++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仙人草に蕾♪

Clematis terniflora - クレマチス 仙人草Clematis terniflora - クレマチス 仙人草


【学名】Clematis terniflora
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】仙人草センニンソウ)  【英名】Sweet Autumn Clematis
【系統】原種系 常緑種系(寒冷地では落葉)  【咲き方】一重咲き 遅咲き 一季咲き(8~11月) 小輪咲き
【花径】3 センチ 【高さ】500~700センチ 【耐寒性】強い
【花色】ホワイト 【剪定】弱~中剪定 新枝咲き 【香り】あり
【流通名】センニンソウ   【別名】馬食わず 南十字星  【用途】庭植向き
【原産】 日本など  【メモ】有毒 漢方薬として気管支の薬に使われる 
【備考】#C037

昨年、11月初旬頃だったか、大鉢で行灯仕立てにしていたセンニンソウを思いきって地植えにしたのですが、そろそろ蕾が見えてきています。

秋に咲く仙人草で、日本に自生している品種ですので、あまり気を使わずとも元気に育ちます。

地植えにしたときに、行灯型の支柱も一緒に植えてしまったのですけど、その行灯からビュンビュンと蔓が延びて、お隣のちょっと生垣っぽくなっているヒバの木に絡まりはじめています。
ヒバは常緑で定期的に剪定しなくてはならないので、新枝咲きの仙人草を絡ませるにもGOODです。どちらにしましても、そんなに大きく育てようとは思っておらず、無理やりコンパクトに仕立てたいと思っているのです。


日本のクレマチス センニン草は、おぎはら植物園さんちで価格 525 円 で昨年購入しました! でも売り切れ中みたいです(^^ゞ 

【PR】千草園芸さんちのクレマチス苗2のカテゴリーに仙人草がありました~~

クレマチス センニンソウ(フラミュラ系)を育てよう~♪ at Rakuten



さらにそのお隣には、テキセンシス‘プリンセスダイアナ’が咲いていて、コチラも新枝咲きですので、コニファーなどに絡ませるのにぴったりです。
けれど、思いのほかこの仙人草がダイアナちゃんの領域にまで進出しはじめているので、
二番花を咲かそうとしているダイアナちゃんとの競演を見ることができそうな雰囲気です!

≫ Read More

| クレマチス | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっこし元気なし・・・ヘンダーソニー

Clematis integrifolia 'Hendersonii' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘ヘンダーソニー’

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii' 【品種名】インテグリフォリア ヘンダーソニー
【別名】ベルテッセン 【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き  【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C015



今年は切り戻すこともなく・・・放置状態。
当然のことながら、全く元気がなく、病気も発生してさせてしまったのは、インテグリフォリア系‘ヘンダーソニー’です。
毎年、切り戻ししていたのですけど、今年は種を採取してみましょう~とそのままにしていたら、果球ができましたが、行灯の高さも足りなくて、イナバウワーです^^;

【PR】 クレマチスをヘンダーソニーを育てよう! at Rakuten


切り戻ししなかった茎には、脇芽ができてそこからお花を咲かせているのですけど、果球も同時に作っているので、栄養が行き渡らず、お花もかなり小さめです。
同小種の‘アルバ’も同じで、今年は切り戻ししてあげないものですから、果球をつけてます。
私は交配させていませんけど、ミツバチさんたちがお仲人になってくれていないかしら?
と思ったりしていたのですけど、やはりこのままではよろしくないと種は諦めて、切り戻しました *o_ _)oバタッ彡☆

≫ Read More

| クレマチス | 05:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よきかほりの白花フロックス

Phlox paniculata  - 宿根フロックス
【学名】Phlox paniculata
【科名】ハナシノブ科 Polemoniaceae 【属名】フロックス属
【和名】花魁草オイランソウ) 【英名】Summer Phlox  
【別名】草夾竹桃クサキョウチクトウ
【流通名】宿根フロックス
【草丈】30~80cm  【原産地】北アメリカ、ヨーロッパ
【性状】耐寒性宿根草 
【用途】地植え 鉢植え 
【弊ブログ内関連記事】 宿根フロックス | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月13日


んんん~~~ いいかおりぃ~~ \(*^▽^*)/

頭でっかちがちょっと気に入らないけど(笑) 真夏の暑さに負けず、テンコモリ咲いているのは純白のフロックスです。挿し芽からも育ってくれたので、お庭の三箇所で咲いていて、これまでは本来の姿ではなく、ちょっと小ぶりに咲いていましたが、今年は挿し芽した株も150センチほどの高さになり、ダイナミックに咲くようになりました。

【PR】 フロックスを育てよう! at Rakuten


けれど背丈が高くなりすぎるため、支柱が必要です。
先日、ちょっと風が強く吹いた日があって、すっかり横倒しになっていたので、慌てて支柱を立ててみました(^^ゞ
薔薇のアーチのそばに植えてある子はちょうどアーチに寄りかかることができるので、大丈夫なのですけど。
自力での直立は無理です。どうしても倒れてしまいます。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 05:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買っちゃいました~ オリーヴの木

Olea europaea 'Nevadillo Blanco' - オリーブ‘ネバティブランコ’

【学名】Olea europaea 'Nevadillo Blanco'
【科名】モクセイ科  Oleaceae 【属名】オレア属
【和名】阿列布 【英名】Oliveオリーブ または オリーヴ) 【品種名】ネバディブランコ
【原産地】スペイン 小アジア 【自生地】地中海沿岸 
【性状】半耐寒性常緑高木 【耐寒温度】マイナス2~3℃(短期間なら10~15℃)【草丈】 【花期】6月 【収穫期】9月中旬~10月
【用途】鉢植え 【樹形】横に広がるタイプ
【撮影】2010年7月9日


我家では地植えが難しいので、もう何年も前から欲しい、欲しいと思っていたのにず~~っと手を出せないでいたオリーブの木でしたが、この度意を決してゲットしてしまいました。

日本では、香川県小豆島でオリーブの実が作られているのをみても、我家の気候には全くそぐわないのですが。

今年もNHKの趣味の園芸で、オリーブが取り上げられていましたが、前回は、このオリーブを余すところ無く使う方法が紹介されていました。

覚えていらっしゃるかしら?

