++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大成功のクリスタル♪

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタル・リリー’Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタル・リリー’

【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物
【撮影】2010年6月9日

オシベを排除してしまっているために、ちょっと間の抜けたようなお顔になってしまっていますけれど、鮮やかなオレンジ色のクリスタル・リリーが咲きました。
この子は、昨年の秋に別の場所からツルバラ‘ジュリア’の株元に植えたものです。
植えたときには、何色の百合が咲くのか、わからなかったのですけど、ここはバラの肥料がたっぷり仕込まれているせいか、とても大振りでりっぱな百合が育ちました。

花ゆり球根 特大球 カサブランカ

花ゆり球根 特大球 カサブランカ

価格:2,820円(税込、送料別)



今年はカサブランカの状態がよろしくありません・・・
クマガイソウを植えつけるときに、ざっくりとやってしまいましたし、追肥やマルチングを忘れてしまったりしたため、正直な植物たちは、私の愛情とお世話に比例させたお花の大きさや咲き方です(^^ゞ

【PR】 百合を球根から育てよう! at Rakuten


さて、下の三枚のお写真は、4月中旬ににょっきりと頭を出したときの様子です。
このとき、あまりに大きな芽だったので、とても驚いた記憶があります。

≫ Read More

| ユリ | 05:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユリの最後は高砂百合




【学名】Lilium formosanum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】高砂百合タカサゴユリ) 【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 【花期】8月 【草丈】
【用途】地植え 鉢植え 切花

ずっと昔から家人が‘テッポウユリ’と呼んでいたので、疑いものなく‘テッポウユリ’だと思っていたのですが、どうやらテッポウユリは開花が6月、一方タカサゴユリは8月・・・

ということは、この子はテッポウユリではなくタカサゴユリだったようですm(__)m
でも一般的にはテッポウユリという呼び方をされているのでしょう。ネットで検索しても高砂百合という名前でヒットする苗の数は少ないなぁ~

【PR】 テッポウユリを探そう! at Rakuten


以前はたくさんあった高砂百合たちでしたが、百合の取り扱いに未熟な私が園芸を始めたばかりのころに乾燥気味のところに移植してしまったために数が激減。
現在は3株しか残っておりません _| ̄|○ それでも8月に咲いてくれる純白の百合の咲き姿にはうっとりです。近くにハイブリッド系のピンクのバラも咲いていて、優雅なのです♪

≫ Read More

| ユリ | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カサブランカ系が満開!




【学名】Lilium Oriental Hybrid 
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル ハイブリッド
【品種名】ロドルファ
【愛称】ミゼット・カサブランカ (Midget Casablanca
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性球根植物(鱗茎)  【育成地】オランダ
【花期】7~8月  【用途】鉢植え 地植え 【植え付け】10~3月 【草丈】40~50cm

我家にはカサブランカ系のユリが五種類あります。
日本の山林に自生している山百合、大型と小型のカサブランカ系オリエンタル、アジアティックハイブリッド とテッポウユリです。

今日まずご紹介しているのが、今年で二回目の開花となった‘ミゼット・カサブランカ’で、背丈が50センチほどと小ぶりで、隣人にはヒューケラの‘モカ’を植えてあるので、花期が一緒の小花とのコラボで鑑賞中~です。
ヒューケラのほうも昨年よりも大株になってくれたので、花茎も倍以上になり白色と渋いブロンズ色の葉っぱがミゼットを引き立ててくれるのですY(=▽=)Y~☆
ちょうど背丈も同じくらい、矮性の小さなユリですが、ちゃんとカサブランカらしさを兼ね備えています。


【PR】コンパクトカサブランカ「ミゼットシリーズ」の球根・2球入りは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで573 円也~

秋に植えつけるカサブランカの球根をゲット! at Rakuten


5分咲きくらいになったところで、球根のために切り取って花瓶に生けて室内で愉しみます。
香りが室内に漂うと、一日の疲れも吹っ飛びます(o^-')b
今回はお写真を撮っていないのですけど、同じ時期に咲いてくれるグラジオラスの白色のものと葉物をあわせてアレンジしました!

≫ Read More

| ユリ | 02:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百合 - それぞれの表情!




【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物

スカシユリたちはほぼ咲き終わり、中にはムカゴが大きくなっているものもあります。
昨年もムカゴが随分こぼれていて、そのまま放置しておいたのですが、昨年こぼれたムカゴからお花が咲いたものもあります。
一番優秀だったのが、黄色のスカシユリの子供でした!


