++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

緊急告知!予約しましょう~^0^

私がいつもアドバイスをいただいている「大和園」さんが交配・育てておられるクリスマスローズの苗たちの先行予約があります。
私も早速クリックしたのですけど、

2010年08月12日 20時00分 ~ 2010年10月04日 23時59分

との限定予約販売となっているみたいです。
このようなすばらしい苗なのに、価格はとっても良心的でびっくり Y(=▽=)Y~☆

クリスマスローズにご興味のある方は、産直花だん屋さんで取り扱いがありますので、是非皆様もクリックしてみてくださいね~ 

もっと紹介されていましたけど、私の独断と偏見で以下の三種をコチラでもご紹介してみました(^_-)-☆






このゴールドは、レッドアイが入るかもしれませんね~~
(∇〃)。o〇○ポワァーン

そして、このお母さんから育ったお子様はどんなお顔立ちかしら?

りんごちゃん♪ もかわぃぃ~~わぁ~~

| クリスマスローズ | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オダマキ三種をゲット(^^ゞ 

Aquilegia vulgaris 'Woodside Gold' - アキレイギア・ウルガリス‘ウッドサイドゴールド’

【学名】Aquilegia vulgaris 'Woodside Gold' または Aquilegia vervaeneana
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】オダマキ属
【和名】苧環オダマキ) 【英名】Aquilegia 【別名】西洋オダマキ 
【品種名】ウッドサイドゴールド
【性状】耐寒性宿根草 【草丈】75cm(花茎を含む) 【花期】春
【用途】地植え 鉢植え
【弊ブログ内関連記事】 オダマキ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月8日


またしても1ヶ月遅れの備忘録です(^^ゞ 加えて、ちっとも魅力的なお写真ではありませんが・・・

7月上旬に入手したオダマキさんたち、三種をご紹介♪ けど、本来購入すべき時期ではなかったので、お花はすべて終わったなんとも貧相な状態で苗は届きました ( ̄m ̄*)゚プッ







オダマキ レプチャンゴールド 2.5...

オダマキ レプチャンゴールド 2.5...

価格:500円(税込、送料別)

乙女咲きピンクフウリンオダマキ ...

乙女咲きピンクフウリンオダマキ ...

価格:700円(税込、送料別)

オダマキ ウッドサイドゴールド ...

オダマキ ウッドサイドゴールド ...

価格:480円(税込、送料別)



今回は、葉っぱに特徴のあるオダマキさんを選びました。
我家では色々オダマキを育てていますけど、葉っぱはほぼ一様な姿&緑色^^;
お花のない時期は、あまり変化がないのです。

【PR】 オダマキを育てよう! at Rakuten


‘ウッドサイドゴールド’は、 黄色の黄金葉種です!レモンイエロー~ライムイエローの素晴らしい葉色で花が咲かない時期もで楽しみ十分です。花色は紫色。けれど、現在はちっともゴールドではありません。

‘乙女咲きピンクフウリンオダマキ’は、花の少なくなる夏から秋の期間に咲くらしいのです。フウリンオダマキとミヤマオダマキとの交配種で、ピンクと白の二色咲きで、オダマキにある距がないのも特徴です。 

‘レプチャンゴールド’ 緑地に明るい黄色の斑がスプレーで吹きかけたように入る華やかな模様の斑入り品種です。花は濃青紫色で、葉が枯れるまで斑模様を保ちます。けど、わが子は、なんだかハダニかなにかで、病気になっているかのようなふうにしか見えず・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

≫ Read More

| 新しい仲間 | 05:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種から~^0^ ブプレウルム

Bupleurum rotundifolium - ブプレウルム - 突抜柴胡(ツキヌキサイコ)

【学名】Bupleurum rotundifolium
【科名】セリ科 Apiaceae 【属名】
【和名】突抜柴胡ツキヌキサイコ) 【英名】Thoroughwax, Hare's Ear, Buplevers, Round Leaved Thorow Wax 【流通名】ブプレウルム  
【原産地】ヨーロッパ
【性状】耐寒性一年草 【草丈】60~80cm 【花期】8~10月
【発芽温度】15~20℃ 春播き(背丈が低め) 秋播き
【用途】花壇 切花 地植え 鉢植え
【撮影】2010年6月21日


(o⌒∇⌒o) ケラケラ

全然、この子を育てているという意識がなかった‘ブプレウルム’です。この子は、発芽した瞬間を知っていたのですけど、バラの挿し芽をしている鉢の中で育ちました。

けれど、ここにタネマキした覚えは一切なかったのです(^^ゞ いったいどうしてここに種をこぼしたのか、皆目見当がつかない私です。お庭にばら撒いたときに、私の指や洋服にでも残っていた種が、すみついたようです(^^ゞ

緑色であるうえ、お星様のようなカタチのかわいいお花を咲かせ、切り花にしても花持ちがよいのです。



フラワーアレンジを作るときに、名わき役となってくれるブプレウルムです。黄色やオレンジの花と合わせると良く似合います。
もう少し水遣りを控えればよかったわん。

【PR】 ブプレウルムを飾ろう! at Rakuten


それにしても、この子が双葉を出したときには、雑草だとばかり思っていたので、危うく引き抜きそうだったのですけど、なんとなくそうしないほうが良いような気がして、そのまま放置。

よかったぁ~ 抜かなくて♪

私は鳥の落し物!?だとばかり思っていて、あるいはマメかスィートピーのような子が育つのではないかと予想していたんです。けれど、びっくり嬉しい出来事でした。
バラの挿し芽をしている鉢でしたから、ちょっと水分大目の環境だったので、やや徒長しているのです。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASHWOOD GOLDの夏

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス アシュード ゴールドHelleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス アシュード ゴールド

【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色  【咲き方】剣弁 一重咲き 【蜜管】ゴールド(golden nectaries
【生産者】Ashwood (アシュードまたはアッシュウッド) 英語版HPはコチラ
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 ドライフラワーなど
【備考】#116  【備考】#117  【入手年】2010年4月

すっかりその時期は終わっているクリスマスローズたち。
種を採取することに没頭していた今季でしたが、案外結実していない子が多くてとても残念。
けれど、ある程度採取したものは、そのままベンレートに浸してからそのまま採り播きしておきました。

お花が終わり、種の収穫が終わった今、あとは夏越しの心配が残っているのです。今日は、シーズン後半に入手してしまったアシュード(アッシュウッド)‘ゴールド’ちゃんたちの話題です。



この子は、原種系のオドルスから生まれた、PINE(パイン)と呼ばれている品種♪
かわいいぃ~~ アッシュのゴールドよりもさらに黄色が綺麗にでているような・・・Y(=▽=)Y~☆

超レア品クリスマスローズ オドルス ゴールド PINEで開花株ですと、前回はほぼ7万円ほどしていました *o_ _)oバタッ彡☆ 七萬円ですよぉー どうやったら買えるの? 私には無理だぁー