オリーブは、バンバン剪定したほうが、より元気に育つそうなのですが、その剪定した枝で、箸おきをつくったり、クラフトに利用したりしていました。

ネバティロブランコはスペイン原産のオリーブです。樹勢がよろしく、強風にもよく耐える品種です。
樹形は横に広がるタイプ。私の手元にきたものも、暴れん坊将軍もびっくりな感じでした(爆)

果実は小型で沢山収穫できるため、主にオイルに利用されるそうです。生垣や街路樹に使われるオリーブ。しかしながら、葉っぱの表裏で光沢感と渋めの銀緑色の感じは、観賞価値も高いですね~

オリーブは、ひとつの品種だけですと、結実しにくいので、ブルーベリーと同様、二品種以上を育てるほうが、多くの実を収穫できます。この‘ネバディブランコ’は、自家結実性が弱いので、1本でも実を採りたい場合には、自家結実性がわりとよいといわれる、‘ミッション’などがよいようです。



ネバディブランコは受粉苗として優秀なのですが、その実は柔らかめだそうです。
次の狙い目は、ミッション! といいますが、もともとは‘ミッション’が欲しかった(^^ゞ この子のためにネバディブランコを先に購入したようなものです(笑)

【PR】 観賞価値バツグンのオリーブの木を育てよう! at Rakuten


さて、届いた木には、すでに3個実がなっておりました!
たった三つではありますが、それでも自前で塩漬けのオリーブを食べることができるというのは、嬉しいことです。私は大のオリーブ好きですので♪

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真っ赤なホリホック

Althaea rosea - 立葵(ホリホック)
【学名】Althaea rosea
【科名】アオイ科 Malvaceae 【属名】ビロードアオイ属  (旧アルケア属 アルセア属 )
【和名】立葵タチアオイ) 【英名】Hollyhock (ホリホックまたはホリーホック)
【品種名】ニゲラからの実生  【花期】6~8月 【草丈】 100cm~180cm
【原産地】中国・トルコ・東ヨーロッパ【性状】耐寒性宿根草   二年草 
【用途】地植え 鉢植え 夏花壇(後方)
【弊ブログ内関連記事】 ホリホック | ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |
【撮影】2010年7月4日


この立葵は、そもそも真っ黒なお花を咲かせる品種の‘ニゲラ’の種から育ったものです。
真っ黒から真っ赤に変貌し、お花が咲くようになってから、四年目くらいでしょうか。

そろそろ寿命が尽きそうな感じです。といいますのも、草丈がずいぶん短くなりはじめてしまっているのですよね。お隣にいるエリンジュームくらいの草丈しかありません。

初夏に咲くお花の代表花でもありますね~~ 

【PR】 ホリホックを育てよう! at Rakuten


アプリコット色の‘ピーチアンドリームズ’はやっぱり4~5年目の今年は、いよいよ寿命が尽きてしまい、お目にかかることができなかったのです。とっても残念です。そいえば、‘ピーチアンドリームズ’も採取した種からは同じお顔の花は咲かないようですね。

ブラックホリホック
黒い色のニゲラがこの子で、この赤花の親にあたります(^_-)-☆ 別人でしょう?



ニゲラですが、かならずしも黒色のお花が咲かないというわけではなく、以前ニゲラの種をお分けした方からは、ちゃんと黒い色のお花が咲いたとのご報告をうけています。

≫ Read More

| red::赤い花 | 04:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柏葉紫陽花も大きくなって!

Hydrangea quereifolia 'Snow Flake' - 柏葉紫陽花(カシワバアジサイ) ‘スノーフレーク’
【学名】Hydrangea quereifolia 'Snow Flake'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属またはアジサイ属
【品種名】スノーフレーク
【和名】柏葉紫陽花カシワバアジサイ
【英名】Oakleaf Hydrangea(オークリーフハイドランジア)
【別名】オークリーブド・ハイドランジア 【原産地】アメリカ
【開花時期】6~7月  【性状】耐寒性落葉低木
【用途】地植え 鉢植え 花壇(中~後方)
【撮影】2010年6月9日


雨続きで、折角開いているカシワバアジサイの円錐形の花は、イナバウワー(笑)
でもそれなりに情緒あふるるお姿です!
雨続きにはゲンナリですが、雨に濡れるお姿がよく似合うアジサイたちは、この時期の強い味方ですものね。
チビ苗さんを一年鉢で育てたあと、地植えにし今年はお庭で三回目の開花かな?
挿し芽の子のほうも大きくはなってくれましたけど、お花は咲きませんでした。

八重咲きカシワバアジサイ スノーフ

八重咲きカシワバアジサイ スノーフ

価格:4,147円(税込、送料別)



【PR】カシワバアジサイ スノーフレーク(八重) 4本立ちは、千草園芸さんちでまだゲットできる模様です!
ならば、我家のカシワバアジサイは1万円くらいの価値があるかもぉ~~ ( ̄m ̄*)゚プッ
カシワバアジサイを探そう! at Rakuten


挿し芽からでも親株と同様にグイグイ伸びてゆきます。来年はたぶん咲くのではないかしら?
確か挿し芽のほうは、お花が咲かないようにとワザと花芽と思われる部分を摘心しておいたはずですが、今年はそのまま剪定せずに様子を見ようと思います。
あまり摘心すると脇芽ばかりが増えそうで(^^ゞ

≫ Read More

| 樹 木 | 04:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロマンチカもいよいよ♪

Clematis 'Romantika'  - クレマチス ‘ロマンチカ’
【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040
【撮影】2010年6月9日


そもそもこの子を買ったときには、モッコウバラとのコンビネーションを考えていたわけでしたが、モッコウバラのほうがかなり早く咲いてしまい、まったく開花時期が違っていたのです。

私って、大マヌケ(爆)

で、植え付け後から数年が経過してみると、結局紫陽花‘くれない’さんとのコラボが素敵♪になり始めました~(笑)
‘紅’は、咲き始めは真っ白な花弁(ガク弁)で、満開となるころに赤色を載せるので、白色と桃色~赤色まで色の変化が愉しめるうえ、この濃紫色のお花とのコントラスト、なかなか良い模様です。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~
おぎはらさんちにある写真は、白い壁に這わせ、手前にバラを配されてましたが、やはりバラとのコンビネーションはグッドですね(^_-)-☆

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


‘紅’も随分背丈が伸びはじめてくれていて、1メートル以上にはなっているので、見ごたえがあるのですよ~
一方ロマンチカのほうは、まだまだ私が思い描くほどで花数をつけていないものの、現在は10輪以上が紫陽花に覆いかぶさるようにして開花中~
今年の花は、昨年よりも大きいような気がします!