【PR】◎カサブランカ&オリエンタルリリーの花束は、ウェルネスさんちで5775 円也~

やっぱり百合は素敵!Y(=▽=)Y~☆ at Rakuten

ウェルネスさんちはこれまでも何度が利用してまして、自分用ではなく遠方に住む友人などへお花を贈りたいときには、オススメのショップです・・ヘ(^o^)/ といってもあまり他のショップは知らないのですけど、皆さんはどんなお店を利用されているのかな?



でも残念だったのは、ニュアンスカラーとでも言ったらよいでしょうか。ベージュの子が咲いてくれなかったことです。
派手な色の子たちよりも、弱いのかなぁ~
なので、ロリポップの後に咲いたスカシユリは黄色とオレンジ色だけでした。

≫ Read More

| ユリ | 03:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まずはロリポップから!




【学名】Lilium ×maculatum 'Llipop'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】ロリポップ (Lolipop) 【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント 

我家にあるユリはすべて地植えです。
春先には芽出し肥料を施し、芽が見えてきたら盛り土して球根を守るという二点に気をつけていますが、そのほか柔らかな芽を食べられないように、オルトランの細粒をばら撒いたりしています。

ところがこのロリポップにはあまり手をかけてあげていなかったのです。なのに一番に元気に咲いたのがこの子。どういうことかしらぁ~ (笑)
もっともこの子の近くには赤色系のクリスマスローズが植えてあり、春先にクリスマスローズに与えていると思っている肥料のおこぼれにあずかっているのかもしれませんね。
ただ十分ではなかったようで、赤色の出方が弱いなぁ~ もう少し赤色がはっきりでるはずなのですが。


【PR】ため息が出るほどの美しさ!すかし百合 【ロリポップ】 5球は、土っ子倶楽部さんちで780 円也~

スカシユリを探そう! at Rakuten


人気が高いらしく、ご近所さん宅でも育てている方は多いですね~
深い鉢にぞっくりと植えつけていらっしゃる方は、満開になった鉢を玄関先に移動させて鑑賞されたりしていますが、私はもうすっかり切り取って家の中に持ち込んで切花として愉しんでいます。

≫ Read More

| ユリ | 02:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デカっ、ピンクのオリエンタル系百合

Lilium cv. - ユリ


【学名】Lilium cv.  
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル(ジャパニーズ)ハイブリッド
【品種名】不明 【和名】百合(ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性多年草 球根 【原産地】オランダ
【用途】地植え 鉢植え 切花

カサブランカとほぼ同時期に咲いたユリをご紹介し忘れておりました。
すでに切花として、飾っていたものも枯れてしまって、今はお庭で球根を一所懸命に太らせている頃です。

大輪でカサブランカと同じくらいの見ごたえがあるユリだったのですが、植えた場所が悪かった(笑)
見る場所によっては、上記の写真のようにロウバイやブッドレアの木陰になり、よく見えないのです。
もっとも私の場合、ユリは切花として利用しますので、あまり気にしないのですけど。

【PR】 オリエンタルなユリを探そう~♪  at Rakuten

イタダキモノの球根で、ラベルが無かったために品種名は不明なのです。
カサブランカとちょうどお隣同士だったため、比較しやすかったのですが、ピンク色で、どちらかというと上向きに咲くユリで、切花にするにももってこいの品種でした。
カサブランカは横向きに咲くので、生けるときにちょっと顔が見えにくくなることがありますが、このユリの場合は大丈夫です!

≫ Read More

| ユリ | 02:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり女王の風格、カサブランカ^0^

Lilium cv. casabranca  - ユリ‘カサブランカ’


【学名】Lilium cv. casabranca  
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル(ジャパニーズ)ハイブリッド
【品種名】カサブランカ Casablanca
【和名】百合(ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性多年草 球根 【原産地】オランダ
【用途】地植え 鉢植え 切花

やはり女王の風格!
カサブランカが満開となりました~ 以前から育てているものと、秋に親戚からもらった新しい球根とで、合計3本のカサブランカが花開き、お庭はこの子たちの香りでいっぱいです。

待ちに待った開花でありましたが、欲を言えばもう少しだけ遅く咲いてくれたら、お墓参りに持参できたんですけどね~ でも早速、1本切り取ってお仏壇に供えてあげました。
祖父たちも喜んでくれていることでしょう。

