++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株分けした!ルーセブラック様

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花  【今年の開花日】2010年4月6日
【備考】#068

前回の記事で2009年秋にルーセブラックを株分けしているとご報告しておりましたが、今日はその片割れのほうです。こちらは新たにサザンカの木のお隣に移植いたしまして、あまり日光はバリバリに当たらない環境です。

やはり同じ株ですのに、日光量が大きく左右するのでしょうか、カラス葉具合がいい感じ♪です。

でも株分けして地植えにしたときに、チューリップの球根が植えてあったことを失念していた私。
あまりにも近くでチューリップの葉っぱが育ってしまっておりますが・・・

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


お隣には熊谷草も植えてあって、ルーセブラックの開花と呼応するように、とんがり帽子の芽を出し始め、また山茶花の木に絡ませているクレマチスにも蕾が現れはじめています。

お~~春だわぁ~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン この子が終焉を迎えるころには、クレマチスたちも元気に咲き競うてはずであります♪


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


この子を写真に納めた日は日光量が多かったので、またしてもブラックというよりもパープルっぽいモードになってしまっていますが、実際にはもっと黒々としていてシックです!
日陰なので、チーリップの葉っぱは徒長してしまい、お花も咲くんだか、咲かないんだか。(笑)
そもそもなぜこんな日陰に私はチューリップを植えてしまっていたのか、理解不能のオバカ^^;
きっとケチな私は植え付ける場所が見つからずにとりあえずという気持ちで植えたのだと思うのですけど、全く記憶にありません。とロッキードちっく ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株分け後のルーセブラック

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

もともとルーセブラックはこの株から育て始めたわけですが、2009年秋にこのルーセブラックを株分けし、もともと植えていた場所にいるのがこの子。

株分けした片割れのほうは、サザンカの木のお隣に植え付けていて、そのほか別途に後年に入手した子も咲いてくれたので、黒色好きの私としては、お庭で咲く黒色のお花が増えてくれてとっても満足!

その上、今年は若泉様のお宅のブルーブラックも初開花♪ うふふ (∇〃)。o〇○ポワァーン

割りに大きな株に成長してくれていたので、株分けしたにもかかわらずそれぞれ花茎は3~4本しっかりとあがり、蕾も3個ずつは確実についている様子。

一番成績がよくないのは二代目の子ですけど、でも葉っぱの黒色の出具合がもっとも良いのは一番花付きがよくない苗です。


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


今日のこのルーセブラックは、ほとんど日陰にならない場所に植えてあるので、太陽は夏場も当たりたい放題。
多少は椿やキンモクセイ、あるいはウメモドキが木陰をつくるのですけど、それでもお天気の良いときには太陽光線が強すぎて、お写真を撮るときにハレーションを起こしてしまいます^^;
ちょっと花曇り的なお天気のときに写さないと、この子本来の黒色がお伝えできず恐縮です。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二代目のルーセブラックが先に開花!

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

2009年秋に初代のルーセブラックを株分けしてしまったので、古参の株のほうはまだ開花にいたっておらず・・・

二代目の株の小苗ほうが先に開花してくれました。
といっても、この子も鉢で育てずにいきなり地植えなんかにしていまったので、なかなか大株になれないのです。
けど、私は大株よりも小さいままでいて欲しいという気持ちもあって、ジレンマ。

確かに大株でないと、お庭の中では目立たず見ごたえはないのですけど、小さな株のほうには健気さがあって、とてもかわいらしいのですもの。

さて、この子は、開花の頃にしっかり寒さに当たり、低温期が長く、開花スピードがゆっくりだったせいでしょうか。その黒色の具合がとてもしっかりとでています。
あまりお日様に当てすぎないこともよいのかなぁ~

一代目の大株になったほうのルーセブラックには、紫色が強めに現れるようになってしまったような気がしたのです。

でも曇天が続き、太陽光線があまり当たっていないだけかしら?こんなに黒色に見えるのは?


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


葉っぱもすべてカラス葉で、真っ黒(言葉のあやですね。やや紫色は入ってますけど)
このくらいの大きさと色の出具合のままでいて欲しいわぁ~ でも時間が経過するとカラスではなくなってしまうのですよね~ 残念。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック2号に蕾!

