++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

回る!マークハムズ・ピンク

Clematis macropetala 'Markham's Pink'

Clematis macropetala 'Markham's Pink'
 今日の一句 「反り返る 花弁に それぞれ表情が あってうれしい 初開花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Markham's Pink'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 または アトランジュ系 【咲き方】一季咲き(春から初夏) セミダブル咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】桃色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
【原産地】中国  【作出者】Ernest Markham, 英国 1935年

\(^\)(/^)/\(^\)(/^)/ やっしょうのまっかしょ ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ

今朝も思いっきり踊っております! 

この子はもうなんども瀕死の状態になりかけ、今年お花を見ることも叶わないかと思っていたマクロペタラちゃんだったので、もう~~~ 本当にうれしい!

たった二輪、しかも地面ギリギリのところで開花しているだけですが、お花自体は立派なものですよ~ 桃色の絶妙な色の出具合といい、がく弁の反り返る様子といい、シベの感じといい、絶品であります。

昨年春におぎはら植物園で1600円にて購入したものなので、購入から一年目に廻ってきた春にうれしい開花!

私にとっては清水の舞台から飛び降りるようにしてゲットした苗だったのですが、二年苗だし大丈夫かななどと浅はかにもすぐに地植えにしてしまった! しかも土壌改良もせずに・・・

見るからに成長具合がかんばしくなくて、とってもとっても心配していたのですが、逆にまさかお花を咲かせてくれるとは思っていなかったんですよ~

≫ Read More

| クレマチス | 05:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンスタンスの復活!

<i>Clematis alpina</i> 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis alpina 'Constance'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【種名】マクロペタラ macropetala (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 (アトランジェン系またはアトランジュ系)Atragene Group
【流通名】アルピナ・コンスタンス 【英名】Clematis 'Constance'
【咲き方】一重または半八重咲き 【花期】四季咲き4~6月と夏や秋
【花色】紫色 クリムゾン・ピンク 【花径】 【背丈】200cm
【剪定】旧枝咲き
【作出】Mrs K. Goodman(イギリス)1992年
【原産地】中国 【性状】耐寒性宿根草木

これまたうれしい~~発見!

実はこの‘コンスタンス’一年生の苗を無理やり地植えにしたものだから、昨年もほとんど葉っぱは展開せず、青色吐息だったのです。
ウメモドキの木などですっかり木陰になっているし、土壌も固くフワフワしていないようなところでしたので、3月に思い切って掘りあげて、移殖しちゃいました。

そういたしましたところ、その気持ちに応えてくれて、こんなにみずみずしい若葉を展開させはじめてくれたのです。

見事、ふっかぁ~~~つ! でもすんごくちっちゃ(^^ゞ

<i>Clematis alpina</i> 'Constance'  - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



これは植え付け後、3月中旬にその葉芽を見つけたときの記念撮影です。
回りにバークチップを置いて、遅霜対策と乾燥予防もしてあげてます。
大きいサイズのバークチップではあるのですが、その芽の小ささがよくお分かりいただけるかと。
超マイクロミニな芽でありました!

≫ Read More

| クレマチス | 03:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘マークハムズ・ピンク’の萌えぇ~

Clematis macropetala 'Markham's Pink' - マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'

Clematis macropetala 'Markham's Pink' - マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Markham's Pink'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 【咲き方】一季咲き(春から初夏) セミダブル咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】桃色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
【原産地】中国【作出者】Ernest Markham, 英国 1935年

この子は秋になんらかの障害と思われる異常があった子です。、私の肥料のやりすぎか、肥料の成分がよろしくなかったのか・・ 水切れ寸前だったのか・・
青色吐息で秋から冬を渡って、この春芽吹いてくれたクレマチスです。

地植えにする時期も早すぎたので、体力がなかったのも原因かなぁ~と(〃_ _)σ∥反省しているのですが、この春に萌えだした芽は至極元気そうです。
~(〃´o`)=3  またも枯れてしまうのではないかと、ビクビクしていたので彼女のがんばりに拍手!

この子は昨年ほとんど背丈が伸びずじまい。でも今年こそはビュンビュンと蔓を伸ばしてくれそうな感じがあります。この子のために左サイドに木製のトレリスを置いています。もっともこの子のためだけでなく、ツルバラも現在誘引させてある状態なのですが、モーツァルトがピンク色の花を咲かせるので、この両者のコラボを狙ってのこと。セッションはうまくゆくかしらん。


あっ、そうそうトレリスで思い出しました! 先日、DAIM スライドフラワーアーチを買いました! 二年前に買ったものは諭吉様が一枚必要でしたが、今回は稲造様一枚と小銭が必要でした。実は風見鶏のついたオベリスクも欲しかったんですけど、何しろお財布の中身がっ _| ̄|○



