++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリョヌシカ♪二番花

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】鉢植え 地植え ロックガーデン
【備考】#C012



クレマチスの良いところは、二番花を咲かせてくれる品種が多いトコロといえると思うのですが、このインテグリフォリア系のアリョヌシカもしかりです。

今季はこの子の二番花が一番立派!とにかく熱かった夏。どの植物も花を咲かせるには暑過ぎて、夏越しがやっとという感じでしたが、この子は割り合いと涼しい場所に植えつけてるため、二番花も沢山咲き、大きさも一番花と変わりませんでした。



花茎の数は、毎年2本か3本しかなくて、なかなか増えてくれないのですけど(^^ゞ こんなものなのかしら?
けれど、今年の花は数が多くて、ホントに見ごたえがありました! 一回目も二回目も勝るとも劣らずです。

≫ Read More

| クレマチス | 04:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズの二番花

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年8月13日


6月の数え切れないほどのお花を咲かせていた‘プリンス・チャールズ’ですが、8割がた咲いたところで、蔓を切り戻しておきましたところ、2ヶ月後には二番花がまたしてもワンサカ満開です!

二番花ですし、夏の暑さのせいでしょうか、お花はどうしても小ぶりになっちゃうのですけど。

やはりビチセラ系は、夏の暑さにつよく多花性なので、何度もお花が楽しめますね(^_-)-☆
今年は消毒もそこそこマメにしてあげましたので、さび病もちょこっと発生しただけで、なんとか現在の姿を保持しております。お写真でみると、少しだけ葉っぱに黄色の変色が見られますよね? これがサビ病です。

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


後ろ姿もいい感じ♪ まだまだスタンバイしてる蕾も沢山あります。
そろそろ吹く風も秋めいてきていて、植物たちもホッとしていると思うのです。花が咲く期間も少し長めになってくれるのではないかしらん。

≫ Read More

| クレマチス | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色の万年草の花!

Sedum lineare variegata - 覆輪万年草(フクリンマンネングサ)
【学名】Sedum lineare variegata
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】セダム属 (キリンソウ属
【和名】覆輪万年草フクリンマンネングサ) 【英名】 【別名】
【原産地】
【性状】耐寒性多肉植物 【草丈】 【花期】5~6月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え カバープランツ グラウンドカバー ロックガーデン
【撮影】2010年6月21日


万年草も色々種類があって、ラベルを紛失している私はこの子の本当の品種名が分からない状況なのですけど、万年草であることは確かです(^^ゞ

この子も6月には黄色で星型のかわいいお花を咲かせていましたが、すでにすっかりお花は終わり、切り戻しも終わっているのです。記事のアップが遅れすぎですが。

ところで、多肉植物である Sedum(セダム)という言葉の由来は、ラテン語では座るという意味のsedereからきているそうで、まさにこの万年草はそんな株姿です。(座る)
岩場などに張付くようにして、横に伸びてゆくのですけど、大株になるとこんもりとなり、どんどん殖えてゆきます。途中で茎が折れたりしても、その折れたものから根っこがでて、生き延びたりもしますし。

多肉覆輪

多肉覆輪

価格:350円(税込、送料別)



多肉植物はハンギングにも適しています! 管理がとても楽チン♪ 少ない用土でも十分大きく育ちます。
ダイナミックなハンギングになりますね~
私は多肉を集めたリースをつくり始めていますので、それぞれ植えつけた多肉ちゃんたちが大きくなって、リースっぽくなったら、またご紹介したいと思っています。

【PR】 多肉植物を飾ろう! at Rakuten


兎に角丈夫。
冬場でも寒冷地で育てている私はマルチングなどもする必要は一切なく、どんなところでも枯れることなく大きく育ちます。育ちすぎるので、お隣の子の脅威になるので、バンバン切り戻しをしたりするのですけど。
返ってさらに大きくさせてしまうことにもなってしまいます(笑)

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 01:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルケミラモリスの植え付け場所!

Alchemilla mollis - アルケミラモリス(レディースマントル)
【学名】Alchemilla mollis または Alchemilla vulgaris ?
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ハゴロモグサ属アルケミラ属
【和名】西洋羽衣草セイヨウハゴロモグサ) 【英名】Lady's Mantle (レディースマントル) 【別名】レディースマントル / ヴルガリス / ウルガリスなど
【原産地】ヨーロッパ東部~小アジア 【性状】耐寒性宿根草 【花期】6~7月 【花色】黄色  【草丈】40~50cm
【用途】庭植え 鉢植え ロックガーデン シェードガーデン 切花 押し花 フラワーアレンジメント ドライフラワー
【ハーブとしての使い方】ハーブティー サラダなど
【効用】止血、創傷治癒、下痢、胃腸炎、抗炎症、生理不順、更年期障害など



そうでした^^;

昨年、この子が咲いたときに場所が悪いなぁ~ バラの傍に移植してあげましょう~と思っていたのに、クリスマスローズにばかり気をとられていた私は、すっかり失念。

この早春~ここまでほとんどクリスマスローズにかかりっきりで、他の子たちのお世話が等閑になってしまっているのです。 ごめんねぇ~

でも、宿根草のよいところはちゃんと開花してくれるところですね!


【PR】 *無農薬のハーブ苗*レディースマントル*薬効のあるアルケミラ・ウルガリスです♪
種から苗から・・アルケミラモリスを育てよう! at Rakuten


バラとの相性もバツグン! かわいい葉っぱもかわいぃ~

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 02:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年はちょっとびょ~~ん?チャールズ君

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年6月9日


一番のお気に入り♪といってもよいでしょうか。‘プリンス・チャールズ’が満開です!

でも、どのクレマチスも甲乙つけがたく、一番ともいえないか。ともかく今年も元気に咲いてくれたのが嬉しい~~\(*^▽^*)/ 最近、あまり踊っておりませんでしたが、久しぶりに小躍りです。

ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃ダンスダンス

我家では一番花数が多いのは、半鐘蔓とかモンタナ系のクレマチスですけど、この時期に咲くクレマチスの中では、この子が一番たっぷり花数をつけるのです。
今年は水遣りが多すぎたのかしらん? これまでより花首のほっそりとした茎の部分が長くなってしまっていて、その分、あまりお顔が見えないのが、玉に瑕です(^^ゞ

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


実は、プリンス・チャールズには白花の品種もあるので、次回は白色の子も欲しいわぁ~と狙っているのです。
両者のコラボを想像すると、想像しただけでうっとりとしてしまいますね~
鉢植えのまま、二種を植え込んでもかなりいい感じになるはずです♪

≫ Read More

| クレマチス | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

倍増の玉沙参 \(*^▽^*)/

Phyteuma scheuchzeri - 玉沙参(タマシャジン)
【学名】Phyteuma scheuchzeri (フィテウマ ショイヒツェリ
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ファウテマ属
【和名】玉沙参タマシャジン)【英名】Horned Rampion 【別名】フィテウマ・ショイヒツェリ
【原産地】ヨーロッパの高山帯 【性状】耐寒性宿根草 【花期】4~6月 【草丈】30~50cm
【用途】鉢植え(オススメ) ロックガーデン 花壇 庭植え 



ダイスキな‘玉シャジン’が寄せ植えで管理中~ながらも、倍増して咲いてくれました!
始めは緑色のトゲトゲをしている(一番下の写真)のですが、段々と青色に色づき、開花のころにはすっかりキレイな青紫色したスパイキーな表情を見せてくれます。

ただ、難をいえば、やや花期が短いかなぁ~


【PR】宿根草の玉シャジンは、おぎはら植物園さんちで、525 円也~
スパイキーな花ですが、エリンジュームなどのお花とはまた違ったトゲトゲ感!

