++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アブルジクスの様子は?

Helleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズHelleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズ


【学名】Helleborus abruzzicus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】アブルジクス
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】30センチ 【蜜管】黄緑色   【香り】
【原産地】イタリア中央部  【性状】耐寒性宿根草 -15℃  (冬期間は落葉)
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#077 【入手日】2009年10月

ほぼ終焉のクリスマスローズ・シーズン(;´▽`lllA``

開花見込み株でも開花してくれなかったものが、幾つかありました。
この‘アブルジクス’もその一つです。

葉っぱはワンサカ展開してくれているのですけど、花茎は1本もあがってくれませんでした *o_ _)oバタッ彡☆
一応、お花は咲きませんでしたけど、記録にとどめておきたいと思います。


新商品クリスマスローズ アブルジクス 価格 3000円
Helleborus abruzzicus

これまでクリスマスローズを育てていても、あまり葉っぱの形、葉鋸や枚数などに気を配りませんでしたが、最近は葉っぱのカタチや展開する数などにも興味がわいているわたしです^0^

【PR】 イタリアっ子のクリスマスローズを探そう! at Rakuten


春先に葉っぱが展開し始めたときには、ちょっとぷっくりしている感じがあったので、あるいは花芽が潜んでいるのではないかと、ワクワクしていたのですけど。
残念(>o<")

Helleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズHelleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズ

手元に届いたときについていた葉っぱは冬場に枯れて、今は完全に若々しい葉っぱのみが現れているのですけど、細い葉っぱで繊細な女性っぽい雰囲気です。
イタリアっ子ですけど、我家にはイタリアの風は吹かなかったのでありました。

≫ Read More

スポンサーサイト

| クリスマスローズ | 02:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉芽が増えた!アブルジクス

Helleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズHelleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズ


【学名】Helleborus abruzzicus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】アブルジクス
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】30センチ 【蜜管】黄緑色   【香り】
【原産地】イタリア中央部  【性状】耐寒性宿根草 -15℃  (冬期間は落葉)
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#077 【入手日】2009年10月

3月の大雪には驚きましたが、そこは春の雪。

雪はすぐに溶けてなくなりまして、新たに昨年から仲間に加わった原種系の子たちも、ようやくお目覚め。
新たに葉っぱを展開させはじめています。

いつまでも緑色だった葉っぱですが、やはり2月になると茶色になって枯れてしまいましたが、株元から4~5枚ほどの葉っぱとなりそうな芽があがり始めてくれ、やっと無事、初越冬を確認できたわけです。


新商品クリスマスローズ アブルジクスは、おぎはら植物園さんちで3,150 円也~ ^^;

今はこんなに小さいけれど、大人になったら葉っぱは200枚にもなるのだそうです!
私もそこまで育てることができるかしらん? でも開花見込み株で、ある程度オトナになりかけている苗なので、越冬も安心でした!

【PR】 アブルジクスを探そう! at Rakuten


昨年からついていた葉っぱは、縮れたような感じが個性的でしたが、この春からでてくる葉っぱはどんな感じかしらん。お花もさることながら、葉っぱのことも気になります。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこっと動いた(^^ゞアブルジクス

Helleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズHelleborus abruzzicus - ヘレボルス アブルジクス- クリスマスローズ


【学名】Helleborus abruzzicus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】アブルジクス
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】30センチ 【蜜管】黄緑色   【香り】
【原産地】イタリア中央部  【性状】耐寒性宿根草 -15℃  (冬期間は落葉)
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#077

ブルブル~~ 寒くなってきました^^;
こうなってくると落葉するクリスマスローズたちの葉っぱも随分みすぼらしくなってきてマス。

でもこの‘アブルジクス’はまだまだ葉っぱは青々としておりますぞ~
加えてどうやら来年の春に咲く花芽がでてきてくれているようです♪

私が購入したおぎはらさんちのHPには
記事 2009年 11月26日 
寒くなり葉はほぼ落葉しました 冬の芽が出ています

Helleborus abruzzicus
15cm鉢実生4~5年生 開花見込み株
イタリア中央部に自生する 近年より独立した種として扱われるようになったまだ新しい原種
4~5mほどのグリーンの花 細やかな葉姿も美しい 
夏は常緑、冬は落葉する 耐寒性は強い

・・・との説明がありました~ ^0^ 


ということは我家のは少し甘やかせすぎているのかしら?
もっと寒さに当てて、落葉していてもオカシクはないのです。


新商品クリスマスローズ アブルジクスは、おぎはら植物園さんちで3,150 円也~ ^^;

今はこんなに小さいけれど、大人になったら葉っぱは200枚にもなるのだそうです!
私もそこまで育てることができるかしらん?

【PR】 アブルジクスを探そう! at Rakuten


原種系のクリスマスローズは生育スピードがのんびりな子が多いので、気の短い私には不向き(^^ゞではあるものの、この子が開花してくれたら私の小躍りダンスにもチカラが入りそうです(笑)

届いた苗はすぐに鉢増ししましたが、こんなふうに冬の芽がでてきてくれたところをみると、まずまず我家の環境にも親しんでくれているようです♪

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Helleborus abruzzicus




【学名】Helleborus abruzzicus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】アブルジクス
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】30センチ 【蜜管】黄緑色   【香り】
【原産地】イタリア中央部  【性状】耐寒性宿根草 -15℃  (冬期間は落葉)
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#077

変な名前だなぁ~~と思いましたら、この子はイタリアっ子で、首都ローマの北、Lazio,Abruzzi, Umbria地方が自生地。アブルッチ地方から名前をもらっていたのですね。

この子の最大の特徴はその葉っぱの姿にあります。
立派に成長したものは、100~200枚にもなるそうで、びっくり~~(@o@)
お写真は、コチラのヘラボレス協会のサイトにあります。

近年より独立した種として扱われるようになったまだ新しい原種で、WAKAIZUI様のHPに説明がありますが、
最近までヘレボルスの原種数は16種といわれていましたが、ブライアン マッシュー氏(Brian Mathew) ・ウィル マックルーィン氏(Will Mc.Lewin) らの研究によって、新たにリグリクス(h.liguricus)・アブリジクス(h.abruzzicus)などが加えられヘレボルス原種分類が確認されています。

とのこと。 ふむふむ、クリスマスローズちゃんたちの世界ではまだまだ研究中のことがたくさんありそうですね。


新商品クリスマスローズ アブルジクス 価格 3000円
Helleborus abruzzicus

これまでクリスマスローズを育てていても、あまり葉っぱの形、葉鋸や枚数などに気を配りませんでしたが、最近は葉っぱにも興味がわいているわたしです^0^

【PR】 イタリアっ子のクリスマスローズを探そう! at Rakuten


先日もご紹介しましたが、今期入手した原種は他に‘リグリクス’と‘シクロフィルス’があり、‘リグリクス’やはりイタリアっ子なんですよ~~(^_-)-☆ ‘シクロフィルス’は東欧です。

あぁ~~イタリアに行って、この子達を見てみたい!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 21:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。