++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シクラメンのタネマキ♪ 其の一

Cyclamen peloponnesiacum - シクラメン ペロポネーシアカム

【学名】Cyclamen peloponnesiacum
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火花カガリビバナ) 【英名】 【別名】豚の饅頭ブタノマンジュウ
【品種名】ペロポネーシアカム
【原産地】地中海沿岸 ギリシャとロードス島
【性状】耐寒性球根植物 強い 【草丈】 【花期】4月
【用途】鉢植え 地植え 【入手】2010年7月 【播種】2010年8月5日と8月19日
【弊ブログ内関連記事】 シクラメン | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年7月9日


8月12日の記事でマイ☆ブームになっている原種シクラメンについて記事にいたしましたが、種まきをしてみましたのでその記録もアップです\(*^▽^*)/
また今日は、原種シクラメンのタネマキならびに‘ペロポネーシアカム’に重点を置き、お勉強です。

今回もまたまたコウノトリさんが飴色の種をたっぷり届けてくださいました~~ m(__)m 本当にこの場をお借りして熱く&厚く御礼申し上げます。
なんとか是非とも種まきから発芽、そして開花から結実へと文字通り実を結ばせたいと思っておりますので、さらなるお勉強が必要です。もっとも開花まで順調にいっても3年くらいかかるとのこと。

文字通り石の上にも三年です(^^ゞ

さて、この度お嫁さんにきてくれたのは以下の三種です。

Cyclamen peloponnesiacum(シクラメン ペロポネーシアカム)11粒 春咲き種
Cyclamen coum 'Silver Leaf'(銀葉シクラメン コウム ‘シルバーリーフ’)21粒 冬咲き種
Cyclamen hederifolium(シクラメン ヘデリフォリウム)15粒 秋咲き種

これらの種は、半分を8月上旬にタネマキ完了しており、半分は発芽温度が適温となる、9月に播く予定だったのですが、我家ではお盆も過ぎれば日陰で管理すれば適温の20度くらいになってくれそうかもと思い、播いちゃうことにしました。9月になれば今度はクリスマスローズの種まきも待っていますし、そろそろ種まきを始めないと間に合わなくなっちゃいます^^; 原種シクラメンもクリスマスローズと同様に、とり播きができるんです。

乾燥させずにあるていど発芽適温を保つことができるなら、種がフレッシュなうちに播いてしまってOKとのこと。

‘ペロポネーシアカム’は、春咲き種で、以前はレパンダム種に類されていた原種のシクラメンです。
Wikipediaで見てみると・・・
Cyclamen peloponnesiacum subsp. peloponnesiacum (ペロポネソス半島固有)
= Cyclamen repandum subsp. peloponnesiacum var. peloponnesiacum 
Cyclamen peloponnesiacum subsp. vividum 
= Cyclamen repandum subsp. peloponnesiacum var. vividum
Cyclamen peloponnesiacum subsp. rhodense (エーゲ海のロドス島,コス島に固有)
= Cyclamen repandum subsp. rhodense, Cyclamen rhodium

のように、Psilanthum(プシランタム)亜属で、‘ペロポネーシアカム’には、ビビダムとローダンセなる品種が存在している様子です。
この子は、‘ペロポネーシアカム・ペロポネーシアカム’かしらん?
その名前からも分かるように、ペロポネソス半島固有の原種シクラメンです。

原種シクラメンの原生地あるいは自生地は、トルコ~ギリシャの地中海沿岸に集中しています。

‘ペロポネーシアカム’は、‘レパンダム’(repandum) の地域的な固有種ではないかとされ、現在はベツモノとして独立した名前になったようです。難しいことはまだまだ良くわかりませんが、原種のシクラメンの分類は、こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

けど、ちっとも頭に入ってくれません。どれがどれなんだか、さっぱり・・・(笑)

シクラメン グラエカム...

シクラメン グラエカム...

価格:980円(税込、送料別)



‘グラエカム’も非常に気になっています。
聞くところによれば、40年以上も生き200以上もの花を咲かせるといわれる。さらには葉っぱに変化が多くみられ、とても個性的でそれぞれが印象的な個体があるようです。
そういえば、150年も生きた‘ヘデリフォリューム’があるというようなことがどこかに書かれていたような・・・ シクラメンってそんなに寿命が長いのかと、またまた驚愕です (゚ロ゚*) Oh,My God!

【PR】 原種のシクラメンを育ててみよう! at Rakuten


これまであまり気に留めておりませんでしたが、品種だけでなく、シクラメンの場合、変種(f.)、 亜種(Sub.)、そして品種(var.)が細かいっ (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
これがまた覚えにくいんですよねぇ~ もう全部覚えようとするのは止めにします(笑)
そして毎年のように新たなる交配品種が作られている様子です。

ということは♪ わが手で交配させることで更なる自分だけのシクラメンが誕生する可能性も秘めているのです。

≫ Read More

| タ ネ | 03:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二季目のチグリジア様

Tigridia Juss -  チグリジア (虎斑百合)

【学名】Tigridia Juss または Tigridia pavonia
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】チグリジア属
【和名】虎斑百合トラフユリ) 【英名】Tiger Flowerタイガーフラワー) 【別名】チグリジア または チグリジャ
【原産地】メキシコ グアテマラ
【性状】非耐寒性球根植物  【草丈】40cm~70cm 【花期】6月~8月
【販売元】サカタのタネ
【用途】鉢植え 地植え 切花には不向き
【弊ブログ内関連記事】 チグリジア | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月17日


昨年、育てたチグジリア。
春に球根を植えておきましたら、やっと開花です。
けれど、昨年は他に黄色やオレンジ色が咲いてくれたはずですのに、昨年は咲かなかった桃色だけが開花って・・( ̄m ̄*)゚プッ

どういうことよ?

日当たりが好きだったはずだと記憶していたので、真夏の酷暑のカンカン照りのなかでも遮光もせずに鉢をだしてしまっていた私。よくよくお勉強しなおすと、「夏の直射日光は避けましょう」などという文字を発見 *o_ _)oバタッ彡☆
しかも、「やや乾燥気味を好みます」って(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
バシャバシャ、水遣りしてましたよ。オバカ。

チグリジャ ミックス (...

チグリジャ ミックス (...

価格:368円(税込、送料別)



個性的でしょう? 春になったら球根を植えておけば、あとはあまり苦労せずに育ちます。
秋は水仙やムスカリなどの春に咲く球根たちを選ぶ季節ですね~
皆さんは、どんな球根をゲットされます?

【PR】 秋植え球根は何にしようか? at Rakuten


けれど、こうして咲いてくれた子もいましたので、ありがたや~
この子は、イタダキモノの球根でしたから、二季目の今年も咲いてくれたことはとても嬉しいのです。
他にも、やはり戴いた球根のカラーやジンジャーにも葉っぱがあがってくれています。開花してくれるかな?

