++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリョヌシカ♪二番花

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012



クレマチスの良いところは、二番花を咲かせてくれる品種が多いトコロといえると思うのですが、このインテグリフォリア系のアリョヌシカもしかりです。

今季はこの子の二番花が一番立派!とにかく熱かった夏。どの植物も花を咲かせるには暑過ぎて、夏越しがやっとという感じでしたが、この子は割り合いと涼しい場所に植えつけてるため、二番花も沢山咲き、大きさも一番花と変わりませんでした。



花茎の数は、毎年2本か3本しかなくて、なかなか増えてくれないのですけど(^^ゞ こんなものなのかしら?
けれど、今年の花は数が多くて、ホントに見ごたえがありました! 一回目も二回目も勝るとも劣らずです。

≫ Read More

| クレマチス | 04:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっこし元気なし・・・ヘンダーソニー

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii' 【品種名】インテグリフォリア ヘンダーソニー
【別名】ベルテッセン 【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き  【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C015



今年は切り戻すこともなく・・・放置状態。
当然のことながら、全く元気がなく、病気も発生してさせてしまったのは、インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’です。
毎年、切り戻ししていたのですけど、今年は種を採取してみましょう~とそのままにしていたら、果球ができましたが、行灯の高さも足りなくて、イナバウワーです^^;

【PR】 クレマチスをヘンダーソニーを育てよう! at Rakuten


切り戻ししなかった茎には、脇芽ができてそこからお花を咲かせているのですけど、果球も同時に作っているので、栄養が行き渡らず、お花もかなり小さめです。
同小種の‘アルバ’も同じで、今年は切り戻ししてあげないものですから、果球をつけてます。
私は交配させていませんけど、ミツバチさんたちがお仲人になってくれていないかしら?
と思ったりしていたのですけど、やはりこのままではよろしくないと種は諦めて、切り戻しました *o_ _)oバタッ彡☆

≫ Read More

| クレマチス | 05:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズの二番花

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年8月13日


6月の数え切れないほどのお花を咲かせていた‘プリンス・チャールズ’ですが、8割がた咲いたところで、蔓を切り戻しておきましたところ、2ヶ月後には二番花がまたしてもワンサカ満開です!

二番花ですし、夏の暑さのせいでしょうか、お花はどうしても小ぶりになっちゃうのですけど。

やはりビチセラ系は、夏の暑さにつよく多花性なので、何度もお花が楽しめますね(^_-)-☆
今年は消毒もそこそこマメにしてあげましたので、さび病もちょこっと発生しただけで、なんとか現在の姿を保持しております。お写真でみると、少しだけ葉っぱに黄色の変色が見られますよね? これがサビ病です。

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


後ろ姿もいい感じ♪ まだまだスタンバイしてる蕾も沢山あります。
そろそろ吹く風も秋めいてきていて、植物たちもホッとしていると思うのです。花が咲く期間も少し長めになってくれるのではないかしらん。

≫ Read More

| クレマチス | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨にも負けず、アリョヌシカ♪

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C012
【撮影】2010年6月15日


あまり環境的には良いとは言えない場所で、また今年も元気に咲いたのはインテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’です。ロシア生まれなので、名前がちょっと発音しにくいわ(笑)

ロシア語って、「マトリョーシカ」とか、おサル☆キャラの「チェブラーシカ」(Чeбypaшka)『カ』で終わるのはなぜかしら?
あまり関係の無い話題でした(^^ゞ

さて、椿の木陰になってしまうので、十分な日光が当たらないために何年経っても、花茎は3本ほどで殖えず、そのかわり陽射しを求めるせいでしょうね~ 草丈はどのインテグリフォリアよりも高いのです。
もっともそもそも高さが大きく、花もダイナミックに咲くタイプなのですけど。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

まだ入手できていな‘花島’や‘篭口’もゲットしたいわぁ~~(∇〃)。o〇○ポワァーン

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten


今年は、椿を大胆に剪定したことにより、風通しもよく、日当たりも昨年以上となったからでしょう~
花茎もしっかりと硬いし、ちょっと太めの様子。
お花自体も数も多いです。

≫ Read More

| クレマチス | 02:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年はちょっとびょ~~ん?チャールズ君

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年6月9日


一番のお気に入り♪といってもよいでしょうか。‘プリンス・チャールズ’が満開です!

