++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エレガンスピンクスポットが!

Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ) ‘エレガンス・ピンクスポット’Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ) ‘エレガンス・ピンクスポット’


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrid 'Elegance Pink Spot'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス 
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  【別名】雪おこしユキオコシ
【流通名】ガーデンヒブリドゥスエレガンス・ピンクスポット’ 'Elegance Pink Spot' (パーティドレス系
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ
【性状】耐寒性常緑多年草  -15℃ 無茎種
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色  【咲き方】八重咲き スポットあり
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#043
 
今年は初開花だったというのに、期待以上の咲き方をしてくれた‘エレガンスピンクスポット’ちゃんは、5月に入ってからもお花を咲かせていましたが、さすがに5月も下旬となるとピンク色から緑色へと変化中です。

初開花でしたので、きっちりと摘雷したつもりでしたが、みのがした三番花が咲いてしまい、私もええぃ~ままよとばかり、咲かせてしまって最後の花を愉しんでしまいました^^;

タネもしっかりと膨らませているお花も数輪ありますから、あまりお花を咲かせてしまうのは宜しくないのでしょうけど(笑) 種は欲しい♪


た~くさんのお花をつける八重咲き品種の最高峰あまり丈が伸びない品種八重咲き(ダブル咲き)は、e-花屋さんさんちで2,289円也~

←フェアリー・ローズスポット 
我家のエレガンスピンクスポットとどんな風に違うお花が咲くのかしら?育ててみたいなぁ~

【PR】 まだエレガンスピンクスポットちゃんあるかしらぁ~  at Rakuten


八重咲きで交配したものは、子供にも八重咲きが現れることが多いと聞いていますので、この子から生まれてくるお花はきっと八重咲きになってくれるはず!とワクワクしつつタネの充実をまっています。

この‘エレガンスピンクスポット’ちゃんは、2008年11月に入手した苗の中でも群を抜いて成績がよく、多少いじめてしまっても元気に夏を迎えてくれそうと勝手な思い込み!?

でもあまりにもいじめてしまうと、来年の花数が少なくなる可能性もあるので、タネの採取は最小限にとどめておくほうがよいかしらん。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エレガンスホワイトの双葉!

Helleborus spp. - クリスマスローズ 種まきHelleborus spp. - クリスマスローズ 種まき


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月  【実生】2009年播種  【交配】エレガンスホワイト
【備考】#106

この双葉は、昨年2009年にミヨシさんちの‘エレガンスホワイト’から採取した種から発芽したものです。
昨年が初開花でしたから、たくさんは採取しなかったのですけど、秋に親株の傍に播いておきましたところ、めでたく発芽してくれたのです!

昨年はキチンと私が手交配したわけではないので、父親は不明ですが、さてさてどんなお花が咲くかしら?とワクワクです。
根っこがすでに10センチほどに成長してしまっていましたから、掘り上げるのが大変でしたが、なんとか鉢上げが終了。ところがやはり双葉は取り扱い注意!一つだけ双葉の片方がちぎれてしまい葉っぱダメにしてしまったものがありました。でも本葉がでてきてくれたので、なんとか育ってくれるかな。

【PR】 開花株、まっさかり! クリスマスローズを探そう! at Rakuten


鉢上げ後に雪に見舞われたりもしましたが、枯れることなく米粒以下だった本葉もおおきくなり始めています。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘレボルス播種編(2010年)其の二

Helleborus spp. - クリスマスローズ 種まきHelleborus spp. - クリスマスローズ 種まき


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【入手】NZから 2010年1月
【備考】#110

「素人の!クリスマスローズを季節はずれにタネから育てる」シリーズ 第二回です (^^ゞ

前回の記事では、乾燥種子がビニール袋に入った状態でしたが、おこたで高温処理をしたのち、冷蔵庫で保存しておきましたところ、あれれ? まずい、まずい、硬い殻が割れて、根っこを出しそうになっている種を見つけてしまいました。

発根してから土に植えると、根っこが傷ついてしまってその後の生育が悪くなると聞いていたので、私はチビまるこちゃん並に目の下に縦線が入り、真っ青になってしまいました il||li _| ̄|○ il||l

これをダメにしてしまっては、種を分けてくださった方はモチロンのこと、仲立ちしてくださったちぃさんHUMMING GARDENさんにもなんとお詫びしたらよいかわかりません 

かなり動揺しつつ且つ焦りつつビニールポットに5粒ほどずつでポットに播きました。あぁ~種の殻が割れる前に播いておけばよかったと、後悔しきりです。

それでなくても通常は9月~10月頃に播くのが一般的。
今の時期に播いてしまいますと、これから訪れる夏の時期の管理が難しくなりそうです。
だっ大丈夫だろうか? ^^;

我家の庭で昨年末くらいからこれまでにこぼれ種から発芽した双葉ちゃんたちも鉢上げしたところ。
でもそれらの根っこはもう10センチくらいにも伸びていて、十分体力はありそうですが、これから根っこが伸びてくるとなると・・・ 

それにすべてが発芽するわけではないでしょうし。と、頭の中は混乱。

【PR】 開花株、まっさかり! クリスマスローズを探そう! at Rakuten


なんとか発根しようとしていたのは、一粒だけにとどまっているので、大丈夫かな。
これでチェックを怠り、全部発根でもさせてしまっていたら、大変なことになったでしょうが、なんとかなるかな。

半分は乾燥させた状態で所持しておけばよかったのですが、すべて湿らせてしまったので、保険をかけることができなくなってしまったオバカな私。

≫ Read More

| タ ネ | 04:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリーニッシュホワイトもゴージャス!

Helleborus Hybridus - クリスマスローズ ガーデン・ヒブリドゥス 八重咲き


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】白色~緑色 【咲き方】剣弁 八重咲き  スポットあり
【用途】地植え 鉢植え 切花 【ニックネーム】グリーニッシュホワイト
【備考】#103  【入手日】2010年3月

我家には白色の八重咲きでは似たような感じの子は、メリクロン苗の‘エレガンスホワイトスポット’ちゃんが今期2度目で開花中ですが、その子よりももっと楚々として、スポットも少なめ、花弁(ガク弁)がヒラヒラとしているうえに、私の大好きな緑色がうっすらと乗ってくれているという、超美人さん♪

この子も先日、コウノトリさんが運んでくれた苗の一つです。今年は全部を咲かせてしまうとお疲れになりそう・・だと思い、小さな蕾はすべて摘雷しています。その上で少しだけ種を採らせてもらおうと思っているんです!

