++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀毛が綺麗なマグヌシアーナがっ *o_ _)oバタッ彡☆

Tillandsia magnusiana - チランジア マグヌシアナ(マグヌシアーナ)

【学名】Tillandsia magnusiana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】 【品種名】ティランジア マグヌシアナマグヌシアーナ) 
【原産地】メキシコ中級山岳地域
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~40℃  【湿度】高湿度  【潅水】毎日ミスティング
【系統】銀葉系 放射線型 小型種 【草丈】5cm 【花期】月 【花色】赤色 【花苞】紫色
【用途】鉢植え オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ テラリューム 温室向き
【生産者】たゆみま
【購入先】フラワーパーク 500円  【入手日】2010年4月25日
【備考】A#041



あわわ ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!! 大ショックぅー 


購入した4月には、繊細な銀毛の葉が美しいシルエットを作っていた‘マグヌシアーナ’様でしたが、私の水遣り管理が悪すぎて、あっという間に蒸れてほとんどの葉っぱが茶色に変色しちゃいました。
中心部分は、まだなんとか生き残っているようにも見えるのですけど、恐らくはもうしばらくしたら、すべて枯れてしまってダメになっちゃいそうな雰囲気です *o_ _)oバタッ彡☆
もうそれはあっという間の出来事でありました。



銀葉の様子がもっとも美しいエアープランツと言われているマグヌシアーナさん!
夏に飾るととっても涼しげ♪

【PR】 エアープランツを飾ろう! at Rakuten

けれど・・・ 夏の蒸れは厳禁です!




まるで購入したときとは別モノです。
さぁて、この後どうこの子を看病すべきか!
やはりそっとこの枯れた部分を取り除き、コアな部分になんとか生き残りを図ってもらうしかないだろうと・・

外側から少しずつ枯れた(腐った)葉っぱを剥がしてみましたら、全然ダメです。中心部分もすっかり腐っており、青く残っているように見えたのは幻想でした・゚・(ノД`)・゚・。

あぁ~ もうこうなってくるとトラウマです。今年の夏は暑すぎ。
水遣りは涼しい夜間にしますけど、日中に蒸れてしまうとあっという間に腐ってしまいます。
楽しめたのは、約2ヶ月の短期間でありました。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 新しい仲間 | 02:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックバカラといふ薔薇

Rosa 'Black Baccara' - バラ‘ブラックバカラ’

【学名】Rosa 'Black Baccara'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】ブラックバカラ または ブラックバッカラ 
【系統】HT ハイブリッドティ 【草丈】130~150cm 【樹形】 直立性  
【花期】四季咲き 【花色】黒紅色 【花径】中大輪 【香り】微香
【原産地】
【性状】 【花期】
【作出年】2000年 【作出国】フランス 【作出者】mailland
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【撮影】2010年7月9日


新苗で購入したというのに、お花を真夏に咲かせてしまった私^^;
当然、その後の苗には元気がありません・・・
上の写真は、もうすでにお花が終わりかけた頃の記念写真ですが、私が思い描いていたよりも黒色は強くでてくれませんでしたねぇ~~ 
それでも蕾が開き始めるとすぐに切り取って、ヒペリカムと一緒にガラスの花瓶に飾っていたのですけど。
そもそも蕾を夏につけさせたりしてしまうことで、体力をかなり消耗しているはずですから、いくら早めに切り取ったとしても、あまり意味がないですよね。



【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


蕾が見えたらすぐにチョキチョキしてあげませんと!
ようやくお盆くらいから、少し涼しくなって気温が30度を下回る日もでてきたので、涼しくなれば少し回復してくれるかもしれません。
新苗でも秋に咲くものならば、そんなに神経質にならないかもしれませんけど、春~夏にはお花を咲かせるのはご法度ですよね。古参の株ですら、夏場はかなり元気がなくなりますものね。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

斑入りの薔薇 フェルシューレン♪

Rosa 'Verschuren' - バラ‘フェルシューレン’

【学名】Rosa 'Verschuren'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】フェルシューレン または ヘルシューレン 
【系統】HT ハイブリッドティ アーリーモダンローズ 【草丈】100~120cm 【樹形】 直立性  【樹勢】普通
【花期】四季咲き 【花色】淡桃色 【花径】大輪 【香り】良香 
【性状】耐寒性草木 【耐寒温度】-25℃
【作出年】1904年 【作出国】オランダ 【作出者】VERSCHUREN
【用途】鉢植え 地植え 切花  【入手日】2010年7月
【弊ブログ内関連記事】 フェルシューレン | バラ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年7月8日


またしても買ってしまいました(^^ゞ バラです。しかもあの灼熱地獄の7月に買うこともないのに・・・ ちょこっと記事のアップが遅れておりまして、すでに1ヶ月が経過です(^^ゞ

けど、鉢増し後もなんとか根付いてくれた様子です。

我家でこのバラはお花の姿に惚れて入手を決めたわけではなく、決め手はその葉っぱです(^^ゞ ご覧のように、葉っぱに斑が入っているのです。
名前は、‘フェルシューレン’といい、20世紀初頭にオランダで作出された四季咲き大輪系で、アーリーモダンローズに類されるバラです。

バラは、当然そのお花の咲きっぷりが主役となりますが、私としてはもっと斑入りになるバラがあってもよいのになぁ~と思っているのです。

斑入りのバラって、あとはテリハノイバラにあるくらいではないでしょうか?



他にも斑入りのバラをご存知の方、情報をお待ちしています!
お花のない時期は、お庭が緑色で埋め尽くされてしまいます。なので、葉っぱに白色が入るなら、お花がない時期も変化をもたせることができると思いませんか?

【PR】 フェルシューレンを育てよう! at Rakuten


この子と他のバラを掛け合わせたら、もしかすると自分だけのオリジナルな斑入りのバラが生まれたりして!?
などと、想像してしまいますが、斑入りというのはどちらかというと、体力が弱いイメージですし、そう簡単に自分が思い描くようなものが生まれるとも思えませんが。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初挑戦!原種系シクラメンたち♪

Cyclamen coum - シクラメン コウム

【学名】Cyclamen coum
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火花(カガリビバナ) 【英名】 【別名】豚の饅頭(ブタノマンジュウ)
【原産地】地中海沿岸
【性状】耐寒性球根植物 【草丈】 【花期】1月~3月
【用途】鉢植え 地植え 【入手】2010年7月
【撮影】2010年8月8日


お初のフィールド、めでたく♪「原種系シクラメンの世界」の扉を開く機会に恵まれました♪
実は、今回初挑戦の原種系シクラメンたちは、コウノトリさんが運んでくれたものです!

今回、コウノトリさんが運んでくれたのは・・・

マットな模様のない葉っぱに薄桃色の花をつけるコウム(クーム)、そのコウムから生まれた品種の明るい緑に濃い緑の縁取りの葉っぱのコウム‘タイルバーンエリザベス’、模様の無いやや濃い緑色で花茎の細いコウム‘ゴランハイツ’、そしてヘデリフォリウムです。

ともかくどのように扱えばよいのか、全く分からない私^^; そもそもシクラメンは苦手で夏越しに成功させたことも数えるほどしかありませんし、ホントにちゃんと育ててゆける自信が無かったのです。

けれど、「原種系シクラメンのほうが育てやすいですよ」という一言に背中を押され、その上球根たちとタネをお譲りいただけたので、満を持して育てることができるのです。さぁ~~お勉強開始です♪
今回はざっと・・^^; ですが、今後はさらにお勉強して、また品種別にもっと掘り下げてゆきたいと思っております♪ まだまだ品種名すら頭に入っていない状態ですからぁ~~ (^^ゞ

シクラメン 選抜コウム ポッ...

