++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月の雪

Helleborus foetidus - ヘレボルス・フェチダスHelleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

ホントに2月以降、どれだけアップダウンの激しい気候に悩まされたことか!

昨日も大雪っていっても積雪量は数センチではありましたが、もうGWも目前の4月後半です。17日に雪が降ったのは41年ぶりでその時の積雪量は20センチ余り。驚くばかりでしたが、また降るとは (>o<")

一昨日は気温が20度にまで上がって、春爛漫。サクラも満開になって心地よかったのに一転して昨日の雪です。
鉢物はあまりの温かさに水不足で、葉っぱが萎びてしまうほどだったのに、翌日は雪だなんて。
どの子たちも大慌てです。
もう嫌気が差して昨日はお写真は撮りませんでしたが、前回降ったときには記録を残しておきました。

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス


一番被害があったのは、フェチダスでした。
油断して、鉢を軒下からお庭に出してしまっていたところに、水分をたっぷり含んだ重たい雪でしたから、花茎が何本か折れてしまっています( ノД`)シクシク…

無茎種のクリスマスローズたちにしても、葉っぱが鉢の縁に当たってしまい、そこからポッキリと折れてしまっていたり、花茎もイナバウワー^^;

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


私はといえば、あわててつもりにつもった雪を葉っぱやお花を傷めないようにと、書き落とす作業。
手がアカギレで真っ赤になりそうでした。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるで金色なるフェチダス

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’


【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

ホントにこの寒さの中で、長い間愉しませてくれるなぁ~とあらためて感謝しているのが、フェチダス‘ゴールドブリオン'です。11月末に開花してから、次第にお花の鈴なり状態&発色に凄みが増してきています。

ただ、残念なのが冷害によるシミのようなものが多数見られる点です。

はじめは病気に罹ったのではないかとやきもきしましたが、やはり寒さによって凍みてしまったために、花首の周辺に少し灰色~茶色の斑点のようなものがでてしまいました。
遠目で見る分にはあまり気にならないのですけど。


【PR】花は黄緑色の丸弁鈴咲きで葉は細かく切れ込みが入った黄色い葉が特徴の!!クリスマスローズは、花と雑貨・あとりえピルツハウスさんちで2,980円也~

すでにかわいいテラコッタに植えつけられていて、鉢増しする必要もなさそう~
お得感がありますね~~ (^_-)-☆
フェチダスを探そう! at Rakuten


通常の緑色したほうのフェチダスには痛みはないのですけど、この子は開花時期が年明け前だったこともあり、寒さに順応しきれなかったのでしょうね。それにこの子は、もともと色白といいますか、茎の部分にしても、黄色~白色でして、いかにも弱弱しい色あいなんです。

ですけれど日にちの経過とともに増してきた黄金色の葉っぱたちは、太陽の光を浴びようものなら、光り輝くほどで、お写真ではお伝えしきれないほどにゴージャスですY(=▽=)Y~☆

株元から伸び始めた来年の花茎も、初めのうちは古い葉っぱに守られるようにしていましたが、最近になって古葉から頭を出し始めています。もっとも2枚ほど古葉を切って、太陽が当たるようにとお手伝いもしましたが。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

口紅を引き始めたフェチダス

Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

12月の末から咲き始めている古参のフェチダスですが、やっと赤い口紅をさしはじめました。

はじめのころは緑色一色でしたが、やはり口紅をつけはじめると、表情豊かになりますね~(^_-)-☆

フェチダス‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうがかなり寒さでお花が痛んでしまっているのに、こちらは、お花に痛みがほとんど見受けられません。‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうがやや寒さに弱いようです。

株元からあがっている二本目の花茎からもいよいよ蕾があがってくれているので、まだ二年目の株ですのに、これだけ立派に育ってくれたらもういうことなしです!



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



まだまだこの子はゆっくりと先進んでゆくので、満開の時期を迎えるまでには1ヶ月はかかると思います。
また満開となったら撮影会をひらかなくちゃ!といっても参加者は私だけですけど( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒さで痛んだ・・ゴールドブリオン

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’


【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

さてさて、かわいくて仕方がない‘ゴールドブリオン’ちゃん。
今年も何枚この子を対象として記念撮影したことか! まだまだ記念撮影することになると思いますけど。

寒くなってくるとヒトツ撮影での愉しみができます。

空気が凍るので、自分でレンズに息を吹きかけますと、簡単フィルターができまして加工しなくても面白い写真が撮れたりするのです。
あまりにも強い陽射しのなかで撮影するときにも有効です^0^

ところがそんなふうに撮影を愉しんでいる場合ではなかった _| ̄|○
なんと蕾に灰色っぽい部分が多数見受けられるではありませんか!


【PR】花は黄緑色の丸弁鈴咲きで葉は細かく切れ込みが入った黄色い葉が特徴の!!クリスマスローズは、花と雑貨・あとりえピルツハウスさんちで2,980円也~

すでにかわいいテラコッタに植えつけられていて、鉢増しする必要もなさそう~
お得感がありますね~~ (^_-)-☆
フェチダスを探そう! at Rakuten


クリスマスローズの中でもちょっと寒さによわいフェチダス。この‘ゴールドブリオン’は通常のフェチダスよりも色あいが黄色っぽく、さらに寒さに弱いようです。

どうやら寒さにやられて痛んでしまっている様子。あわててさらにマルチングを殖やしたり、夜間は軒下からさらに厳寒内に取り込むようにしましたが・・・ がっかり。
それでも茎そのものにはダメージは無い様子なので、なんとかやり過ごせるかな。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのフェチダスも!

Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

古参のフェチダスといっても古参の子たちは次々に天に召されてしまい、まだ二年目のフェチダスもようやく開花しはじめてきました。先にご紹介している‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうは、すでに満開の状態になっているというのに、随分と遅れをとりました。

でも株そのものの大きさは倍以上ありますし、花茎も蕾をもっているものがもう1本あります。
小さなほうはそうたくさんの蕾はなさそうですが。



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



咲き始めですので、まだ口紅の色ははっきり出ておりませんが、来年の成人式の頃にはたぶんはっきりと赤色の口紅もあらわれてくると思います。
‘ゴールドブリオン’のほうには口紅はないのかと思っていましたら、少しだけ口紅が現れてきていますし。
まだまだ見逃すことができないところを存分に供えた子たちです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年目のフェチダスもいよいよ

Helleborus foetidus- 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

お引っ越し後、第一弾の記事はやっぱりクリスマスローズでした♪
今日から12月、いよいよ暦もあと一枚を残すのみ。一年はあっという間です。

さて、今日はフェチダスをご紹介^0^ 黄色っぽいお花の‘ゴールドブリオン’のほうはとっくに満開ですのに、この子はなかなか花茎が太らなかったので心配でしたが、ここにきてどうやら蕾がてんこもりになっているらしいことを発見♪

実はこの子は梅雨のころだったか、タネが落ちる前に花茎が腐ってしまったので、とてもあわてふためいたのです。ベンレートの粉をたっぷり振りかけて様子を見ておりましたら、無事あらたに花茎があがってくれたのです。~(〃´o`)=3
そんな事情もあって、少し復帰が遅かったのかもしれません。



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス

フェチダスの場合、有茎種なのですが、昨年咲いた花茎は枯れてしまい、新たに伸びた花茎にお花が鈴なりに咲きます。

で、この子。

くっさ~~~

これまでで一番ヒドイ異臭を放つタイプのフェチダスでありました。お花が咲いてから異臭を放つのだろうと思っておりましたら、すでにクンクンするとニオっております^^;
ゴールドブリオンのほうからは、ほとんどニオイはでないのにねぇ~ 同じフェチダスでもかなり差があります。

なので、玄関に程近いところには、この鉢は置けません(^^ゞ
ちょっと人から離れたところに置きませんと(笑) 足元の‘ヒューケラ’や‘プリムラ’も元気で、先日は‘プリムラ’も狂い咲きしておりました。今年はどうも気候が変。
狂い咲きする子が多いような気がします。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄金色のフェチダス カイカセリ!




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

なんと! 年内にクリスマスローズが開花したのは初めてです! そうこれまではちっともクリスマスの時期には、我家にはクリスマスローズは無く、春のお花だったのですが、今年は違うのです。

しかも、このゴールドブリオンは、昨年購入したばかりで、苗も小さく10センチも背丈はなかったですし、まさか今年中に咲いてくれるとは思ってもいませんでした。

なので私の小躍りダンスにもチカラが入ります!

ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ 

現在は、草丈も30~40センチくらいはあるでしょうか。名前のとおり、ひときわ黄金色に輝いております。




それどころか、葉っぱの色がゴールドになってくれないので、正常に育っているのかどうかすら、不安だったのです。ところが、花茎の先端がきれいな黄緑色になったかと思ったら、ぷっくりと膨らみ始め、10月の半ばには、蕾が見えてきたのです。

遂に開花です (∇〃)。o〇○ポワァーン

はじめは狂い咲き?かと思い、摘雷せねばならないかとも迷っていたのですが、そのまま様子を見ていたら、どうやら蕾の数も一個やニ個ではないですし、これは本格的な開花の予感♪と胸躍らせつつ、待っていた私~ もちろん小躍りダンスです!

シャカシャカ ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ  ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ

古参のフェチダスは口紅をつけていますが、この子はどうやら口紅はないみたいです。
紅色の変わりにうっすらと白色の縁取りがあるようです。
あのフェチダスにありがちな、クサイ匂いもほとんどないのが、また嬉しい!(笑)


【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2980円也~
私は昨年おぎはら植物園さんで1200円で購入しましたが、開花株ですと3000円ほどするんですね ♪(゜▽^*)ノ⌒☆ なんか得した気分です(笑)

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten


古参のフェチダスのほうは、まだ蕾は上がっておりません。同じフェチダスなのに、どうしてなのかしら?
このフェチダス‘ゴールドブリオン’はプラ鉢で、古参のフェチダスのほうは、素焼きの大鉢で育てており、差はそのくらいなものなのですけど。

もっとも古参のフェチダスのほうも、ぷっくりと花茎が膨らみつつあり、蕾が見えそうな見えなさそうな感じですが、年内に開花するかどうかは確信が持てないのです。でも随分ぷっくりと花茎の上部が膨らんできているので、蕾をかかえてくれていることは確かです!

先陣を切って咲いてくれた黄色のフェチダス‘ゴールドブリオン’のかわいらしさ~ 本当にうっとりです!(∇〃)。o〇○ポワァーン

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

果たしてゴールドになるのか!




