++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズの二番花

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年8月13日


6月の数え切れないほどのお花を咲かせていた‘プリンス・チャールズ’ですが、8割がた咲いたところで、蔓を切り戻しておきましたところ、2ヶ月後には二番花がまたしてもワンサカ満開です!

二番花ですし、夏の暑さのせいでしょうか、お花はどうしても小ぶりになっちゃうのですけど。

やはりビチセラ系は、夏の暑さにつよく多花性なので、何度もお花が楽しめますね(^_-)-☆
今年は消毒もそこそこマメにしてあげましたので、さび病もちょこっと発生しただけで、なんとか現在の姿を保持しております。お写真でみると、少しだけ葉っぱに黄色の変色が見られますよね? これがサビ病です。

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


後ろ姿もいい感じ♪ まだまだスタンバイしてる蕾も沢山あります。
そろそろ吹く風も秋めいてきていて、植物たちもホッとしていると思うのです。花が咲く期間も少し長めになってくれるのではないかしらん。

≫ Read More

| クレマチス | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年はちょっとびょ~~ん?チャールズ君

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年6月9日


一番のお気に入り♪といってもよいでしょうか。‘プリンス・チャールズ’が満開です!

でも、どのクレマチスも甲乙つけがたく、一番ともいえないか。ともかく今年も元気に咲いてくれたのが嬉しい~~\(*^▽^*)/ 最近、あまり踊っておりませんでしたが、久しぶりに小躍りです。

ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス

我家では一番花数が多いのは、半鐘蔓とかモンタナ系のクレマチスですけど、この時期に咲くクレマチスの中では、この子が一番たっぷり花数をつけるのです。
今年は水遣りが多すぎたのかしらん? これまでより花首のほっそりとした茎の部分が長くなってしまっていて、その分、あまりお顔が見えないのが、玉に瑕です(^^ゞ

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


実は、プリンス・チャールズには白花の品種もあるので、次回は白色の子も欲しいわぁ~と狙っているのです。
両者のコラボを想像すると、想像しただけでうっとりとしてしまいますね~
鉢植えのまま、二種を植え込んでもかなりいい感じになるはずです♪

≫ Read More

| クレマチス | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライト・ブルーのクレマ!




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチス‘プリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、昨年の鉢植えと同様か、もしくはもっと蕾をもっているように見えます。

いよいよ一輪目が開き始めると、堰を切ったように皆が競争して咲き始めます^0^

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪
もちろん、すぅめの小躍りダンスはいつにも増して・・・(^^ゞ


【PR】クレマチス ’プリンスチャールズ’は、おぎはら植物園さんちで、525円也~
ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!


ホントに地植えが成功してよかったぁ~~ 冬場には地上部が完全になくなりますし、ともうしますか、がっつりと剪定しておきますゆえ、芽吹くまでも心配ですし、地植えにした場所を気に入ってくれたかも心配だったのです。

≫ Read More

| クレマチス | 02:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズ君♪




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチス‘プリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、どうやら大丈夫みたいです。

よかったぁ~~

でも春の芽吹きまではまだまだ安心できませんけど。

【PR】ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!

地上部に残っていた蔓もこの冬の剪定時期、ちゃんと剪定し、石灰硫黄剤も散布して、地面も消毒しておきました!でも本当はあともう一回散布すべきなのですよね。
あまりにも寒かったり、風が強かったりしている日が多くて、なかなか冬場の作業が進みません(;´▽`lllA``

≫ Read More

| クレマチス | 03:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャールズ王子と二度目の逢瀬!



【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

一番花が咲き終わってから、全体を1/3程度まで剪定しておいたクレマチス‘プリンス・チャールズ’に二番花が咲き始めました♪

実は若い苗でしたし、もともと今年が初開花とだったので、二番花にはあまり期待していなかったのですが、いまのところ全部で10個ほどが咲いており、お花の大きさも一番最初に咲いたものとほぼ同じ。
やっぱりかわいいお花です。

よくよく考えたら、我家には大輪系と呼ばれるクレマチスは無く、ほとんどが中輪系からごく小さいものに類されるクレマチスばかりです。

【PR】ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!

この子は、二日前にご紹介した‘ヘンダーソニー’よりもさらに淡い色のブルーというか紫色というか、やさしい色のクレマチスですが、本当に花つきがよいクレマチスだわぁ~という感想です。
今年鉢植えで管理していますが、この子が壁一面に咲くような仕立て方が出来たなら、どんなにか素敵でしょう~ ^0^ と早くも来年の咲かせ方に思いを馳せてしまいます。

≫ Read More

| クレマチス | 03:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンス・チャールズが満開!

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「王子様 涼しげに咲く たくさんの 花に見とれて これぞ イケメン」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C011

今年初めて我家で咲いてくれたこの‘プリンス・チャールズ’は、20個ほどの花を満開に咲かせてくれ、玄関先を彩ってくれています!
この子は鉢植えで管理しているので、鉢管理の下手な私は非常に心配していたのですが、無事の初開花であります。なんて麗しきプリンスチャールスちゃん!こんなにも花つきが良い品種だったのね~

想像していたよりも花の大きさは少し小さいのですが、ライト・ブルーの和紙っぽい質感と、透明感は絶品であります!



