++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銅葉のスノーフレーク

Clematis montana 'Snow Flake' - クレマチス・モンタナ‘スノーフレーク’Clematis montana 'Snow Flake' - クレマチス・モンタナ‘スノーフレーク’


【学名】Clematis montana 'Snow Flake'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee) 【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】6~8センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・スノーフレーク  【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#C001

霜が降りたらキレイな銅葉になったクレマチス・モンタナ系の‘スノーフレーク'です。
ツバキの木に絡み付いているので、ツバキが霜よけになっている部分はまだ緑色。
でも霜が当たったところで、且つ太陽が当たる部分はカラス葉であります!

私は銅葉が美しい‘フレーダ'を入手いたしましたが、思ったほどには銅葉にならず・・・
もちろん銅葉にはなるのですが、この時期どちらかというとこの子のほうが銅葉です(^^ゞ


春咲き、小輪多花性で株を覆うほど密集して咲くので華やかなクレマチスは、1,890 円也~
Fleur Town 吉本花城園さんちで入手できます!

この‘プレニフローラ'は純白の八重咲きになるモンタナ。かわいいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

【PR】 クレマチス・モンタナを探そう! at Rakuten


兎に角クレマチスの中で我家の気候にもっともあっているのが、モンタナ系。
そして私の性格にもあってます。
絡みつくところさえ準備してあげれば、結構いい感じに勝手に伸び上がってくれ、剪定もいらないし、手間要らず。
完全に葉っぱを落とすのは2月中のハンパない厳寒期くらいで、案外年中葉っぱも楽しめます。
もっとも一季咲きであるという点では、ちょっと・・・と思われるかもしれませんが。

早くモンタナ系の四季咲き系、どなたか育種してくれないかしら。と高望み(笑)

≫ Read More

| クレマチス | 04:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

剪定後のスノーフレーク




【学名】Clematis montana 'Snow Flake'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee) 【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】6~8センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・スノーフレーク  【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#C001

今年はどのモンタナにも一応に似たような現象が起きています。
それは葉っぱの縮れ・・・ 薬剤散布したときに希釈濃度を間違えたのか?
それとも水不足のせいなのか、定かではないのですが・・・

一瞬、立ち枯れ病?かと心配したのですが、なんとか秋を迎えられそうな雰囲気。 ~(〃´o`)=3
で、このモンタナ系の‘スノーフレーク’ですが、2月くらいにかなり大胆な剪定を行いました。
なので春にはあまりお花が咲きませんでした。

あまりにも大きくなりすぎたので、ツバキにもストレスがかかっているなぁ~と思ったのです。

ところが、結局剪定後今年の春からもグングン伸びてしまって、椿や松の木を圧倒中~^^;
あまり剪定の意味がなかった感じです(^^ゞ もっとも嬉しい悲鳴ではあるのですが。


【PR】クレマチス・モンタナ・スノーフレークは、千草園芸さんちで2,940 円也~

このくらいの大きさなら、来年の春には必ずお花が咲くはずです!

白い清楚なモンタナ、スノーフレークを探そう! at Rakuten


剪定したときに気がついたのですが、どうやらいつものごとく、無造作にブスッと挿しておいた芽が順調に大きくなり、二株が同じところで蔓を伸ばしているので、大量に葉っぱが茂っています。
来年の花数はかなり期待できそうな感じです♪

≫ Read More

| クレマチス | 03:35 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

純白のモンタナ ‘スノーフレーク’

Clematis montana 'Snow Flake' - クレマチス・モンタナ‘スノーフレーク’

Clematis montana 'Snow Flake' - クレマチス・モンタナ‘スノーフレーク’
 今日の一句 「椿の梢と 背比べ 蔓をぐんぐん伸ばしてく お空にどんどん 向かってく」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis montana 'Snow Flake'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee) 【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】6~8センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・スノーフレーク

昨年と比べ、明らかに花つきが良くないのが、モンタナ系ちゃんたちですが、その中にあって、なんとか見ることができているのがこの子、‘スノーフレーク’。
どうして今年は出来が悪いのかなあ~

これまでこんなにも花つきが悪かった年は一回も無かったのにぃ~
さっぱりわかりません。

考えられるのは天命。寿命が短いといわれているので、そろそろ10年になる株たちは天国へ召される時期になってしまったのやもしれません。がっかり。
モンタナは非常に見ごたえのある仕立て方ができるクレマチスですが、寿命が短いことがネックです。
~(〃´o`)=3

≫ Read More

| クレマチス | 18:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンタナ ‘スノーフレーク’の種

Clematis montana 'Snow Flake' - モンタナ・スノーフレーク

Clematis montana 'Snow Flake' - モンタナ・スノーフレーク
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis montana 'Snow Flake'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】6~8センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・スノーフレーク

5月に満開だったモンタナ系は剪定せずにそのまま放置してありますが、秋も深まってきた現在は、できた種もほぼ落ちて葉っぱだけになっています。

ツルも順調に伸びて、昨年よりも大きくなりました。

毎年何千という種が我が家の庭にこぼれているはずですが、実生から発芽したのはまだ確認したことがありません。

自然発芽は難しいようです。

≫ Read More

| クレマチス | 03:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Clematis montana 'Snow Flake'

Clematis montana 'Snow Flake'

Clematis montana 'Snow Flake'

 

【学名】Clematis montana 'Snow Flake'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】6~8センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】白色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・スノーフレーク

先日に引き続きまして、モンタナ三人娘のうちの一人、スノーフレークちゃん、ただ今満開でございま~~す!

今年はこの子が一番花つきがよかったです!同じように施肥もしているし・・・ なんでだろう~といぶかしく思っているのです。
もっともブロウトンスターはまだ若いので株自体が小さいし、茎の数も二本しかでていないので、うなずけるのですが。

≫ Read More

| クレマチス | 04:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。