ロックガーデンにも向いている玉シャジンを育てよう! at Rakuten


お花の青色は終焉の頃には、白っぽくなってトゲトゲした感じから、フワフワした感じになります。
昨年はそのまま花茎も切り取らずに置いておいたので、あるいはこぼれ種からの発芽もあるかと期待していたのですけど、今のところは発見できておりません。

≫ Read More

| 盆栽・山野草 | 22:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色丹草がやってきた!

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)

【学名】Saxifraga bronchialis L. subsp. funstonii (Small) Hultén var. rebunshirensis (Engl. et Irmsch.) H.Hara
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属
【和名】色丹草シコタンソウ) 【英名】 【別名】
【分布地】北海道から本州中部の高山
【性状】耐寒性宿根草 (常緑)【草丈】10~20cm 【花期】7~8月
【用途】鉢植え ロックガーデン 石付け 



またしても!お隣のオジサマから拝受しちゃいました~ \(*^▽^*)/

北海道~中部地方以北の広い地域の高山で、岩礫や砂礫地に自生する多年草です。初めて北海道の南千島の色丹島で発見されたので「シコタンソウ」と呼ばれます。
今年は積雪のためにあまりお花が咲かなかったと、オジサマはおっしゃっていましたが、この「シコタンソウ」の花は、ごく小さくて、決して目立つ花ではありません。

【PR】 高山植物を育てよう! at Rakuten


この子の花の特徴ですが、花弁に赤色と黄色の斑点がでて、オジサマのところで拝見した子の花は、わずか直径が1センチ程度の花だったように記憶しています。あるいはもっと小さかったかもしれません。 とてもかわいらしい表情をしていました~(^_-)-☆ 天眼鏡を使わねば、あまりよくその文様がわからない感じです(^^ゞ

Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)Saxifraga bronchialis - 色丹草(シコタンソウ)
2010年5月28日撮影


たくさんいただいたので、プリムラの鉢に植え込んだり、豆鉢や多肉植物を集めたハンギング・リースにも挿してみたりました~ 根付いてくれるとよいのですけど。




オジサマのアドバイスは、とにかく水はけをよくするということでした。
自生地の環境を考えましても、岩場にしがみつくようにして生えていたりしてますので、庭石に貼り付けてみたりするのも一興かも!?

ともかく初めて育てる植物ですので、いつものごとくお勉強~ お勉強~

≫ Read More

| 新しい仲間 | 03:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

びっしり~アレナリアモンタナ!

Arenaria montana - アレナリア・モンタナArenaria montana - アレナリア・モンタナ

【学名】Arenaria montana
【科名】ナデシコ科 Ericaceae 【属名】アレナリア属
【和名】アレナリア・モンタナ 【英名】Mountain Sandwort
【原産地】 ヨーロッパ南西部
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5月~6月
【用途】地植え ロックガーデン 鉢植え ハンギング カバープランツ

順調に増えている、といいますか、ちょっと殖えすぎている感じのアレナリア・モンタナさんです。
この子たちは花壇の縁取りに使っているのですけど、どんどん進出してしまって花壇の縁取りに使っている石を完全に覆いつくすようになってしまってます。
6月上旬にはすっかりお花は終わってしまい、その後は種から育てたナデシコたちにバトンを渡します。
そろそろナデシコさんたちも咲き始めています。

【PR】 いろんな器にお花を飾ろう! at Rakuten


この子は母がかわいいといって数年前に選んだ苗で、二株くらいを植えただけでしたが、その小さい苗からは想像できないほどにどんどん広がりました。
この子の良いところは、寒さに強いことで冬の間もちゃんと葉っぱは残り常緑です。
我家の冬は、草花がほとんど地上部がなくなってしまう宿根草がメインのお庭なので、冬場に元気なところが嬉しいですね~

≫ Read More

| white::白い花 | 04:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アーリーセンセーションが初開花♪

Clematis 'Early Sensation' - クレマチス‘アーリーセンセーション’Clematis 'Early Sensation' - クレマチス‘アーリーセンセーション’


【学名】Clematis 'Early Sensation' (Fo)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Early Sensation'
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(4~5月) 小輪のベル咲き  新・旧両枝咲き 【香り】あり
【花径】5~7 センチ 【高さ】200~300センチ 【耐寒性】強い (マイナス5℃~マイナス12℃)
【花色】白色 花芯は薄いクリーム色~黄緑色 【剪定】弱~中剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】アーリーセンセーション   【別名】ニュージランドクレマチス  
【作出者】 Graham Hutchinson グラハム ハッチンズ氏(カントリーパークナーセリー) イギリス エセックス 1995年  【交配種】 C. paniculata hybrid x C. paniculata
【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理) ハンギングバスケット 
【生産者】駿河[http://clematis.co.jp/] HPが引越ししたもようです♪
【備考】#C041 【入手】2009年10月

わぁ~~ 咲いた! 咲いた!