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

2009年秋にルーセブラックを株分けいたしましたので、我家のお庭では3箇所でルーセブラックが咲いてくれる予定です!ただ、株分け後は花付はそうよくはないはず・・・
もちろん教科書どおり、株分けのときに、3芽づつ以上は温存しながら分けたのですけど。

今日は元々の株が植えてある場所ではなく、熊谷草と山茶花の木の間に植えつけたほうのルーセブラックを記念撮影です。
雪に押しつぶされていた上、かなり汚れた状態で久しぶりに顔を見せてくれたルーセブラックですが(^^ゞ


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


地植えにしてある中で、花芽が一番早くあがったのは、この小苗のほうだったのですが、写真を撮ろうとするときと、降雪との兼ね合いがうまくゆかず・・ ようやく顔が見えたら、やはり足踏み状態だったようで、あまり大きくはなっていませんでした。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春に移植したルーセ・ブラック




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

この写真をご覧になっていらっしゃる方には、何がオモシロイノ?という感じでしょうけれど、黒色好きの私にとりましては、とりわけこの子の生育振りが気になるわけでして・・・(笑)

実は以前この子は、レンゲショウマなどが植えてあるごく暗い日陰のしかも、砂地のようなところに植えつけてしまっていたものなんです。

でもこの2009年春4月に、ざっくりと掘りあげて、モミジの木の下に移植いたしました~

夏には涼しく、冬にはモミジの葉っぱがすべて落ちるので、日当たりがよくなるところです。

そのモミジの隣には、これまた思いのほか大きく成長しすぎているブルーベリーもあって、少々窮屈ではあるのですが、レンゲショウマが植えてあった場所よりはダンゼン具合がよいはずです。

この‘ルーセブラック’は、今年で四年生苗になり、昨年移植した後にもちゃんとお花を幾つか咲かせていましたので、早めに花茎も切り取っておきましたし、きっとオトナな大輪の花を咲かせてくれるはずです。


【PR】通常価格3800円以上のBIC交配が先行予約特別価格! クリスマスローズ BIC交配 AシリーズA-2 DD...は、テーブル・ガーデンさんちで1000円お得に入手できます~
そのほか最近私のお気に入り♪のショップは国華園さんで、何度かお世話になりました!お花の種や秋植え球根も珍しいものなどが豊富に揃っていますよん ^0^
他にもあるかな? ルーセブラックちゃん♪ at Rakuten


どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけどこのシックでオトナの雰囲気が漂うクリスマスローズに釘付け(笑) 早春のお庭に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズを仕込むなら、今が開始の時期であります。

他にもこの春にこぼれたと思われる苗を鉢上げし、ビニールポットで管理しているところなのですが、私としてはお隣のダブルのクリスマスローズと交配させたつもりでいるので、その子の開花も待ち遠しいところです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の雪とルーセ・ブラック様




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

上の写真には1ヶ月あまり、時間の差があるのですが、雪を被っているほうが最近のショットです。
春の雪にみまわれて、ちょっとびっくりしてしまっているクリスマスローズたちですが、驚いてはいたとしても、そんなことはへっちゃらです。開花している子たちも地面にくっつくような感じで横倒しになってましたが、お日様が昇るとちゃんと起き上がって、何事もなかったかのように再びお花を咲かせています。

クリスマスローズの地植えにしてあるガーデンハイブリッド系のものたちもかなりスピードを上げて成長しはじめています。

‘ルーセブラック’は、古参のものはたぶん発芽から六年目、一昨年購入したものは三年生苗ということになろうかとと思われます。今日はその二株を比較考察。古参のもののほうは、はじめ鉢植えで管理してから、半日陰で肥沃なところに植えつけたので、非常に成育が良いのです。見え始めた蕾にもチカラがみなぎっているのですが・・・ 実際に開き始めたのは条件の悪いほうのルーセブラックでした(^^ゞ 二年生苗だったのにすぐに地植えにしてしまい、さらに砂が多く入っているあまり状態としてはよろしくないところに植えてしまったので、心配でしたが蕾の数も三年目にしては申し分ないのです。

ただお花の大きさが小さいような・・・

元気な株の場合、蕾があがり始めると同時にすでに楕円形のようなカタチになるのですが、体力がない株から生まれてくる蕾は球状をしており、いかにも花径が短そうです。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでも取り扱っていますよ~ 


‘ルーセブラック’は私の大のお気に入りのヘレボルスのひとつ。というか、どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけど(^^ゞ シックなオトナの香り漂うお庭の設計を考えるなら、早春に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズはかかせませんよね~~ もっともっとお庭の随所で黒色の花を咲かせてほしいのですけど。

クリスマスローズは古株であっても、地植えにしている限り、成育具合が悪かったり花つきが悪くならない限りは、あまり株分けをせずともよいようですが、夏に高温になるところで育てる場合には、蒸れて株が腐ることもあるようなので、株分けが必要になるのです。