シクラメン 選抜コウム ポッ...

価格:980円(税込、送料別)



そもそも冬になると出回るあのシクラメンは、ぺルシカム(Cyclamen persicum)という品種からドイツで品種改良が進められたもので、いわゆる園芸品種。今回育て始めたコウムやヘデリフォリュームとは、また一線を画しております。
原種系のシクラメンとの最大の違いは、その耐寒性でしょう。雪を被りながらお花を咲かせているような写真を見て+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.~

【PR】 原種シクラメンを育てよう! at Rakuten


いったいどれほどの品種があるのだろうかと、Wikipediaへ行ってみると・・・
ざっと知られている原種系シクラメンだけでもこんなにあるんだ! それらには、寒さに弱いものから強いもの。
葉っぱが緑色から模様入り、あるいはシルバーリーフまであります。

そしてそれらの種から交配により生まれた様々な品種へと枝分かれしているのです。
そしてすばらしいことに、春咲き、秋咲き、冬咲きと開花時期が違うのす。


Cyclamen africanum
 - アフリカナム(秋咲き種)
Cyclamen abchasicum - アブチャシカム(冬咲き種)
Cyclamen alpinum - アルピナム(春咲き種)
Cyclamen balearicum - バリアリカム(春咲き種)
Cyclamen cilicium - シシリアム(秋咲き種)
Cyclamen colchicum - コルチカム(夏咲き種)
Cyclamen coum - コウム または クーム (秋咲き種の代表)← 育成中
Cyclamen creticum - クレチカム(春咲き種)
Cyclamen cyprium - シプリアム(秋咲き種)
Cyclamen elegans - エレガンス(冬咲き種)
Cyclamen graecum - グラエカム(秋咲き種)
Cyclamen hederifolium - へデリフォリューム(冬咲き種の代表)← 育成中
Cyclamen intaminatum - インタミナタム(秋咲き種)
Cyclamen libanoticum - リバノチカム(春咲き種)
Cyclamen mirabile - ミラビレ(秋咲き種)
Cyclamen parviflorum - パービフロールム(冬咲き種)
Cyclamen peloponnesiacum - ペロポンエシアナム(春咲き種) 旧・レパンダムの亜種
Cyclamen persicum  - ぺルシカム (ガーデンシクラメンなども含む園芸品種の親)
Cyclamen pseudibericum - スーダペリカム(春咲き種)
Cyclamen purpurascens  - プルプラセンス(夏咲き種)
Cyclamen repandum - レパンダム(春咲き種)
Cyclamen rohlfsianum - ローフシアナム(秋咲き種)
Cyclamen somalense - ソマレンセ(春咲き種)

なるほど、これならばその品種を選ぶときに、開花時期の違うものを選べば、ほぼ一年中愉しむことができるではありませんか! まるでクレマチスのようですねぇ~~
もっとも夏に咲く品種は少なくて‘プルプラセンス’と‘コルチカム’くらいですが。
加えて、香る~~~ぅ +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+. 早く、クンクンしてみたいです♪

ピンボケですが(^^ゞ下の葉っぱのないビニールポットは休眠期の夏(7月)にいただいた球根にラベルを立てたときのものです。そして、一番下の写真は、思い切って地植えにしたときの状態です。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オダマキ三種をゲット(^^ゞ 

Aquilegia vulgaris 'Woodside Gold' - アキレイギア・ウルガリス‘ウッドサイドゴールド’

【学名】Aquilegia vulgaris 'Woodside Gold' または Aquilegia vervaeneana
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】オダマキ属
【和名】苧環オダマキ) 【英名】Aquilegia 【別名】西洋オダマキ 
【品種名】ウッドサイドゴールド
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】75cm(花茎を含む) 【花期】春
【用途】地植え 鉢植え
【弊ブログ内関連記事】 オダマキ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月8日


またしても1ヶ月遅れの備忘録です(^^ゞ 加えて、ちっとも魅力的なお写真ではありませんが・・・

7月上旬に入手したオダマキさんたち、三種をご紹介♪ けど、本来購入すべき時期ではなかったので、お花はすべて終わったなんとも貧相な状態で苗は届きました ( ̄m ̄*)゚プッ







オダマキ レプチャンゴールド 2.5...

オダマキ レプチャンゴールド 2.5...

価格:500円(税込、送料別)

乙女咲きピンクフウリンオダマキ ...

乙女咲きピンクフウリンオダマキ ...

価格:700円(税込、送料別)

オダマキ ウッドサイドゴールド ...

オダマキ ウッドサイドゴールド ...

価格:480円(税込、送料別)



今回は、葉っぱに特徴のあるオダマキさんを選びました。
我家では色々オダマキを育てていますけど、葉っぱはほぼ一様な姿&緑色^^;
お花のない時期は、あまり変化がないのです。

【PR】 オダマキを育てよう! at Rakuten


‘ウッドサイドゴールド’は、 黄色の黄金葉種です!レモンイエロー~ライムイエローの素晴らしい葉色で花が咲かない時期もで楽しみ十分です。花色は紫色。けれど、現在はちっともゴールドではありません。

‘乙女咲きピンクフウリンオダマキ’は、花の少なくなる夏から秋の期間に咲くらしいのです。フウリンオダマキとミヤマオダマキとの交配種で、ピンクと白の二色咲きで、オダマキにある距がないのも特徴です。 

‘レプチャンゴールド’ 緑地に明るい黄色の斑がスプレーで吹きかけたように入る華やかな模様の斑入り品種です。花は濃青紫色で、葉が枯れるまで斑模様を保ちます。けど、わが子は、なんだかハダニかなにかで、病気になっているかのようなふうにしか見えず・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100円のジュンセフォーリア様♪

Tillandsia juncefolia - ティランジア ジュンセフォーリア

【学名】Tillandsia juncefolia
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】 【別名】エアープランツ 【品種名】ティランジア ジュンセフォーリア または ジュンシフォーリア
【系統】緑葉系 箒型 【草丈】cm 【花期】月 【花色】色 【花苞】色
【原産地】メキシコ、中央アメリカ、西インド諸島、ボリビア
【性状】非耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【購入先】ダイソー 100円 【入手日】2010年6月
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【撮影日】2010年6月7日
【備考】#A044



久々にヒャッキンのエアプラさんのご登場であります!
以前購入して、手元で育てているジュンセアにとてもよく似ている、箒型したエアープランツ‘ジュンセフォーリア(ジュンシフォリア)’です。

違いはその葉っぱの色で、この‘ジュンセフォーリア’のほうが、緑色をしています。
お写真ですと、上が‘ジュンセフォーリア’で下が‘ジュンセア’。
‘ジュンセア’のほうが、銀色っぽいです。



夏がダイスキなエアープランツたち。
飾り方も色々あって、夏場の強い味方です!切花などですと、あっという間に花が終わってしまいますが、このエアープランツならば、いつまでも飾っておくことができるのです♪

水遣り不要というウタイモンクはウソです。エアープランツは水を必要としますが、他の植物に比べますと、夏場の管理がとてもお手軽です♪

【PR】 夏のオシャレな演出には、エアープランツがお手軽です! at Rakuten


ヒャッキンで見つけたときには、どうも真ん中部分に黄色が出すぎているので、病気?
などとも思ったりしたのですけど、そうでもない様子。
通常の植物ですと、このような葉っぱの色の変化は、サビ病かとも思えるような感じなのですけど、この子はこれが正常なようです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 03:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

巨大なセレナリア

Tillandsia seleriana - ティランジア セレリアナTillandsia seleriana - ティランジア セレリアナ

【学名】Tillandsia seleriana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア セレリアナ(1株) 800円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め (夏場は乾燥気味)
【系統】銀葉系 壷型 【草丈】20~30cm 【花期】1~3月 【花色】藤色 【花苞】
【生産者】たゆみま
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#039

この子を見たとき、それはそれはびっくりしました!
我家には大型のエアープランツはないのですけど、GW前に行った植物園に様々なエアープランツが売られていたんです。
この子だけではなくて、エアープランツってこんなに大きくなるの?とそのダイナミックさに驚愕!