Helleborus Hybridus - クリスマスローズ ガーデン・ヒブリドゥス 八重咲き


ところでもしかするとすでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれないのですが、いつのまにかクリスマスローズの苗は、100苗を超えました~ 自分でもびっくり!ただし、開花株は3分の1にも満たないのですけど ( ̄m ̄*)゚プッ

クリスマスローズはご存知のように千差万別な咲き方をしますので、品種名でわけることができないので、【備考】として番号を振るようになってからは、管理がしやすくなりました。

メリクロン苗にはニックネームがついていますけど、今年からはこぼれた種から開花したものも含め、自分で播種しながら育てるようになってきたので、番号を振っておかないと、何がなんだかわからなくなってきてしまっているのです。

原種系のものは別ですけど、ヒブリドゥスに関しては似たような咲き方をする子も多いので、番号に頼りつつ管理&栽培中です。ただ百を超えたとはいえ、実はその中には枯れさせてしまったものもあるので、実際には百とはいえないのですけど。

でも今年は種を採り始める予定なので、どう番号を振っていけばよいのかと考え中~
種から育ったものは、開花してから番号を振るようにしようかしら?


【PR】スプリングセール!
【ワケあり・伸び】通常価格13800円の品→11800円【送料無料】八重咲き


もうあまり苗は残っていないなぁ~ at Rakuten


それよりなにより、こんなズボラなワタクシが、今後ちゃんと両親をキチンと把握しつつ、種から育ててゆけるのか、ギモンではあるのですけど (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
もっと几帳面に生まれたかったです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘ピコティ’בエレガンスピンクスポット’

Helleborus Hybridus 'Picotee' - ヘレボルス・ヒブリドゥス ‘ピコティ’Helleborus Hybridus 'Picotee' - ヘレボルス・ヒブリドゥス ‘ピコティ’


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids 'Picotee'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス ’ピコティ’
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン)  【別名】雪おこしユキオコシ
【流通名】クリスマスローズオリエンタリス / ガーデンヒブリドゥス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など
【英名】 Lenten rose (hellebore)  / Garden Hybrid / Hellebores
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ) 
【性状】耐寒性常緑多年草 メリクロン苗   【耐寒温度】15℃
【花期】2月~4月 【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  
【花色】明紫色~濃桃色 ローズ色  【咲き方】一重咲き ピコティ(覆輪) フラッシュ 丸弁 スポットなし 【蜜管】紫色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#037

鉢植えにしてあるMIYOSHIの一重咲き系の‘ピコティ’が、初開花で三輪の花を咲かせました。
花茎は1本しかないものの、個々の花は立派で完成されている感じです!

先日はハンギングにしてあるほうに、ブルーブラックの花粉をつけておいてみましたが、鉢植えさんのほうには、これまた今年が初開花の八重咲き‘エレガンスピンクスポット’様にお婿さんに来てもらうことに。

でも、お婿さんに来てくれたお花は、どうも未成熟^^; 一輪目に咲いた花のメシベはあまり伸びませんし、オシベは一部しか葯が破けなかったのです。次から咲いたものは、大丈夫だったのですが。

未成熟の花粉をつけるとどうなるのかしら? もしかするとちゃんと受粉ができていないかもしれませんねぇ~
受粉は一度だけでなく、数回繰り返してみましたが。

【PR】 咲き方様々MIYOSHIのクリスマスローズを探そう! at Rakuten


開花ラッシュの時期になりますと、それぞれの鉢を個別に離して管理しているわけではなく、寄せておいてあるので、風や昆虫たちが先に結婚させてしまっている可能性もありますでしょうし^^;
どんな子が生まれるのかは、3年後のお楽しみ♪
一応、自家受粉しないようにオシベは摘み取りましたけど。↓

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイアモンドダストのようなリビダス

Helleborus lividus - クリスマスローズ リビダスHelleborus lividus - クリスマスローズ リビダス


【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス  リビダス
【和名】冬姫牡丹ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有茎種 耐寒性多年草(やや弱い)
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々
【花期】1~3月 【草丈】30~40cm 
【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 桃色色~小豆色 【蜜管】黄緑色
【生産者】駿河(クレマコーポレーション) 【入手年】2008年秋
【用途】鉢植え 地植え 切花 ハンギング 
【備考】#056

昨日2010年1月31日放送のNHK「趣味の園芸」はクリスマスローズでしたねぇ~(^_-)-☆
樋口様が登場され、交配についてもちょこっと紹介されてましたが、樋口さんが交配されたヘレボルスたちの可憐さに釘付けでありました!
樋口則夫さんは始めての出演だったのですが、ウィンターシンフォニーの名前で流通しているヒブリドゥスの生みの親御さんですよね^0^
我家では昨年枯れちゃいましたけど*o_ _)oバタッ彡☆
やはり紹介されていたヒブリドゥスもピコティ系が多かったですし、アネモネ咲きや八重咲きの品種がたくさんでした。

うつむきかげんに咲くクリスマスローズをハンギング仕立てにしますと、目線の高さにお花を配置することができるので、お写真も撮りやすい(笑) ですね~~ 

大和園のhisashiさんからも昨日ご提案をいただいたので、今年はニゲルとこのリビダスで交配して、自前のバラーディアを育ててみたいと、改めて強く思ったのでした。

さて昨年初開花で12月にはかわいい白い蕾が見えていたのですが、ここにきてようやくリビダスらしい小豆色した蕾らしい蕾になってきはじめています。

この子はちょっと寒さに弱いタイプのヘレボルスですので、地植えにはせずに鉢植えで管理しております。

今年は他の株のものでしたけど、実生でかわいい芽がでて、本葉も無事展開しましたので、先日ようやく鉢上げしました。別のヒブリドゥスの鉢の中で発芽してしまったので、かわいそうでしたが、ヒブリドゥスのほうにちょっと協力してもらい、すっかり鉢から出して根っこを痛めないようにベイビーを取り出しました。

本葉が展開しているとはいえ、たった1~2センチしか地上部にはないというのに、根っこはすでに分岐していて、長さも10センチくらいあったので、びっくり! またしても植え替えに夢中で記念撮影を忘れました(^^ゞ


クリスマスローズ リビダスは、おぎはら植物園さんちで420円です!