また、個体数自体を増やしたい場合にも、株分けをします。

3芽ほどずつに分けて秋に株分けをしますが、我家の古参のものもそろそろ分けてみようかなぁ~
植えつけてある場所自体、混雑してますので、風通しが悪いと病気にもなりやすいですしね。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラックちゃん ^m^




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024 

2月も後半となりました~~

クリスマスローズの地植えにしてあるガーデンハイブリッド系のものたちもかなりスピードを上げて成長しはじめています。

‘ルーセブラック’は、古参のものはたぶん発芽から六年目、一昨年購入したものは三年生苗ということになろうかとと思われます。今日はその二株を比較考察。古参のもののほうは、はじめ鉢植えで管理してから、半日陰で肥沃なところに植えつけたので、非常に成育が良いのです。見え始めた蕾にもチカラがみなぎっているのですが・・・

新しく購入したものは、二年生苗だったのにすぐに地植えにしてしまい、さらに砂が多く入っているあまり状態としてはよろしくないところに植えてしまったので、昨年からあまり成長していない感じです(;´▽`lllA`` 昨年もなんとか2個だったかお花は咲いたには咲いたのですが、ごくごく小さなものでした。

元気な株の場合、蕾があがり始めると同時にすでに楕円形のようなカタチになるのですが、体力がない株から生まれてくる蕾は球状をしており、いかにも花径が短そうです。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでも取り扱っていますよ~ 


‘ルーセブラック’は私の大のお気に入りのヘレボルスのひとつ。というか、どのヘレボルスも甲乙つけがたいのですけど(^^ゞ シックなオトナの香り漂うお庭の設計を考えるなら、早春に漆黒の花を咲かせるクリスマスローズはかかせませんよね~~ もっともっとお庭の随所で黒色の花を咲かせてほしいのですけど。

クリスマスローズは古株であっても、地植えにしている限り、成育具合が悪かったり花つきが悪くならない限りは、あまり株分けをせずともよいようですが、夏に高温になるところで育てる場合には、蒸れて株が腐ることもあるようなので、株分けが必要になるのです。

また、個体数自体を増やしたい場合にも、株分けをします。

3芽ほどずつに分けて秋に株分けをしますが、我家の古参のものもそろそろ分けてみようかなぁ~
植えつけてある場所自体、混雑してますので、風通しが悪いと病気にもなりやすいですしね。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出遅れ気味のルーセピンク




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#015

2月、このところの温かさで、やっと日陰の雪が溶け始めてくれて、雪というか氷に押しつぶされていたクリスマスローズたちの成育具合を生で見ることができるようになってきました。

地植えにして、2回目の春をむかえているMIYOSHIの‘ルーセピンク’です♪

我家には‘ルーセブラック’もありまして、この子もブラックたちと同様地植えで管理。
ヒブリドゥス系は、丈夫ですので何の心配もなく、地面に植えつけてしまう私ではあるのですが、はやり二年は鉢植えで管理してから地面に下ろすようにしないと、ちょっと成育が緩慢になります。

確か昨年は花茎が二つあがっていたのですが、今年は現在三つを確認中 ♪(゜▽^*)ノ⌒☆
一応、増えてくれているので、よしとせねばなりません。



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’もオススメ♪

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでは、1000円也で販売中の模様です


‘ルーセブラック’も私の大のお気に入りなのですが、私としては早くこの子の八重咲き系を売り出して欲しいなぁ~と思っているのですが、なかなか出回りませんね~
MIYOSHIさん、頑張って!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック2号に!




【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#024

12月ですね~~
師匠も走り回る忙しさ!となるはずのこの月も、大好きなヘラボからのスタートです♪

昨年はどんなお花を咲かせていたのかしらぁ~~ この子はと、写真をまさぐり・・・

2008年 ルーセブラック

あぁ~ はやく春が巡ってこないかと、まんじりともせずに過ごす日々であります。

ところで我家には‘ルーセブラック’は二株ありまして、この子は2号!
昨年、地植えにしたものです。春に小さなお花を咲かせましたが、まだ幼苗でしたので、本来の姿にはなってくれませんでした。

今期咲く花は、もっともっと素敵なはずです!