うまく育ててあげられれば、こんなにも立派になるのかと、目からウロコを百万枚落としつつ、この子を家に連れてかえりました(^^ゞ



セリナリアは、壷型タイプ。エアープランツの中でも大型になる品種です。
トリコームもしっかり!
その質感は、ビロードっぽ~~い♪ 水が好きなので、鉢植えに仕立てて愉しむこともできます。

【PR】 お気に入りのエアープランツを探そう! at Rakuten


初めて育てる品種ですので、お勉強♪ お勉強♪

私の印象では、この株元部分にお水が溜まってしまって、腐りそう~ ^^;
水遣り後は、ジュンセアなどと同様に逆さまにするなどして、しっかりと水を切ってから通常の形に飾るほうがよいのではないかしらと思ったのですけど、一方ではお水がダイスキで鉢植えにもすることが出来るとのこと。
けれど、さらに調べてゆくと、南米の高山に自生しており、夏の蒸れには非常に弱いというのです。

ミミミ ヽ(=.=)ノ

鉢植えにしてしまっては、逆さまにすることはできませんねぇ~
ということは、夏場にソーキングせずにせっせとミスティングするしかありません。

どう仕立てるべきか・・・と迷った挙句、結局、ミズゴケを使って株元を包むようにして直立させる方法をとってみることにしました。
一見すると、植えつけてあるような形に見えますが、着脱可能です。

Tillandsia seleriana - ティランジア セレリアナTillandsia seleriana - ティランジア セレリアナ


大型なので、すぐに横倒しになってしまうので、おしゃれ感♪もでるかと思い、白い石を使ってマルチングのようにして株元を支えてあげてみることにしました。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アエラントスちゃん♪

Tillandsia aeranthos - チランジア アエラントス

【学名】Tillandsia aeranthos
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】アエラントス
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】-5℃ 【生育適温】15~25℃
【系統】緑葉系 ロゼット型 【草丈】5cm × 7cm 【花期】春先 【花色】紫色 アメジスト色 【花苞】赤色
【自生地】ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン
【購入先】たゆみま 【入手年】2010年4月
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 
【備考】A#042



しばらく鳴りを潜めていたエアープランツですが、実は春にもいくつか購入していた私です(^^ゞ
この子は、アエラントス(Tillandsia aeranthos)という品種ですが、購入の決め手は低温に強い点です。

花は春先に付きやすく、丈夫で育てやすいそうですので、初心者の私にぴったりのエアープランツであると思います。葉っぱは完全に緑色というのではなく、少し白色~灰色がかったやさしい緑色をしています。



乾燥にも強いタイプで、育て方は以前購入したベルゲリーとほぼ同じ管理でよさそうです。
まだどう飾ってあげたらよいものなのか、決めかねておりワイヤーのカゴに他の子たちとともにカゴ盛りしております^^;

【PR】 アエラントスを飾ろう! at Rakuten


梅雨明けもした今、夏場の管理となり、冬場よりも楽かと思っていましたが、実は高温多湿には弱いような品種もあって、マグヌシアナやセレリアナなどのように、あたかも高山植物といえるような品種も手元にあるのです。

蒸れにより腐らせてしまったり、ひどいダメージを与えないように注意しなくてはなりませんが、この‘アエラントス’は割り合いと管理が標準的で太陽も好むタイプなので、夏場の管理はそう神経質にならずともよさそうです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買っちゃいました~ オリーヴの木

Olea europaea 'Nevadillo Blanco' - オリーブ‘ネバティブランコ’

【学名】Olea europaea 'Nevadillo Blanco'
【科名】モクセイ科  Oleaceae 【属名】オレア属
【和名】阿列布 【英名】Oliveオリーブ または オリーヴ) 【品種名】ネバディブランコ
【原産地】スペイン 小アジア 【自生地】地中海沿岸 
【性状】半耐寒性常緑高木 【耐寒温度】マイナス2~3℃(短期間なら10~15℃)【草丈】 【花期】6月 【収穫期】9月中旬~10月
【用途】鉢植え 【樹形】横に広がるタイプ
【撮影】2010年7月9日


我家では地植えが難しいので、もう何年も前から欲しい、欲しいと思っていたのにず~~っと手を出せないでいたオリーブの木でしたが、この度意を決してゲットしてしまいました。

日本では、香川県小豆島でオリーブの実が作られているのをみても、我家の気候には全くそぐわないのですが。

今年もNHKの趣味の園芸で、オリーブが取り上げられていましたが、前回は、このオリーブを余すところ無く使う方法が紹介されていました。

覚えていらっしゃるかしら?

オリーブは、バンバン剪定したほうが、より元気に育つそうなのですが、その剪定した枝で、箸おきをつくったり、クラフトに利用したりしていました。

ネバティロブランコはスペイン原産のオリーブです。樹勢がよろしく、強風にもよく耐える品種です。
樹形は横に広がるタイプ。私の手元にきたものも、暴れん坊将軍もびっくりな感じでした(爆)

果実は小型で沢山収穫できるため、主にオイルに利用されるそうです。生垣や街路樹に使われるオリーブ。しかしながら、葉っぱの表裏で光沢感と渋めの銀緑色の感じは、観賞価値も高いですね~

オリーブは、ひとつの品種だけですと、結実しにくいので、ブルーベリーと同様、二品種以上を育てるほうが、多くの実を収穫できます。この‘ネバディブランコ’は、自家結実性が弱いので、1本でも実を採りたい場合には、自家結実性がわりとよいといわれる、‘ミッション’などがよいようです。



ネバディブランコは受粉苗として優秀なのですが、その実は柔らかめだそうです。
次の狙い目は、ミッション! といいますが、もともとは‘ミッション’が欲しかった(^^ゞ この子のためにネバディブランコを先に購入したようなものです(笑)

【PR】 観賞価値バツグンのオリーブの木を育てよう! at Rakuten


さて、届いた木には、すでに3個実がなっておりました!
たった三つではありますが、それでも自前で塩漬けのオリーブを食べることができるというのは、嬉しいことです。私は大のオリーブ好きですので♪

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

挿し床とコンテナ内のバレリーナ

Rosa 'Ballerina' - バラ ‘バレリーナ’

【学名】Rosa 'Ballerina'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】バレリーナ
【系統】ハイブリッド ムスク(HMsk) オールドローズ 【草丈】180~250cm 【樹形】半つる性 
【花期】5月~10月 四季咲き 【花色】桃色~白色 【花径】2~3cm 平咲き 【香り】微香
【作出国】イギリス【作出者】 Bentall  【作出年】1937年
【性状】耐寒性草木 【棘(トゲ)】少なめ 
【用途】地植え 鉢植え

【++花季寄++関連記事】 バレリーナ | バラ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年6月9日


この子は冬にいただいたものを「休眠挿し」し、育ってくれたバラ‘バレリーナ’です。
本来はもっと濃いピンク色のはずですが、鹿沼土オンリーの挿し床で開花させてしまったため、栄養不充分で真っ白に! 