でも、どのクレマチスも甲乙つけがたく、一番ともいえないか。ともかく今年も元気に咲いてくれたのが嬉しい~~\(*^▽^*)/ 最近、あまり踊っておりませんでしたが、久しぶりに小躍りです。

ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス

我家では一番花数が多いのは、半鐘蔓とかモンタナ系のクレマチスですけど、この時期に咲くクレマチスの中では、この子が一番たっぷり花数をつけるのです。
今年は水遣りが多すぎたのかしらん? これまでより花首のほっそりとした茎の部分が長くなってしまっていて、その分、あまりお顔が見えないのが、玉に瑕です(^^ゞ

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


実は、プリンス・チャールズには白花の品種もあるので、次回は白色の子も欲しいわぁ~と狙っているのです。
両者のコラボを想像すると、想像しただけでうっとりとしてしまいますね~
鉢植えのまま、二種を植え込んでもかなりいい感じになるはずです♪

≫ Read More

| クレマチス | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メアリーローズちゃん♪

Clematis viticella 'Mary Rose'  - クレマチス ビチセラ ‘メアリーローズ’
【学名】Clematis viticella 'Mary Rose'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Mary Rose'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】八重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 小輪咲き
【花径】6 センチ 【高さ】250~300センチ 【耐寒性】強い
【花色】紺色 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】メアリーローズ   【別名】Flore Plenoフローレプレノ
【作出者】
【備考】#C024



はい! これまたとっても個性的な咲き方をするクレマチス‘メアリーローズ’様です♪

小輪のシックな花をたっぷり咲かせます。鉢の周囲にはすでに花びらを落とし始めてしまっているものもあります。
鉢植えですので、梅雨のこの時期は、玄関先の軒下に置いて鑑賞中です。

初期のお花は6月中旬から開花しはじめていますけど、その一方でまだまだ小さな蕾もたっぷりとつけています。
昨年よりも花数は増えて、お花も大きくなったように思います。



このような個性的なクレマチスには、白色の鉢が似合いそう~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

なのに、私はリサイクル品(^^ゞ バラ苗が植えてあった緑色のプラ鉢を使っているんです(^^ゞ だめだぁ~
引き立たないです。
やはり植えつける鉢や場所は大事ですよね~

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


昨年が初開花♪で、それはそれは感動した私ですが、今年もまた+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.するのは変らずです。
やはりダーク系のお花っていいわぁ~~
勿論パステル系のクリアーな感じで咲く子も好きですけど、相変わらず黒っぽいものには目がない私です。

≫ Read More

| クレマチス | 03:14 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベティーコーニングも初開花!

Clematis 'Betty Corning' - クレマチス ビチセラ系 ‘ベティーコーニング’

【学名】Clematis 'Betty Corning'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee) 【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) センニンソウ属
【英名】Clematis 【品種名】ベティーコーニング 【系統名】ビチセラ系 
【樹高】250~300センチ 【咲き方】半鐘咲き 一重咲き 【花期】7~9月 【花色】ピンキーブルー ライラック色 【花径】5~6センチ 【がく片数】4枚 【香り】あり なし
【登録】Mrs. Elizabeth Corning 1932年  【交配】? C. crispa x C. viticella 【原産地】アメリカ? 
【性状】落葉蔓性植物
【生産者】駿河[http://clematis.co.jp/]
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#C045
【撮影】2010年6月7日



まずは香りを確めなくちゃ!とクンクンしてみるも・・・
たった一輪だからなのか、あるいは私の鼻がきかないのか!どうも香ってくれていないようです。
がっかりぃ~~
この子は香りがする種類とそうでないものがあるようで、クジ運が悪い私には、やはり当たりはでませんでした。
*o_ _)oバタッ彡☆

【PR】 ビチセラ系のクレマチスを育てよう! at Rakuten


それでも、初開花は嬉しいものです!
我家ではビチセラ系といえば、なんといっても‘プリンス・チャールズ’君が王座についているわけですが、この子もカールの具合がとても宜しく、初開花ながら、まだ蕾も上げていますし、多産型な感じです。

≫ Read More

| クレマチス | 04:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Clematis 'Betty Corning'




【学名】Clematis 'Betty Corning'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) センニンソウ属
【英名】Clematis 【品種名】ベティーコーニング 【系統名】ビチセラ系 
【樹高】250~300センチ 【咲き方】半鐘咲き 一重咲き 【花期】7~9月 【花色】ピンキーブルー ライラック色 【花径】5~6センチ 【がく片数】4枚 【香り】あり
【登録】Mrs. Elizabeth Corning 1932年  【交配】? C. crispa x C. viticella 【原産地】アメリカ? 
【性状】落葉蔓性植物
【生産者】駿河[http://clematis.co.jp/]
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#C045

