++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

増えました!ウスネオイデス^0^

Tillandsia usneoides - ティランジア ウスネオイデスTillandsia usneoides - ティランジア ウスネオイデス


【学名】Tillandsia usneoides
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】スパニッシュモス 【英名】Spanish moss  【別名】エアープランツ サルオガセモドキ クッションモス
【品種名】ティランジア ウスネオイデス(1束分) 1040円
【原産地】熱帯アメリカ~アルゼンチン 
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】2℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】6m 【花色】エメラルドグリーン 【花期】春から初夏  【香り】あり
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 梱包材
【備考】A#010

もじゃもじゃ、アフロっぽい‘ウスネオイデス’は、私の意図にかかわらず・・(^^ゞ
ソーキングのときに離れてしまって、子株となり育っているものがあり、親株のほかに5株に増えております。
一度だけ自分で切り離して、保険をかけておきましたけど。

で、切り離された部分は、↑のお写真のように他のエアープランツたちのベッドがわりに使ったりしています。
まるでアルプスの少女ハイジのベッドのようでしょう~ (^_-)-☆


他の子たちは、1株、2株と数えますが、この子の場合は1束、2束と数えるのが妥当らしい(笑)
このウスネオイデスは1束1040円でしたが、思った以上に大株で、んんん? 大束で長さが40センチほどもありました~
現在は、さらに伸びておりますので、60センチくらいかなぁ~ 二つ折にしてぶら下げてます。

【PR】 スパニッシュモスを探そう! at Rakuten


ヒャッキンで買った‘ブッツィー’は、小さくてとても軽いので、今のところは重みで下に沈むこともなく、まるで空中庭園で優雅にお昼寝しているかのようです。

実は我家では‘ウスネオイデス’は、他の子たちの防寒にも役立っているのです。
この子をお布団にして、冷害にならないようにしてあげたりという使い方もできちゃうのだ!

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 04:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tillandsia usneoides




【学名】Tillandsia usneoides
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】スパニッシュモス 【英名】Spanish moss  【別名】エアープランツ サルオガセモドキ クッションモス
【品種名】ティランジア ウスネオイデス(1束分) 1040円
【原産地】熱帯アメリカ~アルゼンチン 
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】2℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】6m 【花色】エメラルドグリーン 【花期】春から初夏  【香り】あり
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 梱包材
【備考】A#010

着生植物のエピファイト(epiphyte)とは、ギリシャ語の "epi"=上に "phyte"=植物という意味合いがあり、このウエネオイデスも南米の森で柏の木や糸杉に覆いかぶさるようにして生きています。
これらの糸杉などからでるカルシウム、カリウム、マグネシウムなどを吸い取っているらしいのですが、木そのものから栄養を吸い取る寄生植物ではなくちょこっとおこぼれをもらいながら生きているようです(笑)

また熱帯雨林がもたらす雨水に含まれているカルシウム分も好んで吸収するようで、自生地ではかなり大きくなり、日陰にさせてしまったり風通しを悪くさせてしまうので、着生した植物を枯らしてしまうほどの勢いがあるそうです。

しかしながら一方では、このウスネオイデスが固まって大きく成長した場所に、ヘビなどの昆虫やコウモリたちの避難場所になって生き物を守っているらしいです。

また一般名称の‘スパニッシュ・モス’の‘モス’には苔という意味がありますが、見た目が苔のようであるからでしょうが、この子は苔ではないのです。


他の子たちは、1株、2株と数えますが、この子の場合は1束、2束と数えるのが妥当らしい(笑)
このウスネオイデスは1束1040円でしたが、思った以上に大株で、んんん? 大束で長さが40センチほどもありました~
この子にもお花は咲くのかしら? 一体どこから現れるのか、毛糸がこんがらがったような形状のうえ、どこが根っこなのかわからない感じです(笑) というか、そもそも根っこは無いのか?

【PR】 スパニッシュモスを探そう! at Rakuten


生活の中でも様々なシーンで使われているのですが、梱包材になったり、アレンジメントやクラフトの材料としても多用されます。リースを作ったりしてもかわいいですよね。

今回、私は購入したばかりの赤いチリトリの形をしたバケツ(スィエルハング)に入れて記念撮影です。
でもこうして飾っておくには、水遣りが頻繁に必要なこのコにはちょっと面倒かな?と思い、違う管理方法も考え中です。
直射日光を好むため、冬期間以外は屋外で管理したほうがグングン伸びてくれるのかしらん?

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 04:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またもGET!エアープランツたち




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板

ちょうど5倍ポイントセールでしたし(^^ゞ またしても 買ってしまいました~~ 
新たに5種類のエアープランツをゲットです! 今回はcharmさんちでお世話になりました。
メダカが欲しいなぁ~ 流木も欲しいなぁ~と検索していて、ばったりと出あったショップさんだったのですが、エアープランツのお取り扱いもあるではありませんか!
加えて私の好きなコルジリネ‘レッドスター’もあるし、即買いでありました^^;
どうして、私はこうも購買自制力が欠如しているのか! 欲しいと思うと結局手を出してしまいます。

ともかく大事に育てれば無駄遣いにはならないので、がんばらねばっ!
と、今回購入したエアープランツ、チランジアの記録をとっておきます。

以下の五種を入手しましたが、本当はエアープランツの王様‘キセログラフィカ’が一番欲しかったけど、単価が高すぎ^^; この子達を無事育てることができるようになったら入手することにします。
お財布の紐がちぎれかかっているゆえ、効果なものはガマンして、安価なものばかりです。
それでも私にとっては結構清水の舞台からダイビング状態でして・・・

とにかくエアープランツ初心者の私^^; ドキドキするなぁ~ 枯れないでね。お願いm(__)m

まずは上記のお写真のチランジア ストリクタ ハードリーフからご紹介です。この子は730円でございました。

お写真でみるともう少し緑色が強くでているのかしらんと思っていたのですが、そうでもなかったのです。
他の子たちの葉っぱよりもカールが強くでているところも予想と違っていました。
今回入手したエアープランツの中では、コットンキャンディーが一番カールが強いのです。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)Tillandsia var.stricta )は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


さて、この子たち、いつ水遣りしてくれたのかしらん?
梱包が丁寧で、ペーパータオルに包まれたうえ、ビニールの袋または容器に入れられてやってきました。早々に開封できたのでよかったのですが、インターネットでエアープランツを買うときは夏は避けたほうがよいですね。宅配されている間に高温で痛んでしまうこともあるかもしれません。

やはりこのストリクタもお写真にはお花がありましたけど、手もとに届いたものにはお花がさいておりませんでした。
あぁ~お花がナマで見たいわぁ~ Y(=▽=)Y~☆
でもねぇ~ どうもエアープランツというのは一生に一回しかお花をさかせないとか。
その後にできる子株たちにお花は委ねるらしいです。

で、話を戻しますと、触った感じではしっとりしていましたので、霧吹きなのかソーキングなのかは定かではありませんが、恐らく出荷前に水遣りはしてくださっていたのではないかしらん。
と思い、ヒャッキンで売られているようなエアープランツとは違って、それほど脱水症状には陥っていなさそうです。
様子を見ながら、水遣りは開始することにしました!

≫ Read More

| 新しい仲間 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。