水挿しではなく、冬期間も屋外に出しておいたユリのムカゴを育てていた大型コンテナに挿しておいた子も厳寒を乗り切り、根付きまして、そちらのほうはちゃんと桃色になりました~(^_-)-☆

【バラ苗】 スタンダードローズ100cmバ

【バラ苗】 スタンダードローズ100cmバ

価格:13,440円(税込、送料込)



バレリーナさんのことは、以前ブログでこの子をスタンダード仕立てにしている方の写真をみて、とってもかわいぃ~~わぁ~と思って眺めていたのです。
我家では、やっと根付いてくれただけで、スタンダードにはなっておりませんが、ゆくゆくは挑戦したいと思っていることの一つです。
ちょこっと敷居が高いですけど(^^ゞ
参考書は、「名人・石井強に教わるバラのウィーピングスタンダード」という本がよさそうですねっ!

【PR】 スタンダード仕立てのバラを飾ろう! at Rakuten


私はこれまで、挿すというと、そのまま地面にずっぽり挿すということが多かったのですが、最近は少しオトナになり ( ̄m ̄*)゚プッ お勉強&実験を行っております。

よくてメネデールしか使ったことがありませんでしたが、オキシベロンなる発根促進剤などの存在も教えていただいたので、挿し木がどんどん愉しくなっています(笑)

≫ Read More

| 新しい仲間 | 03:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オノリーヌドブラバン

Rosa 'Honorine de Brabant' - バラ‘オノリーヌドブラバン’

【学名】Rosa 'Honorine de Brabant'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【品種名】オノリーヌドブラバン
【和名】薔薇(バラ) 【英名】Rose(ローズ) 
【系統】オールドローズ ブルボン系(Bourbon) 【草丈】200cm 【樹形】半つる性 シュラブローズ
【花期】返り咲き 【花色】ピンク色に赤紫色のストライプ 【花径】 中輪 【香り】中香
【性状】耐寒性草木 【棘】  
【作出年】1840年頃  【作出国】不明 【作出者】不明 【交配】不明
【入手日】2010年6月17日
【用途】鉢植え 地植え 切花 窓辺などに
【撮影】2010年6月9日


皆さんは、他の方のブログで拝見したお花に惚れ込んで、植物を育て始めたことはありませんか?

今回のこのバラは、ほの、ぼのぼの♪を運営されているmomongaさんのところで、この子と出会い速攻で入手したばら、‘オノリーヌドブラバン’です。

絞り柄のオールドローズで、とてもユニークなバラです♪ momoさんによれば、とても丈夫なのだそうです。
ならばあまり上手にバラを育てられない私でも一緒に暮らしてゆけるかなぁ~と思わずクリックしちゃいました(笑)



ところがネットで検索してみると、案外取り扱いが少ないバラなんですね~^^;
新苗で入手しましたが、一緒に購入した‘カフェ’と‘グレイドーン’には、二輪と一輪の花が咲いてくれたのですが、残念ながらこの子には蕾はありませんでした。

【PR】 オノリーヌドブラバンを飾ろう! at Rakuten


今回購入した苗はすべて新苗ですが、保険をかけたかったのでややほっそり目の茎ではありますが、剪定したものを水挿し中~です。発根してくれるかなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シノワっぽい~かも!? グレイドーン

Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’

【学名】Rosa 'Grey Dawn'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【別名】【品種名】グレイドーン 
【系統】F フロリバンダ  【樹高】80cm~100cm 【花期】四季咲き 【花色】薄紫から薄茶色 【花径】中輪
【香り】良香  【樹形】半横張り性  【棘】
【作出年】 1975年 【作出国】イギリス 【作出者】LEGRICE
【性状】耐寒性草木 【草丈】 【花期】 【入手日】2010年6月17日
【用途】地植え 鉢植え 切花
【撮影】2010年6月9日


ニュアンスカラーとかシノワカラーとか渋カワとか、そんな雰囲気のバラ‘グレイドーン’です。

バラには本当に様々な色あいのものがありますが、これまではピンク色や赤色、そしてジュリアのようなハッキリ目めの茶色の子などを育てていました。

けれど、最近その趣向にも変化がみられ、薄ボンヤリとしたようなバラが気になる私です。

今回初めてバラの家さんちにお世話になり、新苗3種を入手いたしまうちの一つです (^_-)-☆
他に入手したのは、‘カフェ’と‘オノリーヌドブラバン’です。



新苗ですし、咲かせてはいけない、いけないと分かっていながら、やっぱり咲かせてしまいました(^^ゞ
けれど、蕾がすこし色づいたころに切り取って、ヒペリカムとともにグラスで鑑賞です!

四季咲き性なので、秋にもう一度蕾をもってくれないかなぁ~と期待Y(=▽=)Y~☆


【PR】 グレー系のバラも素敵! at Rakuten


実際に咲いてくれた花ですが、まだ本来の色あいや形にはならず、勿論小さかったですけど、思ったほど灰色っぽくはなく、どちらかというと Dawn=暁 のイメージ。
日が昇る瞬間を投影したような色あいといえるかもしれません。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渋い色あいのバラ ‘カフェ’

Rosa  'Cafe' - バラ‘カフェ’

【学名】Rosa 'Cafe'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】カフェ
【系統】フロリパンダ FR 【樹高】50cm~100cm 低め 【花期】5月~11月 四季咲き
【花色】銅橙色 オレンジ色 茶色 黄色 【香り】微香 【咲き方】房咲き 緩いクォーターロゼット咲き
【花径】8~10cm 中輪 【花弁数】30枚程度 【樹形】横張り性 シュラブ
【作出国】ドイツ 【作出年】1956年 【作出者】Reimer Kordesコルデス
【入手日】2010年6月17日
【用途】鉢植え 地植え 切花
【撮影】2010年6月9日


この6月、新たに我家にやってきた新苗三つのバラのうちのひとつ、‘カフェ’です。
我家にはツルバラ‘ジュリア’さんがいますが、その‘ジュリア’さんにちょっと物足りなさを感じる方にオススメとどなたかがおっしゃっていたのと、黒斑病に強い品種であるというのが、入手の決め手でした。

我家のジュリアは、今育てているどのバラよりも黒斑病を発症しやすくて、葉っぱがほとんど落ちてしまったりします。ちゃんと薬剤散布していない私にもその責任の一端はあるのですが。

この‘カフェ’は、ニュアンスカラーなバラで、咲く季節や環境によって色の変化や微妙な表情があり、気温が低い時には、色濃く花弁数も増えるというのは、我家のような寒冷地向きのバラかしらんとも思った次第です。

樹高は低めなのも、剪定が楽チン♪に思えましたし、茎は太くなり勢いよく伸びて、まとまりのないシュラブ状になってゆくそうです
トゲは基部の広い下向きの三角形。

私としましては、茶色の子が咲くのだろうと思っていたのですが、高温期の今だからでしょうか、どちらかというとオレンジ色を帯びたお花が咲きました。

新苗ですし、お花を咲かせるには抵抗がありましたが、そこは初開花♪ やっぱり見たくなります。

【PR】 渋カワのバラを飾ろう! at Rakuten


届いたときについていたのは、二つの蕾でした。蕾が開きかかったタイミングで、切り取ってフローティグで愉しんでいます。
この時期に咲いているバラ‘フンショウロウ’、‘ピエールドロンサール’‘ハーマイオニー’とアジサイ‘クレナイ’、それにクレマチス‘プリンスチャールズ’さんという、ちょっとまとまりのない^^; 取り合わせではありますが、梅雨時の今は花首が折れてしまうことも多いですし、室内で愉しむのがグーであります。
‘カフェ’数日もするとキレイなオレンジ色をしていたお花は、少し退色して私好みの微妙な色あいへ変化しています。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種から~^0^ ブプレウルム

Bupleurum rotundifolium - ブプレウルム - 突抜柴胡(ツキヌキサイコ)

