++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ようやく正常化?スモークツリー

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)


【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木ケムリノキ)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木ハグマノキ)/ 霞の木かすみのき
【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期) 【耐寒性】強い
【用途】シンボルツリー 鉢植え 地植え 

去年、あまりにも生育具合が悪かったので、もはやこれまでか!と思っていたら、今年は見事に復活!
小苗のうちに地植えにしていまったからでしょうねぇ~ ^^;
私のいつもの悪いクセで、すぐに地植えにしたくなってしまうのです。

【PR】 煙の木を育てよう! at Rakuten


しかもまずったことに、株立ち系になっちゃいました。
本来はシンボルツリー的に使いたかったので、あまり枝数を増やしたくなかったんですけどねぇ~
仕方がないので、上にはあまり伸ばさずにこんもりした株立ちの形を持続させようかなぁ~
でもそもそも6メートルにまで大きくなる樹木ですし、毎年剪定をきっちりできない可能性が高いですし、今後どう管理してゆけばよいのか?迷うところです。

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 03:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

周期が変? スモークツリー




【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木ケムリノキ)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木ハグマノキ)/ 霞の木かすみのき
【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期) 【耐寒性】強い
【用途】シンボルツリー 鉢植え 地植え 

春に咲くはずのお花が咲かなかった‘スモークツリー’が、今になって生育旺盛になってきました。
何がどうなっているのやら?

それとも単純に私が見逃してしまっていただけなのかしら?

今まさに早春の芽吹きのごとく、薄黄緑色した葉っぱが展開中です。
若い葉っぱははじめのうち、赤みを帯びていますが、日がたつにつれ黄緑色へと変ってゆきます。
昨年伸びた部分は、とても濃い緑色をしているのですが、こちらの茎からは新しい葉っぱはまったく現れてくれず、脇芽のほうが成長しているみたいです。なんでだろう~

お隣にブッドレアやユーフォルビアの挿し芽をしてしまい、頑強なブッドレアがぐんぐん成長してしまっているので、栄養を吸い取られてしまっているのかもしれません。

ブッドレアは冬の間に鉢植えにでもするしかないかしらん(;´▽`lllA``


【PR】スモークツリー・ディープパープルは、千草園芸さんちで5775 円也~

赤色のスモークツリーを探そう! at Rakuten


にしましても、いまだスモークツリーのフワフワしたところを拝見していない私・・
小さな苗のうちに地植えにしてしまったことが敗因かなぁ~
がっかりです。

それにしても、この部分から蕾でもあげちゃうつもりなのか?
今後、どうなってゆくのが愉しみです。それにしても、スモークツリーってこんな具合に成長するんでしたっけ?

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 07:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スモークツリーの花

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木ケムリノキ)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木ハグマノキ)/ 霞の木かすみのき
【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期) 【耐寒性】強い
【用途】シンボルツリー 鉢植え 地植え 

昨年秋に購入し、いきなり地植えにしてしまったスモークツリー。
植え付けたたら、あっという間に葉っぱが枯れてしまい、落葉樹とはいえ、ちゃんと根付いているのかどうか定かでなかったのですが、ちゃんと春には芽を出してくれたのです!

あんたはエライ!

このスモークツリーは、この黄色の花よりもこの後のフワフワした形状により、名前が煙の木とされているわけですが、始めて目にしたお花もなんてかわいいのぉ~とびっくりしている私です。

ウルシ科の植物なので、あまり触ったりしてはならないだろうと、ビクビクしながら観察しております。
小さい頃、山に入り込んでウルシにかぶれた経験を持つワタクシは、ちょっとこの子、怖いんですよね(爆)

≫ Read More

| 樹 木 | 06:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スモークツリー 煙の木

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木(けむりのき)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木(ハグマノキ)/ 霞の木(かすみのき)【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期)【耐寒性】強い

お庭のシンボルツリーとしてもオススメと書かれている雑誌も多い、スモークツリー。私は今ハナミヅキをシンボルツリーにしようと育てているところなのですが、先日HCで半値になっているこの子を見つけてしまい、家に連れて帰ってしまいました。

スモークツリーという名前は、そのまま見たまま。フワフワした綿菓子のような姿から英語ではそう呼ばれています。

日本では、ヤク(白熊)の尻尾の毛を束ねた仏具の払子(ホッス)に似ているという意味。トコロ変わればですね。ちなみに払子はもともとインドで蝿などを払うために使われていた「はたき」ようなものが、仏教では煩悩を払うために使われるようになったそうです。

さて、はじめて育てる植物ですので、いつものようにお勉強タイムです。

はじめてということで言えば、ウルシ科の植物を育てるのもはじめてです。ウルシといえば漆器に使われるあのかぶれてしまうウルシのイメージが。小さい頃にウルシにかぶれたことがあるので、ちょっとビクビクです。

案の定このスモークツリーも人によっては植え付けの作業などによって、かぶれてしまうそうなので、要注意です。その原因は「ウルシオール」という成分によるもので、かゆみだけでなくひどい人は水泡のようなものができたり、ウルシの木を燃やした煙を吸い込むと器官疾患がでたりするのだそうです。コワイコワイ(;´▽`lllA``

またウルシは雌雄異株の落葉高木です。というわけでスモークツリーにもメスオスがあったんですね~ 種をつけるのはメスのほうですので、スモークツリーとして売られているのはメスの木です。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。