++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色丹草がやってきた!

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)

【学名】Saxifraga bronchialis L. subsp. funstonii (Small) Hultén var. rebunshirensis (Engl. et Irmsch.) H.Hara
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属
【和名】色丹草シコタンソウ) 【英名】 【別名】
【分布地】北海道から本州中部の高山
【性状】耐寒性宿根草 (常緑)【草丈】10~20cm 【花期】7~8月
【用途】鉢植え ロックガーデン 石付け 



またしても!お隣のオジサマから拝受しちゃいました~ \(*^▽^*)/

北海道~中部地方以北の広い地域の高山で、岩礫や砂礫地に自生する多年草です。初めて北海道の南千島の色丹島で発見されたので「シコタンソウ」と呼ばれます。
今年は積雪のためにあまりお花が咲かなかったと、オジサマはおっしゃっていましたが、この「シコタンソウ」の花は、ごく小さくて、決して目立つ花ではありません。

【PR】 高山植物を育てよう! at Rakuten


この子の花の特徴ですが、花弁に赤色と黄色の斑点がでて、オジサマのところで拝見した子の花は、わずか直径が1センチ程度の花だったように記憶しています。あるいはもっと小さかったかもしれません。 とてもかわいらしい表情をしていました~(^_-)-☆ 天眼鏡を使わねば、あまりよくその文様がわからない感じです(^^ゞ

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)
2010年5月28日撮影


たくさんいただいたので、プリムラの鉢に植え込んだり、豆鉢や多肉植物を集めたハンギング・リースにも挿してみたりました~ 根付いてくれるとよいのですけど。




オジサマのアドバイスは、とにかく水はけをよくするということでした。
自生地の環境を考えましても、岩場にしがみつくようにして生えていたりしてますので、庭石に貼り付けてみたりするのも一興かも!?

ともかく初めて育てる植物ですので、いつものごとくお勉強~ お勉強~

≫ Read More

スポンサーサイト

| 新しい仲間 | 03:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小型な風鈴苧環さん

Aquilegia ecalcarata Maxim - 風鈴苧環(フウリンオダマキ)Aquilegia ecalcarata Maxim - 風鈴オダマキ(フウリンオダマキ)


【学名】Aquilegia ecalcarata Maxim またはSemiaquilegia ecalcarata
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属 または ヒメウズ属 
【和名】風鈴苧環フウリンオダマキ) 【英名】Aquilegia アキレギア
【別名】苧環もどきオダマキモドキ
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】30cm 
【花径】3cm  【花期】5月~6月
【用途】鉢植え 地植え 

タネ播きからお花を咲かせることができましたよ~~~ この子は風鈴オダマキです。
セイヨウオダマキよりも小型で山野草らしさがあり、楚々とした様子がとてもかわいいオダマキです。
赤色がのっているような紫色一色でたっぷりとお花が咲きました。

でももう一鉢のほうは元気がないし、地植えにしてみた子にもお花があがらず・・・ *o_ _)oバタッ彡☆
やや育てるのは難しい印象のオダマキです。



【PR】 山野草ポット苗絞り風鈴オダマキ 【山野草】

なんと、絞りタイプもあったのか! びっくり~~&かわいいぃ~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

色も形も様々です!オダマキを探そう! at Rakuten


けれど、たった一鉢ながらこれだけお花が咲けば、またタネも採取できそうですし、群生させるのも夢ではないかも!とほくそえんでおります(^^ゞ
風鈴苧環には二色咲きのものなどもあり、パステル調の子に今注目度があがっております(笑)
まだまだ欲しいオダマキさんたちです^0^

≫ Read More

| オダマキ | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらに殖えました~稚児百合

Disporum smilacinum - 稚児百合(チゴユリ)Disporum smilacinum - 稚児百合(チゴユリ)


【学名】Disporum smilacinum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チゴユリ属 Disporum
【和名】稚児百合(チゴユリ) 【英名】Japanese Fairy Bells
【性状】耐寒性宿根草 擬似一年草 【自生地】中国 日本 韓国  【花期】4~5月  【草丈】30cm
【用途】地植え 鉢植え カバープランツ シェードガーデン

どれもピンボケ写真で恐縮ですm(__)m

植えっぱなしの稚児百合が随分たくさん咲いてくれるようになりました!
こちらも当然のごとく、お隣のオジサマから拝受した子です。

いただいた苗は順調に育ち、何箇所かに分けて地植えにしたのですけど、それらがまたさらに殖えてシェードガーデンのカバープランツ的な感じになっています。


【PR】山野草 赤花チゴユリ 600 円 也~

赤色もあるんですね~ 気になるなぁ~ ・・ヘ(^o^)/

チゴユリを育てよう! at Rakuten


実はいただいたときには、あまりチゴユリのすごさをわかっていなかった私^^;
でもいただいてから数年後に、ポール・スミザーさんがTVで「これはイギリスで買ったらスゴイ値段がする もらえたらラッキーな感じ」とおっしゃっているのを聞いて、それ以来チゴユリに対して敬意の払い方が格別になっているのであります(笑)

≫ Read More

| white::白い花 | 04:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イカリソウ 三種!

Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)


【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草
【用途】地植え 鉢植え

我家のイカリソウは3種類。すべてお隣のオジサマから拝受したものです。
どの子も地植えにしてあり、大抵樹木の株元あたりに植えています。

いわゆる一般的な背高のっぽのイカリソウもその錨の手がびょ~~んと伸びて、いかにもイカリソウでかわいいのですが、小型のイカリソウ二種がまたなんとも小ぶりでかわいらしいのです。

でもなかなか白色が殖えてくれないっ。あまりにも日陰過ぎるようです。それに土もあまりよくありませんからぁ~
*o_ _)oバタッ彡☆

【PR】 黄色のイカリソウも欲しいかも!? (^_-)-☆ at Rakuten


植えっぱなしにしておいてもよく殖えるといいますが、それでも環境が遭わなければ、大胆に増えてはくれません。
葉っぱのカタチが特徴的なので、葉っぱがある間はよいのですが、冬の間はすっかり地上部が枯れてしまうので、どこにこの子を植えていたのか、見当がつけにくく、なかなか株分けできずにいます。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 06:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コマクサにベイビーもお目見え~

Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)


【学名】Dicentra peregrina
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae / ケシ科 Ranunculales  【属名】コマクサ属  
【和名】駒草(コマクサ)  【英名】Rudolph(ルドルフ)
【花色】ピンク色 【花径】2cm
【用途】鉢植えのみ オススメ♪
【性状】耐寒性宿根草

昨年採取し、私が播いた種からの発芽はありませんでしたが(笑) 親株の鉢の中ではベイビーが出現です!

やったぁ~ コマクサのベイビーを見るのは二度目です。

残念ながら前回発芽した子はオトナになってくれませんでしたが、今度こそ増殖できるかしら~(∇〃)。o〇○ポワァーン
今年の花は花茎が5本ほどあり、なかなか立派です!

【PR】 駒草を探そう! at Rakuten


慎重に観察し、このベイビーたちを大きく育てたいわけですが、それにしてもこんな鉢の縁で発芽しちゃってますけど、大丈夫かしら?

また種の殻を葉っぱのさきっぽにつけたままの子もいます。

Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)

オジサマのオタクのコマクサも満開で、それはそれは見事です。
私もあのくらいの大鉢に何十もの株を咲かせてみたいものです。

2010年5月8日撮影


しっかりと軽石や黒曜石などを使って、オジサマに植え替えをしていただいたので、こんなに立派に咲いてくれたわけでして、未だに私は自分で植え替えをしたことは無いのです。
保険ができれば、少し勇気を出してお世話できるんですけど。

≫ Read More

| タ ネ | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラキラ☆ ダイモンジソウ!

Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)


【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科  Saxifragaceaeサクシフラガ) 【属名】ユキノシタ属
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ)  【原産】日本 中国
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明

お花はまだまだ先の話ですが、鉢植え&根洗い盆栽仕立ての大文字草の葉っぱが目覚め、みずみずしい葉っぱを広げはじめています。
恐る恐る地植えにしておいたダイモンジソウは残念ながら消滅。*o_ _)oバタッ彡☆

やはり、我家ですと鉢植えで管理するほうが、永~く生きてくれるようです(^^ゞ

【PR】 大文字草を探そう! at Rakuten


地植えでも上手に長生きさせてあげておられる方!是非、そのコツを伝授していただきたいです^^;

株元を覆っている苔たちは冬場もちゃんと青々していて、雪や霜から守ってくれていた様子です。
苔もあまり増えすぎるとよくないので、春先に少し間引いたりしています。
間引いたところはすぐにまた苔で覆われるのですけど、間引いた苔は他の鉢の中に植えたり、地植えにしてみたりして増やしています。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 05:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれよあれよの翁草

Pulsatilla cernua Sprengel - 翁草(オキナグサ)Pulsatilla cernua Sprengel - 翁草(オキナグサ)


【学名】Pulsatilla cernua Sprengel
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】オキナグサ属
【和名】翁草オキナグサ) 【英名】Nodding anemone 
【性状】耐寒性多年草  【花色】臙脂色 【花期】4月~5月
【用途】鉢植え 地植え 

蕾を発見し、お写真をとってそろそろ記事の下書きでも始めましょうか。と思っていたら、あっという間に咲いてしまったオキナグサさん。

根洗い盆栽に仕立ててある子で、この子は鉢に入っていないのです。
アサギリソウやハギ、フウチソウとの寄せ植えになっていますが、一番に目覚めて真紅~赤紫色の花を咲かせています。
オシベはまっ黄色なので、そのコントラストは目にまぶしいほどです。

【PR】 白い西洋翁草もかわえぇ~! at Rakuten



昨年、種をこぼさせてみたはずなのですが、地面にこぼしてもそう簡単に発芽するものではないのか?
こぼしたあたりにはそれらしい葉っぱは見えていません(^^ゞ
今年はちゃんと採取&播種しましょうと思っています。

≫ Read More

| 寄せ植え | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チシマラッキョウの種

Allium splendens var. kurilense - 千島辣韮Allium splendens var. kurilense - 千島辣韮


【学名】Allium splendens var. kurilense
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ネギ属 またはアリウム属
【和名】千島辣韮チシマラッキョウ) 【英名】Splendid Flowering Onion
【別名】生糸辣韮キイトラッキョウ
【性状】耐寒性球根植物  
【用途】鉢植え 苔玉素材