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

購入したときには、確かに名前のようにゴールド、つまり黄色が強く現れていたフェチダス‘ゴールドブリオン’だったですが、あれから約9ヶ月。大きくのびのびと成長してくれたものの、背丈はともかく色がぁ~~~ とんどん緑色に変化中です(;´▽`lllA``

これでよいのか?

夏越し中は半日陰で管理しておりましたが、まだら日陰を作って上げられなかったのがよくなかったのか、あるいは冬の気温が低いときにだけ黄色になるのかしら?

まだ丸一年経過していないし、二年生苗でゲットしたのでよくわからないのです。

通常のフェチダスと比べてみても、葉色にあまり違いがないのです。ほんの少しだけ黄緑色が強い感じはあるのですが。




でも、気を取り直して見守りつづけることといたします。
身長もさることながら、株元には2本の花茎らしいものが上がっているような・・・ それとも葉っぱだけかしらん?新たに展開している葉っぱは柔らかな黄色が強いようにも見えます。

花茎の先端部分はふっくらとしているので、どうやらお花が仕込まれている模様です。


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい Y(=▽=)Y~☆
私はおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



昨年、古参のほうのフェチダスからタネを取ろうとしたのですが、水をやりすぎてしまったせいで、あともう少しでタネが結実しそうだったのに、花茎が腐ってしまって・・・ ヘ(x_x;)ヘ
株全体が腐ってしまったらどうしよう~~と思いましたが、べンレートを降りかけたのが幸いしたのか、その後は順調に育っています。古参のほうはまた次回ご紹介しますね~(^_-)-☆

≫ Read More

| クリスマスローズ | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェチダスの鉢増し・・・^^;




【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

失敗、失敗! 

支柱を立てておくべきでした・・ _| ̄|○  開花から1ヶ月経った頃には、鉢の淵から下へ頭がすっかり倒れるような格好になってしまっているフェチダスです。

これほどまでにたわわに咲いてくれるとは思っても見なかったので、支柱を立てずに放置しておきましたら、ちっとも上を向かず、下にばかり向かってお花が咲いてしまってます(笑)


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
おぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 とされていましたが、どうも今年は開花しないみたい・・・

黄金色のフェチダスもかわいいですよ~! at Rakuten



支柱を立てたいですけど、もう茎が曲がって下垂した状態でほぼ固定されているような状態。
いまさら支柱を立てても無意味っぽいです。 オバカ。
有茎種の場合には、早々に支柱を立てるとか、なにか対策を講じなくてはなりません。

お忘れなく・・・ ^^;

というわけで、開花中であるのにもかかわらず、鉢増して支柱を立てることを決行することとしました。
近所のHCで大振りのテラコッタが半額セールだったのと、ちょっとかわいい大振りのトピアリーをみつけたで、この子をそっと鉢から抜いて、根鉢を崩さずに植えつけました。

お~~、結構根っこが回ってるわ~

その際、先日購入したビクトリアナとヒューケラを一緒に植えました~ ^^

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと成長!ゴールドブリオン




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

12月にゲットした、フェチダス‘ゴールドブリオン’ですが、あれからどのくらい成長してくれたんだろう~。

鉢増し後、ちょっと寒さに弱いこの子の行く末が心配で、毎日のように眺めているので、どの程度成長しているのか、わかりにくいのです。そうしたときには、以前写したお写真と見比べるのが一番!

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’

12月に鉢増しした直後の様子 ^0^  → 

お~~明らかに大きくなってくれてますぞ!
葉っぱそのものの長さも伸びていますし、新たに展開している葉っぱも真ん中に見えています。
これならば大丈夫! 大丈夫!


古参のフェチダスはもう早々に満開となっていて、収穫前の稲穂のごとく首を垂れている状態なのです。この子も来年にはお花を咲かせてくれるかな?


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい Y(=▽=)Y~☆
私はおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



この子たち同士で交配してできた種からはどんな子が生まれるのかしらん。
そんな愉しみもありマス

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満開のフェチダス♪




【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

三年苗だと思われるフェチダスの蕾の様子をご紹介してから、半月ほど経ったところでお花が開き、シベたちが見えてくるようになりました!

二種類目となる、‘ゴールドブリオン’のほうには、蕾は一切なく、今年の春に愉しめるフェチダスはこの一鉢のみ。もっとも早い開花です! 昨年は枯らしてしまったため、またほかのヘレボルスたちは地植えで雪のストレスがあるために、開花時期が遅いのです。

鉢植えですと、開花時期が早まるので、他にもヒブリドゥスに蕾があがっていて、まもなく様々な色や形状の花が咲き始めてくれるのです。

もう一つ、育てているのがゴールドブリオンですが、こちらは黄色の葉っぱ! ↓


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
おぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~ なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい~~^0^

黄金色のフェチダスも育てよう! at Rakuten



今回咲いたフェチダスは葉っぱの色もお花も黄緑色。
お日様の射し具合によって、表情も変わります。 そして蕾のうちはわからなかった口紅のような赤い覆輪も確認できました。

まだ苗が若いせいなのか、もともとこのくらいの感じなのかしら。以前育てていたフェチダスよりもやや赤い色が薄いような気がします。

≫ Read More

| green::緑色の花 | 07:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二年目のフェチダスに花♪




