++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラックバカラといふ薔薇

Rosa 'Black Baccara' - バラ‘ブラックバカラ’

【学名】Rosa 'Black Baccara'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】ブラックバカラ または ブラックバッカラ 
【系統】HT ハイブリッドティ 【草丈】130~150cm 【樹形】 直立性  
【花期】四季咲き 【花色】黒紅色 【花径】中大輪 【香り】微香
【原産地】
【性状】 【花期】
【作出年】2000年 【作出国】フランス 【作出者】mailland
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【撮影】2010年7月9日


新苗で購入したというのに、お花を真夏に咲かせてしまった私^^;
当然、その後の苗には元気がありません・・・
上の写真は、もうすでにお花が終わりかけた頃の記念写真ですが、私が思い描いていたよりも黒色は強くでてくれませんでしたねぇ~~ 
それでも蕾が開き始めるとすぐに切り取って、ヒペリカムと一緒にガラスの花瓶に飾っていたのですけど。
そもそも蕾を夏につけさせたりしてしまうことで、体力をかなり消耗しているはずですから、いくら早めに切り取ったとしても、あまり意味がないですよね。



【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


蕾が見えたらすぐにチョキチョキしてあげませんと!
ようやくお盆くらいから、少し涼しくなって気温が30度を下回る日もでてきたので、涼しくなれば少し回復してくれるかもしれません。
新苗でも秋に咲くものならば、そんなに神経質にならないかもしれませんけど、春~夏にはお花を咲かせるのはご法度ですよね。古参の株ですら、夏場はかなり元気がなくなりますものね。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よきかほりの白花フロックス

Phlox paniculata  - 宿根フロックス
【学名】Phlox paniculata
【科名】ハナシノブ科 Polemoniaceae 【属名】フロックス属
【和名】花魁草オイランソウ) 【英名】Summer Phlox  
【別名】草夾竹桃クサキョウチクトウ
【流通名】宿根フロックス
【草丈】30~80cm  【原産地】北アメリカ、ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 
【用途】地植え 鉢植え 
【弊ブログ内関連記事】 宿根フロックス | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月13日


んんん~~~ いいかおりぃ~~ \(*^▽^*)/

頭でっかちがちょっと気に入らないけど(笑) 真夏の暑さに負けず、テンコモリ咲いているのは純白のフロックスです。挿し芽からも育ってくれたので、お庭の三箇所で咲いていて、これまでは本来の姿ではなく、ちょっと小ぶりに咲いていましたが、今年は挿し芽した株も150センチほどの高さになり、ダイナミックに咲くようになりました。

【PR】 フロックスを育てよう! at Rakuten


けれど背丈が高くなりすぎるため、支柱が必要です。
先日、ちょっと風が強く吹いた日があって、すっかり横倒しになっていたので、慌てて支柱を立ててみました(^^ゞ
薔薇のアーチのそばに植えてある子はちょうどアーチに寄りかかることができるので、大丈夫なのですけど。
自力での直立は無理です。どうしても倒れてしまいます。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 05:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズの二番花

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年8月13日


6月の数え切れないほどのお花を咲かせていた‘プリンス・チャールズ’ですが、8割がた咲いたところで、蔓を切り戻しておきましたところ、2ヶ月後には二番花がまたしてもワンサカ満開です!

二番花ですし、夏の暑さのせいでしょうか、お花はどうしても小ぶりになっちゃうのですけど。

やはりビチセラ系は、夏の暑さにつよく多花性なので、何度もお花が楽しめますね(^_-)-☆
今年は消毒もそこそこマメにしてあげましたので、さび病もちょこっと発生しただけで、なんとか現在の姿を保持しております。お写真でみると、少しだけ葉っぱに黄色の変色が見られますよね? これがサビ病です。

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


後ろ姿もいい感じ♪ まだまだスタンバイしてる蕾も沢山あります。
そろそろ吹く風も秋めいてきていて、植物たちもホッとしていると思うのです。花が咲く期間も少し長めになってくれるのではないかしらん。

≫ Read More

| クレマチス | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

斑入りの薔薇 フェルシューレン♪

Rosa 'Verschuren' - バラ‘フェルシューレン’

【学名】Rosa 'Verschuren'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】フェルシューレン または ヘルシューレン 
【系統】HT ハイブリッドティ アーリーモダンローズ 【草丈】100~120cm 【樹形】 直立性  【樹勢】普通
【花期】四季咲き 【花色】淡桃色 【花径】大輪 【香り】良香 
【性状】耐寒性草木 【耐寒温度】-25℃
【作出年】1904年 【作出国】オランダ 【作出者】VERSCHUREN
【用途】鉢植え 地植え 切花  【入手日】2010年7月
【弊ブログ内関連記事】 フェルシューレン | バラ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年7月8日


またしても買ってしまいました(^^ゞ バラです。しかもあの灼熱地獄の7月に買うこともないのに・・・ ちょこっと記事のアップが遅れておりまして、すでに1ヶ月が経過です(^^ゞ

けど、鉢増し後もなんとか根付いてくれた様子です。

我家でこのバラはお花の姿に惚れて入手を決めたわけではなく、決め手はその葉っぱです(^^ゞ ご覧のように、葉っぱに斑が入っているのです。
名前は、‘フェルシューレン’といい、20世紀初頭にオランダで作出された四季咲き大輪系で、アーリーモダンローズに類されるバラです。

バラは、当然そのお花の咲きっぷりが主役となりますが、私としてはもっと斑入りになるバラがあってもよいのになぁ~と思っているのです。

斑入りのバラって、あとはテリハノイバラにあるくらいではないでしょうか?



他にも斑入りのバラをご存知の方、情報をお待ちしています!
お花のない時期は、お庭が緑色で埋め尽くされてしまいます。なので、葉っぱに白色が入るなら、お花がない時期も変化をもたせることができると思いませんか?

