++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピーチフランバ、一踏ん張り中~




【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃) 【販売元】Jardinハルディン
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】鉢植え 地植え シェードガーデン ロックガーデン

何しろ、私にとって耐寒性が強いというのは、植物を選ぶときに一番気になるところです。
このヒューケラはマイナス15度くらいまで耐えますので、その点申し分なし^0^
そのうえ葉っぱの色のバリエーションが豊富なので、選び放題です(^^ゞ

黒色系や赤色、キャラメル色、様々ありますが、今日の主役は‘ピーチフランバ’で、この子は赤みがかった感じがかわいい~でしょう?
11月上旬に早々に降雪がありまして、雪そのものはすぐに溶けてしまいましたが、この子の上にも雪がかぶり、その耐えている感じがけなげだったので記念撮影です。


【PR】一年中楽しめるカラーリーフヒューケラピーチフランバ 9cmポット苗
『いろんなカラーと葉の形がある種類豊富なカラーリーフ「ヒューケラ」
半日陰で十分育つのでシェードガーデンにもってこいです!一年中楽しめる常緑多年草で春から夏にかけて小さな可憐な花を咲かせます。花壇はもちろん、ハンギングや寄せ植えにも使えます。
花は白色』という説明がありました~^0^
価格は、 400円で今の最安値かな?
【PR】 お好みのヒューケラを探そう! at Rakuten


上の小さな写真はお店からお借りしているものですが、かなり黄色っぽい葉っぱの色でしょう?でもこの葉っぱの色はかわるのですよ~
若い葉っぱは葉枝の部分も含め、裏側のほうが真っ赤です。でも表側は落ち着いた感じの黄色みがかった茶色に近い風合い。




この子の周囲には、クリスマスローズの‘バレンタイングリーン’や同じヒューケラの‘オブシディアン’、斑入りのリュウノヒゲなども植栽して、葉色とともに、丸葉や細葉などの形を愉しめるエリアにしております。
さらに奥手には、バラも植えてあるのですけど、ヒューケラとバラって相性バツグンですよね(^_-)-☆

≫ Read More

| 多年草 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小花を揺らすヒューケラたち




【学名】Heuchera cylindrica 'Greenfinch'  
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  
【品種名】 ヒューケラ シリンドリカグリーンフィンチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】白色 【葉色】緑色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

ヒューケラたちのお花はほぼ終わっておりまして、記事にアップするのが遅くなってしまいました^^;

そろそろお花も感染に終わるヒューケラたち。かなり開花時期に差がありました。
一番開花が遅かったのは‘モカ’で、これは一番日陰に地植えにしてあるからでしょうね。

夏の暑さで‘グリーンフィンチ’などはかなり葉っぱが枯れこんでしまっていたりします。

以前、NHK趣味の園芸で篠原英子さんがヒューケラを紹介されていましたが、様々な色あいの葉っぱを上手に寄せ植えされてました。

しっとりした色あいに仕上げるならば、ローズ系シルバー系にライム系のものをあわせたり、ヒューケラだけでなく、クレマチスやカズラなどの蔓性植物と細い葉っぱのスノードラゴン、あるいは、背丈の高いお花との寄せ植えがオススメであるとおっしゃってました。

我家では、このグリーンフィンチと黒い葉っぱのリグラリアにオダマキとリリオペをあわせた寄せ植えをつくっています。

≫ Read More

| タ ネ | 03:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒューケラたちイロイロ♪




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】 アンバーウェーブ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】ライム色~琥珀色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン


今日は我家のツボサンゴたちを一挙大公開!です(笑)
まずは‘アンバーウェーブ’のご紹介からです。地元のHCのバーゲンセールで真冬にゲットし、そのまま地植えにしてしまったので、越冬できるかどうか大変心配だったのですが、見事復活!

鉢植えで大事にそだてている後述の‘キャラメル’ちゃんよりも元気モリモリに育っています。
春に新たに展開しはじめた葉っぱは琥珀色。生まれたては少し赤みを帯びており、葉っぱの裏側もし赤色をしています。フクザツな色あいのグラデーションがすばらしいのです^m^

隣人に‘レジーナ’や若いクリスマスローズ、ビオラなどがおり、移植に成功したナツツバキの足元を飾ってくれています。この‘アンバーウェーブ’は、肥料が切れると葉色が悪くなるといわれていますが、ナツツバキの移植時にたっぷり肥料をすきこんであるので、肥料切れの心配はいまのところなさそうです。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗

アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


ヒューケラたちだけで、コンテナに寄せ植えしたりしても楽しい♪し、脇役としてもすぐれているのでヒューケラは大好きです。
それになんといっても、その耐寒性!
我家において、耐寒性はとても重要なのです。凍らせさえしなければ、越冬できると思うのですが、やはりマルチングしておくほうが心配が要らないですし、春の芽吹きが早くなると思います。

≫ Read More

| シェードガーデン | 03:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーチ・フランバのかわいらしさ!

Heuchera 'Peach Flambe'- ヒューケラ ‘ピーチフランバ’

Heuchera 'Peach Flambe'- ヒューケラ ‘ピーチフランバ’
 今日の一句 「桃色の 日に透けたる か弱き葉 大きくなれよ 壷珊瑚」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm

jardinと書いて、ハルディン。 Flambeと書いて、フランバ。
なんで、ジャルディンではなく、フランベじゃないんだろーと変なところに食いつく私。
31アイスクリームにもピーチ・フランベってありませんでしたっけ?

「j」スペイン語とかだと、ハルディンなのかしら? jardin様の苗ヒューケラにはまりはじめてから、結構手元で育てるようになってますけど、最近になってようやく、ハルディンという名前が定着。
なかなか覚えられなかったです。毎度、毎度のケンボー症(爆)

間違えないようにしなくちゃ~(;´▽`lllA``

jardin様のHPに記載されているところによると、
■■■ 2007 ジャパンフラワー&ガーデンショウ 人気投票1位 ■■■

■■■ ジャパンフラワーセレクション2007-2008  入賞 ■■■

と、人気の高いヒューケラだったそうで・・・(;´▽`lllA`` ぜんぜん知らずに購入しておりました。
蛇足ですが、切花・鉢花部門それぞれの今年2008年の入賞したお花はこちらにどうぞ!


新しいヒューケラ!ヒューケラ ピーチフランバ 9センチポットが、アグレさんちでまだ販売されてました~ まさに時期によってその葉の色が変化します。 価格 410円

≫ Read More

| black::黒い花 | 22:26 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。