++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラックバローも!

Aquilegia vulgaris var.stellata - アキレイギア‘ブラック・バロー’
【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブラック・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 Granny's bonnetまたはColumbine
【性状】耐寒性宿根草
【撮影】2010年5月21日撮影



去年咲いたオダマキの中でも、ブラックバローが一番株数がおおかったはずですのに、今年はなんとか2株だけ、控えめに咲いてます。

黒色系はシックでダイスキな私です!で、今年は黒色の子に一重の花が一株見られました~ 

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


種を買った記憶はありませんし、もしかすると変異?
ブラックバローも二代目あるいは三代目となっている子もあるかもしれないので、お花の形が変わっているのかなぁ~
それとも私が覚えていないだけで、種を購入していたのかしら? ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| black::黒い花 | 04:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンク色のノラバロー

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’


【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【原産地】北半球
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【草丈】50センチ 【花期】5月~6月
【用途】地植え 鉢植え

ピンク色のかわい子ちゃん。

オダマキ開花ラッシュに突入ですぞ~~ アチラこちらで咲き始めています。
以前、ポール・スミザーさんがTV番組でブラックバローを紹介されているのを拝見してから、西洋オダマキにハマリはじめたような気がします。

ポールさんは、ブラックバローをしっかり群生させるような形態はとらずに、ポツポツと咲かせるようなほうがかわいいというようなことをおっしゃっていたような・・ 記憶が不確かですが(^^ゞ
これはお好みでしょうけど。

【PR】 西洋オダマキを種か育てよう! at Rakuten


確かに宿根草ですから、春を過ぎると葉っぱのみですし、冬場は地上部がほとんどなくなりロゼット状になった葉っぱが少しだけ緑色をみせるだけですので、花壇のあちらこちらに点在させておくほうがよいのかもしれませんね。

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 トンプソン&モーガン社から入手した種で約20粒はいっていました!
     


こちらがトンプソン&モーガン社から2006年に購入し播種したときに残しておいた種の袋です。
ご覧のように色あいはミックスで、桃色、濃い桃色、臙脂色、水色などがあります。


≫ Read More

| オダマキ | 04:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

臙脂色の八重咲き‘ルビーポート’




【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata 'Ruby Port'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ルビー・ポート
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキアキレイギア アクレイギア 【英名】 ColumbineまたはGranny's Bonnet
【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 

この子は、我家で採取したタネから育てた二代目のルビーポートです。
他の子と混ざり合ってしまって、親と違う子がでてしまったら、嫌だなぁ~と思っていたのですが、ちゃんと親と瓜二つの子になってくれました!
風にあおられて、ちっともじっとしてくれなかったので、どの写真もピンボケですみませんm(__)m

なかなかに良い色あいでしょう~ ・・ヘ(^o^)/

植えつけた場所がよかったのか、かなりの大株です。ちょうど夏越しにはいろうとしている常緑のクレマチス‘シルホサ’やクリスマスローズにいい感じの日陰をくれてます。

【PR】 ルビーポートを探そう! at Rakuten


背丈は60センチ以上にはなってくれているのではいかしらん。
曇りの日には、濃い紫色にも見え、晴天には名前どおりのルビー色です。
かわえぇ~~~ Y(=▽=)Y~☆

≫ Read More

| オダマキ | 02:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深い蒼色のブルーバロー




【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 

昨年までオールドローズのそばでキレイに咲いていた‘ブルーバロー’の株が枯れてしまったので、残念に思っていたら、ちゃぁ~~んと別の場所で子孫を残していてくれました!

見ごたえのあるゴージャスな八重咲きの子なので、うれしい~ ^0^
一色咲きですが、重なりある青色の花弁には深みがあって、しっとりとした趣がありつつも、華やかな咲きっぷりです。


【PR】 宿根草オダマキ ‘ブルーバロー’は、おぎはら植物園さんちで315 円也~

オダマキを育てよう~! タネからも楽しいですよん^0^ at Rakuten


この子がこぼした種から育ったのかしら?
今年は、この子と全く同じ色あいの一重咲きの子がコンテナの中で育っています。
あるいは体力がなくて、八重になりきれなかったのかなぁ~ オダマキならそんなこともなさそうなのですけど。
ただちょっと記憶力が乏しくなっている私ですが、クレメンタインシリーズのタネを以前買ったことがあるはずなので、この子はクレメンタインなのかもしれず・・・(^^ゞ

≫ Read More

| blue::青い花 | 02:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種から開花‘チョコレート・ソールジャー’




