++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんとか開花・・岩沙参




【学名】Adenophora takedae または Adenophora triphylla var. japonica
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参イワシャジン) 【英名】 Iwa shajin
【別名】岩釣鐘草イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月
【用途】鉢植え

がっかり~~~ *o_ _)oバタッ彡☆

昨年、見事に咲いてくれた白花がたった一日であっという間に枯れてしまい、古参の紫色をしたイワシャジンがなんとか虫の息的に開花・・・


開花を待ち遠しく思っている岩沙参は、野趣溢れる秋の花で、本当に好き♪なのです。
こぼれた種から発芽したものもダメになり、3つに増えていてくれたはずだったのに、地植えになっていたものも全滅。 ミミミ

たぶん、私の用土の配合と水遣りの仕方、鉢の置き場所、すべてよろしくなかったのです。
(〃_ _)σ∥反省


【PR】 日本の山野草イワシャジンは、おぎはら植物園さんちで1050円なり~

このくらい、わんさか咲いてくれたらいいのになぁ~~ ~(〃´o`)=3

イワシャジンを育てよう♪ at Rakuten


この親株にしても半分は枯れているんです。
逆によくぞ咲いてくれたとびっくりしているくらい・・・

白花のほうは枯れたあとに、なぜだかウチョウランらしい芽が元気に育ち中~ ウチョウランも好きですし、まぁ~いいんですけど。

≫ Read More

| 多年草 | 14:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白花岩沙参の花




【学名】Adenophora takedae または Adenophora triphylla var. japonica
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参イワシャジン) 【英名】 Iwa shajin
【別名】岩釣鐘草イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月

ここは、庭石の上。
ちょっとした山野草コーナーになっておりまして、この白花岩沙参、大文字草、ベニチガヤ、そしてほとんど終わっているギボウシなどを集めてあります。

大文字草は今年初めて根洗いにしたもので、鉢に植えられておらず根っこが外気に直接あたっている状態です。この岩沙参は今年入手したばかりなので、鉢植えにしてあります。
私が育てたというよりも、産直所に出荷しているオジサンが蕾がでるまでしっかり育ててくれた株であります(;´▽`lllA``

【PR】 秋に咲く花、イワシャジンを育てよう♪ at Rakuten

オジサンは育てるのが上手なので、それはそれは立派な株でして、私がこれまで育ててきた紫色の岩沙参を枯れさせてしまいそうになった貧相な株とは大違いです。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白花岩沙参の蕾



【学名】Adenophora takedae または Adenophora triphylla var. japonica
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参イワシャジン) 【英名】 Iwa shajin
【別名】岩釣鐘草イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月

秋に咲くお花の中でも、ことのほか開花を待ち遠しく思っている岩沙参(イワシャジン)。
数年前から育てているものは、こぼれた種から発芽したものもあり、親株を加えると3つに増えてくれたようです。

ベル状のかわいいお花が咲くのですが、これまでは紫色のお花が咲くイワシャジンしか育てていなかったのですが、先日お野菜を買いに行ったはずの産直ショップで見つけてしまった!
この出会いを逃すものかと、しっかりゲットの白いお花が咲くイワシャジンです。

【PR】 イワシャジンを育てよう♪ at Rakuten

白いお花が咲くイワシャジンは、葉っぱも銅色ではなく、キレイな黄緑色をしています。
上記のリンクにもあるようにネットで検索すると700~900円くらいが相場ようですが、私は産直所で買ったこともあり、500円でゲットできちゃいました~

生産者のお名前もしっかりとポットに貼り付けてありましたよ~
あまりお出かけしない私ですが、ちょっとドライブなどの機会があると、道の駅とか産直所には立ち寄るのですが、花より団子ではなく団子より花・・・
食べ物よりもまずは苗が置いてあるコーナーを覗くことが多いのであります(笑)

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イワシャジンの目覚め!