≫ Read More

| クレマチス | 22:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨にも負けず、アリョヌシカ♪

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C012
【撮影】2010年6月15日


あまり環境的には良いとは言えない場所で、また今年も元気に咲いたのはインテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’です。ロシア生まれなので、名前がちょっと発音しにくいわ(笑)

ロシア語って、「マトリョーシカ」とか、おサル☆キャラの「チェブラーシカ」(Чeбypaшka)『カ』で終わるのはなぜかしら?
あまり関係の無い話題でした(^^ゞ

さて、椿の木陰になってしまうので、十分な日光が当たらないために何年経っても、花茎は3本ほどで殖えず、そのかわり陽射しを求めるせいでしょうね~ 草丈はどのインテグリフォリアよりも高いのです。
もっともそもそも高さが大きく、花もダイナミックに咲くタイプなのですけど。


クレマチス インテグリフォリア系の苗

まだ入手できていな‘花島’や‘篭口’もゲットしたいわぁ~~(∇〃)。o〇○ポワァーン

【PR】 クレマチス インテグリフォリアを探そう! at Rauten


今年は、椿を大胆に剪定したことにより、風通しもよく、日当たりも昨年以上となったからでしょう~
花茎もしっかりと硬いし、ちょっと太めの様子。
お花自体も数も多いです。

≫ Read More

| クレマチス | 02:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タネからも開花!リトルランタン

Aquilegia canadensis 'Little Lanterns' - カナダオダマキ‘リトルランタン’Aquilegia canadensis 'Little Lanterns' - カナダオダマキ‘リトルランタン’


【学名】Aquilegia canadensis 'Little Lanterns' 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【咲き方】八重咲き 下向き  【花色】 橙色×黄色 
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【別名】カナダオダマキ 【品種名】リトルランタン
【性状】耐寒性宿根草  【用途】ボーダー花壇 鉢植え

カナダオダマキ‘リトルランタン’は、鉢植えで管理している大本の株はすでに種をばら撒きはじめてしまっています。
この株の種から育てた子も今年から開花し始めたので、順調に株数を増やしております。
小ぶりなお姿ですので、花壇の中~手前に植えつけるとかわいいですよねっ!
ホントに火をともしたランタンのようでした~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

宿根草 カナダオダマキ ‘コルベット

宿根草オダマキ ‘コルベット

価格:315円(税込、送料別)



この子はカナダオダマキの代表格ですが、他にも黄色系の子もいるんです(^_-)-☆
レモンイエロー色をした小型のオダマキで、ブッシュ状に茂る草姿にたくさんのかわいい花をつける上に、葉っぱがやや明るいライトグリーンであるところもポイント高いわぁ~

次回の私の狙い目オダマキさんです(笑)

【PR】 カナダオダマキを育てよう! at Rakuten


さて、コンテナに植えてある‘リトルランタン’さんの仲間ですが、ヒューケラの‘グリーンフィンチ’や挿し芽しておいたアジサイ‘クレナイ’などで、宿根系の子たちを寄せ植えにしています。
そろそろ込み合いすぎているので、整理しないとなぁ~

≫ Read More

| オダマキ | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苧環 - 赤紫色の一重咲き

Aquilegia vulgaris - アキレイギア 西洋苧環(セイヨウオダマキ)
【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不明
【咲き方】一重咲き 横向き  【花色】紺色
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年5月28日



なんだか今年はちっとも苧環さんたちをご紹介できぬまま、ほぼ皆さん、種の形を作ってしまっています(^^ゞ
今日のお姿ももう随分以前のもので、5月下旬に写した画像ですし(^^ゞ

今年のオダマキさんたちの様子はまとめて記録に残しておくようにしなくては・・と気持ちだけはあるのですけど、アレコレと他の植物たちのほうへ目がいってしまったり、今年はクリスマスローズのタネマキで忙しかったりで、オダマキさんたちのことは注視せぬままに季節が矢のような速さで過ぎ去ってゆくのでした。


【PR】八重咲きオダマキのタネ「ウィンキーダブル」もかわいい~ ^0^

タネから育てよう! at Rakuten


そうこうしているうちに入梅してしまって、お庭の作業は滞る一方です。雨が降ると、雑草は勿論のこと、ありとあらゆる植物たちが競って背を伸ばしてゆくので、当然混雑し、風通しが悪くなりますから、手を入れなくてはならないのですけど。作業は遅々として進まずです(^^ゞ

≫ Read More

| オダマキ | 14:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤de縦縞♪サラサドウダンツツジ

Enkianthus campanulatus - 更紗満天星躑躅 (サラサドウダンツツジ)

【学名】Enkianthus campanulatus
【科名】ツツジ科 Ericaceae 【属名】ドウダンツツジ属
【和名】更紗満天星躑躅サラサドウダンツツジ
【原産地】日本
【性状】耐寒性落葉低木 【樹高】1m~5m  【花期】4月~5月
【用途】地植え 生垣 鉢植え 



久しぶりのアップです! 更紗満天星躑躅と漢字で書くとナニ?って感じですけど、おなじみのドウダンツツジ。
我家のドウダンツツジは赤色の縦じまが入るタイプです。

白色の子はよく生垣などに使われているのですけど、赤色の子はあまり生垣には使われていないような気がしていたのですが、それは、あまり剪定や刈り込みに向かないからみたいですね。

白色の花が咲くドウダンツツジは、剪定により刈り込んでも枝がビュンビュンでて、枝分かれするのですが、この子はあまり脇芽が増えません。



【PR】 生垣にしたら素敵! at Rakuten

でも逆にいうと、生垣などに使った場合には、剪定作業が楽チン♪ということになるのではないでしょうか?
私もこの子のことはほとんど剪定などはせずに、放置状態です。




私がガーデニングを始める前から植えられており、二本あるのです。
でもよくこの子の性質をわかっていなかったガーデニング初心者の頃に、1本を日陰のところに植えてしまったために、そちらはあまり花付きがよくないんです(;´▽`lllA`` 隔年くらいでしかお花が咲きません 

≫ Read More

| 樹 木 | 04:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

巨大に!ブラックパール

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’


【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花には不向き

ユーフォルビアは、ちょっと日陰に植えてしまった子が徒長して横倒しまったので、すでに花穂をすべて切り取ってしまい、来年のお花に託したのですけど、完全に南向きに植えてある子は、支柱で支えてあげてはいるももの、なんとか直立(笑)

お隣のスモークツリーやハコネウツギにも手伝ってもらいつつ、開花中~です。
そろそろお花の色も黒色から赤紫色っぽくなってきています。

【PR】 お花を探そう! at Rakuten


こぼれた種からも発芽が3~4芽ほどあるようです。
ベイビーはまだ小さいのですけど、クレマチスの鉢にこぼれた種から育った子が大きくなってきているのですけど、地面で発芽した子は、あまり大きくなりきれていない様子です。
移植を嫌うので、鉢植えの子はそろそろ地植えにするか、もっと大きな鉢に移動させてあげませんと。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようやく正常化?スモークツリー

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)


【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木ケムリノキ)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木ハグマノキ)/ 霞の木かすみのき
【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期) 【耐寒性】強い
【用途】シンボルツリー 鉢植え 地植え 

