++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踊る♪カプトメデューサエ

Tillandsia caput-medusae - ティランジア カプトメデューサエTillandsia caput-medusae - ティランジア カプトメデューサエ


【学名】Tillandsia caput-medusae
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア カプトメデューサエ(1株) 620円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】銀葉系 型 【草丈】20~30cm 【花期】1~3月 【花色】藤色 【花苞】赤色 チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#009

育てているエアープランツの中でも、その名前がとても面白い、カプトメデューサエ。
ギリシャ神話の中にでてくるメデューサのように、髪をヘビのようにくねらせるのは、いつになるのかと見守っておりますが、ようやくすこ~~~しだけ、くねっとしてきてくれているような感じです。

本当に生育スピードが遅いなぁ~ もっとも今は冬期間で低温のうえ、お水もあまり与えておりませんので、当然のことなのかもしれませんが。


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
チランジア カプトメデューサエも 620円にてゲット。
この子は、葉っぱの数が少なくて縦長。タンクに水を溜める銀葉系です。

【PR】 カプトメデューサエを探そう! at Rakuten


でも購入したときには、葉っぱはどちらかというと垂直で、あまり暴れていなかったのに、少しづつ葉っぱの姿が、よい意味で!、乱れてきているのに、ニンマリ!

その上、木製の花瓶にくっつけているのですけど、どうやら根っこも1本だけですけど、随分伸びてきている様子です。
トリコームの輝きも損なわれることはなく、今のところ低温障害で株元が痛んでいる様子もありません。
~(〃´o`)=3

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早々に・・・バラバラ事件(@o@)




【学名】Tillandsia caput-medusae
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア カプトメデューサエ(1株) 620円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】銀葉系 型 【草丈】20~30cm 【花期】1~3月 【花色】藤色 【花苞】赤色 チェリー色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#019

これほどまでデリケートだったとは!

やっちまいました・・・ _| ̄|○

先日百均で入手したエアープランツの中でもこの子が一番元気だったのですが、私がそそっかしくて、この子をアクアゼリーの中に落としたことに気がつかず、一日中湿った状態にあったようです。

あっという間の出来事で、その時はまだ大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが・・・

バラバラ事件 天に召されてしまいました ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

水遣りの後には、しっかりと乾燥させるというのが大原則なので、あるいは扇風機などを当ててすぐに対処すれば、ここまで重症にはならなかったのかもしれないのですが。


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
チランジア カプトメデューサエも 620円にてゲット。
この子は、葉っぱの数が少なくて縦長。タンクに水を溜める銀葉系です。

【PR】 カプトメデューサエを探そう! at Rakuten


一代目のカプトメデューサエは相変わらず元気にしてくれているのが、救いです。
100円で買った子のほうだったので、少し気持ち的にはダメージは少ないのですけど、高価なエアプラだったなら、私の落ち込みぶりは相当のものだったろうと思います。

これを教訓として、今後は水遣りについて十二分に注意を払いたいとおもいます。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 06:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これまたヒャッキンのカプトメデューサエ No.15?




【学名】Tillandsia caput-medusae
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア カプトメデューサエ(1株) 620円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】銀葉系 型 【草丈】20~30cm 【花期】1~3月 【花色】藤色 【花苞】赤色 チェリー色
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#019

いい加減にして ^^;

という感じでしょうか? またしてもエアプラです(^^ゞ

百均で入手したエアープランツの中でも、この子が一番お得感があったかも!?
エアープランツの購入を考えるにあたり、もっとも欲しいと思っていたティランジアのヒトツが、‘カプトメデューサエ’だったのですが、前回入手したものは、お値段が4倍ほどだったのに、大きさはあまりかわらないのです(笑)

ところで百均ショップで有名なダイソーさんで入手したのですが、入っていた袋には、No.15と印刷されているのですが、品種名の印字は紙のラベルで、「カプトメデューサエ」と上書きされていました。
元々ブルボーサと印字されていたので、以前購入された方は、No.15ですとブルボーサを育てていらっしゃるのでしょう。ダイソーでは20種ほどがうられているのかな?