ワタシもこの子はおぎはら植物園さんちでゲット!させていただきましたが、元気な株でした~ ・・ヘ(^o^)/

【PR】 リビダスを探そう! at Rakuten


もう少し鉢上げが遅かったら、ダメージを与えてしまったかもしれません。
種まきから二年越しで発芽したので、これを教訓に今後はタネを播いた場合には、二年はガマンしようと思ったのでした^^;

でもそれって、私の播種方法に誤りがあったからだろうと思うのです。たしか採り播きはせず常温で保管していたものを、給水もさせずに播いたものだったかも!?

でも記憶が定かではないのです。でも二年かかってしまったということは、タネが発芽する条件が整っていなかったということですよね。湿度と温度がポイントとなるので、キチンとその辺りのことを鑑みつつ、管理せねばっ。
時として、長年タネが土の中にある場合、腐ってしまうこともありますので、本来の発芽サイクルで発芽させてあげたいものです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘレボルス 播種編(2010年)

Helleborus spp. - クリスマスローズ 種まきHelleborus spp. - クリスマスローズ 種まき


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【入手】NZから 2010年1月
【備考】#110


ありがたいことに*・ Feel of Breeze ・*を運営されているちぃさんのブログで垂涎の情報が掲載されていたので、思わず飛びつき種を分けていただくことができました!仲立ちをしてくださったのは、HUMMING GARDENさんです。すでに締め切りとなってしまいましたが、お二人には感謝の申し上げようもありません。

この場をお借りして厚く、厚く、御礼申し上げますm(__)m

さて、いただいた種ですが、ニュージーランドにお住まいのクリスマスローズを育種されておられる方が、日本のクリスマスローズが大好きな方に育てて欲しいと分けてくださったものなので、なんとしても開花までこぎつけなくてはなりませぬ。

はて、困った! _| ̄|○

私は播種からクリスマスローズを育てるという経験がほとんど無いのです。
神様のお恵みにより偶発的かつ幸運にも発芽してくれたクリスマスローズを育て始めたのは、一昨年からですし^^;
今年実生から開花する予定のものは、ほとんどがこぼれ種から地面に発芽したものを、本葉がでてきたところで鉢上げしたものばかり。

本格的な播種は初めての挑戦です。

一般的には、クリスマスローズの種の播き方には、二種類あるとされています。

其の一、 「採り播き」
これはその名のとおり、クリスマスローズの種を採取したら、そのまま播くというもの。5月くらいです。

其の二、 「秋播き」
夏の暑さが一段落した9月~遅くとも11月に保管しておいた種を播くというもの。
種の保管方法には、
①乾燥種子で採種したものをそのまま常温で保管でするもの。(海外のナーセリーから取り寄せの場合などは乾燥した状態で届きます。
②採取した種を茶袋などに入れ、秋まで地中に埋めておく方法。
③バーミキュライトなどを使い、湿らせた状態で種を湿らせた状態で、冷蔵庫などに保管しておく方法。
などがあります。

で、私は今期初めて、夏に採取した種を湿らせた状態で冷蔵庫で保管しておいた種を発芽させることに成功しました。
①と②では、まだ試したことがありません。

いずれの場合にも重要なことは、湿った状態で低温と高温の両方の環境を与えないと発芽しないのです。
具体的には、湿った状態で約6~8週間の間は、22~24℃で管理し、その後、やはり湿った状態で-4℃~+4℃くらいの低温に同様に6~8週間さらし、さらにそれ以降は温度がゆるやかに上昇してゆくようにして、双葉がでてくるころには約10℃を保つようにするというのが一般に言われていることです。

たとえ発芽したとしても、双葉のまだ赤ちゃんのときに、我家の環境のようにマイナス10℃は当たり前!というようですと、低温障害を起こすことがあります。

あっ、それから種の表面には「発芽抑制物質」がついています。湿った状態にしたり、十分水を給水させることにより、この抑制物質は分解され発芽しやすくなるので、種を播く前には種がしっかりと膨らむまで水を吸わせるようにします。

【PR】 開花株、まっさかり! クリスマスローズを探そう! at Rakuten


で、困った・・・というのは、困ったというより、迷っていると言ったほうが正しいかと思うのですが。

私が種をいただいたのは、今月1月。種は乾燥したものですが、今の時期は、色々と本やネットで調べて見ましたが、種を播く時期では無いのです。
ところがちぃさんからのアドバイスで、高温処理をするなら、おこたの中で暖めればよいとのことでしたが、その後種播きしたとしても、我家では低温すぎるぅ~~ ? のではないかと。
その上、播種から4~5ヶ月かかるとなれば、もしうまく発芽したとしても、双葉の頃には梅雨が近づいてしまうことになるのです。ジメジメした梅雨どきと熱い夏を幼い苗が乗り切れるんだろうか?
私のようなタネ播き初心者がやってしまっては、全滅となってしまうやもしれません。

でも一日も早くいただいた種を発芽させたいっ!

絶対やってはいけないのでしょうけど、お水につけてしまおうか! んんん~~ ままよ!とばかりにベンレートを取り出して、まずは消毒!

