++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たった一輪ですが、ハーバートジョンソン

Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'


【学名】Clematis 'Hervert Johnson'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属 または センニンソウ属
【和名】テッセン 【英名】クレマチス 【別名】 【品種名】ハーバートジョンソン Hervert Johnson
【系統】ラヌギノーサ系 早咲き大輪系 【草丈】200~400cm 【花期】6~9月 【花色】青~紺色 赤紫~青紫色
【原産地】
【性状】落葉つる性植物 
【交配】'Vyvyan Pennell' x 'Percy Picton'
【用途】鉢植え 地植え  【購入日】2010年3月  【購入先】地元HC 200円
【備考】#C048

今年3月に購入したこの‘ハーバートジョンソン'は、チビ苗だったので今年は咲かないだろうと思っておりましたが、たった一輪ながら咲いちゃいました~ \(*^▽^*)/

一緒に購入した‘マダムバンホーテ’さんには、ほとんど動きはみられないのに、かなりの差があります。

ところが、私はHCでこのこがラベルにあるようにもっと深い紺色をしたお花を咲かせるものとばかり思っていたのに、開いてみたら薄紫色。濃い色あいのものが欲しかったんですけど^^;

残念(>o<") すでに我家のお庭に地植えにしてある名前不詳のクレマチスとほとんど似たような咲き方です。
それとも初開花でちゃんとした色がでていないのかしら?

【PR】 ラヌギノーサ系を探そう! at Rakuten


あぁ~~ホントにがっかりです。ラベル、間違っていたんじゃない?
シベの色にしても、ラベルにあるのは真っ白なのに、我家のは紫色ですし。

ミミミ

と、ほかのお宅のハーバートジョンソンさんはどうなのかしら?と検索してみましたが、やはりこんな感じの咲き方をしているみたいです。
これが完成形かぁ~~ ちょっとがっかりでした。

≫ Read More

| クレマチス | 04:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス‘ハーバートジョンソン’

Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'Clematis 'Hervert Johnson' - クレマチス‘ハーバートジョンソン'


【学名】Clematis 'Hervert Johnson'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】クレマチス属 または センニンソウ属
【和名】テッセン 【英名】クレマチス 【別名】 【品種名】ハーバートジョンソン Hervert Johnson
【系統】ラヌギノーサ系 早咲き大輪系 【草丈】200~400cm 【花期】6~9月 【花色】青~紺色 
【原産地】
【性状】落葉つる性植物 
【交配】'Vyvyan Pennell' x 'Percy Picton'
【用途】鉢植え 地植え  【購入日】2010年3月  【購入先】地元HC 200円
【備考】#C048

先日の‘マダムバンホーテ'さんと同様、HCへ洗剤を買いに行ったのにこのクレマチスちゃんも一緒にお持ち帰り(^^ゞ
やはりラヌギノーサ系のクレマチスで‘ハーバートジョンソン'という名前です。
これは人名で、Hervert Johnson氏のお名前であり、彼はPennell companyのManaging Director(1970-1976)だった方だそうですが、私は今回初めて知った方です。

我家には濃い青色っぽいといいますか、紺色っぽいクレマチスですとジャックマニー系の‘ロマンチカ'さんがいますけど、庭の奥手のほうに地植えにしてあってあまり目だ立たないので、この子に頑張ってもらうことにしました!

【PR】 ラヌギノーサ系を探そう! at Rakuten


購入したばかりの時には本当に数センチほどの小さな苗でしたが、鉢増しして管理すること1ヶ月。
見る見る伸び始めて、とっても元気!
もしかしたら咲いてくれちゃうかも?と思えるほどです。けど、そうはいかないでしょうねぇ~
なにせ2.5号ポットの小さな苗でしたので、そこまでの体力はまだないでしょうから。
一瞬蕾か!と思えるようなカタチに見えたのですけど、蕾のようにみえたのはモチロン葉っぱだったのでした(^^ゞ

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。