貴方もでしたか・・・ _| ̄|○
今回はなんだか運が悪いなぁ~ この子が一番ツルも延びていて元気に見えましたが、実際には根元部分の茎のところが、折れてしまっています。
フェアリーブルー’も折れてましたし、宅配業者が手荒に扱ったのかしらねぇ~
折れた傷跡からすると、かなり最近のものって感じです^^;
‘フェアリーブルー’よりももっと茎が細いので、こちらのほうが重症です。

がっかりぃ~~~ *o_ _)oバタッ彡☆

鉢増しのときに、深植えにしますし、地中にこの折れている部分は入ってしまうわけですが、テープで留めようかどうしようかと迷った挙句、そのまま植えちゃいましたよ(^^ゞ
病気が混入したりするのかなぁ~ この子らが本来持っている生命力を信じるしかありませんね。

またしても、気を取り直してお勉強~タイム♪

この子の事を調べていて、もっとも興味深かったのは、その香り。
なぜか、イギリスで流通しているものには香りがあり、アメリカやカナダでは香りがないのだそうです。
(参照: Clematis on the Web)

では、日本ではどうなのかしら?わが家で咲くのを待つことにいたしましょう~(笑)

香り、あるといいなぁ~ 駿河さんちのベティちゃん♪を育てておられる方、いかがですか?


クレマチス ビチセラ ‘ベティコーニング’ 価格 500円
Clematis 'Betty Corning'
こちらもくおぎはら植物園さんちにお世話になり、この秋新たに仲間となったクレマチスのひとつです。
今回はクリスマスローズに予算を割いてしまったので、二年生苗はヒトツもなく・・・ ダイナミックな開花まで時間がかかります^^; でもその中でもビチセラ系は私との相性が良いので、あるいはたくさん咲いてくれるかな?

【PR】 ビチセラ系のクレマチスを探そう! at Rakuten


我家にあるビチセラ系のうち、‘プリンス・チャールズ’と‘メアリーローズ’は、今年本当によく咲いてくれて、大感激!でございました~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン
この‘ベティ・コーニング’ちゃんも二人にあやかって、元気に育って欲しいわん。
‘フルディーン’君は、オバカな私が小苗のうちに地植えにしちゃったので、超~生育具合が悪く、青色吐息・・・なんとか生き延びているだけなんです。
そんな経験もあって、この子のことはモチロンしばらくは鉢植えで管理です。

≫ Read More

| クレマチス | 05:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライト・ブルーのクレマ!




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチス‘プリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、昨年の鉢植えと同様か、もしくはもっと蕾をもっているように見えます。

いよいよ一輪目が開き始めると、堰を切ったように皆が競争して咲き始めます^0^

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪
もちろん、すぅめの小躍りダンスはいつにも増して・・・(^^ゞ


【PR】クレマチス ’プリンスチャールズ’は、おぎはら植物園さんちで、525円也~
ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!


ホントに地植えが成功してよかったぁ~~ 冬場には地上部が完全になくなりますし、ともうしますか、がっつりと剪定しておきますゆえ、芽吹くまでも心配ですし、地植えにした場所を気に入ってくれたかも心配だったのです。

≫ Read More

| クレマチス | 02:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たんまり( ̄m ̄*)゚ メアリーローズ初開花!




【学名】Clematis viticella 'Mary Rose'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Mary Rose'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】八重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 小輪咲き
【花径】6 センチ 【高さ】250~300センチ 【耐寒性】強い
【花色】紺色 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】メアリーローズ   【別名】Flore Plenoフローレプレノ
【作出者】
【備考】#C024

昨年10月に入手したしたばかりのクレマチス苗のなかでも、とっても気になっていたのが、このクレマチス‘メアリーローズ’です。
シックな紫色の八重咲きのクシュっとした花が咲くのですが、もう~早く実際に見てみたくて、見てみたくて!待ちにまった開花でありました~ 

満を持しての小躍りダンスであります!
ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ もうっちょ♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

満開を待ってご紹介しようかと思いましたが、まだ二輪ほどしか開いていないっ、と申しますか、まだ進行中で開ききっていない状態ながら、あまりに嬉しくてのアップです(^^ゞ

ビチセラ系はこの子のほかに‘プリンス・チャールズ’君が、地植えで開花しはじめていて、‘メアリーローズ’が鉢植えであるという環境に差があったのですが、同日に開花し、ほ~~やはりビチセラは開花時期まで一緒なのねぇ~と妙に感心しているのです。

≫ Read More

| クレマチス | 04:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最盛期のインテグリフォリアたち




【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

今年は油断しちゃいました (^^ゞ

肥料のやり方が足りなかったようです。それでも10本以上の花茎が立ち上がり、てっぺんでフリンジつきの傘を開いたように一気に満開となり、とてもかわいかった‘ヘンダーソニー’です。
実は大雨の後、花弁が痛んだこともあって、記念撮影後にはもう地際から1~2節目のところで、剪定が終わっております。

あと1~2回は咲いてくれるはずですので、今度はちゃんと肥料をあげなくては!