でもたった三輪ですが。

昨年入手した常緑系のクレマチス‘アーリーセンセーション’です。
開き始めは、黄緑色がでていましたが、お花が完全に開く頃には真っ白になります。
手元にあるニュージーランド系の常緑系クレマチスの中でももっとも大きなお花です。
といっても、直径は5センチにも満たないほどですけど。

【PR】 アーリーセンセーションを探そう! at Rakuten


モチロンまだ鉢植えで管理しているのですけど、今はまだ構想のみで実際には着手していない、ちゃんとしたロックガーデンに植えつけてみたいなぁ~。でも耐寒性がなぁ~。微妙です。
うんうん、ホントにかわいらしいお花です。
越冬は鉢植えで軒下。雪や霜にあたらないようにしてあげていました。

≫ Read More

| クレマチス | 05:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期待していなかったケド開花のペトリエリ

Clematis  petriei - クレマチスペトリエイClematis  petriei - クレマチスペトリエイ


【学名】Clematis petriei
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(4~5月) 小輪のマーガレット咲き ブッシュ咲き
【花径】3~5.5 センチ 【高さ】150~200センチ 【耐寒性】やや弱い  【香り】あり
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ペトリエイ  【別名】ニュージランドクレマチス  【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【作出者】 不明  【交配種】 原種系
【用途】鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C042 【入手】2009年10月

ほぉ~~ 咲いてくれました!
入手したのが昨年秋でしたし、ホントに小さなチビ苗でしたから、お花が咲いてくれようとは思っていなかったのですけど、やった~

先日ご紹介した‘ピクシー’よりももう少し黄緑色が強く現れている感じ。
非常に似た花ではありますが、こちらのほうが私ごのみかな。


クレマチス ペトリエイ 価格 500円
Clematis petriei

ニュージランド系のクレマチスは、耐寒性が少し弱いところが難点ですが、小型ですし、鉢植えで育てやすいと思います。

ニュージランド系のクレマチスを探そう! at Rakuten


この子はハンギングにして、周年屋外で育てているものの、軒下になっているので霜や雪は被らないようにしてあげています。
一緒に黒色の葉っぱがかわいいクローバーの‘ティントネーロ’を寄せ植えにしているのですけど、温かくなってきたので、アチラのほうが生育旺盛気味。
あくまでも主役は‘ペトリエイ’なのに、まずったかしら? ( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クレマチス | 07:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピクシーも開花してます!

Clematis 'Pixie' - 常緑クレマチス‘ピクシー’Clematis 'Pixie' - 常緑クレマチス‘ピクシー’


【学名】Clematis 'Pixie'  (Fo/m)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Pixie' 
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(3~4月) 小輪のマーガレット咲き ブッシュ咲き
【花径】3 センチ 【高さ】100センチ 【耐寒性】強い
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ピクシー   【別名】ニュージランドクレマチス  【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【作出者】 不明  【交配種】C. petrieiペトリエイ) x C. marmorariaマルモラリア
【用途】鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C034

常緑クレマチスのうち、一番早く満開になったのは、鉢植えではこのピクシー。

やっぱりかわいぃい~~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

庭植えにしてあるアーマンディーとほぼ同時に開花しはじめました~(^_-)-☆ いよいよ、クレマチスの季節が始まりました♪

≫ Read More

| クレマチス | 05:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たにヒューケラも仲間入り♪

Heuchera‘Georgia Peach' - ヒューケラ‘ジョージアピーチ’Heuchera‘Georgia Peach' - ヒューケラ‘ジョージアピーチ’


【学名】HeucheraGeorgia Peach' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ジョージアピーチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】晩春~初夏  【花色】白色~薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 茶色 【草丈】40cm
【販売元】Jardinハルディン
【用途】カラーリーフ 地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

手間がかからず耐寒性も強いヒューケラたちは我がお庭では強い味方!
昨年来、少しづつ買い足しておりましたが、先日ご近所のHCに入荷していたので二種お持ち帰りしたうちの一つです。
前回買った‘ピーチフランバ’も元気で、とても似た感じなんですけど、周囲を明るく彩る赤色はお庭に植栽しておくと、目を引きますね~(^_-)-☆ 


【PR】宿根草ツボサンゴ (ヒューケラ) ‘ジョージアピーチ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~ 

色が豊富で愉しいヒューケラはお庭にかかせませんね (^_-)-☆ at Rakuten


まだ小さな苗ですが、すでに蕾を上がっています!
鉢植えでしばらく育ててから地植えにしようかと思いましたが、早速地植えにしちゃいました!

とっ、ところが!

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

危うかった‘ピクシー’に蕾♪

Clematis 'Pixie' - 常緑クレマチス‘ピクシー’Clematis 'Pixie' - 常緑クレマチス‘ピクシー’


【学名】Clematis 'Pixie'  (Fo/m)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Pixie' 
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(3~4月) 小輪のマーガレット咲き ブッシュ咲き
【花径】3 センチ 【高さ】100センチ 【耐寒性】強い
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ピクシー   【別名】ニュージランドクレマチス  【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【作出者】 不明  【交配種】C. petrieiペトリエイ) x C. marmorariaマルモラリア
【用途】鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C034

先月2月の最終週に観た「趣味の園芸」で冬咲きのフォステリー系クレマチスが取り上げられているのをみて、あっ!と思い出し、そろそろお目覚めのはずのクレマチスたちを見回ってみましたところ、この子にも蕾があがっているのを見つけました。

‘ムーンビーム’のほうが大株のせいか、もっと早い時期から蕾をあげています。

この子は、まだ米粒かそれ以下の大きさです(^^ゞ

それでも一昨年から育て始めたこの子が元気に越冬してくれたことに感謝!


【PR】クレマチス ’ピクシー’は、 おぎはら植物園さんちで 525円也~ (o^-')b

我家で咲いたものは、もっと黄色い感じが強くでていましたが、咲き進むにつれて少し色はあせてゆく感じでした。
今度こそ挿し芽を育てて、ロックガーデンに使ってみたいです!

クレマチス かわいいピクシーを育てよう~♪ at Rakuten


TVでは金子先生が、多肉植物との寄せ植えを提案されていて、目からウロコが零れ落ちました。
たしかにあまりお水をあげないので、多肉と一緒に植えたらかわいいですし、夏の間はマルチング代わりになってくれそう。

そろそろ植えつけても大丈夫な時期ですし、私も!とやる気マンマンになっています(笑)

≫ Read More

| クレマチス | 04:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度は九州からお迎え^^;

Tillandsia ionantha 'Peach' - Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)Tillandsia ionantha 'Fuego' - ティランジア イオナンタ ‘フエゴ'


【学名】Tillandsia spp.
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃  
【生産者】
【購入先】フラワーショップ江口  【入手年】 2010年2月
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ

以前から欲しかったスケルトンウッドとコルク板をさがしていて、今回予定外にまたもやエアープランツを仕入れてしまいました(^^ゞ
しばらくガマンするはずだったのですけど・・・

フラワーショップ江口エアープランツのページには、たくさんの子たちが掲載されていて、どれもこれも欲しくなる私。
今回は超ミニミニの子たちをゲットです!


