++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブルーベリーもほぼ収穫終了!

Vaccinium spp. - ブルーベリーVaccinium spp. - ブルーベリー

【学名】Vaccinium spp.
【科名】ツツジ科  Ericaceae  【属名】スノキ属
【品種名】ラピッドアイ(たぶん(^^ゞ)  【和名】ブルーベリー 【英名】Blueberry
【性状】耐寒性落葉樹 
【弊ブログ内関連記事】ブルーベリー | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年7月22日


今季は、絶対に鳥にブルーベリーの実を渡すまいと思っていたのですけど、ちょっとした事件が・・・

実が熟し始めた頃、鳥のつがいなのか、親子なのか、よくわからないのですけど、この実をプレゼントしている場面に遭遇~ 微笑ましい光景を見てしまいました。

プロポーズの一環かしらん?

上のお写真にちょこっと写っていますけど、餌入れをぶら下げてあげているんですよ。けど、乾燥した鳥のエサなどよりも、ブルーベリーのほうがフレッシュで美味しいに決まってますしね。
私がプレゼントしているエサには目もくれないです(^^ゞ

毎年、鳥にもっていかれるのは、悲しいけれど、鳥たちのエデンの園なので、見た目もイマヒトツになってしまいますし、どちらにしてもそんなに大量に採れるわけでもないので、全体を防鳥ネットでは覆わずに、一部だけ沢山実がなっているようなところにだけ、不織布をかけてみました。実はヒャッキンで買った排水溝用の袋ですけど(^^ゞ

【PR】 ブルーベリーをゲットしよう! 植え付け時期は春か秋ですよ~~ at Rakuten


ブルーベリーの植え付けの時期は秋。
品種も多いので、どれにしようかと迷いますね~ 我家の場合、耐寒性のあるブルーベリーを選ばなくてはなりません。

二種類植えていますけど、今年は前回の剪定がうまくいったのか、実の大きさがこれまでよりもぐ~~んと成長してくれました。ある程度剪定で、枝を選抜しておくと実のつき方がよくなりますね(^_-)-☆
ブルーベリーは古い枝よりも、新しい枝に質の良い実がなるので、三年ほど経過した枝はバッサリと剪定して、なるべく若い枝を残しました。

≫ Read More

スポンサーサイト

| おいしい系 | 03:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皐月の盆栽・・・^^;

Rhododendron indicum - 皐月(サツキ)
【学名】Rhododendron indicum
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ツツジ属
【和名】皐月サツキ) 【英名】Satsuki Azalea
【原産地】日本 【性状】耐寒性低木
【用途】盆栽 鉢植え 地植え
【撮影】2010年6月21日


今年も例年通り、数えるほどしか咲かないだろうと思っていたのですが・・

なんとたっぷり! サツキはいきなり蕾があがってお花が咲くまでの期間が短いので、こんなに花芽をつけていてくれたなんて、思いもしませんでした(笑)

【PR】サツキを探してみる?at Rakuten

これは叔父の遺品。いただいたときと比べるとかなり樹形が乱れてしまっていますり、細い枝が折れてしまっていたりと、すばらしい盆栽とはいえませんが、それでも枯らさずに手元においておけているというのは、嬉しいことです。

Rhododendron indicum - 皐月(サツキ)Rhododendron indicum - 皐月(サツキ)
この子は、ピンク色や白色と桃色の二色咲きそれから真っ白なお花が混在して咲くタイプです。
サツキもラベルがないと品種と特定するのが非常に難しいです。
なんという品種なのかなぁ~ ^^;

2010年6月21日撮影


叔父から拝受したときには、といいますか、叔父が無くなってから叔母が譲ってくれたというのが正確なのです。
なので、叔父が亡くなってしまった今、聞くことはできないのです。
叔母にも全くわからないそうですし。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 03:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤de縦縞♪サラサドウダンツツジ

Enkianthus campanulatus - 更紗満天星躑躅 (サラサドウダンツツジ)