明けましておめでとうございます ^0^ 昨年は大変お世話になりました~
今年も昨年同様どうか宜しくお願い申し上げますm(__)m

お正月早々の話題としては、ちょっと地味ですが・・・
昨年たくさん開花してくれた‘チシマラッキョウ’にたくさんの種ができました。

私はすっかり花弁は子房となり、種が弾けるものとばかり思っていたのですが、まだ花弁の色も桃色に残っている状態で、ツヤツヤした種がこぼれるのです。

採取せずにそのまま鉢を放置中~ お隣のオジサマは種播きされるのかと思い、伺ってみたのですが、オジサマは株分けでしか殖やしたことがないとのこと。発芽しにくいのかしら。

【PR】 お花を探そう! at Rakuten


この感じですと、発芽したとしても球根が太り、お花を咲かせるようになるまで、時間がかかりそうな雰囲気ですねぇ~^^;
毎年、球根を太らせようと思い、花茎は切り取ってしまっておりましたので、初めて見た種。
直径は2ミリ程度でしょうか。かなり小さいです。
でもこれで来年はあまりお花は咲いてくれないんだろうなぁ~^^;

≫ Read More

| タ ネ | 05:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駒草、こんな姿も愛おしく・・・

Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)Dicentra peregrina - 駒草(コマクサ)


【学名】Dicentra peregrina
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae / ケシ科 Ranunculales  【属名】コマクサ属  
【和名】駒草(コマクサ)  【英名】Rudolph(ルドルフ)
【花色】ピンク色 【花径】2cm
【性状】耐寒性宿根草

今年の春に一回り大きな鉢に植え替えた(実際には隣のオジサマが植え替えてくれた!)駒草(コマクサ)。
お花を咲かせ、タネをつけ、順調に一年のサイクルを終えようとしています。

このようなお姿ですら、私にはキョウミシンシン。
他の子なら枯れた葉っぱを引っこ抜くところですが、オジサマはいつも「弄ってはいけない」とおっしゃるので、そのまま放置プレー中~

オジサマは触るときにもいつもピンセットを握っておられますし。

【PR】 駒草を探そう! at Rakuten


私も見習って・・・
苔や雑草などが鉢に入ることも良いことではないので、邪魔者たちもピンセットで排除です。
ところが昨日、鉢の中にツブツブが一杯 (@o@)
どうやら鳥さんの落し物が命中したようです。あわわ こちらもどんなタネが入っているかわからないですし、あわててて撤去(笑)

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 04:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(^^)/~~~ イカリソウ




【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

早春にかわいらしいお花を咲かせた後には、ハートのカタチの葉っぱを揺らしながら、来年の花のために頑張っていた葉っぱもいよいよ冬支度。

今年は花茎も切り取らなかったですし、こぼれた種からの発芽もあるかしらん?

イカリソウは繊細なお花の割りに丈夫で手間要らずです♪ 薬剤散布も必要ないですしね(^_-)-☆
葉っぱがついている枝も細い割には頑丈で、やすやすと折れたりもしませんし、ドウダンツツジやジンチョウゲの木の株元に植えてあったりするのですが、ついに葉っぱを落とすことにしたようです。

【PR】 検索していたら、なににこれ? イカリソウ ドリコステモン (Epimedium dolichostemon)って? 珍しい咲き方してますよね♪

桃色花、赤花、黄花、白花・・イカリソウを探そう! at Rakuten


山野草系はムズカイイというイメージがありますが、このイカリソウは本当に育てやすいっ!
といいますか、放任主義のほうがよいくらいです(^^ゞ
私は鉢植えのイカリソウはもっておらず、すべて地植えにしておりますけれど、根絶やしになってしまったエリアはありません。

Epimedium grandiflorum Morren - 錨草(イカリソウ)
4月30日付 「今年も会えた錨草」記事へジャンプ

イカリソウも来年の春にはまた可憐な花を見せてくれることでしょう~~~
どんどん落葉系の植物たちは葉っぱを落とす時期に突入しております。
後はクリローたちが咲くのを待つばかり♪ やはりクリローちゃんたちは常緑で冬のお庭にはなくてはなりませんネ



と、ついついクリローちゃんにお話しが逸れてしまって・・ m(__)m
ところでイカリソウですが、自然な状態ですと夏と冬を無事越せたものがまた春になって発芽します。
ご自身で播く場合には、冷蔵庫などに保存しておいて晩秋に播くことになるので、今が適期ですね!
交配で思わぬお花が生まれる可能性があるのは楽しいところですが、気が短い私は株分けで殖やします(^^ゞ

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 21:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小鉢で育てるチシマラッキョウ




【学名】Allium splendens var. kurilense
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ネギ属 またはアリウム属
【和名】千島辣韮チシマラッキョウ) 【英名】Splendid Flowering Onion
【別名】生糸辣韮キイトラッキョウ
【性状】耐寒性球根植物  
【用途】鉢植え 苔玉素材