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten
我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


先日ご紹介したオールドローズの‘ファンタンラツゥール’と開花時期がほぼ同じで、加えてラミウムの白色の花が咲く‘アルバ’も足元でほころんでいます。
向こう側にはナデシコたちが猛威をふるっています(笑)

あるいは、以外と肥料を使うラミウムが栄養を横取り?しちゃったのかしらん。でも銀色の葉っぱとも良くお似合いなのですよ~~ (^_-)-☆

‘ファンタンラトゥール’の葉っぱが日陰を作ってしまうこともこの子にとってはストレスなんだろうなぁ~



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

‘ヘンダーソニー’よりも大きな花を咲かせたのが‘アリョヌシカ’です。一番元気がない‘アルバ’には、未だに蕾があがらないので、今日はご紹介はナシです。 

5月下旬から咲き始めた‘アリョヌシカ’には、花茎が三本のみですが、身長は‘ヘンダーソニー’の2倍ほどにもなっていて、昨年よりもさらに大きな花になっているように思います。
こちらのほうは肥料のやり方がよかったみたいです。

≫ Read More

| クレマチス | 04:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インテグリフォリアたちの萌え~



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

今日は木立性のクレマチスである、インテグリフォリアをご紹介!

我家には今のところ、三種類あり、すべて地植えで育てています。もっとも成育がよいのが、‘ヘンダーソニー’つぎに‘アリョヌシカ’そして一番元気がないのが、‘アルバ’です。 成育具合に差はある者の、ほぼ同時期に萌えはじめ、葉っぱを展開させはじめています。

クレマチス インテグリフォリア系は、花後に剪定しておくと、二番、三番花が咲きます。もちろん肥料などはしっかりあげておく必要があります。花つきが良いことさることながら、蔓がまきつかないので、誘引の作業がないのもよいところ。管理しやすいのです。

上の写真は‘アリョヌシカ’ですが、とんがった小豆色の芽が顔を見せ始めてから、ほぼ10日ほど経過した様子です。あっという間に緑色の葉っぱに展開しました!今年も花茎の太さには申し分なく、立派な花をさかせそうです。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten

我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


できれば、‘花島’を今植えている、テキセンシス系の‘アルバニー’の隣人に据えて、コラボを愉しみたいのです。

また、似たような花色のモノタチを組み合わせて、そのグラデーションを愉しむような植栽にしてゆきたいなぁ~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

≫ Read More

| クレマチス | 03:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズ君♪




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチス‘プリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、どうやら大丈夫みたいです。

よかったぁ~~

でも春の芽吹きまではまだまだ安心できませんけど。

【PR】ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!

地上部に残っていた蔓もこの冬の剪定時期、ちゃんと剪定し、石灰硫黄剤も散布して、地面も消毒しておきました!でも本当はあともう一回散布すべきなのですよね。
あまりにも寒かったり、風が強かったりしている日が多くて、なかなか冬場の作業が進みません(;´▽`lllA``

≫ Read More

| クレマチス | 03:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビチセラ ‘メアリーローズ’は2年もの




【学名】Clematis viticella 'Mary Rose'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Mary Rose'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】八重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 小輪咲き
【花径】6 センチ 【高さ】250~300センチ 【耐寒性】強い
【花色】紺色 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】メアリーローズ   【別名】Flore Plenoフローレプレノ
【作出者】

さて、今日からは10月に入手した苗のなかでもクレマチスを特集しておおくりすることになります!
時期が時期なだけにお花のご紹介はできなくて、苗の様子だけですみません。

ダークな色あいのクレマチスは、‘ロマンチカ’を育てているのですが、やっぱりまたも欲しくなり、今回はビチセラ系の‘メアリーローズ’を選びました。八重咲きのグレーがかった紫色の小輪系のクレマチスです。
余談ですが、ビチセラ系には、‘プリンスチャールズ’が手元にあり、この秋鉢植えで管理していたものを地面に下ろしました!うまく根付いてくれるとよいなぁ~


クレマチス ビチセラ ‘メアリーローズ’2年苗 価格 2000円 【PR】 クレマチス ビチセラ系をゲットしてみよう♪ at Rakuten


‘プリンスチャールズ’は私が思っていた以上に花つきがよく、たくさん咲いてくれたので、すこぶる気を良くしまして、ビチセラ系がもっと欲しいわぁ~と思ったのが、もう一つの理由です。
それに、こうして我家にあるクレマチスを見ていて、私は大輪系のものはほとんど持っていなくて、ほとんどが中輪系。あまり大輪系は好みではないと自己解析(笑)
来年は一つくらい大輪系のものも手元におこうかしらん。

今回、ビチセラ系とジャックマニー系との交配種でもある、‘フルディーン’も購入しています。
またこちらは次回ご紹介しますね!