【スドー】カクタススケルトン エルボー S-907は、ペットモアエースさんちで525 円也~

実はこのスケルトンもどきを先に入手していたのですが、こちらは天然素材ではなく、プラスチックかなにかで作られているので、根っこが着生しにくいので、エアープランツの生育環境には適してはいませんが、屋外でのデスプレイ用に使うにはOK♪ ロックガーデンを作ったときに使えそう~ Y(=▽=)Y~☆

【PR】 お気に入りのチランジアを探そう! at Rakuten


鹿児島にあるお花屋さんですが、以前からこのお花屋さんの相談コーナーなどには行ったりしていたのに、今回初めてたくさんの種類のチランジアを扱っていることを知ったのでした。
そういう視点でHPを拝見したことがなかったのです(笑)

今回入手させていただいたのは、以下の4種のみです。

・ティランジア イオナンタ・フエゴ(ミニ) Tillandsia ionantha 'Fuego' 609円 【備考】A#035
・ティランジア イオナンタ・アルビノ(ミニ)Tillandsia ionantha 'Albino' 1029円 【備考】A#036
・ティランジア イオナンタ・ピーチ ホワイトフラワーフォーム(ミニ) Tillandsia ionantha 'Peach' 1029円 【備考】A#037
・ティランジア ベルゲリー-(ミニ) Tillandsia bergeri 504円 【備考】A#038

ベルゲリーの商品説明に
クランプ状に良く殖える優良品種!
※形態的に似ている『アエラントス』が混ざっている可能性がありますので、ご理解ご了承いただける方のみご利用下さい。
とありましたが、あまり気にせず購入(笑)

ミニミニのエアープランツにも大満足♪でしたが、梱包の丁寧さにも驚きました!
2月に購入ということもあり、心配だったので小さいエアプラばかり選びましたが、こんなことなら大型種も買えばよかったな。
それに本来メインになるはずだった、コルク板もスケルトンカクタスの状態もグ~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆
こっちももっと買っておけばよかった・・・
まっ、これはまたお小遣いを溜めて、もう少し温かくなったらさらに追加購入することにします。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 04:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多産系!七福神(^^ゞ

Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’


【学名】Echeveria elegans
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae  【属名】エケベリア属
【品種名】七福神シチフクジン
【英名】Hen and Chicks  Mexican snowball 
【性状】半耐寒性多肉植物 【花期】6月 【花色】オレンジ~黄色
【用途】鉢植え 地植え

この‘七福神’あまり居心地がよくないみたい ~(〃´o`)=3

ロゼット状に広がる葉っぱの株元部分が、寒さでどんどん枯れこんでおります^^; あわわ。
この子は多肉植物ながら、案外地植えなどでも平気な子で、私のところのような寒冷地でもしっかり越冬できるということがわかりました。

これまでは恐る恐る・・・といった感じで、冬の間は室内に鉢を退避させていたんですが、株が増えて保険ができたので、思い切って冬の間に屋外に出してみたのですが、全然問題なしです。

もっともこの2月を乗り切って初めて大丈夫だということになるのですけど。


三段になっているバスケットが増殖場でありまして、挿し穂や葉挿しなどに使っているのですが、バスケットの底の部分に挿してみた子も子株を作ってます。非常に丈夫で、この子はそう簡単に枯れたりなんかしないのです。

Echeveria elegans - エケベリア ‘七福神(シチフクジン)’
こちらは、昨年2009年6月に咲いたときの様子です。→
実はこの子は父が知人からいただいたものでして、私のモノではないのですけど(笑)
いつの間にか、私が管理することになりました。
いただいたときには、‘七福神’のことあまり知らなかったので、こんなにかわいい色をしたお花を咲かせるなど、これっぽっちも思っていなかったのです(笑)

今年も咲いてくれるかな?

2009年6月29日 撮影




さて、次回は冬の間雪の下になっても生きながらえることができるかどうかを検証しようと思っております。
どうかしらぁ~~ ???

ちょっと飛躍しすぎかな。まずは軒下になっているような屋外に地植えにしてみようか。

いまだ実現できていない、素敵なロックガーデン・エリアの造成(←オオゲサ)ですが、そんなロックガーデンに使える素材だと思います。

【PR】 ハンギングタブローのアレンジも素敵! at Rakuten


あっ、そうそう!
昨年咲いた株はまた別のハンギングに植え替えてみたのですけど、これがまた直径は15センチ近くあるでしょうか。
かなり大株になってくれているんです。
下の写真はあえて大きくせずに限られた領域で栽培している例です。

≫ Read More

| 多肉&エアープランツ | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬に咲く花 ユリオプスデイジー

Euryops pectinatus - ユリオプスデイジーEuryops pectinatus - ユリオプスデイジー


【学名】Euryops pectinatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ユリオプス属
【和名】ユリオプスデージー または ユリオプスデイジー 【英名】Golden Euryops または  Golden Daisy Bush 
【別名】グレイリーブドユリオプス
【原産地】南アフリカ 【性状】非耐寒性常緑低木 【花期】11月~5月 【草丈】60cm~150cm
【用途】鉢植え 庭植え ロックガーデン 

2010年元日は降雪・・・ いわゆる今年のキーワード「巣籠」的なお正月を過ごしております(^^ゞ

このユリオプスデージーは鉢で育てて、何年目かな? 3年か4年かしら。
大きくなったので地植えにしましょう~と移植すると枯れてしまうので(^^ゞ ずっと鉢植えにしてあります。
我家では耐寒性的に微妙なラインなのです。

株の足元近くはすでに木化して固くなっておりますが、上部の3分の2くらいではシルバーリーフが楽しめます。
蕾は12月くらいからあがりはじめ、ようやく少しだけ咲き始めるようになり、お正月に間に合いました。

この子って草花という感じですけど、実は「木」に類されているんですよね~

【PR】 ユリオプスデージーを探そう! at Rakuten


軒下で管理しているものの、雪が降ったりすると枯れてしまうのではないかと、葉っぱが痛むのではないかと、心配ですが、なんとか今のところは大丈夫です。
ガーデンニングを始めたばかりの頃に随分大きく育てたのですが、返す返すも移植に失敗したことが口惜しい~
温かいところですとかなり存在感のある株になるようですが、私はなるべく小さく小さく育てています。
そのため、切り戻しなどをするのでこんもりとした感じになるのですが、それでも年月の経過とともに、茶色に木化してしまう部分がでてしまうのは回避できないのです。

≫ Read More

| 芽と蕾 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこっと動いたシクロフィルス♪

Helleborus cyclophyllus - ヘレボルス シクロフィルス - クリスマスローズHelleborus cyclophyllus - ヘレボルス シクロフィルス - クリスマスローズ


【学名】Helleborus cyclophyllus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】 Hellebore 【別名】 冬姫牡丹フユヒメボタン
【品種名】シクロフィルス(sik-loh-FIL-us) シクロフィラス または キクロフィルス など
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色~クリーム色 【草丈】35~50センチ 【蜜管】   【香り】あり
【原産地】ギリシャ アルバニア スロベニア 旧ユーゴスラビアなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃  (冬期間は落葉)
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え ロックガーデン 切花 押し花
【備考】#078

手元に届き鉢増ししてから2ヶ月余りがたった‘シクロフィルス’です。
暖冬だったゆえ少々植え替えするには遅いかもと思っていたのですが、培養土も気に入ってくれたようで、どうやらこちらにも冬の芽があがっている感じです。

この子は来春に開花予定株ということで購入したのであります! 大枚を叩いておりますので咲いてくれないと・・

‘ムルチフィダス’ほどの数は上がっておりませんが、固い濃い臙脂色の芽が地際に現れているのがわかります!