2日もすると種は倍ほどの大きさにぷっくりと膨らみ始めましたY(=▽=)Y~☆ 高温処理をすると種が腐りやすいでしょうから、ベンレートでの消毒はかかせません。6週間は毎日様子を見つつ、水ぎれを起こさないようにゆっくりと給水させなくてはと気を引き締めているすぅです。

そう、無謀にも播いてみます! といっても、半分だけ(^^ゞ あとの半分は冷蔵庫で湿った状態のまま秋まで保存することにしました。これもたくさんの種を分けていただいたからこそできることです♪

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アウグチフォリウスを冬囲い♪

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウスHelleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス


【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花 
【備考】#018

病気持ちでなかなか立派に開花してくれない‘アウグチフォリウス’^^;
その上地植えにした場所がよくなかったのだろうと、移植を繰り返し・・・ この子にしてみればゆっくり成長する暇がないっ !
そのうえ、私のところの気候ですと冬期間にかなり寒くなりますゆえ、そんな事情もこの子にとっては苦難です。

少しは手助けしてあげたいと思い、今年は初めてプラスチック製(ビニール製?)の苗カバーをかぶせてみました。
以前、‘コルジネリ’の記事で紹介したものと同じタイプのものです。


【PR】クリスマスローズ アグチフォリウス(コルシカス) ポット苗は、イングの森さんちで498 円也~

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten 
 


ただ被せっぱなしですから、冬場でも晴天などになるとこのカバー内の温度はかなり上がるはずですので、気温差が大きくなるのがちょっと心配。

マメにカバーをはずしたりしてあげられるようならもっと有効なのでしょうけど。
もう少し寒さが強くなる1月半ばくらいから2月だけカバーをかけるようにしたほうがよかったか?

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三年目のアネモネ咲き 編




【学名】Helleborus Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】桃色  【蜜管】桃色~黄色
【咲き方】剣弁 半八重咲きアネモネ咲き?) セミダブル スポットあり
【生産者】不明
【用途】地植え 鉢植え 切花 押し花   
【備考】#009

地植えにしているクリスマスローズの中でも、安心して来春の開花を待ってるもののヒトツです。

昨年はちょっと花びらが痛んでしまったりしたのですが、それでもなんとかかわいいセミダブル咲きというかアネモネ咲きっぽい感じで、あまりのかわいらしさに+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

一年目では本来の姿はフツーの子っぽくて、蜜腺部分が発達していなかったのですが、二度目の開花からはヒラヒラ化してくれたのです!

ますますオトナになってくれれば、あるいはもっとセミダブル化が進んでくれたりするのではないかしらんと愉しみなクリスマスローズなのです。

Helleborus x Hybridus  - クリスマスローズ 桃色 丸弁 半八重咲き
← こちらが昨年咲いたアネモネ咲き(半八重咲き)のヒブリドゥスです。クリックして昨年の記事にジャンプしまーす^0^ この蜜腺部分が昨年と一昨年と比べてどう変化するのか愉しみ♪

【PR】 セミダブルのクリスマスローズを探そう! at Rakuten


この子はたぶん親御さんはダブル×ダブルのはずなんですけど、生まれてきたのはセミダブルで八重咲きにはなってくれなかったんです。

昨年は4月中旬に開花しましたので、まだまだ開花までは時間がかかりますけど、寒い冬を無事に乗り越えて立派なお花を咲かせて欲しいものです。

クリスマスローズの人口受粉
さて、実は昨年「人口受粉」に着手してみました~~ ( ̄m ̄*)゚プッ
この写真をご覧になるとわかるようにメシベよりも先に発達するオシベを切り取って、同じ時期に咲いたMIYOSHIの‘ローズカメレオン’の花粉をつけてみたのですけど、一応種ができましたので、10月に播種してみました~~ 発芽するかなぁ~ ワクワク自家受粉した種もありましたので、それらは株元にばらまきておいたりもしました。私が種まきするよりも、採り播きして自然のチカラに頼るほうが発芽しやすかったりしますので(^^ゞ 


シベ・フリークの私としては、シベがないお花の姿にはちょっと寂しい~けれど、個性的な子を生み出す!という試みは今後も続けてみたいと思っております。
これもクリスマスローズを育てる上での愉しみのひとつでありますから~ ^0^

一般的な草花ですと、他の子と交配しても親御さんと同じ見目形になるものがおおいですけど、クリスマスローズの場合には、思いもよらない子が生まれてくる可能性があるので、自分だけのお花が得られるという醍醐味がありますY(=▽=)Y~☆

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘ピンクラッフル’が元気♪




【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids 'Pink Raffle'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス 
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【性状】耐寒性常緑多年草 メリクロン苗 【花期】2月~4月  【耐寒温度】-15℃
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ) 
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥスピンクラッフル
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ  【花径】4~5センチ  
【花色】白色~濃桃色の縁取り  【咲き方】一重咲き やや剣弁 ピコティ スポットなし フラッシュ 【蜜腺】臙脂色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【生産者】MIYOSHI
【備考】#036

早く今年のお花、発表にならないかしらん?と10月はじめにMIYOSHI様のHPを覗くと・・・

(お知らせ)クリスマスローズの販売開始にあたって~
カタログ発送・HPアップ予定(10月下旬)

商品発送開始予定(11月上旬)

カタログご希望の場合は【お問合せサイト】をご利用ください。よろしくお願いいたします。
2009/9/20


となっておりました~ ^0^ 昨日、またチェックしてみたら、HPでも準備が整った様子です!
一重咲きの‘アシュード ラプソディ’は、なんと4900円の値段がついておりびっくり~(@o@) 
八重咲きとなると、‘アシュード プリマドンナ’と‘アシュード ロイヤルベルベット’は12800円也~~

【PR】アシュードなクリスマスローズを探そう! at Rakuten


MIYOSHI様の苗は、11月上旬くらいからHCでもよく目にすることができるようになりますが、地元のHCまではやってこなさそうだなぁ~^^;
実はオンラインショップで購入するよりもお値段的にはHCで購入するほうが、安い!(あくまでもわが町のHCでの比較ですが) でも数に限りがあるので、アシュード系はHCでの扱いはなさそう。

ので、直にMIYOSHI様のオンラインショップを利用する予定はない私です(^^ゞ でも、絶対に欲しい株があるなら別です! 人気のものはタイミングを逸するとHCで買えないかもしれませんし、特に八重咲き品種はわが町のHCでは前期には私自身は出会いがありませんでした。
私が行ったときにはすでに完売御礼だったのかもしれませんし、こんな田舎町まで届けられることはないのかもしれませんし・・ 理由ははっきりしませんけど。