≫ Read More

| クレマチス | 03:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終焉のアリョヌシカ



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  

二番花がほぼ終わりかけてます・・・
クレマチス インテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’。今年は昨年にも増してさらにたくさんのお花が咲き、二番花の花数も多かったですし、大きさもしっかりしていました!

肥料のやり方がちょうどよかったのかしらん。
いよいよ秋。クレマチスやクリスマスローズの苗が出回り始める頃ですね~
今年はどんな品種をゲットしようかしらん ^0^

【PR】 クレマチスを探そう! at Rauten

最後の蕾がまだ二つあって、これが咲き終わったら剪定しようと思っているのです。
あと一度、三度目の開花は見ることができるかしらん?
9月になったばかりなので、あるいは希望が叶うかもしれません。

≫ Read More

| クレマチス | 06:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャールズ王子と二度目の逢瀬!



【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

一番花が咲き終わってから、全体を1/3程度まで剪定しておいたクレマチス‘プリンス・チャールズ’に二番花が咲き始めました♪

実は若い苗でしたし、もともと今年が初開花とだったので、二番花にはあまり期待していなかったのですが、いまのところ全部で10個ほどが咲いており、お花の大きさも一番最初に咲いたものとほぼ同じ。
やっぱりかわいいお花です。

よくよく考えたら、我家には大輪系と呼ばれるクレマチスは無く、ほとんどが中輪系からごく小さいものに類されるクレマチスばかりです。

【PR】ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!

この子は、二日前にご紹介した‘ヘンダーソニー’よりもさらに淡い色のブルーというか紫色というか、やさしい色のクレマチスですが、本当に花つきがよいクレマチスだわぁ~という感想です。
今年鉢植えで管理していますが、この子が壁一面に咲くような仕立て方が出来たなら、どんなにか素敵でしょう~ ^0^ と早くも来年の咲かせ方に思いを馳せてしまいます。

≫ Read More

| クレマチス | 03:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨でも頑張るヘンダーソニー




【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

このところ、毎日、毎日雨です・・
昨日の日曜日、少し雨足が弱くなったときに、濡れつつ写真撮影したクレマチス‘ヘンダーソニー’ですが、こう毎日雨が続くとさすがに鬱陶しいらしく、花弁にも元気がありません。

でも記念撮影には、水も滴るイイ女のごとく、艶やかさがでるみたいです。

【PR】 秋のお花を探そう~♪ at Rakuten

二番花は少し小ぶり。茎も細いのですが、立ち上がった茎の数は一番初めに咲いたときとあまりかわらない、若しくは少し多いくらいです。
ただ日照不足かしら、あまり花つきがよくないなぁ~

秋晴れの晴天、見たいですね~ そうすれば、クレマチスをはじめとし、他の植物たちも元気になるのでしょうけど。

≫ Read More

| クレマチス | 06:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活ける! クレマ編

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’


【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C012

ほぼお花が満開になってきたので、アリョヌシカの切り戻しをすることにしました。
大抵、クレマチスは剪定が必要で、しかも満開を迎えるまえに切り戻しをするのが、返り咲きの花を綺麗に咲かせるためのコツであると書いてあります。

よって、私もばっさり!

でもまだまだ綺麗に咲いているのに、捨てるのはもったいないので、お花が咲いている枝は室内に飾り、他の真ん中の部分は挿し木しました。梅雨の時期ですと、挿し芽したものがつきやすいですものねっ。

【PR】 クレマチスを探そう! at Rauten

挿し芽したものは、鹿沼土の挿し芽用の鉢で管理中。いつも地面にずぼずぼ挿しますが、今年はちゃんと正統なやり方にのっとってます(^^ゞ モンタナの挿し芽はそうそうに挿してあり、アノ子たちもどうやら発根している感じです♪

ヘンダーソニーは、地面nズボズボ挿しちゃいましたが、どうやら半数くらいは今のところ生き延びてくれているようです。そしてすでに二番花の蕾も確認できているのです(^o^)

昨年、挿したアリョヌシカは三本のうち、二本が生き残っているのですが、すごく小さくて元気がありません。今年も生き延びてくれていることのほうが大事ですが、どうやらちょっとホリホックにおされ気味のようで、日陰になりすぎちゃってます。休眠に入ったら、今年移動させようかと思ってます。

≫ Read More

| 生け花 | 05:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンス・チャールズが満開!

