++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルリマツリモドキの蒼い花




【学名】Ceratostigma plumbaginoidesケラトスティグマ・プルンバギノイデス
【科名】イソマツ科 Plumbaginaceae 【属名】ケラトスティグマ属
【和名】瑠璃茉莉擬きルリマツリモドキ
【英名】Plumbago , Dwarf Plumbago または Leadwort 【別名】角柱花カクチュウカ
【品種名】ブルーサファイア
【原産地】中国・ヒマラヤ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】30~60cm 【花期】6月~10月
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー やや半日陰のシェードガーデンでも可

この子の秋の紅葉も誠にすばらしいものでしたが、初めて開花してくれた名前どおりの‘ブルーサファイヤ’の青色は本当に美しい~~ (=▽=)

昨年、2008年秋に入手したルリマツリモドキは、花が終わった後でしたので、下のお借りしている写真のようなサファイア色の花を見ることはできませんでしたが、やっとモノホンとの遭遇です!


【PR】ルリマツリモドキ 価格 400円でした。
こちらもおぎはら植物園さんでお世話になりました!
秋になれば苗が出回ると思いますよ~~~ Y(=▽=)Y~☆
涼しげな青色の花がかわいい瑠璃マツリモドキをゲット♪ at Rakuten


一緒に植えたユーパトリュームも生育旺盛で、どうみても寄せ植えしている鉢が小さすぎてしまっており、あっという間に水を吸い上げてしまうので、熱い時期の水遣りは朝晩の二回でも足りないほどで、なんども萎れさせてしまっているのですが、よくぞ咲いてくれました!

両者ともホントに丈夫です!

≫ Read More

| blue::青い花 | 04:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緋色の瑠璃茉莉擬き




【学名】Ceratostigma plumbaginoidesケラトスティグマ・プルンバギノイデス
【科名】イソマツ科 Plumbaginaceae 【属名】ケラトスティグマ属
【和名】瑠璃茉莉擬きルリマツリモドキ
【英名】Plumbago , Dwarf Plumbago または Leadwort 【別名】角柱花カクチュウカ
【品種名】ブルーサファイア
【原産地】中国・ヒマラヤ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】30~60cm 【花期】6月~10月
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー やや半日陰のシェードガーデンでも可

これほどとは!

まことに美しき紅葉ですY(=▽=)Y~☆

秋に入手したルリマツリモドキがただ今真っ赤に葉っぱを染めています。

秋から育てているので、下の写真のようなサファイア色の花を見ることはできませんでしたが、この紅葉っぷりには感動!


ルリマツリモドキ 価格 400円でした。
こちらもおぎはら植物園さんでお世話になりました!
けれど、今サイトへ行ったら20円値上がりしてしまっているみたいです。この時期、この子はほかのお店では売り切れなのですが、おぎはらさんちではお取り扱いがまだあるようですよ~

【PR】 涼しげな青色の花がかわいい瑠璃マツリモドキをゲット♪ at Rakuten



一緒に植えたユーパトリュームはすっかり地上部は枯れてしまいましたが、宿根亜麻はとても綺麗な葉っぱをしていて、元気そうです。
来年の春の開花が愉しみな宿根草の寄せ植えの鉢♪なのです。

≫ Read More

| 寄せ植え | 17:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルリマツリモドキ‘ブルーサファイア’




【学名】Ceratostigma plumbaginoidesケラトスティグマ・プルンバギノイデス
【科名】イソマツ科 Plumbaginaceae 【属名】ケラトスティグマ属
【和名】瑠璃茉莉擬きルリマツリモドキ
【英名】Plumbago , Dwarf Plumbago または Leadwort 【別名】角柱花カクチュウカ
【品種名】ブルーサファイア
【原産地】中国・ヒマラヤ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】30~60cm 【花期】6月~10月
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー やや半日陰のシェードガーデンでも可

たぶん、イソマツ科の植物を育てるのは初めてではないかしら~~と思っている私です。
エボルブス アメリカンブルーにも似た感じですけど、あちらはヒルガオ科ですし。

本当はルリマツリそのものを育ててみたかったのですが、越冬に難ありですので、モドキのほうからトライです!

この子もウワサに聞けば、丈夫で育てやすく、増えすぎるほどに成育は旺盛とか。
それにこれからの時期は、葉が赤く色づいて、紅葉も楽しめちゃうらしいのです。

欲を言えば、宅急便が届いたときにちょとでもお花がついていてくれたら良かったのですけど、残念ながらお花はついておりませんでした。花期が長く、秋まで咲くと聞いていたのですけど。


ルリマツリモドキ 価格 400円
こちらもおぎはら植物園さんでお世話になりました!

【PR】 涼しげな青色の花がかわいい瑠璃マツリモドキをゲット♪ at Rakuten



気を取り直して、来年の初夏に涼しげに咲いてくれるはずの姿を想像しつつ、冬篭りの準備です。
10月の上旬にシュッコンアマ、ユーパトリウムなとと寄せ植えにしましたところ、根っこはしっかりと活着してくれただ今のところ元気モリモリです。

では初めて育てる植物ですので、お勉強タイム♪

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。