去年、あまりにも生育具合が悪かったので、もはやこれまでか!と思っていたら、今年は見事に復活!
小苗のうちに地植えにしていまったからでしょうねぇ~ ^^;
私のいつもの悪いクセで、すぐに地植えにしたくなってしまうのです。

【PR】 煙の木を育てよう! at Rakuten


しかもまずったことに、株立ち系になっちゃいました。
本来はシンボルツリー的に使いたかったので、あまり枝数を増やしたくなかったんですけどねぇ~
仕方がないので、上にはあまり伸ばさずにこんもりした株立ちの形を持続させようかなぁ~
でもそもそも6メートルにまで大きくなる樹木ですし、毎年剪定をきっちりできない可能性が高いですし、今後どう管理してゆけばよいのか?迷うところです。

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 03:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

臙脂色したマッカナジャイアント

Aquilegia vulgaris - 西洋苧環 アキレギア・ヴルガリス

【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae
【属名】オダマキ属
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ
【英名】 アクレイギア Aquilegia
【品種名】マッカナジャイアント 
【咲き方】八重咲き 二色咲き 下向き  【花色】黄色×臙脂色
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 
【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年5月21日



この臙脂色の西洋オダマキは、黄色とのコンビがはっきりくっきりです。鉢植えの中とハンギングにしてあって、地植えでは今年は咲いてくれていません。

ハンギングですと大きくなりすぎないのがよいところ(^^ゞです。支柱はナシです♪

鉢植えにしてある子は、そろそろと地植えにしておこうと思います。ますます暑くなりますし、すでに種を作り始めていますから、時期的にはあまりよろしくないですけど(^^ゞ 枯れてしまうこともないでしょうから。

【PR】オダマキのオリガミシリーズをタネから育てよう! at Rakuten


どうしたわけか、ハンギングにしてあるもののほうが赤色が濃くて、とても深い色なのです。
これはもしかすると水やりが少なめのせいかしら?
水やりが多かったりすると、花びらの色が薄めにでるような感じがします。

≫ Read More

| オダマキ | 03:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンク色のノラバロー

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’


【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【原産地】北半球
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 【草丈】50センチ 【花期】5月~6月
【用途】地植え 鉢植え

ピンク色のかわい子ちゃん。

オダマキ開花ラッシュに突入ですぞ~~ アチラこちらで咲き始めています。
以前、ポール・スミザーさんがTV番組でブラックバローを紹介されているのを拝見してから、西洋オダマキにハマリはじめたような気がします。

ポールさんは、ブラックバローをしっかり群生させるような形態はとらずに、ポツポツと咲かせるようなほうがかわいいというようなことをおっしゃっていたような・・ 記憶が不確かですが(^^ゞ
これはお好みでしょうけど。

【PR】 西洋オダマキを種か育てよう! at Rakuten


確かに宿根草ですから、春を過ぎると葉っぱのみですし、冬場は地上部がほとんどなくなりロゼット状になった葉っぱが少しだけ緑色をみせるだけですので、花壇のあちらこちらに点在させておくほうがよいのかもしれませんね。

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 トンプソン&モーガン社から入手した種で約20粒はいっていました!
     


こちらがトンプソン&モーガン社から2006年に購入し播種したときに残しておいた種の袋です。
ご覧のように色あいはミックスで、桃色、濃い桃色、臙脂色、水色などがあります。


≫ Read More

| オダマキ | 04:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たった一輪、牡丹‘島大臣’

Paeonia suffruticosa 'Shimadaijin' - 牡丹‘島大臣(シマダイジン)’Paeonia suffruticosa 'Shimadaijin' - 牡丹‘島大臣(シマダイジン)’


【学名】Paeonia suffruticosa 'Shimadaijin'
【科名】ボタン科 Paeoniaceae  【属名】ボタン属
【品種名】島大臣シマダイジン
【和名】牡丹(ボタン)   【英名】Tree Peony
【性状】耐寒性多年木 【花期】5月  【花色】紫色
【用途】地植え 鉢植え

チビ苗で購入した牡丹‘シマダイジン’も植えつけてから四年ほどたったでしょうか?
やっと昨年から一輪だけですけど咲くようになりました。

なぜか意識不明に陥ってしまって、ド派手な品種を選んでしまったのですけど、咲いてくれてみたらなかなかインパクトのあるお庭の一役を担ってくれています。

やや記事のアップが遅めになってしまい、すでに終焉を迎えつつあります(^^ゞ

【PR】 牡丹を探そう! at Rakuten


4月に蕾が見えていたときに、あの大雪で支柱を立てていなかったので、花茎は雪の重みでぐんにゃりと曲がり、もはやこれまでか!と思ったのですが、無事に開花です。
開花中はとにかく雨よ降らないで!と願うばかりです。

≫ Read More

| purple::紫の花 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようやく開花^^;ステルニー

Helleborus sternii - ヘレボルス ステルニーHelleborus sternii - ヘレボルス ステルニー


【学名】Helleborus sternii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 【和名】冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】ステルニー【性状】耐寒性多年草 原種系  【耐寒温度】マイナス10℃
【交配】Helleborus lividus x Helleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス(有茎種間交配種)
【原産地】コルシカ島
【花期】1~3月 【草丈】30~40cm 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 緑色~小豆色 【蜜管】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【備考】#055

先日の4月の大雪でなぎ倒されてしまうのではないかとハラハラしていましたが、なんとか斜めの状態でストップしてくれて、お花を咲かせてくれているのが‘ステルニー’です。

小苗のうちに地植えにしてしまったためになかなか大きくなれずにいて、これまでお花を咲かせたことはありませんでした。
加えて地植えにするにはちょっと寒さに弱いといみえ、以前も蕾をつけたのにそのままダメになってしまったり・・・

今年、雪囲いをしたことが功を奏し、ようやく開花です! でも同様に雪囲いをしてあげた‘アウグチフォリウス’は雪で花茎が折れてしまい、結局咲かずに今年も終わってしまいましたが。

Helleborus sternii - ヘレボルス ステルニーHelleborus sternii - ヘレボルス ステルニー


クリーム色とライトグリーン、そこにうっすらと桃色が混じったようなかわいらしいお花です。
今年、初開花ながら、蕾は5輪ほどあるようです Y(=▽=)Y~☆

蕾の上がりはじめは、やはり親御さんがリビダスであるためか、小豆色が強くのこっていましたが、今現在はほとんど消失しています。


【PR】クリスマスローズ ステルニーは、おぎはら植物園さんちで420円也~

今年、はじめてナマでこの子を見ることができました~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

ステルニーを探そう! at Rakuten


ですが、ハイブリッド種のステルニー‘シルバースター’のほうは、依然として前回の記事でもご報告しましたとおり、やっと生きている状態が続いています。 
~(〃´o`)=3  

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

・゚・(ノД`)・゚・。  出てきてくれました!

