++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のツルバラ‘モーツァルト’



【学名】Rosa ‘Mozart’
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】モダンローズModern Roseハイブリッド・ムスク系HMsk
【開花時期】四季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】大型シュラブ系 
【英名】Mozartツルバラ モーツァルト
【花色】ライトピンク【樹高】240~360cm【花径】小輪系 3cm
【購入元】従兄弟から挿し芽をもらったものです
【交配】Robin Hood × Rote Pharisäer 
【作出者】Peter Lambert (ドイツ) 1937年
【品種名】モーツァルト

我家で一番株数が多いのは、この‘モーツァルト’。
なのに、案外記事にしている回数は少なかったのでした。

秋はお空が高く見えますよね~ この子も天高く薔薇肥ゆる・・・ (馬ではなくて(^^ゞ)
もう誘引するのが面倒になってきてしまって、生垣と同じくらいの高さに剪定し、寄りかかるようにして生きてもらっているツルバラです。

一般的に水平に誘引しないと花つきが良くならないといわれる薔薇ですが、この子の場合には結構枝垂れるように茎が伸びて、たくさんのお花をちゃんと咲かせてくれます。もっとも春ほどの量ではありませんが。

夏に一度ガッツリと剪定したのですが、それでも尚、秋咲きの薔薇はキレイに楚々とした感じで咲いてくれてます。

【PR】 ツルバラを育てよう♫ at Rakuten

この薔薇は園芸をはじめたばかりの頃に、いとこから挿し芽をもらったものを、さらに挿して増やしたのですが、台木などなくてもとても丈夫に育ち、幹の部分も私の手首ほどにもなっているような子もいるのです。
チュウレンバチなどの被害がかなりありますけれど、アヤツラの攻撃に負けずに頑張って咲いてくれてます。

≫ Read More

| バ ラ | 06:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーツァルトの赤い実

Rosa ‘Mozart’ - ツルバラ ‘モーツァルト ’

Rosa ‘Mozart’ - ツルバラ ‘モーツァルト ’
 今日の一句 「冬空に 映える真紅の 薔薇の実よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa ‘Mozart’
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】モダンローズMorden Roseハイブリッド・ムスク系HMsk
【開花時期】四季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】大型シュラブ系 
【英名】Mozart
【花色】ライトピンク【樹高】240~360cm【花径】小輪系 3cm
【購入元】従兄弟から挿し芽をもらったものです
【交配】Robin Hood × Rote Pharisäer 
【作出者】Peter Lambert (ドイツ) 1937年
【品種名】モーツァルト

なかなかその赤い実を記事にできませんでしたが、ようやくお写真が撮れましたので、今日はモーツァルトのローズヒップをご紹介です。

実がなってきたなぁ~と思って写真をとるのを楽しみにしていると、次に見てみると実が無くなっていたりして・・・ 小鳥が食べてしまうのか、自然と実が落ちてしまうのかよくわからないのですが、それでなくても少ない赤い実でしたので、なかなかチャンスに恵まれなかったのです。

直径は1センチにも満たないほどの小さな赤い実です。

≫ Read More

| バ ラ | 03:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘Mozart’という薔薇

Rosa ‘Mozart’

Rosa ‘Mozart’



【学名】Rosa ‘Mozart’
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】モダンローズ(Morden Rose) ハイブリッド・ムスク系(HMsk)
【開花時期】四季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】大型シュラブ系 
【英名】Mozart
【花色】ライトピンク【樹高】240~360cm【花径】小輪系 3cm
【購入元】従兄弟から挿し木してもらいました
【交配】Robin Hood × Rote Pharisäer 
【作出者】Peter Lambert (ドイツ) 1937年
【品種名】モーツァルト

そもそも従兄弟から切花としてもらった枝をぶつぶつと地面に挿しておいたのが始まりのモーツァルトですが、我が家で一番の古株で、もっとも株数も多く、なかば生垣のようになっているのがこのバラです。

今年はあまりにも大きくなりすぎてしまったこのバラを6月に大胆な剪定をしたのですが、今年のすさまじい暑さの中でも咲き続け、春から今まで絶えることなく咲き続けています。恐るべし!ここまでの剪定に耐える品種だったとはと、感心しきりの私です。

とにかく強健でむしゃむしゃとチュウレンハバチに食べられても、多少お薬散布をサボっても元気に育ちます。

このバラは、枝ぶりが細いので、トレリスにも誘引しやすいし、鉢植えでも管理できます。

お花はピンクで、系統はハイブリッド・ムスク、Robin Hoodとハイブリッド・ティーのRote Pharisaerとの交配により1937年ドイツで生まれました。名前からするとオーストリア産なのかと思っていたのですけど、ドイツ生まれでした。

お花の感じが似ているバラに‘バレリーナ’(1937年ベントールが公表)があります。公表された年も同じなのでほとんど双子同然に見えますが、バレリーナよりも桃色が濃いのが特徴です。他にも‘マジョリー・フェア’に似ているのですが、お花は‘モーツァルト’のほうが小ぶりです。

≫ Read More

| バ ラ | 03:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。