【PR】 フェルシューレンを育てよう! at Rakuten


この子と他のバラを掛け合わせたら、もしかすると自分だけのオリジナルな斑入りのバラが生まれたりして!?
などと、想像してしまいますが、斑入りというのはどちらかというと、体力が弱いイメージですし、そう簡単に自分が思い描くようなものが生まれるとも思えませんが。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

挿し床とコンテナ内のバレリーナ

Rosa 'Ballerina' - バラ ‘バレリーナ’

【学名】Rosa 'Ballerina'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】バレリーナ
【系統】ハイブリッド ムスク(HMsk) オールドローズ 【草丈】180~250cm 【樹形】半つる性 
【花期】5月~10月 四季咲き 【花色】桃色~白色 【花径】2~3cm 平咲き 【香り】微香
【作出国】イギリス【作出者】 Bentall  【作出年】1937年
【性状】耐寒性草木 【棘(トゲ)】少なめ 
【用途】地植え 鉢植え

【++花季寄++関連記事】 バレリーナ | バラ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年6月9日


この子は冬にいただいたものを「休眠挿し」し、育ってくれたバラ‘バレリーナ’です。
本来はもっと濃いピンク色のはずですが、鹿沼土オンリーの挿し床で開花させてしまったため、栄養不充分で真っ白に! 

水挿しではなく、冬期間も屋外に出しておいたユリのムカゴを育てていた大型コンテナに挿しておいた子も厳寒を乗り切り、根付きまして、そちらのほうはちゃんと桃色になりました~(^_-)-☆

【バラ苗】 スタンダードローズ100cmバ

【バラ苗】 スタンダードローズ100cmバ

価格:13,440円(税込、送料込)



バレリーナさんのことは、以前ブログでこの子をスタンダード仕立てにしている方の写真をみて、とってもかわいぃ~~わぁ~と思って眺めていたのです。
我家では、やっと根付いてくれただけで、スタンダードにはなっておりませんが、ゆくゆくは挑戦したいと思っていることの一つです。
ちょこっと敷居が高いですけど(^^ゞ
参考書は、「名人・石井強に教わるバラのウィーピングスタンダード」という本がよさそうですねっ!

【PR】 スタンダード仕立てのバラを飾ろう! at Rakuten


私はこれまで、挿すというと、そのまま地面にずっぽり挿すということが多かったのですが、最近は少しオトナになり ( ̄m ̄*)゚プッ お勉強&実験を行っております。

よくてメネデールしか使ったことがありませんでしたが、オキシベロンなる発根促進剤などの存在も教えていただいたので、挿し木がどんどん愉しくなっています(笑)

≫ Read More

| 新しい仲間 | 03:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オノリーヌドブラバン

Rosa 'Honorine de Brabant' - バラ‘オノリーヌドブラバン’

【学名】Rosa 'Honorine de Brabant'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【品種名】オノリーヌドブラバン
【和名】薔薇(バラ) 【英名】Rose(ローズ) 
【系統】オールドローズ ブルボン系(Bourbon) 【草丈】200cm 【樹形】半つる性 シュラブローズ
【花期】返り咲き 【花色】ピンク色に赤紫色のストライプ 【花径】 中輪 【香り】中香
【性状】耐寒性草木 【棘】  
【作出年】1840年頃  【作出国】不明 【作出者】不明 【交配】不明
【入手日】2010年6月17日
【用途】鉢植え 地植え 切花 窓辺などに
【撮影】2010年6月9日


皆さんは、他の方のブログで拝見したお花に惚れ込んで、植物を育て始めたことはありませんか?

今回のこのバラは、ほの、ぼのぼの♪を運営されているmomongaさんのところで、この子と出会い速攻で入手したばら、‘オノリーヌドブラバン’です。

絞り柄のオールドローズで、とてもユニークなバラです♪ momoさんによれば、とても丈夫なのだそうです。
ならばあまり上手にバラを育てられない私でも一緒に暮らしてゆけるかなぁ~と思わずクリックしちゃいました(笑)



ところがネットで検索してみると、案外取り扱いが少ないバラなんですね~^^;
新苗で入手しましたが、一緒に購入した‘カフェ’と‘グレイドーン’には、二輪と一輪の花が咲いてくれたのですが、残念ながらこの子には蕾はありませんでした。

【PR】 オノリーヌドブラバンを飾ろう! at Rakuten


今回購入した苗はすべて新苗ですが、保険をかけたかったのでややほっそり目の茎ではありますが、剪定したものを水挿し中~です。発根してくれるかなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シノワっぽい~かも!? グレイドーン

Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’

【学名】Rosa 'Grey Dawn'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【別名】【品種名】グレイドーン 
【系統】F フロリバンダ  【樹高】80cm~100cm 【花期】四季咲き 【花色】薄紫から薄茶色 【花径】中輪
【香り】良香  【樹形】半横張り性  【棘】
【作出年】 1975年 【作出国】イギリス 【作出者】LEGRICE
【性状】耐寒性草木 【草丈】 【花期】 【入手日】2010年6月17日
【用途】地植え 鉢植え 切花
【撮影】2010年6月9日


ニュアンスカラーとかシノワカラーとか渋カワとか、そんな雰囲気のバラ‘グレイドーン’です。

バラには本当に様々な色あいのものがありますが、これまではピンク色や赤色、そしてジュリアのようなハッキリ目めの茶色の子などを育てていました。

けれど、最近その趣向にも変化がみられ、薄ボンヤリとしたようなバラが気になる私です。

今回初めてバラの家さんちにお世話になり、新苗3種を入手いたしまうちの一つです (^_-)-☆
他に入手したのは、‘カフェ’と‘オノリーヌドブラバン’です。



新苗ですし、咲かせてはいけない、いけないと分かっていながら、やっぱり咲かせてしまいました(^^ゞ
けれど、蕾がすこし色づいたころに切り取って、ヒペリカムとともにグラスで鑑賞です!