新商品クリスマスローズ シクロフィルス 価格 3000円 Helleborus cyclophyllus
購入したおぎはら植物園さんちの説明によれば・・・
『Helleborus cyclophyllus
15cm鉢実生4~5年生 開花見込み株 ギリシャ 旧ユーゴスラビアなどに自生する
原種 明るいグリーンの花 比較的性質が丈夫で育てやすい原種 柑橘系の良い香りを持つ
個体もある 厚く大きめの葉で夏は常緑、冬はやや落葉する半常緑 耐寒性は強い 』
 ・・・とのこと


【PR】 今が買い頃^0^ クリスマスローズを探そう! at Rakuten


‘シクロフィルス’はクリスマスローズの中では珍しい香りがする品種でありますが、匂いは様々なのでお花が咲いてくれないことには検証できません!
ワタシの希望としましては、爽やかな柑橘系の香りがあって欲しいのです
ワクワク

他にも‘リグリクス’や‘オドルス’には香りでるはずです。

でもワタシが育てているオドルスにはまだ冬の芽はでていないっ!
来年も咲くことはないのかなぁ~

一体どうしてこの子たちにはよい香りがするように進化してきたのかしら?

≫ Read More

| クリスマスローズ | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ咲きます!アリッサム

Lobularia maritima - 庭なずな(ニワナズナ) または スィート・アリッサムLobularia maritima - 庭なずな(ニワナズナ) または スィート・アリッサム


【学名】Lobularia maritima  
【科名】アブラナ科 Brassicaceae  【属名】ロブラリア属
【英名】Sweet Alyssum  【和名】庭なずな(ニワナズナ
【流通名】スィート・アリッサム
【草丈】10cm  【花径】2mm~3mm
【性状】多年草(一年草扱い)  【原産地】地中海沿岸

上のお写真の白色のスィートアリッサムは、春に種を播いて育てたものです。
矮性ではなくて、すくっと伸び上がるタイプのものでした。
オマケで貰った種で、ホワイトガーデン用のミックスと表示されており、他にもジニアやニゲラ、コスモスなども今年はばら撒いておいた種から咲いてくれましたが、さすがに12月ともなると生き残り組みは少なく・・・

このスィートアリッサムのみがまだ元気に咲いています。
黒い葉っぱは、ティント・ネーロ。このクローバーも寒さに負けず元気です。この子も育てやすいですよん。
ランナーで殖えるのですが、時に殖えすぎて困ることもありますが。
白色と黒色の対比が良いでしょう~?


【歳末セール】『スイートアリッサム 1ケース(24ポット)』は、なんと1,280 円です ・・ヘ(^o^)/

私は以前は、こうしたケース買いで、ビオラなどを入手して群生させたりしていたんですけど、最近はクリスマスローズへの出費がかさんでしまっているので(^^ゞ ケース買いしていないなぁ~

【PR】 スィートアリッサムを探そう! at Rakuten


ビオラなども植え付け時期ですが、この子もいい感じ♪
私の家でもほぼ雑草化した(笑)スィートアリッサムが咲いていましたが、あまりに旺盛に殖えすぎたので整理しました。でも整理しすぎてちょっとこの時期になったら物足りない感じ(^^ゞ
やはり引き抜かなければよかったわん。

ですが、やはりこぼれた種からの発芽も見られるので、また世代交代で春先からお花を咲かせるものも多いはずです。
下のスィートアリッサムは、クリスマスローズと紫陽花を寄せ植えにしてある鉢で咲いているものです。
宿根草などとあわせておくと、冬場の水遣りも忘れませんし、普段は脇役に徹しているアリッサムにも目を向けてあげられるようになります!

≫ Read More

| 冬咲く花 | 03:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボジョレー 注:ワインではありませぬ




【学名】Heuchera ‘Beaujolais' 
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  【品種名】ボジョレー 
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  【花期】初夏  【花色】薄桃色 【葉色】桃色~臙脂色 銅色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

実は購入したときは、とても貧弱でちゃんと育ってくれるのだろうかと、心配していた‘ボジョレー’ちゃん♪

今年のワインが解禁になる時期になると気になって(^^ゞ 記念撮影しました~

鉢植えで管理していたのですが、地植えにしたくなり、10月に地植えにいたしましたが、雪も降ったというのに、元気にまだ一部お花を咲かせているんですよ~ 驚いた!

でも嬉しい~ 
かお

他のヒューケラはもうとっくにお花は終わって、タネをこぼし終え、葉っぱだけが残っている状態なのです。この子だけが季節を勘違いしているらしい・・(笑)

あるいは鉢が窮屈だったのかしらん。地植えにしたことによってのびのびと開放され、リフレッシュできたのかもしれません。

あとは、これからの厳寒期を無事越してもらえるように祈るばかり。お隣にはプリムラなども植えてあげました~ もちろん、冬の寒さに強いとはいえ、マルチングをして株元は保護してあげております。


【PR】NEW 2009年日本上陸!! ヒューケラ ミッドナイトローズ1鉢 Heuchera MidnightRoseは、ハッピー ガーデンさんちで504円也~

ライム色のヒューケラも狙いどころです(^^ゞ at Rakuten


お花にはちょこっと産毛が生えていて、白いお花にほんのり頬紅を刺したような小花がすくっと伸びた花茎に咲くのですけど、葉っぱがワイン色なので、その葉っぱとの対比がイイ感じなんです(^_-)-☆

昨年欲しいと思っていたコルクオープナー。最近酒量が減ったので、切実に欲する気持ちが薄れておりましたが、やっぱり欲しいなぁ~

そんなとき・・・ワインウィザードというたった1秒でコルクが抜けるワインオープナーがあるのです!使っていらっしゃる方、おられます?
手用で抜けばよいだけの話なのですけど、最近は筋力も衰えておりますゆえ、ある意味バリアフリー的なオープナーですね。
んんん? ユニバーサルデザインっていうんでしたっけ?