≫ Read More

| 夏咲く花 | 02:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

育てはずのないグラジオラス^^;

Gladiolus L. - グラジオラス - 唐菖蒲

【学名】Gladiolus L.
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】グラジオラス属
【和名】唐菖蒲トウショウブ)  グラジオラス Corn Flag または Sword Lily 
【英名】Gladiolus 【別名】阿蘭陀菖蒲オランダショウブ
【品種名】プリンセス サマーイエロー
【原産地】小アジア、地中海、熱帯アフリカなど
【性状】半耐寒性球茎植物  【花期】6~9月 【草丈】80~100cm 【植え付け期】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花
【弊ブログ内関連記事】 グラジオラス | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月8日


先日ご紹介した‘桃小町’と‘花がすみ’に引続いて咲いたグラジオラスですが・・・ミミミ? 植えた記憶の無い、真っ白なお花です。1本だけなのですけど、すっかり色が抜け落ちてしまっているのです。けれど一つ一つのお花は一番大きくて、びっくり!この現象って何かしら?



春咲きのグラジオラスもいいですね~(^_-)-☆
私はまだ育てたことがありませんけれど、かわいいですねっ

【PR】 グラジオラスを育てよう! at Rakuten


夏場は、あまり日持ちしないので切花にするのは少し躊躇われますが、グラジオラスは割り合い切花として、室内に持ち込んでもお花が途中で咲くのを辞めずに、テッペンの蕾が咲くまでちゃんと咲き終えることが多いです。

この子や他の子も切り取って、お仏壇に飾ったり、お玄関に置いたりしてみました。
けれど、毎日お水は替えて、ちゃんと切り口も新しくし、細菌の繁殖を防ぐ努力はしております。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラジオラスも宿根中~^0^

Gladiolus L. - グラジオラス - 唐菖蒲
【学名】Gladiolus L.
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】グラジオラス属
【和名】唐菖蒲トウショウブ)  グラジオラス Corn Flag または Sword Lily 
【英名】Gladiolus 【別名】阿蘭陀菖蒲オランダショウブ
【品種名】桃小町
【原産地】小アジア、地中海、熱帯アフリカなど
【性状】半耐寒性球茎植物  【花期】6~9月 【草丈】80~100cm 【植え付け期】3~5月
【用途】花壇 鉢植え 切花
【弊ブログ内関連記事】 グラジオラス | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月8日


皆さんはどうされてます? グラジオラスの球根。
教科書どおりならば、秋に葉っぱが枯れた後には球根を掘りあげて、凍らせないようにしておき、春になったらまた球根を植えつけておられます?

私は植えっぱなし^^; 越冬できちゃうのです。
ただ、やはり品種によっては、元気に育つものと、年々その数が減ってゆくものがあるようです。
我家では、この赤色のグラジオラスが一番元気がよくて、白色や黄色の子は、除除に数が減っていってしまっているのですけど。



春咲きのグラジオラスもいいですね~(^_-)-☆
私はまだ育てたことがありません。

【PR】 グラジオラスを育てよう! at Rakuten


あと、もう少し遅く開花してくれたら、お盆にご先祖様のお墓に供えることができたのですが、開花時期がちょっとだけ早かった。ほぼ半分ほど開花したところで、お盆でした。
今年は、4月の大雪のため、いろんな植物の開花時期が遅くなっているので、あるいは間に合うかとも思ったのですが、その後の猛暑で一気に元気モリモリになってしまい、蕾を上げ始めてからはさらに急速な勢いでした。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 02:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朱色が素敵な夏の花!

Crocosmia × crocosmiiflora - 檜扇水仙(ヒオウギズイセン)
【学名】Crocosmia × crocosmiiflora
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】モントブレチア属 またはクロコスミア属
【和名】檜扇水仙ヒオウギズイセン) 【英名】Crocosmia (クロコスミア
【別名】姫檜扇水仙ヒメヒオウギズイセン緋扇ヒオウギ) 檜扇ヒオウギ) モントブレチア
【性状】耐寒性球根 (秋植え)
【原産】南アフリカ 【草丈】60~150cm 【花期】7~8月
【用途】地植え 鉢植え 切花
【弊ブログ内関連記事】 モントブレア | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年7月9日


朱色にも赤色でもオレンジ色でも黄色でも、どんな呼び方でもよさそう~な咲きっぷりのヒオウギズイセンです。

今年は春先にクリスマスローズを優先させたい気持ちがあり、この子が群生している地帯から半分以上は球根を抜き去ったのですけど、全くその感じがなく、同じくらいの量で咲いてます。

かえって、植えっぱなしだった球根をのびのびとさせる結果となり、お花付きはよくなってしまいました。
ゲリラ豪雨で横倒し化するので(^^ゞ 麻紐でくくりつつ鑑賞中です(笑)

【PR】 クロコスミアを育てよう! at Rakuten


ちょこっと虫に食べられることもありますが、病気が発生したこともなく、元気です。
グラジオラスのように、花後にいつまでも長い葉っぱが残ってしまうので、花後には邪魔にしちゃうのですけど、花の少ない夏場に手間をかけなくても毎年咲いてくれるのは、ありがたいですね。

≫ Read More

| red::赤い花 | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初挑戦!原種系シクラメンたち♪

Cyclamen coum - シクラメン コウム

【学名】Cyclamen coum
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火花(カガリビバナ) 【英名】 【別名】豚の饅頭(ブタノマンジュウ)
【原産地】地中海沿岸
【性状】耐寒性球根植物 【草丈】 【花期】1月~3月
【用途】鉢植え 地植え 【入手】2010年7月
【撮影】2010年8月8日


お初のフィールド、めでたく♪「原種系シクラメンの世界」の扉を開く機会に恵まれました♪
実は、今回初挑戦の原種系シクラメンたちは、コウノトリさんが運んでくれたものです!

今回、コウノトリさんが運んでくれたのは・・・

マットな模様のない葉っぱに薄桃色の花をつけるコウム(クーム)、そのコウムから生まれた品種の明るい緑に濃い緑の縁取りの葉っぱのコウム‘タイルバーンエリザベス’、模様の無いやや濃い緑色で花茎の細いコウム‘ゴランハイツ’、そしてヘデリフォリウムです。

ともかくどのように扱えばよいのか、全く分からない私^^; そもそもシクラメンは苦手で夏越しに成功させたことも数えるほどしかありませんし、ホントにちゃんと育ててゆける自信が無かったのです。

けれど、「原種系シクラメンのほうが育てやすいですよ」という一言に背中を押され、その上球根たちとタネをお譲りいただけたので、満を持して育てることができるのです。さぁ~~お勉強開始です♪
今回はざっと・・^^; ですが、今後はさらにお勉強して、また品種別にもっと掘り下げてゆきたいと思っております♪ まだまだ品種名すら頭に入っていない状態ですからぁ~~ (^^ゞ

シクラメン 選抜コウム ポッ...

シクラメン 選抜コウム ポッ...