四季咲き性なので、秋にもう一度蕾をもってくれないかなぁ~と期待Y(=▽=)Y~☆


【PR】 グレー系のバラも素敵! at Rakuten


実際に咲いてくれた花ですが、まだ本来の色あいや形にはならず、勿論小さかったですけど、思ったほど灰色っぽくはなく、どちらかというと Dawn=暁 のイメージ。
日が昇る瞬間を投影したような色あいといえるかもしれません。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな鉢で育てるテリハノイバラ

Rosa wichuraiana Crp. - 照葉野茨(テリハノイバラ)
【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 
【撮影】2010年7月4日


そういえば!我家にはこの子のほかには、今のところ白色のバラは名前不詳のハイブリッドのスプレーローズが1本あるだけです。

このテリハノイバラは、素焼きの鉢で管理しており植え替えもせず二年目に突入させてしまいました^^;
なのに、ちゃんと開花してくれた丈夫なバラであります。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

桃色のお花を咲かせるものもあるのですね~ 小型の屋久島テリハノイバラも気になります!
そしてたしか斑入り種もあるんですよね~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


チュウレンバチの幼虫が孵化しているしているのに気がつかず、あやうくすべての葉っぱが食べられそうでしたが、なんとか撤去することができまして、1本の花茎の葉っぱは無くなってしまいましたが、蕾は下の写真のように無事でほっ。

華やかなバラと比べると、地味ですけど小さな鉢で育てることで、さらにそのかわいらしさが増幅!
けど、施肥もせず、マルチング代わりに植えているウメバチが鉢を覆っていて、花数は10輪ほどでしょうか。
半減してしまいました^^;

≫ Read More

| バ ラ | 04:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渋い色あいのバラ ‘カフェ’

Rosa  'Cafe' - バラ‘カフェ’

【学名】Rosa 'Cafe'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【品種名】カフェ
【系統】フロリパンダ FR 【樹高】50cm~100cm 低め 【花期】5月~11月 四季咲き
【花色】銅橙色 オレンジ色 茶色 黄色 【香り】微香 【咲き方】房咲き 緩いクォーターロゼット咲き
【花径】8~10cm 中輪 【花弁数】30枚程度 【樹形】横張り性 シュラブ
【作出国】ドイツ 【作出年】1956年 【作出者】Reimer Kordesコルデス
【入手日】2010年6月17日
【用途】鉢植え 地植え 切花
【撮影】2010年6月9日


この6月、新たに我家にやってきた新苗三つのバラのうちのひとつ、‘カフェ’です。
我家にはツルバラ‘ジュリア’さんがいますが、その‘ジュリア’さんにちょっと物足りなさを感じる方にオススメとどなたかがおっしゃっていたのと、黒斑病に強い品種であるというのが、入手の決め手でした。

我家のジュリアは、今育てているどのバラよりも黒斑病を発症しやすくて、葉っぱがほとんど落ちてしまったりします。ちゃんと薬剤散布していない私にもその責任の一端はあるのですが。

この‘カフェ’は、ニュアンスカラーなバラで、咲く季節や環境によって色の変化や微妙な表情があり、気温が低い時には、色濃く花弁数も増えるというのは、我家のような寒冷地向きのバラかしらんとも思った次第です。

樹高は低めなのも、剪定が楽チン♪に思えましたし、茎は太くなり勢いよく伸びて、まとまりのないシュラブ状になってゆくそうです
トゲは基部の広い下向きの三角形。

私としましては、茶色の子が咲くのだろうと思っていたのですが、高温期の今だからでしょうか、どちらかというとオレンジ色を帯びたお花が咲きました。

新苗ですし、お花を咲かせるには抵抗がありましたが、そこは初開花♪ やっぱり見たくなります。

【PR】 渋カワのバラを飾ろう! at Rakuten


届いたときについていたのは、二つの蕾でした。蕾が開きかかったタイミングで、切り取ってフローティグで愉しんでいます。
この時期に咲いているバラ‘フンショウロウ’、‘ピエールドロンサール’‘ハーマイオニー’とアジサイ‘クレナイ’、それにクレマチス‘プリンスチャールズ’さんという、ちょっとまとまりのない^^; 取り合わせではありますが、梅雨時の今は花首が折れてしまうことも多いですし、室内で愉しむのがグーであります。
‘カフェ’数日もするとキレイなオレンジ色をしていたお花は、少し退色して私好みの微妙な色あいへ変化しています。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食べちゃいたい!エミーラ

Rosa 'Emira' - バラ ‘エミーラ’
【学名】Rosa 'Emira' (←間違っているかも? m(__)m)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose (ローズ) 【別名】【品種名】エミーラ
【系統】モダンローズ 【草丈】100~120cm 【花期】四季咲き 【花色】濃い桃色~赤色 × 白色 【香り】あり
【咲き方】スプレー咲き 【樹形】直立
【性状】耐寒性草木
【用途】切花 鉢植え 地植え 
【撮影】2010年6月24日


びっくりしたぁ~~~ w(*゚o゚*)w こんなにかわいいんだぁ~~ +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

この子は挿し芽から開花してくれたスプレーバラで、‘エミーラ’さんというようです。挿し芽からの初開花で、挿し床にいるうちに鹿沼土だけで開花くれしちゃいました~ 本来、スプレー咲きになるはずのですが、初開花ですから、一輪で十分♪ 私にしては大成功です。

これまたびっくり!もちろん、肥料もあげておりませんのに、なんという丈夫さでしょう!花色は複食で、内側がかすりっぽい感じの赤色で、外側は白色。

いつもの小躍りでは足りないのですけど、踊る私!
ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス

挿し芽でしたが、約5ヶ月で咲いてくれました~ (^_-)-☆ ここまでくればもう安心。やっと鹿沼土から脱出です。お花は一輪だけ咲いてくれたのですが、植え替えに当たり、蕾の状態で切花としてお部屋に持ち込みました!



挿し穂はコウノトリさんが運んでくれたもので、様々な品種を拝受したのですが、挿し芽がうまくいくようにと発根促進剤(植物成長調整剤)の「オキシベロン液剤」までくださいました。 おそらくこの「オキシベロン液剤」も成功のカギを担ってくれたのだと思います。

私は「オキシベロン液剤」の存在を知らなかったので、この子の存在を知ったことも大きな収穫でした!
原液なら数秒、10倍に希釈するなら1時間程度浸しておけばOKです。

本来は挿し芽の前にこの薬剤に浸けておいてから挿すだけで効果があるのでしょうけど、我流ですが、底面給水させているお水にもずっと使っていました(^^ゞ そのほか、お水が腐らないようにベンレートなども入れておいたんですけど。多分必要なかったのかも^^;

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


あまりにもかわいらしぃ~ので、何枚もお写真を撮りましたけど、ナマでみたほうがもっとかわいい~です♪
蕾に色がのり始めたときは、どちらかというと桃色に近いお花になるのだろうと思っていたのですが、咲いてみたらスカーレットっぽい色あいです。

バ

スプレーバラ‘エミーラ’

価格:126円(税込、送料別)