昨年はイマヒトツ、綺麗に咲いてくれなかった‘チシマラッキョウ’ですが、今年はたっぷりと日光にあて水遣りもし、気にかけてあげたことに応えてくれたのです。

この子は、いわゆる豆鉢で育ててまして、すんごく小さいのです。その分お世話が忙しかったぁ~

≫ Read More

| pink::桃色の花 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小花を散らす大文字草




【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科  Saxifragaceaeサクシフラガ) 【属名】ユキノシタ属
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ)  【原産】日本 中国
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明

夏の間に何度も水切れを起こし、葉っぱは痛みまくり・・・(;´▽`lllA``
瀕死の状態を何度も経験させてしまったというのに、こんなにたくさんのお花を咲かせてくれたのが嬉しい‘ダイモンジソウ’です。

白色、桃色、そして紅色の三種類を育てているのですが、一番成績がよいのが白色の大文字草です。紅色の子は、岩付けになっていて、かなり水不足・・ 毎年一番最後に、忘れた頃にしか咲いてくれません。桃色の子は一応咲いてくれたのですが、ちょっと元気がないんです。さすがに限界の状態を超えてしまったのでしょうね。


【PR】大人気 大文字草★山野草大文字草セット 3種3株1組は、最近お世話になっている国華園さんちで3,000 円也~

個性的な大文字草を探そう! at Rakuten


この白色の花もさることながら、シベのオレンジ色の部分と子房の光沢感がダイスキ♪
名前のせいか、花びらが「大」という漢字に似ているということばかりが強調されていますけど、私はシベが好き♪ 私ってシベ・オタ?

≫ Read More

| 秋咲く花 | 08:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

羽蝶蘭、がんばる!




【学名】Ponerochis graminifolis
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】ウチョウラン属
【和名】羽蝶蘭ウチョウラン) 【別名】岩蘭イワラン) 胡蝶蘭(コチョウラン)
【品種名】 不詳
【性状】耐寒性球根植物

昨年は花茎が三本だったはずですが、今年は四本!
私の場合、あれこれ手をかけたりしないほうが、山野草たちはうまくそだってくれるのかもしれません。
もっとも鉢が小さいので、水遣りは欠かさずに与えておりましたが。

例年通りに梅雨に入るか入らないかという頃に小さな桃色の花を咲かせ始めてくれてます。
毎年、植え替えなくちゃ! 植え替えなくちゃ!と思いつつも、結局そのままの状態なのです。
が、こうして昨年よりも花茎が増えているところをみると、そう住み心地は悪くないのでしょう。


【PR】まるで、蝶のような美しい花で人気のウチョウラン。葉が黒いカラス葉は、片岡笑幸園「悠々の森」さんちで1,260 円也~
ウチョウランを探そう! at Rakuten


ウチョウランには変種が多く、花の形や色も豊富なのですが、↑のように葉っぱが黒いものもあるのですね~ 黒色に弱い私は欲しくなってしまってマス (;´▽`lllA``
群生させて鉢植えで愉しむ♪ んんん~~ 素敵♪

≫ Read More

| pink::桃色の花 | 04:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

殖えました!稚児百合たち




【学名】Disporum smilacinum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チゴユリ属 Disporum
【和名】稚児百合(チゴユリ) 【英名】Japanese Fairy Bells
【性状】耐寒性宿根草 擬似一年草 【自生地】中国 日本 韓国  【花期】4~5月  【草丈】30cm
【用途】地植え 鉢植え カバープランツ シェードガーデン

久しぶりのアップになりますが、今日は山野草「稚児百合」です。
もうすっかりお花は終わってしまっているのですが、春先は記事のアップが間に合わず、開花の最盛期を随分過ぎてからアップしているものも多くて、すみません m(__)m

このチゴユリもおなりのオジサマから拝受したもので、地植えにしましたら、見事に殖えてくれまして、日陰のちょっとしたスペースの下草として利用できるようになりました。
あまり条件がよいとはいえないようなところなのですが、他の植物たちにとってはあまり好ましくない場所でしょうに、この子は元気モリモリです(笑)


【PR】山野草 赤花チゴユリ 600 円 也~

赤色もあるんですね~ 気になるなぁ~ ・・ヘ(^o^)/
チゴユリを育てよう! at Rakuten


これまた丈夫でどんな環境にも適合しやすい宿根草のミヤコワスレが隣人で、ほぼ同時期にお花を咲かせて、かわいらしいセッションを見せてくれたのです。
幅30センチたらず、長さ2メートルほどの場所なのですが、他にもヘデラ、ギボウシやフウチソウなどを植えておりますので、冬場は土が丸見えですが、春からは新しい葉っぱがどんどんでていて、すっかり地面がみえないようになります。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 04:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根洗い盆栽の翁草




【学名】Pulsatilla cernua Sprengel
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】オキナグサ属
【和名】翁草オキナグサ) 【英名】Nodding anemone 
【性状】耐寒性多年草  【花色】臙脂色 【花期】4月~5月
【用途】鉢植え 地植え 

オキナグサは相変わらず植えっぱなしのまま、また春になってしまいました。
根洗いで鉢がない、根っこが丸見えの盆栽といってよいのかしらん。
サミダレハギ、アサギリソウ、フウチソウなどと寄せ植えになっているものです。

早春に開花する山野草たちのなかでも、イノイチバンに大きな花を咲かせてくれました!