モチロン、お玄関にもいけました!いつものパターンであります。
昨年いただいたユリの球根がたくさんお花を咲かせてくれて、種類も様々だったので、6月からこれまでほとんど花を切らすことなく、ユリでお玄関を飾ることができていて、とても幸せ♪です。

【PR】 秋になれば、たくさんの球根が出回り始めますね~ at Rakuten

夏の間はお水が腐りやすいので、毎日のようにお水を取り替え、どうしても取替えられないときには、氷を花瓶に落とし、茎の先端を切り詰めながら、日持ちさせようと必死です(笑)

≫ Read More

| ユリ | 09:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でません!花粉!Touch Me♪

Lilium Oriental Hybrid ' - 百合 オリエンタル系‘タッチミーローズ’


【学名】Lilium Oriental Hybrid 
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル ハイブリッド
【愛称】タッチミーローズ
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性球根植物(鱗茎)  【育成地】オランダ
【花期】7~8月  【用途】鉢植え 地植え 【植え付け】10~3月 【草丈】90~110cm

百合が咲き始めているので、ユリ週間のようになっていますが、今日もユリですぞ~
今日はそのタイトルも「でません!花粉!タッチミーローズ」です。

またも西に向かって手を合わせております。
面白い球根をいただいちゃいました!なのに、クセって恐ろしい(笑)
いつもシベをとってから活ける私は、花粉がでないこの花のオシベももぎ取ってしまいました。
シベがあったほうが雰囲気のよいお写真が遺せたのになぁ~ オバカ

【PR】 タッチミーローズ、見つかるかな? at Rakuten

後の祭りとはこのことですが。
ところで「後の祭り」ってどうしていうんだろう~?
とググッテみましたらhttp://gogen-allguide.com/a/atonomatsuri.htmlに書いてありました。
やはり夏の風物詩のお祭りにかかわるものだったのです。すっきりした!

≫ Read More

| ユリ | 00:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミゼットカサブランカといふ百合

Lilium Oriental Hybrid 'Midget Casablanca ' - 百合 オリエンタル系‘ミゼット・カサブランカ’


【学名】Lilium Oriental Hybrid 
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル ハイブリッド
【品種名】ロドルファ
【愛称】ミゼット・カサブランカ (Midget Casablanca
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性球根植物(鱗茎)  【育成地】オランダ
【花期】7~8月  【用途】鉢植え 地植え 【植え付け】10~3月 【草丈】40~50cm

先日ご紹介した瀕死の‘コブラ’に引き続きまして、本日も百合の話題です!
ですが、今日はきっちりと可憐に咲いてくれた百合をご紹介できます^_^;

昨年秋に植えつけた球根で、親戚からのプレゼント♪の‘ミゼット・カサブランカ’という通称をもつオリエンタル系ハイブリッドで、通常のカサブランカに比べ背丈が50センチほどと小ぶりながら、花つきはすこぶるよく、背の高いカサブランカにも負けない大輪の花を咲かせてくれています。

親戚から届く贈り物は本当にありがたくて、お花が咲くたびに西に向かって手を合わせております。
いつも本当にありがとうございますm(__)m この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、まず一枚目のお写真。
これは地植えにしてあり、お隣にヒューケラ‘モカ’が隣人でして、ちょうど一緒に咲いてくれたので、記念撮影です。

【PR】 秋に植えつけるカサブランカの球根をゲット! at Rakuten

その後、お家の中に切花として持ち込み、さらに記念撮影 ^0^
香りにもご満悦のすぅでございます。

≫ Read More

| ユリ | 01:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瀕死のコブラ

Lilium L. - ユリ ‘コブラ’


【学名】Lilium L.
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】百合ユリ)【英名】Lily
【品種名】コブラ (オリエンタル系 - Oriental Group
【性状】半耐寒性鱗片球根  【花期】7月~8月 【植え付け時期】9~3月 
【用途】花壇 鉢植え 切花

よく咲いてくれたなぁ~~ 昨年咲いたときに本来赤一色であるはずのものに、斑が入り、ぁあ~これはウィルスにでもやられてしまったのね~と今年の開花は諦めていたのですが、一輪だけお花が咲きました~!