【PR】 漆黒の花姿が美しいクリスマスローズ ’ルーセブラック’

他にもまだあるかな? at Rakuten

おぎはら植物園さんちでは、1000円也


この‘ルーセブラック’お借りしてきた画像はかなり黒っぽく映っていますけど、実際にはもう少し紫がかった印象です。黒色ということもあって、写真に撮るときの露出の関係もあるのでしょう、ネットで検索していると微妙に花色が違っていて、やっぱり手元で育てない限りは、本当のこの子の質感や黒色の咲きっぷりを実感することはできないと思いました。

≫ Read More

| シェードガーデン | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラックの種

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「鞘の中 どんな子たちが 隠れてる 夢に見るのは 八重の花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' 
 または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

クリスマスローズたちもGWをすぎるとさすがに、色あせてどの子も似たような姿になってます。
今年、こぼれた種からの発芽がみられたので、これまでは種はつけさせずすべて花茎を切り取っていた私でしたが、今年は結構種をつけさせちゃいました。

自然に交配してくれているものがほとんどであるのですが、このルーセブラックも種をしっかりとつけてくれています。
でもお花によって、種のつき方がというか子房の膨らみかたが違っていて、そんな姿を見るのも面白いんですよね!

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

特のこの子、異様なまでに膨らんでいて怖いほどです。
一体、誰が父親かしらん? お隣の八重咲き種ではなくて、エリックスミシーだったかもしれないなぁ~などと想像している私です。

一方、以下の写真にあるように・・・

≫ Read More

| クリスマスローズ | 21:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

^0^ 満開のルーセ・ブラック 1号

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「漆黒の 世界に浸る 春の日に 我は佇む いつまでも」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#005

ルーセブラックの古参株が満開になりました! (∇〃)。o〇○ポワァーン なんと美しいその姿!
先日ご紹介した2号はまだまだ小さいけど、こちらはすでに立派な成人であります。
花弁(ガク弁)には、傷ひとつなく、漆黒に銀色をのせたようなかつ、角度によっては銀色の粉を吹いたような、ベルベットのような風合いもあります。

ではいつもの小躍りダンス!浮かれて踊ってばかりの私です(爆) 
〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノあっそれそれ☆

今年はフェチダスとコルシカスがやられてしまい、花を見ることができなかったので、今咲いてくれている子たちには、がんばったで賞を差し上げたい気分♪

お写真に撮るとかなり紫がかった感じになってしまうのですが、実はもっともっと黒っぽいのですよ~
黒色のお花を本来の色味で、写真に残すって難しいなぁー

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

ルーセブラックの葉っぱは展開しはじめが、このように赤銅色で黒っぽく、ここがまた素敵なんです!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセブラック 2号!

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’

Helleborus hybridus 'Ruse Black' - ガーデン・ヒヴリデゥス ‘ルーセ・ブラック’
 今日の一句 「日陰にて 黒色の葉も 瑞々し 次の春待つ 若き苗」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus hybrids 'Ruse Black' または Helleborus orientalis 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ガーデン・ヒヴリディス ‘ルーセ・ブラック’ 
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色
【備考】#024

昨日の黄色系とは違って、どうしても二人目が欲しくて入手したのが、このルーセブラックです!
本当は黒色の八重が欲しいけど、まだ高値で、文字通り高嶺の花・・・
早くメリクロンの安価なものが出回ってくれないかしら~~

昨年入手した際、鉢に植えずにそのまま地面に植えてしまったのに、ちゃんと1本花茎が伸びて、蕾も三つつきました!

シェードガーデンに植えてありますが、そのエリアがレイズドベッドになっているせいか、古参の株よりも早くお花が咲いたのですが、おたふくマメほどの小さなお花。
やはり株はちゃんと充実していないようです。

お花のほうは古参君で楽しませてもらえるので、この三つの蕾は摘み取り、株の充実をはかっているところです。というわけで、今日はお花の写真はないのであります。葉っぱのみ!

【PR】クリスマスローズ ’ルーセブラック’!育ててみます?

ルーセブラックの葉っぱは展開しはじめが、このように赤銅色で黒っぽく、ここがまた素敵なんです!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーセ・ブラックの蕾

ルーセ・ブラックの蕾



【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#005

このルーセ・ブラックの昨年の記事を見てみたら、お花の姿をアップしたのが3月25日。おととしから育てている株です。

やはり今年は降雪がほとんど無かった分、重い雪に邪魔されないのでちょっとだけ早めの開花となりそうです。
でも先日少しだけ雪が降ったんです! こうなるとヘラボたちの姿が真っ白な背景に映えますねぇー 

【PR】ブラックを育ててみる?



無茎種の場合、いきなり地中からエイリアンのようなカタチをした蕾が見えてくるので、ちょっとドキドキです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。