【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

じゃじゃ~~~ん ^0^

古参の・・といっても三年苗だと思われるフェチダスが、いよいよ蕾をたくさんあげはじめています!昨年の秋には、二種類目となる、‘ゴールドブリオン’もゲットしまして、今年度フェチダスは二種類を育てております。

前年は、地植えにしていたフェチダスを枯らしてしまいましたので、今後は地植えにはせずに鉢植えで管理する予定です。 もっとも霜が当たらないところに場所を確保できる場合には、地植えに変えたいのですが・・・ 鉢植えの場合水遣りの時間帯に問題があるのです。


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’は、おぎはら植物園さんでお世話になりましたが、こちらも順調です!
ただ、まだ今年の開花は無理。葉っぱのみの小さな立ち姿です。こちらの開花は来年のお愉しみ♪ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

黄金色のフェチダスも育てよう! at Rakuten



もしかすると黄金色のものは、少し弱いのではないかしら~と想像しつつ見守っておりますが、こちらの子は、びっくりするほど昨年よりも大きくなってくれています。
これほどまでに成育良く蕾をつけてくれるとは思っていなかったので、本当に嬉しい~ Y(=▽=)Y~☆
どうやら支柱が必要だぁ~~と焦っているのですが、たんまりと雪をかぶせさせなければ大丈夫かな。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Helleborus foetidus 'Gold Bullion'




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

フェチダスでは二種類目となる、‘ゴールドブリオン’です。
鉢増し後の状態もよく、スクスクと育っている感じです。

もうひとつ育てているほうには、蕾が見えはじめてきていて、前回のように温度管理に失敗しなければ、(^^ゞ 来年には初開花の見込みです。 一方こちらは、二年生苗ですので後二回は冬を越さねば、お花の姿を見ることはできないと思いますが。

それでも葉っぱに観賞価値があり、十二分に愉しんでいます。


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい~~

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



咲くお花も黄色で紅を射すようで、今から開花が非常に待ち遠しいのですが、愉しみはずっと先にあるほうが、喜びも大きいと思い込ませつつ・・(爆)
余裕があるなら、来年早春に開花株でゲットしたかったところです。

あまりHCなどでも見かけないですし、(もっとも私のところは田舎なので・・・)やはり確実に射止めるなら、ネットが一番です。今回もおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月の入手苗 クリロー編♪




【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrid
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~4月

今回入手したクリローちゃんたちのご紹介です。いつものごとくおぎはら植物園様でお世話になりました m(__)m

開花株ですとお高いので、9cmポット苗のものばかりでして・・・^^; 『開花までには通常1~2年かかります』 という、注意書きがあるものばかりです。
では、では、交雑されたもののなから、えりすぐりのものを取り出して、製品化したメリクロン苗たちをご紹介!

ともうしますか、昨今、健忘の度合いが上がっておりますゆえ、私のため備忘録であります(^^ゞ
鉢増しのことを考えるなら、霜や雪が降りはじめる前の10月頃に入手すべきでしたが! 欲しいものはもうすでに「売り切れ」の文字がありました。 バカだったなぁ~

あっ、ちなみに『』でくくってある文章は、おぎはら植物園さんの商品紹介をそのまま引用させていただきました!


【PR】新商品クリスマスローズ  ‘エレガンスピンクスポット’は、『八重咲きは生育が遅く育てにくいという常識を覆す強健な八重咲きのメリクロン 優良種 新色で明るいピンクにパウダー状のスポットが入るやさしい色合い』という
価格は、 2000円也~
昨日もご紹介した‘バターイエロースポット’‘エレガンスホワイト’とどうよう、MIYOSHIのパーティドレス系でありまして、お値段はこの子がグンを抜いてお高いのですが、八重咲き種も以前に比べるとかなり安価になってはきたように思えます。
【備考】#043



【PR】クリスマスローズ ‘ピンクラッフル’【FG1114SP】  『縁取りが美しいピコティ咲きでやや剣弁花 101PC‘ピコティ’に比べ白っぽく爽やかな色 新しいピコティコレクションに 花茎は太くすっと立ち上がり、開花期はとても目立つ 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統』 
価格は、 800円也~
こちらはフラッシュ系で、ソバカスが集合体になってシベの回りを飾るのです。他に‘ダークネクタリーフラッシュ’を春から育てております!
【備考】#036



【PR】クリスマスローズ ‘カシスレッド’  『待望のメリクロン濃赤品種 花茎も強くしっかりと立ち上がる 生育も良い強健種 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統 メリクロン苗』
価格は、 600円也
赤色系のものは、手元に無かったので、選んだ一品です!
ソバカスが入らないタイプ。退化した本来花びらである部分が、濃い紫色なところも気に入っています!
【備考】#035



【PR】新商品クリスマスローズ ‘プラムアイズ’ 『リバーシブル系の新しいメリクロン品種 花の表と裏の色が異なる美しい花色 ややうつむくように咲く 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統 優良品種のメリクロン苗』
価格は、 600円也~
上記の‘カシスレッド’にちょっと似た感じですが、咲いた時に花びらの表裏で違う色あいが楽しめるとのこと。ソバカスなしの桃色系です。
【備考】#034