エミーラで検索しますと、もっとピンク色に近い品種が切花や苗も少し出回っているようですけど、あまりその数は多くはないようですね。




コウノトリさん^0^ 貴重な子たちをたくさんありがとうございました! この場をお借りして厚く、厚く御礼申し上げますm(__)m

≫ Read More

| バ ラ | 02:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンタンラトゥールのかほり

Rosa 'Fantin-Latour' - 薔薇 ‘ファンタン ラトゥール’

【学名】Rosa 'Fantin-Latour'
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) ケンティフォーリア(Centifolia hybrid) 
【品種名】ファンタン ラトゥールFantin Latour)  フランスの画家アンリ・ファンタン・ラトゥールにちなむ
【開花時期】5月 一季咲き  【香り】あり アルバ系
【花形】クォーターロゼット咲き 【樹形】直立性  シュラブ系
【花色】ライトピンク 【樹高】90~185cm 【花径】10cm
【購入元】第一園芸  
【生産地】オランダ 【台木】ラクサ



ようやくファンタン・ラトゥールが本領を発揮できるまでに成長してくれました~(∇〃)。o〇○ポワァーン
そもそもはシュラブ系のオールドローズではありますが、冬の剪定でようやく蔓を1本だけアーチまで引っ張ってこれたので、ガラガラだったアーチの足元でも咲いてくれるようになった一方で、直立したカタチも作ってくれています。

我家にあるバラのなかでも花数はピエールドロンサールに負けるとも劣らずで、香りではこの子に軍配があがり、それはそれはすばらしい~~ うっとりするような香りに包まれております。

がっ、梅雨に突入~~ *o_ _)oバタッ彡☆


【PR】バラ大苗 オールドローズ ケンティフォリアファンタンラトゥール 6号鉢 一季咲き大輪は、ザ・ローズショップさんちで、2625円也~

お気に入りのオールドローズを探そう! at Rakuten


オールドローズは雨に弱いのです。この子はスプレー咲きになるので、お花が咲いているときに雨なんぞ降ろうものなら、蕾の直下の部分で花首が折れたり、曲がってしまったり・・・
花びらも持ちが悪いので、ハラハラと簡単に散ってしまいます。

もっともそんな儚さがオールドローズの魅力ともいえるのでしょうけど。

≫ Read More

| バ ラ | 04:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の花付きはすごかった!

Clematis - クレマチスClematis - クレマチス


【学名】Clematis patens Morr. et Decaisne
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) (センニンソウ属)
【和名】鉄線テッセン) 【英名】Lilac ClematisVase Vine など
【咲き方】四季咲き(春から秋) 中輪咲き ガク8枚 
【花径】10センチ 【高さ】200~250センチ【耐寒性】強い -10 ℃
【系統】パテンス系 【花色】薄紫色 【剪定】弱剪定 新旧枝咲き 
【流通名】風車(カザグルマ)?  【作出国】日本
【用途】鉢植え 地植え トレリス
【備考】#C007

1月に真っ白なお花が咲いたので、愉しみにしていましたが、やはり白色のお花は冬限定だったようです。当たり前か・・・(笑) 

名前不詳のクレマチスちゃんの今年の狂い咲きは、白色となった1月の咲き方だけでなく、今年の花付きのすごいこと!すごいこと!

絡ませている山茶花を覆うように、サザンカが青色に見えたほどでした~~

これは恐らくこの子の近くにクリスマスローズの‘ルーセブラック’を植えるときに、肥料を施し、クリスマスローズに与えたつもりでしたが、このテッセンも恩恵を与えていたようです(^_-)-☆

やはりクレマチスには肥料は欠かせないなぁ~ と実感中~



クレマチス ともしび パテンス系  4.5号ポット苗 【クレマチス】【苗】【FGP1201_10】は、ザ・ローズショップさんちでクレマチスがバーゲンセール中~ 通常価格が1650円のところ630円!ですぞ~

品種名不詳のクレマチスなのですが、この「ともしび」とか「浜の春」に似ているんですよね~
あぁ~品種名がわかってスッキリしたいなぁ~

【PR】 クレマチスを探そう! at Rakuten


後は、これからの季節に発生しやすいサビ病に注意せねばっ。サザンカもどんどん葉っぱを伸ばし、風通しが悪くなってしまうので、さび病の発生から守るには、体力をつけてもらうように施肥をし、ある程度殺菌剤を散布するしかありません。

お薬はあまり散布したくありませんけど、仕方がないなぁ~

≫ Read More

| クレマチス | 02:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旺盛に!アブラハムダービー

Rosa 'Abraham Darby' (Auscot) - イングリッシュローズ ‘アブラハム・ダービー’

【学名】Rosa 'Abraham Darby' (Auscot)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】アブラハム・ダービーAbraham Darby
【系統名】English Rose(ER) イングリッシュローズ(イングリッシュローズコレクション
【花径】10cm 【花色】アプリコットイエローがかったピンク色
【樹高】150~200センチ シュラブ系 またはショートクライマー
【樹形】アーチ状のブッシュ 【香り】強い フルーティー
【咲き方】四季咲き 【花型】大輪ディープカップ咲き 【耐病性】強健
【作出】1985年 David Austin(イギリス)
【交配種】'Aloha' x 'Yellow Cushion'
【用途】鉢植え 地植え 切花 ドライフラワー



咲いてくれたにはくれたのですが・・・ (;´▽`lllA``

どうも痛みが激しい‘アブラハムダービー’さん。やはり4月の雪と低温障害があったようです。‘アブラハムダービー’さんは、そもそも耐寒性にも耐暑性にも優れており、その上耐陰性もあるすばらしいバラなのですけど、さすがに今年の気候には順応しきれなかったようです。

今年の薔薇は全般に同じコトが言えるのですけど、初期に花びらを開いたものには、ほとんどの子に痛みがあったのです。がっかりだなぁ~ ~(〃´o`)=3



【PR】アブラハムダービー (高ER橙) 国産苗 大苗 6号鉢植え品 ☆は、バラの家さんちで、3580円也~

アブラハム・ダービーを探そう! at Rakuten


それでも蕾の数もそこそこありますし、大きさも立派!十分に観賞価値があります。そして香りもすばらしい~ですものねっ\(*^▽^*)/

一年間お世話した甲斐があったと、思える薔薇の開花の時期に突入している我家です! 後はなんとか入梅前までにお花が一巡し終えて欲しいと切望するのみです。

≫ Read More

| バ ラ | 06:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エリックスミシィさん、頑張る!