価格:980円(税込、送料別)



そもそも冬になると出回るあのシクラメンは、ぺルシカム(Cyclamen persicum)という品種からドイツで品種改良が進められたもので、いわゆる園芸品種。今回育て始めたコウムやヘデリフォリュームとは、また一線を画しております。
原種系のシクラメンとの最大の違いは、その耐寒性でしょう。雪を被りながらお花を咲かせているような写真を見て+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.~

【PR】 原種シクラメンを育てよう! at Rakuten


いったいどれほどの品種があるのだろうかと、Wikipediaへ行ってみると・・・
ざっと知られている原種系シクラメンだけでもこんなにあるんだ! それらには、寒さに弱いものから強いもの。
葉っぱが緑色から模様入り、あるいはシルバーリーフまであります。

そしてそれらの種から交配により生まれた様々な品種へと枝分かれしているのです。
そしてすばらしいことに、春咲き、秋咲き、冬咲きと開花時期が違うのす。


Cyclamen africanum
 - アフリカナム(秋咲き種)
Cyclamen abchasicum - アブチャシカム(冬咲き種)
Cyclamen alpinum - アルピナム(春咲き種)
Cyclamen balearicum - バリアリカム(春咲き種)
Cyclamen cilicium - シシリアム(秋咲き種)
Cyclamen colchicum - コルチカム(夏咲き種)
Cyclamen coum - コウム または クーム (秋咲き種の代表)← 育成中
Cyclamen creticum - クレチカム(春咲き種)
Cyclamen cyprium - シプリアム(秋咲き種)
Cyclamen elegans - エレガンス(冬咲き種)
Cyclamen graecum - グラエカム(秋咲き種)
Cyclamen hederifolium - へデリフォリューム(冬咲き種の代表)← 育成中
Cyclamen intaminatum - インタミナタム(秋咲き種)
Cyclamen libanoticum - リバノチカム(春咲き種)
Cyclamen mirabile - ミラビレ(秋咲き種)
Cyclamen parviflorum - パービフロールム(冬咲き種)
Cyclamen peloponnesiacum - ペロポンエシアナム(春咲き種) 旧・レパンダムの亜種
Cyclamen persicum  - ぺルシカム (ガーデンシクラメンなども含む園芸品種の親)
Cyclamen pseudibericum - スーダペリカム(春咲き種)
Cyclamen purpurascens  - プルプラセンス(夏咲き種)
Cyclamen repandum - レパンダム(春咲き種)
Cyclamen rohlfsianum - ローフシアナム(秋咲き種)
Cyclamen somalense - ソマレンセ(春咲き種)

なるほど、これならばその品種を選ぶときに、開花時期の違うものを選べば、ほぼ一年中愉しむことができるではありませんか! まるでクレマチスのようですねぇ~~
もっとも夏に咲く品種は少なくて‘プルプラセンス’と‘コルチカム’くらいですが。
加えて、香る~~~ぅ +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+. 早く、クンクンしてみたいです♪

ピンボケですが(^^ゞ下の葉っぱのないビニールポットは休眠期の夏(7月)にいただいた球根にラベルを立てたときのものです。そして、一番下の写真は、思い切って地植えにしたときの状態です。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に!アルストロメリア

Alstromeria - アルストロメリア
【学名】Alstromeria
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae または ユリズイセン科【属名】
【和名】百合水仙ユリズイセン) 【英名】Peruvian Lilyペルーの百合)または  Lily of the Incasインカの百合) 【流通名】アルストロメリア
【原産地】南アフリカ
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】50~70cm 【花期】夏
【用途】地植え 鉢植え 花壇
【撮影】2010年7月4日


アルストロメリアは、世界に約50種あるそうですが、そのほとんどがブラジルやチリの山岳地帯に自生しているようです。

それなのに(^^ゞ 割り合いと日陰のジメジメしたところに植えているので、しばらくお花を咲かせなかったアルストロメリアでしたが、今年は久々に開花しました ^^; 植え替えなどもしちゃったりしたのも敗因でした。

今年はその日陰を作っていた椿の木を大胆に剪定したので、お日様がよく当たってくれたみたいです。
けれど、葉っぱにはちょっと病気が発生しているような感じ(^^ゞ 健康的に咲いているとはいえません。

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


けれど明らかに地下茎で殖えてくれてもいるようで、切花でも今年はずいぶん室内で愉しませてもらいました。
暑さのなかでも割り合いと日持ちするんですよね。この子。
でも、今年の暑さは半端でなかったので、室内で愉しめるのもせいぜい1週間くらいだったでしょうか。

≫ Read More

| 夏咲く花 | 04:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大成功のクリスタル♪

Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタル・リリー’Lilium ×maculatum - スカシユリ‘クリスタル・リリー’

【学名】Lilium ×maculatum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】透かし百合スカシユリ)【英名】Lily  
【品種名】クリスタルリリー (Crystal Lily) 【別名】アジア百合 【系統】アジアテック系園芸種
【系統】スカシユリ系園芸種
【性状】耐寒性球根植物  【花期】6~7月 【咲き方】受け咲き(上向き) 【草丈】70cm
【用途】花壇 鉢植え 切花 フラワーアレンジメント
【原産地】北半球全般  【性状】耐寒性球根植物
【撮影】2010年6月9日

オシベを排除してしまっているために、ちょっと間の抜けたようなお顔になってしまっていますけれど、鮮やかなオレンジ色のクリスタル・リリーが咲きました。
この子は、昨年の秋に別の場所からツルバラ‘ジュリア’の株元に植えたものです。
植えたときには、何色の百合が咲くのか、わからなかったのですけど、ここはバラの肥料がたっぷり仕込まれているせいか、とても大振りでりっぱな百合が育ちました。

花ゆり球根 特大球 カサブランカ

花ゆり球根 特大球 カサブランカ

価格:2,820円(税込、送料別)



今年はカサブランカの状態がよろしくありません・・・
クマガイソウを植えつけるときに、ざっくりとやってしまいましたし、追肥やマルチングを忘れてしまったりしたため、正直な植物たちは、私の愛情とお世話に比例させたお花の大きさや咲き方です(^^ゞ

【PR】 百合を球根から育てよう! at Rakuten


さて、下の三枚のお写真は、4月中旬ににょっきりと頭を出したときの様子です。
このとき、あまりに大きな芽だったので、とても驚いた記憶があります。

≫ Read More

| ユリ | 05:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベンジさせてもらえた!浦島草~

Arisaema thunbergii subsp. urashima - 浦島草(ウラシマソウ)
【学名】Arisaema thunbergii subsp. urashima
【科名】サトイモ科 Araceae 【属名】テンナンショウ属
【和名】浦島草ウラシマソウ) 【英名】 【別名】天南星テンナンショウ) または アエサリマ
【原産地】東アジア インド アフリカ 北アメリカ
【性状】球茎性植物 【草丈】40~50cm 【花期】5月~6月
【用途】鉢植え 地植え



実は昨年もいただいたのに、今年本当に小さな葉っぱが一枚でてきただけで、きっと来年の開花は無理っぽい感じと、がっくりと肩を落としていた私でしたが・・・

そう!またしてもお隣のオジサマがくださいました~ 浦島草です! ちょっとグロテスクでありますけど、オモシロイでしょう?といってもこれらのお写真はすでにお花がしぼんでしまい、葉っぱも黄色に変色してからのものです(^^ゞ

ウラシマ

ウラシマ

価格:1,575円(税込、送料別)



