗ですが、順調に生育中です!でも油断はキンモツ。昨年、とってもかわいい~~と地植えにしてあった伊勢撫子は我家を好いてはくれませんでした。
今年また出会いがあれば、この伊勢撫子も入手したいなぁ~ リベンジです!

この子は先般ご紹介したブラック・アンド・ホワイトと似た感じではあるのですが、こちらはお花の咲き方がちょっとマツムシソウに似ているような感じがしました。まだ実物を見てなくてラベルの写真で見ただけですが。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
背丈はブラック&ホワイトに比べ、こちらのほうが高くなるようです。
昨年何かの付録で貰ったナデシコの種をバラバラ播いておいたところ、今年は地植えで結構発芽・越冬したので、多くのナデシコが咲きそろいそうな春です!


庭植えにするときに、ポロリと落ちた芽があったので、クリローのハンギングの中に、その小さな芽とブラックアンドホワイトの両方を植え付けてあります。クリローの花が終わったら、この子達が順次咲いてくれるようにと思ったのですが、うまく行くかなぁ~

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーチ・フランバのかわいらしさ!

Heuchera 'Peach Flambe'- ヒューケラ ‘ピーチフランバ’

Heuchera 'Peach Flambe'- ヒューケラ ‘ピーチフランバ’
 今日の一句 「桃色の 日に透けたる か弱き葉 大きくなれよ 壷珊瑚」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

jardinと書いて、ハルディン。 Flambeと書いて、フランバ。
なんで、ジャルディンではなく、フランベじゃないんだろーと変なところに食いつく私。
31アイスクリームにもピーチ・フランベってありませんでしたっけ?

「j」スペイン語とかだと、ハルディンなのかしら? jardin様の苗ヒューケラにはまりはじめてから、結構手元で育てるようになってますけど、最近になってようやく、ハルディンという名前が定着。
なかなか覚えられなかったです。毎度、毎度のケンボー症(爆)

間違えないようにしなくちゃ~(;´▽`lllA``

jardin様のHPに記載されているところによると、
■■■ 2007 ジャパンフラワー&ガーデンショウ 人気投票1位 ■■■

■■■ ジャパンフラワーセレクション2007-2008  入賞 ■■■

と、人気の高いヒューケラだったそうで・・・(;´▽`lllA`` ぜんぜん知らずに購入しておりました。
蛇足ですが、切花・鉢花部門それぞれの今年2008年の入賞したお花はこちらにどうぞ!


新しいヒューケラ!ヒューケラ ピーチフランバ 9センチポットが、アグレさんちでまだ販売されてました~ まさに時期によってその葉の色が変化します。 価格 410円

≫ Read More

| black::黒い花 | 22:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撫子 ブラック&ホワイト

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’

Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’ - ダイアンサス シネンシス ヘッジウィギー ‘ブラック&ホワイト ミンストレルズ’
 今日の一句 「黒白の 花が開く 撫子に 蕾はまだかと じっと見る」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus chinensis var. heddewigii ‘Black & White Minstrels’
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ) 【英名】Chinese Pink / Japanese Pink / Indian Pink / Rainbow Pink 
【別名】石竹(セキチク) 【品種名】ブラック&ホワイト ミンストレルズBlack & White Minstrels
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草(一年草扱い) 【耐寒】-10℃ 【草丈】30cm
【花期】春~初夏 切り戻しをすると秋にも開花 【香り】あり

よく調べもせず、黒い花というだけで3月に入手したダイアンサス‘ブラック&ホワイト’です。3月中にすでにハンギングと庭植えにしております。

よくよく調べてみると、面白い品種名。Minstrelsには「吟遊詩人」という意味があったのですね~
でもheddewigiiをExcite翻訳で調べても和訳の意味は掲載されていませんでした。なんだろ?


宿根草 ナデシコ ブラック&ホワイト
寒さに耐えられる宿根草をと思い、ダイアンサスの黒が欲しいと選んだのです。でもどうやら一年草扱いで育てるのが一般的のよう(;´▽`lllA``
またまたフライング!ドテッ 


ならばいたしかたない!今年はたくさんのお花に咲いてもらって、種を採取するしかないではありませんか!
もちろん、もう少ししっかりした感じになったら、挿し芽も考えておりますぞ~

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気モリモリ!黒花フウロ

Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)

Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)
 私の大好きな黒花系であります!花期も長く管理も楽チンなオススメの一品です^^
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロウソウ科 Geraniaceae 【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

二回目の越冬。無事乗り切った黒花風露草です。
この子は鉢で管理しているもので、他に斑入りのタマリュウやホトトギスなどと寄せ植えにてあるもので、軒下ではなく寒空の下に放置してありましたが、元気に春を待っています。

黒花フウロ

昨年の様子です。
お花が咲いたのは5月のことでした。




ほとんどの葉っぱは枯れてしまっていますが、中には緑色をした葉も残っておりました。

地植えにしてあるものは、完全に枯れた状態ですが、軒下の雪や霜が当たらないところでは、葉っぱもかなり残ったりしていて、その管理場所により冬越し時の姿に差があります。

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:23 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒューケラ・オブシディアンに霜!