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「王子様 涼しげに咲く たくさんの 花に見とれて これぞ イケメン」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C011

今年初めて我家で咲いてくれたこの‘プリンス・チャールズ’は、20個ほどの花を満開に咲かせてくれ、玄関先を彩ってくれています!
この子は鉢植えで管理しているので、鉢管理の下手な私は非常に心配していたのですが、無事の初開花であります。なんて麗しきプリンスチャールスちゃん!こんなにも花つきが良い品種だったのね~

想像していたよりも花の大きさは少し小さいのですが、ライト・ブルーの和紙っぽい質感と、透明感は絶品であります!



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは一年生苗で525円でありました(^^ゞ
まめに誘引をしてあげたこともあるのか、たくさんのお花が咲いてくれています。
オススメの一品ですよ~~~ y(^ヮ^)y


足元にラミウム‘アルバ'を配置しているのですが、コノ子達もまたかなり成育よろしく元気モリモリで、この子たちのコンビネーションもまた気に入っております。下草があるために、過剰な乾燥から守ってもらえているのかもしれません。

ただ、用意したトレリスの高さを少し超えるほどになったところで、ツルは伸びるのを辞めてしまいました。もっと長くなってくれるのかなぁ~と想像していたんですけど。

≫ Read More

| クレマチス | 19:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリョヌシカが満開!

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
 今日の一句 「初夏の日に すくっと伸びた茎からは 花びらが舞う 美しく 今年の花は 一層輝く」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C012

インテグリフォリア系では、前回‘ヘンダーソニー’の開花をご紹介しましたが、二番手は、この‘アリョヌシカ’です。すでに‘ヘンダーソニー’が咲き終わり、切り戻しを終えたところなのですが、バトンを渡されたこの子。昨年よりも確かに花つきもよく、大振りになってくれてます。

ただ、木立のようにはなってくれず、地面から伸びた茎は、二本だけ。
背丈は、‘ヘンダーソニー’よりも高いのですが、もっと茎の数が増えてほしかったなぁ~
そこのことろがちょっと残念だったところです。

≫ Read More

| クレマチス | 05:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひらひら~~とヘンダーソニー

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「青色の チュチュは 揺れつつ 輝いて 美しきこと このうえもなし」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

満開です!

待ちに待ったクレマチス‘ヘンダーソニー’が開花いたしました。
芽出しのころに、摘芯はしなかったのですが、株立ちは10以上でそのすべての茎のてっぺんでひらひらと青色の花弁を揺らしています。

大雨のときに横倒しになってしまったものもありましたが、なんのその。
倒れながらも咲いてくれている様子もまた愛おしい~~ パァー ゛ (゜・゜* ホレボレ

ヘンダーソニー

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てはじめているので、今年でピカピカの三年生のはず。




下のお写真は先日ご紹介したビジョナデシコちゃん。
他にアレナリアモンタナ、オダマキやバラたちが隣人であります。少々ひしめき合いすぎの感じもありますが、それぞれ元気なのでまぁ~よしとしましょう~

でも梅雨の時期がねぇ~ 蒸れてしまう可能性もあり、ちょっと心配ですけど。

≫ Read More

| クレマチス | 19:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンス・チャールズが始動!

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「ラミウムと 一緒に悦ぶ 新芽たち ぐんぐん伸びよ 花咲かそ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

この子は鉢植えで管理しているプリンスチャールスちゃん!
足元にラミウム‘アルバ'を下草にして、他にもオダマキの萌芽がみられるクレマチスの寄せ植えバージョンであります!

新しく出てきた芽は昨年購入したときのまま、深植えにしておきましたところ、地中からも新たにもう一本の元気のよい芽も現われてくれて、トレリスの高さがぜんぜん足りないっとうれしい悲鳴の春であります。

産毛に守られた新芽はあっという間に黄緑色の葉っぱに変貌してゆき、ぐんぐん伸びているのです。



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは二年生苗だったとキオクしていたのですが、一年生苗で525円でありました(^^ゞ


初めて育てるビチセラ系ですので、このような姿になってくれるまではハラハラ・ドキドキでありました。

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 3月上旬に撮影。ちょこっとだけ芽が動いている感じが見てとれます!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



3月に芽が動きはじめているのを発見したときに、記念撮影した写真です。
上の写真は3月上旬のもので、下の写真は下旬のもの。

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 3月中旬に撮影。やっと緑色しはじめてきてます!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



芽がでて、膨らんでぇ~ ♪ のメロディーが頭の中を駆け巡ったころであります。
今のところ、蕾の姿は確認できておりませんが、初開花が今から楽しみ!
他に青色の花が咲くクレマチスは、マクロペタラ系の‘ブルーダンサー'がありますが、この子も優しい色あいの青色の花を咲かせます。
早春に咲くマクロペタラ系のクレマチスが咲き終わってから、バトンタッチでお花が咲くものが欲しいと思い、入手したのです!