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


手元に届いたときには、小さな三枚の葉っぱしかない本葉がそれぞれに二枚ついているだけでしたが、どうやら鉢増し後にも無事根っこが活着してくれたようで、新たにきれいな黄緑色した本葉が真ん中から伸びてくれました~
ここまでくれば、なんとかなりそうです。

よかったぁ~~ あと二年は咲きそうもないチビ苗ながら、私にとっては高価でしたし、この子が元気に育ってくれることを願うばかりなのです。こんな葉っぱの姿を残しておくことも、開花したときに振り返って思い出すとその成長振りが比較できて懐かしく思える日がくるかしらん。

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス アシュード ゴールド
本当にゴールドネクタリーな黄金色のお花が咲くかどうかは微妙ですが、葉っぱの黄緑具合はまさにゴールド系の特徴をよくあらわしているような黄色さです。
他の実生からそだっているチビ苗たちにも、若い葉っぱを展開させているものがありますけど、ここまでは黄色に近いいろにはならないように思います。

Helleborus x Hybridus
ヘレボルス ヒブリドゥス
(通称:クリスマスローズ)
2010年6月17日撮影



ただちょっと気になるのは、そう草丈が高くない点。
みっちりと太っているといえば、そうなんですけど。
ゴールド系は育てにくいようなので、これからも観察を続けてゆきたいとおもいます。

あっ、ゴールドといえば、我家にあるフェチダス‘ゴールドブリオン’様。
あんなに沢山お花は咲いたというのに、結実は数えるほどしかなく、唖然。しかも採取できたものも充実していなさそうな雰囲気 ( ノД`)シクシク… 
無数の種ができるとばかり思っていましたが、そうこうしているうちに茎は腐り始め、茶色に変色^^;
がっかりです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 09:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

越冬しちゃった!金盞花

Calendula officinalis - カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)Calendula officinalis - カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)


【学名】Calendula officinalis
【科名】キク科 Compositae 【属名】カレンデュラ属 または キンセンカ属
【和名】金盞花キンセンカ) 【英名】カレンデュラ 【別名】ポットマリーゴールド
【原産地】南ヨーロッパ 地中海沿岸
【性状】一年草 エディブルフラワー(食用花) 【草丈】30~90cm 【花期】3~6月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー サラダ 

このカレンデュラ(金盞花)は、昨年タネをまいてそだてたもので、私は初めて育てたわけですが、この子は一年草で、越冬はしないとばかり思っていました。ところが、越冬し5月の半ばくらいからまた咲き始めるようになっています。

昨年の春に種を播いた子なのです。無事に咲いたことは咲いたのですが、梅雨の時期に開花していて、あまり立派なお花は咲かず、花数もそうおおくはありませんでしたが、越冬後の今年の株は大きくなって、お花も立派です。太陽をそのまま地面で鑑賞するような輝きを放つ草花ですね。

少し春先に移植してみたものも無事に開花♪あまり派手さの無い我が庭で、一番明るい花色になっています。


【PR】市場価格の半額以下!量はたっぷり高品質!花たね キンセンカ芸者ガール 1袋 (0.4g)は国華園さんちで50円~ 
何? 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 芸者ガールって・・・(@o@) 笑える~ 

カレンデュラを探そう! at Rakuten


昨年は計画倒れで、花びらを採取できませんでしたが、今年はたっぷりと採取できそう~
この花びらを乾燥させて、オイルに浸したもので、ハンドクリームなどを是非是非作りたいものです!
でも、モンシロチョウがフワフワと飛んでいるので、そろそろアオムシの危機も訪れているようで、葉っぱが結構かじられたりしています。丸裸にならないように捕殺しなくてはね。かわいそうですが。

Calendula officinalis - カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)
あっ、そうそう! 
この子のお隣に今年はミニトマトの苗を無理やり植え付けました~ (笑)
あまり悠々とした場所ではないのですけど、今年は久しぶりにトマトの苗を3苗購入~ また次回お花でも咲いたらご報告しますね(^_-)-☆

Calendula officinalis
カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)

2010年5月21日撮影



そのほかカレンデュラのお隣には、昨年は咲かなかったカモミールも旺盛になり、そろそろお花が咲きそうです。ちょっとこの辺りは、野原のような感じになっています。

≫ Read More

| おいしい系 | 03:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄色のクリスマスローズにも種!

Helleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥスHelleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥス


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】黄色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#003

ワサワサに茂り始めた葉っぱの陰に隠れるようになっているクリスマスローズの花たちですが、いよいよ子房の鞘が割れてこぼれはじめそうな雰囲気。

三輪だけ残した黄色のクリスマスローズの花のうち、二輪には子房が太り、一輪は受粉できずでした。
それでもかなりパンパンになってきていて、たくさんのタネが採取できそうです。

ハンギングにしてあるものは、5月になってから二輪目が開花していて、今が満開(^^ゞ
一方、地植えの子はタネの採取時期となっていて、その差が大きいです。

【PR】ゴールドのクリスマスローズを育てよう! at Rakuten



私としては初年度に開花したときのように、もっと深い濃い黄色になってほしかったのですけど、思ったほどには山吹色になってくれませんでしたが、それでも黄色い色したクリスマスローズは我家では数えるほどしかありませんので、もう少し殖やしたいのです。
子房がすっかり膨らんでいる今は、黄色だった片鱗はなく、お花は緑色をしています。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた2種、三株をお迎え~

Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系Helleborus hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス 八重咲き系


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ 【花期】2月~4月  
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】ゴールド 黄色  【咲き方】剣弁 一重咲き  【蜜管】ゴールド
【生産者】アシュードAshwood) 野田交配
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#116~118  【入手年】2010年4月

今度こそ今年最後の入手苗となるはずのクリスマスローズです。( ̄m ̄*)゚プッ
先日、半値の半値になっていた子たちをご紹介しましたけど、今回は以前から欲しくて欲しくて仕方がなかった、アシュードの「ゴールド」様のご案内。残念ながら売れ筋ですので、値段はバーゲンではございませんでした。
清水の舞台からまっさかさまに飛び降りた感じです(;´▽`lllA``

クリスマスロー2種、3苗です(^^ゞ
ホントに山吹色のゴールドになってくれるのか?微妙ですけど。実生苗ですからぁ~~
またオバカな私は騙されるのかもしれません。( ̄m ̄*)゚プッ 今年の運試し的な買い方であります。
開花株ですと、もうホントにお高いですし、ギャンブルではありましたが、チビ苗お迎えです。
二年後に咲いたお花を見て、またがっかりするのかなぁ~ ~(〃´o`)=3  性懲りもないワタシ。