【PR】クリスマスローズ スノーホワイト
『花が大きく美しい白花種 原種ニガーとオリエンタリス系の交配種で早く 咲き始め、花期がとても長い 中央がややグリーンがかりやさしい色合い 本種はメリクロン苗ですので株分けと同様、ほぼ写真と同じ花ですが 開花時の環境により花型などに若干の差はあります』
価格は、 800円也~
これは、前回入手しようとして、機会を逸してしまったので是非今回は入手したかった子です。以前、趣味の園芸でもこの子が取り上げられていて、病気に強く、開花時には顔が良く見えるようにやや横向きにさくのだそうです。
【備考】#038



【PR】クリスマスローズ ’ピコティー’『淡いピンクに濃い縁取りが入り 花型のきれいな丸弁花 花茎は強く倒れにくくボリュームのある草姿になる 丈夫で育て易い優良種でおすすめ 本種はメリクロン苗ですので株分けと同様、ほぼ写真と同じ花ですが開花時の環境により色の濃淡や花型などに若干の差はあります』
価格は、 600円也~
ところで、ピコティー(Picotee)の意味ってなんぞや? というかたはこちらをクリック!縁取りが入るものをピコティーと呼ぶのです。今回は通称「糸ピコ」と呼ばれるものも欲しかったのですが、お財布と相談したところ、却下されてしまいました。まだちょっとお高いのです(;´▽`lllA``
【備考】#037



【PR】新商品クリスマスローズ ‘グリーンカクテル’
『パーティードレス‘ローズカメレオン’を一重にしたような趣ある珍しい花色 深みのある緑色が特徴的 花茎は太くすっと立ち上がり、開花期はとても目立つ 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統 メリクロン苗』
価格は、 600円也~~
異彩を放つ‘ローズカメレオン’ちゃんも春からそだてておりますが、この子の一重咲きタイプと聞いて、緑色の花に弱い私ですので・・・ 思わずクリックしてしまったのです。渋いでしょう~ 
【備考】#039


以下、原種系のクリスマスローズちゃんたちです!


【PR】クリスマスローズ リビダス
『薄緑色 周辺はピンクがかった縁取りとなる 40cmぐらいに
なる木立ち性種(茎がある)紫がかった葉に銀色の網目模様が入り 草姿も美しい 耐寒性 -12℃』
この子は7.5センチのポット苗です。
価格は、 400円也
現在育てている子に元気がないので、仕切りなおしで育てたいと思い、もう一鉢ゲットしちゃいました。我家では寒すぎて地植えですと、うまく育ってくれないのです。ずっと鉢植えで管理しようと思っています。
【備考】#056



【PR】新商品クリスマスローズオドルス小苗 『ブルガリア、ルーマニア、スロベニアなどに自生する原種 黄色を帯びた淡いグリーンの花 固体により差はあるが香りがある事で有名 黄色、緑系の交配親として使用される 夏、冬も常緑の場合が多く比較的丈夫 50cmぐらいになる 耐寒性は強い』
価格は、 400円也 でも大苗ですと2,625 円 です。
オドルスも前回春に入手しときに、欲しかったものなんです。他にも欲しい原種系はあるのですが、今回またしても入手できなかったものが多数ありました・・・
【備考】#033



【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。
価格は、 1200円也~
本当は斑入りの子が欲しかったのですが、残念ながら出会いがなく、その代わりやはり気になっていた黄色い葉っぱのフェチダスを入手することができました!やはり通常のフェチダスと比べますとややお高めでしたが・・(^^ゞ
【備考】#041



【PR】新商品クリスマスローズパープラッセンス小苗
『ポーランド、ウクライナなどに自生 花の外側は薄紫で内側は緑がかった 紫色のカップ咲き 紫系の交配親に使用される 冬は落葉する 40cmぐらいになる 耐寒性は強い』
価格は、 500円也~
原種系のものは、育てにくい部分もありますし、ヒブリドゥスに比べると株自体もそう大きくなってくれないようですが、育てる愉しみと開花時の喜びが大きそうです!
【備考】#032


といった具合で今回の入手苗のご紹介は終了です!

早速、日曜日にすべて鉢増し作業を完了させました。
我家の気候ではちょっと時期的に遅すぎたかな?とも思いましたが、今のところは元気です。ってまだ数日しか経過しておりませんが。
この子たちは結構丈夫ですので、きっと大丈夫!と楽観してはいますが、今は軒下で管理中です。
今回はテラコッタの安価な鉢を見つけたので、ちょっとおしゃれな感じの鉢モノになりました。
といえ、ほとんどのものが一種植えです。

あっ、そうそうピコティーはハンギングにしてみました!