山野草としましては、結構大型です!葉っぱには光沢がありツヤツヤです。
浦島太郎が釣り糸をたらしているかのような姿から、命名されたそうです。

【PR】 ウラシマソウを育てよう! at Rakuten


最盛期のときには、黒々としているのですけど(^^ゞ 黒色好きの私には当然気になる存在です。
それに釣り糸の部分も記念撮影できませんでしたが。

お花は筒状の仏炎苞(ぶつえんほう)の中にあり、その外側の黒い部分から長い釣り糸が伸び、これがまた思いのほか長っ。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃色のラナンキュラスさん

Ranunculus asiaticus - ラナンキュラス ビクトリアストレインRanunculus asiaticus - ラナンキュラス ビクトリアストレイン


【学名】Ranunculus asiaticus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】キンポウゲ属
【和名】ラナンキュラス 【英名】Persian buttercup 【別名】
【品種名】ビクトリアストレイン
【原産地】西アジア、ヨーロッパ東南部、地中海沿岸  【性状】半耐寒性球根植物
【用途】鉢植え 切花

今年、二輪だけ咲いてくれました~ (^_-)-☆
越冬がちょっと難しいラナンキュラスなのですけど、鉢植えのまま、球根を掘り上げることもなく屋外に放置(^^ゞ
なのに昨年にひきつづき咲いてくれたエライ子です♪

【PR】 ラナンキュラスを育てよう! at Rakuten


この子は、円形の大型コンテナに紫陽花、ユーパトリューム、オダマキ‘リトンランタン’などと寄せ植えにしているものです。
まずこの子が開花しはじめて、その後リトルランタン、そしてこれからは紫陽花の開花を待っているところです。夏になれば、ユーパトリューム‘チョコレート’が咲いてくれる仕組み^0^でありまして、季節ごとに開花のバトンを渡すようにしています。なので、冬場にはまったく地上部は枯れていて、このままで大丈夫なんだろうか?と思うのですけど、夏までには鉢一杯になります。

≫ Read More

| 春咲く花 | 03:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンシーなチューリップ♪

Tulipa cv. 'Fancy Frills' - チューリップ‘ファンシーフリル’Tulipa - チューリップ


【学名】Tulipa cv. 'Fancy Frills'【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】鬱金香(ウコンコウ)【英名】Fancy Frills
【流通名】ファンシーフリル 【系統】早生咲き フリンジド系(FR) 
【性状】耐寒性球根植物 【高さ】40センチ 【花色】クリーム色×ピンク色
【用途】鉢植え 地植え 切花

いまさら?ですが、やはり記録を残しておきたいので(^^ゞ 

今年はGWの間に満開になってしまい、私はお留守だったので一番キレイな時期を一緒に過ごすことができなかったチューリップが何種類かあり、ダイスキな‘ライラックパーフェクション’などはお写真を撮る機会もなく、春はどんどん過ぎてゆき・・・

【PR】 原種系のチューリップを探そう! at Rakuten


今頃になって‘ファンシーフリル’ちゃんのことをアップです。
他にも‘フラミンゴ’などがあったはずなのに、どうも今期は本来の咲き方にはならなかったですし。

Tulipa cv. 'Fancy Frills' - チューリップ‘ファンシーフリル’
そうこうしているうちに、春のお庭は激変! なんとか滑り込みで5月に記事をアップです(^^ゞ



≫ Read More

| チューリップ | 03:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朱鷺草ヒラク!

Pleione cvs.  - 大朱鷺草(オオトキソウ)Pleione cvs.  - 大朱鷺草(オオトキソウ)


【学名】Pleione formosana
【科名】ラン科  Orchidaceae  【属名】トキソウ属
【和名】大鴇草(オオトキソウ) 日本が原産の鴇草または朱鷺草トキソウ)とは別種  
【英名】 Windowsill orchid 【別名】プレイオネ・フォーモサナ
【原産地】台湾 ヒマラヤ 中国南部 【性状】耐寒性多年草 【花期】3~5月 【草丈】10~20cm
【用途】鉢植え

ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

半分がダメになってしまいました トホホ 寒さによって凍らせてしまったのが原因です。ショック~

それでもなんとか凍らずに越冬してくれた球根からお花が咲いてくれはじめています。

山野草系はほとんどがお隣のオジサマから拝受しているのですが、このトキソウも例外ではありません。
昨年、随分球根をいただいていたというのに、だめにしてしまって本当に申し訳なかったです。

【PR】トキソウを育ててみよう! at Rakuten


でも今年はなんとなく育て方がわかったので、多分来年は凍らせずにうまく育てて上げられると思います。
たぶん (^^ゞ

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 04:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

植えっぱなしのチューリップたち

Tulipa gesneriana - チューリップTulipa gesneriana - チューリップ


【学名】Tulipa gesneriana 'Estella Rijnveld'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】チューリップ 【英名】Tulip 
【別名】鬱金草ウッコンソウ)  【品種名】エステララインベルト   【別名】'Gay Presto'
【花色】赤色×白色   【系統】パーロット系 晩生  【草丈】50~65cm
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性球根植物
【作出者】Estella Rijnveld

さすがにほぼ終焉を迎えつつあるチューリップたちですが、これらはすべて地植え。
植えっぱなしです(^^ゞ
大抵は数年でなくなってしまうのですけど、今年かろうじて咲いてくれた子たちの姿を残しておくことにしました~

なんといっても今年の感動モノは、エステララインベルト様です。

これまではあまりうまく育てることができなかったのですけど、今年の花はいい感じ♪
昨年、花後に施した肥料が適切だったと思われます。

Tulipa gesneriana - チューリップTulipa gesneriana - チューリップ


昨年までエステララインベルトは、白色×赤色で咲いていたのに、今年は黄色×赤色。
大輪です。でもたった一輪しか残っておりませんが。
逆に言うと肥料を与えすぎだったのかしら?(笑)

【PR】 秋植え球根のチューリップを探そう! at Rakuten


でも残念だったのが、お留守にしていたGWの週に、ライラックパーフェクションなどは満開となり、一番美しく咲いていた時期にナマで鑑賞することができなかったことです。
今年は、あまりの高温で花期はとっても短かったのですよねぇ~ ^^;

Tulipa gesneriana - チューリップ
【学名】Tulipa 'Ballerina'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】鬱金香(ウコンコウ)【英名】Ballerina Tulip  【別名】チューリップ
【品種名】バレリーナ  
【性状】耐寒性球根 【系統】遅咲き ユリ咲き種 【高さ】50-65センチ
【作出者】J.F. van den Berg & Sons(オランダ)1980年

オレンジ色で花びらが尖っているバレリーナは二輪のみ開花してくれまたが、やはり昨年よりもお花が大きくて見ごたえがありました。
でも記念撮影のときに、アブラムシがっ 
ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
すっかり対策を忘れていましたが、アブラムシの季節になってました。