Helleborus x ericsmithii - ヘレボルス ‘エリックスミシー’Helleborus x ericsmithii - ヘレボルス ‘エリックスミシー’


【学名】Helleborus x ericsmithii H. niger x H. sternii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属 または ヘレボルス属
【流通名】エリックスミシー 【英名】Ericsmihii
【別名】Helleborus x Hybridus ヘレボルス ヒブリドゥス (Lenten Rose ) 【系統】有茎種 
【作出地】イギリス
【性状】耐寒性宿根草  メリクロン苗 【開花期】2月~4月 【草丈】35センチ 【花色】ペールピンク クリーム色~小豆色  
【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 【蜜管】黄緑色 (先端は黄色)
【交配】ステルニー × ノイガー (sternii x niger
【作出者】Eric Smith氏 【販売元】MIYOSHI
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#026

そろそろクリスマスローズ・シーズンも終わりに近づいていますが、この‘エリックスミシー’さんはすっかり花びら(ガク弁)の色が銅色になっても、素敵です!

雪に負けずにクリーム色のお花を咲かせていた時期がウソのようなお姿になっています。

Helleborus x ericsmithii - ヘレボルス ‘エリックスミシー’Helleborus x ericsmithii - ヘレボルス ‘エリックスミシー’


先日アップした‘ステルニー’は、咲き始めるのが遅かったので、クリーム色のお花ではなく、銅色に変化したこの子が引きたて役となってくれ、コラボを愉しんでいるところです。


ヘレボルス・原種系交配種「ウインタームーンビーム」9cmポット苗は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで1260円也~
【PR】 エリックスミシーを探そう! at Rakuten


不稔性なので種ができませんから、子房がついた状態でずっとそのまま放置しておいて大丈夫!
手間のかからないヘレボルスさんです。
花弁(ガク弁)が肉厚なので多少のことでは痛むことはありませんし。ホントに優秀です。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 07:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨーグルトでアンティークに!?




【学名】Rosa wichuraiana Crp.
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】原種系 【開花時期】一季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】這性系 
【英名】ローサ ウィクライアナ  【別名】ハイイバラ / メモリアルローズ
【花色】白 【樹高】50~100cm 【花径】小輪系 3cm
【流通名】照葉野茨(テリハノイバラ)  【性状】落葉つる性木本
【命名者】 Francois Crpin(1830-1903)
【用途】地植え 鉢植え 

大きくなってしまうので、鉢管理しているテリハノイバラも7月中旬までには咲き終わりました。
小さい鉢なのに、思いのほか伸びて、さすがはテリハノイバラちゃん、頑張るわぁ~
場所さえあれば、壁に這わせたいところですが、今の我家の状態ではちょっと無理^_^;

ハンギングで育てていたテリハノイバラでしたが、冬に素焼きの鉢に植え替えました!
苔むして、なかなか渋い感じの鉢になっておりますでしょう~ ・・ヘ(^o^)/
この鉢には特に何も施していないのですが、自然と鉢に苔がまわってくれたんですよ~

裏ワザとして、素焼きの鉢にヨーグルトを塗っておくと、新しい鉢も一気に年代者の鉢になってくれるそうです。


【PR】桃花 テリハノイバラ(照葉野薔薇)は、日本花卉ガーデンセンターさんちで1,260 円也~

テリハノイバラを探そう! at Rakuten


ちょっと残念なのは、黄金色のシベがあっという間に茶色へ変化してしまうところですが、それでもごく小さな苗を求めて育て始めてから、二年目に咲いた花は二十個ほどはあったでしょうか。
限られた鉢の中で蔓を伸ばしこれだけ咲いたのは驚きました。

最盛期のときには、鉢の大きさとちっともマッチしていなくて、見ていてかわいそうなほどでした。
ツルバラを盆栽のように仕立てるのは難しいのでしょうが、この子のことはなんとか鉢植えでこじんまりとした姿を愉しみたいと思っているのです。

≫ Read More

| バ ラ | 01:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のパティオローズ ‘コーネリア’




【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

我家に唯一ある黄色系のバラ、コーネリアです。
そしてこの子はミニバラ~パティオローズに類される小型のバラです。

挿し芽も成功したので現在3株がありますが、半日陰になるようなところに植えてあるのに、この一輪目がもっとも日照条件が悪いというのに、元気にお花を咲かせたのです。
ちょっと嬉しいびっくり♪ その代わり、他に蕾はないんです(^^ゞ

【PR】 ミニバラならポールセン!^0^ at Rakuten


でも半日陰を明るく彩ってくれるのは、ありがたい!
この一輪があるだけで、随分このエリアがパッと華やぎます。この子の奥手には、黄緑色の葉っぱがきれいなフウチソウやギボウシを植えてあり、ちょっと和風の感じにしてあるんですよ(^_-)-☆

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名前がわからん(@o@)




【学名】Rosa ??? 不明
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【英名】Rose (ローズ) 【和名】薔薇(バラ)
【花色】赤色 【品種名】不明 【作出】不明 【原産地】不明 
【用途】鉢植え 花壇 切花 

この両者の共通点は、挿し芽から育ってくれたことと、赤い色をしていること。
相違点は、お花の咲き方が枝垂れるタイプと直立するタイプであること。でしょうか。

それに同じ赤色といっても、その深みや赤さ加減には微妙に差があります。

イタダキモノのバラがあったら、ダメモトで挿してみる!というのをモットーにしております(^^ゞ
私は花束をいただくなどということは、本当にマレなことですので、いただいたら記念樹を目指して、挿してみるわけです。

ツルバラのほうは花束ではなく、ご近所さんちから数枝切っていただいたものですが、モダンローズのほうは花束に入っていたものです。台木を使っているわけではないので、ちょっと成育振りが貧弱ではあるものの、それでも数輪は毎年花をつけてくれるようになりました。

【PR】 真紅の薔薇を探そう! at Rakuten


あっ、そうそう名前を忘れてしまったバラもあります(^^ゞ
おそらくハーマイオニーかシャリファ・アスマだと思うのですが・・・ あるいはやはり花束でいただいたものだったのかもしれず・・・




やはりハーマイオニーかなぁ~~
まだ小さくて今年初めてヒューケラと同じ高さで一輪だけお花をつけたのですよ~ ^0^
バラというのも大きく育ってしまったものよりも、こうしてこじんまりしているほうが私好みだったりします。