シベは鮮やかな黄色をしており、花弁は臙脂色。外側には葉っぱにも見られるような白い産毛。
このたくさんの産毛があるおかげで、翁などとおじいさんの名前をもらってしまったのです。
おじいさんのお髭のイメージですものね。

先週くらいからグーンと気温が上がってしまったので、そうそうにお花が全開。こうもお天気日和が続くと花の命が短くなってしまうので、少しペースダウンして欲しいくらいです。



【PR】 セイヨウオキナグサ 白 ポット入苗 1株も素敵なんですよね~ ( ゚д゚)ホスィ 
白い西洋翁草もかわえぇ~! at Rakuten



あまりにも強い日差しなものですから、濃い臙脂色に見えるはずの花がハレーションを起こして、白っぽく見えてしまい、オキナグサっぽくない春です。
今年の春の到来は早い上、気温が異常に高いっ! まるで初夏のような感じ。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 09:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずは風鈴苧環の採種!

Aquilegia ecalcarata Maxim

Aquilegia ecalcarata Maxim

 

【学名】Aquilegia ecalcarata Maxim
    またはSemiaquilegia ecalcarata
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 
【属名】オダマキ属またはヒメウズ属 
【和名】風鈴苧環(フウリンオダマキ) 【英名】Aquilegia アキレギア
【別名】苧環もどき(オダマキモドキ)
【原産地】中国 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】30cm 
【花径】3cm  【花期】5月~6月

さて、先日の記事で公言しておりました種の採取!
まずはフウリンオダマキ。
ある晴れた日、小さな鞘がぱっくりと割れて、種をこぼれ始めているのを発見!あわわ。
早く採取せねばとばかりに、あわてて鞘ごとつみとりました。

≫ Read More

| オダマキ | 03:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

五十音順 栽培リストを作ってみました! 

カテゴリーには、お花の名前がないので以下に、花名(正式名ではないのです)別に一覧表を作ってみました^0^  ただ、「旧 花季寄」のサイトからコピペした関係で、リンク切れになっているかもしれません。見つけた方はコメントしていただければとてもうれしいです。

私も随時更新の予定です(^_-)-☆ (Updated: 2010年7月31日) 

=== 育てている花のリスト ===


【流通名別】
ア~オ
アカエナ・イネルミス | アサギリソウ | アジュガ | アップルミント | アリッサム | アルケミラモリス(レディースマントル) | アマ | アマリリス | アヤメ 
アイリス | アスチルベ | アロエベラ | アネモネ(赤) |アレナリアモンタナ | アルペンブルー | アルメリア | 
イスメネ | イカリソウ | イチゴ | イベリス | イワシャジン | イワヒバ |  
ウィンターコスモス | ウチョウラン |
エアープランツ | エキナセア | エキノプシス | エキューム | エビネ | エリンジューム バリーフォリウム | エリンジューム プラナム |
オイランソウ | オキザリス | オオバ | オキナグサ | オモト | オダマキ  | オノエマンテマ | オトギリソウ | オリヅルラン | オレガノ  
オンシジューム | オオバジャノヒゲ | 

カ~コ
カシワバアジサイ | ガウラ | カスミソウ | カネノナルキ | カマクラシダ | 
カラー | カランコエ | カンパニュラ ポシャルスキャナ | ガーデンシクラメン | カンパニュラ コクレアリーフォリア | カンパニュラ ブルーワンダー | カンワラビ |
キキョウ | キダチアロエ | キチジョウソウ |ギボウシ | ギョウジャニンニク | キュウコンベゴニア | キョウガノコ | キンミズヒキ |
クマガイソウ | クリスマスローズHelleborus) | クレマチスClematis) | グアラニチカ | グラジオラス | クルクマ | クレオメ |  
クロバナフウロソウ | クロッカス | クジャクサボテン | クジャクシダ | 
ケマンソウ(タイツリソウ) | 
コキア | コケ | コクリュウ | コマクサ | コルジリネ | コルチカム | コレオプシス | コーラルニンフ | 
 
サ~ソ
サイハイラン | サクラソウ | サギソウ | サツキ | サフラン | サフィニア | サラサドウダンツツジ |サルビア ウルギノーサ | サルビア ホットリップス | サワギキョウ | サンスベリア(虎の尾) | 
ジキタリス | シクラメン | シバザクラ | シダ | シノグロッサム | シロタエギク | シノブ | シャコバサボテン | シャクヤク | シルバーレース | シラサギカヤツリ | シラン | シュガーバイン | シンビジューム | シュウメイギク | シュウカイドウ | ジンジャー |  
スイセンノウ | スカビオサ | スカビオサ チリブラック | スズラン | スノードロップ | スノーフレーク(オオマツユキソウ) | スミレ | スミレイワギリソウ | スェーデンアイビー |
セージ | センボンヤリ | セッコク | セラスチューム | センニチコウ | セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

