++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株分けした!ルーセブラック様

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花  【今年の開花日】2010年4月6日
【備考】#068

前回の記事で2009年秋にルーセブラックを株分けしているとご報告しておりましたが、今日はその片割れのほうです。こちらは新たにサザンカの木のお隣に移植いたしまして、あまり日光はバリバリに当たらない環境です。

やはり同じ株ですのに、日光量が大きく左右するのでしょうか、カラス葉具合がいい感じ♪です。

でも株分けして地植えにしたときに、チューリップの球根が植えてあったことを失念していた私。
あまりにも近くでチューリップの葉っぱが育ってしまっておりますが・・・

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


お隣には熊谷草も植えてあって、ルーセブラックの開花と呼応するように、とんがり帽子の芽を出し始め、また山茶花の木に絡ませているクレマチスにも蕾が現れはじめています。

お~~春だわぁ~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン この子が終焉を迎えるころには、クレマチスたちも元気に咲き競うてはずであります♪


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


この子を写真に納めた日は日光量が多かったので、またしてもブラックというよりもパープルっぽいモードになってしまっていますが、実際にはもっと黒々としていてシックです!
日陰なので、チーリップの葉っぱは徒長してしまい、お花も咲くんだか、咲かないんだか。(笑)
そもそもなぜこんな日陰に私はチューリップを植えてしまっていたのか、理解不能のオバカ^^;
きっとケチな私は植え付ける場所が見つからずにとりあえずという気持ちで植えたのだと思うのですけど、全く記憶にありません。とロッキードちっく ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株分け後のルーセブラック

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

もともとルーセブラックはこの株から育て始めたわけですが、2009年秋にこのルーセブラックを株分けし、もともと植えていた場所にいるのがこの子。

株分けした片割れのほうは、サザンカの木のお隣に植え付けていて、そのほか別途に後年に入手した子も咲いてくれたので、黒色好きの私としては、お庭で咲く黒色のお花が増えてくれてとっても満足!

その上、今年は若泉様のお宅のブルーブラックも初開花♪ うふふ (∇〃)。o〇○ポワァーン

割りに大きな株に成長してくれていたので、株分けしたにもかかわらずそれぞれ花茎は3~4本しっかりとあがり、蕾も3個ずつは確実についている様子。

一番成績がよくないのは二代目の子ですけど、でも葉っぱの黒色の出具合がもっとも良いのは一番花付きがよくない苗です。


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


今日のこのルーセブラックは、ほとんど日陰にならない場所に植えてあるので、太陽は夏場も当たりたい放題。
多少は椿やキンモクセイ、あるいはウメモドキが木陰をつくるのですけど、それでもお天気の良いときには太陽光線が強すぎて、お写真を撮るときにハレーションを起こしてしまいます^^;
ちょっと花曇り的なお天気のときに写さないと、この子本来の黒色がお伝えできず恐縮です。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二代目のルーセブラックが先に開花!

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

2009年秋に初代のルーセブラックを株分けしてしまったので、古参の株のほうはまだ開花にいたっておらず・・・

二代目の株の小苗ほうが先に開花してくれました。
といっても、この子も鉢で育てずにいきなり地植えなんかにしていまったので、なかなか大株になれないのです。
けど、私は大株よりも小さいままでいて欲しいという気持ちもあって、ジレンマ。

確かに大株でないと、お庭の中では目立たず見ごたえはないのですけど、小さな株のほうには健気さがあって、とてもかわいらしいのですもの。

さて、この子は、開花の頃にしっかり寒さに当たり、低温期が長く、開花スピードがゆっくりだったせいでしょうか。その黒色の具合がとてもしっかりとでています。
あまりお日様に当てすぎないこともよいのかなぁ~

一代目の大株になったほうのルーセブラックには、紫色が強めに現れるようになってしまったような気がしたのです。

でも曇天が続き、太陽光線があまり当たっていないだけかしら?こんなに黒色に見えるのは?


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


葉っぱもすべてカラス葉で、真っ黒(言葉のあやですね。やや紫色は入ってますけど)
このくらいの大きさと色の出具合のままでいて欲しいわぁ~ でも時間が経過するとカラスではなくなってしまうのですよね~ 残念。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック2号に蕾!