【学名】Enkianthus campanulatus
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ドウダンツツジ属
【和名】更紗満天星躑躅サラサドウダンツツジ
【原産地】日本
【性状】耐寒性落葉低木 【樹高】1m~5m  【花期】4月~5月
【用途】地植え 生垣 鉢植え 



久しぶりのアップです! 更紗満天星躑躅と漢字で書くとナニ?って感じですけど、おなじみのドウダンツツジ。
我家のドウダンツツジは赤色の縦じまが入るタイプです。

白色の子はよく生垣などに使われているのですけど、赤色の子はあまり生垣には使われていないような気がしていたのですが、それは、あまり剪定や刈り込みに向かないからみたいですね。

白色の花が咲くドウダンツツジは、剪定により刈り込んでも枝がビュンビュンでて、枝分かれするのですが、この子はあまり脇芽が増えません。



【PR】 生垣にしたら素敵! at Rakuten

でも逆にいうと、生垣などに使った場合には、剪定作業が楽チン♪ということになるのではないでしょうか?
私もこの子のことはほとんど剪定などはせずに、放置状態です。




私がガーデニングを始める前から植えられており、二本あるのです。
でもよくこの子の性質をわかっていなかったガーデニング初心者の頃に、1本を日陰のところに植えてしまったために、そちらはあまり花付きがよくないんです(;´▽`lllA`` 隔年くらいでしかお花が咲きません 

≫ Read More

| 樹 木 | 04:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごめんね、屋久島シャクナゲ様

Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum - 屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum - 屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)


【学名】Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum 【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ツツジ属
【和名】屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)
【英名】Rhododendron
【性状】耐寒性低木  【花期】5月
【用途】鉢植え 地植え

他のお宅ではもうすっかり満開になり、すでにお花は終わっていることでしょうけど・・・
我家では、5月も最終週になってから満開となりました! 

この屋久島シャクナゲは叔父の遺品ですので、大事に育てているつもりなのです。
でも、どうも元気がありません。
枝の枯れこみは3箇所ほどあり、葉っぱは一枚もでてくれていないところがあるんです。

【PR】 シャクナゲを育てよう! at Rakuten


この子は蕾のうちはキレイな濃いピンクいろなのですが、咲き進むにつれて淡い桃色になり、完全に開ききったところで、真っ白になるのです。
その咲き方の移ろい方が素敵なシャクナゲです。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 03:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鈴なりのブルーベリーを夢見て!

Vaccinium spp. - ブルーベリーVaccinium spp. - ブルーベリー


【学名】Vaccinium spp.
【科名】ツツジ科  Ericaceae  【属名】スノキ属
【品種名】ラピッドアイ(たぶん(^^ゞ)  【和名】ブルーベリー 【英名】Blueberry
【性状】耐寒性落葉樹 【用途】地植え 鉢植え

この時期、お花が咲いて蕾が踊りだすと、収穫時期の豊作を想像して愉しくなるのですが、これまでは防鳥ネットを使わなかったために、鳥たちとの攻防戦に敗退し、この時期に咲いている花の数の半分も収穫できなかった私です。

鳥たちは賢くて、この場所を記憶しているのでしょうね~
実が熟するころになると、決まってやってきては美味しいところをもっていってしまいます(;´▽`lllA``

【PR】 ブルーベリーをゲットしよう! 植え付け時期は春か秋ですよ~~ at Rakuten


先日、百均ショップへいったら、ネットを売っていたのですが、あのネットで十分かしら?
それともちゃんとしたネットを買うべきかしら? と迷い中~です。
あのネットはただかぶせておくだけですと、ネットに密着した部分が網目から鳥に狙われそうなので、かぶせるだけではダメかしら?

