++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪とイングリッシュ・ラベンダー

Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)


【学名】Lavandula angustifolia
【科名】シソ科  Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【流通名】イングリッシュラベンダー  【英名】English Lavender
【系統】アングストフォーリア系コモン系) 【性状】耐寒性低木
【原産地】地中海沿岸
【耐寒性】強い -12℃ 【用途】花壇 鉢植え ハーブティー ポプリ 
【種まき】4~6月  【花期】6~8月  【花色】紫色~青色
【用途】切花 ドライフラワー ハーブティー

秋に無理やり株分け&移植したイングリッシュラベンダーです。
すっかり株元は木化している古株なので、無理やりハサミで切り離したものなのです。

昨年は挿し芽をとって増やそうと思っていたのに手が回らず^^;
挿し芽から株分けに変更しました。

切り口から腐ったりしないだろうかと心配でしたが、どうやら無事に根付いた様子。
こんなに雪が降ってもこうしてすっくと立ち上がっているところをみるとなんとか越冬できるかな?
でもこれからが勝負の時期なんですけど。

ラベンダーの花はいくらあっても邪魔にならないので、たくさん収穫したいもの。


この時期になると、ハーブウォーターメーカーが欲しいなぁ~
ちなみにもっと本格的にハーブウォーターを抽出できるものに、アランビック (1250cc(銅製の蒸留器)生活の木)がありますけど、6万7千円もしちゃいますし(^^ゞ

【PR】ラベンダーを探そう!at Rakuten



私は鍋でフローラルウォーターを作りましょ!お金なんてかけなくたって大丈夫!大丈夫!
蒸し鍋に入れて、お鍋のふたをひっくり返し、その上に氷を設置。
鍋の中に冷却された蒸留水が溜まるように小さなボールを入れておけば、フローラルウォーターは自前で採取できるのです!

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 05:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨対策にも!ラベンダー




毎年、心地よい香りを放つラベンダーの開花を待っている私です。
今年もキッチリと咲いてくれ、梅雨の晴れ間にはお花を収穫。蒸れ対策もあり、枝を梳いたりする作業も終えました。

今年は親戚の叔母が小さな苗を二鉢プレゼントしてくれたので、鉢植えでも育てております。
おばちゃん、ありがとう~~ m(__)m
そもそもイタダキモノのラベンダーの苗を私が花好きというのを知っているので、まわしてくれたのであります。
けれど、そちらのほうはどうやらすでにお花が終わってしまったものらしく、ほとんどお花はないのです。
来年はたくさん咲いてもらいましょう~(o^-')b

我家にあるラベンダーは薄紫色なので、もう少し濃紫色がかったラベンダーが欲しいなぁ~


【PR】ハーブの苗 「インプレスパープルラベンダー 9cmポット」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで294 円也~

コモンラベンダーを育てよう! at Rakuten


さて、今年も収穫したラベンダーをお酢に漬け込みました!
このお酢は、イロイロなことに使えます。もっとも多用しているのは、シャンプー後のリンスとして使います。そのほか、お掃除やカビ防止に!スプレーボトルに入れて、ガラス窓を磨いたり、冷蔵庫を拭いたりするのに使います。

私がお酢に漬けるのは、他にラズベリーとローズマリーがありますが、ラズベリーはお酢が真っ赤になってとてもキレイです。サラダのドレッシングとして使います。
ラベンダーは漬け込むとやさしいピンク色になるんですよ~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 05:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪とデンタータ ^0^




【学名】Lavandula dentata
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【和名】フリンジドラベンダー  【別名】ラヴェンダー デンタータ
【英名】Dentata Lavender  【系統】デンタータラベンダー系
【性状】耐寒性宿根草  【耐寒性】マイナス5℃
【用途】鉢植え 庭植え 

頑張ってくれているなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆

このラベンダーは鉢植えで管理しているのですが、ほとんど一年中咲いてくれていました!
そしてこの冬の間も咲き続けているのです。 不思議ぃ~~

もう一種のラベンダー、イングリッシュラベンダーのほうは今はなんとか葉っぱがついている程度なんです。雪の下になって枯れこみが進みますが、春になると葉っぱが展開してくれて春に花を咲かせますが、このデンタータ系のラベンダーの咲きっぷりにはびっくり!

こんなにも花期が長いと知っていたら、もっと違う扱い方もできたのにと、ちょっと後悔。
ためしに挿し芽を地面に挿しておいたらこれもカンタンに発根。
今現在雪の下にあって、その生死は春まで定かではありませんが、もしも地植えでも越冬が可能であるならば、量産作戦にでようと思っているラベンダーです。

ただ鉢植えのものは軒下で管理しているからこんなにも咲いてくれているだけの話かもしれません。
一昨年はほとんどお花が咲かなかったんですから~~ 

【PR】 色も性質も多彩!種類も豊富なラベンダーを探そう! at Rakuten

確かに鉢増しして土はリフレッシュさせてあげたように記憶しておりますが、これほどまでに我家の環境を好んでくれるラベンダーだったとは! びっくりです!