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

2009年秋にルーセブラックを株分けいたしましたので、我家のお庭では3箇所でルーセブラックが咲いてくれる予定です!ただ、株分け後は花付はそうよくはないはず・・・
もちろん教科書どおり、株分けのときに、3芽づつ以上は温存しながら分けたのですけど。

今日は元々の株が植えてある場所ではなく、熊谷草と山茶花の木の間に植えつけたほうのルーセブラックを記念撮影です。
雪に押しつぶされていた上、かなり汚れた状態で久しぶりに顔を見せてくれたルーセブラックですが(^^ゞ


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


地植えにしてある中で、花芽が一番早くあがったのは、この小苗のほうだったのですが、写真を撮ろうとするときと、降雪との兼ね合いがうまくゆかず・・ ようやく顔が見えたら、やはり足踏み状態だったようで、あまり大きくはなっていませんでした。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春に移植したルーセ・ブラック




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

この写真をご覧になっていらっしゃる方には、何がオモシロイノ?という感じでしょうけれど、黒色好きの私にとりましては、とりわけこの子の生育振りが気になるわけでして・・・(笑)

実は以前この子は、レンゲショウマなどが植えてあるごく暗い日陰のしかも、砂地のようなところに植えつけてしまっていたものなんです。

でもこの2009年春4月に、ざっくりと掘りあげて、モミジの木の下に移植いたしました~

夏には涼しく、冬にはモミジの葉っぱがすべて落ちるので、日当たりがよくなるところです。

そのモミジの隣には、これまた思いのほか大きく成長しすぎているブルーベリーもあって、少々窮屈ではあるのですが、レンゲショウマが植えてあった場所よりはダンゼン具合がよいはずです。

この‘ルーセブラック’は、今年で四年生苗になり、昨年移植した後にもちゃんとお花を幾つか咲かせていましたので、早めに花茎も切り取っておきましたし、きっとオトナな大輪の花を咲かせてくれるはずです。


【PR】通常価格3800円以上のBIC交配が先行予約特別価格! クリスマスローズ BIC交配 AシリーズA-2 DD...は、テーブル・ガーデンさんちで1000円お得に入手できます~
そのほか最近私のお気に入り♪のショップは国華園さんで、何度かお世話になりました!お花の種や秋植え球根も珍しいものなどが豊富に揃っていますよん ^0^
他にもあるかな? ルーセブラックちゃん♪ at Rakuten


どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけどこのシックでオトナの雰囲気が漂うクリスマスローズに釘付け(笑) 早春のお庭に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズを仕込むなら、今が開始の時期であります。

他にもこの春にこぼれたと思われる苗を鉢上げし、ビニールポットで管理しているところなのですが、私としてはお隣のダブルのクリスマスローズと交配させたつもりでいるので、その子の開花も待ち遠しいところです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の雪とルーセ・ブラック様




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

上の写真には1ヶ月あまり、時間の差があるのですが、雪を被っているほうが最近のショットです。
春の雪にみまわれて、ちょっとびっくりしてしまっているクリスマスローズたちですが、驚いてはいたとしても、そんなことはへっちゃらです。開花している子たちも地面にくっつくような感じで横倒しになってましたが、お日様が昇るとちゃんと起き上がって、何事もなかったかのように再びお花を咲かせています。

クリスマスローズの地植えにしてあるガーデンハイブリッド系のものたちもかなりスピードを上げて成長しはじめています。

‘ルーセブラック’は、古参のものはたぶん発芽から六年目、一昨年購入したものは三年生苗ということになろうかとと思われます。今日はその二株を比較考察。古参のもののほうは、はじめ鉢植えで管理してから、半日陰で肥沃なところに植えつけたので、非常に成育が良いのです。見え始めた蕾にもチカラがみなぎっているのですが・・・ 実際に開き始めたのは条件の悪いほうのルーセブラックでした(^^ゞ 二年生苗だったのにすぐに地植えにしてしまい、さらに砂が多く入っているあまり状態としてはよろしくないところに植えてしまったので、心配でしたが蕾の数も三年目にしては申し分ないのです。

ただお花の大きさが小さいような・・・

元気な株の場合、蕾があがり始めると同時にすでに楕円形のようなカタチになるのですが、体力がない株から生まれてくる蕾は球状をしており、いかにも花径が短そうです。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでも取り扱っていますよ~ 