タ~ト
タイツリソウ(ケマンソウ) | タマシャジン |ダイアンサス(ナデシコ) | ダイモンジソウ | ダリア | 
チオノドクサ | チグリジア | チゴザサ | チャイブ | チューリップ | 
ツツジ | ツユクサ | ツルニチニチソウ(ビンカマヨール) | ツワブキ | 
テイカカズラ | テーブルヤシ | ティアレラ | ディディスカス | ティントネーロ | ディディスカス | 
トキソウ | トキワシノブ | トレニア |

ナ~ノ
ナイトフロックス | ナスタチューム | ナツシロギク | ナデシコ | ナルコユリ |
ニーム | 
ネトル | 

ハ~ホ
ハクチョウソウ | ハコネウツギ | ハゼラン | ハツユキソウ | ハツユキカヅラ | ハナカンザシ | ハナニラ |
バイカイカリソウ | バーベナ | バラRosa) | パンジー |
ヒオウギズイセン(モントブレア) | ヒソップ | ヒメイズイ | ヒメニチニチソウ | ヒューケラ | ヒマ(トウゴマ) | ヒマワリ | ヒメヒオウギ | ヒペリカム | 
ビジョナデシコ | ビオラ ソラリア | 
フウセンカヅラ | フウリンオダマキ | フクジュソウ | フジバカマ |フタリシズカ | フユシラズ | フリチラリア |
プリムラ ゴールドレース | プリムラ フランシスカ | プリムラ ジュリアン | プリムラ マラコイデス | プリムラ ビアリ | プリムラ ビクトリアナ | ブルーキャップ | フリージア | ブリエッタ | 
ヘデラ(アイビー) | ヘメロカリス | ペチュニア | ペラルゴニューム | ペラルゴニューム キャンディーボール | ペラルゴニューム エンジェルアイズ | ヘリオプシス | ベゴニア センパフローレンス | ベッセラ・エレガンス | ベルフラワー | ペンタス |
ホウチャクソウ | ホタルブクロ | ポットマリーゴールド | ホトトギス | ホリホック |

マ~モ
マイヅルソウ | マツムシソウ | マユハケオモト | | マロウコモン | マンジュシャゲ | 
ミズヒキ | ミヤコワスレ | 
ムスカリ アルメニアカム | ムスカリ アルバ | ムスクマロウ | 
メドースィート |
モミジバゼラニューム | モンステラ | 

ヤ~ヨ
ヤクシマシャクナゲ | ヤブラン(リリオペ) |
ユーチャリス | ユーパトリウム チョコレート | ユーフォルビア アミグダロイデス | ユーフォルビア カラシアス | ユーフォルビア マルギナタ(初雪草) | ユリ | 

ラ~ロ
ラグラス | ラミウム | ラナンキュラス | ラベンダー | 
リグラリア | リシマキア ファイヤークラッカー | リシリヒナゲシ | リナリア リップルストーン | リンドウ |  リュウノヒゲ | 
ルリマツリモドキ | ルリタマアザミ(エキノプシス) | 
レモンバーム(メリッサ) | レンゲショウマ | 
ローズマリー | 

ワ~ン
ワイルドオーツ | ワラビ | ワレモコウ 

以下はもう少し細かく、分類してみました!

クリスマスローズ
原種系
アーグチフォリウス | アーグチフォリウス パシフィックフロスト | アトロルーベンス | アブルジクス | オドルス | クロアチアカス | シクロフィルス | デュメトラム | チベタヌス | リビダス | ステルニー | ステルニーシルバースター | ヴィリデス | ムルティフィダス | プルプラセンス | ニゲル |ニゲル ダブルファンタジー | ニゲル(斑入り) | フェチダス | フェチダス ゴールドブリオン | トルカータス | リグリクス |

   
メリクロン苗
ルーセブラック | ルーセピンク | エレガンスホワイト(八重) | ローズカメレオン | ピコティー
バターイエロースポット |  エレガンスピンクスポット | ピンクラッフル | カシスレッド | プラムアイズ | スモーキーグレー | スノーホワイト | グリーンカクテル | ダークネクタリーフラッシュ | エレガンスパープル | 

ヒブリドゥス(交雑種)または実生苗
黄色系 | 赤色系 | 白色系 |  
八重咲き系(半八重咲きも含む) | 一重咲き系 | アネモネ咲き系 | 平咲き系 | 剣弁咲き系 | 丸弁咲き系 | カップ咲き
バイカラー | リバーシブル |
スポット系 | フラッシュ系 | ピコティ(覆輪)系 | ベイン系 | ブロッチ系 | ネット系  | 糸ピコ系 | スプレー系 |
こぼれ種から・・編 | 種まき編 | 蜜管(ネクタリー) | 蜜腺 |

・実生苗の交雑種 2010年3月から育てはじめたもの(開花株)
ホワイト・ブロッチ(T's) |  スプレーローズ(T's)グリーニッシュホワイト(T's) 絞りローズピコティ(T's) ダークパープルダブル  | 黄色ダブル(吉田)セミダブルピンク糸ピコ(吉田)ダブル白糸ピコ(吉田) |
アシュウッド ゴールド1 | アシュウッド ゴールド2 | ダブルダーク系GH(野田) | 

・実生苗の交雑種 2009年12月から育てはじめたもの(二年生苗)すべてWAKAIZUMI
シングル ピンク系ピコティダークネクタリー(N-02) | ペールピンクレッドネクタリー(N-19) | 絞りタイプピコティ ダブル(N-26)| パープルダブル(N-31)| ピコティダブル(N-33)