【PR】 お気に入りのクリスマスローズを見つけよう! at Rakuten


今年は友人から素敵なダブル咲きのパープル系をいただいたので、購入する必要もなかったはずですのに、野田さんちの交配種(お初!)も一緒にゲットしちゃいました。
だって、パープルではなく、ダーク系となっていて、運がよければ黒色にダブルになってくれる模様だったのです。
お店のお写真は黒色のダブル咲きのものが使われていて、いかにも黒色が咲く雰囲気でしたけど、注釈には、赤紫色~紫色~黒色のいずれかが・・・的なことが書かれておりました。なのでお写真のとおりに咲く確率はきわめて少ないと予想しています。

どの子も再来年以降にしかお花は咲きません・・・ 

≫ Read More

| 新しい仲間 | 07:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地植えのほうの黄色系ヒブリドゥス 

Helleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥスHelleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥス


【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】黄色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#003

昨年が初開花でしたので、今年はもう少し大きく育ってくれると思っていたのですけど、イマヒトツ^^;
花茎が1本しか伸びてくれませんでした。その花茎に蕾は4つほど。

先日の記事でもご紹介したように、同じラベルの苗でもハンギングにしてあるほうには、スポットが現れていますが、この地植えにしてあるほうは花弁(ガク弁)にソバカスやベインなどは一切無くて済んでいる感じ♪

上の二枚と下の二枚の写真の時間差は、2週間ほどです。

Helleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥスHelleborus hybridus - ヘラボレス・ヒヴリデゥス


ただ私のキオクは曖昧ですけど、昨年のほうがキイロが強くでていたような気もします。それはお花が小さかったから、そう見えたのかな?

Helleborus hybridus- ヘラボラス・ヒブリドゥス

昨年のお花は初開花だったので、とっても小さくて花弁(ガク弁)も完全に丸弁でかわいかったのですけど、今年の顔立ちはすっかりオトナ顔になってしまいました。そこがちょっと残念。

キイロのクリローも初開花!」の記事へジャンプします

背景に写っているニゲルの八重咲きは移植してしまったので、風通しが良すぎ(笑)



株元には昨年の春に種から育てたカモミールと、手前にはやはり種から育てたダイアンサスがいますが、春の到来が遅い我家ではまだお花は一輪も無く・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

【PR】ゴールドのクリスマスローズを育てよう! at Rakuten



お花がキイロのせいか、葉っぱも明るい黄緑色です。もちろん時間の経過とともに、濃い緑色に変ってしまいますけど。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビクトリアナも初めて越冬!

Primula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラックPrimula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ ビクトリアナ シルバーレース・ブラック


【学名】Primula Victoriana Silverlaced Black  または( Primula x polyantha
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】ビクトリアナ シルバーレース ブラック 
【英名】Primrose (プリムローズ) 【別名】桜草サクラソウ
【原産地】コーカサス 【性状】耐寒性宿根草
【花色】黒色 【草丈】 20cm 【用途】寄せ植え 鉢植え ハンギング 地植え 

昨年来、フェチダスとヒューケラ‘キャラメル’とともに寄せ植えにしているプリムラ・シルバーレースも無事に越冬が叶い、二度目の春を迎えはじめました(^_-)-☆ 手元にあるプリムラの中でも大のお気に入り♪です。
縁取りが黄色のゴールドレースのほうは地植えにしているためか、ちょっと今年は目覚めが遅く、しかも一株は天に召されてしまったような感じです。しゅ~~ん。

我家のキョウレツな霜と低温はやはりプリムラちゃんたちにとってはかなり過酷である模様。
冬の間、この鉢はずっと軒下で管理していたというのに、葉っぱには茶色の枯れこみも見られます。

【PR】 シックな寄せ植えにもオススメ ^^ ビクトリアナシリーズ at Rakuten


それでも復活してくれてみたら、案外花数も多くていい感じです♪
私はどうもプリムラ系を育てるのがニガテで、あまり殖やすことができないのです。
この子はとってもかわいいので、秋には株分けをして保険をとりたいと思っているのですが。

≫ Read More

| black::黒い花 | 03:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるで金色なるフェチダス

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’


【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

ホントにこの寒さの中で、長い間愉しませてくれるなぁ~とあらためて感謝しているのが、フェチダス‘ゴールドブリオン'です。11月末に開花してから、次第にお花の鈴なり状態&発色に凄みが増してきています。

ただ、残念なのが冷害によるシミのようなものが多数見られる点です。

はじめは病気に罹ったのではないかとやきもきしましたが、やはり寒さによって凍みてしまったために、花首の周辺に少し灰色~茶色の斑点のようなものがでてしまいました。
遠目で見る分にはあまり気にならないのですけど。


【PR】花は黄緑色の丸弁鈴咲きで葉は細かく切れ込みが入った黄色い葉が特徴の!!クリスマスローズは、花と雑貨・あとりえピルツハウスさんちで2,980円也~

すでにかわいいテラコッタに植えつけられていて、鉢増しする必要もなさそう~
お得感がありますね~~ (^_-)-☆
フェチダスを探そう! at Rakuten


通常の緑色したほうのフェチダスには痛みはないのですけど、この子は開花時期が年明け前だったこともあり、寒さに順応しきれなかったのでしょうね。それにこの子は、もともと色白といいますか、茎の部分にしても、黄色~白色でして、いかにも弱弱しい色あいなんです。

ですけれど日にちの経過とともに増してきた黄金色の葉っぱたちは、太陽の光を浴びようものなら、光り輝くほどで、お写真ではお伝えしきれないほどにゴージャスですY(=▽=)Y~☆

株元から伸び始めた来年の花茎も、初めのうちは古い葉っぱに守られるようにしていましたが、最近になって古葉から頭を出し始めています。もっとも2枚ほど古葉を切って、太陽が当たるようにとお手伝いもしましたが。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉っぱが渋い‘カシスレッド’

Helleborus  x Hybridus 'Cassis Red' - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)‘カシスレッド’Helleborus  x Hybridus 'Cassis Red' - ヘレボルス・ヒブリドゥス(クリスマスローズ)‘カシスレッド’


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids 'Cassis Red'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥスカシスレッド’ 
【流通名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など  
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【英名】 Lenten rose (hellebore)  / Garden Hybridus
【生産者】MIYOSHI (ミヨシ) (カシスレッドのページへ
【性状】耐寒性常緑多年草  -15℃ 無茎種  メリクロン苗 
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】明紫色 ~赤色 【咲き方】一重咲き 丸弁 スポットなし 【蜜管】臙脂色~紫色
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#035

本日2月19日からは東京・池袋サンシャインシティで「クリスマスローズの世界展」が開催されるのです。
あぁ~~こういうときにお仕事を休めない自分も東京に生まれることが出来なかった自分が恨めしい。

やはり行くなら初日ですよね(^_-)-☆

今年は世界初公開の「ダブルゴールドネクタリー」が目玉。ホンモノを間近に見てみたいっ (∇〃)。o〇○ポワァーン

今年も引続きゴールドネクタリー種は希少品種でまだまだ高価かつ数が少ないっ。私などまだまだ高値の花です。

でもそんなことを考えていると、他のわが子たちがヘソを曲げそうなので、今日の主役の‘カシスレッド’ちゃんの話に修正、修正(^^ゞ 今は先日降った雪がすっぽりとすべての鉢が埋もれてしまっておりますが、上記のお写真はちょうど雪が無かったときに写せたものです。

