++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いんげんみたい!クレオメのタネ




【学名】Cleome hassieriana
【科名】フウチョウソウ科 Capparaceae 【属名】フウチョウソウ属
【和名】風蝶草フウチョウソウ) 【英名】Spider Flowerスパイダーフラワー) 【別名】酔蝶花スイチョウカ
【品種名】カラーファウンテン 【原産地】南アフリカ
【性状】非耐寒性一年草 【草丈】100cm 【生育温度】 15~30℃
【種まき】4~5月 【花期】7~10月 【発芽温度】20~25℃
【用途】地植え 鉢植え(大コンテナで) 日向向き 夏花壇

個性的はお花を咲かせてくれていた‘クレオメ’たちももう終焉です。
クレオメは1本の花茎から、お花を残しつつも、花火がひらくがごとくに両腕を伸ばして、いんげんのような形の鞘の中にたくさんのタネを作っています。

春からタネを播いて育てたものが、またこうして子孫を残してくれるのは、嬉しいことです。
今回は鉢植えごと、花壇に置いてこぼれたタネから勝手に発芽してもらおうと、ズボラなことを考えているのですが・・・ 

このクレオメは‘カラーファウンテン’という品種ですが、三色の花が咲いたので、あるいは交配により、今年とは違う花色が咲くかシラン。


【PR】クレオメのタネ「カラーフォンテン」のタネは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで157 円 也~

クレオメを探そう! at Rakuten


実はすべてのタネを播ききっておらず、少し手元に残っているので、秋播きもしてみようかな?とも思っているのですけど、いかんせん我家は冬の間が寒いので、フレームなどを使わなくてはならない花々を越冬させるのはちょっとツライのです。
やはり春巻き、違った 春播きのほうが無難でしょうね^^;

≫ Read More

| タ ネ | 03:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレオメを種まきから~~




【学名】Cleome hassieriana
【科名】フウチョウソウ科 Capparaceae 【属名】フウチョウソウ属
【和名】風蝶草フウチョウソウ) 【英名】Spider Flowerスパイダーフラワー) 【別名】酔蝶花スイチョウカ
【品種名】カラーファウンテン 【原産地】南アフリカ
【性状】非耐寒性一年草 【草丈】100cm 【生育温度】 15~30℃
【種まき】4~5月 【花期】7~10月 【発芽温度】20~25℃
【用途】地植え 鉢植え(大コンテナで) 日向向き 夏花壇

初めて育てている夏の暑さに強い花、‘クレオメ’です。

DNA的にはアブラナ科の近種であることがわかってきたようです。クレオメには約270種ほどあり、一年草あるいは多年草がありますが、私が今回タネから育てているのは、一年草の品種で‘カラーファウンテン’。




草丈が1メートルほどになるので、本来は地植えで育てるべきなのですが、私はタネまきまえによくしらべなかったので、コンテナで育ててます。そのせいか、定植するときにストレスを与えてしまったためか、開花したときの草丈は50センチに満たない程度でした(^^ゞ 来年は地植えにしよう~ ^_^;
でもこの子、そんなに大きくなるなら支柱も必要! ズボラな私には、小ぶりに咲いてくれるくらいでちょうどよかったかも!?とあくまでも前向きです。


【PR】クレオメのタネ「カラーフォンテン」のタネは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで157 円 也~

クレオメを探そう! at Rakuten


その名のとおり蝶々が舞うように咲きますね~~~ +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.
種から育てた苗が花を咲かせるのは、やはり満足度が違います。
今回のクレオメの種には、白色、紫色、桃色などのミックス。色々楽しめて華やかです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 18:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。