≫ Read More

| バ ラ | 04:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

贅沢な咲きっぷり(o^-')b  'Fantin-Latour'




【学名】Rosa 'Fantin-Latour'
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) ケンティフォーリア(Centifolia hybrid) 
【品種名】ファンタン ラトゥールFantin Latour)  フランスの画家アンリ・ファンタン・ラトゥールにちなむ
【開花時期】5月 一季咲き  【香り】あり アルバ系
【花形】クォーターロゼット咲き 【樹形】直立性  シュラブ系
【花色】ライトピンク 【樹高】90~185cm 【花径】10cm
【購入元】第一園芸  
【生産地】オランダ 【台木】ラクサ

お願い、雨を降らないでっ (>o<") 

柔らかく咲く上に、頭でっかちのこのファンタンラトゥールは、雨など降ろうものなら、花首が折れてしまう危険性まであります。

スプレーバラのように、たくさんの花が1本の茎に咲くので、それでなくても頭が重い上に、モダンローズのように茎が固くないため、大雨になど当たったら、ぐんにゃりと曲がってしまいますし、下手をすると折れてしまうのです。

塊りになって咲く花のちょうどてっぺんというか、真ん中部分からお花は開き始めるのですが、それは花の大きさも一番大きいのです。私は最初の一輪を摘み取ってしまい、ポプリに利用したりします。

とにかく、いい香りです♪


【PR】バラ大苗 オールドローズ ケンティフォリアファンタンラトゥール 6号鉢 一季咲き大輪は、ザ・ローズショップさんちで、2625円也~

お気に入りのオールドローズを探そう! at Rakuten


冬の剪定で、これまでになく低い背丈でガッツリと剪定してみたのですが、昨年とほぼ同数のお花がついていると思います。

花後に伸びるシュートは、ワサワサになり近くに植えてある植物たちを日陰にしてしまうので、小ぶりに育てたいと思ったのですが、それでもやっぱりある程度の大きさにはなるのでしょうね^_^;

足元に植えたラミウム‘アルバ’も白くキレイに咲いてます。ラミウムはモンダイないのですが、クレマチス‘ヘンダーソニー’に二番花を咲かせようと思うと、この子があまりに大きくなりすぎると太陽が当たらなくなってしまうのです。

≫ Read More

| バ ラ | 09:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キイロの木香薔薇




【学名】Rosa banksiae 'Lutea'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】木香薔薇モッコウバラ) / 木香茨
【英名】Banksia Rose / Lady Banks' Rose / 'White Lady Banks'
【品種名】ルテア 【系統】スピーシス  【樹高】1000cm
【作出年】1824年 【作出者】不詳 【原産国】中国
【用途】フェンス 生垣 地植え 鉢植え(行灯仕立て)

昨年夏にかなり剪定いたしましたはずでしたが、またまたつるがビョんビョん伸びてしまい、大暴れのキイロのモッコウバラが満開です!

折角買ったオベリスクはほとんど見えに状態なのです・・・ 今年は思い切ってさらにこれ以上は無理というところまで、剪定してみようと思っているのですが。


モッコウバラ 行灯仕立て開花株 6号白ならば、すぐに鉢植えで楽しめます!

私はキイロをかってしまったのですが、やっぱり白色にすればよかったなぁ~と後悔中^^;

【PR】 モッコウバラを探そう! at Rakuten


もっともこの子のおかげで、目障りな物置き小屋が随分隠れるようになったので、ありがたい存在です。
お庭にある植物のうち、もっとも成育旺盛で大きいといってよい植物なのであります。ホントウならもっと伸びやかに誘引させてあげたいところなのですけどねぇ~

≫ Read More

| バ ラ | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晩秋のピエール様




【学名】RosaMeiviolin’(=Eden Rose 88, Eden Climber)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【品種名】ピエール・ド・ロンサール Pierre de Ronsard
【分類】モダンローズ 【系統名】LCI(ラージフラワードクライマー)
【樹高】3.0m 【咲き方】一季咲き クォーター・ロゼット咲き 微香
【作出】Meilland, M.L.,フランス1988年
【交配】(Danse des Sylphes×Handel)×Kalinka, Climbing

秋も深まり、霜が降りたりするようになっている中で、寂しげながら大胆な花を咲かせているツルバラピエールド・ロンサール’。基本的に春の一季咲きでありますが、秋にもポツポツと10輪ほどの花が開きほんに美しい薔薇を鑑賞中です!

肥料もたっぷりあげたせいでしょうか、春よりももっと桃色が濃くてしっとりとした雰囲気となっています。アーチの周辺は今年延びたツルが垂直にたっていたりするので、全体の印象はイマヒトツでありますが、お花の咲きっぷりには問題ナシであります。

【PR】バラ苗をゲットできるかな? Rakutenでサーチ!

梅雨の時期にかかってしまって大雨の餌食になってしまったので、春の花よりもずっとキレイ~
Y(=▽=)Y~☆
本来はあまり秋に咲かせるべきではないと思うのですが、咲きたい!言ってくれているのです。咲かせてあげましょう~。

花が終わったら終わったで、脚立がないと花柄摘みができないので、そのままになっているものもあり、休日に少し剪定しなくちゃ~

≫ Read More

| pink::桃色の花 | 06:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色濃くなって・・・




【学名】Pelargonium hybrids 'Candy Ball'
【科名】フクロソウ科 Geraniaceae 【属名】ペラルゴニウム属
【和名】天竺葵テンジクアオイ) 【英名】Candy Ball
【品種名】キャンディーボール
【性状】半耐寒性宿根草(低木) マイナス2℃ 【花期】通年 自然開花は6月 【花色】ピンク色×白色
【用途】鉢植え 寄せ植え

最近、なかなか華やいだお花のご紹介ができておりませんで、葉っぱや蕾の姿ばかりでしたが、今日はかわいいゼラニュームの花をご紹介できました!