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:53 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年栽培リスト クリスマスローズ編

今日は私が育てているヘラボたちをリストにしてみました。
本当は育てているものすべてをリストにしたいのですが、記事の総合計数が1500を超えた現在、なかなか実現できず、まずは私が特に今ハマっているクリスマスローズについて整理してみようと思ったわけです。
この記事を書くときPC内を検索し想い出にふけり、さらに来年の春の成長振りをめでる日がくるのが待ちきれないという気持ちになった私であります。

【主な品種別リスト】
■チベタヌス
2008年01月25日 リベンジ!チベタヌス
チベタヌス

未だなんの音沙汰もなく、し~~~んとしているチベタヌス。
夏に地上部はすべて枯れてしまっているので、土の中でどう過ごしているのやら?皆目見当がつきません。
鉢植えにしてある子は、地植えにしてあったものよりもさらに早い段階で葉っぱが枯れたので、ちょっと心配です。

【PR】 チベタヌスを育ててみよう! at Rakuten




2007年01月31日 幻のヘラボ‘チベタヌス’
チベタヌス


■アーグチフォリウス
2007年02月26日 アーグティフォリウスの蕾!
アウグチフォリウス

今年、もっとも心配な株の一つです。
昨年、冷害だったのか枯れかかってしまって、一切お花が咲かなかった株です。
しかも黒点病のような、なにかウィルスに犯されている感じなのです。
風通しが悪いのかと思い、この秋移殖してみましたが・・・ ミミミです。

【PR】 斑入りのアーグチフォリウスもあります! at Rakuten




■リビダス
2007年01月11日 リビダスの新芽
リビダスの新芽

地植えにしてからどうにも発育が悪いので、結局再びこの秋に鉢植えに戻してしまいました。
寒さに弱い常緑クレマチスと寄せ植えにしてみましたが、すこぶる成育が悪いのではてさて、どうなることやら・・
移殖しようとした段階で、根っこが腐っている感じだったのです。
今のうちに、新しい苗を買っておくしかないのかも!? 

【PR】 リビダスを育ててみよう! at Rakuten





■ステルニー
2006年10月20日 ステルニーシルバースター
ステルニーシルバースター

【PR】 ステルニーを育てよう! at Rakuten





■エリックスミシー
2007年10月31日 エリックスミシーは早咲き系
エリックスミシー


■トルカータス
2008年03月01日ヘラボ・トルカータス
トルカータス 2・20

このトルカータスから以下三種は、2008年から育て始めた小型の原種モノのご紹介。
ニゲルも原種でありますが、とても育てやすいですけど、原種モノのなかには非常に育てにくいものもあるようです。
実際、ヒブリドゥスのこぼれダネから発芽したもののほうが、葉っぱも大きかったりしてます^^;

【PR】 希少な原種に挑戦するぞ! at Rakuten




■ムルティフィドゥス
2008年03月02日ヘラボ・ムルティフィドゥス
ムルティフィドゥス


■ヴィリディス
2008年03月03日ヘラボ・ヴィリディス
ヘラボ・ヴィリディス


■フェチダス
2008年06月07日二代目のフェチダス
ムルティフィドゥス


■ガーデン・ヒブリドゥス
2008年春に撮り溜めたヒブリドゥス系の写真をサムネイル化してみました!
2008年春のヘラボ


【咲き方】
■八重咲き系
2006年04月27日 また来年ね!ニゲルたち
ダブルファンタジー



2008年04月12日 (ノ-^0^)ノキャーキャー♪ 八重咲きのヒブリドゥス(ノ-^0^)ノキャーキャー♪ 八重咲きのヒブリドゥス

2006年から育てています。
恐らく二年生苗だったと思うのですが、友人からプレゼントしていただいたものなので、特別扱い!
やはりこれだけは何があっても枯らすわけには参りません!

【PR】 八重咲きやセミダブルをゲット! at Rakuten





■一重咲き系
・MIYOSHI ‘アプリコット’
2008年04月07日 MIYOSHIのアプリコット
MIYOSHIのアプリコット


ヘラボは交配させて種から育てると親とは違った顔になってしまうことが多いのです。
折角素敵な品種が生まれたら、その花を愉しみたいと思いますよね。そのためメリクロン苗といって親御さんと全く同じお花を咲かせる苗があります。八重咲き系などに多いのです。

【PR】 メリクロン苗でがっちり! at Rakuten


・MIYOSHI ‘ルーセブラック’
・原種系 - ニゲル、ムルチフィダス、ヴィリディス、トルカータス 
・ヒブリドゥス各種

■アネモネ咲き系
2008年04月20日 アネモネ咲きのヒブリドゥス
アネモネ咲きのヒブリドゥス


【入手年度別メモ】
■2008年
・パーティドレス系  ’エレガンスホワイト’(二年生苗)
2006年04月27日 エレガンスホワイトちゃん♪
エレガンスホワイトちゃん♪


・パーティドレス系  ’ローズカメレオン’ 2009年春開花待ち♪
2008年11月13日 1年目の‘ローズカメレオン’
1年目の‘ローズカメレオン’


・パーティドレス系  ’バターイエロースポット’ 2009年春開花待ち♪
・クリスマスローズ ヒブリドゥス(黄色) 2009年春開花待ち♪
・クリスマスローズ ヒブリドゥス(桃色) 茨城産
2008年03月22日 買っちゃった!桃色のヒブリドゥス
買っちゃった!桃色のヒブリドゥス

ちょっとチベタヌスのような和紙の雰囲気があるヒブリドゥスなのです。
退化した花びらがシベのようにみえます。黄色一色でキレイなのですよ~

【PR】 パールピンクもよいわぁ~♪Y(=▽=)Y~☆ at Rakuten



・ムルティフィダス
・ヴィリディス
・トルカータス


■2007年
2007年11月10日 10月の入手苗 ヘラボ編 吉田交配 ダークネクタリーフラッシュ
ダークネクタリー・フラッシュMIX
2009年春開花待ち♪




■2006年
・リビダス
・ステルニー
・ステルニー シルバースター
・MIYOSHI ‘ルーセピンク’
・MIYOSHI ‘アプリコット’
来年の春で三年目。今度はたくさん咲いてくれるかなぁ~Y(=▽=)Y~☆
2008年MIYOSHIのアプリコット