この子も今年が初開花予定です! 赤花系は地植えにしてあるものが一株しかこれまでナマで咲いているところを見たことがないのです。
MIYOSHI様のHPでも『丸弁の花は濃いローズパープルでネクタリーもローズ色になります。落着きの中に華やかさを秘めた魅力的な花色です。 』と解説があるように、ネクタリー(蜜管)部分も赤くなるのですぞ~


クリスマスローズ ‘カシスレッド’は、おぎはら植物園さんちで735 円ですぞ~

MIYOSHIさんちのオンラインショップですと、1,250円なのです。
メリクロン苗ですから、全く同じもの^^; なのに小売店のほうが値段が安いのねぇ~ミミミ

【PR】 カシスレッドを育てよう! at Rakuten


上のお写真の一枚目は、いよいよ蕾らしい子が見えてきたときの記念撮影。

そして二枚目(左側)は、屋外で管理中のほぼ今期が初開花予定の鉢たち。
その中にあって、ひときわ葉っぱが黒っぽい(赤っぽい)のです。
寒さで葉っぱが痛んでいたり、伸び具合が一様でないのですが、そのあたりは素人なので、ご愛嬌(^^ゞ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

口紅を引き始めたフェチダス

Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

12月の末から咲き始めている古参のフェチダスですが、やっと赤い口紅をさしはじめました。

はじめのころは緑色一色でしたが、やはり口紅をつけはじめると、表情豊かになりますね~(^_-)-☆

フェチダス‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうがかなり寒さでお花が痛んでしまっているのに、こちらは、お花に痛みがほとんど見受けられません。‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうがやや寒さに弱いようです。

株元からあがっている二本目の花茎からもいよいよ蕾があがってくれているので、まだ二年目の株ですのに、これだけ立派に育ってくれたらもういうことなしです!



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



まだまだこの子はゆっくりと先進んでゆくので、満開の時期を迎えるまでには1ヶ月はかかると思います。
また満開となったら撮影会をひらかなくちゃ!といっても参加者は私だけですけど( ̄m ̄*)゚プッ

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キンセンカが越冬中(@o@)

Calendula officinalis - カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)Calendula officinalis - カレンデュラ - 金盞花(キンセンカ)


【学名】Calendula officinalis
【科名】キク科 Compositae 【属名】カレンデュラ属 または キンセンカ属
【和名】金盞花キンセンカ) 【英名】カレンデュラ 【別名】ポットマリーゴールド
【原産地】南ヨーロッパ 地中海沿岸
【性状】一年草 エディブルフラワー(食用花) 【草丈】30~90cm 【花期】3~6月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー サラダ 

そういえば、園芸種のカレンデュラ(フユシラズ)は、こぼれ種から秋には発芽して、寒さのなかでも元気!
春早々にはまるで雑草のごとく咲いたりしています。

このカレンデュラは、大型の食用のいってみれば、ハーブ類。園芸種のキンセンカとはまたちょっと違うのです。
春に種を播きまして、幾つか開花したものですが、地植えになっているものが三株ほど雪に埋もれつつ越冬中~

私はすっかりこの子は一年草で、降雪の後には枯れて無くなってしまうとばかり思っていたのですが、そんなことはなくて、雪に見舞われても元気なんです。
それに株そのものも巨大化!


【PR】市場価格の半額以下!量はたっぷり高品質!花たね キンセンカ芸者ガール 1袋 (0.4g)は国華園さんちで50円~ 
何? 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 芸者ガールって・・・(@o@) 笑える~ 

カレンデュラを探そう! at Rakuten


梨本氏著書の「西の魔女が死んだ」を読んで、この子がサンドウィッチの具材のヒトツに取り上げられていたので、私も食べてみたーい^0^ と思い、育て始めたものです。
確かに通常のサンドウィッチとは違った味わいといいますか、なれないと美味しいとは感じないかも?
それにこの子の花びらをオリーブオイルやスィートアーモンドオイル漬けにして、保湿クリームとして使ったりしております。

≫ Read More

| ハーブ | 06:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒さで痛んだ・・ゴールドブリオン

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’


【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

さてさて、かわいくて仕方がない‘ゴールドブリオン’ちゃん。
今年も何枚この子を対象として記念撮影したことか! まだまだ記念撮影することになると思いますけど。

寒くなってくるとヒトツ撮影での愉しみができます。

空気が凍るので、自分でレンズに息を吹きかけますと、簡単フィルターができまして加工しなくても面白い写真が撮れたりするのです。
あまりにも強い陽射しのなかで撮影するときにも有効です^0^

ところがそんなふうに撮影を愉しんでいる場合ではなかった _| ̄|○
なんと蕾に灰色っぽい部分が多数見受けられるではありませんか!


【PR】花は黄緑色の丸弁鈴咲きで葉は細かく切れ込みが入った黄色い葉が特徴の!!クリスマスローズは、花と雑貨・あとりえピルツハウスさんちで2,980円也~

すでにかわいいテラコッタに植えつけられていて、鉢増しする必要もなさそう~
お得感がありますね~~ (^_-)-☆
フェチダスを探そう! at Rakuten


クリスマスローズの中でもちょっと寒さによわいフェチダス。この‘ゴールドブリオン’は通常のフェチダスよりも色あいが黄色っぽく、さらに寒さに弱いようです。

どうやら寒さにやられて痛んでしまっている様子。あわててさらにマルチングを殖やしたり、夜間は軒下からさらに厳寒内に取り込むようにしましたが・・・ がっかり。
それでも茎そのものにはダメージは無い様子なので、なんとかやり過ごせるかな。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのフェチダスも!

Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

古参のフェチダスといっても古参の子たちは次々に天に召されてしまい、まだ二年目のフェチダスもようやく開花しはじめてきました。先にご紹介している‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうは、すでに満開の状態になっているというのに、随分と遅れをとりました。

でも株そのものの大きさは倍以上ありますし、花茎も蕾をもっているものがもう1本あります。
小さなほうはそうたくさんの蕾はなさそうですが。



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



咲き始めですので、まだ口紅の色ははっきり出ておりませんが、来年の成人式の頃にはたぶんはっきりと赤色の口紅もあらわれてくると思います。
‘ゴールドブリオン’のほうには口紅はないのかと思っていましたら、少しだけ口紅が現れてきていますし。
まだまだ見逃すことができないところを存分に供えた子たちです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンク系ピコティダクネクタリー(シングル)

Helleborus x Hybridus - ヘレボルス ヒブリドゥスHelleborus x Hybridus - ヘレボルス ヒブリドゥス


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス 
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス シングル ピンク系ピコティダークネクタリー(N-02)
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】不明 【咲き方】一重咲き シングル 【蜜管】不明
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【耐寒温度】-15℃
【生産者】WAKAIZUMI 
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#080

さて、この12月に入手したクリスマスローズですが、記録のため個々にその様子を記しておきたいと思います。
WAKAIZUMIさんちの苗は前回もそうでしたが、今回もしっかりとした健康な苗で大満足^0^

やはり今回はピコティ系に目を奪われ、3種購入したうちのひとつです。
春から成長した葉っぱは濃い緑色をしていますが、最近伸びた葉っぱのほうはまだ黄緑色で、とても生育具合がよいとわかります。愉しみだなぁ~
ワクワク


クリスマスローズ開花株 アシュードコレクション”シングル イエローピコティ-”は、テーブル・ガーデンさんちで5,040円也~

次には黄色のピコティも欲しいなぁ~ 積み立て貯金してゴールドネクタリーもゲットしたいですし(^^ゞ

【PR】 まだまだ欲しいなぁ~ クリスマスローズさん! at Rakuten


葉っぱの数は全部で5枚。
春に延びたものは葉っぱがまだ楕円を描いておりますが、最近あがった葉っぱは大人な感じになって、細長い形をしはじめています。
購入後には早速鉢増ししたのですが、鉢増し後にキョウレツな寒気団がやってきてしまって、少し心配でしたが、今のところは被害は無いみたいです。
鉢増し後には軒下で管理中です。

≫ Read More

| 新しい仲間 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年目のフェチダスもいよいよ

Helleborus foetidus- 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

お引っ越し後、第一弾の記事はやっぱりクリスマスローズでした♪
今日から12月、いよいよ暦もあと一枚を残すのみ。一年はあっという間です。

さて、今日はフェチダスをご紹介^0^ 黄色っぽいお花の‘ゴールドブリオン’のほうはとっくに満開ですのに、この子はなかなか花茎が太らなかったので心配でしたが、ここにきてどうやら蕾がてんこもりになっているらしいことを発見♪

実はこの子は梅雨のころだったか、タネが落ちる前に花茎が腐ってしまったので、とてもあわてふためいたのです。ベンレートの粉をたっぷり振りかけて様子を見ておりましたら、無事あらたに花茎があがってくれたのです。~(〃´o`)=3
そんな事情もあって、少し復帰が遅かったのかもしれません。



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス

フェチダスの場合、有茎種なのですが、昨年咲いた花茎は枯れてしまい、新たに伸びた花茎にお花が鈴なりに咲きます。

で、この子。

くっさ~~~

これまでで一番ヒドイ異臭を放つタイプのフェチダスでありました。お花が咲いてから異臭を放つのだろうと思っておりましたら、すでにクンクンするとニオっております^^;
ゴールドブリオンのほうからは、ほとんどニオイはでないのにねぇ~ 同じフェチダスでもかなり差があります。

なので、玄関に程近いところには、この鉢は置けません(^^ゞ
ちょっと人から離れたところに置きませんと(笑) 足元の‘ヒューケラ’や‘プリムラ’も元気で、先日は‘プリムラ’も狂い咲きしておりました。今年はどうも気候が変。
狂い咲きする子が多いような気がします。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄金色のフェチダス カイカセリ!




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

なんと! 年内にクリスマスローズが開花したのは初めてです! そうこれまではちっともクリスマスの時期には、我家にはクリスマスローズは無く、春のお花だったのですが、今年は違うのです。

しかも、このゴールドブリオンは、昨年購入したばかりで、苗も小さく10センチも背丈はなかったですし、まさか今年中に咲いてくれるとは思ってもいませんでした。

なので私の小躍りダンスにもチカラが入ります!

ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ ヘ(^^ヘ)ヘ(^^ヘ)ヨイヨイ(ノ^^)ノ(ノ^^)ノヨイヨイ 

現在は、草丈も30~40センチくらいはあるでしょうか。名前のとおり、ひときわ黄金色に輝いております。




それどころか、葉っぱの色がゴールドになってくれないので、正常に育っているのかどうかすら、不安だったのです。ところが、花茎の先端がきれいな黄緑色になったかと思ったら、ぷっくりと膨らみ始め、10月の半ばには、蕾が見えてきたのです。

遂に開花です (∇〃)。o〇○ポワァーン

はじめは狂い咲き?かと思い、摘雷せねばならないかとも迷っていたのですが、そのまま様子を見ていたら、どうやら蕾の数も一個やニ個ではないですし、これは本格的な開花の予感♪と胸躍らせつつ、待っていた私~ もちろん小躍りダンスです!

シャカシャカ ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ  ""8(^∇^8)(8^∇^)8"" シャカシャカ

古参のフェチダスは口紅をつけていますが、この子はどうやら口紅はないみたいです。
紅色の変わりにうっすらと白色の縁取りがあるようです。
あのフェチダスにありがちな、クサイ匂いもほとんどないのが、また嬉しい!(笑)


【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2980円也~
私は昨年おぎはら植物園さんで1200円で購入しましたが、開花株ですと3000円ほどするんですね ♪(゜▽^*)ノ⌒☆ なんか得した気分です(笑)

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten


古参のフェチダスのほうは、まだ蕾は上がっておりません。同じフェチダスなのに、どうしてなのかしら?
このフェチダス‘ゴールドブリオン’はプラ鉢で、古参のフェチダスのほうは、素焼きの大鉢で育てており、差はそのくらいなものなのですけど。

もっとも古参のフェチダスのほうも、ぷっくりと花茎が膨らみつつあり、蕾が見えそうな見えなさそうな感じですが、年内に開花するかどうかは確信が持てないのです。でも随分ぷっくりと花茎の上部が膨らんできているので、蕾をかかえてくれていることは確かです!

先陣を切って咲いてくれた黄色のフェチダス‘ゴールドブリオン’のかわいらしさ~ 本当にうっとりです!(∇〃)。o〇○ポワァーン

≫ Read More

| クリスマスローズ | 03:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハンギングと地植えの黄色系 




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘラボレス属 または ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  レンテンローズヘラボレ
【流通名】ガーデン・ヒヴリデゥス / ガーデン・ハイブリッド / オリエンタリス系 / クリスマスローズ など
【別名】雪おこしユキオコシ)  冬姫牡丹フユヒメボタン
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 マイナス15℃ メリクロン苗 【花期】2月~4月
【草丈】40センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色  【咲き方】剣弁 一重咲き スポットなし
【蜜管】黄色
【生産者】駿河(クレマコ-ポレ-ション)
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#070

地植えのほうの黄色のヒブリドゥスは、今年の春に2~3輪ほどだったと思いますが、開花してくれたのに、このハンギングで管理している子のほうは、残念ながらお花が咲かなかったのです。

