++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒソップで愉しむ♪




【学名】Hyssopus officinalis
【科名】シソ科 Lamiaceae  【属名】ヒソップス属
【和名】柳薄荷ヤナギハッカ)  【英名】hyssop
【原産地】地中海沿岸 中央アジア  【草丈】60cm  【花期】 夏
【性状】半常緑低木 (寒冷地では落葉) 【生育温度】15~20℃
【用途】花壇(日向) 鉢植え 切花 ハーブティー お料理
【効能】ハーブティーでは風邪、喘息、消化不良 またドライにして防虫

この子は、2004年から育てており、確か二年前に株分けしたものです。土壌はよくないのですが、日当たりはバツグンな場所に植えかえまして、どうやら気に入ってもらえたようです。
それぞれが株分けしたときと同じくらいの大株になってきています。

今年は一度梅雨のころに切り戻しをしましたが、その後に伸びたところからもまた再びお花が咲いたりして、夏の暑さにも負けずに頑張っていますよ~
このところ朝晩は気温がぐっと低くなってきており、秋の気配を感じます。
ハーブたちにとっても過ごしやすくなっていますね。


【PR】ヒソップのタネ「ネクターシリーズ」Hyssopus officinalis 'Nectar'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで210 円也~
種から育ててれば、たやすく群生させることができますぞ~~ ニンマリ(^o^)

ヒソップを育てよう~♪ at Rakuten


我家には青色の子しかいないので、白色が欲しいなぁ~と思っているのですが、とにかく植えつける場所に問題アリ。群生させようと思ってもこの子のためのスペースがなぁ~^^;

中にはタネをつけている部分もあり、お花が咲いている穂とが混在中です。

≫ Read More

| ハーブ | 05:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蒼いヒソップの花



【学名】Hyssopus officinalis
【科名】シソ科 Lamiaceae  【属名】ヒソップス属
【和名】柳薄荷ヤナギハッカ)  【英名】hyssop
【原産地】地中海沿岸 中央アジア  【草丈】60cm  【花期】 夏
【性状】半常緑低木 【用途】花壇(日向) 鉢植え 切花 ハーブティー お料理

この子は大株になったので、今年の春だったか、昨年の秋だったか・・・^^; 定かではないのですが、3つに株分けをして植え替えをしたものです。
残念ながら一つは天に召されてしまったようなのですが、二つは生き延びてお花を咲かせています。

ヒソップって面白い名前ですけど、ヘブライ語のエゾブにちなむもので、聖書にも登場するような昔から愛されているハーブの一つらしく、お酒の香りづけにも使われていた(いる)そうです。

すっとまっすぐに伸びた枝に、細長い葉をつけ夏には小さな青紫の花を穂状につけるので、涼しげな感じのするハーブで、私は青色を育てていますが、ほかにピンクや白色などの花を咲かせる種類もあります。

【PR】 ヒソップを育てよう~♪ at Rakuten

アロマとしても、ヒソップの精油は利用されますが、煎じて服用すると去痰薬として効果があり咳、百日咳、喘息、気管支炎またリューマチの治療にも使われるそうです。
私の場合は、ほかのハーブと一緒に使いお風呂のお供にしております。
また葉っぱは脂肪分の多い肉や魚の料理に合うので、細かく刻んでお肉を焼くときに使います。

≫ Read More

| ハーブ | 05:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。