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
チランジア カプトメデューサエも 620円にてゲット。
この子は、葉っぱの数が少なくて縦長。タンクに水を溜める銀葉系です。

【PR】 カプトメデューサエを探そう! at Rakuten


前回入手したものは、現在古木に木工用ボンドで定着させ、‘フックシー’とのコラボで愉しんでいます。

今回は枕元で愉しめるアレンジにしたいと画策中・・
以前の記事でも言及しておりますが、このカプトメデューサエには、人間の体に良い何かを放出しているようで、就寝中にも癒してくれるらしいのです。

上の写真にあるようにカゴを使ったアレンジにしようかな? 枕元ですと縦長にするよりも、横置きにして転倒しない形で管理してみようかな。リサイクルで使えそうなもの、なかったかしらん?

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はヒャッキンで(^^ゞ




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】ダイソー 【販売元】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板
【備考】A#

あさがおさんのお言葉をお借りすれば「新型熱性ティランジア病」に罹り、ちっとも回復しないワタクシです。

今度は百均ショップへ走りマスタ・・・ ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

わが町にある百均ショップはたぶん全部で3つ。その中でも一番大きなお店へ出かけました。
ダイソーさんちです。

さすがに百円でゲットできるティランジアですので、種類は限られておりますし、状態もよろしくないものも見受けられました。

あぁ~~救ってあげたいっ

ビニールの袋に閉じ込められて、棚に吊り下げられているのですが、どうみてもミイラ化が進んでいるものもあり・・・ もやは絶命の危機が濃厚です。

でも復活できそうもないようなものだけでなく、すんごく元気なものもあります。
やはり乾燥に強い品種はそれなりに環境に耐えているようです。

売られている袋にはナンバリングがあり、ネットでイロイロさがしてみると・・・

No.9.イオナンタ No.10.カプットメデューサ No.11.コルビー No.12.ベルティナ No.13.メラノクラテル No.14.ストリクタ No.15.ブルボーサ No.16.ジュンセア No.17.ブッツィー No.18.オアクサカーナ(ベリッキアーナかも?) No.19.マグヌシアーナ No.20.チランジア(たぶんフックシー)


というところまでわかりました。
私が今回お家に連れ帰ったのは、上記のうち、以下の5種類。
No.10.カプットメデューサ
No.16.ジュンセア
No.17.ブッツィー
No.18.オアクサカーナ ←どうも百円で入手できる品種ではないようで、ベリッキアーナらしい・・^^;
No.20.チランジア ← 漠然としすぎな表記です。

オアクサカーナは、もうほぼ枯れかかっていましたが、連れてかえってみることにしました。
お写真↑の真ん中、一番小さくて、いまにも壊れそうにみえる子です。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)Tillandsia var.stricta )は、先日charmさんちで購入したストリクタにはお花が咲きました~ お写真とほぼ同じ感じです(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


ヒャッキンで購入しなかったものは、さすがにそれなりのお値段と大きさでありますので、ストリクタに関しては、初心者の私の手元でもお花を咲かせてくれたわけです(お写真撮ったらアップします(^_-)-☆)が、百均の子たちは、小さいしぃ~

ちゃんとお花が咲いてくれるかどうか不安。大きく育てられるかしら?
夏から育てているものと品種がかぶっているので、オアクサカーナ以外は育てやすそう~^0^

チランジア カプトメデューサエTillandsia caput-medusae)は、やはり以前 620円てcharmさんちでゲットしましたが、100均で買ったものも同じくらいの大きさでした(^^ゞ この子は、100均で購入して得した感じ♪


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
この子はお気に入り♪なので、またヒャッキンで見つけたら、買ってしまいそうです。
オーラを出すといわれているので、たんまりと枕元に置いて就寝したいと思っているワタクシなのです


それぞれのティランジアの様子はまた改めてということになります。よって10月もティランジア月間になりますゆえ、ご了承くださいませm(__)m

≫ Read More

| 新しい仲間 | 09:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tillandsia caput-medusae




【学名】Tillandsia caput-medusae
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア カプトメデューサエ(1株) 620円
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】銀葉系 型 【草丈】20~30cm 【花期】1~3月 【花色】藤色 【花苞】赤色 チェリー色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#009

エアープランツの購入を考えるにあたり、もっとも欲しいと思っていたティランジアのヒトツが、‘カプトメデューサエ’です。そのネーミングもさることながら、名前負けしないお姿にホレボレ~ ^0^

株元はちょいプクッとしていますけど、ブルボーサのように葉っぱは細くなくて、幅広です。
まだおこちゃまなので、本来の姿ではないのでしょう。あの神話に登場するメデューサほどのヘビ状の形にはなっておりません。