‘ルーセブラック’は私の大のお気に入りのヘレボルスのひとつ。というか、どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけど(^^ゞ シックなオトナの香り漂うお庭の設計を考えるなら、早春に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズはかかせませんよね~~ もっともっとお庭の随所で黒色の花を咲かせてほしいのですけど。

クリスマスローズは古株であっても、地植えにしている限り、成育具合が悪かったり花つきが悪くならない限りは、あまり株分けをせずともよいようですが、夏に高温になるところで育てる場合には、蒸れて株が腐ることもあるようなので、株分けが必要になるのです。

また、個体数自体を増やしたい場合にも、株分けをします。

3芽ほどずつに分けて秋に株分けをしますが、我家の古参のものもそろそろ分けてみようかなぁ~
植えつけてある場所自体、混雑してますので、風通しが悪いと病気にもなりやすいですしね。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラックちゃん ^m^




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024 

2月も後半となりました~~

クリスマスローズの地植えにしてあるガーデンハイブリッド系のものたちもかなりスピードを上げて成長しはじめています。

‘ルーセブラック’は、古参のものはたぶん発芽から六年目、一昨年購入したものは三年生苗ということになろうかとと思われます。今日はその二株を比較考察。古参のもののほうは、はじめ鉢植えで管理してから、半日陰で肥沃なところに植えつけたので、非常に成育が良いのです。見え始めた蕾にもチカラがみなぎっているのですが・・・

新しく購入したものは、二年生苗だったのにすぐに地植えにしてしまい、さらに砂が多く入っているあまり状態としてはよろしくないところに植えてしまったので、昨年からあまり成長していない感じです(;´▽`lllA`` 昨年もなんとか2個だったかお花は咲いたには咲いたのですが、ごくごく小さなものでした。

元気な株の場合、蕾があがり始めると同時にすでに楕円形のようなカタチになるのですが、体力がない株から生まれてくる蕾は球状をしており、いかにも花径が短そうです。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでも取り扱っていますよ~ 


‘ルーセブラック’は私の大のお気に入りのヘレボルスのひとつ。というか、どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけど(^^ゞ シックなオトナの香り漂うお庭の設計を考えるなら、早春に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズはかかせませんよね~~ もっともっとお庭の随所で黒色の花を咲かせてほしいのですけど。

クリスマスローズは古株であっても、地植えにしている限り、成育具合が悪かったり花つきが悪くならない限りは、あまり株分けをせずともよいようですが、夏に高温になるところで育てる場合には、蒸れて株が腐ることもあるようなので、株分けが必要になるのです。

また、個体数自体を増やしたい場合にも、株分けをします。

3芽ほどずつに分けて秋に株分けをしますが、我家の古参のものもそろそろ分けてみようかなぁ~
植えつけてある場所自体、混雑してますので、風通しが悪いと病気にもなりやすいですしね。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出遅れ気味のルーセピンク




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#015

2月、このところの温かさで、やっと日陰の雪が溶け始めてくれて、雪というか氷に押しつぶされていたクリスマスローズたちの成育具合を生で見ることができるようになってきました。

地植えにして、2回目の春をむかえているMIYOSHIの‘ルーセピンク’です♪

我家には‘ルーセブラック’もありまして、この子もブラックたちと同様地植えで管理。
ヒブリドゥス系は、丈夫ですので何の心配もなく、地面に植えつけてしまう私ではあるのですが、はやり二年は鉢植えで管理してから地面に下ろすようにしないと、ちょっと成育が緩慢になります。

確か昨年は花茎が二つあがっていたのですが、今年は現在三つを確認中 ♪(゜▽^*)ノ⌒☆
一応、増えてくれているので、よしとせねばなりません。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’もオススメ♪

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでは、1000円也で販売中の模様です


‘ルーセブラック’も私の大のお気に入りなのですが、私としては早くこの子の八重咲き系を売り出して欲しいなぁ~と思っているのですが、なかなか出回りませんね~
MIYOSHIさん、頑張って!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック2号に!




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

12月ですね~~
師匠も走り回る忙しさ!となるはずのこの月も、大好きなヘラボからのスタートです♪

昨年はどんなお花を咲かせていたのかしらぁ~~ この子はと、写真をまさぐり・・・

2008年 ルーセブラック

あぁ~ はやく春が巡ってこないかと、まんじりともせずに過ごす日々であります。

ところで我家には‘ルーセブラック’は二株ありまして、この子は2号!
昨年、地植えにしたものです。春に小さなお花を咲かせましたが、まだ幼苗でしたので、本来の姿にはなってくれませんでした。

今期咲く花は、もっともっと素敵なはずです!