2010年5月6日撮影



≫ Read More

| チューリップ | 04:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フリチラリアが初開花♪

Fritillaria meleagris - フリチラリア メレアグリスFritillaria meleagris - フリチラリア メレアグリス


【学名】Fritillaria meleagris
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】フリチラリア属 (バイモ属
【流通名】メレアグリス 【英名】Snake's Head Fritillary, Checkered Daffodil, Chess Flower, Frog-cup, Guinea-hen Flower, Leper Lily, Snake's Head,Fritillary 【別名】フリチラリー
【原産地】フランス、スロベニア、クロアチアなどヨーロッパ
【性状】耐寒性球根植物 マイナス5℃ 【草丈】15~20cm 【花期】4~5月 【花色】白色 赤紫色 市松模様 【植え付け】9~11月
【用途】地植え 鉢植え  【販売元】アイリスオーヤマ
【毒性】あり (アルカロイド)

昨年の秋、ご近所のHCでであった‘フリチラリア’の球根。
二袋購入して早速クリスマスローズの相方さんにと植え付けておいたのですが、やっと咲いてくれました~

でもとっても残念なことに、白色の子は全滅。
蕾は上がってくれていたのに、4月の大雪に押しつぶされてしまって、折角あがった蕾がダメになってしまったのです。それも白色ばかり・・・ クスン

Fritillaria meleagris - フリチラリア メレアグリスFritillaria meleagris - フリチラリア メレアグリス


以前、北海道からのお土産でいただいた黒百合を地植えにしてダメにしてしまった経験がある私は、この‘フリチラリア’もダメにしちゃうかも?と開花までドキドキで待っておりました。
でもこうして咲いてくれたら、なんと個性的&大きい~
もっともっと小ぶりなお花なんだろうと勝手に思い込んでいましたが、お花が咲き進むにつれてどんどん草丈が伸び上がり、20センチほどになります。
花一つ一つの開花期間はやや短めですけど。
この子が群生したら見事でしょうね~

【PR】 メリアグリスを探そう! at Rakuten


黒百合をダメにしてしまった経験から、植えつける場所はもっと太陽が当たる場所にして、軽石などを梳きこみ、かなり水はけよくしてあげました。
植え付け場所は粘土質な土でしたし、あまり腐葉土なども入れていない場所でしたので、土壌改良したつもりです(笑)

≫ Read More

| 球根系 | 05:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白色のムスカリ‘アルバム’

Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバムMuscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム


【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・アルバム
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

今年もやっぱりイマヒトツ。
どうも白色のムスカリは我家ではあまりゴージャスに咲いてくれません。
私が植えつけている場所を忘れて、土を弄ってしまうせいだと思うんですけど(^^ゞ

【PR】 ムスカリを探そう! at Rakuten


この子の隣にはやはり白色のクロッカスがあって、ほぼ同時に咲いてくれるかと思っていたのですけど、すっかりクロッカスが終わってから咲いてくれたものの、たったの2本しか咲かず・・ *o_ _)oバタッ彡☆
残念・・・
もっと殖えてくれないかなぁ~
そろそろお花が終わると、オダマキたちにバトンを渡します。

≫ Read More

| 多年草 | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャイアントスノーフレークとチューリップ!

Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)


【学名】Leucojum Vernum
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae 【属名】 スノーフレーク属 またはオオマツユキソウ属
【和名】大待雪草(オオマツユキソウ) 鈴蘭水仙スズランズイセン
【英名】Giant Snowflakeジャイアント スノーフレーク) / Summer Snowflake / Loddon Lily(英国ハンプシャーにある川の名前)
【性状】耐寒性球根植物  【花期】4~5月
【原産】オーストリア、ハンガリー、南ヨーロッパ
【用途】地植え 鉢植え 切花

GWの小旅行から帰着すると満開になっている子たちがお出迎え。
たった数日遭わなかっただけでしたのに、お庭が様変わりしているように見えました。

特にこの黄色のチューリップ。
多分、この子は8年ほどまえに植えていた矮性のチューリップだったはず。
原種モノだといわれて購入したものだったのですが、二年ほど咲いた後はまったくその姿を見せていませんでした。

ところが、スノーフレークの間からこの子がお花を咲かせていたんです。

しかも矮性ではなくなってました・・・ ^^; なぜかしら?

全然気がつかなかったなぁ~ 種から育ってくれたのか、あるいは小球が数年かかって育ったのか、よくわからないのですけど、いずれにしても、嬉しい出来事でした!

【PR】 スノーフレークを探そう! at Rakuten


スノーフレークも一昨年、あまり日が当たらないところから植え替えをしてあげたのと、肥料もあげたりしたためかしら、とってもたくさんお花が咲いてくれるようになりました。
思いのほか殖えすぎて、ちょっとバラの株元に近すぎるようになってしまい、嬉しい悲鳴です。

≫ Read More

| 春咲く花 | 04:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイセンもそこそこ開花です^^;

Narcissus - 水仙(スイセン)Narcissus - 水仙(スイセン)


【学名】Narcissus
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  【属名】スイセン属
【和名】水仙スイセン) 
【英名】Narcissusナルキッソス), Daffodil, Chinese sacred lily
【原産地】スペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部など
【性状】耐寒性球根植物  【花期】4月
【用途】地植え 鉢植え

もうさすがに無理でしょうねぇ~
水仙などは栽培が容易なお花に分類されるはずなのに、今年我家では日本水仙も昨年に引続き開花しませんでしたし、クリスマスローズとのコラボを楽しみにしていたテータテートも咲いてくれませんでした。

多分私がそこに球根が植えられていることを忘れて、秋にザクザクと土を掘り返してしまったり、生育に十分な土壌を作ってあげていないのでしょうね。
日照の点ではそう問題ないはずなので(^^ゞ 

【PR】 かわいいスイセンを育てよう! at Rakuten


それでも、3種ほどは咲きまして、一応記念撮影してみました。
ただやはり咲きっぷりがよくないのです。花数も少ないですし、咲き始めの頃の大雪で茎が折れたり、倒れていたりでさっぱり見た目がよくありません^^;

≫ Read More

| 球根系 | 22:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アネモネ・セントブリジットも!

Anemone L 'St.Bridgett Scarlet'- アネモネ・セントブリジット スカーレットAnemone L 'St.Bridgett Scarlet'- アネモネ・セントブリジット スカーレット


【学名】Anemone L.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】イチリンソウ属
【和名】牡丹一華ボタンイチゲ)・ 花一華ハナイチゲ
【英名】Poppy Anemone  【別名】紅花翁草ベニバナオキナグサ
【品種名】St.Bridgett Scarletセントブリジット スカーレット) 
【咲き方】八重咲き(菊咲き) 【花期】4~5月 【草丈】30cm 
【原産地】地中海沿岸 【性状】耐寒性塊茎
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)

どうやら、大丈夫!

