++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

種になかなかならないなぁ・・・

Tillandsia var.stricta - ティランジア・ストリクタ(ハードリーフ)Tillandsia var.stricta - ティランジア・ストリクタ(ハードリーフ)


【学名】Tillandsia var.stricta (hard leaf)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 または ティランジア属
【和名】ティランジア ストリクタ 【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ストリクタ ハードリーフ(1株) 【系統】銀葉系 ハードリーフ
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】小型種 10cm 【花期】春~初夏 【花色】アメジスト色 【花苞】桃色
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm 730円 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔
【備考】A#006

育てているエアープランツの中で、昨年お花が咲いてくれたのはこの子だけです。
誠に綺麗な桃色の花序はかわいらしかったなぁ~

で、花後には除除に桃色が減退し、今はすっかり白っぽくなっているのですが、9月に蕾があがってから、すでに4ヶ月も経過しておりますのに、まだシベを覆っていたには、ほんの少しだけごく淡い桃色は残っておりました。

それがここにきて、少しだけ茶色に変化しはじめているようです。

二枚ずつある上部と下部のそれぞれの写真は、11月と1月に写したものなのですが、あまり変化がないでしょう?
本当に動きが緩慢です。、あるいは受粉していなかったりして?


今インテリアとしても大注目♪チランジアスペシャル苗♪ 「ストリクタ・クランプ」 (XXLサイズは、R-Styleさんちで、3,150 円也~

次はこんなふうに株が増え、クランプになった姿に憧れるわぁ~♪

【PR】 ストリクタを育てよう! at Rakuten


私としましては、どうか早くタネになってください!と心の中で懇願しているのですが、なかなかタネらしくなってくれないのです。
もっともティランジアの仲間たちは、タネを作るまでに時間がかかるとは聞いていたのですが、ここまでじらされるとは思っておりませんでした(笑)

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 04:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝開花!ティランジア・ストリクタ




【学名】Tillandsia var.stricta (hard leaf)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 または ティランジア属
【和名】ティランジア ストリクタ 【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ストリクタ ハードリーフ(1株) 【系統】銀葉系 ハードリーフ
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】小型種 10cm 【花期】春~初夏 【花色】アメジスト色 【花苞】桃色
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm 730円 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔
【備考】A#006

前回は9月末に蕾の記事をアップさせていただいていますが、遂にめでたくすっかり満開となりましたので、またまたしつこくご報告です(^^ゞ

蕾はゆっくりゆっくり花序を伸ばしながら、花包をますますキレイな濃いピンク色に変化させながら開き、開ききったころには、本来のお花の部分が藍色になり、よ~く見てみると中には白っぽいシベが見えます!

お~~このお姿が満開か!

初めて間近でみるティランジアの咲きっぷりにもう+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.するばかりのすぅでございます。よって本日はお写真もテンコモリ (^^ゞ

↓はまだお花の部分がシースのように隠れているのもあまり見えない頃の状態です。




↑ この頃はまだアクアゼリーの上に置いて、たっぷり水をあげておりました。

が、どうやらお花が咲き始めたら、水遣りは控えめにして管理するほうが、花持ちがよいらしいので、今度はリサイクルで適当な大きさのバスケットがあったので、ただ放りこんでおります。

屋外での管理も止めて、自室で毎日眺めては「いい子、いい子」と声をかけ、少しでも長く愉しみたいとばかりに、褒めちぎっている私です。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


ティランジアはこうしてお花が咲いたら、その後には通常のお花たちと同じように種をつけるそうです。
またこの親株の周囲に子株を作り、子株が育つと親株は枯れてしまい、そうやって種をパラシュートのように飛ばすか、子株を作りながら世代交代してゆきます。

あぁ~今後この子がどうやって種になってゆくのか、その過程もすごく愉しみ♪
ワタシ的には、この子にはたくさん子株を作って欲しいけど。
種から育てるのは、まだワタシには難しそう~です。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 07:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エアープランツに蕾 Y(=▽=)Y




【学名】Tillandsia var.stricta (hard leaf)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 または ティランジア属
【和名】ティランジア ストリクタ 【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ストリクタ ハードリーフ(1株) 【系統】銀葉系 ハードリーフ
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】小型種 10cm 【花期】春~初夏 【花色】アメジスト色 【花苞】桃色
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm 730円 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔
【備考】A#006

前回の記事を書いた頃には、まったく蕾に気がつかなかったのですが、9月の中旬くらいになんとなく真ん中がぷっくりしているなぁ~と思っていたら、あれれれぇ~~~と見る間に膨らみだして、ピンク色と白色のコンビネーションの蕾が見えてきました!