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでは、1000円也


この‘ルーセブラック’お借りしてきた画像はかなり黒っぽく映っていますけど、実際にはもう少し紫がかった印象です。黒色ということもあって、写真に撮るときの露出の関係もあるのでしょう、ネットで検索していると微妙に花色が違っていて、やっぱり手元で育てない限りは、本当のこの子の質感や黒色の咲きっぷりを実感することはできないと思いました。

≫ Read More

| シェードガーデン | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年栽培リスト クリスマスローズ編

今日は私が育てているヘラボたちをリストにしてみました。
本当は育てているものすべてをリストにしたいのですが、記事の総合計数が1500を超えた現在、なかなか実現できず、まずは私が特に今ハマっているクリスマスローズについて整理してみようと思ったわけです。
この記事を書くときPC内を検索し想い出にふけり、さらに来年の春の成長振りをめでる日がくるのが待ちきれないという気持ちになった私であります。

【主な品種別リスト】
■チベタヌス
2008年01月25日 リベンジ!チベタヌス
チベタヌス

未だなんの音沙汰もなく、し~~~んとしているチベタヌス。
夏に地上部はすべて枯れてしまっているので、土の中でどう過ごしているのやら?皆目見当がつきません。
鉢植えにしてある子は、地植えにしてあったものよりもさらに早い段階で葉っぱが枯れたので、ちょっと心配です。

【PR】 チベタヌスを育ててみよう! at Rakuten




2007年01月31日 幻のヘラボ‘チベタヌス’
チベタヌス


■アーグチフォリウス
2007年02月26日 アーグティフォリウスの蕾!
アウグチフォリウス

今年、もっとも心配な株の一つです。
昨年、冷害だったのか枯れかかってしまって、一切お花が咲かなかった株です。
しかも黒点病のような、なにかウィルスに犯されている感じなのです。
風通しが悪いのかと思い、この秋移殖してみましたが・・・ ミミミです。

【PR】 斑入りのアーグチフォリウスもあります! at Rakuten




■リビダス
2007年01月11日 リビダスの新芽
リビダスの新芽

地植えにしてからどうにも発育が悪いので、結局再びこの秋に鉢植えに戻してしまいました。
寒さに弱い常緑クレマチスと寄せ植えにしてみましたが、すこぶる成育が悪いのではてさて、どうなることやら・・
移殖しようとした段階で、根っこが腐っている感じだったのです。
今のうちに、新しい苗を買っておくしかないのかも!? 

【PR】 リビダスを育ててみよう! at Rakuten





■ステルニー
2006年10月20日 ステルニーシルバースター
ステルニーシルバースター

【PR】 ステルニーを育てよう! at Rakuten





■エリックスミシー
2007年10月31日 エリックスミシーは早咲き系
エリックスミシー


■トルカータス
2008年03月01日ヘラボ・トルカータス
トルカータス 2・20

このトルカータスから以下三種は、2008年から育て始めた小型の原種モノのご紹介。
ニゲルも原種でありますが、とても育てやすいですけど、原種モノのなかには非常に育てにくいものもあるようです。
実際、ヒブリドゥスのこぼれダネから発芽したもののほうが、葉っぱも大きかったりしてます^^;

【PR】 希少な原種に挑戦するぞ! at Rakuten




■ムルティフィドゥス
2008年03月02日ヘラボ・ムルティフィドゥス
ムルティフィドゥス


■ヴィリディス
2008年03月03日ヘラボ・ヴィリディス
ヘラボ・ヴィリディス


■フェチダス
2008年06月07日二代目のフェチダス
ムルティフィドゥス


■ガーデン・ヒブリドゥス
2008年春に撮り溜めたヒブリドゥス系の写真をサムネイル化してみました!
2008年春のヘラボ


【咲き方】
■八重咲き系
2006年04月27日 また来年ね!ニゲルたち
ダブルファンタジー



2008年04月12日 (ノ-^0^)ノキャーキャー♪ 八重咲きのヒブリドゥス(ノ-^0^)ノキャーキャー♪ 八重咲きのヒブリドゥス

2006年から育てています。
恐らく二年生苗だったと思うのですが、友人からプレゼントしていただいたものなので、特別扱い!
やはりこれだけは何があっても枯らすわけには参りません!