当然モノとしては、前回購入したものの(こちらにはロンサールジュリアを絡ませてます)ほうが、しっかりしているのですけれど、今回はクレマちゃんたちを絡ませたいと思って買ったものなので、なんとか持ちこたえてくれるのではないかなぁ~と。

≫ Read More

| クレマチス | 13:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

‘マークハムズピンク’の秋

Clematis macropetala 'Markham's Pink' - マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'

Clematis macropetala 'Markham's Pink' - マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Markham's Pink'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 【咲き方】一季咲き(春から初夏) セミダブル咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】桃色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
【原産地】中国【作出者】Ernest Markham, 英国 1935年

まいったなぁ~ ~(〃´o`)=3

あきらかに栄養障害を起こしていると思われるマクロペタラ系の‘マークハムズピンク’です。
すっきりと納得できない不思議色した黄緑で、葉脈が緑色(;´▽`lllA`` カリ分が多いとこんなふうになるって、どこかで読んだようなキオクがあるのですが・・・

してはいけないことだけど、葉っぱがすっかり枯れたらざっくりと掘り起こし、鉢植えに変えたほうがよいかも!? 地植えにしてしまった場所はふかふか土ではないのです。

山野草系の育て方をイメージしたまでは良かったのですが、ちょっと山砂系すぎる場所でした。

≫ Read More

| クレマチス | 09:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

危うし!Clematis alpina 'Constance'

<i>Clematis alpina</i> 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス

Clematis alpina 'Constance' - クレマチス・アルピナ・コンスタンス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis alpina 'Constance'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属
【系統】アトラゲネ系 Atragene Group
【流通名】アルピナ・コンスタンス 【英名】Clematis 'Constance'
【咲き方】一重または半八重咲き 【花期】四季咲き4~6月と夏や秋
【花色】紫色 クリムゾン・ピンク 【花径】 【背丈】200cm
【剪定】旧枝咲き
【作出】Mrs K. Goodman(イギリス)1992年
【原産地】中国 【性状】耐寒性宿根草木

暑さが嫌いだと聞いたので、ウメモドキの木の下に植えたのですが、さすがに日照不足過ぎたようで、瀕死の状態の‘コンスタンス’です。
しかも土壌改良も不十分だったようで、春からずっと姿は変わらず、ほとんど生育が見られなくて、ここにきて葉っぱに枯れもみられるようになってしまいました。

このままですと越冬する体力もなさそうな感じ。かといって肥料をあげたから元気になるというものでもなく・・・。涼しくなってきたので、これから少しは元気を取り戻してくれるのかしら・・と不安です。

植え付けた時期もちょっと芽が動き出していた頃でしたので、それもよくなかった要因かと。

≫ Read More

| クレマチス | 04:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Clematis 'Markham's Pink'

Clematis macropetala 'Markham's Pink'

Clematis macropetala 'Markham's Pink'
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis macropetala 'Markham's Pink'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【種名】マクロペタラ (mak-roh-PET-uh-luh)
【和名】クレマチス 【英名】Clematis
【性状】耐寒性宿根草 暑さには少し弱い品種
【系統】マクロペタラ系 【咲き方】一季咲き(春から初夏) セミダブル咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】250~300センチ【耐寒性】強い
【花色】桃色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】マクロペタラ 'マークハムズ・ピンク'
【原産地】中国【作出者】Ernest Markham, 英国 1935年

1993年にAGM(Award of Garden Merit)を受賞している銘花です!

今年春におぎはら植物園(こちらにお花の写真があります)で1600円にて購入したもので、私にとっては清水の舞台から飛び降りた感じの値段です(笑) 他の苗と比べ少し割高感がありますが、その分、希少でもあるということになるのかしらん

二年苗だし、地植えにしちゃおーとすぐに植えつけてしまったのですが、どちらかというと鉢植え向きだったみたいです(^^ゞ あわわ 冷涼な地であれば地植えでもOKとは言われているのですが、今年みたいな暑さですと、私もハラハラです。

今のところ、じっと生活環境に耐えている感じで、夏場の暑さに弱いせいかほとんど成長せず・・・ 次のお写真は1ヶ月前にとったものです。
まだ20センチたらずしかありません。なんだかヤバそうな雰囲気。
(;´▽`lllA``


死なないでぇ~~ ・゚・(ノД`)・゚・。 と懇願しつつも、花芽らしいものもあったりするので、秋にもしかしたら咲いてくれるのかもしれないと淡い期待。尤も春咲きに品種で旧枝咲き、株が充実し弱剪定しておくと秋に返り咲くという感じらしいので、今年は生き残ってくれたとしても開花はほぼ無理でしょう。

≫ Read More

| クレマチス | 04:22 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。