++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小さな鉢で育てるテリハノイバラ

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)
【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 
【撮影】2010年7月4日


そういえば!我家にはこの子のほかには、今のところ白色のバラは名前不詳のハイブリッドのスプレーローズが1本あるだけです。

このテリハノイバラは、素焼きの鉢で管理しており植え替えもせず二年目に突入させてしまいました^^;
なのに、ちゃんと開花してくれた丈夫なバラであります。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

桃色のお花を咲かせるものもあるのですね~ 小型の屋久島テリハノイバラも気になります!
そしてたしか斑入り種もあるんですよね~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


チュウレンバチの幼虫が孵化しているしているのに気がつかず、あやうくすべての葉っぱが食べられそうでしたが、なんとか撤去することができまして、1本の花茎の葉っぱは無くなってしまいましたが、蕾は下の写真のように無事でほっ。

華やかなバラと比べると、地味ですけど小さな鉢で育てることで、さらにそのかわいらしさが増幅!
けど、施肥もせず、マルチング代わりに植えているウメバチが鉢を覆っていて、花数は10輪ほどでしょうか。
半減してしまいました^^;

≫ Read More

| バ ラ | 04:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨーグルトでアンティークに!?




【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 

大きくなってしまうので、鉢管理しているテリハノイバラも7月中旬までには咲き終わりました。
小さい鉢なのに、思いのほか伸びて、さすがはテリハノイバラちゃん、頑張るわぁ~
場所さえあれば、壁に這わせたいところですが、今の我家の状態ではちょっと無理^_^;

ハンギングで育てていたテリハノイバラでしたが、冬に素焼きの鉢に植え替えました!
苔むして、なかなか渋い感じの鉢になっておりますでしょう~ ・・ヘ(^o^)/
この鉢には特に何も施していないのですが、自然と鉢に苔がまわってくれたんですよ~

裏ワザとして、素焼きの鉢にヨーグルトを塗っておくと、新しい鉢も一気に年代者の鉢になってくれるそうです。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


ちょっと残念なのは、黄金色のシベがあっという間に茶色へ変化してしまうところですが、それでもごく小さな苗を求めて育て始めてから、二年目に咲いた花は二十個ほどはあったでしょうか。
限られた鉢の中で蔓を伸ばしこれだけ咲いたのは驚きました。

最盛期のときには、鉢の大きさとちっともマッチしていなくて、見ていてかわいそうなほどでした。
ツルバラを盆栽のように仕立てるのは難しいのでしょうが、この子のことはなんとか鉢植えでこじんまりとした姿を愉しみたいと思っているのです。

≫ Read More

| バ ラ | 01:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テリハノイバラの挿し芽

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)
 今日の一句 「幼苗に 心託して 秋の暮れ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)

パソコンが壊れてしまって修理に出して降りましたり、諸般ございましてほぼ2週間ブログをお休みさせていただいてしまいました。
昨今、2週間もお休みしたということは無く、折角お残しいただいたコメントにお返事が出来なかったこと、またブログへも伺えなくて本当にすみませんでした m(__)m 記事のほうは予約タイマーの機能を働かせておりましたので、勝手に進行しておりましたが、自分はその記事を読めないという日々。この2週間というものほんとうにストレスでした・・・

12月に入り、今日からは通常の生活に戻れそうです^^ 勝手なことを申しますが、またよろしくお願いします(o^o^o)

さて、今日は9月に入手したテリハノイバラの苗は、超マイクロミニで未だに10センチほどの高さにしなかっていないのですが、10月に挿し芽をとって地面にぶっつりと挿しておいたものが、この子です。

二本くらいは保険をかけておきたかったのですが、親株のほうがまだまだ幼苗ですので、一本だけとっておきました。

11月になってこの状態ということは、ほぼ根付いてくれたような感じです! ヽ(*^^*)ノ ただこれから冬を迎えますし、まだまだ油断は大敵です。

なぜここに挿し芽をしておいたかと申しますと、この子を花壇の淵どりにしたかったのです。仕立て方として、横に這わせるようにして花壇に用いることができるとものの本に書いてあったので、やってみることにしました。

≫ Read More

| バ ラ | 03:04 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

白花テリハノイバラ!

Rosa wichuraiana Crp. - テリハノイバラ(ローサ ウクライナ)

Rosa wichuraiana Crp. - テリハノイバラ(ローサ ウクライナ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本 
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)

このテリハノイバラは先日購入した「紅花岩絡」と一緒に購入したものです。はなだてさんでみつけたんのです。盆栽や苔玉などを扱っているのですが、私ははじめてのおつきあいです。これまで購入したネットショップのなかでは、苗の育て方や用土などにすごくプロ意識を感じました。梱包も丁寧でした。

小さい苗ですし、200円と安価でしたのでお花は期待していなかったのですが、超マイクロミニな苗にお花が咲いてびっくりしました。はなだてさん、ありがとう~♪

テリハノイバラは一本の花茎にお花がひとつ咲くのですが、これがまた小さい苗なのに見事にしっかりとしたお花が咲いてくれました。私はテリハノイバラは春に一度だけ咲くと理解していたのですが・・・。
四季咲きでしたっけ?これもプロのなせる業なのかしらん。弟子入りしたいです。