なので、10月後半からはネットに釘付けとなっているわけです^0^


【PR】クリスマスローズ ‘ピンクラッフル’  『縁取りが美しいピコティ咲きでやや剣弁花 101PC‘ピコティ’に比べ白っぽく爽やかな色 新しいピコティコレクションに 花茎は太くすっと立ち上がり、開花期はとても目立つ 国内で育種改良された日本の気候でも育て易い系統』 価格は、 800円也~
こちらはフラッシュ系で、ソバカスが集合体になってシベの回りを飾るのです。ピンクラッフルを探そう! at Rakuten


この秋の葉っぱの出具合と元気のよさそうな感じから、たぶん来年の春にはお花が咲いてくれるものと思われます。
MIYOSHI様のヒブリドゥスはどれもとても成育具合がよろしくて、さすがに専門家が育種しただけのことはあると思います。それになんといっても病気や寒さなどにも強くて、育てやすいですよね。
原種系のものとくらべると生育スピードには雲泥の差があります。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 12:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春に開花予定の実生クリロー!




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】不明  【咲き方】未開花
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#060

この秋にご紹介してゆくクリスマスローズたちは、すべて葉っぱのみの姿ですから、ご覧になっていてもちっともオモシロくもなんともないと思いますが、そこは親バカなワタクシ。

私にとりましては、とっても嬉しい新葉の芽吹きです。しかもこの子は我家で初めてこぼれたタネから大切に鉢で育て、それを今年の春に地面に下ろしたものなのです。
自家受粉のまさに世界にたったひとつの自前のヒブリドゥスでございます。

9月に入りましてからの生育振りは目覚しく、このぶんで行けば来年の春には初開花♪の予感~
+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

お花が咲くまで、一体どんな子が生まれてくれるのか、全く予想ができないのであります。トラヌタヌキの皮算用も∞。できれば八重咲きでなおかつ黒色であるならば、私はそのまま昇天することになると思いますが、実生から育てるのが初心者の私ですし、ちゃんと親株を特定させた上で交配させたわけではありませんので、そうやすやすと自分が欲しい子が生まれるはずもないのですが(笑)

そのほか先日ご紹介した今年の若い苗たちも、ビニールポットで育ててますが、先日ざっと数えましたら、40個ほどありまして、自分でも驚いた!ばかりです。この秋に鉢上げせねばならないわけですが、面倒なのでそのまま地植えにしちゃおうかしら。

といっても、場所がぁ~~ 無理に地植えにしてしまうと、その後の生育度がひどく遅くなってしまいますから、ここは順当に鉢増しせねばなりませぬ。

春に地植えにしたヒブリドゥスは、他にももうひとつありまして、そちらも新たに葉っぱを展開させていて順調です。南側ではあるものの、ヒバの木に光を遮られてしまうので、あまりお日様が当たらないところにあるのですけど、それがかえってよかったのか、夏を涼しくすごせた様子です。


【PR】花は2月までお待ち下さい。クリスマスローズ開花株 オリエンタリス黒系 は、お庭本舗さんちで4,200 円 也~^^;

なんとしても、じぶんちでこんな感じの黒色のしかもダブルの花を咲かせたいっ! 鉢増しには、スリット鉢が便利です! at Rakuten

嗚呼~ 今年はどんなクリスマスローズの苗が登場するのかしらん! at Rakuten


二~三年前までは、株を充実させることばかり考えてタネを一切つけさせませんでしたが、近年はタネから育てるのが楽しくなっている私です。

育て方のサイクルとしては・・・
1.二年生苗で気に入った株を購入(安いから(^^ゞ)
2.1~2年は鉢で管理し、種はつけさせず株を充実させる
3.3~4年目には地植えにして、タネを採取してみる 
4.4~5年目には親株を掘りあげて株分けし、個体数を増やす(保険のため) ここではタネは採らない
5.採取した種は、採り播きまたは冷蔵庫で保管した後秋に播種。
6.春先にこぼれたタネからの本葉が出たらビニールポットに鉢上げ
7.3回ほど鉢増ししたら、地植えにする
  ・
  ・ これの繰り返し~
  ・

でも、チベタヌスや原種系などのような子は地植えにせず、ずっと鉢管理のほうが良いようながしています。ヒブリドゥスはとても丈夫ですので、多少手荒に扱っても大丈夫なのですけど、注意が必要な子たちもいますので。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 21:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八重咲きヒブリドゥスの種

Helleborus x Hybridus  - クリスマスローズ 小豆色 剣弁 八重咲き

Helleborus x Hybridus - クリスマスローズ 小豆色 剣弁 八重咲き
 6月になり、ようやくヘラボの種を採取できました~ ^^
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎  【播種】9~10月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ 【花期】2月~4月 【花色】桃色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【備考】#006

今回開花した株のうち、唯一完全な形で八重咲きとなるヘラボ。種がとれました~

実はお茶を濾す袋をかけておこうと思ったら、すでにばら撒かれてしまっていたものもあったのですが、上の写真は間に合ったものであります。

ルーセブラックがお隣に植えてあるので、黒っぽいお花が咲くのではないかシランと2年後が今から愉しみ♪ って、ちゃんと育ってくれるのが前提なところが、能天気です。

あまり株を消耗させてはならじと、たくさんの種を採取することはあきらめて、20粒くらいでしょうか。
採取の運びとなりました。

まだ他にも青々としていて、種を成熟させている株がありますが、一方でちっとも種を作ってくれなかった株もあります。もっともかなり花茎を切ってしまっていますから、受粉できなかったものも多かったんですよね~

種が採れなかったのは、チベタヌス、エリックスミシーなどで、今年初開花したようなものには種はつけさせませんでした。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

五十音順 栽培リストを作ってみました! 