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは一年生苗で525円でありました(^^ゞ
まめに誘引をしてあげたこともあるのか、たくさんのお花が咲いてくれています。
オススメの一品ですよ~~~ y(^ヮ^)y


足元にラミウム‘アルバ'を配置しているのですが、コノ子達もまたかなり成育よろしく元気モリモリで、この子たちのコンビネーションもまた気に入っております。下草があるために、過剰な乾燥から守ってもらえているのかもしれません。

ただ、用意したトレリスの高さを少し超えるほどになったところで、ツルは伸びるのを辞めてしまいました。もっと長くなってくれるのかなぁ~と想像していたんですけど。

≫ Read More

| クレマチス | 19:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンス・チャールズが始動!

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 今日の一句 「ラミウムと 一緒に悦ぶ 新芽たち ぐんぐん伸びよ 花咲かそ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

この子は鉢植えで管理しているプリンスチャールスちゃん!
足元にラミウム‘アルバ'を下草にして、他にもオダマキの萌芽がみられるクレマチスの寄せ植えバージョンであります!

新しく出てきた芽は昨年購入したときのまま、深植えにしておきましたところ、地中からも新たにもう一本の元気のよい芽も現われてくれて、トレリスの高さがぜんぜん足りないっとうれしい悲鳴の春であります。

産毛に守られた新芽はあっという間に黄緑色の葉っぱに変貌してゆき、ぐんぐん伸びているのです。



←おぎはら植物園さんちで入手しました!
プリンスチャールズは二年生苗だったとキオクしていたのですが、一年生苗で525円でありました(^^ゞ


初めて育てるビチセラ系ですので、このような姿になってくれるまではハラハラ・ドキドキでありました。

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 3月上旬に撮影。ちょこっとだけ芽が動いている感じが見てとれます!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



3月に芽が動きはじめているのを発見したときに、記念撮影した写真です。
上の写真は3月上旬のもので、下の写真は下旬のもの。

Clematis Viticella 'Prince Charles'

Clematis Viticella 'Prince Charles'
 3月中旬に撮影。やっと緑色しはじめてきてます!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



芽がでて、膨らんでぇ~ ♪ のメロディーが頭の中を駆け巡ったころであります。
今のところ、蕾の姿は確認できておりませんが、初開花が今から楽しみ!
他に青色の花が咲くクレマチスは、マクロペタラ系の‘ブルーダンサー'がありますが、この子も優しい色あいの青色の花を咲かせます。
早春に咲くマクロペタラ系のクレマチスが咲き終わってから、バトンタッチでお花が咲くものが欲しいと思い、入手したのです!

そのほか、この王子様と一緒の時期に咲いてくれるはずの‘ヘンダーソニー'も忘れてはならないっ。考えてみたら、最近は青色と白い色のクレマばっかりに目が向いている私です。

鉢植えですので、適度な水遣りと施肥。開花まではこの二つと蔓の誘引作業にがんばるぞぉー


ビチセラ系の育て方

■植え付け
ふかふかな土を好みます。水はけ、水もちともに良い用土に植えつけます。pHは6~7ぐらいの弱酸性から中性が適しています。

■水やり
地植えの場合、不要です。あまりにも乾いてしまっているようなら様子をみて水遣りします。午前中に与え夕方や夜は与えません。

■施肥
夏場はあまり与える必要がありません。芽出しの頃、と秋に与えます。液体肥料の場合は定期的に施すほうが生育具合が良いようです。

■増やし方
挿し芽をとって殖やすことができます。適期は春です。

■剪定
開花後、今年伸びた枝の3分の1を残して強剪定します。剪定後一ヶ月ほどすぎると二番花が咲きます。二番花の後も切り戻すことでくり返しお花が楽しめます。10節ほどのびて開花します。
休眠期には、充実した芽だけを残し、地際から4~5節残して強剪定します。






| クレマチス | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビチセラ系‘プリンス・チャールズ’

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ系 ‘プリンス・チャールズ’

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ系 ‘プリンス・チャールズ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis Viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年

昨日に引き続きまして、またもクレマチスの登場です!そしてまたもやお花の姿はナシ!です。
今年の秋に入手した株のなかでも来年の開花をヒジョーに楽しみにしている苗の一つです。

ビチセラ系とは南ヨーロッパやアジア南西部に自生する‘ビチセラ’から作られた改良種全般を呼びます。お花の大きさは中~小輪で根っこから10節ほど伸びたところの節節で開花します。蕾は下向きですが、開花とともに上向きになってゆき、花びら(ガク)が開くと受け皿のような形になります。

一般的にはフェンスや支柱に誘引させますが、この子はグラウンドカバープランツしても使えるそうです。

10節ほど延びた茎にお花を咲かせるところがテキセンシス系に似ているなぁと思っておりましたら、以前はテキセンシスに分類されていたのですね。

私は一昨年だったか‘ロゼア’を入手したのですが、地植えにして枯らしてしまったようで、今回の入手はリベンジです。色あいもブルー系として再出発です。

生きているのか死んでいるのかわからない私も私なのですが、どうもテッセンのお隣に地植えにしたものがロゼアのようにも見えるのですが、鉄線の芽にも見えたりして・・・ お花が咲かない限りよくわからないのです。いずれにせよ、それが‘ロゼア’だったとしても、お花が咲いてくれなかったということであれば、それは失敗!であるわけです。

私はすぐに保険をかけたくなる性質なので、あちこちにブツブツ枝を挿して置いたりするため、忘れたころにバラとかクレマチスの芽がでていたりするんです(^^ゞ

≫ Read More

| クレマチス | 05:02 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。