秋に植え替えをしまして、てっぺんに幾つかの球状のかたまりとなってお花が咲いたのですが、肥料が適量だったのか、寒さに当たったせいなのか、覆輪状に咲く花びらの赤色の部分の発色がとてもきれいなのです。

【PR】お気に入りの八重咲きゼラニュームを探してみよう| at Rakuten

まるで薔薇のようでしょう?もうそろそろ私のところでは屋外での管理にはキケンが伴うので、室内に取り込んであげなくてはならない季節です。
でも太陽もたっぷり上げたいので、本当は日中はオンモに出してあげたいのですが、なかなか鉢の移動も骨が折れる作業ですよね。

≫ Read More

| 秋咲く花 | 04:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋のツルバラ‘モーツァルト’



【学名】Rosa ‘Mozart’
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】モダンローズModern Roseハイブリッド・ムスク系HMsk
【開花時期】四季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】大型シュラブ系 
【英名】Mozartツルバラ モーツァルト
【花色】ライトピンク【樹高】240~360cm【花径】小輪系 3cm
【購入元】従兄弟から挿し芽をもらったものです
【交配】Robin Hood × Rote Pharisäer 
【作出者】Peter Lambert (ドイツ) 1937年
【品種名】モーツァルト

我家で一番株数が多いのは、この‘モーツァルト’。
なのに、案外記事にしている回数は少なかったのでした。

秋はお空が高く見えますよね~ この子も天高く薔薇肥ゆる・・・ (馬ではなくて(^^ゞ)
もう誘引するのが面倒になってきてしまって、生垣と同じくらいの高さに剪定し、寄りかかるようにして生きてもらっているツルバラです。

一般的に水平に誘引しないと花つきが良くならないといわれる薔薇ですが、この子の場合には結構枝垂れるように茎が伸びて、たくさんのお花をちゃんと咲かせてくれます。もっとも春ほどの量ではありませんが。

夏に一度ガッツリと剪定したのですが、それでも尚、秋咲きの薔薇はキレイに楚々とした感じで咲いてくれてます。

【PR】 ツルバラを育てよう♫ at Rakuten

この薔薇は園芸をはじめたばかりの頃に、いとこから挿し芽をもらったものを、さらに挿して増やしたのですが、台木などなくてもとても丈夫に育ち、幹の部分も私の手首ほどにもなっているような子もいるのです。
チュウレンバチなどの被害がかなりありますけれど、アヤツラの攻撃に負けずに頑張って咲いてくれてます。

≫ Read More

| バ ラ | 06:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参った・・・ _| ̄|○

Rosa - バラ


【学名】Rosa ??? 不明
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【英名】Rose (ローズ) 【和名】薔薇(バラ)
【花色】白色 
【品種名】不明 【系統名】ハイブリッド 【樹高】50cm 【咲き方】スプレーバラ
【作出】不明 【原産地】不明 【用途】鉢植え 花壇 切花 

あっという間の出来事でした・・・ ヘ(x_x;)ヘ
油断大敵という言葉は、こんな事例にぴったり(爆) と笑ってばかりはいられません。
春先はマメに消毒していたバラでしたが、このところすっかり億劫になってサボっていた私に天罰が下されました・・

そもそもこの子は5年前くらいでしょうか。花束の添え役として入っていたものを挿しておいたものです。台木についだわけでもないので、大体が弱弱しい株。
体力がないので、あまりたくさんの花をつけてくれないのですが、ちゃんと咲いてくれれば、純白の小ぶりの花が上の写真のように咲いてとてもかわいいのです。

【PR】 白いバラを育てよう~♪ at Rakuten

なのに、
↓ようやく咲いたバラにこんなにたくさんのゾウムシが棲み付いてしまってました・・・
ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

≫ Read More

| バ ラ | 05:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裏葉草と桔梗

Platycodon grandiflorus - 桔梗


【学名】Platycodon grandiflorus
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】キキョウ属
【和名】桔梗(キキョウ)
【英名】Chinese bellflower または Balloon flower など
【性状】耐寒性宿根草 【花期】7~8月 【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

上の写真は地植えにしてある桔梗、下の写真はウラハグサと寄せ植えにしてある桔梗です。
鉢植えにしてあるものは、白色のはずなのですが、咲いてくれるまでのお楽しみです。

でもウラハグサがかなり大きな株になってしまったために、桔梗はおされ気味。
宿根草を主体としてつくる寄せ植えは、毎年の植え替えが重要ですのに、ズボラな私はそのまま夏を迎えさせてしまった・・・

でもね。ちゃんと蕾はあがってきてくれているので、なんとかお花は愉しむことができそうです!寄せ植えといえば、下の子はプラスチック製の鉢に入っているのです。
素敵なテラコッタの鉢が欲しいなぁ~ と常々思っているのですが、鉢を買うための予算がなかなか捻出できないのです(笑)

【PR】 素敵なテラコッタが欲しいなぁ~ at Rakuten

時間があると、ふらふらネットで鉢を見て回るのですが、欲しいなぁ~と思うと、諭吉様が簡単に飛んでゆくし、諭吉様がいれば薔薇やクレマが何株も入手できるわぁ~と天秤にかけると、やっぱり苗のほうに軍配があがったりして(笑)

でも最近はただ花を育てるだけではなく、庭の演出法や鉢とのコンビネーションなどにも少しは気を回さねばと思い初めているんです。←今頃かい?

≫ Read More

| 夏咲く花 | 02:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薔薇で飾る、今日のお玄関!

フローティング・ローズ

フローティング・ローズ
 今日の一句 「雨を避け 家に持ち込む 花たちを いかに生けましょ 」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

梅雨になって雨の日が多くなると、せっかく開いているお花たちが雨に打たれていたんでしまうことですし、切り取ってお玄関に飾ることにいたしました。

ヘラボちゃんたちですっかり気に入ってしまった、大振りの平鉢に浮かべる戦法!題して、フローティング・ローズ。
短めに花首から切り取ったものを、水盤に浮かべるだけというお手軽さ。センスはあまり関係なくアレンジメントとして愉しむことができます。

【PR】Rakutenでお花を探しましょ!