ボジョレーも解禁ですね~ 秋だなぁ~と感じます at Rakuten



ワイングラスを傾けながら、お庭を鑑賞といきたいところですけど、お庭にはテーブルやイスが無い我家。いつか設置したいですね~
もっとももう寒すぎてお庭にでて、じっとしていたら風邪引いちゃいそうですけど(;´▽`lllA``

≫ Read More

| 観葉植物&カラーリーフ | 12:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Clematis petriei




【学名】Clematis petriei
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(4~5月) 小輪のマーガレット咲き ブッシュ咲き
【花径】3~5.5 センチ 【高さ】150~200センチ 【耐寒性】やや弱い  【香り】あり
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ペトリエイ  【別名】ニュージランドクレマチス  【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【作出者】 不明  【交配種】 原種系
【用途】鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C042 【入手】2009年10月

スコットランド人の植物学者 ドナルド・ペトリーさんから名前を貰っている、ニュージランド原産の常緑クレマチス ペトリエイです。 なんかイタリア人みたいな名前ですけど。

購入後、ハンギングにして玄関前に下げましたが、モチロンお花も咲くかどうか・・・ 咲いても少しでしょうし。特等席の玄関前に飾るほどではないのですが、毎日お出かけ前に様子をチェックできるので(^^ゞ
この子だけでも寂しかろうと、勝手に憶測し黒色のクローバー‘ティントネーロ’も一緒に植えました。
あるいはクローバーに鉢を占有されてしまう恐れもありますが。

良く調べもせずにゲットしたオバカな私です(^^ゞ お花が咲けばその大きさで雌雄いずれなのか、わかるかしら?

すでに入手して今年初開花となった‘ピクシー’は、この子とマルモラリア種との交配でできたクレマチスで、このペトリエイは交配させる時に親木としてよく用いられるようですね。

常緑でパセリの葉っぱのようであるところは、‘ムーンビーム’により似ている感じです。


クレマチス ペトリエイ 価格 500円
Clematis petriei

ニュージランド系のクレマチスは、耐寒性が少し弱いところが難点ですが、小型ですし、鉢植えで育てやすいと思います。香りがする品種ならば、尚更グゥ~~ですね(^_-)-☆

ニュージランド系のクレマチスを探そう! at Rakuten


今回入手したのは、原種モノですが他にペトリエイの園芸種には・・・
C.petriei 'Limelight'   C.petriei 'Princess'   C.petriei 'Rushing Water'   C.petriei 'Steepdown' などがあります!

きっとこれからもこの子を親にして、新しい品種がでてくるのではないかしら?と愉しみ(^o^)

≫ Read More

| クレマチス | 04:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーチフランバ、一踏ん張り中~




【学名】Heuchera 'Peach Flambe'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】ピーチフランバ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃) 【販売元】Jardinハルディン
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】鉢植え 地植え シェードガーデン ロックガーデン

何しろ、私にとって耐寒性が強いというのは、植物を選ぶときに一番気になるところです。
このヒューケラはマイナス15度くらいまで耐えますので、その点申し分なし^0^
そのうえ葉っぱの色のバリエーションが豊富なので、選び放題です(^^ゞ

黒色系や赤色、キャラメル色、様々ありますが、今日の主役は‘ピーチフランバ’で、この子は赤みがかった感じがかわいい~でしょう?
11月上旬に早々に降雪がありまして、雪そのものはすぐに溶けてしまいましたが、この子の上にも雪がかぶり、その耐えている感じがけなげだったので記念撮影です。


【PR】一年中楽しめるカラーリーフヒューケラピーチフランバ 9cmポット苗
『いろんなカラーと葉の形がある種類豊富なカラーリーフ「ヒューケラ」
半日陰で十分育つのでシェードガーデンにもってこいです!一年中楽しめる常緑多年草で春から夏にかけて小さな可憐な花を咲かせます。花壇はもちろん、ハンギングや寄せ植えにも使えます。
花は白色』という説明がありました~^0^
価格は、 400円で今の最安値かな?
【PR】 お好みのヒューケラを探そう! at Rakuten


上の小さな写真はお店からお借りしているものですが、かなり黄色っぽい葉っぱの色でしょう?でもこの葉っぱの色はかわるのですよ~
若い葉っぱは葉枝の部分も含め、裏側のほうが真っ赤です。でも表側は落ち着いた感じの黄色みがかった茶色に近い風合い。




この子の周囲には、クリスマスローズの‘バレンタイングリーン’や同じヒューケラの‘オブシディアン’、斑入りのリュウノヒゲなども植栽して、葉色とともに、丸葉や細葉などの形を愉しめるエリアにしております。
さらに奥手には、バラも植えてあるのですけど、ヒューケラとバラって相性バツグンですよね(^_-)-☆

≫ Read More

| 多年草 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこっと伸びたピクシー




【学名】Clematis 'Pixie'  (Fo/m)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Pixie' 
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(3~4月) 小輪のマーガレット咲き ブッシュ咲き
【花径】3 センチ 【高さ】100センチ 【耐寒性】強い
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ピクシー   【別名】ニュージランドクレマチス  【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【作出者】 不明  【交配種】C. petrieiペトリエイ) x C. marmorariaマルモラリア
【用途】鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C034

常緑のクレマチスの‘ピクシー’ですが、どうも葉色が悪いのです。
黒っぽい部分と白っぽい部分が混在中~ 夏場の暑さでやられたのかな?
白っぽいのはうどん粉病の可能性が濃厚です *o_ _)oバタッ彡☆

お花が終わってからず~~~~~っと秋までほとんど動きを見せなかったのですが、9月くらいからツルが伸び始めてくれています。

4月に咲いたお花はほとんど花茎部分を剪定したつもりでしたが、一部花柄部分が残っておりました(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ そう大勢に影響は無いと思うのですが。

現在は南向きの特等席で管理中です。お隣に置いてあるビチセラ系‘メアリーローズ’もごん太の新しい茎を地中から新たに伸ばしているところを見ると、この場所は快適な環境であるはずなのになぁ~
私の水遣りの仕方があまりよろしくないのかしらん?


【PR】クレマチス ’ピクシー’は、 おぎはら植物園さんちで 525円也~ (o^-')b

我家で咲いたものは、もっと黄色い感じが強くでていましたが、咲き進むにつれて少し色はあせてゆく感じでした。
今度こそ挿し芽を育てて、ロックガーデンに使ってみたいです!