そのほか、この王子様と一緒の時期に咲いてくれるはずの‘ヘンダーソニー'も忘れてはならないっ。考えてみたら、最近は青色と白い色のクレマばっかりに目が向いている私です。

鉢植えですので、適度な水遣りと施肥。開花まではこの二つと蔓の誘引作業にがんばるぞぉー


ビチセラ系の育て方

■植え付け
ふかふかな土を好みます。水はけ、水もちともに良い用土に植えつけます。pHは6~7ぐらいの弱酸性から中性が適しています。

■水やり
地植えの場合、不要です。あまりにも乾いてしまっているようなら様子をみて水遣りします。午前中に与え夕方や夜は与えません。

■施肥
夏場はあまり与える必要がありません。芽出しの頃、と秋に与えます。液体肥料の場合は定期的に施すほうが生育具合が良いようです。

■増やし方
挿し芽をとって殖やすことができます。適期は春です。

■剪定
開花後、今年伸びた枝の3分の1を残して強剪定します。剪定後一ヶ月ほどすぎると二番花が咲きます。二番花の後も切り戻すことでくり返しお花が楽しめます。10節ほどのびて開花します。
休眠期には、充実した芽だけを残し、地際から4~5節残して強剪定します。






| クレマチス | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

林のごとく!ヘンダーソニー

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「冬に耐え ようやく迎えた その時に 花を重ねて まんじりと待つ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

3月に萌え始めていた銀色の芽もすっかり黄緑色になり、マトリョーシカ宜しく葉っぱを展開させつつどうやらそろそろ花芽を隠しているような感じになってます。
先端の葉っぱは花芽を隠すようにして包み込んでいるのですが、これが気を持たせる!

葉っぱが開いたので花芽かなぁ~と思うと、また次に現われるのは葉っぱで、なかなか紫色した蕾が見えてこないんですよね~ これが (笑)
結構深く植えつけてあるはずで、2芽はかならず地中にあるはずですから、マトリョーシカが5回目くらいになれば、蕾がでてくるはずなんですけど。

ヘンダーソニー

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てはじめているので、今年でピカピカの三年生のはず。




さて、今日はほぼ1週間ごとにこの子の生育の様子をカメラに収めておきましたので、いかに芽吹きからダッシュで成長していっているか、その様子を見ていただきましょう~

≫ Read More

| クレマチス | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘンダーソニーの萌えぇ~

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’
 今日の一句 「冬に耐え ようやく迎えた その時に 花を重ねて まんじりと待つ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

またも萌えぇ~確認!

たっぷりとマルチングしてあるクレマチスたちの新枝咲きの子たちが、無事越冬し目覚めているかが心配でその成長振りを確認。

お~ 萌えてます^^

これまた白アスパラガスのごとし! ちょこっとだけすでに緑色っぽくなってくれているものもあります。
昨年と同じくらいの立ち上がり方ですし、なかなかに良い感じ!

ヘンダーソニー

2007年開花時の様子です。クリックすると昨年の記事にジャンプします^^

おぎはら植物園さんで入手し、1年生苗から育てています!






そうだ! 芽出し肥料をあげなくちゃ~~
 ねっ(^v^)

昨年は、剪定もちゃんとしてあげましたし、3番花まで長い期間楽しむことができました!
今年は昨年に比べ、出てきている芽の数も倍くらいになっているような感じです。花もたくさん咲いてくれそうな予感~

≫ Read More

| クレマチス | 04:12 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス‘ヘンダーソニー’に雪

Clematis integrifolia'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪’

Clematis integrifoli a 'Hendersonii' - クレマチスインテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニーに雪
 今日の一句 「紫の花 くり返し咲く ゆっくりと」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

よくよく考えてみると、この‘ヘンダーソニー’今年は何度もアップしているような・・・(笑)
それだけ私が育てている子たちのなかでも気になる存在なのです。

今年、2年目の冬を迎えます。株が充実してきているのか、昨年に比べ葉っぱを落とす時期が遅くなっているような木がするのです。‘アルバ’のほうは、今年数輪しか咲かず、早々に葉っぱも落ちてしまっているのですが、‘ヘンダーソニー’と‘アリョヌシカ’はまだまだ葉っぱが緑色をしております。

このままの状態で来年2月の一番寒い時期に、地際で切り取るという剪定作業が残っているのです。昨年は年内に剪定してあげたような・・・ うっすらとしたキオクですが。

≫ Read More

| クレマチス | 03:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビチセラ系‘プリンス・チャールズ’