もう一つの楽しみは花後。まだ小さい苗ですので実をつけさせたりするつもりはありませんが、ゆくゆくはその赤い実をつけてくれるのも楽しみです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そもそもバラって・・

ピエールドロンサール

ピエールドロンサール
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

ようやく暑さが一段落してくると秋に咲いてくれるバラたちが気になりだしてきます。上の写真はピエールドロンサールですが、ツルバラなのに三度繰り返し咲いてくれました。

バラについては、いまだに頭のなかでいろんなことが整理されずにいるので、きちんと勉強しなくては!と思っているのですが、なかなか・・・

というわけで、今日は「私のためのバラ講座」です!
少しづつですが種類が増えてきたので、管理のための覚書としてメモをとることとしました。もし読んでいただいて、何か間違ってるよ~~という点がありましたら、是非ともコメントしていただけるとありがたいです。 他力本願ですみません。m(__)m

【バラというもの】

南半球にはバラは自生していないのですね。ちょっとオドロキました。寒帯から熱帯地域にまで分布しています。 世界に約200種があり、毎年作出されている品種は枚挙にいとまなし。(^_^;)

園芸品種としては、学術的には以下の8種があるそうです。

ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)(Rosa mulitiflora)
ロサ・ウィクライアナ(R. wichuraiana )
ロサ・モスカータ(R. mosscata)
ロサ・キネンシスまたはシネンシス(R. chinensis)
ロサ・ギガンティア(R. gigantea)
ロサ・ガリカ(R. gallca)
ロサ・ダマスケナ(R. damacena)
ロサ・フェティダ(R. foetida )

(R.とあるのは、Rosaのことです。バラであることが分かりきっている場合、R.と短縮されます。もっともこれはバラ科だけではありません。同じ科の植物が連続して記載されるときはコンマを使って省略の形をとります。)

また上記のほか品種改良に使用された原種には以下の二種類があります。
ロサ・アルバ(Rosa alba)
ロサ・ケンティフォリア(R. centifola)

【作出年によるバラの種類 - Category】

■原種 Wild Roses
前述の品種改良に使用された品種以外にも世界各国にいわゆる原種といわれているシンプルな形のバラが多数あります。

■オールドローズ Old Roses 1866年以前
1867年に発表された「ラ・フランス」より前の品種。野生の原種であるワイルドローズを含めるときと、含めない場合があるそうです。
なんだかややこしい~(;´▽`lllA``

主な系列としてガリカ、ダマスク、アルバ、ケンティフォリア(センティフォリア)などがあり、優雅な花形に豊かな香りが特徴。オールドローズには一季咲きの品種が多い。

■モダンローズ 1867年以降
「ラ・フランス」以降のハイブリッド・ティー系(HT)、フロリバンダ系(FL)など。現在一般的に見られるもので、主として四季咲き性、華やかな花形と色彩が特徴である。

・ハイブリッド・ティー系(HT)
1867年にフランスのギョーがハイブリット・パーぺチュアル系の「マダム・ビクトル・ベルディエ」を母にティ系の「マダム・ブラビー」を交配し「ラ・フランス」を作出、これがモダンローズの第一号でこの花が革新的な存在のバラとなり、品種改良が一層進むことになりました。
「ラ・フランス」は冬を除けば一年中花を咲かせる「四季咲き性」を持つバラは皆の憧れだったのですよね~。
その後英国のベネットが、ティ系「デボ二エンシス」とハイブリット・パーペチュアル系「ビクトール・ベルディエ」を交配し、「レディ・マリー・フィッツウィリアム」を1882年に作出、この品種以降、新しいバラの系統として「ハイブリット・ティ」系が生まれます。

・フロリバンダ系(FL)
デンマークのポールセン兄弟は「ドワーフ・ポリアンサ系」の花を大きくし、北ヨーロッパの寒さに耐えれる品種の作出。

ポールセン・ローズ

ポールセン・ローズ
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

上の写真は現在我が家で咲いてくれているポールセンの黄色のバラで、今年土に下ろしたばかり、鉢植えのときにはかなり小さなお花だったのですが、土におろしたとたんに巨大化してしまいました。栽培する環境でお花の様子や株全体の形状にはかなりの差がでます。

1911年にポリアンサ系の「マダム・ノババード・レババースル」とランブラー系の「ドロシー・パーキンス」を交配して「エレン・ポールセン」を作り出しました。1924年にはポリアンサ系の「オルレアンローズ」とハイブリット・ティ系「レッドスター」の交配で「エルゼポールセン」「キルステンポールセン」などを作出し、以降これらが「ハイブリット・ポリアンサ系」となります。
その後、アメリカのブーナーなどがこれらの改良を続け、この系統は「フロリバンダ系」となります。
さらにドイツのコルデスが1940年に「ピノキオ」を発表。ブーナーがこれに追随して「レッド・ピノキオ」「ラベンダー・ピノキオ」を発表しこれがフロリバンダ系の完成と言われるようになりました。