冬を二回地植えで経験して、お花を咲かせてくれた上、花数も増えてくれています!
やったー \(*^▽^*)/

でも嬉しいことばかりではありません。お庭のど真ん中に植えてあるものには小さな葉っぱが見えているだけです^^;
霜がガッツリと下りたり、雪がテンコモリに積もるような場所では難しいようです。

このスカーレットちゃんは、壁際なので直撃がないのと、水はけがとってもよいからうまく育つのでしょうね~

【PR】 かわいいアネモネを探そう! at Rakuten

お庭の中にはクリスマスローズを引き立ててもらいたいので、白色~クリーム色のアネモネを植えてあるはずなんですけど(笑) 残念~ でも葉っぱが二年続けてでているということは、なんとか生きているということですよね!
環境に順応して、咲いてくれるようになるかしら? 来年は葉っぱすら出ないかも ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| 春咲く花 | 05:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も咲いた!チオノドグサ

Chionodoxa spp. - チオノドグサChionodoxa spp. - チオノドグサ


【学名】Chionodoxa spp.
【科名】ユリ科 Liliaceae  【属名】チオノドグサ属
【和名】チオノドグサ  【英名】 Glory of the snow 【別名】雪解百合(ユキゲユリ)
【原産地】クレタ島 キプロス島 トルコ
【性状】耐寒性秋植え球根 【花期】3~4月 【花径】2cm  【草丈】10~20cm
【用途】地植え 庭植え 【開花日】4月5日

ややアップするのが遅くなってしまいましたが、お庭の三箇所に分けて地植えにしているチオノドグサが開花してくれています。
お隣さんには、クリスマスローズを配していることが多いのですけど、他にオダマキさんやヒューケラさんなどともコンビを組んでもらっています。

キラキラと輝くように咲く小さな青い花のなんとも優しくてかわいらしいことか!
この日は雨後だったので、水滴がついたところに雨上がりの太陽光線がおりて、うっとりです。

【PR】 秋には忘れずにゲット! at Rakuten


ただねぇ~ 昨年に比べるとちょっと花付きがよろしくない感じもします。
それに花色も・・・ ブルーからライトブルーへ・・・(;´▽`lllA``

どうやら放置しすぎ! そういえば花後に肥料をあげることも、今年になってから芽出し肥料もあげておりません(^^ゞ
あまり肥料を好まないというか、ほぼ不要という認識だったのですけど、やはり多少は必要なんじゃ~ないのかしらん? 我家のお庭の土はそもそも貧困な砂地なので(^^ゞ 土壌改良していないところは、本当に痩せ痩せの土地なんです。
というわけで、今年はマグアンプをばら撒いておきました。

≫ Read More

| 多年草 | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株分けした!ルーセブラック様

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


【学名】Helleborus hybridus 'Ruse Black'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】ルーセ・ブラック 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 メリクロン
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黒色  【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花  【今年の開花日】2010年4月6日
【備考】#068

前回の記事で2009年秋にルーセブラックを株分けしているとご報告しておりましたが、今日はその片割れのほうです。こちらは新たにサザンカの木のお隣に移植いたしまして、あまり日光はバリバリに当たらない環境です。

やはり同じ株ですのに、日光量が大きく左右するのでしょうか、カラス葉具合がいい感じ♪です。

でも株分けして地植えにしたときに、チューリップの球根が植えてあったことを失念していた私。
あまりにも近くでチューリップの葉っぱが育ってしまっておりますが・・・

Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’Helleborus hybridus  'Ruse Black' - ヘラボラス・ヒブリドゥス ‘ルーセブラック’


お隣には熊谷草も植えてあって、ルーセブラックの開花と呼応するように、とんがり帽子の芽を出し始め、また山茶花の木に絡ませているクレマチスにも蕾が現れはじめています。

お~~春だわぁ~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン この子が終焉を迎えるころには、クレマチスたちも元気に咲き競うてはずであります♪


【PR】一番人気の希少花色※開花時の温度より花の濃淡がでます。ミヨシのメリクロン苗クリスマスローズは、e-花屋さんさんちで、1,239 円也~

私もお世話になりましたが、このe-花屋さんは、スタッフの方々の気配りが満点で、好印象をもったお花屋さんでした~~♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ルーセブラックを探そう! at Rakuten


この子を写真に納めた日は日光量が多かったので、またしてもブラックというよりもパープルっぽいモードになってしまっていますが、実際にはもっと黒々としていてシックです!
日陰なので、チーリップの葉っぱは徒長してしまい、お花も咲くんだか、咲かないんだか。(笑)
そもそもなぜこんな日陰に私はチューリップを植えてしまっていたのか、理解不能のオバカ^^;
きっとケチな私は植え付ける場所が見つからずにとりあえずという気持ちで植えたのだと思うのですけど、全く記憶にありません。とロッキードちっく ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビクトリアナも初めて越冬!

Primula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラックPrimula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラック


【学名】Primula Victoriana Silverlaced Black  または( Primula x polyantha
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】ビクトリアナ シルバーレース ブラック 
【英名】Primrose (プリムローズ) 【別名】桜草サクラソウ
【原産地】コーカサス 【性状】耐寒性宿根草
【花色】黒色 【草丈】 20cm 【用途】寄せ植え 鉢植え ハンギング 地植え 

昨年来、フェチダスとヒューケラ‘キャラメル’とともに寄せ植えにしているプリムラ・シルバーレースも無事に越冬が叶い、二度目の春を迎えはじめました(^_-)-☆ 手元にあるプリムラの中でも大のお気に入り♪です。
縁取りが黄色のゴールドレースのほうは地植えにしているためか、ちょっと今年は目覚めが遅く、しかも一株は天に召されてしまったような感じです。しゅ~~ん。

我家のキョウレツな霜と低温はやはりプリムラちゃんたちにとってはかなり過酷である模様。
冬の間、この鉢はずっと軒下で管理していたというのに、葉っぱには茶色の枯れこみも見られます。

【PR】 シックな寄せ植えにもオススメ ^^ ビクトリアナシリーズ at Rakuten


それでも復活してくれてみたら、案外花数も多くていい感じです♪
私はどうもプリムラ系を育てるのがニガテで、あまり殖やすことができないのです。
この子はとってもかわいいので、秋には株分けをして保険をとりたいと思っているのですが。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色、白色、紫色したクロッカス

Crocus vernus - クロッカスCrocus vernus - クロッカス


【学名】Crocus vernus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロクスクロッカス)属  または サフラン属
【和名】花蛮紅華ハナサフラン) 【英名】Dutch crocus
【別名】春蛮紅華ハルサフラン) 
【性状】耐寒性球根多年草  【花期】2~3月
【用途】地植え 鉢植え

久しぶりに! クリスマスローズではないお花のご紹介です!
今年はクリスマスローズにハマリまくっておりますゆえ、春のお花たちのことをあまりお世話してあげていなかったりして、申し訳ない感じです(^^ゞ

今日から4月!
黄色のクロッカスが一番に咲き始め、降雪の中咲いてくれていたりしたのですけど、他の色をしているクロッカスたちも寒い中、次々に開花しはじめています。 やっとやっと・・という感じ ~(〃´o`)=3


約1ヶ月早く咲く!やさしい色合いの育てやすい花早咲き
‘クロッカスクリームビューティー’の球根


【PR】 種類いろいろ、クロッカスを探そう! at Rakuten


またしてもクリームビューティを購入するのを忘れてしまいました *o_ _)oバタッ彡☆
本当はこの子をクリスマスローズの周囲に植えておきたいのですけどね。

そしてびっくりしたのがストライトビューティーの増え方! 今年はテンコモリです!逆に紫色一色のフラワーレコード は一輪しか咲きませんでした。

そういえば、ストライトビューティさんの傍には、クレマチス‘プリンスチャールズ’が植えてあるので、クレマチスに肥料をあげていたつもりが、この子にもかなりおすそ分けされていたのではないかしらん。

≫ Read More

| 球根系 | 04:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株分け後のヴァレンタイングリーンは?