Cypripedium japonicum - 熊谷草(クマガイソウ)Cypripedium japonicum - 熊谷草(クマガイソウ)


【学名】Cypripedium japonicum Thunb.
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】キプリペジウム属 (意味:ビーナスのスリッパ) または アツモリソウ属
【和名】熊谷草クマガイソウ) 【英名】The Japan Cypripedium
【別名】母衣掛け草ホロカケソウ)、熊谷草クマガエソウ) 
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】40cm 【花期】4月~5月 【花色】ペールピンク
【用途】地植え

一度いただいた株を枯らしてしまったら、やさしいお隣のオジサマが再び分けてくださった‘クマガイソウ’。
昨年、オジサマは我家のお庭の土壌改良をしたうえで、植えつけるところまでやってくれました。
植えた場所も以前の場所からもっと日当たりのよいところにしたので、今回はどうやら気に入ってくれたみたい!

・゚・(ノД`)・゚・。  ホントによかったぁ~~

このように葉っぱさえでてきてくれれば、5月にはきっとお花が咲いてくれるはずです。
やや日が当たりすぎの感じもあったのですけど、夏越し&冬越し、ともにクリアーです。


国華園さんちでも、1株2600円かぁ~

【PR】 熊谷草を探そう^0^  at Rakuten


5株ほどが連なった状態で植えつけたのですけど、今見えている新芽は昨年と同じくらいで、あまり増えていないので心配でオジサマに伺ってみたら、クマガイソウはそうやすやすとは増えてくれないとのこと。
ご覧いただいた芽の感じからすると上々との太鼓判もいただきました~ (^_-)-☆

ホントによかった!よかった!
ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス

今年、クリスマスローズ以外ではお初の小躍りダンスだもしれません(笑)

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 07:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緑色系ヒブリドゥスが満開!

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 緑色系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 緑色系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月  【開花日】2010年2月17日
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】クリーム色~緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】緑色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#021

今年は3月になっても大量に!雪が降ったりしていましたが、そのおかげで満開のクリスマスローズたちと雪景色のコラボが楽しめたりしています。もーどうしても記事のアップが遅れ気味(^^ゞ
すみません m(__)m

この子の前回の記事は、2月20日でしたが、その時にも雪まみれでした(^^ゞ

もうすでに雪は完全に溶けており、ぐ~~んと春らしくなっていますけど、この子は地植えのなかで一番に咲き始めましたから、当然満開となるのも一番!

ほとんどの蕾が開ききりました~ (^_-)-☆

雪で押しつぶされてほぼ地面と水平となるまで、べったりとしまったけど、ちゃんと復活♪

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


春は春で待遠しいのですけど、雪景色の中で楚々として咲く様子は、ヘレボルスを育てている時間の中でも、そのいじらしさに勇気づけられ、とても好きな瞬間でもあります。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 02:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステルニーの蕾がやっと膨らんで・・

Helleborus sternii - ヘレボルス ステルニーHelleborus sternii - ヘレボルス ステルニー


【学名】Helleborus sternii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 【和名】冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】ステルニー【性状】耐寒性多年草 原種系  【耐寒温度】マイナス10℃
【交配】Helleborus lividus x Helleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス(有茎種間交配種)
【原産地】コルシカ島
【花期】1~3月 【草丈】30~40cm 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 緑色~小豆色 【蜜管】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【備考】#055

1ヶ月前の前回の記事では冬囲いしている状態でしたけれど、先日ご紹介したエリックスミシー同様に冬囲いから開放してあげたのが、ステルニーです。

ところが、昨日は朝起きたらまだ雪が降っていましたし・・・ ブルッ
春は近いようでまだ遠い感じです ~(〃´o`)=3

本当にこの子には悪いことしちゃったのですけど、チビ苗で購入したのに、いきなり地植えにしてしまったから、その後の発育が本当に悪くて、もうとっくに開花の時期は過ぎているというのに、なかなか初開花♪とはなれなかったのです。

雪囲いをはずして、よ~く観察してみると明らかに小さいながらも蕾が確認できるようになりました!
本当によかった(感涙)


【PR】クリスマスローズ ステルニーは、おぎはら植物園さんちで420円也~

今年こそはようやくナマでこの子を見ることができそう~ Y(=▽=)Y~☆

ステルニーを探そう! at Rakuten


ですが、ステルニー‘シルバースター’のほうは、全然ダメ。
やっと生きているだけです _| ̄|○ 

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステルニーもどうやら初開花かも?

Helleborus sternii - ヘレボルス ステルニーHelleborus sternii - ヘレボルス ステルニー


【学名】Helleborus sternii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 【和名】冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】ステルニー【性状】耐寒性多年草 原種系  【耐寒温度】マイナス10℃
【交配】Helleborus lividus x Helleborus argutifolius
    原種リビダス×原種アーグチフォリウス(有茎種間交配種)
【原産地】コルシカ島
【花期】1~3月 【草丈】30~40cm 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 緑色~小豆色 【蜜管】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【備考】#055

かなり貧弱なのですが、なんとかステルニーに初めて花芽があがりました!
同じ日に買ったエリックスミシーとは全然違う成長振りで、なかなか株が大きくなってくれないのです。
小苗のうちに地植えにしてしまったうえ、何度か移植しちゃったりして、株がこじれてしまったのでしょうねぇ~
この子は2006年にゲットしたので、もうとっくに大株になっていなくてはならないのですけど。


【PR】クリスマスローズ ステルニーは、おぎはら植物園さんちで420円也~

ちっともナマでこの子を眺めることができない私です・・・とほほ
今年こそは!

ステルニーを探そう! at Rakuten


何度も昇天の危機にあいながらも生きてくれているだけでもありがたいことです。
ここにきてなんとか初めての花芽らしいものを上げています。
といいますか、以前にも花芽はあがったことはあったはず・・
でも寒さが原因で、開花しきれずに終わってしまったこともあったように記憶しています。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレマチス・アーマンディの蕾

Clematis armandii - クレマチス アーマンディClematis armandii - クレマチス アーマンディ


【学名】Clematis armandii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属
【英名】Armand's clematis   Evergreen clematis
【別名】アーマンドのクレマチス
【系統】冬咲き系 フラミュラ系 常緑 【咲き方】一季咲き(1~4月) 4~6弁咲き 
【花径】3~5センチ 【高さ】400~600センチ 【耐寒性】強い -15℃
【花色】クリームホワイト 【剪定】弱剪定 旧枝咲き  【芳香】あり
【流通名】アーマンディ(アルマンディー)
【原産地】中国中西部
【用途】地植え
【備考】#C009

思えば去年は思いっきり期待を裏切られ、一輪もお花を咲かせることがなかったクレマチス‘アーマンディ’でした。
我家には、この子と‘アーマンディ・アップルブロッサム’がいますが、双方ともにナマのお花を見たことが無い私。

でも、さすがに今年は花芽と葉芽を間違えることなく、ご報告ができそうな雰囲気♪


【PR】桃色が好きなら、クレマチス アーマンディーがオススメ♪ at Rakuten

アップル・ブロッサムは花つきがとても良いクレマチスと言われております。
早春咲きで常緑。他のクレマチスの先陣をきって咲き始めます!