【学名】Bupleurum rotundifolium
【科名】セリ科 Apiaceae 【属名】
【和名】突抜柴胡ツキヌキサイコ) 【英名】Thoroughwax, Hare's Ear, Buplevers, Round Leaved Thorow Wax 【流通名】ブプレウルム  
【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性一年草 【草丈】60~80cm 【花期】8~10月
【発芽温度】15~20℃ 春播き(背丈が低め) 秋播き
【用途】花壇 切花 地植え 鉢植え
【撮影】2010年6月21日


(o⌒∇⌒o) ケラケラ

全然、この子を育てているという意識がなかった‘ブプレウルム’です。この子は、発芽した瞬間を知っていたのですけど、バラの挿し芽をしている鉢の中で育ちました。

けれど、ここにタネマキした覚えは一切なかったのです(^^ゞ いったいどうしてここに種をこぼしたのか、皆目見当がつかない私です。お庭にばら撒いたときに、私の指や洋服にでも残っていた種が、すみついたようです(^^ゞ

緑色であるうえ、お星様のようなカタチのかわいいお花を咲かせ、切り花にしても花持ちがよいのです。



フラワーアレンジを作るときに、名わき役となってくれるブプレウルムです。黄色やオレンジの花と合わせると良く似合います。
もう少し水遣りを控えればよかったわん。

【PR】 ブプレウルムを飾ろう! at Rakuten


それにしても、この子が双葉を出したときには、雑草だとばかり思っていたので、危うく引き抜きそうだったのですけど、なんとなくそうしないほうが良いような気がして、そのまま放置。

よかったぁ~ 抜かなくて♪

私は鳥の落し物!?だとばかり思っていて、あるいはマメかスィートピーのような子が育つのではないかと予想していたんです。けれど、びっくり嬉しい出来事でした。
バラの挿し芽をしている鉢でしたから、ちょっと水分大目の環境だったので、やや徒長しているのです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

挿し芽から~ ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’

Euphorbia hybrids - ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’Euphorbia hybrids - ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’


【学名】Euphorbia hybrids または Euphorbia hypericifolia (= Chamaesyce hypericifolia)
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】オトギリバニシキソウ 【英名】Large spotted spurge 【流通名】ダイアモンドフロスト
【原産地】メキシコなど 熱帯~亜熱帯
【性状】常緑低木 【耐寒温度】マイナス5℃ 【草丈】30cm 幅40cm 【花期】春~晩秋
【用途】鉢植え 地植え コンテナ 寄せ植え
【撮影】2010年6月3日

これまた一ヶ月遅れ(^^ゞ

昨年、知人からいただいた枝を挿しておきましたら、今年は小さいながらもお花を咲かせた新しいタイプのユーフォルビアで、改良品種の’ダイアモンドフロスト’です。

実は、挿しておいたことすら全く失念しており、お花が咲いて初めて我家にいたのね~って感じだったのですけど。春先に芽吹いたときには、雪柳かと思っていたのですけど、お花が咲いたらアレレ?違うわーとマジマジ観察。ようやく思い出す始末です( ̄m ̄*)゚プッ

いつも私はラベルをつけないからダメなんですよねぇ~ でも、この子にラベルを立てておかなかったために、返って思いがけない喜びを得ることができたともいえますが。

初めて育てるお花なので、お勉強、お勉強!



テーブル・ガーデンさんちには、クリスマスローズなどでもお世話になっていますけど、他にも色々かわいらしい~お花を扱っていらっしゃいますよね~ (^_-)-☆
私の好きなショップの一つです\(*^▽^*)/

【PR】 ダイヤモンドフロストを育てよう! at Rakuten


一見すると枝の線が弱くて、心もとないのですけど、実は暑さにとっても強くて秋の終り頃までず~っと咲いてくれる優れモノなのだそうです。我家ではまだチビ苗ですので、花後に剪定はしましたが、また咲いてくれるかしらん?

環境がよければ一年中、咲いてくれる模様! 寒さには弱いという解説もどこかのサイトに記されていましてけど、我家で越冬できたということは、そう弱くもないみたいです。
長い期間楽しむ事ができるとなれば、コンテナ栽培、寄せ植え、ハンギングなどアレンジの仕方も多様です。白色の小花なので、どんな花とも合わせやすいですしね。

花期が長いということは、肥料食いでしょうから、批評切れに注意が必要そうです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色丹草がやってきた!

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)

【学名】Saxifraga bronchialis L. subsp. funstonii (Small) Hultén var. rebunshirensis (Engl. et Irmsch.) H.Hara
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属
【和名】色丹草シコタンソウ) 【英名】 【別名】
【分布地】北海道から本州中部の高山
【性状】耐寒性宿根草 (常緑)【草丈】10~20cm 【花期】7~8月
【用途】鉢植え ロックガーデン 石付け 



またしても!お隣のオジサマから拝受しちゃいました~ \(*^▽^*)/

北海道~中部地方以北の広い地域の高山で、岩礫や砂礫地に自生する多年草です。初めて北海道の南千島の色丹島で発見されたので「シコタンソウ」と呼ばれます。
今年は積雪のためにあまりお花が咲かなかったと、オジサマはおっしゃっていましたが、この「シコタンソウ」の花は、ごく小さくて、決して目立つ花ではありません。

【PR】 高山植物を育てよう! at Rakuten


この子の花の特徴ですが、花弁に赤色と黄色の斑点がでて、オジサマのところで拝見した子の花は、わずか直径が1センチ程度の花だったように記憶しています。あるいはもっと小さかったかもしれません。 とてもかわいらしい表情をしていました~(^_-)-☆ 天眼鏡を使わねば、あまりよくその文様がわからない感じです(^^ゞ

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)
2010年5月28日撮影


たくさんいただいたので、プリムラの鉢に植え込んだり、豆鉢や多肉植物を集めたハンギング・リースにも挿してみたりました~ 根付いてくれるとよいのですけど。




オジサマのアドバイスは、とにかく水はけをよくするということでした。
自生地の環境を考えましても、岩場にしがみつくようにして生えていたりしてますので、庭石に貼り付けてみたりするのも一興かも!?

ともかく初めて育てる植物ですので、いつものごとくお勉強~ お勉強~

≫ Read More

| 新しい仲間 | 03:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Heuchera ‘Lime Rickey’

Heuchera 'Lime Ricky' - ヒューケラ ‘ライムリッキー’Heuchera 'Lime Ricky' - ヒューケラ ‘ライムリッキー’


【学名】Heuchera 'Lime Ricky'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ヒューケラ属 または ツボサンゴ属
【和名】ツボサンゴ   【英名】Foam Flowers / Foamflower 【品種名】ライムリッキー (Lime Ricky
【別名】 【原産地】北アメリカ
【花色】白色  【咲き方】房咲き  【草丈】30cm
【性状】耐寒性宿根草  
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

先日、赤色のヒューケラ‘ジョージアピーチ'とともにお迎えしたのは、黄色の葉っぱの‘ライムリッキー'ちゃんです。

この子にはまだ蕾が上がっていませんでした。本来なら鉢植えで管理してから地植えにしたほうがよかったのでしょうけど、気候も良いことですし、チベタヌスの近くに植えちゃいました~ (^^ゞ

私が購入した春は、芽吹きの時期なので、まだ黄色が強くでていますが、これからもう少しライム色が強くなり、冬にはもっと緑色が濃くなるはずです。四季を通して愉しめるガーデニングアイテムとして欠かせない存在のヒューケラですが、ホントに葉色が様々なので便利!便利!



