++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フルディーンがなんとか・・・^^;

Clematis 'Huldine' - クレマチス‘フルディーン’Clematis 'Huldine' - クレマチス‘フルディーン’


【学名】Clematis 'Huldine' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Huldine' 
【系統】ビチセラ系(Viiticella) × ジャックマニー系(Jackmanii) 
【咲き方】一重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 大輪咲き
【花径】6~8 センチ 【高さ】300~600センチ 【耐寒性】強い
【花色】パールホワイト 【剪定】強剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】フルディーン   【別名】
【作出者】 1934年 Francisque Morel(フランス リヨン)
【受賞】RHS Award of Merit in 1934 ・ RHS Garden Merit in 1984
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C025

今年は咲くかなぁ~?

ホントに小さい、弱弱しい芽吹きであります。
折角芽吹いたと思ったら、大雪ですし^^; 盛り土でもしてあげたほうがよいかもしれません。

でも地植えでこうして芽吹いてくれたのです。今年はもしもお花が咲かないとしても、大事に管理してゆけば、もう少し大きくなってくれるかなぁ~

ちょっとここは土壌の状態が良くないので、気にかかります。

【PR】 クレマチス‘フルディーン’を探そう! at Rakuten


本来、お庭の真ん中にたてているオベリスクに絡ませたいと思い、植えつけたわけですが、植えつける時期が早すぎて、なかなかオベリスクに到達できないのです(>o<")

近くにはバラ‘アブラハムダービー’も配していて、両者のコラボを狙っているのですけど。
バラのほうは元気そう。新たにでてきた葉っぱも綺麗なのです。
昨年もたっぷり咲いてくれましたし。

≫ Read More

| クレマチス | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フルディーンを地植えに(^^ゞ




【学名】Clematis 'Huldine' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Huldine' 
【系統】ビチセラ系(Viiticella) × ジャックマニー系(Jackmanii) 
【咲き方】一重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 大輪咲き
【花径】6~8 センチ 【高さ】300~600センチ 【耐寒性】強い
【花色】パールホワイト 【剪定】強剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】フルディーン   【別名】
【作出者】 1934年 Francisque Morel(フランス リヨン)
【受賞】RHS Award of Merit in 1934 ・ RHS Garden Merit in 1984
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C025

昨年の春に購入し、その年の秋に鉢増ししていた‘フルディーン’がこの春とても元気のよい芽を出し始め、いつもの悪い癖で地植えにしたくなってしまいました・・・

本当ならあと一年は、鉢植えで管理する予定でしたが・・・ そもそも鉢増ししたときにやや小さい鉢を選んでしまったこともよくなかったのです。 どうみても今年秋まで持たなさそうだし、ええいままよとばかりに、お庭のほぼ真ん中に設置したオベリスクの足元に植えてしまいました(;´▽`lllA``

‘フルディーン’は、賞もいただいている良種で、成育が早く強健で育て易い品種ということもあり、二年生になったので、なんとかなるのではないかしらんと思ったわけです。

春に出てきた芽の部分まで隠れるようにして地面に植えたのですが、あっという間に地面からニョキニョキと芽を伸ばしはじめたかと思ったら、数日で蔓がびよ~~んと伸びてきています。よかったぁ~と思っていたのも束の間。

伸びはじめた蔓に元気がないっ! オロオロ・・・ だっ、大丈夫だろうか。
もうこれ以上はいじれませんので、このまま経過を見守るしかありません。


クレマチス ’フルディーン’ 2年苗 価格 1,575 円
暑さの中でも白い花がびっしり咲くクレマチス! 扱いが楽な二年生をオススメします♪
【PR】 クレマチス‘フルディーン’を探そう♪ at Rakuten


上のおぎはら植物園さんちの写真のようにすべてを多い尽くすほどのお花がオベリスク全体に回るようになれば、かなり見ごたえがあるはず!

嗚呼、夏場に咲いてくれたら、白いお花が涼を運んでくれそう~です♪が、最大で全長が6メートルとなりますと、多い尽くすとまでにはいかないかな。でもオベリスクが全部隠れてしまうようでも、見せ方としてはNGかしらぁ~ などと、まだまだ先のコトを心配している私です(笑)

お願い! 生き残って!

≫ Read More

| クレマチス | 01:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス フルディーン




【学名】Clematis 'Huldine' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Huldine' 
【系統】ビチセラ系 × ジャックマニー系 
【咲き方】一重咲き 遅咲き 四季咲き(6~10月) 大輪咲き
【花径】6~8 センチ 【高さ】300~600センチ 【耐寒性】強い
【花色】パールホワイト 【剪定】強剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】フルディーン   【別名】
【作出者】 1934年 Francisque Morel(フランス リヨン)
【受賞】RHS Award of Merit in 1934 ・ RHS Garden Merit in 1984

‘フルディーン’は、真夏の暑い日差しの中でもびっしりと白い花を咲かせるというので、今回選びました。我家では、春先にはモンタナ系がたくさん咲いてくれるのですが、モンタナが終わってしまうと、びしりとダイナミックに咲いてくれるクレマチスが無いのです。

Clematis on the Webサイトでの説明によるとフランスのモレル氏が育て、1934年イギリスのErnest Markham 氏により登録された品種で、実際にはWilliam Rollinson氏の作出ではないかとされている‘フルディーン’は、賞もいただいている良種です。

成育が早く強健で育て易い品種というおぎはら植物園さんの説明を信じ、購入しました!
もっとも一年生苗なので、来年の夏は咲いてくれたとしても大量には咲いてくれないかもしれませんが。


クレマチス フルディーン
暑さの中でも白い花がびっしり咲くクレマチス!価格 500円

【PR】 クレマチス‘フルディーン’を探そう♪ at Rakuten


本来、強剪定する種類のものですが、手元に届いた苗はまだすごく小さいので、剪定はせずにそのまま鉢増しただけにとどめました。
10月5日に鉢増し作業が終了しています。本当は完全に休眠に入ってからのほうが良いのだと思うのですが、寒さの中で作業するのはとても辛い私・・・ 
鉢増しする程度ならば、大丈夫かなと思いまして今回購入した苗はすべて10月初旬に終わらせてしまいました。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。