++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の憂いのホトトギス




【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草  【花期】9~10月
【原産地】東アジア、インド  【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

この子達、随分増えてしまったので、夏の間に地植えのものはずいぶん抜いてしまったので、今年咲いたのは鉢の中で育ったものがほとんどです。

いくら繁殖旺盛とはいえ、このままでは地植えのものがなくなってしまうかも?しれません。
鉢モノに種ができたら、どこかホトトギスが育って欲しいところに鉢ごと置いておいて、種をこぼしてもらったほうがよいかな。

【PR】 ホトトギスを育てよう♪ at Rakuten

今年の夏に鉢への水遣りの仕方があまりうまくいかなくて、葉っぱがキイロに変ってしまっていたりもしています^^; ごめんね~ ホトトギスちゃんm(__)m

さて、草物盆栽はリンドウとの寄せ植えもあり、そろそろリンドウも満開の時期です。
他に銀杏の木と寄せ植えにしたものもあったりしています。
地植えのものとくらべると、かなり背丈が短くてこじんまりしたカタチになり、小さな鉢に植えたものもなかなかかわいい~のですよ!

≫ Read More

| 多年草 | 00:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白花杜鵑が開花!



【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草  【花期】9~10月
【原産地】東アジア、インド  【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン

我家において、秋を代表する花、ホトトギスが満開です。
こぼれた種からもあちらこちらに出ていて、もしかすると株数でいうとこのホトトギスが一番たくさんあるのかもしれません。

秋、日陰のお庭を飾る強い味方です。
この白色のほかにも、マダラ模様の紫色もありますが、私はやはりこちらの白花のほうがスキ♪
なんとも清楚ではありませんか!

【PR】 ホトトギスを育てよう♪ at Rakuten

地植えと鉢植えの両方で育てておりますが、ほぼ開花時期も同じでした。
ただ鉢植えのほうは、限られた領域で育っておりますゆえ、茎の長さが短くコンパクトです。

≫ Read More

| white::白い花 | 04:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホトトギスの種

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑(ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草
【原産地】東アジア、インド

秋に下草として使ったり、鉢植えにして楽しんでいた「ホトトギス」。いよいよ茶色に変化して、鞘の先端が割れて種がこぼれそうになってきています。

夜間に雨が降ったせいか、湿っていて種に触れてもまだ鞘が割れそうな感じがしませんでしたが、きっともう数日で種がこぼれはじめるのではないかと思います。

ホトトギスは、こぼれダネから発芽し、雑草のごとく増えてしまうので、それはなんとしても阻止したいと思っているんです。
でも白色のホトトギスは株数が少ないので、種を採取しシェードガーデンにばら撒いておこうと思っています!

白いお花は木陰を明るくしてくれますし、秋らしいこの野草が私はダイスキです。

≫ Read More

| タ ネ | 04:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫斑のホトトギス

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑(ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草
【原産地】東アジア、インド

本来はもっと濃い紫色をしているのですが、お写真を撮ったらなんだかちょっと白っぽくなってしまいましたm(__)m この日ってお天気が良すぎたのに露出を調整せずにシャッターを押してしまいました。

先日白花ホトトギスをご紹介したばかりですが、折角紫色のホトトギスも咲いてくれたものですから、ご紹介させてくださいね~
 

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 04:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白色のホトトギス

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)

Tricyrtis hirta - 杜鵑(ホトトギス)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑(ホトトギス) 【英名】Toad Lily
【性状】耐寒性多年草
【原産地】東アジア、インド

日に日に秋めいている感じですね~ 秋の十五夜はまたさらに秋らしい風情があり、澄んだ空気も心地よくなってきました。

秋の山野草たちも最近除除に開花しはじめていて、今日は白色のホトトギスをアップすることにいたしました~

昨年は種を採ったので、白色のホトトギスが増えて、ハンギングにも種をばら撒きしておいたら、そこからもお花が咲いたのが嬉しいです。
春はカンパニュラ主体のハンギングだったのですが、秋は同じモノが和風のハンギングになってます。

ホトトギスは約20種類あるそうですが、そのうち日本原産のものは10種類あるのだそうです。名前の由来は花びらにある斑点模様が鳥の杜鵑(ホトトギス)のお腹の模様に似ているところから来ているそうですが、この杜鵑は白色なので点々模様はありません。でも葉っぱには少しにじんだような斑点があります。

そうしてみると原種のホトトギスは、斑点のある紫色のもので、この白色は園芸種なのかしらん。

≫ Read More

| 秋咲く花 | 04:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のホトトギス

ホトトギス



【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑(ホトトギス) 【英名】Toad Lily

10月に白色と紫色の花を咲かせていたホトトギス。
今ではすっかり地上部は枯れ草になっています。

まだ鞘のなかに種が残っているかしらん?とまさぐってみましたが、すでに種は鞘の中には無く、放出された後でした。


≫ Read More

| タ ネ | 05:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。