ネットをかぶせると見た目が悪いですけど、24時間体制で鳥達を監視することは無理ですからね~(笑)

≫ Read More

| white::白い花 | 04:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年のブルーベリーはヘ(x_x;)ヘ




【学名】Vaccinium spp.
【科名】ツツジ科  Ericaceae  【属名】スノキ属
【品種名】ラピッドアイ(たぶん(^^ゞ)  【和名】ブルーベリー 【英名】Blueberry
【性状】耐寒性落葉樹 【用途】地植え 鉢植え

参ったなぁ~~

今年は昨年よりもさらに多くの実がなったというのに、思いっきり鳥たちの餌になっちゃって、どんどんなくなってしまってます。

二本ある株のうち、片方にはもうほとんど実がついていません。
なんとか残っている実も色づきはじめると鳥達がついばんでゆくようで、彼らが残してゆくウンチが空しく葉っぱに残っていたりするのです。

怒りゲージ MIN ■■■■■■■□□□ MAX (("o(-"-;)プルプル

モズのようや大きめの鳥が枝に止まるものですから、実を盗まれるだけでなく、時折、ブルーベリーの枝は折られてしまったりもするのです。

許せないっ

と思えども、防鳥ネットをかぶせないわたしが悪いのかも(^^ゞ

【PR】 ブルーベリーをゲットしよう! 植え付け時期は春か秋ですよ~~ at Rakuten




実がたくさんできるのを待てないならば、手軽にブルーベリーのエキスが摂取できるわかさ生活◆ モンドセレクション銀賞受賞商品 ◆『ブルーベリーアイ ファミリータイプ』2本+1本プレゼトがオススメです!



それでも毎日ちょっとずつ摘み取ると、ジャムを作る分くらいの量は収穫できるはずですし、鳥たちも生きてゆかねばならないので、共存! 共存!と自分を無理に納得させたりしている私です。

今年の春、このブルーベリーの木の北側に植えたクリスマスローズは元気なのですが、プリムラのほうは日陰すぎたようで、瀕死の状態。 大丈夫かなぁ~

≫ Read More

| 樹 木 | 02:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サツキたち

Rhododendron indicum - 皐月‘雪中の松’

Rhododendron indicum - 皐月‘雪中の松’
 今日の一句 「満開の 皐月に触れて 病床の 叔父の面影 魂宿らせ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rhododendron indicum
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ツツジ属
【和名】皐月サツキ) 【英名】Satsuki Azalea
【流通名】雪中の松
【原産地】日本 【性状】耐寒性低木

ツツジよりもさらに一ヶ月ほど遅れて咲き始めるのがサツキです。
我家には他界した叔父から遺品としていただいたサツキが四つあり、三つは鉢植えのまま管理していいるのですが、一つは地植えにしています。
他にもまた別の叔父からもらったものもあるのですが、こちらはいただいてから一度も咲いてくれません。日陰すぎているので、今年こそ植え替えねばっ。

一枚目は「雪中の松」というサツキ。ちょっと半開き~~くらいの状態に見えますが、これでほぼ満開。白色でも深い白色に、少し緑色の斑点が入ります。
下の子たちは、ラベルが無かったため名前がわからないのです(^^ゞ 

【PR】サツキを探してみる?at Rakuten

和モノの盆栽もよいでしょう~ 私は節操がないので、アレにもコレにも手を出しておりますが、この和モノたち、いずれは和風のコーナーを作りたいと思いつつも日向にスペースを作ってあげられず・・

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 06:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋久島石楠花と夕陽

Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum - 屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)

Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum - 屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)
  今日の一句「一刻を 待たずに変わる 花の色 夕陽に透ける 春の花」  すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Rhododendron degronianum Carrière subsp. yakushimanum 【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ツツジ属
【和名】屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ)
【英名】Rhododendron
【性状】耐寒性低木  【花期】5月
 
相変わらずダメージがあった枝には、復活が見られず、すべての枝で満開というわけにはいかないながらも、房咲きのヤクシマシャクナゲは今年も可憐に咲いてくれています。

この石楠花は色の変化がすばらしく、蕾のときの濃い桃色から完全に白色に変わるまで楽しませてくれるのです。今日アップした写真のうち、はじめの二枚は、先日、夕陽があたってさらに美しさを増していたので記念撮影したものです。

後の二枚は蕾のときの様子。色の違いがはなはだしいでしょう?

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。