カテゴリーには、お花の名前がないので以下に、花名(正式名ではないのです)別に一覧表を作ってみました^0^  ただ、「旧 花季寄」のサイトからコピペした関係で、リンク切れになっているかもしれません。見つけた方はコメントしていただければとてもうれしいです。

私も随時更新の予定です(^_-)-☆ (Updated: 2010年7月31日) 

=== 育てている花のリスト ===


【流通名別】
ア~オ
アカエナ・イネルミス | アサギリソウ | アジュガ | アップルミント | アリッサム | アルケミラモリス(レディースマントル) | アマ | アマリリス | アヤメ 
アイリス | アスチルベ | アロエベラ | アネモネ(赤) |アレナリアモンタナ | アルペンブルー | アルメリア | 
イスメネ | イカリソウ | イチゴ | イベリス | イワシャジン | イワヒバ |  
ウィンターコスモス | ウチョウラン |
エアープランツ | エキナセア | エキノプシス | エキューム | エビネ | エリンジューム バリーフォリウム | エリンジューム プラナム |
オイランソウ | オキザリス | オオバ | オキナグサ | オモト | オダマキ  | オノエマンテマ | オトギリソウ | オリヅルラン | オレガノ  
オンシジューム | オオバジャノヒゲ | 

カ~コ
カシワバアジサイ | ガウラ | カスミソウ | カネノナルキ | カマクラシダ | 
カラー | カランコエ | カンパニュラ ポシャルスキャナ | ガーデンシクラメン | カンパニュラ コクレアリーフォリア | カンパニュラ ブルーワンダー | カンワラビ |
キキョウ | キダチアロエ | キチジョウソウ |ギボウシ | ギョウジャニンニク | キュウコンベゴニア | キョウガノコ | キンミズヒキ |
クマガイソウ | クリスマスローズHelleborus) | クレマチスClematis) | グアラニチカ | グラジオラス | クルクマ | クレオメ |  
クロバナフウロソウ | クロッカス | クジャクサボテン | クジャクシダ | 
ケマンソウ(タイツリソウ) | 
コキア | コケ | コクリュウ | コマクサ | コルジリネ | コルチカム | コレオプシス | コーラルニンフ | 
 
サ~ソ
サイハイラン | サクラソウ | サギソウ | サツキ | サフラン | サフィニア | サラサドウダンツツジ |サルビア ウルギノーサ | サルビア ホットリップス | サワギキョウ | サンスベリア(虎の尾) | 
ジキタリス | シクラメン | シバザクラ | シダ | シノグロッサム | シロタエギク | シノブ | シャコバサボテン | シャクヤク | シルバーレース | シラサギカヤツリ | シラン | シュガーバイン | シンビジューム | シュウメイギク | シュウカイドウ | ジンジャー |  
スイセンノウ | スカビオサ | スカビオサ チリブラック | スズラン | スノードロップ | スノーフレーク(オオマツユキソウ) | スミレ | スミレイワギリソウ | スェーデンアイビー |
セージ | センボンヤリ | セッコク | セラスチューム | センニチコウ | セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

タ~ト
タイツリソウ(ケマンソウ) | タマシャジン |ダイアンサス(ナデシコ) | ダイモンジソウ | ダリア | 
チオノドクサ | チグリジア | チゴザサ | チャイブ | チューリップ | 
ツツジ | ツユクサ | ツルニチニチソウ(ビンカマヨール) | ツワブキ | 
テイカカズラ | テーブルヤシ | ティアレラ | ディディスカス | ティントネーロ | ディディスカス | 
トキソウ | トキワシノブ | トレニア |

ナ~ノ
ナイトフロックス | ナスタチューム | ナツシロギク | ナデシコ | ナルコユリ |
ニーム | 
ネトル | 

ハ~ホ
ハクチョウソウ | ハコネウツギ | ハゼラン | ハツユキソウ | ハツユキカヅラ | ハナカンザシ | ハナニラ |
バイカイカリソウ | バーベナ | バラRosa) | パンジー |
ヒオウギズイセン(モントブレア) | ヒソップ | ヒメイズイ | ヒメニチニチソウ | ヒューケラ | ヒマ(トウゴマ) | ヒマワリ | ヒメヒオウギ | ヒペリカム | 
ビジョナデシコ | ビオラ ソラリア | 
フウセンカヅラ | フウリンオダマキ | フクジュソウ | フジバカマ |フタリシズカ | フユシラズ | フリチラリア |
プリムラ ゴールドレース | プリムラ フランシスカ | プリムラ ジュリアン | プリムラ マラコイデス | プリムラ ビアリ | プリムラ ビクトリアナ | ブルーキャップ | フリージア | ブリエッタ | 
ヘデラ(アイビー) | ヘメロカリス | ペチュニア | ペラルゴニューム | ペラルゴニューム キャンディーボール | ペラルゴニューム エンジェルアイズ | ヘリオプシス | ベゴニア センパフローレンス | ベッセラ・エレガンス | ベルフラワー | ペンタス |
ホウチャクソウ | ホタルブクロ | ポットマリーゴールド | ホトトギス | ホリホック |

マ~モ
マイヅルソウ | マツムシソウ | マユハケオモト | | マロウコモン | マンジュシャゲ | 
ミズヒキ | ミヤコワスレ | 
ムスカリ アルメニアカム | ムスカリ アルバ | ムスクマロウ | 
メドースィート |
モミジバゼラニューム | モンステラ | 

ヤ~ヨ
ヤクシマシャクナゲ | ヤブラン(リリオペ) |
ユーチャリス | ユーパトリウム チョコレート | ユーフォルビア アミグダロイデス | ユーフォルビア カラシアス | ユーフォルビア マルギナタ(初雪草) | ユリ | 

ラ~ロ
ラグラス | ラミウム | ラナンキュラス | ラベンダー | 
リグラリア | リシマキア ファイヤークラッカー | リシリヒナゲシ | リナリア リップルストーン | リンドウ |  リュウノヒゲ | 
ルリマツリモドキ | ルリタマアザミ(エキノプシス) | 
レモンバーム(メリッサ) | レンゲショウマ | 
ローズマリー | 

ワ~ン
ワイルドオーツ | ワラビ | ワレモコウ 

以下はもう少し細かく、分類してみました!