Heuchera 'Obsidian'  - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’

Heuchera 'Obsidian' - コーラル・ベルズ または ヒューケラ‘オブシディアン’
 今日の一句 「漆黒の 葉っぱに降りた 凍る霜 結晶の花 自然の美」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

いよいよ2月ですね~ もう少しで立春。節分になるとあぁ~後もう少しで春がやってくる!という気分になります。でも本当の寒さはこれからだったりするのですが。

寒い朝には、地面が10センチ以上も盛り上がるほどの霜柱がたつこともあり、そうした寒い朝には、葉っぱなどにもこのように雪の結晶ができたりします。

この子は耐寒性が強いので、あまり心配はしませんが、それにしてもよくまぁ~こんなに寒いのに生き延びることができるものです。

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユーフォルビア ’パープレア’の冬

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- プルプレア

Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’- プルプレア

 

【学名】Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草(トウダイグサ)【英名】(Wood) Spurge
【別名】プルプレア  【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】初夏 【草丈】40cm~60cm

寒そう~~~ 

このところ、毎日のように霜柱で地面がぐいぐい持ち上げられていますし、雪がちらついたり、もちろん氷なども張ったりしていて、冷え込んでいます。

こうした宿根草の子たちも身を縮ませて、冬の寒さに耐えているところ。このユーフォルビアもがんばってくれている宿根草の一つです。霜などに当たっても白くお化粧するだけで、葉っぱは痛まず! お~~思った以上に寒さに強い子なのです!

挿し木をしたものも霜が当たっているというのに、枯れる様子は今のところありません。しめしめです。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカビオサ‘チリブラック’

Scabiosa 'Chile Black'

Scabiosa 'Chile Black'

 

【学名】Scabiosa 'Chile Black'
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae
【属名】マツムシソウ属
【品種名】チリ・ブラック
【和名】松虫草(マツムシソウ)【英名】Pincushion Flowers
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ アジア アフリカ
【性状】一年草/ 二年草 / 多年草

黒色好きの私にとって、嬉しい開花となったのが、スカビオサ・チリブラック。
以前、ブルーのセイヨウマツムシソウをご紹介済みでありますが、今回はブラック!

入梅となってから、地植えにしたブルーのスカビオサには元気がなくて・・・ がっくり。
ちょっと葉っぱなどに病気が発生してしまっているような気がします。

でもこのチリブラックは、ハンギングにしてあるので雨に当たらないせいか、とても元気。ステムもかなり長くなりました。

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒クローバー ‘ティントネーロ’

Trifolium repens

Trifolium repens

 

【学名】Trifolium repens
【科名】マメ科 Fabaceae 【属名】トリフォリウム属
【流通名】クローバー 【品種名】テントネーロ
【英名】Black Clover 【別名】阿蘭陀蓮華(オランダレンゲ)
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草 【花期】5~10月

‘ダークダンサー’と呼ばれているような四つ葉のクローバーもありますが、我が家のツメクサは三つ葉。色は黒い色に少し緑色が混じります。購入するときによく調べなかったので、三つ葉のものを買ってしまいましたが、やはり買うなら四つ葉タイプがよかったかなぁ~ シアワセになれそうだし。(笑) でも育て方によっては、三つ葉に戻ってしまう場合もあるとか。

クローバーにはざっと300種もあり、お花の色や形もさることながら、葉っぱの色も赤いもの、黄色っぽいものなどイロイロです。

マメ科の植物には、土の中のチッソを吸い取る機能があるとのこと。
あぁ~納得!それで畑などの連作を嫌う植物などのために、マメを植えたりするんだ~! 我が家にはマメ科の植物は他にサミダレハギくらいしかなかったので、よく知らなかったんです。

加えて寄せ植えにしてある、カンパニュラやビオラたちの生育がやけに旺盛だと思っていたのですが、この子のチカラによるところが大きかったのかもしれません。

大きくなってきたので、ランナーを挿し芽したりして増殖中です。
小さなポットから移植したところ、かなりの大株になってきています。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:48 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

咲いた!黒花フウロ

黒花風露草(クロバナフウロソウ)



【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

あっという間に開花しはじめてくれてま~す!黒花風露。
なんて素敵! 黒いといってもやはり少々紫色がかっています。

メシべとオシベの形もよ~~く見てみると、なんとも不思議なカタチ。


≫ Read More

| black::黒い花 | 06:33 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

黒花風露草の蕾

黒花風露草(クロバナフウロソウ)



【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

今年早春に株分けして地植えにした株、三株すべてに蕾が上がってきました~ 去年から持ち越しで鉢植えにしておいたものにも蕾が出てきてます。

それにしても地植えと鉢植えでは葉っぱの大きさがぜんぜん違うなぁ~
やっぱり地植えのほうが、のびの~~びとしていて、鉢植えのものの倍以上の大きさがあります。

咲いてみないとわかりませんが、この分ですとお花の大きさもかなり違うのかしらん? 開花が楽しみです!

≫ Read More

| black::黒い花 | 05:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Heuchera 'Obsidian'

ヒューケラ



【学名】Heuchera 'Obsidian'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚(ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】オブシディアン
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

先日ヒューケラの蕾のようすをご紹介しておりましたが、いよいよ小花たちが開き始めました。

もっとも今年入手した苗ですので、私が育てているとは言いがたいのです。咲いて当然といえば、当然!
無事越冬し、来年開花してくれて初めて私が育てたヒューケラの開花ということになるのでしょうが・・・

でもこのヒューケラ。お花を楽しむというよりは葉っぱを楽しむという感じですねっ。黒色というか暗紫色のツヤヤカさがたまらな~~~い!


≫ Read More

| black::黒い花 | 06:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。