クレマチス かわいいピクシーを育てよう~♪ at Rakuten


でも前向きに考えますと、たとえ葉っぱの感じがそう良くなくても、ツルは伸びている最中ですし、そう心配はいらないのかな?とも。
あるいは肥料を施しすぎて、肥料焼けさせてしまった可能性もあるなぁ~

何事もほどほどに・・・ですね(^_-)-☆

≫ Read More

| クレマチス | 13:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソラリスの種がこぼれて・・・




【学名】Viola sororia cvs. 'Fleckles' (ビオラ・ソラリア‘フレックス'
【科名】 スミレ科 Violaceae (vee-oh-LAY-see-ee) 【属名】ビオラ属
【和名】スミレ) 【英名】Viola / Common Blue Violet / Common Meadow Violet / Purple Violet / Woolly Blue Violet / Hooded Violet / Wood Violet
【別名】宿根ビオラ /  吹っかけスミレ
【品種名】フレックルス またはフレックス
【性状】耐寒性宿根草 【花期】4月~6月 
【用途】コンテナ 寄せ植え カバープランツ シェードガーデン ロックガーデン
【原産地】北アメリカ

かわゆくて小さいのに、超~~~強靭かつ繁殖力旺盛!丈夫な宿根ビオラ、ソラリス・フレックスルスが種を落としはじめています。

地植えにしたり鉢植えにしたりしていますが、鉢植えはやめておけばよかったかも!
他の子たちを随分といじめてしまっている様子です :・(`▽´)・: ケケケ

葉っぱもワンサカに茂っているので、先日ばっさり切り落としてみました。
でもきっと枯れることもないはずです。
ソラリスのお隣のちいさな尾花たちや、こぼれた種から発芽した子たちのいい迷惑になっている感じだったものですから、思い切って切ってみました(^^ゞ


イングの森さんちでミステリアスな雰囲気がステキな 原種系ビオラ(宿根ビオラ) フレクレス 1株 498円です。

【PR】 宿根ビオラを探そう! at Rakuten


でもそんなソラリスではありますが、他の子たちが大きくなれないようなところでも元気に育つので、良い脇役になってくれてます。

種はどんどんこぼしてもらい、そして勝手に発芽してもらいます(^^ゞ

後は、春に不要な子だけを間引くという方法でいってみようと思います。

≫ Read More

| タ ネ | 16:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉢植えの竜胆も!




【学名】Gentiana triflora または Gentiana scabra var. buergeri
【科名】リンドウ科 Gentianaceae 【属名】リンドウ属(ゲンチアナ属)
【和名】深山竜胆ミヤマリンドウ)  【英名】Gentian
【別名】竜胆リンドウ
【性状】耐寒性宿根草 【花期】10~11月  【草丈】30cm
【用途】鉢植え 庭植え 花壇 ロックガーデン

ずっと鉢植えの状態で管理中のリンドウが咲いてくれて、私としては秋を満喫中~です^0^

この子は、ホトトギスの白色と紫色、それに白色のスィートアリッサムが一緒に植えてあって、皆一斉に開花しております。毎年、毎年、植え替えてあげようと思いつつ、放置・・・ m(__)m

このままではマズイなぁ~ 大丈夫かなぁ~と心配するもの、ちゃんと咲いてくれるのです。ありがたい、ありがたい♪

この色あいと真っ白なシベがかわいいのですけど、今回は蜂が邪魔してシベの様子を逃しております。




蕾がのんびり開き始めるときが一番好き♪ 蕾があがり始めてから開花するまで、結構じらされるのですが、そこもまたよいのです。

【PR】 リンドウには白色、ピンク色などもあります♪ at Rakuten

今年はアリッサムが真夏の間にもいい感じでずっと咲き続けてくれているので、この竜胆が咲かなくてもアリッサムのおかげでこの鉢は二軍落ちすることなく、夏の後半からこれまでずっと表舞台で活躍してくれております。
宿根草の鉢モノは、どうしても開花時期以外はお世話が疎かになりがちなので、他の時期に咲くものを寄せ植えにしておくと、水遣りを忘れることもありません。

≫ Read More

| 多年草 | 02:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初雪葛の色々♪




【学名】Trachelospermum asiaticum cv.Hatuyukikazura
または Trachelospermum asiaticum
【科名】キョウチクトウ科 Apocynaceae  【属名】テイカカズラ属
【和名】初雪葛ハツユキカズラまたはハツユキカヅラ) 【別名】五色蔓ゴシキカズラ)←実は間違い 五色葛は別の植物です!
【英名】Asian Jasmine 'Hatuyukikazura'
【性状】耐寒性蔓宿根草  【原産】日本、朝鮮半島
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え ロックガーデン

ハンギングにしているハツユキカズラは現在二つありますが、日光が燦燦と降り注ぐようなところでは、葉っぱの色がきれいに変化しています。
若い芽は紅色、それから白色になり、除除に緑色と変化しますが、その緑色のトーンにも時間の経過で深みの度合いが違います。

一方、ガレージの屋根に阻まれてしまって、直射日光がほとんど当たらないほうのハツユキカズラからは白い色や赤い色がほとんどみられません。
でも、ちゃ~~んと蔓はしっかりと伸びてくれますけど。


【PR】ハツユキカズラの苗Trachelospermum asiaticumは、Flower&Green GARDENさかもとさんちで294 円 也~

ハツユキカズラを探そう! at Rakuten


夏にお花もチラホラと咲いていたようですけど、相変わらず写真を撮れずに花期は終わってしまいました(^^ゞ
とにかく丈夫です。夏の間に水切れもおこして(おこさせて)しまいましたが、しんなりとしてしまっても簡単に枯れてしまうということはありません。
虫もつきませんし(^^ゞ

そのほか、適当に挿し穂をとって地面に挿したものも、蔓が延びてくれていて、イロイロなところでちょっとしたアクセントになってます。
でもまだ私が望む大きさにまではなってくれていないので、あと数年もすればアーチなどに絡まりながら、お庭を彩ってくれるようになるかな?

≫ Read More

| 多年草 | 03:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小花を揺らすヒューケラたち




【学名】Heuchera cylindrica 'Greenfinch'  
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  
【品種名】 ヒューケラ シリンドリカグリーンフィンチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】白色 【葉色】緑色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

ヒューケラたちのお花はほぼ終わっておりまして、記事にアップするのが遅くなってしまいました^^;

そろそろお花も感染に終わるヒューケラたち。かなり開花時期に差がありました。
一番開花が遅かったのは‘モカ’で、これは一番日陰に地植えにしてあるからでしょうね。

夏の暑さで‘グリーンフィンチ’などはかなり葉っぱが枯れこんでしまっていたりします。

以前、NHK趣味の園芸で篠原英子さんがヒューケラを紹介されていましたが、様々な色あいの葉っぱを上手に寄せ植えされてました。

しっとりした色あいに仕上げるならば、ローズ系シルバー系にライム系のものをあわせたり、ヒューケラだけでなく、クレマチスやカズラなどの蔓性植物と細い葉っぱのスノードラゴン、あるいは、背丈の高いお花との寄せ植えがオススメであるとおっしゃってました。

我家では、このグリーンフィンチと黒い葉っぱのリグラリアにオダマキとリリオペをあわせた寄せ植えをつくっています。

≫ Read More

| タ ネ | 03:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シルバーリーフの朝霧草




【学名】Artemisia schmidtiana
【科名】キク科 Asteraceae  または Compositae 【属名】アルテミシア属
【和名】朝霧草アサギリソウ) 【英名】 Satiny WormwoodサティニーワームウッドMugwortマグワート) 【別名】Artemisiaアルテミシア
【原産地】日本 サハリン
【性状】耐寒性多年草 【草丈】15~40cm 【花期】9月
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え ロックガーデン ナチュラルガーデン