【PR】 八重咲きやセミダブルをゲット! at Rakuten





■一重咲き系
・MIYOSHI ‘アプリコット’
2008年04月07日 MIYOSHIのアプリコット
MIYOSHIのアプリコット


ヘラボは交配させて種から育てると親とは違った顔になってしまうことが多いのです。
折角素敵な品種が生まれたら、その花を愉しみたいと思いますよね。そのためメリクロン苗といって親御さんと全く同じお花を咲かせる苗があります。八重咲き系などに多いのです。

【PR】 メリクロン苗でがっちり! at Rakuten


・MIYOSHI ‘ルーセブラック’
・原種系 - ニゲル、ムルチフィダス、ヴィリディス、トルカータス 
・ヒブリドゥス各種

■アネモネ咲き系
2008年04月20日 アネモネ咲きのヒブリドゥス
アネモネ咲きのヒブリドゥス


【入手年度別メモ】
■2008年
・パーティドレス系  ’エレガンスホワイト’(二年生苗)
2006年04月27日 エレガンスホワイトちゃん♪
エレガンスホワイトちゃん♪


・パーティドレス系  ’ローズカメレオン’ 2009年春開花待ち♪
2008年11月13日 1年目の‘ローズカメレオン’
1年目の‘ローズカメレオン’


・パーティドレス系  ’バターイエロースポット’ 2009年春開花待ち♪
・クリスマスローズ ヒブリドゥス(黄色) 2009年春開花待ち♪
・クリスマスローズ ヒブリドゥス(桃色) 茨城産
2008年03月22日 買っちゃった!桃色のヒブリドゥス
買っちゃった!桃色のヒブリドゥス

ちょっとチベタヌスのような和紙の雰囲気があるヒブリドゥスなのです。
退化した花びらがシベのようにみえます。黄色一色でキレイなのですよ~

【PR】 パールピンクもよいわぁ~♪Y(=▽=)Y~☆ at Rakuten



・ムルティフィダス
・ヴィリディス
・トルカータス


■2007年
2007年11月10日 10月の入手苗 ヘラボ編 吉田交配 ダークネクタリーフラッシュ
ダークネクタリー・フラッシュMIX
2009年春開花待ち♪




■2006年
・リビダス
・ステルニー
・ステルニー シルバースター
・MIYOSHI ‘ルーセピンク’
・MIYOSHI ‘アプリコット’
来年の春で三年目。今度はたくさん咲いてくれるかなぁ~Y(=▽=)Y~☆
2008年MIYOSHIのアプリコット



■2005年以前
ニゲルコス ‘バレンタイン・グリーン’

【花色別】

■桃色
・ガーデン・ヒブリドゥス
・MIYOSHI ‘ルーセ・ピンク’

■紫色
2007年04月08日 Helleborus lividus の花
Helleborus lividus の花


■赤色
・ガーデン・ヒブリドゥス

■白色
・ニゲル
・八重咲きのニゲル

■黄色
2007年11月10日 オリエンタリス 黄色系
オリエンタリス 黄色系


■緑色
・バレンタイングリーン
・アウグチフォリウス
2007年04月18日満開のアウグチフォリウス
満開のアウグチフォリウス

・ガーデン・ヒブリドゥス
・その他 原種系

■黒色
2007年03月30日 Helleborus orientalis 'Ruse Black'
オリエンタリス 'ルーセブラック'


■ピコティー系
このタイプは未入手。次の狙いどころのひとつです♪(゜▽^*)ノ⌒☆

【スポット・ベイン別】
■スポット
2008年04月06日時系列で!ヒブリドゥス
Helleborus lividus の花


■フラッシュ
2007年11月10日 ダークネクタリー フラッシュ

■ベイン
ベインとは脈のこと。スジ状に色が入っているタイプ
このタイプは未入手。

■スポット無し
・エリックスミシー
・バレンタイングリーン
・アウグチフォリウス
・ニゲル
・その他 原種系
ニゲルちゃんたちの姿を集めてみました!
2008年 ニゲル

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラックの種

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「鞘の中 どんな子たちが 隠れてる 夢に見るのは 八重の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' 
 または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

クリスマスローズたちもGWをすぎるとさすがに、色あせてどの子も似たような姿になってます。
今年、こぼれた種からの発芽がみられたので、これまでは種はつけさせずすべて花茎を切り取っていた私でしたが、今年は結構種をつけさせちゃいました。

自然に交配してくれているものがほとんどであるのですが、このルーセブラックも種をしっかりとつけてくれています。
でもお花によって、種のつき方がというか子房の膨らみかたが違っていて、そんな姿を見るのも面白いんですよね!