クリスマスローズ
原種系
アーグチフォリウス | アーグチフォリウス パシフィックフロスト | アトロルーベンス | アブルジクス | オドルス | クロアチアカス | シクロフィルス | デュメトラム | チベタヌス | リビダス | ステルニー | ステルニーシルバースター | ヴィリデス | ムルティフィダス | プルプラセンス | ニゲル |ニゲル ダブルファンタジー | ニゲル(斑入り) | フェチダス | フェチダス ゴールドブリオン | トルカータス | リグリクス |

   
メリクロン苗
ルーセブラック | ルーセピンク | エレガンスホワイト(八重) | ローズカメレオン | ピコティー
バターイエロースポット |  エレガンスピンクスポット | ピンクラッフル | カシスレッド | プラムアイズ | スモーキーグレー | スノーホワイト | グリーンカクテル | ダークネクタリーフラッシュ | エレガンスパープル | 

ヒブリドゥス(交雑種)または実生苗
黄色系 | 赤色系 | 白色系 |  
八重咲き系(半八重咲きも含む) | 一重咲き系 | アネモネ咲き系 | 平咲き系 | 剣弁咲き系 | 丸弁咲き系 | カップ咲き
バイカラー | リバーシブル |
スポット系 | フラッシュ系 | ピコティ(覆輪)系 | ベイン系 | ブロッチ系 | ネット系  | 糸ピコ系 | スプレー系 |
こぼれ種から・・編 | 種まき編 | 蜜管(ネクタリー) | 蜜腺 |

・実生苗の交雑種 2010年3月から育てはじめたもの(開花株)
ホワイト・ブロッチ(T's) |  スプレーローズ(T's)グリーニッシュホワイト(T's) 絞りローズピコティ(T's) ダークパープルダブル  | 黄色ダブル(吉田)セミダブルピンク糸ピコ(吉田)ダブル白糸ピコ(吉田) |
アシュウッド ゴールド1 | アシュウッド ゴールド2 | ダブルダーク系GH(野田) | 

・実生苗の交雑種 2009年12月から育てはじめたもの(二年生苗)すべてWAKAIZUMI
シングル ピンク系ピコティダークネクタリー(N-02) | ペールピンクレッドネクタリー(N-19) | 絞りタイプピコティ ダブル(N-26)| パープルダブル(N-31)| ピコティダブル(N-33)

・実生苗の交雑種 2008年12月から育てはじめたもの(二年生苗)
ルージュピコティ シングル | ブルーブラック | ピコティ シングル MIX
ペールピンクバイカラー シングル | イタダキモノ |

・2009年から育て始めた購入苗
-2月に入手
アトロルーベンス | ウィンターシンフォニー(樋口交配) | ニゲル(斑入り) | リビダス | レッド&クリーム | 

-10月に入手
アブルジクス | シクロフィルス | リグリクス |

-12月に入手
エレガンスパープル(MIYOSHI) | デュメトラム(八重咲き交配種)
パーティドレス ライムイエロー(MIYOSHI) | アシュード エレガンス・パールピンク(MIYOSHI) | スモーキーピンク | アシュード エレガンス・スノー(MIYOSHI)

・自家受粉(こぼれ種や播種)
我家ではまだ開花していません。
ニゲルの交雑種がそろそろカイカイの時期かと。


備考: 2008年春に咲いたクリスマスローズの総括記事はこちらへ (原種系の分類表もあります!)     

【PR】 私が一番好きな花はクリスマスローズです♪耐寒性にすぐれ花のカタチも様々、幾つ持っていても飽きることがありません(笑) at Rakuten

クレマチス

モンタナ系
スノーフレーク | エリザベス | フレッダ | プリムローズスター | スターライト | マジョリー | グリーンアイズ 
 
アルピナ系アトランジュ系マクロペタラ系
ホワイトレディー | マークハムピンク | ブルーダンサー | コンスタンス | 

ビチセラ系
プリンス・チャールズ | メアリーローズ | フルディーン | ベティーコーニング | ロゼア |  

テキセンシス系
プリンセスダイアナ | ダッチェス・オブ・アルバニー | 踊場

ジャックマニー系
ロマンチカ

パテンス系またはフロリダ系
カザグルマ | ベルオデウォーキング | ダッチエスオブエジンバラ | 

インテグリフォリア系
ヘンダーソニー | アリョヌシカ | アルバ | ソシアリス | 

・ラヌギノーサ系
フェアリーブルー | マダム・バンホーテ | ハーバートジョンソン | 

常緑系またはニュージランド系
アーマンディー | アーマンディ・アップルブロッサム | アーリーセンセーション | 
ウンナンシス(アンスンエンシス) | ホワイトエンジェル
シルホサ | シルホサ ジングルベルズ | 日枝 | フレクレス | 
ピクシー | カトマニー ム-ンビーム | ペトリエイ | 
 
原種系
タカネハンショウヅル | センニンソウ | クリスパ | クサボタン | ミヤマハンショウヅル | 

【PR】 薔薇と良く似合うクレマチスは多彩で品種も豊富です。季節ごとに咲く時期の違う品種を選べば一年中楽しめますY(=▽=)Y~☆ at Rakuten
 
バラ
 ツルバラ ・・・  | ジュリア | ピエールドロンサール | モーツァルト
 ER ・・・ ハーマイオニー | シャリファアスマ | アブラハムダービー  
 Old ・・・ モッコウバラ(バンクシァ) | ファンタン ラトゥール | テリハノイバラ | オノリーヌドブラバン | バレリーナ | 
 CH ・・・ フンショウロウ |
 MD ・・・ グレイドーン |  カフェ | ブラックバカラ | 
 パティオローズ ・・・ コーネリア
 スプレーローズ | エミーラ | 
 斑入りのバラ ・・・ フェルシューレン | 

 他に名前不詳のミニバラ 赤系 桃色系  

【PR】 やっぱり薔薇は豪華(^_-)-☆! at Rakuten

オダマキ(アキレギア)】
ブルーポート | ルビーポート | ウィンキーダブル | タワーライトブルー | 
ブルーバロー | ローズバロー | ブラックバロー | ノラバロー | マッカナジャイアント 
フウリンオダマキ | ミヤマオダマキ | チョコレートソルジャー 
リトルランタン | カナダオダマキ | 