カゴに入れたりして複数を寄せて置くのもよいですね~
チランジア カプトメデューサエも 620円にてゲット。
この子は、葉っぱの数が少なくて縦長。タンクに水を溜める銀葉系です。

【PR】 カプトメデューサエを探そう! at Rakuten


この手のタイプでは、もっとも育てやすい品種のひとつです。
適度な湿度と通気性があれば、問題なく育ち、蒸れにもそこそこ強いようです。
自生地では大木に張り付いているようなので、手元で育てるときにも流木やコルク板などに固定させて育てるのがよさそうです。

ウワサによれば、人間の体に良い何かを放出するチカラに長けているようなので、寝室に置いておく方もいらっしゃるとか。
フィトンチットくらいしか思い浮かびませんが、何を出しているのかしら?
(・_・)......何?光線 (笑)

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 00:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またもGET!エアープランツたち




【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【和名】チランジアティランジア)【英名】 ティランジア(Tillandsia) 【別名】エアープランツ
【系統】銀葉系 
【原産地】熱帯アメリカ ベネズエラ アルゼンチン パラグアイ など
【性状】半耐寒性着生植物   【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【水遣り】10日に1回のソーキング または 3日に一度のミスティング
【購入先】charm
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 素焼き鉢 水苔 流木 コルク板

ちょうど5倍ポイントセールでしたし(^^ゞ またしても 買ってしまいました~~ 
新たに5種類のエアープランツをゲットです! 今回はcharmさんちでお世話になりました。
メダカが欲しいなぁ~ 流木も欲しいなぁ~と検索していて、ばったりと出あったショップさんだったのですが、エアープランツのお取り扱いもあるではありませんか!
加えて私の好きなコルジリネ‘レッドスター’もあるし、即買いでありました^^;
どうして、私はこうも購買自制力が欠如しているのか! 欲しいと思うと結局手を出してしまいます。

ともかく大事に育てれば無駄遣いにはならないので、がんばらねばっ!
と、今回購入したエアープランツ、チランジアの記録をとっておきます。

以下の五種を入手しましたが、本当はエアープランツの王様‘キセログラフィカ’が一番欲しかったけど、単価が高すぎ^^; この子達を無事育てることができるようになったら入手することにします。
お財布の紐がちぎれかかっているゆえ、効果なものはガマンして、安価なものばかりです。
それでも私にとっては結構清水の舞台からダイビング状態でして・・・

とにかくエアープランツ初心者の私^^; ドキドキするなぁ~ 枯れないでね。お願いm(__)m

まずは上記のお写真のチランジア ストリクタ ハードリーフからご紹介です。この子は730円でございました。

お写真でみるともう少し緑色が強くでているのかしらんと思っていたのですが、そうでもなかったのです。
他の子たちの葉っぱよりもカールが強くでているところも予想と違っていました。
今回入手したエアープランツの中では、コットンキャンディーが一番カールが強いのです。



【PR】お手軽育成!!●チランジア ストリクタ ハードリーフ(1株)Tillandsia var.stricta )は、こうしてお写真でみるとクルクマのようなお花ですね~
今回はじめてcharmさんちでお世話になりました(o^-')b

エアープランツを探そう! at Rakuten


さて、この子たち、いつ水遣りしてくれたのかしらん?
梱包が丁寧で、ペーパータオルに包まれたうえ、ビニールの袋または容器に入れられてやってきました。早々に開封できたのでよかったのですが、インターネットでエアープランツを買うときは夏は避けたほうがよいですね。宅配されている間に高温で痛んでしまうこともあるかもしれません。

やはりこのストリクタもお写真にはお花がありましたけど、手もとに届いたものにはお花がさいておりませんでした。
あぁ~お花がナマで見たいわぁ~ Y(=▽=)Y~☆
でもねぇ~ どうもエアープランツというのは一生に一回しかお花をさかせないとか。
その後にできる子株たちにお花は委ねるらしいです。

で、話を戻しますと、触った感じではしっとりしていましたので、霧吹きなのかソーキングなのかは定かではありませんが、恐らく出荷前に水遣りはしてくださっていたのではないかしらん。
と思い、ヒャッキンで売られているようなエアープランツとは違って、それほど脱水症状には陥っていなさそうです。
様子を見ながら、水遣りは開始することにしました!

≫ Read More

| 新しい仲間 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。