同類であるカサブランカの元気な様子に比べると雲泥の差。すでに葉っぱが枯れこみ始めているような状態であるにもかかわらず、お花の大きさは一輪しかないこともあるのでしょうが、大輪であります。真っ赤なのに、なんでコブラなんだろう~
おそらく来年にお花は咲かないだろうと思いながらも、球根をおおきくさせるため開いたとたんに切り取り、お玄関に他の白い百合とともに活けました。

【PR】 秋植え球根の百合を探そう! at Rakuten

この暑い時期、切花を長く愉しむには、マメにお水を取り替える必要があります。水はあっという間に腐るし、生温くなってしまうので、日持ちしないんです。
けど、お家の中に広がる百合の香りに包まれながら、過ごせるというのも醍醐味であります。香りが強すぎて、ちょっと暑苦しくさえありますが(笑)

≫ Read More

| ユリ | 02:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のクリスタルリリー♪

Lilium L. - スカシユリ ‘クリスタル・リリー’


【学名】Lilium L.
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily)   【別名】LAリリー(鉄砲ユリ×スカシユリ)
【系統】スカシユリ系園芸種
【花期】6~7月 【植え付け】9~3月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm~80cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】半耐寒性鱗片球根植物

オレンジ色と淡いアプリコット色のユリの後に、最後に咲き始めたのが、黄色。
元気そうでしょう? 雌しべにはたっぷりと蜜がでてますし。
これで、すべて出揃いました!
いただいた球根でしたので、無事成長してくれて、ホッ。

この三色がミックスで袋に入っていたんですよ~ ラベルにもこの三種を綺麗にいけてある姿を写したものがあったので、お手本にしていけてみました!

【PR】 かわいい百合、見つかるかな?

さて、スカシユリたちの後には、まだまだハイブリッド系で咲いていないものたちがいますし、女王様カサブランカもこれからです。
梅雨の時期なのでハラハラ、しっぱなしですが・・・

≫ Read More

| ユリ | 04:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Crystal Lily ^m^

Lilium L. - スカシユリ ‘クリスタル・リリー’


【学名】Lilium L.
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily)   【別名】LAリリー(鉄砲ユリ×スカシユリ)
【系統】スカシユリ系園芸種
【花期】6~7月 【植え付け】9~3月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm~80cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】半耐寒性鱗片球根植物

オレンジ色のクリスタルリリーに引き続きまして、淡いアプリコット色のユリが咲き始めています。
やさしい~~印象のユリですが、このユリは大輪で艶があります。

球根についていたラベルによりますと、このユリは花持ちもよいとのこと。種をつけさせないよう、上記の写真を残した後、まだ蕾がある状態で一輪しか咲いていないうちに切り取り、室内に取り込みました~

梅雨ですし、雨にも当たるので室内で愉しむに限ります!

【PR】 かわいい百合、見つかるかな?

他にも黄色がそろそろ咲き始めてくれそうなので、三種生けができるはずです!
ワク♪o(^0^o)(o^0^)oワク♪

花持ちを良くするため、無論オシベも排除しました~

≫ Read More

| ユリ | 05:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジのクリスタル・リリーちゃん♪

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタル・リリー’

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタルリリー’
 今日の一句 「元気よく 橙色で お日様に 負けじと 咲きたる 透かし百合」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物

昨日は‘ロリポップ’のご紹介でしたが、今日はオレンジ色の‘クリスタルリリー’です!
この子は昨年もきれいに咲いてくれて、元気をもらえた百合でしたが、今年も咲いてくれてホッ。
プレゼントしていただいたものですので、なるべく長~く我家で咲いて欲しいと思っていたので、元気に咲いてくれ、とても嬉しいのであります。

いつのときも、どんなお花が咲いてくれても嬉しいものですが、イタダキモノは尚一層喜ばしく思えるのであります。

【PR】百合を探してみませんか? at Rakuten

雌しべの艶っぽいところも好きだなぁ~~ なんか透明感がありますよね。
上のお写真でみると、花びらがついているところにスキマがあるのが確認できますよね。
透かし百合という名前の「透かし」は此の部分を指しているようです。

以前からどこが透けているんだろう~と思っていたんですけど、なるほど、向こう側が透けて見えますね。

≫ Read More

| ユリ | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロリポップ・リリーでした!