おかしいな?もう何年もお付き合いしているアサギリソウなのに、このサイト内で検索しても記事がみつかりません。あれれ(@o@)

あまりにも当たり前すぎて記事にし忘れていたみたいです(^^ゞ この子は盆栽が好きだった7年前に亡くなった叔父から生前にいただいた子です。アサギリソウとフウチソウを入れた根洗い盆栽仕立てや地植えにして愉しんでいます。

秋を感じる頃になるとそうそうに蕾を上げますが、私はせっせと蕾は切り取りあまりお花を咲かすことはありません。

この子はフワフワした銀色の葉っぱを愉しむことに決めています(笑) なので記念撮影後は蕾を切り取ってしまいました。でもまたすぐに蕾を上げてしまうのですけど。


【PR】ふわふわとして銀白色の絹の毛のような葉が綺麗です。朝霧草・アサギリソウ 5本は、SORAさんちで1200円也~

アサギリソウを探そう! at Rakuten


叔父からもらった1株から挿し芽をとって殖やし、ちょっとした地面の隙間に植えたりしておくのですが、シルバーリーフが他の子たちの引きたて役となってくれます。
ストレスで心が病んでいるときに、この子のふさふさした葉っぱに触れるといやされます。
まるでビロードのような感触なんですよ~~

≫ Read More

| 葉っぱの姿 | 03:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーワンダーが咲かないっ!




【学名】Campanula cochleariifolia 'Blue Wonder'
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】カンパニュラ属カンパヌラ属
【和名】カンパニュラ コクレアリーフォリア
【英名】Fairies' thimbles 【別名】ベルフラワーBellflower
【品種名】Blue Wonderブルーワンダー) 
【原産地】ヨーロッパ山岳地帯  【花期】初夏
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン

・゚・(ノД`)・゚・。

昨年の秋だったか、地上部がすっかり枯れている状態の苗で購入した‘ブルーワンダー’です。
本来ならば↓の写真のようなお花をとっくに咲かせていなくてはならないはずなのに、ほとんど咲かなかった・・・_| ̄|○


ファーム フローラル様によればC.cochleariifolia 'Blue Wonder' 青いミニバラのようなラベンダーブルーのお花が咲きます。
そう、まるでバラのような花が咲くカンパニュラ!のはずが・・・ ちっとも咲かないのです。
【PR】 カンパニュラ ブルーワンダーをゲット! at Rakuten


こんなことなら満開の状態の苗を買えばよかったのですよね。
カンパニュラは育てやすいものと、すごくデリケートなものがあります。この子はかなり気難しいように思うのですが、育てておられる皆さんはどうでしょう?




4月の頃、芽吹いたときにはそれはそれは元気だったのです。なのに気温の上昇につれて、どんどん元気がなくなってしまいました。
もっともこれには幾つか私が無理をさせてしまったということが敗因。クレマチスのセンニンソウが植えてあるテラコッタに寄せ植えにしてしまったのが、もっともこの子にとってストレスだったのだと思います。

センニンソウは秋に咲くので、私としては初夏にはこの子を愉しみ、秋にはセンニンソウを・・・と構想ばかりが先走ったのでありました。とほほ。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 01:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランネルソウ、輝く!




【学名】Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 または リクニス属
【和名】酔仙翁スイセンノウ) 一人娘ヒトリムスメ) 
【英名】Mullein pink(マイレンピンク) Rose Campion(ローズ カンピオン) Dusty Miller(ダスティーミラー)
【別名】フランネルソウ  リクニス  コロナリア
【性状】耐寒性多年草(または1年草)  【原産地】南ヨーロッパ
【用途】ボーダー花壇 コンテナ ロックガーデン 【草丈】70cm  【花期】5~8月

ボーダー花壇をあまりにも占領してしまったため、昨年かなり間引きまして、今年は大株が数株残っているだけなのですが、それでもショッキングピンクのような赤紫色のような花が咲き始めると周囲がにぎやかになりすぎてしまう傾向のあるフランネルソウです。

日当たりがよすぎる上、土壌もあまりよろしくないっ *o_ _)o彡 というようなところがあったら、お勧めのお花です。まぁ~とにかく屈強なお花であります。

だけれど、シルバーリーフを携えているので、この派手な赤紫色も少し柔らかな印象となります。



【PR】スイセンノウの大苗(フランネルソウ)Lychnis coronaria by Flower&Green GARDENさかもと

フランネルソウを探そう! at Rakuten


この子はお花を咲かせながら、タネをつけ始めてしまうので、こまめに花柄を切り取りタネをこぼさせないようにするのですが、それでもやっぱりこぼれてしまい、結局のところは殖やしてしまうハメになるのです。かわいそうだけれど、新しくでてきた芽は雑草扱いとなり、取り除きます。

フランネルソウだけでなく、梅雨の晴れ間を見て、どんどん伸びてきている雑草や込み合っているトコロを整理しておきませんと、植物も病気になりやすいので私も頑張り中です(;´▽`lllA``


ユニフォームなどの頑固な汚れに洗浄力抜群! ネットブラシ楽リーン(ラクリーン)ってご存知ですか?実は先日野球部に入ったばかりの中学生が親戚にいるのですが、毎日毎日泥だらけ・・・洗濯がとても大変だとこぼしていたのです。そうしたらタイムリーにもこのスポンジがNHKで紹介されていました~
とても良く落ちるのだそうです。私は野球部ではありませんが(^^ゞ 庭仕事で汚れた洋服などを洗濯するのに重宝しそう~~と思い、要チェック中~です・・ヘ(^o^)/

≫ Read More

| red::赤い花 | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライト・ブルーのクレマ!




【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011

昨年は、三番花まで楽しめたクレマチス‘プリンス・チャールズ’♪
鉢植えで管理していおりましたが、秋に地植えにしちゃいました。よって根っこがちゃんと地面と仲良くしてくれているか心配でしたが、昨年の鉢植えと同様か、もしくはもっと蕾をもっているように見えます。

いよいよ一輪目が開き始めると、堰を切ったように皆が競争して咲き始めます^0^

ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪
もちろん、すぅめの小躍りダンスはいつにも増して・・・(^^ゞ


【PR】クレマチス ’プリンスチャールズ’は、おぎはら植物園さんちで、525円也~
ビチセラ系のクレマを探そう Rakutenでサーチ!


ホントに地植えが成功してよかったぁ~~ 冬場には地上部が完全になくなりますし、ともうしますか、がっつりと剪定しておきますゆえ、芽吹くまでも心配ですし、地植えにした場所を気に入ってくれたかも心配だったのです。

≫ Read More

| クレマチス | 02:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。