++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インテグリフォリア‘アルバ’も!

Clematis integrifolia 'Alba' - クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’Clematis integrifolia 'Alba' - クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’


【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis integrifolia 'Alba' 【品種名】アルバ
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ 【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色  【花期】5~10月
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【性状】落葉性つる性植物 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#C016

モンタナ系の後に四季咲き性のクレマチスたちも除除に開花し始めています。今日は、インテグリフォリア系の‘アルバ’さん。地植えで開花しはじめました!

チビ苗のうちに地植えにしてしまったので、その後の生育具合が非常に悪かったアルバですが、ようやくといった感じで、オトナっぽくなってくれた咲き方になりました~ (^o^)

草丈もこれまでの倍になりましたし、お花の数も倍以上になりそうです。

【PR】 インテグリフォリアを探そう! at Rakuten


インテグリフォリア‘アルバ’は、真っ白のお花でうつむき加減に咲きます。今年はお隣にムスクマローを植えてしまい、やや日陰になりすぎちゃいそうな雰囲気なのですが、それが案外相乗効果があったのかしら?
マローに負けじと草丈を伸ばしてくれたようです。今年はお花の大きさからしてこれまでとは違う感じ♪

花茎の数は未だに3本しかありませんが、花茎の途中からも蕾があがりそうです。今現在はてっぺんのお花しか咲いていませんけど(笑)

≫ Read More

| クレマチス | 04:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年はとっても元気な‘アルバ’

Clematis integrifolia 'Alba' - クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’Clematis integrifolia 'Alba' - クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’


【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ 【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色  【花期】
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【品種名】アルバ
【性状】落葉性つる性植物 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#C016

今日もイマヒツのお天気です。この二日間土砂降りでした。
でも春の雨が様々な植物たちに降りかかると、イキイキとしはじめます。
冬の間、見えていた地面はどんどん見えなくなって込み合い始めますので、今くらいの時期がちょうどよいのかも。

クリスマスローズの葉っぱもワサワサしはじめて、お花は終わってしまいつつあり、クレマチスたちにバトンを渡す時期になってきました!

本当にようやくといった感じです。今年はいつまでも雪に悩まされていましたし。


小さな苗をいきなり地植えにしてしまったために、何年経ってもなかなか大きくなれず、毎年数えるほどしか咲いてくれなかったインテグリフォリア‘アルバ’ですが、今年は見るからにこれまでとは違う感じ♪

これならば、花数も多くなってくれるのではないかしら?と期待しているのです。
でも花茎の数は未だに3本しかありませんが(笑)

【PR】 インテグリフォリアを探そう! at Rakuten


昨年来、インテグリフォリアに‘ソシアリス’が加わってくれているのですけど、なんだかいまひとつ元気がなく、この子に比べるとまだまだ小さいのです。
昨年購入した苗たちは、前例のような失敗をせぬように、すべて鉢植えで管理しておりますし、一昨年の子も植え替えもせずに鉢植えのままです。

Clematis integrifolia 'Alba' - クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’
インテグリフォリアは葉っぱがまるでマトリョーシカ状態。
伸びながら葉っぱを開いてゆき、ある程度の大きさになると、やっと先端から蕾が見えてくるので、今度こそ、今度こそと覗き込んではがっかりしたりワクワクしたりです。
大体、地際から5節くらいで蕾が見えるようになってくるのかな?

Clematis integrifolia 'Alba'
クレマチス インテグリフォリア‘アルバ’

2010年4月18日撮影



インテグリフォリアは切り戻しをしておけば、2回~3回開花してくれますから、肥料もたっぷりとすきこんで株を健康に元気に育ててあげたいですね~
ただ今年はちょっと失敗。この子の南側にムスクマローを植えつけてしまいました(^^ゞ
折角こうして元気にでてきてくれたのに、マローが成長するとかなり日陰になっちゃいそうです^^;

≫ Read More

| クレマチス | 06:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インテグリフォリアたちの萌え~



【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012

今日は木立性のクレマチスである、インテグリフォリアをご紹介!

我家には今のところ、三種類あり、すべて地植えで育てています。もっとも成育がよいのが、‘ヘンダーソニー’つぎに‘アリョヌシカ’そして一番元気がないのが、‘アルバ’です。 成育具合に差はある者の、ほぼ同時期に萌えはじめ、葉っぱを展開させはじめています。

クレマチス インテグリフォリア系は、花後に剪定しておくと、二番、三番花が咲きます。もちろん肥料などはしっかりあげておく必要があります。花つきが良いことさることながら、蔓がまきつかないので、誘引の作業がないのもよいところ。管理しやすいのです。

上の写真は‘アリョヌシカ’ですが、とんがった小豆色の芽が顔を見せ始めてから、ほぼ10日ほど経過した様子です。あっという間に緑色の葉っぱに展開しました!今年も花茎の太さには申し分なく、立派な花をさかせそうです。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten

我家にはまだ有名な‘花島’や‘篭口’がないので、次回のチャンスにはリストからもらさないようにしなくては!


できれば、‘花島’を今植えている、テキセンシス系の‘アルバニー’の隣人に据えて、コラボを愉しみたいのです。

また、似たような花色のモノタチを組み合わせて、そのグラデーションを愉しむような植栽にしてゆきたいなぁ~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

≫ Read More

| クレマチス | 03:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インテグリフォリア系‘アルバ’の復活

Clematis integrifolia 'Alba'

Clematis integrifolia 'Alba' インテグリフォリア系‘アルバ’

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alba'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis integrifolia 'Alba'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】木立性 60~70センチ
【耐寒性】やや強い -5℃ 【花色】白色 
【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アルバ
【備考】#C016

遅咲きの木立性クレマチス、インテグリフォリア系白いお花が咲きました。このクレマチスにはハラハラさせられましたよ~

他のインテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’のほうは、もうなんども繰り返しさいているというのに、この‘アルバ’ときたら、芽がでてくるのも遅かったし、すっかり枯れてしまったとばかり思っていました。

Clematis integrifolia 'Alba'

Clematis integrifolia 'Alba' インテグリフォリア系‘アルバ’



こちらは摘心後の様子。

‘ヘンダーソニー’は、摘心をしなかったのですが、この‘アルバ’のほうは2回ほど摘心をしたので枝分かれをして一株から6本ほどは芽を出してくれてます。

そのかわりお花の大きさは本来のものよりもちょっと小ぶりなのだろうと思うのですが、最初のお写真で咲いたもののほかにも現在4輪ほどの蕾が確認できております!

≫ Read More

| クレマチス | 04:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。