今回は名前不詳の真紅のツルバラと‘ピエールド・ロンサール’の二種生けです。
大振りのお花はこの二種類しか今は咲いてくれておりません。
二番花として蕾があがり始めているのは、シャリファ・アスマとフンショウロウたちですが、まだ開花までには少し時間がかかりそうです。

暑さが厳しくなってきたことですし、咲かせることに少し抵抗があるものの、折角あがった蕾なのでやっぱり咲かせちゃうことになりそうです。

ところで話は全く変わるのですが・・・

花畑牧場の生キャラメル、もういただきました?花畑牧場・生キャラメルセット(生キャラメル4/チョコ1)花畑牧場 生キャラメル セットで、4,250 円かぁ~ 結構、高いなぁ~ でも送料もかかることを思えば、1個だけ買うのもなぁ~
食べてみたいなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆ 


実は小学生の頃ですが、キャラメル作りに懲りまして、ストーブに材料を投入したお鍋で、随分と自分で作ったものです。レシピはどこへいったかな?
でも、自分で作ると改めて肥満の素であることを実感しちゃうんですよ~
砂糖の塊りですからぁ~ でもおいしい♪
アノ頃は生クリームなんぞはぜいたく品でしたので、使いませんでしたけど、今ブームの「生」キャラメルには生クリームが使われてますね。
参考レシピ: クックパッド とろーり生キャラメル

でも夏場にあえてつくるものでは無いかな?

≫ Read More

| 生け花 | 06:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポプリとローズウォーター鋭意作成中!

Rosa - バラでポプリを作りました!


 バラの花びらをテキトーにちぎって、新聞紙の上で乾燥~ 簡単ポプリです!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose 【別名】
【原産地】南半球 
【性状】耐寒性落葉樹 

育てているバラたちがほぼ最盛期を迎えておりますが、今年はファンタンラツゥールが大豊作!たくさんのお花が咲きました!よって贅沢にも今年はERでのお化粧水作りに挑戦してみました!

もちろん上の写真のように、ポプリも作りました。
この子たちは、後にミキサーで粉砕され、お風呂に入れるバスボムに練りこんだりしてます。

真紅のバラのみ、一色で作ったものもあり、これを石けん作りに使ってみたのですが・・・結果はあまり芳しくなかったのですけど、石けんについてはまた後日ご報告しますね~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 01:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピエール君 満開!

Rosa‘Meiviolin’(=Eden Rose 88, Eden Climber)

Rosa‘Meiviolin’(=Eden Rose 88, Eden Climber)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】RosaMeiviolin’(=Eden Rose 88, Eden Climber)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【品種名】ピエール・ド・ロンサール Pierre de Ronsard
【分類】モダンローズ 【系統名】LCI(ラージフラワードクライマー)
【樹高】3.0m 【咲き方】一季咲き クォーター・ロゼット咲き 微香
【作出】Meilland, M.L.,フランス1988年
【交配】(Danse des Sylphes×Handel)×Kalinka, Climbing

さて、クレマチスが満開と競うようにして、ただ今満開となっているのが、ツルバラたちなのですが、そのなかでももっとも美しく大きな花をつけてくれているのが、‘ピエールド・ロンサール’であります!

ほんに美しい薔薇です!

この子に魅了されて薔薇を育て始めたという方も多いのではないでしょうか。私もこれほどに美しくしかも丈夫だとは育ててみるまで、わからなかったのですが、まったく見事な薔薇です。

【PR】苗をゲットできるかな? Rakutenでサーチ!

ところが、今年は蕾がひらきかけのときに、大雨に当たってしまって痛んでしまった花も多かったんですよ。それに発色も昨年と比べるといまひとつ。
ちょっと施肥に失敗しちゃったかな。肥料が足りなかったように思います。(〃_ _)σ∥反省

≫ Read More

| バ ラ | 05:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色い薔薇のコーネリア

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’

Rosa 'Cornelia Poulhi019' - パティオヒットシリーズ‘コーネリア’
 今日の一句 「日陰にも 窮屈さにも 耐えてくれ なんとか開花の コーネリア」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

オバカな私を露呈です(;´▽`lllA``

この子は小型のバラであるのに、南側に苧環、北側にユリたちを植えつけてしまった真ん中で必死に太陽を求めつつ、開花にこぎつけたのが、黄色のバラ‘コーネリア’です。

しかもこの花壇には、ルリ玉アザミ、フランネルソウ、ツルニチニチソウやガウラニチカなどもあって、もうそれは窮屈この上ないのです。悪いことしたなぁ~ もっとも耐陰性があるそうなので、なんとかなったのでしょうね。でもそろそろウドンコ病などが発生したとしても、ちっともおかしくない状態です。

おとなしく!? 鉢植えにしておいてあげればよかったのに、無理やり地植えにしてしまったものですから~ 

でも地植えにしたおかげで、この子の本来の姿を見ることができましたよ!鉢植えのときには、黄色というよりはどちらかというとクリーム色していたのに、すごくはっきりとした黄色であったことが判明!

≫ Read More

| バ ラ | 02:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただ今見ごろのツルバラ

Rosa - 真紅のツルバラ 

Rosa - 真紅のツルバラ
 今日の一句 「生垣に 列を成したる バラたちが 雨に打たれて 首を垂れつつ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇 【英名】Rose 【別名】
【原産地】南半球 
【性状】耐寒性落葉樹 

雨の中真紅のツルバラが威勢よく咲いています。
モーツァルトがこれからなのですが、この子との競演も間近。両者が咲きそろうとかなり見ごたえがあります。

今年はモーツァルトの仕立て方を変えたので、生垣にしてあるヒバの木の上から被るようにして、咲くようになってます。

≫ Read More

| バ ラ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新登場!シャリファ・アスマ^m^

Rosa 'Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’

Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’
 今日の一句 「初めての 対面となる 此の薔薇は 芳しきこと 此の植えもなし」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社
【生産地】イギリス 

David Austin社のシャリファ・アスマの項目を拝読すると、フルーティーな白ぶどうとマルベリーの香りがすると書いてありました。

なるほどそういわれてみると、そんな気がしないでもないような・・
香りって文字にするのはなかなか難しいものですよね。

私には、良い香りとか好きな香りくらいしか、ボキャボラリーがなかったりするのですけど。

さて、今年の春に購入し鉢増しして現在鉢植えで管理中なのですが、入手後に剪定をしておきました。この苗はDavid Austin社の出張販売?で入手したので、販売員の方がそれはそれは親切にいろいろと教えてくれ、マジックで剪定箇所に印までつけてくれたんです。

3月までがギリギリの作業時期で、私は4月に入ってから植えつけたので今年はあまり咲かないかなぁ~と思っていたのですが、4輪がしっかりと咲いてくれたんです!
もっともお店の方が育ててくれていたものですから、十分に株に栄養が回っていたのでしょうけど。
昨年の管理がちゃんとされていたのでしょうね(笑)

≫ Read More

| バ ラ | 05:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。