■2005年以前
ニゲルコス ‘バレンタイン・グリーン’

【花色別】

■桃色
・ガーデン・ヒブリドゥス
・MIYOSHI ‘ルーセ・ピンク’

■紫色
2007年04月08日 Helleborus lividus の花
Helleborus lividus の花


■赤色
・ガーデン・ヒブリドゥス

■白色
・ニゲル
・八重咲きのニゲル

■黄色
2007年11月10日 オリエンタリス 黄色系
オリエンタリス 黄色系


■緑色
・バレンタイングリーン
・アウグチフォリウス
2007年04月18日満開のアウグチフォリウス
満開のアウグチフォリウス

・ガーデン・ヒブリドゥス
・その他 原種系

■黒色
2007年03月30日 Helleborus orientalis 'Ruse Black'
オリエンタリス 'ルーセブラック'


■ピコティー系
このタイプは未入手。次の狙いどころのひとつです♪(゜▽^*)ノ⌒☆

【スポット・ベイン別】
■スポット
2008年04月06日時系列で!ヒブリドゥス
Helleborus lividus の花


■フラッシュ
2007年11月10日 ダークネクタリー フラッシュ

■ベイン
ベインとは脈のこと。スジ状に色が入っているタイプ
このタイプは未入手。

■スポット無し
・エリックスミシー
・バレンタイングリーン
・アウグチフォリウス
・ニゲル
・その他 原種系
ニゲルちゃんたちの姿を集めてみました!
2008年 ニゲル

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉢植えのフェチダス



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【花期】2月~3月
【草丈】90センチ  【花径】3センチ  【花色】緑色
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

庭植えにしていたフェチダスが枯れてしまったので、リベンジとばかりに春に購入し、鉢で管理しているフェチダスも元気!
夏の暑さで一瞬、葉っぱの先端に枯れこみが入り、ぎゃっとビクビクしましたがなんとか再生!
夕方に水撒きするなど、気は使っていたのですが、たった一日怠っただけで大変な目に遭いそうになりました。でも今はフレッシュ・グリーンの葉っぱが確認でき、よかった、よかった~

クリスマスローズ フェチダス今育てているものが、天国へ行ってしまいそうな雰囲気だったで、購入しました! 価格 600(円) (税別、送料別) 也。
いつものようにおぎはら植物園さんから入手したのものです。

【PR】 フェチダスをゲット! at Rakuten



今年狙っているのは、斑入り種と黄色フェチダスです。
もっとも欲しいもの全部を入手するには、お財布の中身がまったく足りていないので、10月までにフルイにかけようとは思っているのです(^^ゞ 私にとってはかなり高価・・
そういえば、昨年30万円もする品種が市場にでいていてびっくりしたなぁ~(;´▽`lllA``

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二代目のフェチダス

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス
 2008年3月に入手した苗。まだ到着したばかりで植え替え前です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【花期】2月~3月
【草丈】90センチ  【花径】3センチ  【花色】緑色

3月に入手した苗のご紹介のうち、漏れてしまっていたフェチダスです。
今頃って感じもありますが、記録を残しておきませんと(^^ゞ
↑の写真はまだビニールポットに入っていたときのもので、鹿沼土などが使われていたようです。


クリスマスローズ フェチダス今育てているものが、天国へ行ってしまいそうな雰囲気だったで、購入しました!今度は大きくなるまで鉢植えにしようと思います。
価格 600(円) (税別、送料別)
いつものようにおぎはら植物園さんから入手したのものです。



ところで、3月にはまだ復活を期待していたのですが、さすがにもうダメ・・・
_| ̄|○
天国へ行ってしまったフェチダスの生前の姿がコレ↓です。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おっ、フェチダスに蕾!

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス

Helleborus foetidus - ヘラボレス・フェチダス
 今日の一句 「鶯の 色した蕾 ゆっくりと 頭を上げる 春の陽に」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【花期】2月~3月
【草丈】90センチ  【花径】3センチ  【花色】緑色

今年のフェチダスは昨年よりも蕾が現われ始めたのが、半月ばかり遅かったように思います。夏の猛暑の影響だったのかしらん。と思ったりしているのですが、とりあえずはこうして無事に蕾が見えてきたので、ほっ。

今はまだ確認できませんが、お花(ホントはガク)に臙脂色の覆輪が見えるようになるまでにはあと1ヶ月くらいでしょうか。土からあがっている1本の茎は今年の、あっ、今で言うと去年の春に立ち上がったもので、前回花を咲かせた茎は腐ってなくなってしまいました。

フェチダスの場合、お花が終わり種を作るとその年でその茎は終わって、新たに脇からあたらしい芽を出すのです。はじめは茶色になってしまって枯れてしまうように見え、もしやウィルス病では?とおろおろしたのですが、そうやって新旧交代するようですね。新しい芽が土から顔を出し生き生きとしているのを見たときにはホッとしました。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスローズ - 10月の管理

実生のニゲル?


すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



今日は現在のヘラボたちの葉っぱの姿を集めてみました。
この子ははじめてこぼれ種から発芽した、実生モノです。
しかも全くヘラボたちを植えていたところではない、辺鄙な(笑)ところからでてきたんですよ。
でももしかすると数年前に私がばら撒いておいたのかもしれませんが、今のところお花も咲いてくれないし、はっきりとした品種は不明です。

葉っぱの形状的には、ニゲル系っぽいのですが、我が家にはバレンタイングリーンもありますし、‘ダブルファンタジー’もありますので、どんなものと交配してくれているのやら。

お花が見れるようになるまでにはまだまだあと数年はかかりそうです。まだ株の直径は6~7センチといったところでしょうか。 

【クリスマスローズの育て方 - 10月の管理】

9月の管理とあまり変わらない(^^ゞです。
ただ、新しい苗の鉢増しや植え付けの最適期となります。

私のところでは、少し霜っぽい感じのものが降りはじめているようです。放射冷却ですごく冷え込んだりした朝には、どの葉っぱにもうっすらとキラキラ光る水滴が見られるようになりました。今後はどんなに暑くなるとしても25度を超えるような日はないはずです。

若芽を出し始めている子たちに虫がついていないか、病気は発生していないかなど、注意深く観察します。

Helleborus lividus - リビダス

Helleborus lividus - リビダス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

夏越しはしてくれたのですが、ヘラボの中で一番元気がないのが、この子。とても心配しているのですが、よくよく見ると地際から少しだけ葉っぱが出ようとしているような雰囲気もあります。
なんとか生き残ってはくれたようですが、とにかく元気がないなぁ~
それにこの子は、耐寒性もあまりないですし、夏越しで一安心はしたものの、今後は越冬にも気を配ってあげなくてはなりません。
と申しましても、腐葉土などでマルチングをしてあげる程度になりそうですが。
もう少し大株になってから地植えにすべきだったと後悔しており、やはり鉢植えにしようかなぁ~と考え中です。

今年の春、軟腐病にやられたか!と心配した株です。
まだマイシン剤をあげていないことに気がつきました。まいてあげなくては。この子は特別扱いです(^^ゞ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘラボを花瓶に♪

リビダス



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

我が家では今が盛りのクリスマスローズ。
充実し始めた株、今年初めてその花をつけてくれた株、ちょっとトラブルに見舞われた株。それぞれの株の事情はあるものの、お庭にすくっと立ち花を咲かせてくれている姿を眺めつつ、至福のときをすごしている私です。そして今年は種も採取して、育てるのだーと息巻いております。

がっ、やっぱりお部屋でも楽しみた~~い!と少し花柄を切りとり花瓶に生けました。すでに2週間ほどたっているのですが、茎が細いもののなかにはうまく水揚げできないものもありましたけど、まだまだ楽しめそうな雰囲気。

こちらのお写真は、地植えにしていたリビダスの花茎が突然折れてしまったので、切り取った花茎とフェチダスを小さなガワンショット用のグラスに生けたものです。

病気になってしまったのではと、不安でしたが、新しい葉っぱが展開しはじめてくれているので、なんとか持ち直してくれたようです。
原因はなんだったのか! ナメクジとかヨトウムシなどの害虫かしらん。

≫ Read More

| 生け花 | 03:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェチダスが五分咲き!

フェチダスの花



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

先日の二分咲きの状態からかなり開花しはじめて、開きかけの頃には薄かった紫色の縁取りも濃くなってきました。

【PR】フェチダスを育ててみる?


こちらのお写真だとちょっとわかりずらいのですが、まるでルージュをまとったようなお花の姿になりました。

2005年の冬から育てはじめましたので、二年目の冬です。

≫ Read More

| 冬咲く花 | 05:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェチダスが二分咲き!

フェチダスの花



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

昨年12月に蕾の様子をご紹介しておりましたが、遂に咲き始めました!

1月28日放送の「趣味の園芸」でもクリスマスローズ特集でしたね~様々なクリスマスローズを見ていて、またまた欲しいものが増えてしまいました。
で、園芸店にふらふら~~っと出かけてしまい、赤色で平咲きのオリエンタリスを1鉢購入しちゃいました。(⌒_⌒; タラタラ

我が家では次に開花しそうなのは、ニゲル。花首が持ち上がってきました!楽しみです!

でも今日はフェチダスづくし!「趣味の園芸」ではフェチダスを切花として、ガラスの器に飾っていましたが、我が家のフェチダスはまだ花茎がしっかり伸びていないので、どこから切ったら良いかわからない状態です。

有茎種の場合は、太く立ち上がっている部分を切ってしまうと、枯れてしまうこともあるので、気をつけなくてはなりません。

↓に色々な角度から撮ったフェチダスの写真をアップです!

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その後のフェチダス

フェチダスの蕾



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

昨日ご紹介した霜の様子をみてもお分かりのように、冬本番。
寒さも本格的になってきたのですが、冬の花であるクリスマスローズたちは元気もりもり!

なかでもこのフェチダスの蕾が頭を持ち上げ始めてきました!

うふふ。

あとどのくらいで満開になるのかなぁ~ 

≫ Read More

| 冬咲く花 | 21:44 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。