今年こそはと春に用土をリフレッシュしておいたので、この秋はそのまま様子をみているのですが、新たに葉っぱが伸びてくてくれて、~(〃´o`)=3
よかったぁ~

Helleborus hybridus- ヘラボラス・ヒブリドゥス

黄色といっても様々ありますが、この子はライト・イエローとでも申しましょうか。明るい黄色の花が咲きます。でも私はここ数年話題に上っている「ゴールド」が欲しいなぁ~とまたしても欲を出しているのでありました(笑)

キイロのクリローも初開花!」の記事へジャンプします

背景に写っているニゲルの八重咲きですが、この子とあまりにも接近しすぎて、風通しが悪くなってしまったので、移植しました・・



でも、このやわらかな葉っぱ、あまりにも晴天すぎた日に萎びてしまったときがあり、(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
大丈夫かしらと心配でしたが、なんとか復活 ホッ

一応、ハンギングにしてある場所は、あまり直射日光は当たらないようにしてあげていたつもりだったのですけど。もっともこれからの時期は直射日光がバンバン当たるくらいで管理しませんと、お花のつきがよくないはずです。


【PR】開花株!クリスマスローズ■一重咲き-ゴールド・微フラッシュ329は、価格は、花*こてつplantsさんちでなんと8,190円也~ まだまだ高いなぁ~^^;

ゴールドのクリスマスローズを育てよう! at Rakuten



このクリスマスローズは、クレマチスの苗を生産している駿河(クレマコーポレーション)が扱っている苗です。私はいつものおぎはら植物園さんちでゲットしたのでありました!
しかもすでに入手していることを忘れて、半年遅れで購入し、二株になってしまったわけです。

そんな経緯もあり、同じメリクロンでの地植えとハンギングの生育具合を検証中~なのです。

≫ Read More

| クリスマスローズ | 21:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

果たしてゴールドになるのか!




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

購入したときには、確かに名前のようにゴールド、つまり黄色が強く現れていたフェチダス‘ゴールドブリオン’だったですが、あれから約9ヶ月。大きくのびのびと成長してくれたものの、背丈はともかく色がぁ~~~ とんどん緑色に変化中です(;´▽`lllA``

これでよいのか?

夏越し中は半日陰で管理しておりましたが、まだら日陰を作って上げられなかったのがよくなかったのか、あるいは冬の気温が低いときにだけ黄色になるのかしら?

まだ丸一年経過していないし、二年生苗でゲットしたのでよくわからないのです。

通常のフェチダスと比べてみても、葉色にあまり違いがないのです。ほんの少しだけ黄緑色が強い感じはあるのですが。




でも、気を取り直して見守りつづけることといたします。
身長もさることながら、株元には2本の花茎らしいものが上がっているような・・・ それとも葉っぱだけかしらん?新たに展開している葉っぱは柔らかな黄色が強いようにも見えます。

花茎の先端部分はふっくらとしているので、どうやらお花が仕込まれている模様です。


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい Y(=▽=)Y~☆
私はおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



昨年、古参のほうのフェチダスからタネを取ろうとしたのですが、水をやりすぎてしまったせいで、あともう少しでタネが結実しそうだったのに、花茎が腐ってしまって・・・ ヘ(x_x;)ヘ
株全体が腐ってしまったらどうしよう~~と思いましたが、べンレートを降りかけたのが幸いしたのか、その後は順調に育っています。古参のほうはまた次回ご紹介しますね~(^_-)-☆

≫ Read More

| クリスマスローズ | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンデュラがようやく開花^_^;




【学名】Calendula officinalis
【科名】キク科 Compositae 【属名】カレンデュラ属 または キンセンカ属
【和名】金盞花キンセンカ) 【英名】カレンデュラ 【別名】ポットマリーゴールド
【原産地】南ヨーロッパ 地中海沿岸
【性状】一年草 エディブルフラワー(食用花) 【草丈】30~90cm 【花期】3~6月
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー サラダ 

通常ならば初夏までには開花するのでしょうが、我家では7月に入ってからようやく開花。
今回、カレンデュラを種から初めて育ててみました。

いわゆるキンセンカ。小さいときから身近で咲いていた花なのですが、最近になってこの子って色々な効能があることを知り、たくさん育ててみたくなったのです。

でもね、相変わらず場所がないっ。なので思ったほどにはたくさん育てることはできず、チマチマと花びらをとって乾燥させているのです(^^ゞ

さてどんな効能があるのか!


【PR】市場価格の半額以下!量はたっぷり高品質!花たね キンセンカ芸者ガール 1袋 (0.4g)は国華園さんちで50円~ 
何? 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 芸者ガールって・・・(@o@) 笑える~ 

カレンデュラを探そう! at Rakuten


カレンデュラの成分には、お肌を労わり保湿効果があるのだそうです!お花から取り出した精油を切り傷や火傷などの外傷に塗るのが伝統療法として知られています。
それにルテインというカロチノイドを豊富に含むので、眼精疲労を回復させるらしく、この成分が入っているサプリメントなどは眼精疲労や白内障の方へのサポートにも役立っているらしいです。


◆ モンドセレクション最高金賞受賞商品 ◆『ルテインα』高純度ルテインを1粒に凝縮は、手軽に摂取できますね。
こちらはマリーゴールドからルテインを取り出しているようです。



定期購入して母娘で飲みたいと思っているトコロです。ブルーベリーのサプリメントと併用すれば、かなり目の疲れに効き目がありそうです。
私はPC画面の見すぎ?で目がしょぼしょぼ。母は白内障でしょぼしょぼな状態。
加齢が進むとサプリメントはかかせませんねぇ~

≫ Read More

| アロマ・手作り | 02:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅白揃踏みのケマンソウ




【学名】Dicentra spectabilis Lemaire‘Alba’
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae 【属名】コマクサ属 または ディケントラ属
【和名】華鬘草ケマンソウ) 【英名】Bleeding Heart  
【別名】鯛釣草(タイツリソウ) フジボタン キンチャクボタン ケマンボタン ヨウラクボタン
【性状】耐寒性宿根草  【花色】白色  【花期】4~5月
【原産地】中国、朝鮮半島 

嗚呼、またしても残念な出来事がっ _| ̄|○

白色の‘アルバ’は二株あり、昨年もちゃんと咲いてくれていたのです。
今年、一株が1センチほど芽が出たところで、消滅してしまいました。
一体、何があったのかしら?

がっかりです・・・

もしかするとギボウシを植えつけたときに、根っこをいじめてしまったのかもしれないなぁ~
冬の間はすべて枯れてしまっていますので、ややもするとザクっとやってしまったりするのです。

でも、こうして再び紅白めでたいお花は咲いてくれたので、この子たちを大きくすることに専念することにします。

やっぱり白花のほうが、ちょっと性質的にも弱いのかもしれませんね。


【PR】 タイツリソウ ゴールドハート 4号鉢入 1株は、e-フラワーさんちで 1,200 円也~

ケマンソウを育てよう! at Rakuten


葉っぱが黄色の‘ゴールドハート’ですが、この葉っぱの色で花色が白色のものが欲しいわぁ~
存在しているのかしら?