【学名】Aquilegia viridiflora 'Chocolate Soldier'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 
【属名】オダマキ属 または ヒメウズ属 
【和名】苧環オダマキ) 
【英名】Aquilegia(アキレギア) Columbine(コロンバン)
【品種名】チョコレート・ソールジャー (またはソルジャー)またはアクレイギア・ヴィリデイフローラ 
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】40cm  【花径】1.5cm  【花期】5月~6月
【用途】鉢植え 地植え 

個性的なオダマキ‘チョコレート・ソールジャー’。
白色のムスカリの隣に植えたことを忘れていました・・・ ^^; 思いがけず見つけた花に感動~です。
トンプソン&モーガンから入手した種だったと記憶しているのですが、あるいは自宅で採取した種とも混じってしまっていたかもしれず^^;
はっきりとした記憶ながいのですが、種まきをした記憶はあるのです。
一昨年に種まきをして、昨年の秋に地植えにしたもので、無事に越冬し、開花にいたりました!

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪


宿根草オダマキ ’チョコレートソルジャー’ 315 円也~
初めて育てたときは、おぎはら植物園さんちから、苗を購入したのです。

【PR】 チョコレート・ソールジャーを探そう! at Rakuten


とてもお気に入りのオダマキの一つなので、たくさん咲かせたい!と種から育てることにしたわけですが、作戦成功です^m^

≫ Read More

| オダマキ | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白色の苧環 ノラバロー

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 今日の一句 「桃色の 幾重にも 舞う 花びらに 乙女のごとき 頬を思ふ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花色】薄桃色

困ったことに全くキオクに無いのです・・・この子の名前は一体何だったのかしらん^^;
と、一瞬わからなかったのですが、あっ、そうでした! あのNora Barlowの種からでてくれたものに違いありません。

なぜにノラ・バローだと思わなかったかと申しますと、初めて咲いた花ったら、どうしたわけか一重の花びらしかなかったんですよ。
で、あららこんな一重咲き、私育てている覚えないわーなんて思っていたのですが、次々に咲き始めてみると、ちゃんとヒラヒラしてました~

というわけで、今日はノラバローの白色、というか薄桃色した子をご紹介です。

≫ Read More

| オダマキ | 18:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱ、ブラックバローでしょ!

Aquilegia vulgaris  var. stellata 'Black Barlow' - 西洋オダマキ ‘ブラックバロー’

Aquilegia vulgaris var. stellata 'Black Barlow' - 西洋オダマキ ‘ブラックバロー’
 今日の一句 「朝露が 蕾にしたたる 幾つもの 宝石のごとき 姿かな」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris var. stellata 'Black Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブラック・バロウ  またはブラックバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)  【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】4~5月  【草丈】50~80センチ
【用途】ボーダーガーデン シェードガーデン 庭植え 寄植え
 
雨上がりにお日様がでてくれる朝はとっても心地よくて、カメラを片手に庭へ飛び出すというのがこのワタシ。
オダマキの好きなところの一つには、雫をたくさんためる形状であるというトコロ。今朝も収穫アリ!で、どの子を見てもまん丸の水滴がたくさんくっついてくれていて、それはそれはかわいらしかったのでした~

今朝ご紹介しているオダマキは、これまた黒好きの私がダイスキな‘ブラック・バロー’です♪
今年は種から育てたものも開花してくれているので、少し株も増えましたし! ルンルンです。

おぎはら植物園さんちで買った宿根草 八重オダマキ ‘ブラックバロー’は、三年目なのでそろそろ今年で終わりかなぁ~と思っていたのですが、なかなかに見ごたえのある株になってくれていて、うししです。
もっともそんなふうに喜んでいても、寿命が短いのでパタリと消えてしまうのでしょうけれど。

今年もたくさん、種を作りあちこちにばら撒いて欲しいなぁ~

トンプソン&モーガン社の種から育てたものたちが、今年は開花してくれているのでうれしい~

Aquilegia vulgaris 'Black Barlow' - 西洋オダマキ ‘ブラックバロー’

Aquilegia vulgaris 'Black Barlow' - 西洋オダマキ ‘ブラックバロー’
 トンプソン&モーガン社から入手した種で約20粒はいっていました!