≫ Read More

| purple::紫の花 | 06:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒョロヒョロ ラベンダー(ーー;)

Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)

Lavandula angustifolia - イングリッシュラベンダー(コモン系)
 今日の一句 「ほっそりと 伸びた茎から 漂って やさしい香り 家人を癒せり」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lavandula angustifolia
【科名】シソ科  Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【流通名】イングリッシュラベンダー  【英名】English Lavender
【系統】アングストフォーリア系コモン系) 【性状】耐寒性低木
【原産地】地中海沿岸
【耐寒性】強い -12℃ 【用途】花壇 鉢植え ハーブティー ポプリ 
【種まき】4~6月  【花期】6~8月  【花色】紫色~青色
【用途】切花 ドライフラワー ハーブティー

西岸海洋性気候や亜寒帯湿潤気候の地域で多く栽培されているラベンダーは、高温多湿は苦手。此のところ、雨ばかりであったため、ヒョロヒョロです。雨が多いと香りも弱くなるしぃ~~

~(〃´o`)=3

この子は私が園芸にハマりだした頃、ハーブにも無論トリコとなり、種から育てた株です。種から育てていましたので、10以上はあった株でしたが、冬場にすっかり枯れてしまうので、家人が冬場に勘違いして捨ててしまい、現在は3株ほどしか残っていません。
もう8年ほどになるわけですから生き残ってくれている株はホント頑張ってくれています。

あぁ~、このラベンダーが一面に咲き誇る北海道へ行ってみたいです!

【PR】ラベンダーを探そう!at Rakuten

先日、お花が咲き始めた花茎を入梅前の枝の整理もかねて、少し収穫しました!
新聞紙の上に広げて、乾燥させてあげている最中です。


この時期になると、ハーブウォーターメーカーが欲しくなります^^ でも諭吉君が必要なのでねぇ~ インテリアとして飾っても素敵だと思いません?
ちなみにもっと本格的にハーブウォーターを抽出できるものに、アランビック (1250cc(銅製の蒸留器)生活の木)がありますけど、こちらは7名様の諭吉君が必要となれば・・・私にはまったく手がでるわけもなく^^;



家庭で簡単に抽出できるような方法はないものでしょうか?実際、お花やハーブを水につけてそれを煮出し、そのときにでる水蒸気を貯めれば良いということになるわけですから、工夫すればお家にある道具を使ってできそうな感じもするのです。

どなたか、理科の実験的なことご存知の方いらっしゃらないかしら~ 伝次郎先生に教えて欲しいくらいです(爆)

と、一人思い悩むより、こういうときはネットで調べてみればよいのです!
ググッてみましたところ・・・
Shirokuro*soap 様のページ http://homepage2.nifty.com/shirokuro-soap/water.html
ハーモニエンスの道ばた 様のページ http://blog.goo.ne.jp/harmony-ence/e/50bbd6be90990fd256f3d43d7f94f4d2

に、ありましたよ~~ 
今度、やってみよっと! なんか、楽しそう~
ローズウォーターなどでしたら、開いたばかりの花1リットルを鍋に入れ、300mlの熱湯を加えて更に2、3分煮て漉すという方法もありますが、ちょっと不純物が混じりますよねぇ~。
香りの強いバラを選ばなければなりませんけど、パパメイアン、ブルームーンなどが向いているようですね。 話が脱線してしまいました (^^ゞ

無論、ラベンダーでも作れるわけですけど、1リットルのお水に対してフレッシュならば30グラムほどの量を収穫できなくてはならないのです。もっともラベンダーは葉っぱからも香りが出ますから、花穂だけでなくても大丈夫かな?

我家でいえば、一番収穫できるのはローズマリー。ローズマリー・ウォーターは老化を防止してくれるそうですし、試してみる価値、ありますよね~ あまり保存期間が長くないということがネックですけど、それでもこれからのジメジメした時期を乗り切る際の手助けになってくれそう~

目指せ!爽やかな香りで包まれる生活! と、いったところです!

≫ Read More

| アロマ・手作り | 09:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フリンジドラベンダー

Lavandula dentata - フリンジドラベンダー

Lavandula dentata - フリンジドラベンダー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lavandula dentata
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【和名】フリンジドラベンダー 【別名】ラヴェンダー デンタータ
【英名】Dentata Lavender  【系統】デンタータラベンダー系
【性状】耐寒性宿根草  【耐寒性】マイナス5℃

私のところではマイナス10℃以下になることもあるので、屋外での越冬は難しいだろうと思い、昨年の冬は屋内で越冬させ、春になってから屋外で管理していたのですが、一向にお花をつけてくれる様子がなく、どうしたのだろうと思っていたら、盛夏を過ぎると蕾があがってきて今満開の状態になっているのが、このラベンダーです。

私の管理不行き届き!?で季節感をなくしてしまったのかしら?

春先に植え替えてあげようと思っていたのですが、結局そのまま放置してしまったので、用土は古いし (^^ゞ

≫ Read More

| ハーブ | 04:38 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

カスミソウとラベンダー

カスミソウとラベンダー

カスミソウとラベンダー
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cryptotaenia japonica Hassk.  'Myris'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ミツバ属
【和名】宿根かすみ草
【品種名】ミリス 【栽培元】 Kirin 「ここち開花シリーズ」

梅雨の真っ只中に突入する前にすでに切り戻しを終え、今はお花が無い状態の宿根カスミソウです。
お隣にはバラやラベンダーなどを仲間にして植えてあるので、双方が満開のときにはとてもかわいらしかったです。

≫ Read More

| 多年草 | 06:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。