≫ Read More

| シェードガーデン | 02:53 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大好きなブラックバロー^m^




【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Black Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブラック・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ) 【英名】 Granny's bonnetまたはColumbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花期】4~5月  【草丈】50~80センチ
【用途】ボーダーガーデン シェードガーデン 庭植え 寄植え 鉢植え 

今、我家で一番株数の多いのが、この‘ブラックバローです’。10株ほどでしょうか。
タネから育てたのものたちです。
まだ満開にはまだ少し早いのですが、それぞれの株には、どれにも花が咲いていて、重なった花弁を風に揺らしています。

今年は、なぜだか八重にならず一重だった子もありました(^^ゞ



【PR】 オダマキ ウッドサイドゴールド ポット入苗 1株380 円 by e-フラワー
黄金色の葉っぱのオダマキ、気になるなぁ~

西洋オダマキを探そう! at Rakuten


オダマキにはたくさんの種類があり、花色や咲き方も様々。
まだまだ欲しいオダマキもたくさんあります(;´▽`lllA`` 一年草と違って開花までに時間はかかりますが、財政上の理由からタネを入手して育てればたくさんの株を群生させることも可能です。

加えて、こぼれタネからも結構発芽して、自然に子孫繁栄してくれるところもよいところ。
ただし、いろんな種類を育てていると自然交配して、親株と違う花が咲いてしまうことも。
でもそれがまた楽しいところで、自分だけのオリジナルの花を見ることができるかもしれません。

≫ Read More

| オダマキ | 14:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉っぱがワンサカ吾亦紅




【学名】Sanguisorba officinalis
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅吾亦紅 (ワレモコウ)
【英名】Great burnet / Blood wort など  【別名】 吾木香、我毛紅 (ワレモコウ)
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ  【用途】庭植え 鉢植え 

毎年のことながら、春の園芸作業が忙しく、秋の準備をおろそかにしてしまう私・・・
今年こそは、秋にもキレイな花を絶やさぬようにしたい!と秋に咲くお花のお世話に頑張っている昨今です。
が、まだまだ不充分(^^ゞ

カテゴリーの投稿件数を見ても、「春に咲く花」は260あまり、一方「秋に咲く花」は、たったの80しかないのです。というところから見ましても、我家においては、春花壇はにぎやかですが、秋はかなりひっそりとした寂しいお庭なわけなのです。
もっとも春以外の季節は、夏でも冬でも少ないんですけど(苦笑)


【PR】 e-フラワーさんちでワレモコウ かぐや姫 ポット入苗 1株は、1,200 円也~ 私にとってはちょっとお高め(^^ゞ でもかわいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆

吾亦紅を探そう! at Rakuten


宿根草ではないのですが、今年は珍しく春にコスモスや向日葵の種も播きましたよ~
結局のところ、夏から秋に咲く花で花期の長い子たちをさがして、育てなくては寂しいお庭になってしまうわけです。

でも条件付き(^^ゞ 越冬を室内でさせなくてもよいものということが第一条件です。
ただやはり一年草などを春から育てておきませんと、にぎやかなお庭は期待できないんですよね。
トレニア、マリーゴールド、メランポディウム、インパチェンス、ペンステモンなど霜が降りるまで頑張ってもらえる子を春の時期から入手または種から育てなきゃなぁ~

と、今日のワレモコウの話題から少々本題がずれかかってます(^^ゞ

秋に咲く宿根草で育てているもののうち、私のお気に入りはこのワレモコウと白花のホトトギスでしょうか。ワレモコウは目覚めが早く、随分と低温の時期から葉っぱを展開させています。
この葉っぱの展開してゆく様子もよいでしょう~ ちょっとハエトリ草っぽいですけど(笑)

≫ Read More

| 秋咲く花 | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールドレースも地植えで開花!




【学名】Primula elatior 'Gold Lace'
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【系統】エラチオール 【品種名】ゴールドレース
【性状】耐寒性宿根草
【花期】4~5月  【咲き方】一重咲き
【用途】鉢植え 庭植え

昨年秋、ちょっと遅めの時期に株分けしてしまったので、越冬できるかどうか心配していたのですが、無事に春を迎えたプリムラ・ゴールドレースちゃんです!

以前植えつけていたところは、少し土壌が乾きやすい場所だったので、もう少しだけ湿ったところへ移植しつつ、個体数を増やす作戦でしたが、見事成功です ^0^


私が育てているプリムラ エラチオール「ゴールドレース」Primula elatior 'Gold Lace'は今年いい感じ♪ 隣人にはチオノドグサや水仙などの春の球根植物がいます。今年はなんとしても秋にスノードロップの球根を大量に仕入れて、地植えにして隣人に加えたいなぁ~

【PR】 プリムラにもイロイロな表情がありますよ~~ at Rakuten


今年はそんなに寒くなかったせいかしら? 意外と開花が早かったですし、昨年よりも花数も多いみたいです。
でもそうやって地植えにしたときには、コルチカムの葉っぱが無かった時期。今は葉っぱが伸びてしまっているため、とても窮屈な状態になってしまているんです。オバカ
もう少し株が大きくなったら、またしても植え替えなければならない状況です(;´▽`lllA``

Primula Victoriana Silverlaced Black - プリムラ ポリアンサ シルバーレース・ブラック
先日ご紹介した‘ビクトリアナ’は縁取りが白色です。

お好みですが、ゴールドレースは黄色。 双方、甲乙つけがたいかわいらしさ♪です。

←画像をクリックするとビクトリアナの記事へジャンプします ^m^



地植えで越冬ができ、株わけにも成功したので、今度は種まきに挑戦したいわぁ~

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 04:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キイロのクリローも初開花!




【学名】Helleborus hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】ヘラボレス・ヒブリドゥス または クリスマスローズ・オリエンタス
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten Rose(レンテンローズ)
【品種名】なし 【別名】雪おこしユキオコシ
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 
【花期】2月~4月  【草丈】30センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色  【咲き方】一重咲き 剣弁咲き スポットなし 【蜜腺】黄緑色
【用途】鉢植え 地植え 切花 押し花 【生産者】駿河 
【備考】#003

二年目の春を迎えようやく開花した黄色のクリローちゃんです。ガーデン・ハイブリッドで、花弁も蜜腺も黄色。んんん、ちょっと黄緑色のようです。
’07年の秋に購入してすぐに、地植えにしてしまったので、あまり元気がよいとはいえないのですが、初めて育てる黄色のクリローの初開花にニンマリ。

そして、小躍り~~~ 〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノあっそれそれ☆

同時期に植えたダークネクタリーは、もっと日当たりがよいところに植えたせいか、6輪ほどお花がさいているというのに、この子はすこぶる成育が悪いものの、年を重ねれば大きくなってくれるはずですから、まぁ~あまりきにやまないことにします。

背景にぼんやりと写っているのが、ニゲルのダブルファンタジーです。背の低いニゲルよりもさらに低い位置でお花を健気にさかせており、ちょっと原種系のおももちのある咲き方ですが、おそらくヒブリドゥスですので、大人になればニゲルを追い越すのは間違いないかと。



【PR】 ピコティー系のクリスマスローズが欲しいなぁ~ at Rakuten
他にもまだあるかな? at Rakuten


あいかわらず、ハンギングにしたほうからは花芽はあがらず・・・
ダイアンサスたちと寄せ植えにしてあるので、そろそろ植え替えてあげなくては!