こちらがトンプソン&モーガン社から2006年に購入し播種したときに残しておいた種の袋です。
ご覧のように色あいはミックスで、桃色、濃い桃色、臙脂色、水色などがありますが、開花した年にお花が咲く前にご近所さんに苗を少し分けてしまったので、このお写真の種類すべては咲かないかもしれません。



今のところ、トンプソン・・・の種から育てているものは以下の通り。

≫ Read More

| オダマキ | 03:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番元気!ブルーバロー

<i>Aquilegia vulgaris var.stellata</i> ‘Blue Barlow’ - 西洋苧環 ‘ブルーバロー’


 セイヨウオダマキ、ウルガリス‘ブルーバロー’です!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草

昨年よりもさらに株が大きくなってくれているように思え、ニンマリしているのがバローシリーズの中でもすがすがしい色あいの‘ブルーバロー’です。
開花して二年目ということもあり、しっかりとした株立ちとなり、バローシリーズのなかでは一番元気です。
この子は種から育てたのではなく、苗で購入したはず!

先日ご紹介したピンク色(種から育てたもの)もかわいらしかったですが、この子はもう少しオトナの風情がございます。
実物はもっと深いネイビーブルーに近い感じの色なのですが、写真ですとちょっと白っぽいなぁ~
下手な写真ですみませんm(__)m 下のお店の写真のほうが実物に近いです。


アクレギア ブルーバロー1鉢 Aquilgia vulgaris Blue Barlow
【PR】ハッピー ガーデンさんではおぎはら植物園さんよりもちょっとお安く、294円で売られているようです。
こちらにはバローシリーズのお写真がすべて揃っているようですので、他の子たちもご覧になれますよん。





薔薇ファンタンラトゥールのお隣に配しているので、二人の競演が待ち遠しいところなのですが、薔薇のほうの開花にはまだもう少し時間がかかりそう。じりじりとして待っている私です。
薔薇に負けまいとして、ぐんぐんと背丈を伸ばしており、次々にお花が咲いてます。

≫ Read More

| オダマキ | 04:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オダマキにナミハダニ?

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 今日の一句 「がんばって 虫に負けるな 苧環よ 葉水を吹きつつ 祈る朝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5~6月  【花色】臙脂色

うっ、こっ、これはオダマキによく発生するといわれているナミハダニではないのか?

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

臙脂色のいい~~感じのノラバローが咲いてくれたと思って、小躍りしていたので油断しちゃいました(-公-;)ムムッ

今のところ、他の子たちには見られない現象でありまして、この子にだけついているみたいです。
しかも よ~~く見てみたら・・・

≫ Read More

| オダマキ | 09:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンク色したノラバロー

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 今日の一句 「桃色の 幾重にも 舞う 花びらに 乙女のごとき 頬を思ふ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア

いよいよオダマキたちの開花ラッシュの時期がやってまいりました~~ (*^_^*)
今週はオダマキ・ウィークになりそうな予感♪

播種から2年越しで遂に開花し始めたのは、ノラ・バローシリーズ!
本日は薄桃色ちゃんからご紹介です^0^ クレマチスと同様、すぅの小踊りダンスは続いております(笑)
なんといっても苧環たちは種から育てているので、開花の喜びはヒトシオであります。
何しろ開花まで二年かかるわけですからぁ~ かなりじらされたわけです。


宿根草八重オダマキ ‘ノラバロー’

おぎはら植物園さんちでは売り切れの文字が!
やはり人気が高い↑のですねぇ~




でもおぎはらさんちの写真と比べると花びらの数が少ないような気がするんですけどぉ~
ミミミ。 これってベツモノ?
同じノラバローでも花弁の数が違うのか!? またもギモンがっ。
でもこの子は間違いなくノラバローのはずなんですけど。

≫ Read More

| オダマキ | 02:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西洋オダマキと雫

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'



【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ
【和名】西洋オダマキ  【英名】Columbine
【別名】アキレイギア Aquilegia
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強) 
【系統】原種系  【草丈】30cm 
【花径】2cm  【花期】5月~6月

先日の「NHK趣味の園芸」では、西洋オダマキを特集してましたね。
私も去年は種からがんばって育てています。秋には虫くいにあったりして、冬を越せる体力があるか不安でしたが、地植えにしたほとんどの苗が無事越冬して、この春葉っぱを展開しはじめています。

私の場合はポット苗に直播したものを地植えに移植するというスタイルをとりましたが、大出先生は圧縮ピートを使った種まきの方法を紹介されていましたね。とっても簡単そうでした。私は財政上の理由により、種まき専用の小物を購入したりすることはなく、ほとんどポットに播くか、地面にそのまま直播するかどちらかです。オダマキは直播したことはありませんが、結構こぼれた種からも発芽するというお話を聞くので、水切れを起こさせなければ大丈夫なのでしょうね。

現在、我が家には、このノラバロー、スィートレインボー、ミヤマオダマキ、そして先日ご紹介した今年新しく仲間となったフウリンオダマキチョコレートソルジャーなどがあります。

≫ Read More

| シェードガーデン | 05:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。