ばんざ~~いばんざ~~いばんざ~~いばんざ~~いばんざ~~いばんざ~~い

実はこの子、とても丈夫そうだったので、屋外の軒下で管理していたんです。そのためなのか、あるいはアクアゼリーが気に入ってくれたのか、その両方なのか?

または私の水遣りが適量だったのか? (←自画自賛)

もっとも、購入したばかりだったので、生産者の方と購入先のcharmさんちが質の良いものを提供してくださったということですね。ありがとう~~~ m(__)m

そして参考にさせていただいた日本ブロメリア協会会報の記事を書いてくださった方にも感謝! 感謝です!

育てやすそうなので、ストリクタ系のものをもう少し殖やしたいわぁ~と画策中です(^^ゞ
水遣りが好きな私向きとも言えると思います。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


さて、ビー玉の形のアクアゼリーですが、屋外に置いておくと水分の蒸散が早いので、大きさが除除に小さくなってゆくのですけど、室内のものと比べても小さくなってゆくスピードが速いです。
で、使い始めたときよりもオシリがゼリーに浸かっている部分が、ギリギリくらいになっているのですけど、その微妙な感じもきにいってくれたのかも?

なんだかいつもいつもアクアゼリーにオシリがついたままでも根ぐされしちゃうんじゃ~~ないかしらんと思い、時々裏返しにして乾燥させてみたりもしたのですけど、そんな必要もないのかなぁ~

肥料のほうですけど、アクアゼリーにも多少栄養が含まれているのかしらん?
購入してから一度だけ、液体肥料を霧吹きで与えてみたりもしました。やはり肥料を施すと花芽があがりやすくなるのかな?と、なんだか疑問だらけです。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 13:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tillandsia stricta (hard leaf)




【学名】Tillandsia var.stricta (hard leaf)
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 または ティランジア属
【和名】ティランジア ストリクタ 【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ストリクタ ハードリーフ(1株) 【系統】銀葉系 ハードリーフ
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】小型種 10cm 【花期】春~初夏 【花色】アメジスト色 【花苞】桃色
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm 730円 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔
【備考】A#006

さて、今回入手したティランジアのなかでも、とってもお水が好きらしい‘ストリクタ’ちゃん♪
ハードリーフという名前からもわかるように、葉っぱが堅く鱗片(トリコーム)の出方が少ないです。

鱗片は水分を感じると開いて水分を取り込み、乾燥すると鱗片閉じて水分の無駄な蒸散を避けるという働きがあります。  

さて、日本ブロメリア協会会報に掲載された記事を見つけて、このストリクタについておおいにお勉強させていただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
ストリクタには変種があるそうで、基本的には以下のような分類の仕方をされるようです。

Tillandsia stricta Solander
var.stricta (基本変種ストリクタ)
var.stricta forma nivea Leme (品種ニベア)
var.albifolia H.Hromadnik & Rauh (変種アルビフォリア)
var.disticha L.B.Smith (変種ディスティカ)


たぶん、我家のは、もっとも基本的なストリクタだと思われます。
銀葉系に分類されてはいますが、かなり緑色に近い感じ♪ 

ストリクタには葉の柔らかいソフトリーフのものもあるそうなので、次回の狙い目となっております(笑)
この子は他のティランジアと比べましても、ホント葉っぱが硬いわぁ。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


ちゃんとお勉強する前は、お水が大好きであることがわからなかったので、流木の上に鎮座させておりましたが、ミズゴケで管理するくらいが良いようなので、設置場所を移動させ、結局9月からはバブル・ゼリーの上で管理してみることにしました。
お写真(1枚目)がボケてますが、ご容赦のほどm(__)m

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 01:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。