【PR】 新しいヒューケラ!ヒューケラ ライムリッキー 9センチポットは、アグレさんちで、410 円です^0^

ヒューケラを探そう! at Rakuten


ただの葉っぱなので、ややお値段としてはお高いような感じもするかもしれませんけど、宿根草で長生きですし、無事に育てば株も大きくなって、株分けでも増やすことができますから、考え方次第では、お値打ちとなるかも?
ヒューケラだけで寄せ植えにしてもよし、細葉やほかのカラーリーフプランツと合わせてもよし、色々な愉しみ方があると思います。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた2種、三株をお迎え~

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】ゴールド 黄色  【咲き方】剣弁 一重咲き  【蜜管】ゴールド
【生産者】アシュードAshwood) 野田交配
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#116~118  【入手年】2010年4月

今度こそ今年最後の入手苗となるはずのクリスマスローズです。( ̄m ̄*)゚プッ
先日、半値の半値になっていた子たちをご紹介しましたけど、今回は以前から欲しくて欲しくて仕方がなかった、アシュードの「ゴールド」様のご案内。残念ながら売れ筋ですので、値段はバーゲンではございませんでした。
清水の舞台からまっさかさまに飛び降りた感じです(;´▽`lllA``

クリスマスロー2種、3苗です(^^ゞ
ホントに山吹色のゴールドになってくれるのか?微妙ですけど。実生苗ですからぁ~~
またオバカな私は騙されるのかもしれません。( ̄m ̄*)゚プッ 今年の運試し的な買い方であります。
開花株ですと、もうホントにお高いですし、ギャンブルではありましたが、チビ苗お迎えです。
二年後に咲いたお花を見て、またがっかりするのかなぁ~ ~(〃´o`)=3  性懲りもないワタシ。

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


今年は友人から素敵なダブル咲きのパープル系をいただいたので、購入する必要もなかったはずですのに、野田さんちの交配種(お初!)も一緒にゲットしちゃいました。
だって、パープルではなく、ダーク系となっていて、運がよければ黒色にダブルになってくれる模様だったのです。
お店のお写真は黒色のダブル咲きのものが使われていて、いかにも黒色が咲く雰囲気でしたけど、注釈には、赤紫色~紫色~黒色のいずれかが・・・的なことが書かれておりました。なのでお写真のとおりに咲く確率はきわめて少ないと予想しています。

どの子も再来年以降にしかお花は咲きません・・・ 

≫ Read More

| 新しい仲間 | 07:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のダブル(吉田交配)

Helleborus Hybridus - クリスマスローズ ガーデン・ヒブリドゥス 八重咲き


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】色
【咲き方】剣弁 八重咲き ベインなし ピコティなし  【ニックネーム】
【生産者】吉田交配 (希少ミックス)
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#112  【入手日】2010年4月

半値の半値シリーズも最終章です♪ (^^ゞ

以前、黄色の八重咲きの子は、ミヨシさんちのパーティドレスを購入していましたが、モチロン財政的な問題で(^^ゞチビ苗。よくて来年、咲いてくれても再来年の開花です。

なので、半値の半値になっていたこの吉田交配の苗をゲットしました~
といいますか、選択肢もあまりなかったんですけどね。

【PR】黄色のお花を探そう!^0^ at Rakuten


今年は地植えにしてある一重咲きの黄色のヒブリドゥスがいい感じに咲いてくれましたが、ハンギング仕立てのほうは鉢の大きさや管理場所に問題があり、あまりいい感じに咲いてくれませんでした。

やはりクリスマスローズはのびのび、大きめの鉢で育ててあげませんと!

と、この子のことも届くや否や、鉢増しです。

思ったとおり、根鉢がカチコチでした。春の植え替えでは、休眠時期の夏の暑さが待っていますので、根っこはあまり触らないほうがよいので、あまり崩さずに鉢増ししたのですけど、それにしてもかなり目詰まりしていたので、夏場を乗り切れるのかどうか心配です。
梅雨がやってくる前までにしっかり根っこが活着してくれるとよいのですけど。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミヤマハンショウヅル

Clematis alpina ssp. ochotensis - 深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)Clematis alpina ssp. ochotensis - 深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)


【学名】Clematis japonica
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】センニンソウ属 または クレマチス属
【和名】テッセン 【英名】Clematis 【品種名】深山半鐘蔓ミヤマハンショウヅル
【系統】原種系 【草丈】30~100cm 【花期】6~8月 【花色】紅紫色~紫色 【花茎】2.5~3cm
【原産地】日本 韓国 シベリア
【性状】落葉耐寒性つる性宿根草 【草丈】300~400cm 【剪定】弱剪定 【耐寒性】-25℃
【用途】地植え アーチ トレリス
【備考】#C047 絶滅危惧ⅠA類(CR)

以前購入したタカネハンショウヅルがとても元気に育っているし、昨年来育てているセンニンソウもびゅんびゅん蔓を伸ばしているところなのです。

やはり日本に自生しているような原種モノは、病気にもなりにくいし、手間要らずな感触。

放任できる手間要らずなクレマチスが欲しかったのと、高嶺半鐘蔓が秋咲きなので、夏に咲いてくれるものを!と狙っていたのですが、思いがけず出会いがあったので、この子もHCへ洗剤を買いに行ったのに、洗剤と一緒に連れてかえってきたのであります。

198円という安価でしたので(^^ゞ 私には珍しく二苗ゲットしました。

【PR】 深山半鐘蔓を探そう! at Rakuten


といいますのも、あまりにもであった苗が小さくて、無事に育ってくれるようには見えなかったのです。
でも購入後すぐに鉢増しして管理していましたら、案外元気に蔓を伸ばしてくれてます。

ただし、二苗には大きく差があり、同じような環境ですのに、体力の差を感じます。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たにヒューケラも仲間入り♪

Heuchera‘Georgia Peach' - ヒューケラ‘ジョージアピーチ’Heuchera‘Georgia Peach' - ヒューケラ‘ジョージアピーチ’


【学名】HeucheraGeorgia Peach' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ジョージアピーチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】晩春~初夏  【花色】白色~薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 茶色 【草丈】40cm
【販売元】Jardinハルディン
【用途】カラーリーフ 地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

手間がかからず耐寒性も強いヒューケラたちは我がお庭では強い味方!
昨年来、少しづつ買い足しておりましたが、先日ご近所のHCに入荷していたので二種お持ち帰りしたうちの一つです。
前回買った‘ピーチフランバ’も元気で、とても似た感じなんですけど、周囲を明るく彩る赤色はお庭に植栽しておくと、目を引きますね~(^_-)-☆ 


【PR】宿根草ツボサンゴ (ヒューケラ) ‘ジョージアピーチ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~ 

色が豊富で愉しいヒューケラはお庭にかかせませんね (^_-)-☆ at Rakuten


まだ小さな苗ですが、すでに蕾を上がっています!
鉢植えでしばらく育ててから地植えにしようかと思いましたが、早速地植えにしちゃいました!

とっ、ところが!

