++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葉っぱが渋い‘カシスレッド’

Helleborus  x Hybridus 'Cassis Red' - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)‘カシスレッド’Helleborus  x Hybridus 'Cassis Red' - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)‘カシスレッド’


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids 'Cassis Red'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥスカシスレッド’ 
【流通名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など  
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【英名】 Lenten rose (hellebore)  / Garden Hybridus
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ) (カシスレッドのページへ
【性状】耐寒性常緑多年草  -15℃ 無茎種  メリクロン苗 
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】明紫色 ~赤色 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 【蜜管】臙脂色~紫色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#035

本日2月19日からは東京・池袋サンシャインシティで「クリスマスローズの世界展」が開催されるのです。
あぁ~~こういうときにお仕事を休めない自分も東京に生まれることが出来なかった自分が恨めしい。

やはり行くなら初日ですよね(^_-)-☆

今年は世界初公開の「ダブルゴールドネクタリー」が目玉。ホンモノを間近に見てみたいっ (∇〃)。o〇○ポワァーン

今年も引続きゴールドネクタリー種は希少品種でまだまだ高価かつ数が少ないっ。私などまだまだ高値の花です。

でもそんなことを考えていると、他のわが子たちがヘソを曲げそうなので、今日の主役の‘カシスレッド’ちゃんの話に修正、修正(^^ゞ 今は先日降った雪がすっぽりとすべての鉢が埋もれてしまっておりますが、上記のお写真はちょうど雪が無かったときに写せたものです。

この子も今年が初開花予定です! 赤花系は地植えにしてあるものが一株しかこれまでナマで咲いているところを見たことがないのです。
MIYOSHI様のHPでも『丸弁の花は濃いローズパープルでネクタリーもローズ色になります。落着きの中に華やかさを秘めた魅力的な花色です。 』と解説があるように、ネクタリー(蜜管)部分も赤くなるのですぞ~


クリスマスローズ ‘カシスレッド’は、おぎはら植物園さんちで735 円ですぞ~

MIYOSHIさんちのオンラインショップですと、1,250円なのです。
メリクロン苗ですから、全く同じもの^^; なのに小売店のほうが値段が安いのねぇ~ミミミ

【PR】 カシスレッドを育てよう! at Rakuten


上のお写真の一枚目は、いよいよ蕾らしい子が見えてきたときの記念撮影。

そして二枚目(左側)は、屋外で管理中のほぼ今期が初開花予定の鉢たち。
その中にあって、ひときわ葉っぱが黒っぽい(赤っぽい)のです。
寒さで葉っぱが痛んでいたり、伸び具合が一様でないのですが、そのあたりは素人なので、ご愛嬌(^^ゞ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘Cassis Red’- カシスレッド♪




【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids 'Cassis Red'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥスカシスレッド’ 
【流通名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など  
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【英名】 Lenten rose (hellebore)  / Garden Hybridus
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ) 
【性状】耐寒性常緑多年草  -15℃ 無茎種  メリクロン苗 
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】明紫色 ~赤色 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 【蜜管】臙脂色~紫色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#035

11月に入手した苗の記事は書いておいたのですが、それぞれの子を個別にはご紹介しておりませんでしたので、12月はこの秋入手した子たちを順次ご紹介中です!

さて、購入した株は厳冬というところまでには寒くなっておりませんし、化粧直しをすぐに!と思いまして、鉢増しをしたのです。
どの苗もビニールポットに入っている小さな苗ですので、そっとやさしく移してあげました!
今回は新たに素焼きの鉢も購入いたしております。
プラ鉢ですと、ちょっと通気性に問題があるのですが、スリットが入っているものならば、成育に問題はなさそうです。

ただ、見た目を重視するならば、かわいいテラコッタなどを選びたいものですよねっ! 今回は近くのHCで購入したのですが、デザインも数少なくて、可愛い感じのものが無かったのはちょっと残念ですが、いずれにせよ、この子はまた来年鉢増しせねばなりませんし、本当にお花が咲くときに可愛い鉢の中に入れてあげましょ♪


【PR】クリスマスローズ ‘カシスレッド’  『待望のメリクロン濃赤品種 花茎も強くしっかりと立ち上がる 生育も良い強健種 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統 メリクロン苗』 価格は、 600円也
ネクタリー部分と花弁(ガク)部分が同系色で、丸弁で咲くところが気に入っています!

まだあるかな? at Rakuten




まさに‘カシス’のようなお色をしていますね~ って、まだ実際にはお花を見ておりませんが。
再来年の開花に期待は高まりますぅ~ (* ^-^)ノ(* ^-^)ノ

ところで話は全く飛んでしまうのですが・・・



アイスプラントってご存知ですか?
クリスマスローズ検索中に発見んしたのですけど、メタボ対策となる葉っぱだそうで、販売している産直花だん屋様のページから引用させていただきますが・・・


『現代人が摂取を控えないといけないといわれている「塩分」を必要とする不思議な植物なのです。まず第1に イノシトールという成分。これはビタミンB群と同じような働きをするため,特に脂肪の代謝を良くして脂肪肝を防ぐ作用があることから「抗脂肪肝ビタミン」とも言われています。第2に,ピニトールという成分。これは天然のインスリンとも言われ,血糖を低くする効果があります。第3に塩味の素であるミネラル類のカリウム。こちらはナトリウムを排出してくれるので,高血圧予防につながります。(ただし高血圧疾患のある方は 研究中につき摂取を控えてください)これらの成分によって,メタボの診断基準になっている脂質異常と高血糖を防いでくれると期待できるのではないかと大変に話題になっています。』
 へぇ~~~ 知らなかった!
というか、このページにある写真がとにかく美しいのです。食べちゃうのがもったいない感じで、あまりにも感動してしまったゆえ、ご紹介してみました。
食べたことあるかた、いらっしゃいますか?

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。