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘ロリポップ’

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘ロリポップ’
 今日の一句 「咲き方も 空を仰いで 元気よく 一番乗りで 咲いた百合」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium ×maculatum 'Lolipop'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】ロリポップ (Lolipop) 【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント 

そう、昨年の秋、従兄弟のオネーサンが、「ユリの球根を取り寄せたから、あげるねぇ~」といって、くれたものでした。
「カサブランカだから~」って言っていたのですが、どうやら取り違えたのか?それともこれはオマケにつくれたものだったのか。確かに植え付けのとき、なんか球根がカサブランカっぽくないような(^^ゞという印象があったことは確か。でもラベルがなかったので、開いてくれるまでわからなかったのです。

開いてみたら~~ お~これはロリポップちゃん!
yukiho☆さんちでもキレイに咲いていて、欲しいなぁ~と昨年来思っていたユリだったのです。
なんか得した気分です♪

【PR】Rakutenでお花を探しましょ!

昨年は、他にも親戚から色々と球根をいただいており、これから初夏の季節には順次百合が咲いてくれるはずなのです。
その先頭を切って開花してくれたのが、この子。優しい感じの百合ですよねっ。ちょっと背丈は小さめですので、もう少し花壇の手前に植えつけるべきでした。
そこが(〃_ _)σ∥反省点。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 21:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユリクビナガハムシの奴らめぇ~

Lilium longiflorum - 鉄砲百合(テッポウユリ)

Lilium longiflorum - 鉄砲百合(テッポウユリ)
 今日の一句 「なぜかしらん 今年も彼らは やってきた ユリをむさぼる 嫌なヤツ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium longiflorum【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】鉄砲百合テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?  無い! 無い! 芽が無い!とよくよく見てみると、招からざる客を発見 (’〆’) ムカー

コヤツらめぇ~~ なんて貪欲な!

今年はかなり油断しすぎちゃいました。毎年このムシたちは当たり前のようにやってきて私が大事に育てているユリを時間無制限の食べ放題的貪欲さで、葉っぱを食べまくるのです。

でもここまで食べられてしまったことは初めて・・・ 蕾まで食べられてしまっているかもしれません。今年はあまりにもクレマチスやクリスマスローズに気をとられすぎてしまってましたよぉ~ 
Σ( ̄ロ ̄|||)がががーん!!

このムシ君の生態をお知りになりたい方は、↓のサイトへいらしてください。
でもかなりキモイので、お覚悟が必要です。 
(;´▽`lllA``

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/yurikubinagahamusi.html

このユリクビナガハムシの幼虫をまだ見つけたことがないのですが、自分のウンコを背中にしょって移動するため、ちょっと泥ハネのようにも見えて、見逃しやすいのです。

幼虫も成虫も捕殺(←潰します)できればよいのですが、なかなか壊滅にまで追い込むことができないので、オルトラン粒剤を播いてみました。今年は播くのが遅すぎたぁ~ 

≫ Read More

| 虫くん | 05:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

切花・・2ヶ月目に突入!

Lilium longiflorum - 鉄砲百合の生け花

Lilium longiflorum - 鉄砲百合の生け花
 今日の一句 「」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium longiflorum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】鉄砲百合(テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 

12月末にいただいた百合を使って、お正月にはお玄関などにお花を生けておいたのですが、しっかりしたお花でしたので、まだ咲いてくれています。

日ごろはお水を替えたり、茎の部分を切り詰めたりして、なるべく長く鑑賞できるようにケアーしてあげています(^v^) で、おかげさまで息絶え絶えではあるものの切花としてはすごいと思うのですが、2ヶ月目に突入!しています。

そもそもこの百合には、かなりの体力が備わっていることが、1ヶ月以上も切花でも咲いてくれていることの要因なのです。いただいたときには、どの子も蕾でしたし。

お正月
お正月に生けたときは、千両と松を一緒に丸い花瓶に!
一緒にいただいたグラジオラスはすでにすべて咲き終わっています。




↑この子をまた違った形で楽しみたい!と思いまして、ちょうど南天も葉っぱを落とす時期でしたので、南天の枝とあわせました。
南天の葉っぱがちょっと黄緑色をしているのは、白南天だからです。
赤南天のほうは、もう少し濃い緑色の葉っぱなのですよん。

≫ Read More

| 生け花 | 07:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お正月の名残り・・

2008年1月 玄関の生け花

2008年1月 玄関の生け花
 今日の一句 「ありがとう 毎年届く 百合の花 香りただよう 新春に」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Lilium longiflorum
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】ユリ属
【和名】鉄砲百合テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Trumpet Lily
【性状】耐寒性球根植物 