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた三株をお迎え~♪

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】  【咲き方】剣弁 八重咲き  【蜜管】なし
【生産者】吉田交配
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#112~114  【入手年】2010年4月

先日、半値の半値になっていたので、ついつい手を出してしまったクリスマスローズ3種です(^^ゞ
すっかり退色してしまっていたので、本来のお姿をお写真に残すことができませんでした。

今回は黄色のダブル。そしてあこがれの糸ピコのダブル。
加えてアネモネ咲きのセミダブルの3種をお迎えしました!
一枚目(左側)のお写真が糸ピコで、本来は白に濃いピンク色の覆輪が入ります。
二枚目(右側)の子は、セミダブルですが、この子にはお花はついていませんでした。

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


今年は種から育てるのに、意欲的!?な私はたとえお花が咲いておらずとも、種付きでやってきてくれたら満足と思っていたのですけど、結局種ができていたのは、糸ピコのダブルだけでした。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス‘ハーバートジョンソン’

Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'


【学名】Clematis 'Hervert Johnson'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属 または センニンソウ属
【和名】テッセン 【英名】クレマチス 【別名】 【品種名】ハーバートジョンソン Hervert Johnson
【系統】ラヌギノーサ系 早咲き大輪系 【草丈】200~400cm 【花期】6~9月 【花色】青~紺色 
【原産地】
【性状】落葉つる性植物 
【交配】'Vyvyan Pennell' x 'Percy Picton'
【用途】鉢植え 地植え  【購入日】2010年3月  【購入先】地元HC 200円
【備考】#C048

先日の‘マダムバンホーテ'さんと同様、HCへ洗剤を買いに行ったのにこのクレマチスちゃんも一緒にお持ち帰り(^^ゞ
やはりラヌギノーサ系のクレマチスで‘ハーバートジョンソン'という名前です。
これは人名で、Hervert Johnson氏のお名前であり、彼はPennell companyのManaging Director(1970-1976)だった方だそうですが、私は今回初めて知った方です。

我家には濃い青色っぽいといいますか、紺色っぽいクレマチスですとジャックマニー系の‘ロマンチカ'さんがいますけど、庭の奥手のほうに地植えにしてあってあまり目だ立たないので、この子に頑張ってもらうことにしました!

【PR】 ラヌギノーサ系を探そう! at Rakuten


購入したばかりの時には本当に数センチほどの小さな苗でしたが、鉢増しして管理すること1ヶ月。
見る見る伸び始めて、とっても元気!
もしかしたら咲いてくれちゃうかも?と思えるほどです。けど、そうはいかないでしょうねぇ~
なにせ2.5号ポットの小さな苗でしたので、そこまでの体力はまだないでしょうから。
一瞬蕾か!と思えるようなカタチに見えたのですけど、蕾のようにみえたのはモチロン葉っぱだったのでした(^^ゞ

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス‘マダムバンホーテ’

Clematis 'Madame Van Houtte' - クレマチス‘マダムバンホーテ’Clematis 'Madame Van Houtte' - クレマチス‘マダムバンホーテ’


【学名】Clematis 'Madame Van Houtte'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales  【属名】クレマチス属
【和名】 【英名】Clematis Madame Van Houtte 【品種名】マダム ファン オット または マダム ヴァン ホーテマダムバンホーテ
【系統】ラヌギノーサ系 早咲き大輪系 【草丈】200~250cm 【花期】5月~9月 四季咲き 
【花色】白色 【蕊の色】灰色がかった紫色 【花茎】18~20cm
【原産地】
【性状】落葉つる性植物  【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【作出】Cripps & Son 1867年 イギリス
【交配】Lanuginosa x unknown
【価格】198円 【購入先】地元HC 2.5号ポット苗
【備考】#C049

3月にHCへ洗剤を買いに行ったのに、持ち帰るときには、なぜかこのクレマチスちゃんもご同行(笑)
まったくぅ~ 歯磨き粉を買いに行ったはずが、クリスマスローズを握り締めていたり・・・(;´▽`lllA``

どうしても花苗のコーナーへ足が向いてしまうんですよねっ。
なんだか出所がイマヒトツわからないクレマチスでしたが、ほぼ200円で販売されていたので、お持ち帰りです。
それはそれは小さな苗ではありましたが、早速自宅へ帰ってから鉢増ししました!

【PR】 マダムと名のつくクレマチスを見てみる! at Rakuten


そしてそれから約1ヶ月後。
いよいよ桜も開花してくれるようになってきて、気温が上昇してきましたので、小苗も喜びびゅ~~んと伸び始めています。

上の二枚のお写真は鉢増し直後の様子で下の二枚のお写真は4月になってからの様子です。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏椿の足元で!

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 紫色系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 紫色系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  【初開花】2010年4月6日
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】紫色~小豆色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットあり 【蜜管】緑色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#107 (実生 #012) 

さて、この子はこぼれ種からの初開花株です。
親御さんは昨日ご紹介したこちらの子です。そっくりでしょう?

開花する前に昨年夏椿の株元に植えておいたのですけど、案外小さな苗でしたので、今年は咲かないかなぁ~と思っていたのに咲いてくれちゃいました。

親とそっくりな色あいで瓜二つです(^^ゞ

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


夏椿が茂ってくれますと、いい感じの木陰になり夏越しはしやすい場所ですので、案外この場所を気に入ってくれたのかもしれません。
それに夏椿を移植したときに、土の中にも腐葉土や肥料を梳きこみ、私にしてはがんばって土を耕しましたので、そんなこともあって開花してくれたのかな。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ咲きのプリムラ

Primula Pruhonicensis Hybrids - プリムラ バラ咲きジュリアンPrimula Pruhonicensis Hybrids - プリムラ バラ咲きジュリアン


【学名】Primula Pruhonicensis Hybrids (Primula × julian)
【科名】サクラソウ科  Primulaceae 【属名】サクラソウ属 または プリムラ属
【英名】Julian Hybrid Primrose (ジュリアン ハイブリッド プロミス)
【別名】西洋桜草(セイヨウサクラソウ)
【和名】 【英名】 【別名】バラ咲きジュリアン または バラ咲きサクラソウ
【原産地】コーカサス
【性状】半耐寒性宿根草 【草丈】20cm 【花期】2月~4月
【用途】鉢植え 地植え ハンギング 寄せ植え 【価格】98円

先日、歯磨き粉を買いに行ったはずのHCで、歯磨き粉の代わりに握り締めていたのは、この子でした ( ̄m ̄*)゚プッ
だって、98円だったんですものぉ~
でもこの白色の子は、もう一鉢しか残っていなかったので仲間はおらず・・ 大事に育ててあげましょうと思いつつもいきなり地植えを敢行~

ラベルにはバラ咲きジュリアンと書かれていましたけど、生産者などは明記されておりませんでした。
バラ咲きになるジュリアンは手元にないので、安価でしたし、即買い(^^ゞ

ずっと欲しいと思っているオーリキュラもこのくらい安価になるとよいのですが(爆)



【PR】 英国伝統の古典植物プリムラ オーリキュラ” アルパイン クリムゾン/アルパイン ブルー/オズ...は、テーブル・ガーデンさんちで1,029 円也~

プリムラ・オーリキュラには変種または自然交雑種がとっても個性的♪ ヨーロッパにおいて16世紀くらいから人工的な交配が盛んとなり、現在もなお新たな品種が生まれています。

オーリキュラ(厚葉サクラソウ)を探そう! at Rakuten


もっともフツーのプリムラですら、枯らしてしまう私。
随分、プリムラの苗も買ったはずですのに、現在は4種ほどしか残っておりません。
丈夫な日本桜草ならば、耐寒性も強いので何の心配もいらず、植えっぱなしにできるのですけど、どうもジュリアンの交配種やマラコイデスは我家の気候には合いにくいのです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダークパープルダブル様

Helleborus Hybridus - クリスマスローズ ガーデン・ヒブリドゥス 八重咲き


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】濃い紫色
【咲き方】剣弁 八重咲き ベインなし ピコティなし  【ニックネーム】ダークパープルダブル
【生産者】吉田交配 (希少ミックス)
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#111  【入手日】2010年3月

すでにコウノトリさんシリーズは完結したはずでしたが、思いがけずY(=▽=)Y~☆ またしても!コウノトリさんが運んできてくれた八重咲きのクリスマスローズ♪です。

今回はまた別の友人がクリスマスローズ好き♪の私のために運んできてくれました~~ 
+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

ニックネームは「ダークパープルダブル」と命名しています!