・実生苗の交雑種 2008年12月から育てはじめたもの(二年生苗)
ルージュピコティ シングル | ブルーブラック | ピコティ シングル MIX
ペールピンクバイカラー シングル | イタダキモノ |

・2009年から育て始めた購入苗
-2月に入手
アトロルーベンス | ウィンターシンフォニー(樋口交配) | ニゲル(斑入り) | リビダス | レッド&クリーム | 

-10月に入手
アブルジクス | シクロフィルス | リグリクス |

-12月に入手
エレガンスパープル(MIYOSHI) | デュメトラム(八重咲き交配種)
パーティドレス ライムイエロー(MIYOSHI) | アシュード エレガンス・パールピンク(MIYOSHI) | スモーキーピンク | アシュード エレガンス・スノー(MIYOSHI)

・自家受粉(こぼれ種や播種)
我家ではまだ開花していません。
ニゲルの交雑種がそろそろカイカイの時期かと。


備考: 2008年春に咲いたクリスマスローズの総括記事はこちらへ (原種系の分類表もあります!)     

【PR】 私が一番好きな花はクリスマスローズです♪耐寒性にすぐれ花のカタチも様々、幾つ持っていても飽きることがありません(笑) at Rakuten

クレマチス

モンタナ系
スノーフレーク | エリザベス | フレッダ | プリムローズスター | スターライト | マジョリー | グリーンアイズ 
 
アルピナ系アトランジュ系マクロペタラ系
ホワイトレディー | マークハムピンク | ブルーダンサー | コンスタンス | 

ビチセラ系
プリンス・チャールズ | メアリーローズ | フルディーン | ベティーコーニング | ロゼア |  

テキセンシス系
プリンセスダイアナ | ダッチェス・オブ・アルバニー | 踊場

ジャックマニー系
ロマンチカ

パテンス系またはフロリダ系
カザグルマ | ベルオデウォーキング | ダッチエスオブエジンバラ | 

インテグリフォリア系
ヘンダーソニー | アリョヌシカ | アルバ | ソシアリス | 

・ラヌギノーサ系
フェアリーブルー | マダム・バンホーテ | ハーバートジョンソン | 

常緑系またはニュージランド系
アーマンディー | アーマンディ・アップルブロッサム | アーリーセンセーション | 
ウンナンシス(アンスンエンシス) | ホワイトエンジェル
シルホサ | シルホサ ジングルベルズ | 日枝 | フレクレス | 
ピクシー | カトマニー ム-ンビーム | ペトリエイ | 
 
原種系
タカネハンショウヅル | センニンソウ | クリスパ | クサボタン | ミヤマハンショウヅル | 

【PR】 薔薇と良く似合うクレマチスは多彩で品種も豊富です。季節ごとに咲く時期の違う品種を選べば一年中楽しめますY(=▽=)Y~☆ at Rakuten
 
バラ
 ツルバラ ・・・  | ジュリア | ピエールドロンサール | モーツァルト
 ER ・・・ ハーマイオニー | シャリファアスマ | アブラハムダービー  
 Old ・・・ モッコウバラ(バンクシァ) | ファンタン ラトゥール | テリハノイバラ | オノリーヌドブラバン | バレリーナ | 
 CH ・・・ フンショウロウ |
 MD ・・・ グレイドーン |  カフェ | ブラックバカラ | 
 パティオローズ ・・・ コーネリア
 スプレーローズ | エミーラ | 
 斑入りのバラ ・・・ フェルシューレン | 

 他に名前不詳のミニバラ 赤系 桃色系  

【PR】 やっぱり薔薇は豪華(^_-)-☆! at Rakuten

オダマキ(アキレギア)】
ブルーポート | ルビーポート | ウィンキーダブル | タワーライトブルー | 
ブルーバロー | ローズバロー | ブラックバロー | ノラバロー | マッカナジャイアント 
フウリンオダマキ | ミヤマオダマキ | チョコレートソルジャー 
リトルランタン | カナダオダマキ | 

ヒューケラツボサンゴ) ・ ティアレラ
アンバーウェーブ | エボニーアンドアイボリー | オブシディアン | キャラメル | グリーンフィンチ |  シーフォーム | ノーザンファイヤー | ジョージアピーチ | ボジョレー | ミントチョコレート | モカ | ピーチフランバ | ライムリッキー | レジーナ | 
 
【PR】 カラフルで耐寒性のあるヒューケラ(ツボサンゴ)ははずせないガーデニング素材です! at Rakuten

【樹木】(庭植え)

ア~オ
アジサイ | ウメモドキ | オオテマリ | オリーブ |

カ~コ
ガクアジサイ クレナイ | カシワバアジサイ | 
ゲッケイジュ(ローリエ) | コムラサキ
キンモクセイ |

サ~ソ
サザンカ | サツキ | サラサドウダンツツジ | サワラ(コニファー) | 
ジンチョウゲ | 
スモークツリー(ケムリノキ)