暮れにいただいた百合グラジオラスでお正月を迎えたのですが、まだまだ百合には蕾があるし、長い間楽しんでいるのです。

お正月用にと、千両、それからカスミソウを加えてみました。
もう1月も半ば過ぎですけど、そのまま・・・です。

あっ、もちろんお水を替えたり、茎の切り口部分を切り詰めたりして、花の寿命を延ばしてあげようという努力はしております。我が家は寒いけれど、生け花においては低温であるがゆえに、かなりの時期楽しめるのは良いところです。

≫ Read More

| 生け花 | 04:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年は8輪 カサブランカ

Lilium cv. casabranca

Lilium cv. casabranca
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Lilium cv. casabranca  
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【系統】オリエンタル(ジャパニーズ)ハイブリッド
【品種名】カサブランカ Casablanca
【和名】百合(ユリ)【英名】Lily
【性状】耐寒性多年草 球根 【原産地】オランダ

去年は2輪しかつけなかったのですが、今年は一本から5輪の花がついた球根と新たに昨年秋に植えつけた球根からも3輪咲いてくれたので、とっても嬉しい!

昨年は球根を充実させるために、早々と切花にして室内で楽しみ、肥料もあげておきましたので、その愛情にこたえてくれるかたちになってくれたのでしょうねっ。

ちょっとアップが遅くなってしまいました。なんだかここの所タイムリーな記事にならず、遅れ気味ですみません。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 03:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コブラに異変がっ!

Lilium L.

Lilium L.
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium L.
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】百合(ユリ)【英名】Lily
【品種名】コブラ (オリエンタル系)
【性状】半耐寒性鱗片球根 【花期】7月~8月
【植え付け時期】9~3月 

おかしい・・・

この球根は花びらが赤色一色になるべきオリエンタル百合のはずなのですが、咲いてみたらドット入り。(⌒_⌒; タラタラ

ラベルをみると生産されたのは新潟県となっています。
私の球根だけに異常がでてしまったのでしょうか?

葉っぱの感じをみてもウィルスにやられているような雰囲気は感じられないのです。でも私の肥料のやり方などに問題があったのかなぁ~

いやいや、この百合が植えてある場所には他にもスカシユリなどが数種植えつけてあって、他の百合にはなんら問題は発生していないのです。

≫ Read More

| 球根系 | 04:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマユリのかほり

Lilium auratum

Lilium auratum
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium auratum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】山百合(ヤマユリ)【英名】Golden-rayed lily
【別名】鳳来寺百合(ホウライジユリ)
【性状】耐寒性宿根球根 【花期】7月~8月

不思議なことがあるものです。
壊滅してしまったと思っていた山百合が今年は三本咲きました。
一本目には、お花が4つ。
二本目には、お花が3つ。
三本目には、お花が1つ。

この三本目のお花は花茎も細くて、親株から鱗が分かれたのか、子株のようにして寄り添うように咲いてます。
あらら、増えてます。

でもそのかわり!? 今年一本も咲かないのが鉄砲百合。
園芸を始めたばかりのころには、何十本もあったのに、年々その数は減ってゆきとうとう一本もなくなってしまいました。

でも私個人としては個性豊かながら、日本に昔からあるこの山百合は大型で見ごたえ、そしてむせ返るような香りも好きなので、鉄砲百合には申し訳ないのですが、山百合の復活のほうが喜ばしいのです。

≫ Read More

| シェードガーデン | 03:28 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ユリがイロイロと!

Lilium<br />

Lilium


 
【学名】Lilium
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合(スカシユリ)
【英名】Lily 【別名】アジア百合
【系統】アジアテック系園芸種
【原産地】【性状】耐寒性球根植物

そもそもどうしてスカシユリと、「透かし」っていうのかしらん。とギモンに思っていたのです。どこも透けてないって・・・

でも透けている部分があるのです。花弁の基部が細くなっていて、間が透けて見えることに由来するのだそうです。
もっともスカシユリという名前で流通しているもののなかには、透けていないものもあるようです。益々ややこしい(;´▽`lllA``

昨年の秋にいただいた球根を植えておきましたところ、スカシユリが一番に咲き始めました。

≫ Read More

| 球根系 | 04:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。