Helleborus x nigercors 'Valentine Green' - ヘラボレス‘バレンタイン・グリーン’Helleborus x nigercors 'Valentine Green' - ヘラボレス‘バレンタイン・グリーン’


【学名】Helleborus x nigercors 'Valentine Green'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属
【別名】クリスマスローズ ヘレボラス 
【和名】冬姫牡丹ヒメフユボタン) 雪おこしユキオコシ
【品種名】バレンタイン・グリーン  【交配】Helleborus x nigercors 
【性状】耐寒性多年草 無茎種 早咲き系 【花期】2月~4月
【草丈】30~40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色 【咲き方】一重咲き 剣弁 スポットなし 
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 
【備考】#010

ホワイトデーにバレンタインの話題です!
といっても、食べるほうではなく・・・ いつものようにクリスマスローズちゃんのバレンタインです!

( ̄m ̄*)゚プッ

私がクリスマスローズにハマるきっかけとなった品種の一つで、我家では古参株になるのですが、でもはっきりいつどこで買ったのか、イマヒトツ記憶が定かでないのです。

がっ、その当時はまだネットでお買い物をしてはいませんでしたので、近所のHCで開花株を買ったのだと思います。
妙にお値段がはったことは覚えているのですが、いくらだったかは覚えておりません。

【PR】 早咲き系のニゲルとコルシカスとの交配種、緑色した‘バレンタイングリーン’を探そう! at Rakuten



個体数を増やしたいという一心で株分けしちゃったのですが、この子は株分けには適さない品種。
株分け後の生育具合は非常に遅くて、昨年も妙にこじれたようなお花がちょこっと咲いただけでした *o_ _)oバタッ彡☆

やっと久しぶりにそれらしい株姿になってくれるのではないかと期待するも、葉っぱには縮れのような感じがあって、へルシーには見えないなぁ~
どうもイジケテしまった状態で株分けから二年目でも復帰してくれなさそう~ *o_ _)oバタッ彡☆

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪が溶けたらキイロのヒブリドゥスにも!

Helleborus hybridus - ヘラボラス・ヒブリドゥスHelleborus hybridus - ヘラボラス・ヒブリドゥス


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色  【咲き方】一重咲き 剣弁咲き スポットなし 【蜜腺】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花 【生産者】駿河 
【備考】#003

クリスマスローズには驚かされます点がいくつもありますけど、やはりなんといってもその耐寒性です。
この子は地植えですっぽりと雪の下に常緑の状態にあったわけですが、雪が降る前には、まったく蕾など上がっておりあませんでしたのに、雪が溶けたあとに除いてみると、ちゃんと黄色い蕾の部分があがっていました。

かなりの重い凍った雪がこの子を押しつぶしていたのですけど、葉っぱにもほぼ痛みはないのです。

こうしたところを見たときに、鉢植えよりも地植えのほうが管理が楽だわぁ~と思ってしまいます。鉢植えの子たちは雪の下になったときに、ダメージが大きいのですよね~^^;

【PR】 ピコティー系のクリスマスローズが欲しいなぁ~ at Rakuten
他にもまだあるかな? at Rakuten


雪の下に長くいると、氷室のような状態となり、気温も安定し、風の影響を受けないので、あまり痛まないんです。
なので、小さなうちは鉢植えで管理してあげるほうが、成長スピードはあがるのですけど、一旦開花するようになってしまったら、地植えのほうが絶対にイイという我家です。
暑い地域にお住まいの方は、この限りではないでしょうけど。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 06:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多産系!七福神(^^ゞ

Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’


【学名】Echeveria elegans
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae  【属名】エケベリア属
【品種名】七福神シチフクジン
【英名】Hen and Chicks  Mexican snowball 
【性状】半耐寒性多肉植物 【花期】6月 【花色】オレンジ~黄色
【用途】鉢植え 地植え

この‘七福神’あまり居心地がよくないみたい ~(〃´o`)=3

ロゼット状に広がる葉っぱの株元部分が、寒さでどんどん枯れこんでおります^^; あわわ。
この子は多肉植物ながら、案外地植えなどでも平気な子で、私のところのような寒冷地でもしっかり越冬できるということがわかりました。

これまでは恐る恐る・・・といった感じで、冬の間は室内に鉢を退避させていたんですが、株が増えて保険ができたので、思い切って冬の間に屋外に出してみたのですが、全然問題なしです。

もっともこの2月を乗り切って初めて大丈夫だということになるのですけど。


三段になっているバスケットが増殖場でありまして、挿し穂や葉挿しなどに使っているのですが、バスケットの底の部分に挿してみた子も子株を作ってます。非常に丈夫で、この子はそう簡単に枯れたりなんかしないのです。

Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’
こちらは、昨年2009年6月に咲いたときの様子です。→
実はこの子は父が知人からいただいたものでして、私のモノではないのですけど(笑)
いつの間にか、私が管理することになりました。
いただいたときには、‘七福神’のことあまり知らなかったので、こんなにかわいい色をしたお花を咲かせるなど、これっぽっちも思っていなかったのです(笑)

今年も咲いてくれるかな?

2009年6月29日 撮影




さて、次回は冬の間雪の下になっても生きながらえることができるかどうかを検証しようと思っております。
どうかしらぁ~~ ???

ちょっと飛躍しすぎかな。まずは軒下になっているような屋外に地植えにしてみようか。

いまだ実現できていない、素敵なロックガーデン・エリアの造成(←オオゲサ)ですが、そんなロックガーデンに使える素材だと思います。

【PR】 ハンギングタブローのアレンジも素敵! at Rakuten


あっ、そうそう!
昨年咲いた株はまた別のハンギングに植え替えてみたのですけど、これがまた直径は15センチ近くあるでしょうか。
かなり大株になってくれているんです。
下の写真はあえて大きくせずに限られた領域で栽培している例です。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一重咲きのスノードロップ

Galanthus nivalis - スノードロップGalanthus nivalis - スノードロップ


【学名】Galanthus nivalis
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae 【属名】ガランツス属
【和名】待雪草マツユキソウ) 【英名】Snowdropスノードロップ
【別名】2月の乙女 聖母の小さなろうそく
【原産地】ピレネー地方からウクライナ トルコ 山岳地帯 【花期】2~3月  【草丈】10cm
【性状】耐寒性球根植物 【用途】地植え 鉢植え 

一昨年は、スノードロップでも八重咲きの品種であるGalanthus nivalis 'Flore Pleno'(スノードロップ‘フロレプレノ)のほうを購入し、クリスマスローズやプリムラの鉢の中に植えっぱなし状態なのですが、未だに葉っぱの姿が見えません^^;
ダメになっちゃったかなぁ~