タ~ト
ツゲ | ツツジ | ツバキ 一休 | ツバキ 雛侘介 | ドウダンツツジ 

ナ~ノ
ナツツバキ | ナツハゼ | ナンテン

ハ~ホ
ハナミズキ | ハートヘデラ | ヒイラギ | ヒノキ | ヒバ(コニファー)
ブッドレア |
ボタン 八千代椿 | ボタン 島大臣 |

マ~モ
メガネヤナギ | 
モミジ(カエデ)

ヤユヨ
ヤツデ

ラ~ロ・ワ
ロウバイ | ランタナ


盆栽山野草】(鉢植え・根洗い盆栽)

ア~オ
イワガラミ(紅花) | イワタバコ |
ウメバチ | ウンリュウヒノキ | 
エビネ
オキナグサ 

カ~コ
コマクサ | 

サ~ソ
サギソウ | サミダレハギ | サツキ
ショウジョウバカマ
ゼンマイ | 

タ~ト
ダイモンジソウ | タマシャジン | 
チゴユリ | チシマラッキョウ
ツクシカラマツ |
トウカエデ | トキソウ |

ナ~ノ
ナルコユリ

ハ~ホ
ヒノキ | ヒメイズイ |
ブナ | フユノハナワラビ(カンワラビ) | 
ベニチガヤ | 

マ~モ
マイヅルソウ | マルバスミレ | 

ヤユヨ

ラ~ロ・ワ
ユキザサ | 
リシリヒナゲシ |
 

多肉植物
アロエベラ | オトメゴゴコ | オーロラ | カネノナルキ | カランコエ | キダチアロエ | マユハケオモト | シュウレイ | タキタス ベルス |  チランジア | ビャクダン | ホシビジン | ニジノタマ | ミセバヤ | 柱サボテン |

エアープランツ

アリザ | アンドレアナ | イオナンタ | イオナンタイオナンタ | イオナンタ・アルビノ | イオナンタスカポーサコルビー) | イオナンタ・ピーチ | イオナンタ・フエゴ | イオナンタ ルブラ | ウスネオイデス | オアクサカーナ | カピタータ | カプトメデューサエ | キセログラフィカ | コットンキャンディ | コンコロール | ジュンセア | ストリクタ ハードリーフ | テクトラム | テヌイフォリア | ドーラティ | メラノクラテル トリコロール | ハリシー | バルビシアナ | フックシー | ブッツィー | ブラキカウロス | ブルボーサ | ベルティナ | ベイレイ | ベルゲリー | ベリッキアーナ

【PR】 エアープランツを育てよう! at Rakuten

【果樹】
ブルーベリー | ラズベリー | ブラックベリー | ミラクルフルーツ |
 




【気まぐれ検索】(カテゴリーに無い用語)

斑入り | 常緑性 | 落葉 |紅色 | 桃色 | 臙脂色 | 銅色 | 銀色 | ゴールド | ペールピンク | ショッキングピンク | 橙色 | オレンジ | 
銀灰色 | 蒼色 | ブルー | ペールブルー | ホワイト | ブラック | イエロー | クリームイエロー |
非耐寒性 | 室内 | ロックガーデン | シェードガーデン半日陰) | カバープランツ | 
ランナー | 挿し芽 | 挿し木 | 挿し穂 | アレンジ | ドライフラワー | 切花 | 球根 |
銅葉 | カラーリーフ | シルバーリーフ |紅葉 | 光沢 | 皮革 | ツヤツヤ | フワフワ | トゲ | 
 | 熱帯 | 誘引 | 支柱 | 行灯 | アーチ | オベリスク | トレリス | バスケット | 寄せ植え | ハンギング | 鉢植え | つる性 | 
凍傷 |  |  | 病気 | うどんこ病 | |  | 
育て方 | 植え付け | 水やり | 肥料 | 剪定 | タネ | 発芽 | 他界 | 

【入手先や生産者】
楽天 | おぎはら | MIYOSHIミヨシ) | WAKAIZUMI | 吉田交配 | 樋口交配 | 
Jardin | 園芸ネット | 第一園芸 | 駿河 | 
T&M(トンプソン&モーガン) | ブリティッシュシード | サカタのタネ | Poulsen Roser | David Austin | プレゼント 



【PR】 お庭をオーナメントで飾ろう! at Rakuten

実は以前、育てているお花たちを「一覧表」にして欲しいとのご要望をいただいていたのですが、これがなかなか着手できずにおりました。ようやく「ヘナチョコ」ではございますが、リストが完成しました!
取りこぼしもかなりありそうですが・・・ ^^; 私としても、お庭の植物たちを把握したり、今後記事を書く上でもおおいに役立ちました! ただかなり疲れました。腱鞘炎になりそうです *o_ _)oバタッ彡☆

入手苗」とかカテゴリー「新しい仲間」で検索していただくと、最近ゲットした苗の詳細記事がでてきます。カテゴリーにも花の色わけや種をつけた状態などで分類もしてございますので、そちらも参考になさってください。 

カテゴリーの項目もお使いになってみてください。下はカテゴリー別のページへジャンプします!
【季節別】
春咲く花 | 夏咲く花 | 秋咲く花 | 冬咲く花
【色別】
 | ピンク |  |  |  |  | 黄色 |  

全記事一覧はこちらにあります。

| 品種・栽培方法 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。