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ系 ‘プリンス・チャールズ’

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ系 ‘プリンス・チャールズ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

昨日に引き続きまして、またもクレマチスの登場です!そしてまたもやお花の姿はナシ!です。
今年の秋に入手した株のなかでも来年の開花をヒジョーに楽しみにしている苗の一つです。

ビチセラ系とは南ヨーロッパやアジア南西部に自生する‘ビチセラ’から作られた改良種全般を呼びます。お花の大きさは中~小輪で根っこから10節ほど伸びたところの節節で開花します。蕾は下向きですが、開花とともに上向きになってゆき、花びら(ガク)が開くと受け皿のような形になります。

一般的にはフェンスや支柱に誘引させますが、この子はグラウンドカバープランツしても使えるそうです。

10節ほど延びた茎にお花を咲かせるところがテキセンシス系に似ているなぁと思っておりましたら、以前はテキセンシスに分類されていたのですね。

私は一昨年だったか‘ロゼア’を入手したのですが、地植えにして枯らしてしまったようで、今回の入手はリベンジです。色あいもブルー系として再出発です。

生きているのか死んでいるのかわからない私も私なのですが、どうもテッセンのお隣に地植えにしたものがロゼアのようにも見えるのですが、鉄線の芽にも見えたりして・・・ お花が咲かない限りよくわからないのです。いずれにせよ、それが‘ロゼア’だったとしても、お花が咲いてくれなかったということであれば、それは失敗!であるわけです。

私はすぐに保険をかけたくなる性質なので、あちこちにブツブツ枝を挿して置いたりするため、忘れたころにバラとかクレマチスの芽がでていたりするんです(^^ゞ

≫ Read More

| クレマチス | 05:02 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちっちゃ!クレマ‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

「返り咲き」という点で、一番成績が優秀だった我が家にあるクレマチスはこの‘ヘンダーソニー’でした。
もう秋も深まってきましたし、さすがにこの花が今年最後の花だろうと思います。

一番花から比べると大きさが小さくなってきていて、今回のお花はまた格別小さかったです。お隣にある緑色の葉っぱは、ローズマリーなのです。比較していただくといかに小さなお花になっているかが、おわかりいただけるかと。

≫ Read More

| blue::青い花 | 04:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリョヌシカの二番花

Clematis integrifolia 'Alionushka'

Clematis integrifolia 'Alionushka'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ 【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  

ヒラヒラ、フレアースカートのようなお花がテッペンに一輪咲いていたのが5月下旬。このお花の花茎を切り取っておいたところ、脇芽がでてきて下のような葉っぱが展開し、葉っぱの中から蕾が10個ほどでてきました。

同じインテグリフォリア系ですが、‘ヘンダーソニー’よりも花つきが良いです。ヽ(*^^*)ノ

≫ Read More

| クレマチス | 04:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三番花の‘ヘンダーソニー’

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella

このクレマチス‘ヘンダーソニー’は、一番花が咲いたのが5月下旬。
その後、その一番花が咲いたあと、花柄を摘んでおいたところ、脇芽が伸びてきて、お花が咲きました。
この脇から出た芽が咲く前にも、他の茎からもお花が咲いているので、時期的には三回目の開花です。

脇芽はちゃんと二本でてくれて、お花も二つ咲きましたが、今度はその脇芽のそれそれの部分にも蕾が出ていて、しかも一つの茎に複数の蕾が出てまして、なかなか順調に長い期間咲いてくれています。

このクレマチスは、想像していた以上に繰り返し咲くので、とっても嬉しい私です~

ただ、一番花に比べるとお花の大きさが小さくて、ちょっと花弁の色が褪せたような感じ。んんん~施肥の仕方に問題があるのかもしれません。というわけで、せっせと液肥を施しております。

加えて昨今の太陽光線!あまりに激しいので、少し焼けてしまっているのかなぁ~とも。

≫ Read More

▲ Close

| クレマチス | 02:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Clematis integrifolia 'Alionushka'

Clematis 'Alionushka'

Clematis 'Alionushka'



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis 'Alionushka' 【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ 【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  


先日ご紹介した蕾の様子から形状を一変させ、フリフリのドレスのような花弁を見せ始めているのは、「アリョヌシカ」です。濃桃色のインテグリフォリア系のクレマチスです。

とてもかわいいクレマチスで、ほぼつるを絡ませる場所がなくなりつつある我が家で育てることができるクレマチスは、もはや木立性クレマチスになっているんですよね。あはは。

(;´▽`lllA``


≫ Read More

| クレマチス | 02:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。