ヒューケラツボサンゴ) ・ ティアレラ
アンバーウェーブ | エボニーアンドアイボリー | オブシディアン | キャラメル | グリーンフィンチ |  シーフォーム | ノーザンファイヤー | ジョージアピーチ | ボジョレー | ミントチョコレート | モカ | ピーチフランバ | ライムリッキー | レジーナ | 
 
【PR】 カラフルで耐寒性のあるヒューケラ(ツボサンゴ)ははずせないガーデニング素材です! at Rakuten

【樹木】(庭植え)

ア~オ
アジサイ | ウメモドキ | オオテマリ | オリーブ |

カ~コ
ガクアジサイ クレナイ | カシワバアジサイ | 
ゲッケイジュ(ローリエ) | コムラサキ
キンモクセイ |

サ~ソ
サザンカ | サツキ | サラサドウダンツツジ | サワラ(コニファー) | 
ジンチョウゲ | 
スモークツリー(ケムリノキ)

タ~ト
ツゲ | ツツジ | ツバキ 一休 | ツバキ 雛侘介 | ドウダンツツジ 

ナ~ノ
ナツツバキ | ナツハゼ | ナンテン

ハ~ホ
ハナミズキ | ハートヘデラ | ヒイラギ | ヒノキ | ヒバ(コニファー)
ブッドレア |
ボタン 八千代椿 | ボタン 島大臣 |

マ~モ
メガネヤナギ | 
モミジ(カエデ)

ヤユヨ
ヤツデ

ラ~ロ・ワ
ロウバイ | ランタナ


盆栽山野草】(鉢植え・根洗い盆栽)

ア~オ
イワガラミ(紅花) | イワタバコ |
ウメバチ | ウンリュウヒノキ | 
エビネ
オキナグサ 

カ~コ
コマクサ | 

サ~ソ
サギソウ | サミダレハギ | サツキ
ショウジョウバカマ
ゼンマイ | 

タ~ト
ダイモンジソウ | タマシャジン | 
チゴユリ | チシマラッキョウ
ツクシカラマツ |
トウカエデ | トキソウ |

ナ~ノ
ナルコユリ

ハ~ホ
ヒノキ | ヒメイズイ |
ブナ | フユノハナワラビ(カンワラビ) | 
ベニチガヤ | 

マ~モ
マイヅルソウ | マルバスミレ | 

ヤユヨ

ラ~ロ・ワ
ユキザサ | 
リシリヒナゲシ |
 

多肉植物
アロエベラ | オトメゴゴコ | オーロラ | カネノナルキ | カランコエ | キダチアロエ | マユハケオモト | シュウレイ | タキタス ベルス |  チランジア | ビャクダン | ホシビジン | ニジノタマ | ミセバヤ | 柱サボテン |

エアープランツ

アリザ | アンドレアナ | イオナンタ | イオナンタイオナンタ | イオナンタ・アルビノ | イオナンタスカポーサコルビー) | イオナンタ・ピーチ | イオナンタ・フエゴ | イオナンタ ルブラ | ウスネオイデス | オアクサカーナ | カピタータ | カプトメデューサエ | キセログラフィカ | コットンキャンディ | コンコロール | ジュンセア | ストリクタ ハードリーフ | テクトラム | テヌイフォリア | ドーラティ | メラノクラテル トリコロール | ハリシー | バルビシアナ | フックシー | ブッツィー | ブラキカウロス | ブルボーサ | ベルティナ | ベイレイ | ベルゲリー | ベリッキアーナ

【PR】 エアープランツを育てよう! at Rakuten

【果樹】
ブルーベリー | ラズベリー | ブラックベリー | ミラクルフルーツ |
 




【気まぐれ検索】(カテゴリーに無い用語)

斑入り | 常緑性 | 落葉 |紅色 | 桃色 | 臙脂色 | 銅色 | 銀色 | ゴールド | ペールピンク | ショッキングピンク | 橙色 | オレンジ | 
銀灰色 | 蒼色 | ブルー | ペールブルー | ホワイト | ブラック | イエロー | クリームイエロー |
非耐寒性 | 室内 | ロックガーデン | シェードガーデン半日陰) | カバープランツ | 
ランナー | 挿し芽 | 挿し木 | 挿し穂 | アレンジ | ドライフラワー | 切花 | 球根 |
銅葉 | カラーリーフ | シルバーリーフ |紅葉 | 光沢 | 皮革 | ツヤツヤ | フワフワ | トゲ | 
 | 熱帯 | 誘引 | 支柱 | 行灯 | アーチ | オベリスク | トレリス | バスケット | 寄せ植え | ハンギング | 鉢植え | つる性 | 
凍傷 |  |  | 病気 | うどんこ病 | |  | 
育て方 | 植え付け | 水やり | 肥料 | 剪定 | タネ | 発芽 | 他界 | 

【入手先や生産者】
楽天 | おぎはら | MIYOSHIミヨシ) | WAKAIZUMI | 吉田交配 | 樋口交配 | 
Jardin | 園芸ネット | 第一園芸 | 駿河 | 
T&M(トンプソン&モーガン) | ブリティッシュシード | サカタのタネ | Poulsen Roser | David Austin | プレゼント 



【PR】 お庭をオーナメントで飾ろう! at Rakuten

実は以前、育てているお花たちを「一覧表」にして欲しいとのご要望をいただいていたのですが、これがなかなか着手できずにおりました。ようやく「ヘナチョコ」ではございますが、リストが完成しました!
取りこぼしもかなりありそうですが・・・ ^^; 私としても、お庭の植物たちを把握したり、今後記事を書く上でもおおいに役立ちました! ただかなり疲れました。腱鞘炎になりそうです *o_ _)oバタッ彡☆

入手苗」とかカテゴリー「新しい仲間」で検索していただくと、最近ゲットした苗の詳細記事がでてきます。カテゴリーにも花の色わけや種をつけた状態などで分類もしてございますので、そちらも参考になさってください。 

カテゴリーの項目もお使いになってみてください。下はカテゴリー別のページへジャンプします!
【季節別】
春咲く花 | 夏咲く花 | 秋咲く花 | 冬咲く花
【色別】
 | ピンク |  |  |  |  | 黄色 |  

全記事一覧はこちらにあります。

| 品種・栽培方法 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。