この子にはスポットがはいらず、花弁(ガク弁)がヒラヒラとカールしていて細いのです!
お花はどちらかというと下向きですが、その繊細さがたまらなく美しい株です♪

その上、その色あい! 開花株としては我家には無いダークな装いも完璧Y(=▽=)Y~☆
かなり咲き進んでいる開花株ですので、あるいは本来のお色ではなく、退色しているのかもしれないので、来年の開花で本来のお姿に出会えるわけですが、もしかしたら私の大好きなブラック系で非常に黒色に近いのかもしれません♪


【PR】スプリングセール!
【ワケあり・伸び】通常価格13800円の品→11800円【送料無料】八重咲き


もうあまり苗は残っていないなぁ~ at Rakuten


この苗は吉田交配で、ラベルには「希少ミックス」となっており、そのラベルのお写真にはピンク色した八重咲き種の写真があり、ハイブリッドタイプでこの子のお写真はついていなかったのですけど。

株元には小さな蕾がありましたけど、早速に鉢増ししたこともありまして、今回はすべて摘雷。
現在ついているお花とその種の採取に専念することにしました。
自家受粉か、あるいはお店でひしめき合いながら、お隣の別の八重咲きの子と交配してくれているかも?などと、またタヌキ(笑)

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八重咲きの子たち4種が仲間入り♪

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】  【咲き方】剣弁 八重咲き  【蜜管】なし
【生産者】不明 友人からのプレゼント
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#101~104  【入手年】2010年3月

折角この3月上旬に思いがけず我家にやってきてくれた八重咲き種ばかり4種!ですのに、お写真が下手ですみません。
実物はもっともっと魅力的なのですけど、またその様子は個々にご紹介することとしまして、今期2010年に入ってから、新たに仲間入りしたクリスマスローズちゃんのご紹介です。

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


この度、コウノトリさんが運んできてくれたのは、濃い桃色にベイン&ピコ、白色にほんの少しだけスポットがはりるタイプ、初めて育てる八重咲きの白色の花弁(ガク弁)に赤のブロッチ、そして、濃い桃色にうっすらソバカスさん。
どの子も開花株であります♪

へへ(^^ ) |(^^ |) q(^_^)p (| ^^)| ( ^^)ノノ へへ(^^ ) |(^^ |) q(^_^)p (| ^^)| ( ^^)ノノ

狂喜乱舞です! いつもの小躍りでは全然間に合わないっ!

この子たちは、すべてイタダキモノです。親御さんには本当にどんなに感謝しても感謝しつくせないのです!
この場をお借りして、厚く厚く御礼申し上げますm(__)m

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:55 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度は九州からお迎え^^;

Tillandsia ionantha 'Peach' - Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)Tillandsia ionantha 'Fuego' - ティランジア イオナンタ ‘フエゴ'


【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃  
【生産者】
【購入先】フラワーショップ江口  【入手年】 2010年2月
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ

以前から欲しかったスケルトンウッドとコルク板をさがしていて、今回予定外にまたもやエアープランツを仕入れてしまいました(^^ゞ
しばらくガマンするはずだったのですけど・・・

フラワーショップ江口エアープランツのページには、たくさんの子たちが掲載されていて、どれもこれも欲しくなる私。
今回は超ミニミニの子たちをゲットです!


【スドー】カクタススケルトン エルボー S-907は、ペットモアエースさんちで525 円也~

実はこのスケルトンもどきを先に入手していたのですが、こちらは天然素材ではなく、プラスチックかなにかで作られているので、根っこが着生しにくいので、エアープランツの生育環境には適してはいませんが、屋外でのデスプレイ用に使うにはOK♪ ロックガーデンを作ったときに使えそう~ Y(=▽=)Y~☆

【PR】 お気に入りのチランジアを探そう! at Rakuten


鹿児島にあるお花屋さんですが、以前からこのお花屋さんの相談コーナーなどには行ったりしていたのに、今回初めてたくさんの種類のチランジアを扱っていることを知ったのでした。
そういう視点でHPを拝見したことがなかったのです(笑)

今回入手させていただいたのは、以下の4種のみです。

・ティランジア イオナンタ・フエゴ(ミニ) Tillandsia ionantha 'Fuego' 609円 【備考】A#035
・ティランジア イオナンタ・アルビノ(ミニ)Tillandsia ionantha 'Albino' 1029円 【備考】A#036
・ティランジア イオナンタ・ピーチ ホワイトフラワーフォーム(ミニ) Tillandsia ionantha 'Peach' 1029円 【備考】A#037
・ティランジア ベルゲリー-(ミニ) Tillandsia bergeri 504円 【備考】A#038

ベルゲリーの商品説明に
クランプ状に良く殖える優良品種!
※形態的に似ている『アエラントス』が混ざっている可能性がありますので、ご理解ご了承いただける方のみご利用下さい。
とありましたが、あまり気にせず購入(笑)

ミニミニのエアープランツにも大満足♪でしたが、梱包の丁寧さにも驚きました!
2月に購入ということもあり、心配だったので小さいエアプラばかり選びましたが、こんなことなら大型種も買えばよかったな。
それに本来メインになるはずだった、コルク板もスケルトンカクタスの状態もグ~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆
こっちももっと買っておけばよかった・・・
まっ、これはまたお小遣いを溜めて、もう少し温かくなったらさらに追加購入することにします。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たゆみま直送のエアープランツたち

Tillandsia ^- ティランジア(たゆみま)Tillandsia ^- ティランジア(たゆみま)


【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃  
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【生産者】たゆみま
【購入先】R-Style

またかいな( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

まったくねぇ~ もう病気です。エアプラ病に罹っている私。

ネットをウロウロしていたら安価なるキセログラフィカを見つけちゃったんでスものぉー あっという間に指が動いて、クリック、クリック(^^ゞ

今回はようやく念願のキセログラフィカをゲットすることができたわけですが、他にもついでに買っちゃいました。
衝動買いしたものも含め、今回入手したのは前回の3種に加え以下の6種です(^^ゞ
もっともドーラティは、やはりとても欲しかった品種でありましたので、出会えてすんごく嬉しいのですY(=▽=)Y~☆
個性的な姿がいいでしょう~?

・ティランジア アリザ (Tillandsia arhiza)  1200円 【備考】A#029
・ティランジア パルビシアーナ (Tillandsia albisiana)ラージサイズ 800円 【備考】A#030
・ティランジア テクトラム (Tillandsia tectorum)1600円 【備考】A#031
・ティランジア アンドレアナ (Tillandsia andreana) 1200円 【備考】A#032
・ティランジア ドーラティ (Tillandsia duratii) 2000円 【備考】A#033
・ティランジア キセログラフィカ (Tillandsia xerographica) 2000円 【備考】A#034

なんだか、もう名前が覚えきれなくなってきている私です(^^ゞ
はやく顔と名前をイッチさせるようにせねばっ。


今インテリアとしても大注目♪チランジアスペシャル苗♪ 「キセログラフィカ XL」 ( XLサイズ )は、R-Styleさんちで5,250 円也~

本当はこちらの大型の株にしようかとも思ったのですが、育てる愉しみ!のためとお財布と相談した結果、小ぶりなもののほうにしました~ (笑) でもキセログラフィカは生育スピードがかなりゆっくりなので、気張って大型にすべきだったかも!?

【PR】 純白なキセログラフィカを探そう! at Rakuten


キセログラフィカはエアプラの王様とも言われていて、この子は大変乾燥に強く、半年水遣りをしなくても生きながらえることができるとも聞いています。

なんとも見事な株で、もう感動~ ヒャッキンのエアプラになれている私には、別世界に迷い込んだような宅急便でありました。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。