フロリバンダ系の改良は色の多様性を求めることに重点がおかれ1944年にはドイツのタンタウが「フロラドラ」、1949年ブーナーが「マスケラード」を、また1951年にコルデスが「インデペンデンス」が作出。「フロリバンダ系」は切花ではスプレーバラとして利用されるようになります。またハイブりット・ティとの交配も進められています。

・グランディフローラ
・ラージ・フラワード・クライマー
・ミニチュア
・ポリアンサ
・ミニフローラ
・シュラブ
・ハイブリッド・コルデジー
・ハイブリッド・モエシー

■イングリッシュローズ English Roses 
1969年にデビッド・オースチンが発表した、オールドローズとモダンローズの特徴を合わせ持つ新たな系列で、モダンローズに含められる場合もあります。

【系統一覧】
四季咲大輪系(HT)  
四季咲中輪系(FL)  
つるバラ系(CL)   
ミニアチュア系(Min)
修景用バラ  
アンティークタッチのバラ  
オールドローズ [さらに細かく分類されたものが以下の一覧です。]
・アルバ
・エアシャー
・ブルボン
・ケンティフォーリア
・キネンシス または シネンシス
・チャイナローズ
・ダマスク
・ガリカ
・ハイブリット 
・ムスク
・ハイブリット・パーペチュアル
・ハイブリット・ムルティフローラ
・モス
・ノアゼット
・ポートランド
・ランブラー
・ルゴサ
・ティー
・ワイルドローズ
など

【作出者 Bred By・・・】
交配者としても良いですが、バラは交配して新しい品種が生まれてゆくので、誰の手によるものなのかも記録されます。

さて、バラがどのような系統で分類されているかということは、前述の通りですが、バラを育てるときにはその樹形を見て植えつける場所などを決めなければ、本来のバラの姿を楽しむことはできません。

【樹形によるバラの種類 - Size】
バラを選んだり、植えつけるときにもっとも重要なのが、樹形や樹高です。つる性のものを鉢植えにしても、本来の姿を楽しむことはできないのです。新苗を購入するときには、とても小さいのでそのバラが成長するとどんな姿になるのかは分からないですから・・・

■ブッシュ タイプ(立木)Bush Roses 

■シュラブ タイプ(半つる性)Shrub Roses

■クライミング タイプ(つる性) Climbing and Rambler Roses

■ミニチュアローズ Small Roses または Miniature

■スタンダード  Standard またはTree Roses

■パティオ ローズ Patio Roses


【咲く時期によるバラの種類 - Repeating】

■一季咲き・・・春に開花し以降は花をつけない
■四季咲き・・・冬以外通年開花
■返り咲き・・・春がメインで開花し、春以降不定期に開花

ポイント!
四季咲きは通年咲くといっても草花のようにずっと咲き続けるのではなく、春に咲いた後少しずつ何回か花を繰り返し、秋まで咲く程度です。四季咲きのバラの花がもっとも美しいのは秋です!四季咲きのバラは年中だらだら咲かせるよりも、春と秋に限定して咲かせ、夏などの花は蕾から落としてしまうほうが秋の花を何倍も楽しめます。四季咲きのバラがもっとも美しいのは秋です!年中花を咲かせると、花を咲かせるのに樹がパワーを取られるため、秋の花の魅力も半減してしまうからです。


【花弁の数による分類 - Flower Type】
一重咲き Single
二重咲き Double
半八重咲き Semi-double
八重咲き Full Bloom

【花型による分類】

花の形にもイロイロあって、バラを選ぶ時には咲き方と花の色によって、決める方も多いと思います。

平咲き
カップ(盃状)咲き
ロゼット(多芯)咲き
クオーター咲き
ポンポン咲き
剣弁高芯咲き
半剣弁高芯咲き
丸弁抱え咲き

【お花の色 - Colour】

・アプリコット色(Apricot)
・桃色(Peach)
・オレンジ色(Orange)
・銅色または褐色(Copper)
・二色咲き(Bicolour)
・濃いピンク(Deep Pink)
・薄いピンク(Light Pink)
・中間色のピンク(Medium Pink)
・ライラック色(Lilac)
・ラベンダー色(Lavender)
・紫色(Purple)
・青色(Blue)
・赤色(Red)
・深紅色(Crimson)
・バーガンディー色[暗赤色](Burgundy)
・ストライプ(Striped)
・白色(White)
・クリーム色(Cream)
・黄色(Yellow)

などなど・・・

【香り Fragrance】

バラには香りのあるものと無いものがあります。
私は香りが良く日陰にも耐えやすいといわれていることを知って、フンショウロウをゲットしましたが、本当にステキな香りでした。
お花の姿などはお写真でも知ることができますが、香りはインターネットで届けることはできないので、育てているものしか体験できませんね。

≫ Read More

| 品種・栽培方法 | 04:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。