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

特のこの子、異様なまでに膨らんでいて怖いほどです。
一体、誰が父親かしらん? お隣の八重咲き種ではなくて、エリックスミシーだったかもしれないなぁ~などと想像している私です。

一方、以下の写真にあるように・・・

≫ Read More

| クリスマスローズ | 21:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

^0^ 満開のルーセ・ブラック 1号

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「漆黒の 世界に浸る 春の日に 我は佇む いつまでも」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

ルーセブラックの古参株が満開になりました! (∇〃)。o〇○ポワァーン なんと美しいその姿!
先日ご紹介した2号はまだまだ小さいけど、こちらはすでに立派な成人であります。
花弁(ガク弁)には、傷ひとつなく、漆黒に銀色をのせたようなかつ、角度によっては銀色の粉を吹いたような、ベルベットのような風合いもあります。

ではいつもの小躍りダンス!浮かれて踊ってばかりの私です(爆) 
〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノあっそれそれ☆

今年はフェチダスとコルシカスがやられてしまい、花を見ることができなかったので、今咲いてくれている子たちには、がんばったで賞を差し上げたい気分♪

お写真に撮るとかなり紫がかった感じになってしまうのですが、実はもっともっと黒っぽいのですよ~
黒色のお花を本来の色味で、写真に残すって難しいなぁー

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

ルーセブラックの葉っぱは展開しはじめが、このように赤銅色で黒っぽく、ここがまた素敵なんです!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック 2号!

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「日陰にて 黒色の葉も 瑞々し 次の春待つ 若き苗」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#024

昨日の黄色系とは違って、どうしても二人目が欲しくて入手したのが、このルーセブラックです!
本当は黒色の八重が欲しいけど、まだ高値で、文字通り高嶺の花・・・
早くメリクロンの安価なものが出回ってくれないかしら~~

昨年入手した際、鉢に植えずにそのまま地面に植えてしまったのに、ちゃんと1本花茎が伸びて、蕾も三つつきました!

シェードガーデンに植えてありますが、そのエリアがレイズドベッドになっているせいか、古参の株よりも早くお花が咲いたのですが、おたふくマメほどの小さなお花。
やはり株はちゃんと充実していないようです。

お花のほうは古参君で楽しませてもらえるので、この三つの蕾は摘み取り、株の充実をはかっているところです。というわけで、今日はお花の写真はないのであります。葉っぱのみ!

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

ルーセブラックの葉っぱは展開しはじめが、このように赤銅色で黒っぽく、ここがまた素敵なんです!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

力強い(^o^) ルーセ・ブラック

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「早く見せてよ 黒い花 早く見たいな 白い蕊」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

皆さんのところではすっかり満開となっているようですが、我家ではまだこんな状態です。
今年は芽がでるのが早かったのですが、その後の寒波で成長が止まってしまった感じ。
1月に発芽を確認してから2ヶ月あまり経つというのに、まだほんのちょっと黒っぽいというか銅色の葉っぱがちょこっと見えている程度です。

あぁ~待たせるなぁ~ これを回避するのならば、やはり鉢植えで管理するものも手元に置いておかなきゃかな。

ルーセブラック

←今年1月の発芽を確認したときの写真です。
2ヶ月も経つのにこれしか成長してくれてません。

【PR】おぎはら植物園さんにはクリスマスローズ ’ルーセブラック’がまだあるようです!