植えっぱなしでも良いはずだったのですけど・・・ でも我家ではまだ寒いから仕方がないかしら。
でも、似た様なお花が咲く大型種のスノーフレークのほうはすでに葉っぱが3cmほどでているんですよね。
ミミミ

ガランツ属にはたくさんの種類がありますが、とわけこの八重咲きは人気の品種!雪解けとともにあがってくるお花はうつむき加減でかわいい~のです。 秋植えの球根植物です。

【PR】 スノードロップを探そう! at Rakuten


以前、趣味の園芸でこの子が紹介されていたときには、赤玉と腐葉土に1割ほどの鹿沼土を配合して植えつけていましたけど。
その折には、コクリュウと寄せ植えにして苔でマルチングし和風に仕立てていたり、原種系のシクラメンと寄せ植えにしたりしていましたねぇ~ 原種系のシクラメンとの寄せ植えの場合、シクラメンのお花が終わるころのスノードロップが咲くので新旧交代となるしかけです。

今回ビニールポット苗で購入した子は、なんとヤシの繊維のみに植えつけられていたんです。
びっくり!

すでにお花が咲いているものと、これから蕾があがりそうな苗でしたが、今回は鉢植えにせず、そのままお庭に植えつけてしまいました。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センダラビットの初蕾^^;

Cyclamen persicum - シクラメン‘センダラビット’Cyclamen persicum - シクラメン‘センダラビット’


【学名】Cyclamen persicum
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火草カガリビバナ)【英名】Cyclamen (シクラメン) 
【別名】豚の饅頭ブタノマンジュウ) アルプスのスミレ
【品種名】センダラビット
【原産地】地中海地方 トルコ~イスラエル
【性状】非耐寒性球根植物 

シクラメンを育てるのが大のニガテな私です^^;

がっ、珍しくこの子は二年目。ずっと鉢植えで管理中で、休眠させずに夏越ししてくれたものです。
秋に植え替えしてみましたけど、やっとココに来て蕾は二つあがりはじめてくれてます。

葉っぱもそこそこ出てきましたし、やっと休眠させた株と同じくらいの速度になってくれたかしら。



【PR】フラワーポケット 塚口ガーデンシクラメン センダラビット 5号鉢入 1鉢

シクラメンを育てよう! at Rakuten


白い粉は、ベンレートの粉で、腐らせないようにと播いたものです。
この子の饅頭部分=球根は、とっても大きいのに、蕾の上がり方が少ないのは、用土に問題があったかな?
あまりフカフカした土は使わずに、赤玉の中粒を使っちゃったんですけど(^^ゞ

≫ Read More

| 原種シクラメン | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地植えで開花一号か?クリスマスローズ

Helleborus hybridus- ヘラボラス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)Helleborus hybridus- ヘラボラス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】ピンク色  【咲き方】一重咲き シングル 剣弁咲き スポットなし 【蜜腺】黄色~黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花
【備考】#025 【入手先】植物園 

昨日、今日と暖かになっていますね。
3月並みのあたたかさだとか!我家でも日陰にあった雪もほぼ溶けてくれました。

このクリスマスローズも前回の12/20の記事では、雪を被っていましたが、今は全体の姿が見えるようになってきています。

雪のダメージもなく、こうなってくるといよいよ、蕾も頭を上げ始め、この子が地植えのクリスマスローズの中でも一番に咲きそうな雰囲気になってきました。

ニゲルのほうが早いだろうと思っていたのですが、どうやらニゲルを追い越すような勢いです。


ddブラック系交配★ 特別品に限り 20% OFF ★クリスマスローズ BIC交配 A-7、5号スリット鉢
は、2,709 円也~
この子のことはずっと気になっていたのですが、20%OFFかぁ~~ ミミミ

【PR】 お気に入りの開花株を探そう! at Rakuten


一年目、二年目の開花よりもさらにしっかりとした株になっているように思います。
花茎も今のところ、4本が見えていて、昨年よりもまたさらに大株となってくれるのも間違いないです。
開花株で購入したときに、サクラのようなやわらかな色と花弁に惹かれた私でしたが、年々当初のイメージから離れていってしまっていることは残念ではあるのですが、こうして元気に育ってくれているので、そのために花の色や花弁の質感が変わってゆくのは仕方がないです。
ヒブリドゥスの特性でもあるわけですし。今年の姿でほぼ確定!ですね。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 22:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジキタリスがいつの間にか!

Digitalis purpurea 'Foxsy' - ジキタリス ‘フォクシー’Digitalis purpurea 'Foxsy' - ジキタリス ‘フォクシー’


【学名】Digitalis purpurea 'Foxsy'
【科名】ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae 【属名】ジキタリス属
【和名】狐の手袋キツネノテブクロ
【英名】Foxgloveフォックスグローブ
【品種名】フォクシー
【用途】地植え 鉢植え

昨年はちっとも咲かなかったジキタリスだったのですが、よくよく見てみるとどうやらこぼれた種からいつの間にか発芽してくれていて、2株だけですけど今年開花しそうな株を見つけました!
すっかり消えてしまったとばかり思っていたので、嬉しい~ ^0^

【PR】 ジキタリスを探そう! at Rakuten


でも妙なところで発芽してしまっているので、雪が消えたら移植しようかなぁ~
動かさないほうがよいのでしょうけど、マイブームのクリスマスローズちゃんが見えなくなっちゃうヘ(x_x;)ヘ
迷うなぁ~

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペットボトルのガーデンシクラメン

Cyclamen persicum - シクラメン パーシカムCyclamen persicum - シクラメン パーシカム


【学名】Cyclamen persicum (シクラメン パーシカム
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火草カガリビバナ)【英名】Cyclamen (シクラメン) 
【別名】豚の饅頭ブタノマンジュウ) アルプスのスミレ
【品種名】プレミアム 【草丈】10~15cm 【花期】9~3月
【原産地】地中海地方 トルコ~イスラエル 【性状】非耐寒性球根植物  双子葉植物
【用途】鉢植え 地植え(関東以西)
【生産者】不明

このシクラメンは一昨年の冬にやはりお値打ち品で買ったシクラメンです(^^ゞ


夏の間はずっと木陰で地植えにしておいたのですが、日陰ですと雪が積もったままなかなか溶けないので、花壇の中央に植えてみたものの、そのままでは結局雪下・・・

ガーデンシクラメンは多少寒さに強いものの、凍えてしまっていて新しい芽が2個くらいでているだけ。
このまま屋外で越冬ができるとは思えません。

申しわけない程度の防寒ですが、ペットボトルを半分に切ったものをかぶせてみました(^^ゞ


【PR】秋咲き種の原種シクラメン。清楚な白花。原種シクラメン 「白花」ヘデリフォリウムは、片岡笑幸園「悠々の森」さんちで1,260 円でうられているようですが、日ごろお世話になっているおぎはら植物園さんちやFlower&Green GARDENさかもとさんちも売り切れヘ(x_x;)ヘ 今って時期ではないのですね。あまりデモノがないみたいです。

≫ Read More

| 原種シクラメン | 03:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。