昨年秋に延びた一年目の茎にはお花は咲かないでしょうけど、昨年も結構ツルを伸ばしてくれてます。
ただ若い芽は急激な気温の低下ですっかり赤茶色になってしまってます。
一昨年に延びた葉っぱは固くて、濃い緑色をしたまま越冬中~

下の一枚目のお写真、これが花芽です! 二枚目のお写真にある芽は葉芽でこれからはお花は咲かないだろうと思います。

≫ Read More

| クレマチス | 03:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユーフォルビアの株元に!

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’


【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草
【用途】地植え 鉢植え 切花には不向き

毎年、冬になるとこの子のことが目に付きます。
このように葉っぱを枯らさずに冬を越してくれる植物が我家では少ないので、目を引くんですよね。
でも雪が降ってしまうと、垂直に伸びているはずの茎もぐんにゃりと頭を下げてしまいますし。
そして寒さのために赤みが増してゆきます。

【PR】 お花を探そう! at Rakuten


初夏の開花の時期とはやはりオモモチが違うんですよね(^_-)-☆
育て始めて3年目かな?
この子はどんなに寒くても、我家では越冬が可能であることは確認できているので、その点は心配ナシです。

挿し芽も成功して、今年はまとまって咲くので、かなりいい感じになるはすです。

はじめはまったくなんの防御もないと枯れてしまうかな?と思い、壁に寄せるようにして植えたのですが、今はもう完全に防寒対策ナシ。その代わり日当たりはバッチリです。

≫ Read More

| 観葉植物&カラーリーフ | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!初開花のジングルベル♪




【学名】Clematis cirrhosa var purpurascens 'Jingle Bells'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【英名】Old man's beard,  Traveller's joy,  Virgin's bower
【系統】シルホサ系 【咲き方】常緑系 冬咲きクレマチス 
【花径】2~5センチ 【高さ】400~500センチ 【耐寒性】弱い 最低温度-5℃
【花色】クリーム色 【花期】11月~3月 【剪定】弱剪定 旧枝咲き
【流通名】クレマチス・シルホサ‘ジングルベル’
【作出者】 Robin Savill、イギリス  1992年 (‘フレックス’の改良品種)
【備考】#C032

2008年10月にゲットして、鉢増ししておいたシルホサ系のクレマチス‘ジングルベル’です!

( ̄m ̄*)゚プッ 咲きました~~~

夏の間の休眠期間が短くて、8月後半にちょこっとだけ葉っぱを枯らしたような雰囲気があっただけで、9月に入ってからすぐに目覚め葉っぱが出てきたかと思ったら、豆粒、というか米粒のようなごく小さい円形の蕾を発見!

あっというまに蕾は細長い円筒のような形になり、10月中旬に開花の運びとなりました!

昨年はお花を見ることができず、手元で咲いてくれたのは地植えにしちゃったほうの(^^ゞ シルホサのほうだったのですが、とても似た品種なので買おうか、買わないこととしようか迷ったのですが、やっぱり買ってよかったぁ~~




年内にこんなに早く咲いてくれるなんて、思ってもいませんでした~~
一足も二足も早いクリスマスプレゼントがやってきてくれた感じ♪です (o^-')b


クレマチス シルホサ ’ジングルベル’は、おぎはら植物園さんちで 価格 525円也~

寒い冬の中にあって常緑のツヤツヤした葉っぱがあり、やさしいクリーム色の花を咲かせます♪
‘シルホサ’よりもお花は少し大きめで、生育のスピードも‘シルホサ’に比べると早いのがよいところです(o^-')b
【PR】 冬にも咲いちゃうクレマチスをゲットしよう~~~ at Rakuten


昨年ゲットした常緑系のクレマチスたちは順調に育ってくれており、めでたく‘フレックルス’のほうも競うようにして咲いてくれたので、すぅとしては小躍りダンス中であります(笑)

ただねぇ~ 反省点あり・・
誘引するときに、私は支柱を3本組んで、三角柱のような形にしたのですが、これって誘引しにくい^^;ですね。
やはり円形の行灯を買ってくるか、もしくは直線の支柱4本を四角に組めばよかったなぁ~
次回の誘引ではやり直そうとおもってマス

≫ Read More

| クレマチス | 06:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのメラノクラテル トリコロール




【学名】Tillandsia tricolor var. melanocrater
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア メラノクラテル トリコロール(1株) 220円
【原産地】メキシコ 中央アメリカ 
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】5℃  低温性 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め 
【系統】緑葉系 中型 【草丈】20×30cm 【花期】9~11月 【花色】藍色 【花苞】赤色 黄色
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#022

この子は二株ゲットしています。以前購入したばかりのときに、記事にさせていただきましたが、お皿に飾っていただけでしたが、ちょっと物足りないなぁ~ さてどうやって仕立てようかと迷っておりましたところ、ネットをウロウロしていたら・・・



こんな感じのアレンジをe-28(観葉植物&ガーデニング)さんちで見つけました~~ (チランのオブジェ(エアープランツ)【PUP090529MJ05】

承諾なく、アイデアいただきます m(__)m どうやらこれはイオナンタのようでトリコロール ではないようですが、あまり気にせずに(^^ゞ



てなわけで、以前ヒャッキンで支柱として使おうと思っていた木の棒があったので、適当な大きさに切ってこれまた手元にあった麻紐で三本組みのスタンドをこしらえました。大・中・小の三つのタイプをつくりました。
これに‘メラノクラテル トリコロール ’と‘ウスネオイデス’を飾って簡単オブジェの完成です^0^
スタンドの上にのせるティランジアの大きさによって、切る長さを変えればOKですよ~

私見ですが、カプトメデューサエやジュンセアなどのような縦長のタイプよりも丸っこい感じのもののほうが合うみたい♪です。私は麻紐を使いましたが、カラフルなラフィアやリボンを使えばもっとかわいいかも^0^

購入後は室内で管理していたのですが、屋外のほうがお花がつきやすいという話をきき、軒下においてあったハクチョウゲの鉢の上に転がしておいただけだったのです(^^ゞ
早くどうにかしてあげなくちゃ~と思っていたのですが、ほとんどオカネをかけずにかわいいオブジェを作ることができちゃいました!