私が育てているヘラボのなかで、軍を抜いて生育度がよいのが、この子なのです。
他のガーデン・ヒヴリディス系はまだ若苗だったり、秋に株分けをしてしまったりしたために、この子よりもさらに生育が遅いですし、地面からは1個か2個しか花芽が上がっていません。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年ルーセブラックの花芽

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ヘラボレス‘ルーセブラック’

Helleborus orientalis 'Ruse Black' - ヘラボレス‘ルーセブラック’
 今日の一句 「寒い朝 新しき芽は 幾つでたかと 覗き込む 指さしながら」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

人のキオクというのは、あやふやなものです。
こうしてブログに記録をとっているというのに、昨年の発芽がどの程度のものだったのかを正確に想いだすことができません。でも雰囲気的に昨年よりは大株になってくれているような・・・(汗)

筍のごとく、ニョキニョキと現われ始めてます!現在のところ、一株からあがっているのは6つ。順調にいけば、それぞれから5個程度のお花が咲くはずですから、3月までには30輪の真っ黒な花を見ることができるはずです。

肥料やりが上手ならば、この後にも茎があがるはずだし・・・と狸の皮算用(爆)

と、写真もアップしましたが、お花の無い姿には魅力はまるでなく、喜んで小躍りしているのは私だけ?

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスローズ - 10月の管理

実生のニゲル?


すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



今日は現在のヘラボたちの葉っぱの姿を集めてみました。
この子ははじめてこぼれ種から発芽した、実生モノです。
しかも全くヘラボたちを植えていたところではない、辺鄙な(笑)ところからでてきたんですよ。
でももしかすると数年前に私がばら撒いておいたのかもしれませんが、今のところお花も咲いてくれないし、はっきりとした品種は不明です。

葉っぱの形状的には、ニゲル系っぽいのですが、我が家にはバレンタイングリーンもありますし、‘ダブルファンタジー’もありますので、どんなものと交配してくれているのやら。

お花が見れるようになるまでにはまだまだあと数年はかかりそうです。まだ株の直径は6~7センチといったところでしょうか。 

【クリスマスローズの育て方 - 10月の管理】

9月の管理とあまり変わらない(^^ゞです。
ただ、新しい苗の鉢増しや植え付けの最適期となります。

私のところでは、少し霜っぽい感じのものが降りはじめているようです。放射冷却ですごく冷え込んだりした朝には、どの葉っぱにもうっすらとキラキラ光る水滴が見られるようになりました。今後はどんなに暑くなるとしても25度を超えるような日はないはずです。

若芽を出し始めている子たちに虫がついていないか、病気は発生していないかなど、注意深く観察します。

Helleborus lividus - リビダス

Helleborus lividus - リビダス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

夏越しはしてくれたのですが、ヘラボの中で一番元気がないのが、この子。とても心配しているのですが、よくよく見ると地際から少しだけ葉っぱが出ようとしているような雰囲気もあります。
なんとか生き残ってはくれたようですが、とにかく元気がないなぁ~
それにこの子は、耐寒性もあまりないですし、夏越しで一安心はしたものの、今後は越冬にも気を配ってあげなくてはなりません。
と申しましても、腐葉土などでマルチングをしてあげる程度になりそうですが。
もう少し大株になってから地植えにすべきだったと後悔しており、やはり鉢植えにしようかなぁ~と考え中です。

今年の春、軟腐病にやられたか!と心配した株です。
まだマイシン剤をあげていないことに気がつきました。まいてあげなくては。この子は特別扱いです(^^ゞ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Helleborus orientalis 'Ruse Black'

Helleborus orientalis 'Ruse Black' <br />



【学名】Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

鉢植えから地植えにしてお初の開花です!
ルーセ・ブラックはヘラボの中でも大のお気に入りの逸品でありま~~す! 蕾の様子もこちらにございます。

2月中旬に蕾がはっきり見えてから開花まで約1ヶ月を有しました。
待ち遠しかった! 会えてうれしいわ~と声をかけました。

葉っぱまで黒っぽくてツヤがあり、鑑賞していて飽きないヘラボです。


≫ Read More

| black::黒い花 | 06:02 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセ・ブラックの蕾

ルーセ・ブラックの蕾



【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

このルーセ・ブラックの昨年の記事を見てみたら、お花の姿をアップしたのが3月25日。おととしから育てている株です。

やはり今年は降雪がほとんど無かった分、重い雪に邪魔されないのでちょっとだけ早めの開花となりそうです。
でも先日少しだけ雪が降ったんです! こうなるとヘラボたちの姿が真っ白な背景に映えますねぇー 

【PR】ブラックを育ててみる?



無茎種の場合、いきなり地中からエイリアンのようなカタチをした蕾が見えてくるので、ちょっとドキドキです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。