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)
 今日の一句 「秋に咲く 花の準備 一番乗り 赤銅色の 葉に朝陽」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Adenophora takedae または Adenophora triphylla var. japonica
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参イワシャジン) 【英名】 Iwa shajin
【別名】岩釣鐘草イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月

目覚めるのは早いけど、なかなか咲かないのが秋の花、イワシャジン。
いち早くみずみずしい若葉を展開させはじめています。

昨年は10月中旬頃から下旬に咲き始めたように記憶しています。

この子は鉢植えで管理しているものですが、昨年は挿し芽したものにも少しだけお花が咲いて、喜んでいたのですが、今年はその小さな子のほうには発芽が確認できておりません。
やや日陰ですし、小さくて体力がないので遅いのか、はたまた冬の寒さを乗り越えることができなかったのか! 静観中です。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 05:19 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イワシャジン by 吐息フィルター

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Adenophora takedae
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参(イワシャジン) 【英名】 なし
【別名】岩釣鐘草(イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月

この秋に咲いた花の中でも、一番のお気に入りだったと言ってよい‘イワシャジン’。今頃になってどうかとも思いましたが、最後の晴れ姿をアップさせていただきました~ヽ(*^^*)ノ 今はすでに花びらの陰も形もなく、せっせと種を作っています。

よくよく考えてみたら満開の様子はアップしていなかったのです。

で、今日は趣向を凝らし!ってそんなにスゴイ装置ではなく、自前の吐息をフィルター代わりにコンデジで遊んでみました~ヽ(*^^*)ノ

お絵かきソフトを使えば、パソコンで様々なフィルターが用意されており、お写真の加工が簡単にできる世の中になりましたが、「ボケ」感を出すのに、超カンタン!なのが、「吐息フィルター」です。

ターゲットを決め、カメラの構える位置を決めたら、カメラのレンズに向かって、「はぁー」っと息を吹きかけます。そうするとレンズが曇ってカンタンにぼやけた画像が写せるというものです。

曇り具合は息を吹きかけた後の時間経過で調整します。お好みの「ボケ」感のところでシャッターを切ります。

たとえば... 

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 05:03 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋のお気に入り‘イワシャジン’

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)

Adenophora takedae - 岩沙参(イワシャジン)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Adenophora takedae
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参(イワシャジン)【英名】
【別名】岩釣鐘草(イワツリガネソウ) 【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【原産地】日本 【開花期】9~10月

やはり私はベル形のお花が好きなのです。
このイワシャジンは、昨年入手して鉢植えとしてホトトギスなどと寄せ植えにしてあるものですが、今年の春には挿し芽もとりこの子も開花してくれました。

あぁ~シェードガーデンがこの子でいっぱいになってくれたなら、どんなにかステキでしょう~
Y(=▽=)Y~☆

挿し木をとった親株のほうですが、私のイメージでは摘芯したらきっと脇芽などもたくさんでるに違いないっと思っていたのに残念ながら親株のほうは、枝分かれが多くなることはありませんでした。

≫ Read More

| 秋咲く花 | 03:23 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イワシャジンの挿し芽

Adenophora takedae

Adenophora takedae すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Adenophora takedae
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ツリガネニンジン属
【和名】岩沙参(イワシャジン)【英名】
【別名】     【分布】本州中部~関東
【性状】耐寒性多年草  【開花期】9~10月

昨年秋かわいらしい釣鐘型の花を咲かせたイワシャジン。冬の間地上部はすっかり枯れておりましたが、早春には芽を出し、ゆっくりゆっくり成長しているところです。

昨年半日陰に挿し芽をぶすっと挿しておきましたが、大失敗に終わりました。今度はもう少し日が当たるところに挿し芽をしてみました。
土壌も砂地っぽいところを選び、かなり水はけの良いところです。
でも、本来は水が好きな植物なんですけど。

親株のほうは、切り取った枝のところから脇芽がでています。
でも上の写真でお分かりのように、この植物は摘心したからといって、脇芽がわんさかでてくるタイプではないようです。

枝を切ったときには、その学名の由来ともなっている白い液がだらぁ~っと出てきて、ちょっとドキドキしましたが。
こうした白い樹液がある植物は、挿し木は難しい項目となるようですので。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 02:34 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。