しつこくハンギングにトライしようかなぁ~ でもちょっとクリローを育てるには鉢が小さすぎるのかな。
ダイアンサスにとっては願ってもいない環境だったらしく、地植えのものたちがほぼ壊滅してしまったというのに、元気に新しい葉っぱを展開させています。

≫ Read More

| yellow::黄色い花 | 06:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェチダスの鉢増し・・・^^;




【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

失敗、失敗! 

支柱を立てておくべきでした・・ _| ̄|○  開花から1ヶ月経った頃には、鉢の淵から下へ頭がすっかり倒れるような格好になってしまっているフェチダスです。

これほどまでにたわわに咲いてくれるとは思っても見なかったので、支柱を立てずに放置しておきましたら、ちっとも上を向かず、下にばかり向かってお花が咲いてしまってます(笑)


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
おぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 とされていましたが、どうも今年は開花しないみたい・・・

黄金色のフェチダスもかわいいですよ~! at Rakuten



支柱を立てたいですけど、もう茎が曲がって下垂した状態でほぼ固定されているような状態。
いまさら支柱を立てても無意味っぽいです。 オバカ。
有茎種の場合には、早々に支柱を立てるとか、なにか対策を講じなくてはなりません。

お忘れなく・・・ ^^;

というわけで、開花中であるのにもかかわらず、鉢増して支柱を立てることを決行することとしました。
近所のHCで大振りのテラコッタが半額セールだったのと、ちょっとかわいい大振りのトピアリーをみつけたで、この子をそっと鉢から抜いて、根鉢を崩さずに植えつけました。

お~~、結構根っこが回ってるわ~

その際、先日購入したビクトリアナとヒューケラを一緒に植えました~ ^^

≫ Read More

| クリスマスローズ | 04:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒いプリムラの花‘ビクトリアナ’




【学名】Primula Victoriana Silverlaced Black  または( Primula x polyantha
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】ビクトリアナ シルバーレース ブラック 
【英名】Primrose (プリムローズ) 【別名】桜草サクラソウ
【原産地】コーカサス 【性状】耐寒性宿根草
【花色】黒色 【草丈】 20cm 【用途】寄せ植え 鉢植え ハンギング 地植え 

昨年は‘ゴールドレース’で愉しませていただきましたが、やっぱり黒色に弱い私は、黒系のプリムラに心惹かれてしまい、ネット販売画面のボタンをクリック・・・^_^;

昨年も欲しかったのですが、縁がなかったのです。
で、今年この子を発見して飛びついてしまいました(笑)

シックでしょう~~~ ブラックという名前はついていますが、光線の具合によってはかなり紫色っぽく写ってしまいましたが、実物はもっと黒い感じです。

プリムラビクトリアーナ・シリーズ 9cmポット
近所のHCではこれまで出会いが無かったので、やっぱりネットで購入しました~ ^^

【PR】 シックな寄せ植えにもオススメ ^^ ビクトリアナシリーズ at Rakuten


早速、二個購入したこの子を植え替えて、一つはフェチダスの鉢へ、もう一つはこの子メインでスノードロップとヒューケラ‘キャラメル’とで一鉢作りました!
忘れなければ、次回は寄せ植えのお写真で記事をアップいたしますネ(^_-)-☆

≫ Read More

| 新しい仲間 | 06:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと成長!ゴールドブリオン




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーロッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#041 

12月にゲットした、フェチダス‘ゴールドブリオン’ですが、あれからどのくらい成長してくれたんだろう~。

鉢増し後、ちょっと寒さに弱いこの子の行く末が心配で、毎日のように眺めているので、どの程度成長しているのか、わかりにくいのです。そうしたときには、以前写したお写真と見比べるのが一番!

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' - 木立性クリスマスローズ フェチダス‘ゴールドブリオン’

12月に鉢増しした直後の様子 ^0^  → 

お~~明らかに大きくなってくれてますぞ!
葉っぱそのものの長さも伸びていますし、新たに展開している葉っぱも真ん中に見えています。
これならば大丈夫! 大丈夫!


古参のフェチダスはもう早々に満開となっていて、収穫前の稲穂のごとく首を垂れている状態なのです。この子も来年にはお花を咲かせてくれるかな?


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい Y(=▽=)Y~☆
私はおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



この子たち同士で交配してできた種からはどんな子が生まれるのかしらん。
そんな愉しみもありマス

≫ Read More

| クリスマスローズ | 05:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリムラ・フランシスカに降雪




【学名】Primula Sinensis 'Green Lace' または 'Francisca' (Primula x polyanthus)
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】フランシスカ または グリーンレース 【和名】桜草(サクラソウ) 
【英名】 Green Lace (プリムラシネンシス) 【品種名】フランシスカ
【原産地】ヒマラヤ 中国西南部 【性状】耐寒性宿根草
【草丈】30cm~50cm 【花期】春 (3~6月) 【花色】ライムグリーン
【用途】鉢植え向き

庭植にしてあるプリムラは、このフランシスカとゴールドレース。
双方ともまだ蕾があがっていないのですが、強いろのジュリアンはポツポツとお花をつけ初めているので、いまや遅しとこの開花を待ち望んでいる私。

でもぉ~ やっぱりまたしても雪が降ってしまい、なかなか蕾をあげてくれません。とほほ
緑色のお花がかわいい~~プリムラです。


宿根草 プリムラ  ’フランシスカ’
私の好きな緑色のお花がさく、さくら草です!これはすでに植え付け完了!山野草扱いですねっ。
価格 1000円也~~と ちと、お高めでありましたので枯らさないようにしなければっ。 
【PR】 お花を探そう! at Rakuten


昨年の春に購入し、すぐに地植えにしました。しばらくはお花を楽しめて、二番花もあがったりしたんです。
今年は我家の気候をどのくらい好んでくれたのか、果たして私の育て方が正しかったのかを検証する年でもあります。夏に弱いのでかなり日陰になる部分に植えてしまったので、冬の間もあまりお日様が足らず、土は凍りっぱなし^_^; ですが、なんとか越冬できたのは嬉しいことです。

本当ならはちうで管理し、霜が当たらないようにしてあげるべきだったのでしょうが・・・

≫ Read More

| 多年草 | 20:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。