オトナの株でしたが、9月~11月に咲くそうらしいので、買ったばかりの苗ではありますが、一縷の望みをかけて水遣り中~です。



お手軽育成!!●ティランジア メラノクラテル(1株)は、charmさんちでは、 620円にてゲットできますよ~
三色のキレイなお花が咲く、トリカラー色、見たいですね(^_-)-☆

【PR】 メラノクラテル トリコロール を探そう! at Rakuten


小さな苗ですし今年の花は咲くかどうかわかりませんが、葉っぱだけでも私にとって観賞価値は高いので、しばらくはこのスタイルで愉しむことにいたします。

ところでもうヒトツの子ですが、木工用ボンドで流木に貼り付けたりもしているのですけど、やはり調べてみるとグルーガン(ホットタイプ) at Rakutenのほうが、木工用ボンドよりも渇きがダンゼン早いのでエアープランツを定着させるのには向いているようです。

ただしヒートガンやボンドでつける場合には、根っこがでている付近、芯の部分に着いてしまうと、枯れてしまいますのでご注意を!

あっ、もうヒトツ注意点としてやってしまう失敗があるそうで・・・
どうしても流木の穴や岩の穴に向かって株を押し込み定着させたくなりますが、そうすると株元が乾きにくくなり腐ってしまいます。
大型の株はボンドでは定着しにくいので、釣り糸やワイヤーなどで固定させるほうがよいようです。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 01:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クマガイソウの秋




【学名】Cypripedium japonicum Thunb.
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】キプリペジウム属 (意味:ビーナスのスリッパ) または アツモリソウ属
【和名】熊谷草クマガイソウ) 【英名】The Japan Cypripedium
【別名】母衣掛け草ホロカケソウ)、熊谷草クマガエソウ) 
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】40cm 【花期】4月~5月 【花色】ペールピンク
【用途】地植え

今年春、お隣のオジサマから拝受し、といいますか、植えつけてもらったクマガイソウ。
全部で5~6輪目もの花が咲き、本当にキレイでした。

先日、咲きました!熊谷草~^0^の記事でご紹介しましたけど、その後扇を広げたような葉っぱは、この秋まで生き残り、どうやらもうそろそろお別れ。

すっかり地上から消えてゆきそうです。秋まで葉っぱがちゃんと残っていたということは、植えつけた場所を気に入ってくれたのではないかしら~~

地中を覗くわけにはいきませんが、きっと地下茎も伸びているのではないかと思います。
がっ、それも来年の春になりませんと、増えてくれているかどうかはわかりませんが。


入手のタイミングによっては日本熊谷草日本花卉ガーデンセンターなどで入手できるかもしれません。
絶滅危惧種ですので、盗掘者などから購入したり、自生しているものを持ち去ったりしないようにしたいものです。鉢で売られているものは根っこが切り取られているためにその後の管理が難しいこともあるようですし、また自生のを掘り起こして持ち帰ったとしても環境にそぐわなければ、育ってくれないのです。さらに超貴重なのが白花熊谷草でして、ファーム フローラルさまでは63000円もしてました~~ びっくり(@o@)

【PR】 台湾熊谷草ならば比較的入手しやすく、また育てやすいそうです!^0^  at Rakuten


とにかく二度も希少なクマガイソウを分けてくださったお隣のオジサマに感謝するばかりですが、三度目の正直などということにならないように、二度で株を大きく育てたい!と切に願っています。

クマガイソウの植え付けの適期は、晩秋と早春ですので、そろそろ苗がでまわっているはずです。
白色のクマガイソウがもし安価になったら、是非欲しいなぁ~

夏の間はまったく肥料を施しませんでしたが、早春には芽吹かせるために少し肥料をあげてみようかな。こうした山野草はあまり肥料を上げる必要はなさそうですけど。

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリーヴを育てたいっ ^0^

【学名】Olea europaea
【科名】モクセイ科 Oleaceae 【属名】オリーブ属
【和名】 【英名】オリーヴ(オリーブ) 【別名】
【原産地】南欧 地中海沿岸 オーストラリア
【性状】半耐寒性常緑樹(-2℃~3℃くらいまで) 【草丈】2~7m 【花期】5~6月 
【用途】鉢植え 

これまで自分が育てているものか、もしくはお出かけ先で盗撮した写真をアップしてまいりましたので、自分が撮影したお写真ナシの記事は初めてです。

以前から育てたいと思っていたものの一つにオリーブ(オリーヴ)の木があります。
私の中では、寒冷地に住む私には地植えは無理と諦めておりましたが、一念発起!た
鉢植えでもいいじゃんという気持ちになって、照準を設定(笑)
ヤサシイエンゲイのサイトでも、東北では地植えはできないと書いてありましたし。


【PR】 オリーブ 天然の有効成分がたっぷり★動脈硬化防止も期待できます!オリーブの苗は、ファーム フローラルは、609 円也~

ハート型の葉っぱがでてくると、幸せになれるといわれているネバディロブランコです。
もっと大型の苗も売られていますが、私のお財布ではこのくらいからはじめなくてはなりません(笑)
がっ、花が咲いて実が成るのは樹齢8年以上の木と言われていますので、悠長なことを言っていたら、私は本格的なおばあちゃんになっちゃいます。ある程度大きな苗を購入しようかなぁ~~ ミミミ



でもテキトーに購入してしまうと、失敗しそうなので、まずは私でも失敗しなさそうな品種などを調べてみることにしました。

調べてみると種類はたくさんあるし、どの子が寒さに強く育てやすいのか、全くその品種名ではわからず・・・ 地植えでは無理。大きめのコンテナも用意する必要があります。

購入する前にキチンと勉強せねばなりません。

参考にしたサイトは以下のとおり。
GDP http://www.gdpweb.jp/htm/okugaijyu/olivebreeds.htm
ガーデニングに向くオリーブの品種は?(NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive.html
オリーブの木をもっと楽しみたい! a>NHK出版 趣味の園芸 Shumien News) http://www.nhk-book.co.jp/engei/news/olive_2008.html
ヤサシイエンゲイ オリーブの育て方 http://www.yasashi.info/o_00008g.htm


以前、NHK趣味の園芸でオリーブが紹介されていたときの情報も参考にしました。
入手しやすいのは、10種類程度あります。
‘マンザニロ’ (スペインで葉っぱが小さめで大きくならない) 盆栽にもできるとか
‘ルッカ’ (小豆島 主幹があり、丸葉でどちらかというとシルバーというより緑色)
‘ネバディロブランコ’ (主にオリーブ油を採取するための品種。目隠しとしても使えて、風に強く、生育も早い。横に広がる特性を持ってて樹形がよい 緑色系で育てやすい)
‘ミッション’ (一番オリーブの木のイメージにちかく、シルバー系で葉っぱを愉しめる)

オリーブオイル作りを目指すなら、実のオイル分量が多い品種の‘ルッカ’。
大きな実がなる品種には、‘アサバ’、‘バロウニ’、‘ジャンボカラマタ’があります。小さくてもたくさん実がたくさんなるオリーブならば、‘コロネイキ’などの品種がよいようです。

まだあまり入手できないものは、‘フラントイオ’、‘レッシーノ’、‘コラティナ’、‘チプレッシノ’などがあります。

では、耐寒性はどうなのでしょう?
‘ネバディロ・ブランコ’と‘ミッション’は寒さに弱いようで、東京でも地植えですと枯れてしまったりするようです。‘チプレッシノ’は、生育が遅いものの、寒さに強いらしいです。
‘フラントイオ’や‘コルティナ’は生育が遅くてコンパクトな樹形になるで、ベランダガーデン向き。

実をつけさせるポイントは、二品種以上そだてること。なぜなら、自家受粉しにくいから。
お花の咲く時期(5月頃)、雨に当てさせないようにすること。

私は大のオリーブ好き、木のほうも魅力的ですけど、なんといっても収穫したてのオリーブ、自分で育てたオリーブの実が食べた~~~~~い^0^
最低でも二苗はゲットせねばっ。


オリーブ【ミッション】天然の有効成分がたっぷり★自宅で生き生き健康生活♪オリーブをこんなふうにしたてても楽しいですね~♪

オリーブの木を探そう! at Rakuten


さて、接ぎ木苗の方が病気に強く生育も旺盛で育てやすいとも言われるので、購入の際にもココがポイントのひとつでもあります。

≫ Read More

| おいしい系 | 04:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワレモコウがたくさん咲くはずがっ!




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅 (ワレモコウ)
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ)
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】庭植え 鉢植え 

そっ、そんなぁ~~~ (/へ\*)))ウゥ、ヒック

今年は大株になって、背丈も1メートル以上、蕾もたくさん上がっていたので、満開となるのがすんごく愉しみだった私。

8月の下旬のある日、朝の警邏でこの子の様子を見に行ったら、ほとんどが切り取られてしまっているではありませんか! ギャッ 

犯人は・・・ 母でした(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★
「だって水道の検針の人に迷惑でしょ」って・・・ ひどすぎる・・・ 

それで、残っていた1本の花茎のみがたよりの秋。それでなくても秋に咲く花って少ないのになぁ~


【PR】 e-フラワーさんちでワレモコウ かぐや姫 ポット入苗 1株は、1,200 円也~ 私にとってはちょっとお高め(^^ゞ でもかわいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

吾亦紅を探そう! at Rakuten


昨年はうどんこ病にやられて咲き姿があまりよくなかったのですが、今年は病気もでなくて、葉っぱもあまり虫に食べられなかったので、いい感じに咲いてくれそう~とワクワクしていたのになぁ~
本当にがっかり。
二番花も咲くかしら? 

≫ Read More

| black::黒い花 | 01:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

周期が変? スモークツリー




【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木ケムリノキ)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木ハグマノキ)/ 霞の木かすみのき
【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期) 【耐寒性】強い
【用途】シンボルツリー 鉢植え 地植え 

春に咲くはずのお花が咲かなかった‘スモークツリー’が、今になって生育旺盛になってきました。
何がどうなっているのやら?

それとも単純に私が見逃してしまっていただけなのかしら?

今まさに早春の芽吹きのごとく、薄黄緑色した葉っぱが展開中です。
若い葉っぱははじめのうち、赤みを帯びていますが、日がたつにつれ黄緑色へと変ってゆきます。
昨年伸びた部分は、とても濃い緑色をしているのですが、こちらの茎からは新しい葉っぱはまったく現れてくれず、脇芽のほうが成長しているみたいです。なんでだろう~

お隣にブッドレアやユーフォルビアの挿し芽をしてしまい、頑強なブッドレアがぐんぐん成長してしまっているので、栄養を吸い取られてしまっているのかもしれません。

ブッドレアは冬の間に鉢植えにでもするしかないかしらん(;´▽`lllA``


【PR】スモークツリー・ディープパープルは、千草園芸さんちで5775 円也~

赤色のスモークツリーを探そう! at Rakuten


にしましても、いまだスモークツリーのフワフワしたところを拝見していない私・・
小さな苗のうちに地植えにしてしまったことが敗因かなぁ~
がっかりです。

それにしても、この部分から蕾でもあげちゃうつもりなのか?
今後、どうなってゆくのが愉しみです。それにしても、スモークツリーってこんな具合に成長するんでしたっけ?

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 07:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんまるのエキノプシス




【学名】Echinops ritro
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヒゴタイ属
【和名】瑠璃玉薊ルリタマアザミ) 【英名】 【別名】ウラジロヒゴタイ エキノプス
【花期】7~8月 【花色】青色 【草丈】80~100cm
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草

昨年もかわいらしく咲いてくれたエキノプシス(ルリ玉アザミ)でしたが、今年は春に移植してしまったので、ちゃんと根付くかどうか不安だったのですが、めでたく咲いてくれました~ (^o^)

エリンジュームのお隣に移動させたので、このエリアは涼しげなブルーのガーデン♪
夏の暑さを和らげてくれるのであります。
エリンジュームのほうが、ずっと早くお花を咲かせていてほぼ隆盛期は過ぎて種をたくさんつけているようです。

このエキノプシスはお花が終わると、ちょっとだらしない感じですよね(↑の写真)
こうなる前に切り取ってドライフラワーにさせちゃったほうがよいかもしれません。


【PR】●ルリタマアザミ(1ポット)は、charmさんちで、320 円也~
最近、私のお気に入りのショップです! お魚を飼いたくなっちゃうんですよね~
それにエアプランツの品揃えもよいのですよん

エキノプシスを探してみよう!


三つの株を移植したのですが、残念ながら一個は枯れてしまい、二株だけが開花しました。
背丈が割りあい高くなるので、花壇の後方にまとめて植えれば見ごたえがあるのかもしれませんが、一株だけですと、ちょっとインパクトが少ないかも。

エリンジュームと競演させている子は結構いい感じ♪ですけど。

アーチの横にあるので、支柱がわりにして、麻紐で抱え込むようにして縛って、倒れないようにしてあります。

≫ Read More

| blue::青い花 | 03:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。